のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,550,527人
911,658,156頁
昨日:6,240人
7,002頁
今日:4,047人
4,457頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ亜美「あずさお姉ちゃん!今日も絵本読んでYO→!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:03:15.10 ID:tBjm3Bmb0 (+125,+30,-134)
    昔々あるところに、おばあさんが婚期を逃して隠居生活をしていました。

    あずさ「うぅ~ん、今日は良い天気ね~」

    あずさ「お仕事も無いし、川へお洗濯へ行きましょう~」タッタッタ

    あずさ「次は芝刈りに行かないといけないわ~、腰がやられてしまうわ~……」ジャブジャブ

    おばあさんが川で控えめながらも、薔薇のアクセントが大人の雰囲気をかもしだす
    レース生地のブラジャーを洗っていると……

    あずさ「あら? あれは一体なにかしら~」ジャブジャブ

    ドンブラコ、ドンブラコと、大きなゴージャスセレブプリンが流れてきました。

    あずさ「あらー……(驚愕)」
    3 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:13:07.00 ID:tBjm3Bmb0 (+95,+30,-191)
    あずさ「ど、どうして川からプリンが流れてくるのかしら~?」

    さすがのおばあさんも、これには驚きを隠せませんでした。

    あずさ「……これじゃ一人で食べきれないわね~」

    あずさ「うふふ、2日に分けていただこうかしら~」

    おばあさんは、大きなゴージャスセレブプリンをひろいあげて、家に持ち帰りました。

    ドンッ

    あずさ「よいっしょ……ふぅ、なんだか妙に重たかったわ~」

    あずさ「賞味期限とか大丈夫かしら~?」クイッ

    あずさ「それにダイエットも……」

    おばあさんは悩みました。

    あずさ「……」

    あずさ「さらば、あの頃の日々」スッ

    しかし、その悩みはスイーツの前には塵芥にも等しいものだったのです。
    おばあさんの婚期とウェストラインはまた伸びてしまいました。
    5 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:15:28.28 ID:T5QMOgUD0 (+30,+29,-14)
    あずささんがおばあちゃんなら小鳥さんはどうなるんだよ
    7 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:20:00.15 ID:Colu0AoPI (+16,+29,-3)
    どんな呪文だ、教えろその言葉を
    8 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:21:11.20 ID:g/bexcA50 (+19,+29,-6)
    なんな凄まじいセンスだな…支援
    9 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:24:58.72 ID:tBjm3Bmb0 (+91,+30,-200)
    あずさ「うふふ、いただきます~」

    いざ、プリンのラベルを剥がそうとしたその時……

    ボシュウウウウウウ!

    突然、真っ白な煙が部屋を覆い尽くしたのです。

    あずさ「きゃっ!」

    あずさ「……!……けほっけほっ! Smoky Thrillだわ~!」

    その揺れる蜃気楼の先には……

    「まっこまっこりーん!」

    なんとゴージャスセレブプリンの中から勢いよく男の子が飛び出してきたのです

    あずさ「なんということでしょう……」ガクガク

    「やーりぃ! やっと出れました!ありがとうございます!おばあさん」

    あずさ「あ……あの……」

    あずさ「……」

    あずさ「あの、プリンで体中べちょべちょですよ~?」

    おばあさんは天然でした。
    11 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:27:14.23 ID:1jAHiHX3O (+14,+24,+0)
    センスを感じた
    12 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:28:03.01 ID:NydolknS0 (+12,+22,-2)
    やばいなこれ、面白い
    13 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:29:24.95 ID:QAzuPKN00 (+29,+29,-6)
    まこまこりんは男の娘じゃない
    じゃない…
    14 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:29:39.13 ID:FIBLmKGR0 (+22,+29,-26)
    亜美がでてくるんじゃないのかよwww
    15 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:34:42.31 ID:tBjm3Bmb0 (+98,+30,-173)
    「あ、手ぬぐいありがとうございました……」

