のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,536,389人
911,642,532頁
昨日:4,713人
5,410頁
今日:421人
470頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレまどか「がんばったね、泣き虫ほむらちゃん」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - まどほむ + - ホモ + - 暁美ほむら + - 泣き虫ほむらちゃん続編 + - 魔法少女まどか☆マギカ + - 鹿目まどか + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:06:40.48 ID:tzbFHP/aP (+125,+30,-120)
    第1話 穏やかな日常ってのは、簡単に壊れるものだったんだね

    ―ワルプルギスの夜を倒した1年後、帰り道―

    まどか「もうすぐ夏休みだね」

    ほむら「そうね……今年の夏休みは受験勉強であまり遊べないでしょうけど」

    まどか「うん、そうだよね……」ショボン

    ほむら「まどか、もしよかったら、一緒に勉強しない?」

    まどか「! うん!」パァァ

    ほむら「ふふっ」

    まどか「ティヒヒ///」

    まどか「あのね……それから、お願いがあるの」モジモジ

    ほむら「何?」

    まどか「夏休み中に、ほむらちゃんのお家にお泊まりに行っても、いい……?」

    ほむら「! まどか、それって……」ドキン

    まどか「///」ドキドキ
    2 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:06:54.05 ID:/MEdBZvO0 (+21,+28,-2)
    >>1
    結論を言えよゴミ
    3 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:09:03.53 ID:tzbFHP/aP (+90,+30,-144)
    ほむら「まどか……///」ドキドキ

    まどか「ほむらちゃん……///」ドキドキ

    QB「やぁ」

    ほむらまどか「きゃあああぁぁぁぁあああ!!」

    ほむら「なんてタイミングで現れるのよ、キュゥべえ!」

    まどか「キュゥべえのエッチ!///」

    QB「え」

    QB「何で今僕は怒られたんだい? わけがわからないよ」

    ほむら「こっちの話よ!///」

    まどか「もう、どこから湧いたの?」

    QB「人をゴキブリみたいに言うのやめてくれるかな。今日はせっかく重要な情報を知らせにきたのになぁ」

    ほむら「何?」

    QB「美樹さやかが追いつめられている。予想以上に深刻な状態だよ」

    まどか「え?」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:11:56.98 ID:VcKMFegh0 (+24,+29,-15)
    お、続編なのか
    期待
    5 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:12:01.27 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-111)
    ほむら「何のこと?」

    QB「ほむら、君はまだ気づいてなかったのかい?」

    ほむら「……」

    まどか「ねぇ、何の話?」

    ほむら「……」ジー

    QB「……」

    ほむら「!!」ハッ

    ほむら「まどか、急いで学校に戻りましょう!」ダッ

    まどか「え? え? 待ってよ、ほむらちゃん!」ダッ

    QB「……」

    ほむら「何てことなの。予想できたことだったのに……!」クッ

    まどか(どういうこと? だってもう、魔女は生まれない、って)

    まどか(私の祈りでルールが変わった、って)

    まどか(そんな…………嫌だよ、さやかちゃん!)ジワッ
    6 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:15:03.05 ID:tzbFHP/aP (+88,+30,-32)
    ―放課後の教室―

    ほむら「美樹さん!」

    まどか「さやかちゃん!!」


    ………………
    …………
    ……


    さやか「……あたしって、ホント馬鹿」ガクッ





    ――そう――



    ――穏やかな日常は、簡単に壊れてしまうものだったのです――
    8 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:17:03.60 ID:EOIEzOTVI (+24,+29,-35)
    ドラえもんがロムスカ・パロ・ウル・ラピュタと戦うつもりかなので水銀燈がログアウト
    9 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:18:03.59 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-224)
    ほむら「夏休みの補習が2教科も?」ワナワナ

