のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,566,744人
911,676,569頁
昨日:5,661人
6,276頁
今日:428人
484頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレQB「マミのおっぱいに挟まれた僕は、感情を探す旅に出た」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - QB + - + - 巴マミ + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 12:33:15.01 ID:az865FvS0 (+125,+30,-152)

    マミ「ふっふーん、パトロールは終わったことだし、今日のお夕飯はなににしよっかな~?」プルンプルン

    まどか「あの女の人…?」

    マミ「和風? 洋風? それとも…」プルンプルン

    まどか「うわぁ、すごいおっぱい」

    マミ「わ・た・し?」プルプルプルプルプルン!

    まどか「歩いているだけで、プルンプルンだよ」

    マミ「なんちゃってー♪」プルンプルン

    まどか「わたしなんて…こんなだし…」ショボンショボン

    マミ「ふふ、食べてくれる殿方なんていないものね。料理も私も」プルプルプルン

    まどか「はぁ…プルンプルンおっぱい、わたしも欲しいなぁ…」

    QB「それがキミの望みかい?」

    まどか「え?」

    QB「僕が叶えてあげるよ」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 12:34:40.97 ID:EizUk7mO0 (+24,+29,-21)
    コンセプト定まらなすぎだが続けるべきなのは確かだと感じた
    3 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 12:35:30.53 ID:j42tAdv70 (+19,+29,-14)
    まあ昼飯ボッチではあるんだな
    4 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 12:36:04.41 ID:sMAJny2i0 (+13,+18,-13)
    よく分からんが支援
    5 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 12:36:16.95 ID:az865FvS0 (+95,+30,-208)

    まどか「…ぬいぐるみがしゃべってる?」

    QB「僕はキュゥべえ。キミは奇跡を信じるかい?」
    QB「キミの願いをひとつだけ、なんでも叶えてあげるよ」
    QB「そう。キミのちょっぴり小振りで発育途中な乳臭いおっぱいだって、キミの思いのままの大きさに変えることができるんだ」

    まどか「わたしの胸が、あの女性のようなプルプルに!」

    QB「願いを叶える代わりに魔法少女になっ…(バァンッ!

    ほむら「させるものですかっ!」ダンダン!

    まどか「え? え? え?」

    QB「邪魔が入った。まどか、また後で。いつかキミを魔法少女にしてみせるよ」スタッ!

    ほむら「待ちなさい!」ダンダン!

    タッタッタッタ!

    まどか「…いっちゃった」
    まどか「え、ええと。映画の撮影とかじゃ…ないよね?」キョロキョロ
    6 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 12:40:54.69 ID:az865FvS0 (+95,+30,-239)


    路地裏

    ほむら「死ね! 死ね! 死ね!」タンタン

    QB「まったくしつこいなあ。流れ弾が人に当たったらどうすんのさ」

    ほむら「死ね! 死ね! 死ね!」タンタン

    QB「物騒な魔法少女だ。僕になんの恨みがあるんだか。そりゃ覚えは山ほどあるけどね」

    ほむら「死ね! 死ね! 死ね!」タンタン

    QB「いくら僕を倒したって無駄なことなのに。なんて頭の回らない魔法少女だろう」

    ほむら「死ねっ! あなたを倒して、まどかを救う!」タンタン

    QB「ふむ。契約せずに魔法少女というイレギュラーな存在。言葉からに、鹿目まどかが関係しているようだね」

    ほむら「ああっ! もう、逃げ足の速い! さっさと撃たれて死になさい!」

    QB「だから、僕に死はないんだって。この追い駆けっこは、いつまで続くやら」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 12:44:15.44 ID:DJ52CmvEO (+13,+23,+0)
    よし続けろ
    8 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 12:45:16.64 ID:az865FvS0 (+95,+30,-145)
    橋の歩道 買い物袋を持ったマミがいる

    マミ「あら?」

    QB「助けてマミ!」

    マミ「どうしたのキュゥべえ?」

    QB「魔法少女に襲われてるんだ!」

    マミ「魔法少女?」

    QB「僕を殺そうとする魔法少女がいるんだ。とにかくしつこいんだよ」

    マミ「分かったわ、キュゥべえはこの中に隠れてなさい」

    QB「このなか?」

    マミ「ここよ」グイ

    QB(頭から、服の中に入れられてしまった)

    マミ「キュゥべえ、静かにしていてね」

    QB「マミ、暗くてなにも見えないよ」

    マミ「我慢しなさい」

    QB(胸に挟まれて身動きが取れない。体勢を変えよう…)ゴソゴソ
    9 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 12:49:35.54 ID:az865FvS0 (+95,+30,-200)

