のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,567,838人
911,677,870頁
昨日:5,661人
6,276頁
今日:1,638人
1,785頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ王「行くがよい勇者」姫「気をつけて」勇者「姫のためなら」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 勇者 + - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 17:18:08.95 ID:dCn7IiAN0 (+25,+30,-169)
    「・・・わしは無視か小僧」

    勇者「いやほら、どうせ行くなら『幼馴染の姫のため旅立つ勇者』の方が聞こえがいいじゃん」

    「あのね・・・。一応勇者でしょあんた」

    勇者「まあそうなんだけど」

    「このクソガキめ、ちゃんと魔王倒せるんだろうな」

    執事「ご主人様、一応公式の場ですので、そのような口調は・・・」

    勇者「そこはまかせろ。こう見えて、一応勇者だから」

    「ふん・・・。では行くがよい、勇者よ」

    執事「勇者殿、装備は揃っておりますが、何分戦争の時の古い品でございます。ご使用には注意を・・・」
    3 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 17:21:57.33 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-156)
    勇者「古いって言っても、使えるんでしょ?」

    執事「そこは問題ありませぬが、最新式の防具には叶わないかと」

    勇者「ふうん・・・。まあいいや。で、最初は何すればいいのさ」

    「まあ仲間だろうよ。酒場だとか宿屋に行けば、腕利の一人や二人いるだろう」

    勇者「なるほどね・・・。んじゃボチボチ行くわ」

    「死んだら怒るからね」

    勇者「それは死ぬより怖い」

    執事「ではご主人様、次の謁見を・・・」

    勇者「あれ、今日まだ謁見あるのか。王って暇そうに見えたけど」

    「表に出ろくそガキ」

    勇者「上等だローテク」

    執事「ごほん!」
    5 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 17:23:05.46 ID:rnaGskVa0 (-15,+30,-214)
    犯人は、20~30代もしくは40~50代の犯行
    日本人である可能性も否定できないかもしれないということを念頭に入れておきたい。
    そして男性、もしくは女性、中年、あるいは高齢者と思われます。
    だが若年の可能性も否定しない方が賢明であるといわざるを得ません。
    犯人の体型は、筋肉質でありやせ型、時々中肉中背~肥満型で、
    着痩せや、着太りして見える見える場合もあるということも考慮しておかなければなりません。
    身長は、140~160cm代もしくは、170~180cm代でほぼ間違いないと思われますが、
    140cm以下の可能性もあると考えて捜査するのが基本になります。
    移動は、主に公共交通機関を使いながらバイクか車、もしくは自転車か徒歩で逃走、
    船や飛行機を使うことももちろん考えられますが、馬や犬ぞりに乗り移動といった特殊な
    移動手段もあるということも頭にいれておくべきです。
    現在の潜伏先は、山林か繁華街か住宅地、すでに国外へ逃亡している可能性も否めません。
    6 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 17:23:44.83 ID:5Uj2WJh80 (+19,+29,+0)
    ツンデレ幼馴染がヒロインなら支援
    7 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 17:25:18.00 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-164)
    「ふん・・・。王の仕事も大変なのだぞ。特に今日の相手はな」

    「隣国の大使よ」

    勇者「ああ・・・。あの戦争の相手か」

    「隣国ではこの国とは違う技術が発展しておるでな、それの技術提供を受けようとしておる」

    「確か・・・科学、だったかしら」

    勇者「大変だなお二人さん・・・。ま、勇者には関係のない仕事だわ。頑張るがよいぞ」

    「お前しょっぴくぞ」

    勇者「へいへい・・・。じゃ、ぼちぼち行くわ」

    「・・・くそガキが、死ぬなよ」

    勇者「おう。行って来る」
    8 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 17:27:38.91 ID:dCn7IiAN0 (+98,+30,-103)
    城下町 酒場