    あずさ「いいえ~。困った人を見たら知らぬが仏、ほっとけないわ~」

    おばあさんは男運には恵まれていませんでしたが、とても親切で穏やかな方でした。

    「あの……驚かないんですか? プリンから人が出てきたんですよ?」

    あずさ「うふふ~、きっと大変なことがあったのね~」

    「……」

    あずさ「ゆっくりしていってちょうだい~」

    「おばあさん、ありがとうございます……!」ジワッ

    あずさ「いいえ、気持ちはわかるわ~」

    「えっ」

    あずさ「私も、よく山へ芝刈りに行って迷子になってしまうのよ~」

    「あ、あの……」

    あずさ「うぅん、それでもプリンの中っていうのは私もさすがに無いわね~」

    おばあさんは天然でした。
    16 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:37:05.55 ID:oReDA21a0 (+12,+19,+0)
    相変わらずのセンス。支援
    17 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:46:25.88 ID:5UaukPfM0 (+29,+29,-6)
    あずささんはいくつなんだ?この世界では
    18 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:49:51.54 ID:tBjm3Bmb0 (+95,+30,-253)
    あずさ「お家には帰れるかしら~? なんでしたら私も一緒に……」

    「えっそれは絶対にダメッ……!じゃなくてっ!」

    「あ、あの! お願いします! ボクを養子としてここに住まわせてくれませんか!」ビシッ

    あずさ「あら~キレイなお辞儀ね~……90度ピッタリ……」

    「ボ、ボク空手もやってるんで悪い奴が来たら懲らしめてやります!」

    「だからお願いします!おばあさん!」

    あずさ「あらー。プリンを食べようと思ったらいきなり母親になってしまったわ~」

    おばあさんは「生き遅れ」から「シングルマザー」にジョブチェンジしました。

    あずさ「えっと、お名前は何ていうのかしら」

    「それが……覚えてないんです。だからおばあさんが付けてくれませんか?」

    あずさ「えっと、それじゃぁ……」

    あずさ「ゴージャスセレブプリンから産まれたから、ゴージャスセレブプリン太郎ちゃんね~」

    「えっ……あ、あのボク女の子なんですけど……」

    あずさ「あら、ごめんなさい~!うっかりしてたわ~! それじゃぁ……」

    あずさ「ゴージャスセレブプリン花子ちゃんね~」
    19 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:52:42.79 ID:Ut9wy3hu0 (+19,+29,-12)
    すごい脳内再生される
    20 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:53:56.31 ID:5UaukPfM0 (+30,+29,-16)
    真は真っ裸なのか?
    21 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:56:27.47 ID:QAzuPKN00 (+34,+29,-4)
    >>20
    やばいな興奮してきたぞおい
    22 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 14:59:14.99 ID:T5QMOgUD0 (+28,+30,-31)
    犬→穴を掘るのでゆきぽ
    雉→ピヨちゃん

    猿は……
    23 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:00:52.21 ID:6M+mfLEg0 (-19,-12,-11)
    これは支援せざるを得ない
    24 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:03:46.03 ID:5UaukPfM0 (+29,+29,-6)
    サルは…響だろう・・・多分
    25 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:04:35.41 ID:6M+mfLEg0 (+25,+28,+1)
    >>24
    激しく同意
    26 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:05:07.32 ID:tBjm3Bmb0 (+95,+30,-297)
    プリンから生まれたその子はすくすくと成長していきました。