    まどか「」

    ほむら「どういうことなの? 半年後は受験だって知ってるはずでしょう?」

    まどか「」

    さやか「面目ない……」

    ほむら「いえ、過ぎたことはもういいわ。あなた、夏休みはなかったものとして諦めるのね」フゥ

    さやか「えー!? ほむらは厳しすぎるー!」

    ほむら「ここで甘くしたら、後で泣くのはあなたでしょう!?」

    まどか(んもう、キュゥべえが意味ありげに言うから、勘違いしちゃったよ……)ホッ

    さやか「はは……穏やかな日常ってのは、簡単に壊れるものだったんだね……」

    ほむら「自業自得でしょう!?」

    QB「やぁ、やってるね」

    さやか「あっ、キュゥべえ! あんたほむらに告げ口したでしょう!」

    QB「僕はただ『さやかが追いつめられている』と言っただけだ。約束は守ったはずだよ」

    さやか「詭弁でしょうが!!」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:19:54.27 ID:YMSSihkY0 (+16,+28,+0)
    さやさや
    11 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:21:03.43 ID:tzbFHP/aP (+93,+30,-216)
    ほむら「その通りだけど、そこで怒る資格は、あなたにはないわ」ファサ

    さやか「むぅ」

    まどか(さやかちゃんに口止めされて、キュゥべえ、あんな言い方したんだ……)ムゥ

    QB「僕にとってさやかの受験は、どうでもいいことだと思っていたんだけどね」

    QB「よく考えたら、さやかが受験に失敗した場合、魔獣狩りに支障が起こる可能性があると判断したんだ」

    ほむら「あなたは相変わらずね……いえ、今回は知らせてくれて感謝するわ」

    QB「それでほむら、さやかの勉強を助けてくれないかな? 僕が教えようとしたんだけど、拒否されてしまってね」

    まどか「キュゥべえに教えられるの?」

    QB「君達の教科書に書いてあることを講義すればいいんだろう? そのくらいなら大丈夫さ」

    ほむら「何で断ったの?」

    さやか「いやー、だってキュゥべえに勉強を教えてもらう、ってなんか屈辱じゃん?」

    ほむら「……そんなことが言える余裕が、あなたにあるの?」ジト

    さやか「うぅ……」

    ほむら「わかったわ。私が教えてあげる」

    さやか「えー? ほむらって厳しそうだから嫌だなぁ」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:22:27.03 ID:VcKMFegh0 (+18,+28,+0)
    さやさや
    13 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:24:05.52 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-151)
    ほむら「」ジロッ

    さやか「うぅ~」

    まどか「だ、大丈夫だよ。私もほむらちゃんに勉強見てもらってるけど、凄く優しいよ?」

    さやか「まどか、騙されちゃ駄目だよ! こいつが優しいのはまどかに対してだけだから!」

    ほむら「その通りよ」キッパリ

    さやか「やっぱ嫌だぁ~~!」

    まどか「んもう、ほむらちゃんったら///」

    QB「それならマミはどうだい? 僕から頼んであげるけど」

    まどか「ん~、マミさんかぁ」

    さやか「そりゃ、マミさんに教えてもらえたら最高だけどさ」

    ほむら「? 巴さんなら断らないと思うけど」

    さやか「いや、なんかさぁ」

    まどか「受験が終わったばかりのマミさんに頼むのは悪いかな、って」

    ほむら「あ……」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:27:05.38 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-119)
    ほむら(そんな気遣い、思いつきもしなかった……)

    ほむら(私はやっぱり駄目だな……)

    さやか「背に腹は替えられない! しょうがないからほむらに頼むよ!」

    ほむら「なんでそんなに上から目線なのよ……」

    ほむら「いいわ。夏休みの間、まどかと受験勉強をするつもりだったから、それに参加してちょうだい」

    さやか「ありがとう、友よ!」

    まどか「……ねぇ、さやかちゃん」

    さやか「ん?」

    まどか「私とほむらちゃんの2人きりの時間を邪魔するんだから、真面目にやってくれないと、私、怒っちゃうかも……」

    さやか「わっ、わかりました!」ビクッ

    まどか「うん、なら私も協力するね」ニコ

    さやか(こ、怖かった……)
    15 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:30:02.59 ID:tzbFHP/aP (+93,+30,-175)
    ―その後、マミのマンション―

