のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,555,124人
911,663,438頁
昨日:4,968人
5,508頁
今日:3,607人
4,230頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレまどか「ほむらちゃんが壁に向かって話しかけてる…」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - まどほむ + - スコール + - 暁美ほむら + - 魔法少女まどか☆マギカ + - 鹿目まどか + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 20:32:14.03 ID:mfELSxwK0 (+110,+27,+0)
    ブツブツ…
    2 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 20:37:42.05 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-63)
    ほむらちゃんはいつも、寝る前に私に話しかけてくれます。

    「まどか、今日はね、皆でマミの家に紅茶を飲みに行ったんだよ」

    もうほむらちゃんには私が見えているはずもないのに。

    「まさか三人で紅茶を仲良く飲む日が来るなんてね…」

    まるで、私がそこにいるかのようにお話をしてくれます。
    楽しそうに、それでいてどこか寂しそうに。

    「きっとまどかもいたら、もっと楽しかったんだろうな」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 20:40:00.75 ID:mfELSxwK0 (+94,+30,-102)
    夜更けは私とほむらちゃんの二人の時間。
    今日もほむらちゃんは私にお話をしてくれます。

    「今日はマミに、このリボンのこと聞かれちゃった。『あまりあなたらしくないリボンだけれど』だなんて失礼な話だよね、もう」

    今日のほむらちゃんはちょっとおかんむりみたい。
    けれどその口振りは何だか楽しそうで。

    「私の大切な人から貰ったの、って言ったら不思議そうな顔をしていたわ」

    うーん、それは普通に恋人から貰った…みたいに勘違いされちゃってるんじゃないかな。
    …そう思われるのもそれはそれで悪くないよね。うん。

    「…いつか、彼女たちにもあなたのことを話す日が来るのかもしれないね」
    5 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 20:42:10.90 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-110)
    休みの日のほむらちゃんは大抵一日中家にいます。
    本を読んだり、ノートに何かを書いたり。

    「ねえまどか。こうして話しかける私の言葉は、あなたに届いているのかしら」

    ちゃんと届いてるよほむらちゃん。
    だって私はどこにもいないけど、どこにでもいるんだもん。

    「ふふっ、きっと届いてるよね。いつも一緒にいるって言ってくれたもの」
    「…あれ、でもいつも一緒にいるのなら、私がいつもお話してる内容って元々知ってることばかりなのかしら…」

    た、確かにそうだけど。
    でも、私はほむらちゃんとお喋りする時間が大切だから、色々お話してほしいな。

    「…まあ、まどかの知らない話もあるかもしれないし、少しくらいならいいよね?」

    ふふ、ありがとうほむらちゃん。
    6 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 20:45:08.40 ID:ck9MdPbaO (+11,+26,+0)
    うむ
    7 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 20:46:16.87 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-145)
    歯磨きを終えたほむらちゃんがベッドに腰を掛けたら、それがお喋りタイム開始の合図。
    少しだけ眠そうなほむらちゃんがとってもかわいいんです。

    「今日は…昔まどかと言ったぬいぐるみ屋さんに行ったの。覚えてる?」

    ふふ、もちろん覚えてるよ。コアラのぬいぐるみをお揃いで買ったよね。

    「ふふっ、まどかが忘れるわけないよね。今日はね、あの時に買ったぬいぐるみを買ったんだよ? …ほら」

    二つのコアラのぬいぐるみ。
    ピンク色のスカーフを付けている子と、紫の帽子を被っている子の二匹はあの時のと同じだね。

    「あの時はせっかく色も選んで買ったのに、お互い逆のを持って帰っちゃって」

    ぶつかって落としちゃった時に入れ替わっちゃったんだよね。
    …ほむらちゃんが確認もしないで慌てて持ってっちゃうからいけないんだよ?
    8 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 20:48:52.17 ID:OiIB26xs0 (+24,+29,-3)
    こういうのはありだな
    続けて、どうぞ
    9 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 20:49:11.23 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-49)
    「…あれはまどかが余所見をしていたのが悪かったのよね」

