のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,534,140人
911,639,942頁
昨日:4,530人
5,106頁
今日:2,852人
3,291頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ杏子「……なんだよ」タツヤ「ティヘぇ♪」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - 佐倉杏子 + - 志筑仁美 + - 魔法少女まどか☆マギカ + - 鹿目タツヤ + - 鹿目知久 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 21:41:48.43 ID:l/m7GDT80 (+125,+30,-99)
    公園


    杏子「もぐもぐ」

    杏子(うん。ブーム去った感はあるけどやっぱ白い鯛焼きはうまいなぁ♪)

    杏子「もぐもぐ」

    タツヤ「じーっ…」

    杏子「……なんだよ」

    タツヤ「たいやき!それ、たいやき!」

    杏子「…やらねーぞ」

    タツヤ「ええーっ」

    杏子「ふんっ」もぐもぐ

    タツヤ「じーっ…」うるうる

    杏子「……」

    タツヤ「じいいーっ…」

    杏子「…だああっ!もう!ほらよ!それ食ったらどっか行ってくれよ」

    タツヤ「…ティヘぇ♪」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 21:42:23.91 ID:LDoTSLtk0 (+19,+29,-14)
    残念、それは金玉だ
    4 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 21:45:42.36 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-134)
    タツヤ「もぐもぐ」

    杏子「ったく…」

    タツヤ「ちょんまげー」

    杏子「はっ?」

    タツヤ「ちょんまげーっ」

    杏子「ちょ…ちょんまげじゃねえ!これはポニーテールだ!可愛い女の子だけに許された髪型なんだぞっ」

    タツヤ「ちょ・ん・ま・げーっ♪」ぐいっ

    杏子「いでっ…おまっ…引っ張んな!」

    知久「こおーらっ!ダメじゃないかタツヤ。女の人の髪の毛引っ張るのダーメ!」タツヤを抱き上げる

    知久「すまなかったね。ちょっと目を離すとすぐにはぐれちゃう子なんだ」

    杏子「べ、別に…」
    5 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 21:47:46.33 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-120)
    タツヤ「ちょんまげ♪ちょんまげーっ♪」

    知久「ん?タツヤ、それどうしたんだい?」

    タツヤ「ちょんまげにもらったー」

    知久「そうなのかい?優しいお姉ちゃんでよかったね。ちゃんとありがとうしないとね」

    杏子「///」

    杏子「や…やってねえ!そいつに取られたんだ!」

    知久「ええっ!?ご、ごめん…だったらお金返さないと…」

    杏子「い…いらねえよっ!」すたすたすた

    知久「あ…きみ…」

    タツヤ「ちょんまげ♪ちょんまげーっ♪」
    6 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 21:49:16.77 ID:lfYsgzTH0 (+19,+29,-12)
    あんこちゃん可愛い!
    7 : フランク・ウェス - 2012/01/24(火) 21:50:17.27 ID:DRtFYVZI0 (+25,+30,-19)
    あんこちゃんもかわいいな。そえばタツヤって何歳だっけ
    9 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 21:51:05.89 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-109)
    杏子「ったく…!だからガキは嫌いなんだ!自分が欲しい物はなんでも手に入ると思ってやがる!」すたすた


    モモ『お姉ちゃん、エビフライ食べないならちょーだい♪』

    杏子『はぁ?またかいモモ。これは最後に食べるから残してるんだよ』

    モモ『ええーっ』

    佐倉母『ダメよ。モモはもう自分の食べちゃったんでしょう?』

    モモ『だってーっ モモはエビフライ大好きなんだもん…』しゅん

    杏子『……』
    10 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 21:51:49.00 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-74)
    杏子『仕方ないなぁ。ほら、お皿出してモモ』

    モモ『くれるのっ?わぁーいありがとうお姉ちゃん』

    杏子『まったく…モモがいる限りあたしがエビフライ食べられる日は来ないよ』

    佐倉母『ふふっ』

    杏子『なによぉ、お母さん』

    佐倉母『そういって杏子はいつもモモにあげちゃうんだから』

    杏子『///』


    杏子「……」

    杏子「狩りの前につまんねえ事思い出しちまったな…」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 21:52:43.97 ID:5vSuX2k20 (+13,+28,+0)
    杏子ちゃん・・・
    13 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 21:53:38.45 ID:l/m7GDT80 (+101,+30,-275)
    杏子(見滝原はマミと組んで回ってたから土地鑑はある…それに)