    マミ「美樹さんがそんなに追いつめられてたなんてねぇ……」

    さやか「キュゥべえの馬鹿ぁ! 何でみんなにばらしちゃうのよ!?」

    QB「さやか、君は受験に失敗しても変わらずに魔獣狩りをしてくれるのかい?」

    さやか「そ、それは……」

    QB「だったらその対策も、僕の仕事ということになるよね」

    ほむら「キュゥべえに何を言っても無駄よ」

    マミ「恥ずかしいのなら、初めからちゃんと真面目にやってれば良かったのに」

    まどか「ホントだよ、さやかちゃん」ハァ

    さやか「うぅ~」

    杏子「……」

    ほむら「? どうしたの、杏子? あなたなら、真っ先に美樹さんをからかうのかと思ったけど……」

    杏子「いや、あのな……」

    マミ「あのね、佐倉さんが美樹さんを頻繁に遊びや魔獣狩りに誘ってたみたいなの」

    まどか「え?」
    16 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:33:01.64 ID:tzbFHP/aP (+99,+30,-188)
    ほむら「杏子……」

    杏子「うぅ、悪かったよ」

    さやか「まぁまぁ、あんまり杏子を責めないでやってよ」

    まどか「そうだね、誘いに乗ったさやかちゃんが悪いんだもんね」

    さやか「うぐぅ」

    まどか「ティヒヒヒ」

    マミ「佐倉さんと一緒に住んでるのは私なのに。ちょっと妬けちゃうわね」フフ

    杏子「だってゲームでも魔獣狩りでも、ムキになってくれんのはさやかぐらいだからさ~」

    ほむら「ウマが合うのね、あなた達」

    まどか(ホント、初めて会ったときは想像もできなかったよ)

    マミ「じゃあ美樹さん、今日はこれで帰って。魔獣狩りは私達4人でやるから」

    さやか「だ、大丈夫ですよ! あたしも参加します!」

    マミ「鹿目さんも暁美さんも受験で、しばらく魔獣狩りは当番制になるのだから、全員が揃ったときぐらい勉強に集中しなさい」

    さやか「明日からちゃんとやりますから!」

    マミ「明日からやる、って言葉ほど信用できないものもないわよ?」
    17 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:36:01.82 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-133)
    さやか「うぅ~」

    マミ「そんな顔しないの。私も暇があるときは勉強見てあげるから」

    まどか「マミさん、受験終わったばかりなのに……」

    マミ「いいのよ。可愛い後輩のためだもの」ニコ

    ほむら「だ、そうよ。巴さんのためにも、怠けずにやるのね」

    さやか「ほむらは言い方が冷たいよ……」

    まどか「…………ねぇ、さやかちゃん。上条君と同じ高校に行きたくないの?」

    さやか「っ!!」

    さやか「そっか……そうだよね」グッ

    さやか「わかった。今日は帰って勉強するよ!」

    まどか「うん、それがいいよ」ニコ

    マミ(ちょろいわね、美樹さん……)

    QB(なるほど。さやかを動かすのにはこうすればよかったのか)

    ほむら「……」

    杏子「……」ポリポリ
    18 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:39:02.14 ID:tzbFHP/aP (+98,+30,-98)
    ―路地裏―

    マミ『鹿目さん、暁美さん、そっちに魔獣を追い込んだわ。一網打尽にしちゃって!』

    ほむら『了解』

    まどか『わかりましたっ』

    ほむら(来た。5体か……)ピシュン

    まどか(行くよ! ハイパーまどかビーム!)ピシュン

    ひゅん、ひゅん。ずばっ。ずばっ。

    ほむら「くっ、1体撃ち漏らした!」

    杏子『おっと、そいつはあたしの獲物だ!』

    ほむら「杏子!」

    ざん!