    マミ「こんばんは、魔法少女さん。見かけない顔ね」

    ほむら「巴マミ!」

    マミ「あら、私の名前を知っているのね」

    ほむら「キュゥべえを出しなさい」

    マミ「キュゥべえ? だれのことかしら?」

    QB(うーうー)モゴモゴ

    ほむら「あんたの服の中でもごもごしてるじゃない。その胸の間にいる奴よ!」

    マミ「私ね、実は胸が三つあるの」

    QB(もうすこし、もうすこし、体を回して…)モゴモゴ

    ほむら「そんなバレバレな嘘をつかないで」

    QB「ふぅ、これなら快適だ」ヒョコ

    マミ「あ?」

    ほむら「………」

    QB「おや?」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 12:53:45.86 ID:az865FvS0 (+95,+30,-104)

    ほむら「で、あなたの胸からひょんと顔を出した生き物はなに?」

    マミ「私のペットの、ハムスターちゃんよ」

    QB「やぁ、ぼくハムスター。ハムちゃんって呼んでね」

    ほむら「こんばんは、ハムちゃん。ちょっと私のところにこない?」

    QB「来てどうするんだい?」

    ほむら「かわいがってあげるわよ(殺傷的な意味で)」

    QB「うーん、行ってもいいけど、君の胸はペッタペタじゃないか。マミのように挟まらないよ」

    ほむら「死ねっ!」カチャ

    マミ「キュゥべえを倒したいなら、私を倒してからね」
    11 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 12:57:51.25 ID:az865FvS0 (+95,+30,-143)

    ほむら「くっ」

    マミ「どうしたの? いつでも相手になるわよ」プルンプルン

    ほむら「………(銃をしまう)」

    マミ「それでいいのよ。魔法少女同士が戦っても、なんの得にはならないもの」

    ほむら「巴マミ。こいつの言うことに騙されないことね」

    マミ「こいつ? キュゥべえのことかしら?」

    ほむら「そう」

    QB「僕は騙したりしないよ」

    ほむら「よく言うわ」

    マミ「キュゥべえは私の大切なお友達。手出ししたら、ただじゃおかないわよ」

    ほむら「まどかは私の大切なお友達。契約を交わしたら、ただじゃおかない」スッ
    12 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 12:59:56.11 ID:bWXOoPKn0 (+24,+29,+0)
    キュゥべえになりたい
    13 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:00:39.57 ID:1MOE6kxgO (+22,+29,-1)
    おいハムちゃん代われ
    14 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:01:33.65 ID:az865FvS0 (+95,+30,-202)

    QB「やっと行ってくれた。マミ、助かったよ」

    マミ「まどかって?」

    QB「僕が契約を交わそうとしている少女なんだ。ものすごい魔法力を秘めているんだ」

    マミ「それを、あの子が妨害しているわけね」

    QB「そういうこと」

    マミ「あの魔法少女、なにかしら事情がありそうな感じね」

    QB「そうでなければ、魔法少女になったりはしないだろうしね」
    QB「しかも彼女は、僕が契約を交わした覚えがないのに、魔法少女になっているイレギュラーな存在だ」

    マミ「謎の魔法少女さん、というわけね」

    QB「何かありそうなのは、確かだよ」

    マミ「話し合ってみたら、わかり合うことができるかな?」

    QB「マミは優しいね」
    15 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:01:39.10 ID:sMAJny2i0 (+30,+30,-31)
    ほむほむはべぇさんへの殺意のかたまり可愛い
    16 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:02:54.10 ID:UvYfMSZR0 (+29,+29,-25)
    俺のポケットモンスターがマミさんの胸の間に挟まりたいと荒ぶってる
    17 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:05:42.66 ID:az865FvS0 (+95,+30,-127)

    マミ「キュゥべえ。そのまどかさんの魔法力が大きくても、契約を迫るの見合わせてみたら?」

    QB「なぜだい?」

    マミ「さっきの魔法少女の…名前はなんていうのかしら?」

    QB「暁美ほむらだよ」

    マミ「暁美ほむらさんの気持ちを考えてみるのはどう?」

    QB「うーん、僕は契約を取るのが仕事だからね」

    マミ「だからって、女の子を強引に迫っちゃ嫌われるわよ」

    QB「そうだね、僕も無理強いはできない」

    マミ「彼女を魔法少女するよう誘導するのもね」

    QB「考えておくよ」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:09:20.91 ID:az865FvS0 (+90,+30,-133)

