のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,561,891人
911,671,352頁
昨日:4,685人
5,362頁
今日:1,362人
1,544頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ真美「亜美が死んでから5年…か…」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - 真美 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 00:44:34.60 ID:af8xv6Je0 (+125,+30,-50)
    あの日もこんなに晴れた日だった気がする。亜美が…妹がこの世を去ったのは…。

    真美「っと…もう事務所か。暗い顔しちゃいらんないしね…」

    ガチャッ

    真美「おはようございます。小鳥さん、プロデューサーさん」

    私はあの日から…変わった。
    2 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 00:45:33.01 ID:PmuP04iw0 (+11,+26,+0)
    おや、SSかね
    3 : 厨三病患者 ◆M - 2012/02/18(土) 00:46:22.03 ID:xCsKnb7+0 (+0,+15,+1)
    支援します
    4 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 00:46:43.83 ID:FH4ihlhU0 (-26,-14,-10)
    シエン
    6 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 00:48:12.25 ID:5WSpRdLu0 BE:560637757-PLT(88889) (+14,+29,+0)
    犯人は真美
    7 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 00:49:46.46 ID:D2qd/8SG0 (+19,+29,-6)
    真美を殺して亜美を主役に
    8 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 00:49:46.84 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-125)
    小鳥「あら、真美ちゃんおはよう。この前のグラビアの見本誌あがってるわよ」

    真美「そうですか。後で確認させていただきます。あの…プロデューサーは?」

    小鳥「プロデューサーさんなら今日は春香ちゃんについていったわよ?」

    真美「そうですか…わざわざ忙しいのにありがとうございます」

    真美「あの今日のスケジュールって特に入っていませんでしたよね」

    小鳥「そーねぇ…じゃあ今日はもう上がりにする?」

    真美「そうですね…来たばかりですがそうさせていただきます」

    小鳥「お疲れー!」

    真美「えぇ…また明日」
    9 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 00:53:41.89 ID:hIkUM1I10 (-28,-13,+0)
    しえん
    10 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 00:54:15.76 ID:uRfR3Kaw0 (+23,+29,+0)
    アイマスそのものがもう死んでる
    11 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 00:54:29.29 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-82)
    私は仕事がない日もこうして事務所にできる限り毎日出入りするようにしている。
    あの事務所にはまだあの子がいる気がして…寂しがってるんじゃないのかって…
    そんなことないのに…

    真美「亜美…………」

    __________________

    _______

    小鳥「ふぅ…仕事も一段落ね…」

    小鳥「それにしてももうすぐ5年か…」

    小鳥「年相応とはいえ、すっかり変わっちゃったわね」

    小鳥「真美ちゃん…まだ辛いわよね…」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 00:58:48.30 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-72)
    真美「ただいま」

    ……シーン…

    真美「まぁ誰もいないよね…」

    昔は二人で「ただいま」「おかえり」っていいあったものだ。だからこそ今のこの一人きりの状態に耐えられそうにないのだけれど…

    真美「うっ…ひぐ…亜美…亜美ぃ…」ポタ…ポタ…

    寂しいのは私だよ。亜美…ごめんね駄目なおねぇちゃんで…
    13 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 00:59:58.43 ID:/nOHavxX0 (+24,+29,-4)
    ネタバレ 亜美が真美に成り代わってる
    14 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:02:18.82 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-53)
    ひとしきり泣いた。こんなに泣いたのは久しぶりかもしれない。やっぱりもうすぐ5年ってこともあるからだろうか…

    真美「今日はとりあえずお風呂に入って寝よう…」

    ご飯を食べる気力さえ今の私にはなかった。

    真美「お休み…亜美…」

    真美「……」

    _______

    _____

    真美「もう朝か…」

    15 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:09:21.45 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-171)
    真美「今日はドラマの撮影があったっけ…」

    学校に欠席を伝える。私はもちろん高校に進学したが仕事の影響もあり卒業できるだけの単位・出席日数分しか出ていない。
    学校に行ったところで私だってアイドルなのだ…まともな授業にもならないし、正直意味もない。

    真美「とりあえず事務所に顔だそう」

    今日は確か現地集合だがとりあえず小鳥さんと「あの子」に顔だけ見せておこうとそう思った。
    ______

    ___

    真美「おはようございます。小鳥さん」

    「あぁ真美か…おはよう」

    真美「プロデューサー…おはようございます」

    今日は小鳥さんはいなくてプロデューサーがいるらしい…

    「あれ?今日は現地集合じゃなかったか?」
    16 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:09:27.93 ID:5PunYZyW0 (+29,+29,-2)
    おい俺の天使がしんでるってどういうことだよ
    17 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:11:32.95 ID:rvDrDb7g0 (+0,+0,+0)