    ……………………
    ………………
    …………
    19 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:40:04.86 ID:VcKMFegh0 (-14,-1,-2)
    斬!
    21 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:42:04.99 ID:tzbFHP/aP (+45,+30,-112)
    マミ「やっぱり人が多いと楽ね」

    杏子「ほむらも弓使い、だいぶ慣れたじゃんか」

    ほむら「ええ、流石に1年もやってれば、ね」

    まどか「ティヒヒヒ(私とほむらちゃん、お揃いだもんね)」

    ―帰り道―

    ほむら「……」

    まどか「ほむらちゃん、どうかした?」

    ほむら「え?」

    まどか「なんか元気ないな、って」

    ほむら「……」

    ほむら「私って冷たいのかしら?」

    まどか「へっ?」

    まどか「ああ、さやかちゃんが言ったこと気にしてたの?」

    ほむら「……」

    マミ「ふふふ、あんなの美樹さんの冗談よ。真に受けることないわ」
    22 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:42:08.16 ID:BBWqvAyz0 (+24,+29,-18)
    先輩、何してんですか?やめてくださいよホントに!
    23 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:42:17.22 ID:YeVHxL/r0 (+32,+29,+0)
    >>18
    ウェルカム 猫招き
    24 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:43:10.62 ID:p7A7P6HA0 (+24,+29,-5)
    まどか(行くよ! ハイパーまどかビーム!)ピシュン

    待て、いろいろと待て
    25 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:45:06.72 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-169)
    杏子「さやかはほむらに甘えてんだろ」

    ほむら「そう……なのかな?」

    まどか「そうだよ」

    ほむら「……私、ずっと心臓が悪くて病院にいたし、友達もいなかったから、人付き合いとか上手くできなくて……」

    まどか「ほむらちゃん……」

    杏子「確かにあんた、人付き合い苦手そうだもんな」

    マミ「こら」

    ほむら「今日だって美樹さんの現状を知って、本当なら心配しなくちゃいけないのに、私は怒ってたわ」

    マミ「これは重症ねぇ……自分の気持ちにも気づけないなんて」

    ほむら「え?」

    まどか「ねぇ、ほむらちゃん。ほむらちゃんは何で怒っちゃったの?」

    ほむら「だって美樹さんが怠けていたから……」

    まどか「さやかちゃんが怠けると、何でほむらちゃんが怒るのかな?」

    ほむら「え?」

    まどか「あのね、実は私も怒ってたんだよ?」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:48:02.70 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-172)
    ほむら「……そうなの?」

    まどか「だってさやかちゃんのこと心配だし、一緒の高校に行きたいって思うし、友達なんだから当たり前だよ」

    ほむら「あ……」

    マミ「それはあなただって同じでしょう?」

    杏子「好きの反対はね、憎いじゃないのさ。無関心なんだよ」

    マミ「本当に冷たい人なら、他人のために怒ったりしないわ」

    まどか「そう言うこと。ほむらちゃんは、とっても優しいんだよ!」

    ほむら「そんな……///」

    ほむら「……まどか、ありがとう。私、あなたに会えて本当によかった」

    まどか「ほむらちゃん///」

    マミ「あら? そこで惚気になっちゃうの?」

    杏子「はは、あたしらガン無視かい?」

    ほむら「ち、違っ! まどかに会えなかったら、あなた達ともこうしていられなかったから……」アセアセ

    マミ「ふふっ、わかったわ。そんなに慌てなくてもいいのに」

    杏子「ははは」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:50:18.61 ID:5HN9OauY0 (+24,+29,-3)
    泣き虫ほむらちゃんの続きか、これは④せねば
    28 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:52:01.89 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-202)
    杏子「でも……あんたも色々あるんだな」

    マミ「そりゃそうよ。生きてればみんな、何かしらあるのが当たり前よ」

    杏子「そうだよな……」

    まどか「? 杏子ちゃんも何かあるの?」

    杏子「んまぁ……こんな生活してるとな……」

    マミ「だからそれは、焦らなくていい、って言ったじゃない」

    杏子「ん……」

    杏子「でもやっぱ、みんなが受験とかやってるの見てるとさ……あたし、さやかの邪魔しちゃったし」

    まどか「杏子ちゃんは学校行く気はないの?」

    杏子「そんなの今更だしさ。それに先立つものもな」

    まどか「あ、ごめん……」

    マミ「今は働いてるんだし、お金が貯まったら定時制に行く、って手もあるわ。高認を受けていきなり大学行っちゃうのもありだと思うの」

    ほむら「こうにん?」

    マミ「高等学校卒業程度認定試験、だったかな。それに合格すれば高校を出た子と同じ学力があると見なされて、大学受験の資格がもらえるの」

    まどか「えっ、凄い!」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:55:00.36 ID:d1WAaaAQ0 (-27,-15,-1)
    30 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:55:03.82 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-186)
    杏子「大学かぁ……実感湧かないな」