    ソウルジェムが魔力に反応して輝く

    杏子(魔女が出没し易い場所は前と変わらない)

    杏子「病院か。暗く沈んだ気持ちの掃き溜まりだもんねぇ。よっと」結界を切り裂き侵入する


    杏子「おりゃああ」ズバン

    「うぎゃああ」ぽろっ


    杏子(見滝原はグリーフシード稼ぎには最高の町だ。風見野より少しは都会だし人も多い。人の想いの集まる場所に魔女も生まれやすい)

    ソウルジェムの穢れをグリーフシードに吸わせる

    杏子(こいつはもう限界だな。魔女が孵化しちまう)

    杏子(わざと孵化させた魔女をまた狩るって手も考えたけど、キュウべえの話じゃあ
    魔法少女の穢れを吸って孵化した魔女はその分元の魔女より強力になっている。
    あたしの穢れから生まれた魔女はあたし自身の手には負えないものになっているらしい…)


    ※↑俺の脳内設定。ストーリーとは無関係なのでスルーして
    14 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 21:55:27.54 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-140)
    キュウべえ「杏子?この町に戻っていたのかい」

    杏子「ああ、マミがくたばったって聞いてね。凱旋記念にさっそく一匹狩ってきたとこだ。こいつをたのむ」ぽい

    キュウべえ「きゅっぷい」

    杏子「それにしてもあんた、いつもちょうどいいタイミングで現れるよね」

    キュウべえ「たまたまこの場所にいただけさ。実はさっき契約を一件すませてきたところでね」

    杏子「なんだって!?」
    15 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 21:57:06.06 ID:KnjU3v7h0 (+14,+16,+0)
    >>13
    !?
    16 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 21:57:21.03 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-203)
    翌日 見滝原タワー 


    展望台で杏子が魔力で強化した望遠鏡を覗いている


    杏子「う~ん」

    キュウべえ「なにか面白いものでも見えるかい?」

    杏子「いやさ…昨日あんたが言ってたルーキー、ぶっ潰すにしても顔くらい知っとかなきゃと思ってねぇ」

    キュウべえ「……」

    杏子「魔力の反応を頼りに探してるんだけど…いまひとつでさ」

    キュウべえ「さやかならこの時間は学校のはずだよ」

    杏子「…ああそっか。“普通の家の子”はそうだよね」

    キュウべえ「…放課後にはよく、昨日君と会った病院に行ってるみたいだよ」

    杏子「ふーん。それならまた夕方来てみるさ…おっ!あそこの屋台うまそうだな…♪」
    17 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 21:59:16.32 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-86)
    タツヤ「ちょんまげーっ!」ぐいっ

    杏子「いでっ!?」

    杏子「なにしやが…ってまたお前かよ…」

    タツヤ「ティヘぇ♪」

    杏子「なんも面白くねえし」

    タツヤ「ちょんまげなにしてるのぉ?」

    杏子「別に。お前はまた親とはぐれたのか?」

    タツヤ「きのうねーちゃんがパパのめだまやきたべてないた」

    杏子「知らねえよ」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:01:02.71 ID:Ht9ZbqNg0 (+19,+29,-2)
    そこはかとない恐怖を感じる
    19 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:01:18.66 ID:z+2pG4HnQ (+22,+29,-2)
    何か知らんが笑った
    20 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:01:40.67 ID:cMc4SwffO (+19,+29,-1)
    タツヤ「ニッヘぇ♪」
    21 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:04:57.43 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-183)
    知久「タツヤぁ、先に行っちゃダメだって…」

    杏子「」

    知久「あ、あはは…また会ったね…」

    杏子「……自分の子供の面倒くらいちゃんと見とけよ」すたすた

    知久「はは…そうだよね。面目ない」

    タツヤ「パパぁ!ひゃくえん!ひゃくえん!」

    知久「はいはい。おぉ!すごいなこの望遠鏡。風見野の方まで見えるじゃないか!」

    杏子(やべっ!魔法解除し忘れてた…)