                      /: :///: : : : : : : : : : : : : : : \
                     /r-、//イ: :_:_:__: : : : : : : : : : : : : : ヽ
                   /: : {//イ: : : :ヽ/::::::::> 、: : : : : : : : : : : : :.
                     /: ィ/,}/: : : : :_ -       `ヽ、: : : : : : : : : : :.
                 /:<///: : : :, -             `ヽ、: : : : : : : ::.
                  |: :l//: : :/             _ \: : : : : : :.
                  |: :Ⅵ!: : :イ  /  ̄ `     , ´ ` ヽ: : : : : :!
                  |: :.Ⅵ: :/イ   , --- 、             ,Ⅵ: : :.j!
                  |: : :Ⅵ: : :{  イi ム心       __, /: :|: : :j!
                  |: : : :イミ、:i    弋zソ         ´ ̄` /: : j: : j!
                  |: : : :i{(`ヽ            '       /}: :/: :./     
        r‐ 、      /: : : : ∨、        ___     {': :/: :./
        `ヽ、 \    ,: : : :l: : : ',: :ー':、    (     ア   人: : : :{         はよ
          \ \  ,: : : :,.- 、: : 、: : : :ゝ、   ` ー ´  イ: : : : : :|
            { `ヽ \: :/ ,.ィ: : : :',: : :/、| >   _,. ィ: : : |: : : : : :.|:.
       ,ィ`ヽ/`ヽ、 ヽ  ´  /: : : : : :.}´///\     ∧: :.:.:.|: : : : : :.|: .
       ヽマー'`ヽ、 \〉   {`ヽ: : : :/、//////\   {/∧、: :,: : : : : :{: : .
         \   ` ー'    |//∧ ´  \////// ヽ. ///∧`|: : : : : :|: : : :.
          ヽ      /////}    \//////介// ̄`ヽ、:_: : :.!: : : :.
          /\   ´ {\///!     }\///| O|イ 、 ___ノ: : : 、: : ::.
          /: : : }     |  ∨/     |////´| O{/!  /  ∨:/⌒ヽ、:.
          ,: : : : :|     |   Ⅳ       ∨///j O{/ハ  {    /  ,、   `ヽ、


    18 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:14:17.23 ID:2UKiNXf70 (-16,-4,+0)
    まだか
    19 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:16:50.63 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-101)
    真美「はいそうです。行く前に顔だけ出しておこうと思いまして」

    「ん。いいことだぞ偉いな真美は」

    真美「いえ…私としては皆さんに支えていただいている身ですから」

    もちろん本心だ。「あの子」だってここにプロデューサーや小鳥さんがいてくれれば安心だろう。

    真美「それでは行ってきます」

    「おう。いってらっしゃい…」

    _____

    ___

    「大人になったな…真美…けどあの頃のお前の方が…」

    「いや、どうにもならなかった。そうだ…」



    「…本当にそうかな………」
    21 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:21:38.10 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-124)
    撮影は順調に進む。私はあの日から一切の失敗を自分に禁じた。
    言われたことは100%こなす。無理と言わない。今までの自分を戒めるために。
    「あの子」の分までアイドルをやるために…

    スタッフ「真美ちゃん、今日も良かったよ」

    真美「はい。ありがとうございます」

    スタッフ「その…ちょっと表情が…いや!なんでもないや!気にしないで!」

    真美「はぁ…?そうですか」

    なんだったんだろう?表情が…?少し硬かっただろうか…いや…そんなことはない。
    今回だって完璧だった。完璧だけが今の私を支えているものだから。
    22 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:26:02.19 ID:3fTdyfzgi (+11,+26,+0)
    ふむ
    23 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:31:40.68 ID:hIkUM1I10 (+24,+29,-4)
    軽く千早みたいになってるってことなのか?
    24 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:32:23.40 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-174)
    真美「お疲れ様です」

    スタッフ「お疲れ!また次よろしくね!」

    真美「はい。お先失礼します」

    今日の仕事も終えた。事務所に戻ろう。本来なら電話で報告して帰宅でもよいのだが私は一刻も早く事務所に戻りたかった7.