    マミ「あなたの将来なんだから、ゆっくり考えなさい」

    杏子「マミさんには迷惑ばっかり掛けちゃうな」

    ほむら「マミさん?」

    杏子「!! マミだ、マミ!!///」

    マミ「ふふふ、その呼び方、懐かしいな」

    まどか(マミさん、って呼んでたんだ)

    マミ「佐倉さんは私の大切なお友達よ。遠慮される方が悲しいな」

    杏子「うん……」

    マミ「魔女と戦ってた頃、私は年上なのに、みんなの支えになってあげられなくて、そのことは今でも後悔してるわ」

    まどか「そんなっ! マミさんは頼りになる先輩です!」

    マミ「そう? 鹿目さんは暁美さんしか目に入ってなかったような気がするんだけど」

    まどか「そっ、それは……///」

    ほむら「///」

    マミ「うふふ、意地悪言っちゃったね。ごめんなさい」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 07:57:19.07 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-188)
    マミ「それに佐倉さんに偉そうに言っちゃったけど、私だって将来のことなんて、何も決まってないの」

    ほむら「私も何も考えてないわ……」

    杏子「うん……」

    まどか(私もほむらちゃんとずっと一緒にいたい、ってことぐらいしか……)

    マミ「私達、魔法少女なんてやってるから、余計未来のことについて考える暇はないわよね」

    杏子「はは、色々あったもんな……」

    マミ「ねぇ、今日はもっとお喋りして行かない? なんかそんな気分」

    まどか「私は大丈夫です。今日は遅くなる、って言ってあるから」

    ほむら「じゃあ、ご飯はどうしようかしら? ファミレスでも行く?」

    杏子「それともコンビニで何か買って、公園で話すかい?」

    マミ「そうね……お店の中じゃ魔法少女の話はできないもんね」

    まどか「じゃ、じゃあ、カップラーメンでもいいのかな?」

    杏子「へっ?」

    ほむら「そうね、いいと思うわ」

    まどか「私、何年かぶりだよ~」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:00:01.11 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-138)
    ―公園―

    まどか「じゃーん! 1番スタンダードなのを買ってみました!」

    ほむら「私はシーフードを」

    まどか「あっ、それも美味しいよね!」

    ほむら「後で交換する?」

    まどか「ティヒヒヒ、いいの?」

    ほむら「ええ(可愛い)」

    マミ「私はチリトマトにしちゃった。佐倉さんは焼きそば?」

    杏子「ああ、夏だし」

    マミ「?」

    …………

    まどか「あつっ、あっつ~い」フーフー

    ほむら「確かに、夏に外で食べるのはキツかったわね」ハフハフ

    マミ「ふー、ふー。辛いのを選んだのは失敗だったかも」

    杏子「はは、だからあたしはこれにしたのさ。スープがない分、熱すぎないし」ズルズル
    33 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:03:01.66 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-174)
    まどか「でも美味しい!」チュルチュル

    ほむら「ふふっ」

    まどか「パパには悪いんだけど、やっぱりたま~にジャンクな味って食べたくなっちゃうんだ」

    ほむら(まどか、可愛い)

    マミ「私は受験のときにお世話になったわ」ハフハフ

    杏子「あたしが作ったご飯も食べずにカップ麺食ってたこともあったじゃん」

    マミ「あ、あれは本当に忘れてたのよ……」

    まどか「えー? 杏子ちゃんもご飯作れるんだ」

    杏子「そんなに難しいことじゃないだろ?」

    ほむら「料理って、要は慣れだから」

    まどか「そっか(いつかほむらちゃんと一緒に住むときのために、私もできるようになっておかないと……)」

    ………………

    まどか「ごちそうさま! 美味しかったね」ティヒヒ

    マミ「ゴミはこの袋にまとめましょうか」

    杏子「で、どんな話をするのさ?」
    34 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:03:08.99 ID:zkgQqCHM0 (+29,+29,-7)
    お前のレスだけ文字化けして読めん
    こいつ最高にゆとり
    養分だなwwwwwwww
    35 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:06:03.41 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-209)
    マミ「どうせだから、みんなで悩みとか愚痴を打ち明け合わない?」