    マミ「キュゥべえ。危険な魔法少女さんはいなくなったことだし、私の服から出てきていいわよ」

    QB「うーん、そうしたいんだけど…」

    マミ「どうしたの?」

    QB「暫く、マミの胸に挟まれてていいかい?」

    マミ「え?」

    QB「なんというか、僕にも良く分からないんだけど、ここから出たくないんだ」

    マミ「そんなに、気に入っちゃったの?」

    QB「気に入った? そうなのだろうか」
    QB「なんというか、マミのおっぱいに挟まれてると、何かを感じるんだ」

    マミ「何かって、エッチな気持ちじゃないでしょうね?」

    QB「それが僕にも分からないんだ。こんな不思議な感じ、初めてだよ」
    20 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:10:36.12 ID:bWXOoPKn0 (+24,+29,-22)
    きゅっぷいきゅっぷい
    21 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:10:50.68 ID:sMAJny2i0 (+24,+29,-1)
    おっぱいは母性の象徴だからな
    22 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:11:38.44 ID:Kl3e0M8I0 (+29,+29,-5)
    感情のないQBすら魅了してしまうマミ乳
    23 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:12:51.74 ID:UvYfMSZR0 (+24,+29,-1)
    マミさんのおっぱいはガンダム
    24 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:13:45.90 ID:az865FvS0 (+95,+30,-170)
    マミホーム 玄関

    マミ「ただいまー」

    QB「マミ。なんで誰もいないのに、ただいまっていうんだい?」

    マミ「んー? 考えたことなかったわね。つい口に出ちゃうの」
    マミ「我が家に帰ると、お母さんお父さんがいるような気がして、言ってしまっているのかも」
    マミ「天国で、私のことを見守ってくれているとうれしいわ」

    QB「どうだろうね、死後の世界についてはなんとも言えないよ」

    マミ「それに、キュゥべえも。ただいまは?」

    QB「ただいま?」

    マミ「そう、ただいまよ」

    QB「ただいま、マミ」

    マミ「ふふっ、キュゥべえお帰りなさい」

    QB「やっぱり人間は不思議な生き物だ」

    マミ「その人間相手に商売してるのだから、もっと理解したほうがいいわよ」

    QB「努力するよ」
    25 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:19:09.57 ID:az865FvS0 (+95,+30,-144)

    キッチン

    マミ「ふっふーん♪」ジュジュー

    QB「マミは本当に、楽しそうに料理をするね」

    マミ「だって、実際楽しいもの。今日はお客様がいるし、腕の見せ所よ」

    QB「お客様? どこにいるんだい?」

    マミ「キュゥべえ」

    QB「僕かい? 僕は食事をしたって栄養分を摂取することはない。意味ないことだよ」

    マミ「でも食べることはできるでしょ?」

    QB「それは、できるけど」

    マミ「においをかいだり、味だって感じることができる」

    QB「できるね」

    マミ「だから、一緒に食べましょ」

    QB「うーん」

    マミ「今日は一人じゃない。キュゥべえと二人の食事だから、とっても楽しくなるわ」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:22:54.59 ID:az865FvS0 (+95,+30,-150)

    食卓

    マミ「はーい、巴マミ特製、チンジャオロースでーす」

    QB「………」

    マミ「キュゥべえ、感想は?」

    QB「え? ああ、とても食べ物だね」

    マミ「それだけ?」

    QB「えっと、美味しそうに見えるよ」

    マミ「そんなのじゃ、女の子は喜ばないぞ」

    QB「一般の家庭にでるチンジャオロースの中でも最高位に入る美味しさじゃないかな」
    QB「特に、美人で料理上手のマミが作ったというだけでポイントが高いね」

    マミ「ふふ、キュゥべえは、お世辞がお上手ね」

    QB「僕は嘘をつけないから、見たまま言ったまでだよ」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:26:20.18 ID:az865FvS0 (+95,+30,-135)

    マミ「いただきます」

    QB「その、いただきますはなぜ言うんだい?」

    マミ「食べる前に言うのがすっかり習慣になっちゃってるの。言わなければ気持ち悪くなるぐらい」
    マミ「それを何故?と言われても、あまり深く考えたことないから、困っちゃうわね」