    あずさ「ゴージャスセレブプリン花子ちゃん~!ゴージャスセレブプリン花子ちゃん~!」

    「……あずささん」

    あずさ「うふふ、今日は芝刈りにいってくれないかしら~」

    「すいません、せっかく名前付けてもらったのに申し訳ないんですけど……」

    「あの~……その~……改名してくれませんか?」

    あずさ「あら~ゴージャスセレブプリン花子ちゃんじゃイヤなのかしら?」

    「イ、イヤですよ!長いし呼びづらいし! どっかのアヤしい外国人みたいじゃないですか!」

    あずさ「そんな我儘な子に育てた覚えはありませんよ~」

    「と・に・か・く! ボクはこれから「真」って名前にします! 町娘のやよいって子に付けてもらいました!」

    あずさ「あら、町にお友達が出来たのね~」

    「はい! 貧乏だけどす~~ごく元気で良い子なんです!」

    あずさ「……わかったわ、ゴージャスセレ……いいえ、真ちゃん。それじゃ村の役所に手続きをしてくるからお留守番しててね」

    「ほっ……良かったぁ……」

    「うぅ、これからゴージャ(ryなんて名前で一生呼ばれたらどうしようかと思ったよ」
    おばあさんの天然に悩まされながらも、真は常にまっすぐな子だったそうな。
    27 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:08:32.99 ID:5UaukPfM0 (+30,+30,-15)
    町娘やよいってなんかすごく興奮する。
    ものすごく似合ってる
    28 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:10:38.20 ID:TqY1JGUP0 (+33,+29,-17)
    やよいは借金のかたに布団まで持っていかれるイメージ
    29 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:11:28.43 ID:6M+mfLEg0 (+21,+28,-30)
    お姫ちんはリアルお姫ちんだな!
    30 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:12:58.50 ID:5UaukPfM0 (+34,+29,-18)
    >>28
    それそれ
    たまらんわ。長女なのとかモロあうな
    31 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:16:43.76 ID:1jAHiHX3O (+28,+29,-12)
    やよいは俺と結婚した
    32 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:20:37.92 ID:tm+69Cl10 (+22,+18,+0)
    >>31
    お前の横でチャオ☆チャオ☆言ってる奴はやよいじゃないぞ
    33 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:24:24.10 ID:tBjm3Bmb0 (+95,+30,-215)
    「……ッせぇい!!!」パカーン!

    「あちゃ~、ちょっと薪割り過ぎちゃったかな?」

    真は毎日、手刀で芝刈りに行きました。

    あずさ「はぁ……はぁ……」ガチャッ

    「あ、お帰りなさい。あずささん、今日は迷子に……」

    あずさ「た、大変よ~!町に鬼が出たわ~!」

    「な、なんだって!」ガタッ

    あずさ「あらあら~!!あらあら~!!(混乱)」アタフタ

    「あずささん、落ちついてください! 目が回るだけですからっ!」

    あずさ「……はぁっ……やよいちゃんの家のもやしが鬼の年貢で全て持っていかれちゃったのよ~!」

    「えっ、そんなことしたらっ……」

    あずさ「餓死してしまうわ~……!」

    「もやしだけにっ……!」

    あずさ「真ちゃん、どうしましょう~」アタフタ

    「……あずささん、ボクが鬼退治にいきます!もうヤツの悪事を見逃してられません!」
    34 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:25:19.05 ID:QAzuPKN00 (+24,+29,-4)
    やよいもやししか食べてないのか…
    35 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:25:32.63 ID:KXoZ3yj+0 (+19,+29,-19)
    手刀で薪割るとか人間の所業じゃない
    36 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:27:35.03 ID:5UaukPfM0 (+29,+29,-14)
    年貢がもやしwww

    まて、お供がジュピターとかだったら泣くからな?
    37 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:29:00.18 ID:MpW5wkWC0 (+23,+24,-5)
    鬼は閣下か?
    38 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:31:01.49 ID:QAzuPKN00 (+83,+29,+0)
    >>37
    まあ風格からして
    39 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:35:35.57 ID:5UaukPfM0 (+45,+30,-39)
    >>38
    まて?豹柄の水着をきた美希という可能性はないかね?
    40 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:37:14.81 ID:tBjm3Bmb0 (+95,+30,-228)
    あずさ「そんな……いかないで真ちゃん~。真ちゃんが居なくなったら、とっても寂しいわ~」