    まどか「何だかさやかちゃんがいないときにこんな話になっちゃうなんて、悪い気がするなぁ」

    マミ「美樹さんと言えば、例の彼とはどうなってるの?」

    まどか「別にどうも。見ててやきもきしちゃうんです」

    ほむら「上条恭介はずっとバイオリンに夢中らしくて、恋愛とか考えてる暇がないみたい」

    杏子「でもさ、結局はさやかしかどうにかできない問題じゃんさ。まどかがやきもきしたって始まらないだろ?」

    まどか「うん……そうなんだけどね……」

    マミ「でも女の子なら、誰でも友達の恋愛には興味津々なものよ」

    まどか「多分、それだけじゃないです」

    杏子「どういうことさ?」

    まどか「私、さやかちゃんが命懸けで上条君の腕を治したのを知ってるから……」

    まどか「きっと、頑張った人には報われて欲しいんだと思う」

    ほむら「まどか……」

    マミ「鹿目さんらしいわ」

    杏子「でもな、世の中頑張っても報われないことなんてたくさんあるんだぞ? そんなに神様は優しくねぇのさ」
    36 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:09:01.87 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-148)
    まどか「わかってる。自分でも子供っぽいって思うよ」

    まどか「でもやっぱり、希望を持つことや誰かのために頑張ることが間違いだなんて、認めたくないから」

    まどか「だから私は、さやかちゃんに報われて欲しいんだと思う」

    杏子「ふーん、いいじゃねぇの? 結局、自分の信じてるもののために突っ走るしかないもんな」

    まどか「うんっ」

    マミ「そう言えば、美樹さんは大丈夫なのかしら? 実際のところ、受験とかどうなの?」

    まどか「大丈夫ですよ! さやかちゃんはやれば出来る子ですから!」

    杏子「それって、やらなきゃ出来ない子、ってことだけどな」ハハ

    まどか「……」

    杏子「そこで黙るなよ!」

    まどか「だ、大丈夫だよぉ。今頃ちゃんとやってる、って」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:12:05.68 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-114)
    ―その頃、さやかの部屋―

    QB「で、君はどうして勉強しに帰って来たのに部屋の掃除なんかしてるんだい?」

    さやか「だ、だって気になっちゃったんだもん! 大丈夫だって、これが終わればちゃんとやるから!」

    QB「やれやれ」

    さやか「あ、のだめの1巻がこんなとこにあった……」

    QB「さやか?」

    さやか「ちょっと、ちょっとだけならいいじゃん!」

    QB「わかったよ、上条恭介と同じ高校へ行く気はないんだね」

    さやか「うぐっ。あ、相変わらず汚いヤツ……」

    さやか「はいはい、わかりました! やりますよ! やればいいんでしょ!」

    QB「きゅっぷい」
    38 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:15:05.76 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-240)
    ―再び公園―

    マミ「そう言えば、鹿目さんの夢、聞いたことあったわね」

    杏子「まどかの夢?」

    まどか「うん。私、得意な学科も自慢できる才能もないから、誰の役にも立てないまま毎日を過ごしていくことが、凄く嫌だった……」

    マミ「魔法少女になれれば夢が叶う、って言ってたけど、実際なってみてどう?」

    マミ「あの時と今じゃ、魔法少女は違う意味合いのものになったわけだけど」

    まどか「どうかな……ほむらちゃんの恋人になれて、ちょっと考えが変わったかもしれないです」

    マミ「どんな風に?」

    まどか「こんな私でも、必要だって言ってくれる人がいてくれて……」

    まどか「こんな私でも、誰かのために生きられるんだ、ってわかったから」

    ほむら「まどか……」

    マミ(本当にラブラブねぇ……)フフ

    まどか「例えば杏子ちゃんだってバイトしてて、それは誰かの役に立ってるからお給料貰えるんだよね?」

    まどか「誰かの役に立つ、って特別なことでもないような気もしてきて……」

    杏子「でもあたしがいなくなっても、誰かがやれることだぞ? 所詮は社会の歯車さ」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:15:33.79 ID:msR+ONtR0 (+33,+27,+0)
    >>16
    ブログ流入民でちゅか
    40 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:18:02.60 ID:tzbFHP/aP (+93,+30,-168)
    まどか「あー、そっか……」