    QB「それでもあえて言うなら?」

    マミ「そうね、食材になった植物や動物に感謝を込めてかしら」

    QB「命をいただきます、ということだね」

    マミ「だから、キュゥべえも」

    QB「いただきます」

    マミ「ふふ、めしあがれ」

    QB「人間はほんと良く分からないよ」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:28:22.41 ID:bWXOoPKn0 (+24,+29,-22)
    きゅっぷいきゅっぷい
    29 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:29:26.98 ID:az865FvS0 (+95,+30,-140)

    マミ「はい、あーん」

    QB「あーん」

    マミ「おいしい、キュゥべえ?」

    QB「きっと人間の味覚を満足させる味なんだろうね」モグモグ

    マミ「そういう言い方は嬉しくないかな」

    QB「美味しいよ、マミ」モグモグ

    マミ「どれぐらい美味しい?」

    QB「僕が、人間でいう男であるなら、これ以上にない天国を味わうほどの美味しさだよ」

    マミ「どういうことかしら?」

    QB「マミと結婚する相手はとても幸せだろう、ということだよ」

    マミ「私が結婚ね、考えたことないな」
    30 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:32:41.94 ID:az865FvS0 (+95,+30,-131)

    QB「まだ中学生だからね」
    QB「でも、マミは美人で、スタイルがよく、優しくて、家庭的でと、女性としての魅力が存分にあるよ」

    マミ「ふふ、ありがとう」

    QB「マミのこと好きになる男性は多いんじゃないかな」

    マミ「以前に、ちょっといいなと思う男の子に告白されたことあったけど」

    QB「それで、どうしたんだい?」

    マミ「私の顔でなく胸を見て『お付き合いしてください』だもの。もちろん断ったわ」

    QB「マミのおっぱい目当てだった、ということかい?」

    マミ「でしょうね。今のキュゥべえみたいに」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:36:31.46 ID:az865FvS0 (+95,+30,-146)

    QB「僕は違うよ。マミの体に性欲を感じたりしない。そもそも僕は感情を備えてないからね」

    マミ「ほんとかしら?」

    QB「ほんとだって」

    マミ「じゃあ、そろそろ私の胸から出てきたら?」

    QB「………」

    マミ「キュゥべえ?」

    QB「しばらくの間、ここにいちゃダメかい?」

    マミ「本当に気に入ったのね…」

    QB「気に入る? そうなのかな? 気に入るは感情だ。僕たちにそんな機能は無いはずなんだけど」

    マミ「でも、私の胸から出たくないんでしょ?」

    QB「ずっといたいよ」

    マミ「それって、感情じゃないかしら?」

    QB「分からない。でも、感情だとしたら、なんの感情なんだろう」
    33 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:39:07.89 ID:SHUDoWp30 (-27,-15,-1)
    34 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:40:06.27 ID:az865FvS0 (+95,+30,-179)
    15分後

    マミ「ごちそうさまでした」

    QB「………」

    マミ「ほら、キュゥべえ」

    QB「ごちそうさまでした」

    マミ「おそまつさま」

    QB「日本人独特の謙遜の言葉なのは分かってるけど、決して粗末な食べ物じゃなかったよ。マミの料理は言葉通りごちそうさまな最高の家庭料理だ」

    マミ「ふふ、キュゥべえはほんといい子ね」ナデナデ

    QB「そう言えばマミが喜ぶと分かっているからね」

    マミ「減点。それは言っちゃいけないことよ」

    QB「マミの料理が美味しいのは嘘じゃないよ。僕が食べるのが勿体ないぐらいだよ」

    マミ「別に勿体なくないわ。キュゥべえと一緒にの夕ご飯は、とても美味しかったもの」

    QB「でも、やっぱり、ちゃんとした人間がマミの料理を食べるべきだよ」

    マミ「そうね、そういう人がいればいいのだけど…」

    QB「………」
    35 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:43:26.66 ID:az865FvS0 (+90,+30,-159)

    マミ「じゃあ、キュゥべえ。ちょっと胸から出てきてくれる?」

    QB「なぜだい?」

    マミ「なんでも」ヒョイ

    QB「なぜ外に出すんだい? 僕はマミのおっぱいの所にいたいんだ」

    マミ「いて良いときと、悪いときがあるの」

    QB「今が悪いときなんだね」

    マミ「そういうこと。いい子だから、大人しく待っててね」

    QB「ああ、おしっこか。それなら僕は気にしないよ」

    マミ「キュゥべえ、私が気にするの!」

    QB「良く分からないな。マミが排泄する姿を見ても、僕はなにも感じたりしないよ?」

    マミ「私は年頃の女の子! 相手がキュゥべえでも、そういうのを見られるのは、とっても恥ずかしいの! 分かったっ?」

    QB「わ、分かったよ」
    36 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:46:08.10 ID:bWXOoPKn0 (+19,+29,-1)
    まみまみ
    37 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:46:29.14 ID:p0vuSWIGO (-28,-18,-1)
    はよ
    38 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:46:41.16 ID:az865FvS0 (+90,+30,-209)