    勇者「酒場に来るのも久しぶりだな・・・」

    店主「おう、勇者じゃねえか!今日出発か?」

    勇者「まあそんなとこだ。仲間探してる」

    店主「それなら問題ないぞ。王様のお触れが出て、腕利はここに集まるようことになってる」

    勇者「あの爺・・・。で、そいつらは?」

    店主「奥にいるよ。みんないい面構えだ」

    勇者「へえ・・・。楽しみだね」
    9 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 17:32:00.80 ID:dCn7IiAN0 (+100,+30,-201)
    戦士「お前が勇者か」

    勇者「見たところ・・・っていうか、見たまんま戦士だな、お前」

    戦士「おうよ。某街の格闘選手権で優勝した事もあるぞ。魔王成敗にはもってこいだ」

    勇者「暑苦しいから保留にしよう」

    戦士「なんだとてめえ」

    勇者「他には・・・」

    僧侶「あなたが勇者さま、なのですか?」

    勇者「そうそう。でキミは」

    僧侶「僧侶です。回復魔法や薬草に精通しています。あ、他にも、精霊を召還したりもできます」

    勇者「ほう。それは心強いね。ぜひ同行してほしい」

    僧侶「え!?わ、わたしでよいのですか?」

    勇者「うん。かわいいし」

    僧侶「!?」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 17:34:17.01 ID:LdC88zbGP (+16,+28,+0)
    かわいいは正義
    11 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 17:35:45.21 ID:dCn7IiAN0 (+93,+30,-140)
    勇者「あとは・・・」

    戦士「俺俺」

    勇者「・・・キミは?」

    魔法使い「・・・魔法使い」

    勇者「黒魔法と白魔法、どっちが得意だ」

    魔法使い「・・・両方。ご要望とあれば、この酒場を粉みじんにする」

    勇者「気に入った。仲間になってくれ」

    魔法使い「・・・構わない」

    勇者「これで三人。あとは・・・」

    戦士「そぉい!!」

    勇者「・・・お前アレだな、バカだろ」

    戦士「何!貴様、俺を侮辱するか?」
    12 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 17:38:44.61 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-119)
    勇者「・・・まあいいか。で、お前は何が得意なんだ」

    戦士「格闘戦だ。それ以外はできん!」

    勇者「ああ、脳筋だな、始めてみた」

    戦士「納金・・・?金は持っていないぞ?」

    勇者「気にするな。しかし戦闘が俺だけのなのも辛いか・・・。よし、お前でいいや。ついてこい」

    戦士「でいいや?何か引っかかるな・・・」

    勇者「では、この四人で行くとしようか」

    せんしが なかまに なった
    そうりょが なかまに なった
    まほうつかいが なかまに なった
    13 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 17:42:00.07 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-116)


    勇者「で、さっそく街の外に出たわけだが」

    戦士「まずはどこに向かうんだ?」

    僧侶「道なりに進むと、村に着きますね。稲作が盛んな場所です」

    魔法使い「・・・」

    勇者「じゃあとりあえずそこ目指そうか。魔王の城は北にずっと行ったところだし」

    戦士「なあ、そろそろじゃねえか?」

    勇者「何がだ?」

    戦士「そろそろ魔物が出てきて、俺たちの実力を見せる場面が来るだろ?」

    勇者「魔物?おい、アホ抜かせよ」
    14 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 17:45:48.00 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-187)
    戦士「え?」

    勇者「普通に考えて、人間側の総本山である城の周辺に魔物がいるわけないだろ」

    僧侶「そうですね、いたとしたら、それは相当な手だれです。私たちじゃ勝てないかもしれません」

    戦士「え?そ、そうなのか?俺はてっきり、外に出たら雑魚魔物が襲い掛かってくるものかと・・・」

    魔法使い「・・・それはない。いるとしたら、野犬や山賊がせいぜい」

    勇者「頼むぞ戦士・・・。いくら脳筋とはいえ、そんな非常識的なこといわないでくれ」

    戦士(俺がおかしいのか・・・?何か釈然としないぞ・・・?)