    ほむら「あの……」

    マミ「ん?」

    ほむら「社会の歯車、ってそんなに悪いことなの?」

    まどか「えっ?」

    杏子「悪いわけはないだろうさ」

    マミ「でもせっかく生まれて来たんだもの、自分だけしかできないことを見つけて輝きたいじゃない?」

    ほむら「私は病気のこともあって、社会の歯車さえなれないと悲観してたから、悪いことには思えないの」

    まどか「ほむらちゃん……」

    マミ「そっか、そう言う考えもあるんだね」

    杏子「誰にでもできる仕事、ってのも、誰かがやらなくちゃいけない仕事だもんな」

    まどか「そっか……」

    マミ「でも大きな夢を持つことは悪いことじゃないと思う」

    マミ「大人になるまで時間はあるんだから、いっぱい悩んでいけばいいと思うの」

    ほむら「そうね」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:21:06.52 ID:tzbFHP/aP (+93,+30,-174)
    杏子「………………あのさ、せっかくだから、正直に告白するよ」

    まどか「何?」

    杏子「あたしさ、どっかで変なバランス感覚があるんだと思う」

    ほむら「バランス感覚?」

    杏子「あたしの勝手な祈りで家族を壊しちまったのに、あたしだけ幸せになっていいのか、ってさ」

    まどか「やめてよ! そんなのってないよ!」

    杏子「自分でもわかってるさ。馬鹿な感傷だ、ってね。でもさ……理屈じゃないだろ、こういうのって」

    ほむら「杏子……」

    マミ「……それを言うなら私だって、家族で私だけ生き残ったことに、罪悪感みたいな気持ちはあるわ……」

    まどか「マミさんまで……」

    マミ「私が正義の味方にこだわってるのは、そう言う想いがあるからかもしれない」

    まどか「そんな……そんな……」

    マミ「でもね、私も佐倉さんも幸せにならなくちゃいけないと思うの。だって、これからも生きていくんですもの」

    まどか「そうだよ。そうじゃなかったらおかしいよ」
    42 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:23:07.38 ID:dpFqoLx20 (+30,+30,-48)
    さやかちゃん、高校はともかく大学は恭介と一緒って無理だろうなぁ
    恭介は音大行っちゃうだろうし
    43 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:24:02.84 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-209)
    杏子「へへっ、悪いな。あんた達の話を聞いてて、あたしも弱音を吐きたくなっただけさ」

    まどか「杏子ちゃん……」

    杏子「でもな、こんなことを考えられるのも、まどかとほむらのお陰なんだ」

    ほむら「えっ!?」

    マミ「そうね。あなた達がいなかったら、私達は何も知らずに魔女になっていたかもしれないもの」

    まどか「そんな……私はあの時、ほむらちゃんのことしか考えてなくて、そんなこと言ってもらえるようなことじゃないのに……」

    ほむら「私も、自分の目的のために戦っていただけよ」

    マミ「でも結果として魔法少女はみんな救われたわ。だからとても感謝してるのよ?」

    杏子「まっ、照れくさくて今まで言えなかったけどさ」

    マミ「暁美さん、鹿目さん、本当にありがとう」

    杏子「ありがとうな」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:27:01.85 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-57)
    ほむら「いや、あの……その……///」

    まどか「うぅ~///」

    マミ「ふふっ、そんなに照れなくてもいいじゃない」

    杏子「はははは」

    マミ「さっ、今日はそろそろ帰りましょうか」

    杏子「ゴミ、さっきのコンビニで捨てて行こうか」

    まどかほむら「///」

    マミ「ほらほら、いつまでも照れてないの」フフ
    45 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:30:02.34 ID:tzbFHP/aP (+91,+30,-151)
    ―帰り道―