    ええっ、私のせいにするなんて…酷いよほむらちゃん。

    「…ふふっ、なんてね。冗談よ」

    …たまに、ほむらちゃんには私の声が聞こえてるのかも、なんて思ってしまうことがあります。
    もちろんそんなことはあり得ないのだけれど。
    何だか会話が出来ているみたいで、ちょっと嬉しくなっちゃいます。
    10 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 20:51:38.89 ID:cN8zAy5o0 (+17,+27,-2)
    ほう…続けて
    11 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 20:51:55.55 ID:mfELSxwK0 (+97,+30,-96)
    時々、ほむらちゃんは寝ている時にうなされています。
    …大抵は長かったループの辛い所を夢に見ているみたいです。

    「うぅ…ま、まどかぁ…」

    苦しそうに寝言を呟くほむらちゃん。
    私はつい、頭をなでなでしてあげたくなってしまいます。
    もちろん触れられる訳ではないけれど…それでも、そっと手を添えてあげるんです。

    「まどか…だめ、行かないで…」

    大丈夫だよ、ほむらちゃん。私はここにいるよ。
    そっと頭に当てた手を動かします。何も伝わらなくても、夢の中でなら会えるかもしれないから。

    「…ありがとう、まどか…」

    夢の中の私が、格好良い私だったらいいな。
    12 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 20:53:11.71 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-202)
    今日もほむらちゃんとの楽しい時間です。
    知らない人が見たら、ほむらちゃんが壁に向かって話しかけてる…なんて風に見えるのでしょうか。
    でもそんな風に悪く言う人がいたら、私がハイパーまどかビームでおしおきしちゃおうかな。

    「今日はねまどか、一人で魔獣退治をしたの。…だからちょっと疲れちゃった」

    ほむらちゃんお疲れ様。でも、ほむらちゃんは強くてすごいなあ。

    「…前の私だったら倒せない様な数の魔獣だったけど、矢が綺麗に一掃してくれたんだ」
    「まどかの弓は、やっぱりすごいね。昔私が憧れたままだもの」

    えっへん。
    ほむらちゃんに褒められると、それだけで不思議と誇らしい気持ちになれちゃうんです。

    「もしまどかと高校に行っていたら、二人で弓道部に入るのも良かったかもしれないね」

    弓道部かぁ。…私は文化系の部活しか経験ないからちょっと不安かも。
    でもほむらちゃんは和風美人だから、袴がすごく似合いそう…ちょっと見てみたくなってきちゃった。

    「まどかの袴姿、見てみたかったな」

    てぃひひ、思考回路までおんなじになっちゃったね。
    13 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 20:54:26.48 ID:iE2dBRQu0 (+23,+28,-2)
    よくわからんから続けてみろ
    14 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 20:55:46.83 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-122)
    雨の日のほむらちゃんはちょっとだけ不機嫌です。
    長い髪が湿気で重くなるかららしいけど、私にはそんな経験がないのでそれがどれくらい大変なのか、ちょっと分かりません。

    「安アパートはだめね。部屋の中まで湿気がすごいもの」

    そう言いながら後ろ髪を梳く仕草。
    格好良いほむらちゃんの格好良い決めポーズです。

    「今日はお風呂じゃなくてシャワーにしようかしら…」

    ほむらちゃんは私と話す時でなくてもよく独り言を呟いています。
    私としてはほむらちゃんの気持ちが解るので嬉しいけれど…ちょっと変かな、なんて言ったら怒っちゃうかな。
    15 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 20:57:42.57 ID:8kjv/YoF0 (+29,+29,-3)
    切なさ乱れ撃ち
    16 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 20:58:28.97 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-143)
    逆に、たまにほむらちゃんがすごく御機嫌な時もあります。
    朝起きてからすぐ嬉しそうなので、もしかしたら良い夢を見ていたのかもしれません。