    タツヤ「あぁーん!タッくんがみる!タッくんがみるの!」ぴょんぴょん

    知久「ん、ごめんごめん。見てごらん。遠くが見えるから」タツヤを抱き上げる

    タツヤ「ふわぁーっ!……ねえパパぁ、あれなにぃ?」

    知久「どれだい?…ああ、教会みたいだね。今はもう使われていないみたいだけど」

    杏子「…!」
    22 : 忍法帖【Lv= - 2012/01/24(火) 22:06:45.19 ID:i61V1iZiO (+13,+28,-1)
    杏さやはまだか
    23 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:06:59.01 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-143)
    タツヤ「きょうかい、ってなぁに?」

    知久「えっと…神様のお家…でよかったのかな?」

    杏子「…な、なぁ」

    タツヤ「ふぇ?」

    杏子「その教会…好きか?」

    知久「???」

    タツヤ「……うん!ボロボロだけどキラキラしてるね!」

    杏子「そっか…」

    知久(笑った…?)


    タツヤ「パパぁ、タッくんあれみにいきたい!」

    知久「う~ん…風見野は遠いからなぁ。また今度ね」

    タツヤ「ええーっ いーくーのぉー!」


    杏子「……」すたすた
    24 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:09:04.79 ID:DuS6K56q0 (+19,+29,-1)
    たつたつ
    25 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:09:28.49 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-183)
    水辺の公園


    キュウべえ「君は子守の才能があるんじゃないかい?」

    杏子「よしてくれよ…それよりさっきの続きだ。その新顔の事であたしの役に立ちそうな事があれば教えてくれないか」

    キュウべえ「魔法少女同士の潰しあいの為の情報提供はできないなぁ」

    杏子「ちぇっ…まあいいさ。どのみち契約したてのペーペーにあたしが負けるはずないもんねえ」

    キュウべえ「さやかはまったくの素人という訳じゃないよ」

    杏子「…どういうことさ」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:10:34.79 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,+0)
    キュウべえ「さやかはね、もう一人魔法少女の素質を持った友人と魔女に襲われかけたところをマミに助けられたんだ。
    それからマミの提案で魔法少女の戦いがどういうものか見学するためにしばらく行動をともにしていたんだよ」

    杏子「相変わらず他人の世話まで焼いてたんだなぁ…マミは」

    キュウべえ「……」

    杏子「おい…待てよ、じゃあそいつはいつでも契約できる立場でいてみすみすマミを死なせちまったのかよ!?」

    キュウべえ「そういう事になるね。ふたつ返事で承諾してくれる子が多い中でさやかは随分悩んだ方だから」

    杏子「そいつが契約したのは昨日のことなんだろ!?マミが死んだのは!?」

    キュウべえ「一昨日だね」

    杏子「たった一日の違いで…」

    杏子「うじうじ悩んで…結局契約して…どうせなるならもう少し早く決断してマミを助けてやりゃ…あいつだって死なずにすんだのに…!」

    キュウべえ「仕方ないさ。彼女は決断までの最後の一押しを他にゆだねる傾向がある。
    契約せざるをえない、そんな状況に追い込まれるのをどこかで期待していたんじゃないかな。
    彼女が契約に踏み切れたのは彼女の願いの強さとは別に、自分が魔法少女にならなければ
    見滝原を守れる者がもう他にいないという必然性が生まれていたからじゃないかと僕は思うんだけどね」

    杏子「なんだよそれ…」

    キュウべえ「どうしたんだい?マミのことを残念に思っているのかい?君らしくないじゃないか」

    杏子「うるせえ…とにかくそいつ…なんか気にくわねえ」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:14:30.38 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,+0)
    キュウべえ「…とはいえ流石に君が相手じゃあ今のさやかには到底太刀打ちできないだろうけどね」