    勇者「でもほら、腕試しのいい機会が来たみたいだぞ」

    やけん があらわれた
    やけんB があらわれた
    15 : 忍法帖【Lv= - 2012/02/06(月) 17:46:20.85 ID:6Ldnywlti (-27,-15,+0)
    16 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 17:48:38.14 ID:dCn7IiAN0 (+100,+30,-105)
    勇者「じゃ、三人とも腕見せてもらおうかな」

    魔法使い「・・・話にならない」

    まほうつかいは ひのまほう をとなえた

    ボッ!!
    やけん はじょうはつした

    勇者「いや、お前オーバーキルだぞこれ・・・」

    僧侶「なら・・・えい!」

    そうりょは せいなるじゅもん をとなえた

    やけんBは そうりょに なついた

    勇者「おお・・・。戦わないで味方につけるとは」

    戦士「俺の知ってる戦闘と違う・・・」
    17 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 17:52:07.05 ID:dCn7IiAN0 (+100,+30,-168)
    勇者「魔法使いの破壊力と僧侶の人柄はなんとなく分かった」

    戦士「・・・」

    勇者「うん、これなら魔物とも戦えそうだな」

    僧侶「そんな、私はただこの犬を殺すのは可愛そうだなあと思っただけで・・・」///

    魔法使い「・・・灰が残ってしまった。まだまだ修行不足」

    戦士(俺、この面子に付いて来たの失敗じゃね・・・?)

    勇者「戦士は・・・まあなんとなく戦い方分かるからいいや。さ、どんどん進むぞ」

    僧侶「魔法使いちゃんはその呪文、どこで覚えたんですか?」

    魔法使い「・・・いろいろ」
    19 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 17:54:45.48 ID:dCn7IiAN0 (+97,+30,-144)
    稲作の村

    勇者「存外、あっさり着いたな」

    戦士「まあ隣の村だしな。街道歩きゃ誰でもつくさ」

    村長「もしやあなた様は、勇者様ではございませぬか?」

    勇者「おう・・・?ずいぶん有名なんだな、俺」

    僧侶「え?知らないのですか?勇者様のお名前はこの国全体に広まっているのですよ」

    魔法使い「・・・有名人」

    勇者「知らなかった・・・」

    村長「助けてください勇者様!困っているのです!」
    21 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 17:58:46.23 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-222)
    勇者「困ってる?どうしたんだ」

    村長「実は西にある洞窟に、魔物が潜んでいるのです・・・」

    魔法使い「・・・?」

    勇者「魔物?こんなところに魔物だ?」

    村長「はい・・・。数日前、突如洞窟周辺に魔物が溢れたのです。幸いこの村にまだ被害はありませんが、時間の問題かと」

    戦士「やっとらしくなったじゃあねえか。おい勇者。ちゃちゃっと行って片付けようぜ」

    僧侶「でも、こんなお城の近くに魔物だなんて・・・」

    勇者「城に通報は?」

    村長「いたしました。すると、『近日中に勇者が立ち寄るから頼め』と王様から・・・」

    勇者「あのじじい・・・」
    22 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 18:01:49.31 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-156)
    勇者「仕方ない、あのじじいに貸し作っておくか。みんな行くぞ」

    戦士「へへ、ようやく腕が鳴るぜ」

    僧侶「は、はい!」

    魔法使い「・・・」

    道中

    僧侶「あ、あの、勇者様。勇者様はなぜ王様のことをじじい、などと・・・?」

    勇者「ああ、育ての親みたいなもんなんだ。俺戦争で両親死んでるから」

    僧侶「あ・・・」

    勇者「いいよ。顔も覚えてないし。それに、じじいはいい人だしな」

    戦士「信頼してるんだな、王様のこと」

    勇者「ま、一応王だからな」

    魔法使い「・・・」
    23 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 18:05:23.41 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-220)
    洞窟前

    勇者「見えるか?」コソコソ

    僧侶「見えます」コソコソ

    魔法使い「・・・低級魔族が五体。洞窟の警備・・・?」コソコソ

    戦士「な、なあ。なんで俺たち、こんな物陰に隠れてコソコソしてるんだ?」コソコソ

    勇者「そりゃお前。魔族相手に正面から行くのは自殺行為だろ。まずは戦況把握だ」

    戦士(な、なんかこれも違う気がするぞ・・・?)