    「ふふっ、杏子に貰ったパンを焼いてみましょうか」

    そういう日は、少しだけ朝ご飯が豪華になります。
    普段の目玉焼きと野菜ジュースに加えて、今日はフランスパンとリンゴがあるみたい。

    「いただきます」

    猫舌なほむらちゃんは目玉焼きを念入りにふーふーしてから食べています。
    私もあつあつの食べ物は苦手だったけれど…そんなに冷ましたらおいしさも半減だと思うんだけどなぁ。
    17 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:00:45.72 ID:iE2dBRQu0 (+14,+29,-3)
    目から汗が…
    18 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:00:52.75 ID:cN8zAy5o0 (-19,-30,-33)
                          ______
                   .。 ≦:::::::::::::::::::::::::::≧ 。.
                  /::::∠二二二二ヽ、:::::::::::::\
                  /:::::::::::::′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       モ.       /::::/::::::::::,{::::::::::::::l::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::.
        キ     .::::/::,::::::/ |::|:::::::::::{\::::::::::、:::::::::::::::::::::::::.
        ュ.    /:::::::/{:::/ _」::!ヽ:::::├‐-、:-}:::::、::!::::!::::::::::::::.
              {::::|::{、ヽ{´ _、:|  \:{ __ヽ{\_:::|::::|::::::::::::::|
                、::ト:!::!===     1:,__,::「 ̄、l::::|:::::::::::::::!
               `}!::|{ し::}       ー‐’   |::::|ニヽ:::::::|
    .     __ ____|::r' `¨¨__, " ̄      :|:::::し!::::::|
     ̄`!「    |「    ̄`!「´   !          :|:::::レ:::::::::::|
      |:|.     |:|.      |:|    |          :|:::::i|::::::::::::::!
    .   "     ゛ r、〈ヽ r、ノ      、        ノ |:::::ハ:::::::::::::|
    .        __fi〉.!.} | } |__ ... -=≧=――≦ ̄`ヽ |:::::::::::::|
    . ̄ ̄ ̄ ̄`i }     レ f::::..、_」,/∠.  /       '|:::::::::::::|
           } 、    /i| |:::::={::}=:::::::::}/        :}:::::::::::::!
      モ.    |  }   |   フ::Y::ヽ:::::/        ,:::::::::::::|
    .   キ   「 ̄`「 ̄ ̄ ̄|/:::::i|:::::::冫         /::::::::::::::|
    ..  ュ  〉ー‐'┬――’ヽ::/{::::::{ _         r':::::::::::::::::|
    .       {    }      ヽ ヽ/´        }:::::::::::::::::::|
    19 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:01:46.52 ID:9TTTmXTn0 (+20,+25,+0)
    悲しい
    20 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:05:05.83 ID:jf4wGMFd0 (+12,+22,+1)
    ほむほむ
    21 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:05:49.46 ID:8kjv/YoF0 (+34,+29,-2)
    ほむほむは至高、まどほむまどは極限
    22 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:07:05.01 ID:RXl4KFmG0 (+12,+27,-13)
    もう泣きそう
    23 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:10:11.25 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-143)
    いつもの時間のいつもの場所。
    私はいつものようにほむらちゃんとお話をするのです。

    「今日はさやかのお墓に行ったわ。…もちろん形式上の墓、ではあるけれど」
    「肉体も魂も、まどかが救けてくれているのでしょう? だからさやかも大丈夫よね」

    うん、任せて。
    それが私のやるべきことだもん。

    「それとね、今日、杏子に怒られちゃった。『さやかのことをを美樹さやかって呼ぶな』って」
    「『仲間なんだから、名前で呼んでやってくれ』ってね」

    杏子ちゃん…。

    「思えばあの子とは色々あったけれど、何だかんだで大切な仲間だったんだなって思うの」

    …そう言ってくれるだけでも、さやかちゃんは嬉しいと思うよ。

    「まどかがあの子に会ったら…一言謝っておいてもらえると嬉しいわ」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:12:51.27 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-189)
    寝る前の時間はほむらちゃんとの大切な時間。
    砂時計の砂のように、ゆっくりとした時間が流れるのが私はとても好きです。

    「ふふっ、今日はね、まどかにお土産があるの」

    てぃひひっ、なあにほむらちゃん?

    「…これよ、クリームシチューのルウ」

    わーぱちぱちぱち。

    「あなたの好物だって前に聞いたから、買ってみたの」
    「本当はもっと手間を掛けて作った方がおいしいんだろうけど、ちょっと自信が無くて…ごめんなさいね?」

    ううん、ほむらちゃんが私の好きな物を覚えてくれてただけでもすっごく嬉しいの。
    ありがと、ほむらちゃん。

    「ふふっ、明日は腕によりを掛けて作らないとね」
    25 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:15:23.75 ID:FMcjeXjh0 (+16,+26,+0)
    ほむぅ…
    26 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:15:42.11 ID:8kjv/YoF0 (+19,+19,+0)
    ほむ
    27 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:16:00.22 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-84)
    ほむらちゃんは普段あんまり料理をしません。
    どうやら包丁を使うのがちょっぴり苦手みたい。もしかしたら、私の方が上手かも…?