    杏子「当たり前だ。そんな奴あたしがそっこーでぶちのめしてやる」

    キュウべえ「やれやれ。グリーフシードやテリトリーを巡って魔法少女同士がぶつかるのは珍しい事じゃないけど
    なぜ君たちは強力して魔女退治にあたろうとしないんだい?グリーフシードの取り分を人数で割る事になっても
    その分効率的に多くの魔女を倒せるだろうし、君がさっき言ったとおり仲間がいれば命の危険は格段に減るじゃないか」

    杏子「そんな単純なもんじゃないんだよ。あたしとマミの時だって…結局ダメにしちまっただろ?」

    キュウべえ「確かに徒党を組んで戦う少女たちは遅かれ早かれそのほとんどが解体していくね。
    思春期の強い感情エネルギーは奇跡を実現させるほどの力を持つ一方で、その不安定さ故に他者とすぐ衝突を起こしてしまう。
    それでいて誰かを傷つける事にひどく臆病で、感情の昂りが鎮まったあとは
    決まって自分の残酷な言動を激しく後悔するんだよね。まったくわけがわからないよ…」

    杏子「あたしはそんな甘ちゃん連中とは違う。気に入らない奴はぶっとばしておしまいさ」

    キュウべえ「やれやれ。君には困ったものだよ。
    どうあっても僕の話は聞き入れてくれないらしい。せっかく苦労して取りつけた契約だったんだが…」

    杏子「なぁに、でしゃばらないって約束するなら殺しまではしないさ。
    ソウルジェムが濁りきらない程度におこぼれを頂戴してやってもいい」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:15:08.42 ID:DuS6K56q0 (+24,+29,-23)
    きゅっぷいきゅっぷい
    29 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:17:21.59 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-142)
    キュウべえ「……」

    杏子「……」

    タツヤ「ちょんま…」

    杏子「あたしに同じ手は二度通用しないよっ!」ぱしっ

    振り返って背後に忍び寄っていたタツヤの手を掴む杏子

    杏子「髪は女の命だ。気安く触るんじゃない」

    タツヤ「ティヘぇ♪つかまったー」

    杏子「二度あることは三度、か…」

    タツヤ「ちょんまげどぉしてさっきだまってかえっちゃったのー?」

    杏子「どうして…って別にお前と遊ぶ約束してたわけじゃねーんだぞ。断っとく必要ねーじゃん」

    タツヤ「いっしょにおべんとうたべよぉ」

    杏子「はぁ?」
    30 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:18:45.90 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-85)
    知久「あぁ、いたいた。タツヤ お姉ちゃん見つけたのかい」

    杏子「…三度目は偶然ってわけでもないのか。あたしなんかつけ回してどういうつもりさ?」

    知久「いや、タツヤが君の事すっかり気に入ったみたいでね。探してほしいってせがまれて。すまないね、迷惑だとは思ったんだけど」

    杏子「ああ。いい迷惑だ。あたしは…」タツヤを知久に押し付ける

    杏子「忙しいんだ」キリッ


    ぐうう~~っ


    杏子「」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:20:54.68 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-174)
    タツヤ「ちょんまげおなかすいてるの?」

    杏子「あ、あたしだって人の子なんだ!腹くらい減るさ!」

    知久「忙しいっていってもお昼を食べる時間くらいあるんだろう?お弁当たくさん作って来ちゃったんだ。
    一緒に食べてもらえるとタツヤも喜ぶし僕も助かる」にこっ

    杏子「うっ/// 」

    知久「にこにこ」

    杏子(まぁ忙しくなるのは日が暮れるころだしなぁ…)

    杏子「…いま差し出してるそれは…私の分なんだよな?」

    知久「そうとも」

    杏子「てことはそれはもう私の食い物なんだな?」

    知久「そうなるね」

    杏子「じゃ、じゃあ仕方ねえ///食い物を粗末には出来ないからな///」

    知久(いい子だなぁ)
    32 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:21:21.49 ID:j6rnJdTY0 (-14,-2,-1)
    しえ
    33 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:22:05.56 ID:YUNoS7eR0 (+19,+24,-15)
    (いい子だなぁ)
    35 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:24:42.18 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-106)
    タツヤ「ちょんまげタッくんといっしょにすわって!」