    僧侶「どうしますか、勇者さま」

    勇者「んー・・・。ああ、じゃあ名づけて、『粉砕!玉砕!大喝采!』作戦はどうだ」

    戦士「嫌な予感がする・・・」
    24 : 忍法帖【Lv= - 2012/02/06(月) 18:08:17.84 ID:6Ldnywlti (-27,-15,+0)
    25 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 18:09:20.52 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-196)
    魔族A「!?」

    勇者「どーも魔族の諸君。しかし、なんだってこんなところにいるのかねえ?」

    魔族B「ぐるる・・・」

    勇者「あれ、もしかして低級すぎて口も利けないのか?世間話もできないとは・・・」

    魔族C「キシャァァァ・・・!!」

    勇者「うーむ、これじゃ大喝采は無理かな・・・?お?」

    低級魔族隊長「・・・何をしにきタ、人間メ・・・」

    勇者「おお、少しまともそうなの見つけたぜ。でもそれはこっちのセリフだ」

    低級魔族隊長「ここは我らノものダ、立ち去るがいイ」

    勇者「いやそうもいかないんだよなあ」
    26 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 18:12:25.05 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-134)
    低級魔族隊長「なら死ぬがいイ、おろかな人間メ」

    「キシャァァァァ!!」「グルルルル!!」「バチバチバチ!!」

    勇者「あ、もしかして俺のこと知らない?あー、悪い悪い、僧侶のやつが『国中に』なんていうから、てっきりみんな知ってるのかと思ってた。じゃあ自己紹介しないと」


    勇者「俺が勇者だ。覚えとけ腐れ外道どもが」


    低級魔族隊長「なニ・・・?」

    勇者「魔法使いちゃん、もういいぞ」

    カッ!!
    27 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 18:12:31.54 ID:AT8ZWdhJI (+41,+29,-21)
    >>16
    海賊の残りだもう一匹その足元に隠れているぞ
    28 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 18:15:32.73 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-142)
    ズドォォォォォォォ・・・

    勇者「おーう。宣戦布告の花火にしては、ちょっと派手すぎたか?」

    僧侶「勇者さま」タタッ

    戦士「おいおい、これはどうだよ・・・」

    魔法使い「・・・爆砕呪文。洞窟を塞がないために力抑えたから、この程度の火力しか出せなかった」

    僧侶「上出来ですよ・・・。魔物が一匹も残っていませんし・・・」

    魔法使い「・・・綺麗じゃない」しょぼん

    勇者「まあまあ。とりあえず一発目はこのくらいにして、さっさと中入って終わらせようぜ」
    29 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 18:18:28.12 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-114)
    洞窟内

    僧侶「暗くて、ジメジメしてますね・・・」

    戦士「・・・?なんだ?」

    勇者「どうした?」

    戦士「いや、何か嫌な空気がしたような・・・。この奥からだ」

    勇者「嫌な空気・・・?感じたか?」

    魔法使い「・・・」フルフル

    僧侶「わたしも何も・・・」

    勇者「・・・とにかく、先に進もう。奥に行けば、何か分かるかもしれない」

    僧侶「あ、じゃあ・・・照明呪文を・・・」

    まばゆい ひかりが あたりを てらす・・・
    30 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 18:19:26.57 ID:YY28oFKWP (+27,+29,-6)
    ただの空気+説明役だと思ってた戦士にも何か能力があるのか……?
    31 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 18:20:18.80 ID:3c4Zd7dCO (+15,+27,+0)
    ふむふむ
    32 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 18:21:10.89 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-100)
    洞窟 最奥

    勇者「あっさり着いたな」

    僧侶「一本道でしたし」

    戦士「嫌な空気・・・あの大穴の中から漏れてきてる・・・」

    勇者「俺には分からんが・・・。確かにあの大穴は気になるな。調べてみようか」

    魔法使い「・・・!!くる!」

    ドン!!