    おばあさんにとって、真は唯一の家族だったのです。

    「あずささん、大丈夫ですよ。ボクは必ず帰ってきます」

    あずさ「……真ちゃんいつのまにか立派になったのね~」ウルッ

    「なぁに鬼ヶ島まで、自転車でひとっ走りですよ!」

    あずさ「真ちゃん必ず生きて帰ってきてちょうだい……はい、餞別よ」

    おばあさんは真に背中に『真』一文字が書かれたトレーニングウェアと、
    吉備団子を渡しました。

    「あずささん、それじゃ行ってきます!おたふく風邪には気をつけてください!」ダッ

    あずさ「……真ちゃん、あなたの無事を祝って、送り歌を歌うわ」

    あずさ「……」スゥ

    あずさ「このおぉ坂道ぃぃをおおお!登るたびにぃいひいいいい!」

    おばあさんは早速死亡フラグを立ててしまいました。
    41 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:38:52.20 ID:bQnf62X90 (+31,+29,-2)
    >>39
    デコリンでも似合うと思う
    42 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:39:36.94 ID:IROPlyNOO (-26,-19,-3)
    これは期待するしかない。支援
    43 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:40:17.38 ID:5UaukPfM0 (+29,+29,-4)
    あずささんww それはダメww

    帰るまで残っててくれよ
    44 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:52:09.30 ID:tBjm3Bmb0 (+95,+30,-158)
    チェーンを外して、ストッパーを外して真は自転車をかっとばしました。

    シャアアァア!

    「う~ん、やっぱり鬼相手に一人だと心細いな……」

    「そういえばこの近くに頼れる犬、雉、猿が居るって聞いたなぁ」

    すると、目の前になにやら大きな影が……

    「あっあれは……」

    貴音「げろっぱ!」

    「……」

    貴音「げろっぱ!げろっぱ!」

    なんと、そこにおったのはヒップ92の蛙だったそうな。
    その鋭い眼光が狙っているものは明らかに真の吉備団子。

    「……カエルって何だよ!」

    これにはさすがの真もツッコまざるを得ませんでした。
    45 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:52:18.15 ID:Ep0HYypS0 (+12,+19,+0)
    面白いじゃないですか。
    支援
    46 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 15:59:36.80 ID:BBFb61Dr0 (+7,+22,-14)
    ハム蔵まだー?
    47 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 16:03:45.24 ID:tm+69Cl10 (+29,+29,-31)
    お供は蛙と腐鳥とヒビキか
    48 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 16:09:03.02 ID:r6AuL9uE0 (+22,+29,-12)
    響鬼とかいてひびき
    49 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 16:10:12.06 ID:TqY1JGUP0 (+17,+29,-2)
    高津鬼さん…
    50 : 以下、名無しにか - 2012/02/04(土) 16:10:53.42 ID:tBjm3Bmb0 (+90,+30,-280)
    貴音「あなた様、その股間につけた吉備団子をおひとつくださいな」

    「うぅ……どこまでもついてくる……。やれやれ、わかったよ」ゴソゴソ

    あまりのしつこい物乞いに、ついに真が音をあげました。
    おばあさんの手作りのファウルカップから吉備団子を取り出して、カエルに手渡しました。

    貴音「感謝いたします、わたくし、あなた様にどこまでもついていきます」モグモグ

    貴音「この吉備団子、メンカタカラメヤサイダブルニンニクアブラマシマシにはできませんか?」

    「……できないよ。そもそも吉備団子は油で揚げてないし野菜入ってないし」

    貴音「なんと!」しじょっ!

    「だああああ! あずささんと同じくらい疲れる!」

    「はぁ……君、お供するっていっても、闘いとかで役に立つの? 相手は鬼だよ」

    貴音「ふふっ心配ありません」

    「何か特技とかあるの?」

    貴音「はい……」

    「……」

    貴音「尻で割り箸を割れます」

    面倒くさくなった真はカエルをお供に連れていくことにしました。
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイドルマスター + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について