    ______

    ____

    真美「戻りました」

    「おーお疲れ!どうだった今日の撮影は?」

    真美「極めて順調といったところですね」

    「そっかそっか…」

    真美「プロデューサーは今日はずっと事務所に?」

    「ん?あぁ、春香と千早がね…アイツらも二十歳超えたからなーって」

    真美「プロデュースの方針ってことですか?」

    「ん!正解って感じかな」

    よくよく考えればこの人は今日はオフのはずだ。休んでてももやもやして事務所まできてしまったんだろう。
    本当に昔から変わらない…真面目で誠実なお兄さん…
    25 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:32:43.39 ID:sF5kWLdP0 (+14,+29,+0)
    千早っぽいな
    26 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:36:29.03 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-54)
    ____

    ___


    「おい!真美!真美!」

    「まいったな…寝ちゃった…疲れてたのかな?いや……疲れてるだろう」

    「真美、そんなに肩ひじ張らなくてもいいんだぞ」ナデナデ



    真美「ん…にぃ…ちゃん…にぃちゃん…」スゥースゥースゥー


    「真美……」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:41:49.51 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-93)
    _______

    ___

    真美「ん…こ、ここは…事務所?」

    「おー!真美起きたか」

    真美「ぷ、プロデューサー!ああれ?私いつ寝て…ってすみませんでした!」

    「いいのいいの。コーヒー飲むか?」

    真美「あっはい…いただきます…」

    しまった。完全に油断してた。これは、いつぶりの失敗だろう。事務所の中で「あの子」が笑ってる気がする。

    「ほい!砂糖2つで良かったよな」

    真美「ありがとうございます…」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:43:11.10 ID:+8Qg85+a0 (+19,+29,-20)
    アレルヤハレルヤ
    29 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:46:53.38 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-92)
    ズズゥー…

    ………ズズゥー…

    「なぁ…真美」

    真美「なんでしょう?」

    「無理するな…」

    真美「何のことですか?」

    いきなり何を言っているのだろう?よくわからない。

    「真美。そのまま眼…触ってみな」

    真美「はい?」

    真美「………え…」

    濡れてる…私は…泣いてた。泣いていたのだろう。自分でさえ気づかないところで。
    30 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:50:57.54 ID:af8xv6Je0 (+93,+30,-75)
    「真美、お前一人で背負いすぎなんだよ…」

    真美「そ、そんなことありません!」

    「嘘つくな!」

    真美「嘘じゃありません!」

    大嘘だ。一人で泣いてるくらいだったらみんなで笑っていたい。ホントはもっと馬鹿やっていたい。それが…私。それが…私達。

    「真美…俺…そんなに頼りないかな」

    真美「そんなこと言っているんじゃ…」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 01:53:55.14 ID:Qj1sOuF60 (+19,+29,-2)
    掘れてまうやろ!
    33 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 02:00:46.38 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-146)
    「真美…今まで言いにくかった…」

    真美「何が…ですか…?」

    言わないで…お願い…「あの子」のことは…

    「亜美があの日…いなくなってから、お前…どうしたんだよ」

    真美「…あ…あ…」

    「真美?おい!真美!?」

    真美「いや…一人に…しな…いで…」

    「真美!真美!」

    ごめんね…ごめんね…おねぇちゃんが代わりになれば良かったね…

    真美「亜美…亜…美…ごめ…ん…」ポロポロポロポロ…

    「真美…すまない…真美ぃ…」ギュゥゥゥゥ


    _______________

    _____________

    _________

    _______
    35 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 02:06:12.20 ID:sUxWc6DM0 (+19,+29,-22)
    俺もギュゥゥゥゥしたいお
    36 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 02:06:40.30 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-115)
    あの日…私達…私とプロデューサーと「亜美」は一緒にオーディションへ向かった。
    オーディションはAランクへの昇格をかけたオーディション。合格者は1名のみ。難関だった。

    亜美「真美ー!今回ばっかりはライバルだかんね!ぜーったい負けないから!」

    真美「んっふっふー!亜美には姉の実力をとくと見せつけてあげるよ!」

    亜美「いったなー!」

    真美「とーぜんしょ!」

    「こらこら!亜美も真美も、オーディション前に怪我したらどうするんだ!」

    亜美真美「はーい!兄ちゃんごっめーん!」

    「心がこもってないな…」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 02:14:03.21 ID:lOq2uiWf0 (-27,-15,+0)
    38 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 02:14:27.24 ID:af8xv6Je0 (+93,+30,-130)
    亜美「んー!待ってよ!兄ちゃんはどっちが合格すると思う?」

    亜美がそんなこと言い出した。

    「亜美…また馬鹿なことを…お前らは実力としては他のアイドルを圧倒するだろう」

    亜美「おおう!さっすが兄ちゃん!わかってる!」

    「けど亜美と真美で比べると正直真美の方が上だ…」

    亜美「兄ちゃん…オーディション前にそこまでズバッという?」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 02:17:55.73 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-98)
    「おう!もちろんいうさ。だから実力以上を発揮してみろ!亜美!」