    トイレ前

    QB「マミがトイレの個室に入っていった」

    QB「ちょろちょろと音がでている。まさにオシッコだね。うんちの方はないようだ。我慢していたのか勢いがいい」

    QB「排泄行為という機能を持つ地球上の生物は非常に面倒に出来ているね」

    QB「でもそれは自然の行為だ。誰もがすることを僕に見られるのが、なんで恥ずかしいのかな? 良く分からないよ」

    QB「まだかなぁ。僕は早くマミのおっぱいに挟まれたいよ」

    QB「マミのおっぱいは、柔らかすぎずも堅すぎずもない、非常に居心地のよい弾力性があるんだ」

    QB「僕は今までたくさんの少女たちを見てきたけど、あれほど見事なおっぱいを持つ少女はいなかった」

    QB「マミの谷間に入っているのは、まさに極楽といったところだ。あんな心地よい世界があったなんて、僕は知らなかったよ」

    QB「あ、今、おしりの音が鳴った」

    QB「誰も見てないのに、マミはそういうときでも、上品に鳴らすものだね」
    39 : 忍法帖【Lv= - 2012/01/14(土) 13:46:57.40 ID:V5YIuIlE0 (-8,+6,-2)
    俺得支援
    40 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:49:38.97 ID:UvYfMSZR0 (+19,+29,-2)
    べえさんによる生実況
    41 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:49:58.64 ID:az865FvS0 (+95,+30,-90)

    ジャー

    マミ「キュゥべえ、お待たせ」

    QB「マミ。僕はオシッコとおならで、魔法少女の健康をチェックができるんだ」

    マミ「え?」

    QB「マミはまったく問題がない。非常に健康的だよ」

    マミ「………」

    QB「待ちくたびれたよマミ。早く、僕をおっぱいの間に入れてよ」

    マミ「きゅゅゅゅゅゅゅーーーーべええええええええぇぇぇぇーーーっ!」

    QB「え?」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:52:00.73 ID:NdcgnXLd0 (+24,+29,-3)
    マミさんの母性に抱かれて眠りたい
    44 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:52:19.39 ID:sMAJny2i0 (+30,+30,-29)
    デリカシーのないべえさんは銃殺されても文句いえない
    45 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:53:16.23 ID:az865FvS0 (+95,+30,-113)

    マミ「そこに座りなさい!」

    QB「座ってるよ」

    マミ「じゃあ立ってなさい!」

    QB「えー」

    マミ「いい、女の子のはしたない姿を、絶対に見ても聞いてもにおいをかいでもいけないの!」

    QB「いや、僕はマミのためを思って健康面のチェックを…」プルプル

    マミ「それでもです! あなたは女の子の気持ちがぜんっぜん分かってないわ!」

    QB「えっと、僕は…」

    マミ「いい、女の子は…」ガミガミガミガミ

    QB「…う」
    46 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:56:43.11 ID:az865FvS0 (+95,+30,-161)

    十五分経過

    マミ「それで、女の子は、繊細で傷つきやすいから優しくしてあげなきゃいけないの。なんでかというと…」ガミガミガミガミ

    QB「マミ…」

    三十分経過

    マミ「おせじを言って女の子を喜ばせても、後でフォローを入れなければかえって逆効果になったり…」ガミガミガミガミ

    QB「その…」

    一時間経過

    QB「そろそろ座っていいかな?」

    マミ「ダメです! まだまだ話すことがあるんだから、キュゥべえはしっかり聞いて、女の子の気持ちをちゃんと勉強するの。それで…」ガミガミガミ

    QB「………」
    47 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:56:49.92 ID:NdcgnXLd0 (+25,+30,-20)
    べぇさんに感情を与えると急速に淫獣化する
    48 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:57:30.97 ID:Kl3e0M8I0 (+24,+29,-12)
    ガミガミマミマミ
    50 : 以下、名無しにか - 2012/01/14(土) 13:59:45.22 ID:az865FvS0 (+90,+30,-47)


    ……
    ………

    二時間経過

    マミ「キュゥべえ、分かったっ?」

    QB「分かりました」

    マミ「よろしい」

    QB(マミを怒らせてはいけないということがね…)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - QB + - + - 巴マミ + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について