    杏子「へいへい」

    知久「ほら、遠慮しないでたくさん食べて」

    杏子「じゃあ、まぁ…」もぐもぐ

    杏子「…!」


    知久「あーほらタツヤ!服にこぼしてる!」

    杏子「……」もぐもぐ

    タツヤ「ちょんまげこれみてー♪ろらきゅらーっ」←フライドポテトを牙みたいに口に挿している

    杏子「…食い物で遊ぶな」

    タツヤ「……あぅ」

    知久「…そ、そうだぞタツヤ。お行儀よく食べないと」

    タツヤ「…はぁい」しゅん
    36 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:26:26.83 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-89)
    タツヤ「……これいらなーい」

    知久「またタツヤはしいたけ残すのかい?」

    杏子「……」もぐもぐ

    タツヤ「だっておいしくないんだもん」

    知久「一口でいいから食べなさい。身体にいいんだから」

    タツヤ「やーらぁー!」じたばた

    杏子「……」もぐもぐ

    知久「仕方ないなぁ。あとでパパが食べるから残しておきなさい」

    タツヤ「ティヘぇ♪」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:27:22.02 ID:9Eoqb2lwO (+27,+29,-17)
    追い付いたしえ
    やっぱあんこちゃんだよな
    38 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:28:15.91 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-105)
    知久「あ、君も苦手なものがあったら言って。気を遣わなくていいからさ」

    杏子「……実はあたしもしいたけは苦手だ」

    知久「あ、ああそうなのか。ごめん…」

    タツヤ「タッくんといっしょだぁ♪」

    杏子「他にも苦手な物は色々ある。だけど…あたしは残したりは絶対にしない」

    タツヤ「???」

    知久「はは…そうだね。好き嫌いはよくないから」

    杏子「そういうことじゃない」

    杏子「食える事に感謝しろってことだ」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:28:29.48 ID:yZvj+n0TO (+38,+29,-22)
    >>13
    GSは必ずしも落とされる訳ではないんで無駄な戦闘で魔力を消費しないため
    みたいだよ
    40 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:29:30.00 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-103)
    タツヤ「…かんしゃってなぁに?」

    杏子「お前、今にも死にそうなくらい腹が減ってて他に食う物がない時に
    しいたけがあっても嫌いだからって食わないのか?」

    タツヤ「ふぇ?」

    杏子「どうなんだ、食わずにいられるのか」

    知久「……」

    タツヤ「たべないとしんじゃうなら…たべるとおもう…」

    杏子「だったらいつでもそういう気持ちでいろ。そういう気持ちでいれば苦手なものでも食べられるはずだ。
    食える事に感謝するってのはそういう事だ」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:30:28.49 ID:DIsby61z0 (+30,+30,-62)
    マミ「今日も紅茶が美味しいわ」668からの分岐改変が起きない平行世界
    もし改変が起きない平行世界のマミがシャルロッテに死ななかったら OR マミ死亡後にまどかがマミ、qbの蘇生願いを願ったら
    魔法少女全員生存ワルプルギス撃破
    誰か書いてくれたらそれはとってもうれしいなって
    42 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:30:55.39 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-94)
    タツヤ「ううう~っ…ゆってることわかんないぃ~」

    知久「…お姉ちゃんは残さず食べなさい、って言ってるんだよ」

    タツヤ「やーらぁー!これきーらーいー!」

    杏子「嫌いでも食べないとダメだ」

    タツヤ「なんでそんないじわるゆうのっ!ちょんまげもきらぁーいっ!」

    杏子「あたしが嫌いでもいい。全部食べろ」じっ

    タツヤ「……」

    タツヤ「うぅ…」ぱくっ

    杏子「……よし」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:34:51.28 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-123)
    知久「すまないね。こういう事は本来親の僕がきちんと躾けないといけない事なのに…」