    僧侶「きゃ・・・!?あ、穴の中から何か・・・!?」

    「グォォォォォォ!!」

    戦士「こ、こいつは・・・!?」

    勇者「ゴーレム!?」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 18:23:03.73 ID:0g7cy9g/0 (+24,+29,-3)
    遊戯王やらポケモンやら懐かしいネタを出してくるな
    34 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 18:25:11.87 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-150)
    ゴーレム「グォォォォォォ!!」

    戦士「ゴーレムぅ!?なんでこんなところに!?」

    魔法使い「・・・理由はあとっ!!」

    僧侶「来ます!!」

    勇者「上等!!」ブンッ!!

    ガキン!!

    勇者「固・・・斬れねえか!」

    魔法使い「・・・ゴーレムの弱点は額の文字・・・!」

    僧侶「文字・・・『Emeth』のことですか?」

    勇者「くそ、まどろっこい!魔法使いちゃん、あいつ吹き飛ばせないか!?」ガキン!!

    魔法使い「・・・洞窟ごと吹き飛ばしてしまう。石属性には炎も水もきかない」

    勇者「あーもう!やるしかねえのかよ!」
    36 : 忍法帖【Lv= - 2012/02/06(月) 18:29:09.81 ID:6Ldnywlti (-27,-15,+0)
    37 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 18:30:29.46 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-172)
    ゴーレム「グォォォォォォ!!」ブン!!

    戦士「ゴフッ!?」

    勇者「戦士!!」

    戦士「今のパンチは効いたが・・・!魂が篭もってねえぜ!!」

    僧侶「よ、よくわからないけど、ダメージなし・・・?」

    魔法使い「・・・気迫」

    勇者「あの文字をどうすればいい!?」

    魔法使い「・・・『E』を削る。そうすれば、ゴーレムは『meth』、死ぬ」

    勇者「とはいえ、暴れ馬め、こう暴れられちゃ額なんて・・・」

    僧侶「目には目、です!岩よ、万物の母なる大地よ、顕現せよ!!」

    そうりょは 岩の精霊を 召還した!!

    僧侶「押さえつけて!!」

    岩の精霊「・・・!!」
    ガシッ!!
    ゴーレム「グォォォォォォォ!!」
    40 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 18:31:07.70 ID:O31xdmH9O (-4,+7,+0)
    41 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 18:31:33.70 ID:O31xdmH9O (-13,-1,-1)
    42 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 18:32:03.95 ID:O31xdmH9O (-3,+5,+0)
    43 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 18:32:27.86 ID:LdC88zbGP (-16,-4,-1)
    44 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 18:32:33.78 ID:O31xdmH9O (-16,-4,-1)
















    45 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 18:33:04.55 ID:O31xdmH9O (-23,-11,+0)












    46 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 18:33:40.06 ID:O31xdmH9O (-18,-6,-1)











    47 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 18:34:11.78 ID:O31xdmH9O (-13,-1,+0)







    48 : ◆.zeSrW - 2012/02/06(月) 18:34:25.97 ID:dCn7IiAN0 (+95,+30,-131)
    勇者「動きが止まった!戦士!俺を投げろ!!」

    戦士「投げ・・・!?そうか!投げ飛ばしてやるから、削ってこい!!」ガシッ!!

    戦士「うぉおおおおおりゃああああああああ!!」

    勇者「力いっぱい投げすぎだぁあああああああああああああ!!」

    ゴーレム「!?」

    勇者「ああああああああああああああ!!!!」

    ガリッ!!!!

    ゴーレム「」

    バラバラバラ・・・

    戦士「うわ、崩れだした!!」

    魔法使い「・・・脱出!!」

    僧侶「勇者さま、無事ですか!?」

    勇者「戦士てめえコラァ!!死ぬかと思っただろうが!!」

    僧侶「あああ、その話は後ですっ!!」

    ガラガラガラ・・・!!
    49 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 18:35:09.69 ID:O31xdmH9O (+5,+17,+0)














    50 : 以下、名無しにか - 2012/02/06(月) 18:35:21.10 ID:3uKsDEXu0 (+24,+29,-6)
    保守間隔長すぎ
    そんなんじゃすぐ落ちるぞ
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 勇者 + - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について