のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:125,497,470人
914,012,081頁
昨日:395人
396頁
今日:267人
268頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレP「真、パンツチラってるぞ」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×5
    タグ : - 前スレ→1325858126 + - 次スレ→1327061656 + - アイドルマスター + - 一流P + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    451 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 04:20:58.36 ID:RBpivjbS0 (+50,+30,-175)
    P「あいつの役割は客を『適度に』温める事なんだ…だがあいつはフルパワーのステージで客のテンションをほぼマックスまで上げてしまったんだ」

    伊織「それはいけない事なの?」

    P「お前達のステージの序盤がかなり盛り下がる」

    あずさ「え…?何でですか?」

    P「バテるんだよ…客は人間だ。だから一度燃え上がると次に同じテンションに持っていくには結構な時間がかかる」

    律子「そんな…」

    P「あいつに悪気は無い。あいつは心から竜宮小町のサポートをしたと思っている。だから…気を引き締めていくぞ!!」

    伊織「…」

    亜美「大丈夫だよ!!」

    あずさ「亜美ちゃん」
    452 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 04:24:07.19 ID:RBpivjbS0 (+50,+30,-69)
    亜美「亜美達は3人も居るんだよ!!だからいっぱいいっぱい頑張ればすぐにファンのみんなを盛り上げられるよ!!」

    伊織「…そうよ!!春香なんかに負けてたまるもんですか!!」

    あずさ「そうね…律子さんもプロデューサーさんも居るんですもの!!」

    P「ああ、その通りだ!!いくぞ!!」

    そして竜宮小町のステージが幕を開けた
    453 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 04:25:12.50 ID:8CvdBf+g0 (-27,-15,+0)
    454 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 04:27:02.62 ID:9QU3Q3Ih0 (+27,+29,-7)
    所属アイドル食いまくってるプロデューサーがこんなにできる奴だとは
    455 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 04:33:32.75 ID:RBpivjbS0 (+50,+30,-207)
    結果としては…

    序盤こそ少し冷えてしまった観客相手に苦戦はしたが、終盤になるにつれて本来の竜宮小町のライブのテンションを取り戻し、良い結果を残したステージとなった

    P「それにしても亜美は結局一回も絡んでこなかったな…まあ亜美もプロだからな」

    カーテンコールに応え終わった3人が舞台袖に戻ってきた

    P「お疲れ様!!」

    ハイタッチを求めると
    伊織は信じられない力で叩き込んできて悶絶しそうになった

    あずさは柔らかいタッチで触れる様な感触だった

    近くに居た律子は苦笑いしながらちょんと手を合わせた

    456 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 04:34:09.00 ID:RBpivjbS0 (+50,+30,-118)
    最後までファンの声に応えた後戻ってきた亜美は…

    P「お疲れ様!!」

    手をかざしたのだが、それには応えず彼の頬を両手で包み…

    亜美「ん…」

    P「!?」

    唇が触れるだけのキスをしたのだ

    P「亜美!?」

    亜美「言ったじゃん、一回だけ絡むって」

    悪戯な目で笑うとそのまま楽屋に向かって行った
    457 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 04:36:28.46 ID:R/DdEX6pO (+19,+29,-5)
    亜美ってこんなに可愛かったっけ・・・
    458 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 04:42:14.88 ID:RBpivjbS0 (+50,+30,-195)
    ホテルにて

    P「明日は帰るだけか…寝る前にコーラでも買いに行こう」

    ロビーの前の自販機まで足を伸ばすとそこには律子がいた

    P「まだ寝ないのか?今日は疲れたろ?」

    律子「私…本当にまだまだ未熟なんですね…」

    P「何だいきなり…」

    律子「自分がこんなに無力だなんて思いもしなかった…また一から勉強です」

    P「お前はまだ若い…ゆっくり成長すれば良いんだ」

    律子「でも…」

    P「みんな若いんだ。急ぐなよ…ゆっくり確実にキャリアを積め。竜宮小町の3人にはお前みたいな未熟なプロデューサーが必要だ…まだまだこれからだ」

    律子「…はい」
    459 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 04:46:19.84 ID:HErNd1ajO (+22,+29,-8)
    一流の絶倫が成せる技か
    460 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 04:47:56.82 ID:RBpivjbS0 (+50,+30,-107)
    P「もう休め…せっかくの綺麗な肌が荒れるぞ?」

    律子「おやすみなさい…プロデューサー」

    P「ああ…おやすみ」

    コーラを買い、部屋に戻るとドアの前には亜美がいた

    亜美「はるるんはステージが終わったらすぐに帰っちゃったらしいよ?」

    P「あいつは明日の朝から仕事だからな…入るか?」

    亜美「うん!!」

    P「枕を持ってきてるって事は…一緒に寝るのか?」

    亜美「…良いよね?」

    P「ああ…おいで」
    461 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 04:50:26.89 ID:2RF0U6xg0 (+22,+29,-2)
    どうせ腕枕するくせに
    462 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 04:54:56.97 ID:RBpivjbS0 (+50,+30,-243)
    亜美を抱きながら取り止めの無い話をした