    「…料理は見た目じゃないわ」

    いびつなジャガイモを前にそんなことを呟くほむらちゃんが少しおかしくて。
    少し笑ってしまうのでした。

    「…?」

    …普段コンロを二口使わないせいで片方の火の付け方が分からないみたい。
    元栓が締まってるままですよー。
    28 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:18:21.55 ID:9TTTmXTn0 (+12,+22,+1)
    ほむほむ
    29 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:19:04.08 ID:mfELSxwK0 (+99,+30,-64)
    「こんな所で完成かしら…」

    出来あがったシチューをお皿に盛り付けるほむらちゃん。
    私の分のお皿もあるのかな、と思ったら小さめのお皿二つに取り分けてくれました。
    実際に食べられないのは寂しいけれど、その気持ちがやっぱり嬉しいのです。

    「いただきます。…まどか、出来たよ」

    ありがとう、ほむらちゃん。
    30 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:19:44.21 ID:jf4wGMFd0 (+12,+22,+1)
    ほむほむ
    31 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:22:29.64 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-118)
    「…ねえまどか、覚えてる?」

    珍しくほむらちゃんがいつもの時間ではない時に話しかけてくれました。

    「あなたとマミと、魔法少女の特訓をした河川敷。今日は三人でそこに行ってきたの」

    懐かしいなあ…最初はほむらちゃん、ゴルフクラブなんて持ってきてたんだっけ。
    今思うと、ちょっと滑稽で面白いよね。てぃひひっ。

    「あそこ、高架下で騒がしいのもあって水難事故が多いんだって。それで行ってみれば…まあ案の定よね」

    そういう場所には瘴気、って言うのが溜まるんだっけ。
    今日もお疲れ様、だね。
    32 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:25:11.93 ID:8kjv/YoF0 (+29,+29,-2)
    健気よのぉ
    33 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:25:14.11 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-84)
    「何だかまどかとの思い出を汚されちゃったみたいに思えちゃって…ちょっと悲しかったの」
    「あなたと心の底から仲良く出来ていた頃の、大切な思い出だったから」

    ほむらちゃんがちょっぴり哀しそうな顔をしました。
    感情を隠そうとして、それでいて隠し切れていない表情。

    「まどか…ごめんなさい…」

    出来ることなら今すぐ行って抱きしめてあげたい。
    全然気にしてないよ、って伝えてあげたい。
    けれど、それは出来なくて。

    私にはただただ虚空を撫でることしか出来ないのでした。
    34 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:26:33.17 ID:cN8zAy5o0 (+21,+27,-1)
    むぅ…
    35 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:29:13.70 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-43)
    いつもの時間。
    けれども今日はほむらちゃんは話しかけてくれませんでした。

    「……」

    ほむらちゃんは無言でベッドに入ります。

    どうしたの、ほむらちゃん。何かあったの?
    いくら尋ねてみたくても、私からは何も伝えられません。ただただもどかしい思いをするばかり。

    「まどか…」

    その日は結局、お話しないままにほむらちゃんは眠りにつきました。
    36 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:30:49.82 ID:jf4wGMFd0 (-9,+0,+0)
    ほむほむ?
    37 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:32:02.17 ID:mfELSxwK0 (+89,+30,-38)
    次の日の夜更けは、またいつものようにほむらちゃんが話しかけてくれました。

    「まどか、今日はね」

    いつもと同じようにその日のことを話してくれるほむらちゃん。
    けれど、色んなほむらちゃんを見てきた私には分かってしまうのです。

    今のほむらちゃんは、私に向かって話してくれていない。

    ちくりと何かが痛んだような気がしました。
    38 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:34:34.65 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-101)
    「まどか…いるかしら」

    深夜。いつもの時間より大分遅くに、ほむらちゃんが話しかけてくれました。
    大丈夫だよほむらちゃん。私はいつだってそばにいるよ。

    「私、最近…怖いの。私の中のあなたが、どんどん無くなってゆく」

    「あなたの声も、表情も、仕草も、どれも大切だったのに私の中から消えてゆくの」

    ほむらちゃん…?