    亜美「おう!もちろんだ兄ちゃんも乗せるのがうまいね!」

    「はっはっは!俺はプロデューサーだからな!真美もいつも通り実力出し切れば大丈夫だから!」

    「二人とも頑張れ!!」

    亜美真美「うん!」

    ごめんね…亜美…兄ちゃん、今回は亜美に譲ることにしてるんだ…だって真美はおねぇちゃんだもん。我慢…しなきゃね…。
    40 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 02:21:21.64 ID:OKB/H4rw0 (+24,+29,-1)
    おいおいなんか嫌な雰囲気だぞ
    41 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 02:24:01.50 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-109)
    オーディションが終わった…合格者は…


    審査員「今回のオーディション合格者は…」

    亜美「ゴクリ…」

    「ゴクリ…」

    真美「…」

    審査員「双海亜美さんです」


    亜美「…ふぇ!?」

    「亜美!」

    亜美「えぇ!亜美!?」

    「そうだよ!お前だよ!」

    亜美「亜美なの!?ホントに?」

    真美「亜美…良かったね」ニコ

    亜美「真美ぃ…ありがとー!」ギュッ
    42 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 02:28:52.59 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-117)
    よかったね…亜美。念願のAランクアイドルだよ?トップアイドルも目の前だね…姉として喜ばしいよ。

    真美「うん…本当によかったね。亜美」

    亜美「うん…うん…」グズグズ

    「亜美!ホンット良かったな!良かったな!」

    亜美「兄ちゃん良かったしか言ってないしー」グスグス

    「うるへー…」グスン

    真美「あー!兄ちゃん泣いてる!」

    「うるへー!!!」

    亜美・真美・P「あははははは」

    43 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 02:38:42.83 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-146)
    帰り道も兄ちゃんが泣き出したり、亜美が泣き出したりで大変だった。あの瞬間まですごく…幸せだったのに…

    「そういえば真美は今日調子悪そうだったな…」

    真美「そ、そんなことなかったしょ!真美だって実力出し切ったんだから!」

    流石兄ちゃん…スカウトから今までずっと一緒だったこともある。どこかで引っ掛かりを覚えたんだろう…

    亜美「…」

    真美「ねぇ?亜美!今日の真美すごい真剣だったっしょ?」

    私はここで亜美に話を振ったこと。亜美の本心を見抜けなかったこと。一番後悔している。
    45 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 02:44:26.93 ID:af8xv6Je0 (+95,+30,-95)
    亜美「…Do-Daiの入り、ダンスのキレ、いつも通りじゃなかった」

    真美「え…?亜美、どうしたの…」

    亜美「声も…いつもより通ってなくて、おかしかったよ真美」

    真美「なんで…そう思ったの?」

    亜美「真美…亜美はね、今回のオーディション絶対真美が受かるって!そう思ってた」

    亜美「だけど…受かったのは亜美。亜美なんだよ…なんで!なんで真美じゃないの
    46 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 02:45:51.94 ID:Mk3sHtG90 (+79,+29,-19)
    wktk

    ここで思春期真美の画像を貼ろうとした俺は空気読めてないんだろうな



















    47 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 02:50:00.70 ID:UoHtEpw50 (+50,+30,-175)
    亜美「妹の亜美が!真美に勝てるわけないじゃんか!」

    真美「あ、亜美…けど実際受かったのは亜美っしょ!真美は受かんなかった!実力が足りないのは真美だったってことっしょ!!」

    亜美「うそつき…手を抜いたくせに…」

    真美「え…」

    それは初めてといっていい。亜美が…妹が初めて見せた私への敵意。正直怖かった。逃げたかった。泣きたかった。

    亜美「兄ちゃん…おろして…」

    「あ…亜美、いや…もうすぐ事務所なんだが…」

    真美「勝手にすれば…」

    「真美!!」

    亜美「勝手にするよ!!おろして!!」

    「おい亜美!亜美ー!!!」

    真美「フン!亜美の分からず屋!」

    私は後悔している。これが「あの子」との




    最後の会話になるなんて…知らなかったから…
    48 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 02:51:19.08 ID:cWz+L2750 (+14,+29,-3)
    真美かわいいけど鬱展開期待!
    49 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 02:52:24.25 ID:UWFUi7/b0 (+19,+29,-14)
    思春期を捨てた真美 デデン
    50 : 以下、名無しにか - 2012/02/18(土) 03:00:13.19 ID:UoHtEpw50 (+50,+30,-75)
    ____________

    ______

    「ただいまー!」

    真美「ただいま…」

    小鳥「ぷぷぷプロデューサーさん!!!!!!!!!!!!!」

    「小鳥さん!?どうしたんですか?」

    小鳥「亜美ちゃんは!亜美ちゃんはどこに!!」

    「亜美…ですか?さっき近場のコンビニにおろしましたけど…」

    真美「フン!」

    小鳥「あ…ああ…嘘…じゃあ…ホントに…」
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + - 真美 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について