    杏子「……」もぐもぐ

    知久「あの…おいしくなかったかな?」

    杏子「……」

    杏子「…いや、うまいよ。かなりうまい」

    知久「そうかい?ならいいんだけど」

    杏子「奥さん料理上手なんだな」

    知久「えっ?」

    杏子「あんたの目玉焼きは娘が泣き出すほどまずいのにな」

    知久「えっ?ああ…いや、ははは」
    44 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:34:54.32 ID:DuS6K56q0 (+23,+28,+0)
    あんあんたつたつ
    45 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:36:17.15 ID:l/m7GDT80 (+93,+30,-139)
    杏子(家庭の味ってやつだな…店で売ってる食い物じゃあ絶対表現できない味…ものすごく久しぶりの、懐かしい味だ…)


    オカアサン──


    杏子「……」じわっ

    杏子(うわっ…!バカかあたし…弁当くらいでなに泣いてんだよ…)ごしごし


    知久「……」

    知久「君、中学生だろう?学校はどうしたんだい?」

    杏子「……」

    知久「いや、いいんだ言わなくて。娘も君と同じくらいだから少し気になっただけなんだ」

    杏子「…おっさん、仕事はどうした?」

    知久「はは…僕は専業主夫ってやつでね。奥さんに働いてもらってるんだよ」

    杏子「ふーん」
    46 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:39:25.26 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-149)
    知久「タツヤも普段は幼稚園に通わせてるんだけど、インフルエンザの子がたくさん出てしばらく休園になって。
    園からは外出は控えるよう言われてるんだけど、家に篭りきりだと気も滅入るしタツヤも退屈していたからね。
    天気もいいことだし外でお弁当でもと思って出てきたんだ」

    杏子「ふーん」

    杏子「…あれ?じゃあこれ作ったのって」

    知久「うん。僕なんだ」

    杏子「わ、わるい!変な嫌味言って。この弁当がうまいのは本当だよ!?」

    知久「いいんだ。この間の目玉焼きはたぶん失敗しちゃったんだよ。娘もおいしい、って気を遣ってくれてたけどね」

    杏子「いや…たぶんその子さ、幸せだったんだよ」

    知久「え…?」
    47 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:40:42.31 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-80)
    杏子「なにか…分かんないけどなにかきっかけがあってさ…父親が作ってくれた料理を食った時
    自分に家族がいることがどれだけ幸せか身に沁みて…それで泣いたんだと思うよ」

    知久「にこにこ」

    杏子「あっ///」

    杏子「そ、そんなもんだよ…中学の頃なんて///」

    知久「ふふ…君だって中学生じゃないか」

    杏子「えへへ…学校行ってないけどね」
    48 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:41:09.15 ID:sE285gv40 (+22,+29,-28)
    杏子と知久は絡む事多いな
    49 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:44:16.59 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-98)
    タツヤ「みてーっ!ぜんぶたべたぁ」

    知久「おっ、偉いじゃないかタツヤ」

    杏子「……」すっとタツヤに手を伸ばす

    タツヤ「あぅ…」びくっ

    杏子「タツヤ、だったね。いい子だ」なでなで

    タツヤ「…ティヘぇ///」

    タツヤ「あのね…」

    杏子「なんだ?」

    タツヤ「きらいってゆったの、うそだからね」

    杏子「…そうかい」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/01/24(火) 22:46:31.38 ID:l/m7GDT80 (+95,+30,-201)
    知久「君は…きっといいお家のお嬢さんなんだろうね」

    杏子「はぁ?なんだそれ嫌味かよ」

    知久「嫌味なもんか。君みたいに優しい娘さんを育てられるご両親は立派な人に決まってる」

    杏子「///」

    杏子「く…食ったんだからもう行くよ」

    知久「あぁ。僕とタツヤの我侭に付き合ってくれてどうもありがとう」

    杏子「弁当、うまかったよ。あたし今まで食える事にしか感謝してなかったけど
    今度からは作ってくれた人にも感謝することにした」

    知久「あはは。すこし大袈裟じゃないかな。でも…うん。それはとてもいい事だね」

    タツヤ「ちょんまげぇー またあそんでねー」

    杏子「残念でした。これからはお前に見つからないようにするもんね。
    ガキのお守りなんて冗談じゃない。あたしは忙しいのさ」
    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - 佐倉杏子 + - 志筑仁美 + - 魔法少女まどか☆マギカ + - 鹿目タツヤ + - 鹿目知久 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について