    杏子「……なぁ、やっぱあたし達、大人になっても魔法少女やってるんだよな?」

    まどか「あー」

    マミ「そうね、忙しい仕事だったりしたら大変そう」

    まどか「色々あるねぇ」ティヒヒ

    杏子「おばさんになってもあのカッコしなきゃなんないのかと思うと、気が重いよな……」

    マミ「うぅ~、それは言わないでよ……」

    ほむら「ええ……」

    まどか「でも……多分、そのことでは私が1番悲惨だと思う……」ズーン

    杏子「あー、あのピンクの衣装は確かに……」

    ほむら「大丈夫よ、まどか。私はありだから」キリッ

    まどか「ほむらちゃん……///」

    マミ「あー、はいはい、バカップル、バカップル」

    杏子「投げやりになるなよ……」
    46 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:31:36.51 ID:dpFqoLx20 (+29,+29,-8)
    あのピンク衣装で三十路になったまどかとか見たいです
    47 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:33:01.62 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-147)
    第2話 じゃああたしはどうすればいいのよ

    ―夏休み、教室―

    さやか「はぁ、夏休みに補習なんて……」

    さやか「あたしの青春を返して、って感じよね!」

    さやか(そう言えば、何人くらい受けるのかな? あたし1人だったら寂しいよね……)ハハ

    がらっ。

    さやか「!」

    上条「あれ? さやかじゃないか」

    さやか「恭介ぇ?」

    上条「よかった。僕1人じゃなかったんだね」

    さやか「きょ、恭介も補習なの?」

    上条「恥ずかしながら、ね。バイオリンに夢中になってたせいで、実は成績が下がってたんだ」

    さやか「そうなんだ……」

    上条「さやかは?」

    さやか「ええっ!? いやー、あはははは……///」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:36:02.74 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-140)
    上条「半年後は受験だって言うのに、怠けてたら駄目じゃないか」

    さやか「恭介には言われたくないって!」

    上条「あははは、ごめんごめん」

    さやか「んもう」

    さやか(ヤバイ……嬉しい……///)

    ―帰り道―

    上条「さやか、やればできるんじゃないか」

    さやか「あははは、補習受けることになったら友達に怒られちゃってさー。実は今日まで勉強漬けだった、ってわけ」

    上条「それって鹿目さんや暁美さんのことかい?」

    さやか「そう。特にほむらなんて怒るとおっかなくてさー」

    上条「大人しそうに見えるのに」

    さやか「いやぁ、あいつは怒ると鬼みたいな顔するんだよ?」

    上条「あははは、それだけさやかのことが心配なんだね」

    さやか「うん、わかってる」
    49 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:39:04.88 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-125)
    上条「いい友達を持ったね、さやかは」

    さやか「まあね」

    上条「……」

    さやか「?」

    上条「志築さんとは……」

    さやか「え?」

    上条「ごめん、何でもないや……」

    さやか「うん……」

    上条「……」

    さやか「でも、あたしは今でも仁美と友達のつもりだから」

    上条「さやか……」

    さやか「だから恭介は、そんな顔しちゃ駄目」

    上条「うん、ありがとう」

    さやか「うん」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/02/05(日) 08:42:02.20 ID:tzbFHP/aP (+95,+30,-151)
    上条「さやか、夏休み、一緒に勉強しないか?」

    さやか「えっ!?」

    上条「ほら、一緒に教え合ったりさ。2人の方がはかどるだろ?」

    さやか「いやー、補習受けてる同士でそれはどうなんだろ~」タハハ

    上条「正直言っちゃうけどさ、さやかに僕を監視してて欲しいんだ」

    さやか「監視? そりゃ穏やかじゃないね」

    上条「1人でやってると、どうしてもバイオリンに手が伸びちゃうから」

    さやか「ああ」

    上条「だからさ、頼むよ」

    さやか「うん、わかった! そう言うことなら一緒に勉強しよう!」

    上条「ありがとう、さやか」ニコ
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - まどほむ + - ホモ + - 暁美ほむら + - 泣き虫ほむらちゃん続編 + - 魔法少女まどか☆マギカ + - 鹿目まどか + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について