    「絶対忘れたくないのに。絶対忘れたくなかったのにっ…!」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:36:18.35 ID:8kjv/YoF0 (+26,+26,+1)
    ほむぅ
    40 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:36:52.93 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-111)
    ――――――

    ほむらちゃん、ほむらちゃん。

    「まどか…」

    私のことを、覚えてくれていてありがとう。
    元の世界に戻る時…実はほんの少しだけ怖かったの。私を覚えている人が誰もいなかったら、って…
    だから、ほむらちゃんが私を覚えてくれてて、本当に嬉しかった。

    「でも…! 私は、あなたのことをっ…」

    でもね、ほむらちゃんは私を忘れても…ううん、忘れた方がいいと思うの。
    そうでないと、ほむらちゃんは立ち止まったまま、だめになっちゃう。
    先に進めなくなっちゃうと思うんだ。

    「いやよ…私はあなたを忘れたくない! まどかが誰にも覚えてもらっていないなんて、そんなの辛すぎる…」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:37:58.07 ID:jf4wGMFd0 (+17,+27,+0)
    ほむぅ……
    42 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:39:27.33 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-78)
    うん…確かに、すっかり忘れられちゃったらちょっと寂しいかな。
    でも、ほむらちゃんならきっと、少しくらい忘れても思いだせると思うんだ。
    だって、私の最高の友達だもんね。

    「まどか…」

    私ちょっと、ほむらちゃんに甘えすぎてたかなって思うの。
    毎日のお喋りが楽しくて、ついついほむらちゃんを引き留めてたみたい。
    ごめんね。

    ほむらちゃんは、私を守るほむらちゃんに、なってくれるんでしょ?
    ならさ―――
    43 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:41:34.43 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-35)
    ――――――

    「ゆ、夢…?」

    ちょっとだけルールを破って、ほむらちゃんとお話してしまいました。
    夢の中でくらい、奇跡が起きてもいいよね?

    「まどか…」

    けれど、ほむらちゃんと話すのはもうお終い。
    いつまでもほむらちゃんを私の物にしてちゃいけないもんね。
    44 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:41:36.44 ID:tgWrSxmn0 (+38,+29,-18)
    >>4
    お前が2番でもういいよ 俺が一番だけど
    ミナデインはあとから無理矢理つけたしたから意味が法則に合ってないだけ
    45 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:42:29.16 ID:FMcjeXjh0 (+18,+28,+0)
    お、おう
    46 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:43:53.98 ID:YzpEdOu40 (+29,+29,-10)
    これは...もしや俺が半年の間、脳内で温め続けてきた妄想と同じ展開になるかもだ
    47 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:43:57.47 ID:XQWgzdTY0 (+38,+29,-5)
    >>29
    お前はスクリプトか人間どっちなんだよ…
    48 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:44:14.72 ID:mfELSxwK0 (+95,+30,-96)
    「マミ、杏子、久しぶりね」

    「久しぶりって…ほむら、昨日だか一昨日だかもあったじゃん」

    「ふふっ、でも何だか暁美さんとは久しぶりに会った気がするわ。何だか、顔つきが別人みたいだもの」

    「へえ。何か心境の変化でもあったのか?」

    「まあ、そんなところよ…」

    (まどかが守ろうとした世界…それを憶えてる。決して忘れたりしないわ)

    「?」



    ほむらちゃん、ありがとう。
    我が侭ばかり言ってごめんね。

    全てが終わったら、また逢おうね。
    49 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:44:20.01 ID:NMyfkf9D0 (+27,+29,-12)
    >>19
    そんなことより聞いてよw
    そんなことより聞いてw
    クラスの皆がまとめサイトの話してて私は実際にやってるよって言ったら凄いって言われたw
    50 : 以下、名無しにか - 2012/02/01(水) 21:45:18.86 ID:YzpEdOu40 (+22,+27,+0)
    ならなかった
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - まどほむ + - スコール + - 暁美ほむら + - 魔法少女まどか☆マギカ + - 鹿目まどか + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について