    P「俺は…何と言うか…改めて竜宮小町とは合わないって思い知ったよ」

    亜美「え?…兄ちゃん?」

    P「竜宮小町は律子が居てこそのユニットだ…俺なんて居るだけ無駄なんだ」

    亜美「そんな事無いよ!!そんな事言っちゃだめ!!」

    P「だから…今後は竜宮小町とはきちんと距離をとって接して行こうと思うんだ…ほら、俺の方には千早と美希が居て結構忙しいからな」

    亜美「や…兄ちゃん!!亜美ね、最近真美みたいなリポーターのお仕事に興味あるんだ?兄ちゃんの方がそう言う仕事は強いでしょ?」

    P「律子に頼んでみろ…それもあいつのキャリアに繋がる。律子を信じろ」

    亜美「兄ちゃん…やだよ…」

    P「ほら、もう寝ろ…俺も限界だ…」
    463 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 04:58:02.71 ID:RBpivjbS0 (+50,+30,-101)
    彼は寝入ってしまったが…

    亜美「そんなの…ダメだよ…絶対に認めない…」

    亜美は彼の身体にしがみついた

    亜美「せっかく兄ちゃんへの気持ちに気付いたんだ…絶対に…この想い…この繋がりを…消さないんだから…」

    亜美はそう固く誓い眠りについた
    464 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 04:59:29.86 ID:RBpivjbS0 (+44,+29,-24)
    お風呂にはいって来る
    取り合えず区切りの良いところだから風呂から上がってきて残ってたら続きを書くね

    消えてたらまた週末に会おうなの
    465 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 05:00:36.90 ID:m368/N9p0 (+27,+29,-6)
    この時間帯は大丈夫だろうが保守はまかせろ
    466 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 05:00:38.92 ID:+5vp6d210 (+22,+29,-3)
    脱いだパンツを履いた
    467 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 05:09:45.82 ID:eat6jtiq0 (-1,+10,-1)
    468 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 05:10:22.57 ID:ZXzXci5E0 (+28,+23,-2)
    20時間近く書き続けてる>>1も一流
    ほす
    469 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 05:22:25.46 ID:2nQMAoj3O (+21,+28,-2)
    >>1はポン中か
    470 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 05:22:37.96 ID:t0Smbnf40 (+21,+28,+0)
    パンツ縫い直した
    471 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 05:22:51.21 ID:RBpivjbS0 (+65,+29,-22)
    >>468
    普段書かないからね…書く時は徹底的に書くんだよ

    あとは保守が半分以上のssスレって言うのが個人的にはあまり好きじゃない
    472 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 05:30:17.72 ID:m368/N9p0 (+22,+22,+0)
    >>471
    惚れた
    473 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 05:30:49.47 ID:ZXzXci5E0 (+27,+26,+0)
    >>471
    濡れた
    474 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 05:31:36.61 ID:OBiXbjoQ0 (+28,+27,+0)
    >>471
    パンツ消えた
    475 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 05:37:36.88 ID:RBpivjbS0 (+50,+30,-137)


    P「ん…亜美?もう起きてたのか?」

    亜美「ん…」

    P「じゃあ帰る支度でもするか…」

    亜美「亜美はもう終わった…」

    そこには綺麗に支度が整った亜美のカバンがあった

    P「へぇ…亜美、お前はしっかり者だな」

    亜美「兄ちゃん…亜美ね…兄ちゃんとお仕事したいよ…」

    P「そうだな…いずれまたそう言う日が来るさ」

    亜美「それっていつ?」

    P「え…いや」

    亜美「ちゃんと決めて?」
    476 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 05:42:12.96 ID:RBpivjbS0 (+50,+30,-168)
    P「亜美…どうしたんだ?昨日から少し変だぞ?」

    亜美「兄ちゃんが亜美の事…見捨てようとするからだよ」

    P「は?俺が亜美を見捨てるわけ無いだろ!?逆はあるかもだけどさ」

    亜美「逆の方こそ無いに決まってるよ!!」

    P「亜美…落ち着け…」

    亜美「兄ちゃん…亜美のこと…ちゃんと見てよ…真美ばっかりじゃなくて亜美もちゃんと見て!!」

    P「亜美…分かったから…あまり大きな声を出すな」

    亜美「どう分かったの!?適当な事だったら兄ちゃんの事…絶対に許さない!!」
    477 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 05:49:20.27 ID:RBpivjbS0 (+50,+30,-189)
    P「…分かった。企画が通るかは運次第だが俺とお前…二人だけで作るネットラジオのコンテンツの企画を作る…これで良いか?」

    賭けだった…もともと真美で考えていた企画だったが今の尋常じゃ無い亜美を見ているとそう答えるしかなかった…

    亜美「…本当?」

    P「ああ、もともと考えていたんだ…予算が少ないから小規模なコンテンツだけどな」

    亜美「何だ…兄ちゃん…ちゃんと考えてるじゃん!!」

    P「分かってくれたか?」

    亜美「も~!!あるならあるって最初から言ってよね~!!」

    亜美は肩をバンバンと叩きながらそう言った

    P「ほら、帰るぞ?」

    亜美「イエッサー!!」

    P(何とか切り抜けたか…)
    478 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 05:54:47.14 ID:RBpivjbS0 (+50,+30,-100)
    こうして色々と人間関係がこじれた日々は何とか無事に終わったのだった

    P「そろそろ家に着くな…」

    自宅のビジュアルが若干変わっていた

    P「いつの間に扉が二重になってるんだ?」

    インターフォンを鳴らすと千早が満面の笑顔で迎えてくれた

    千早「あなた!!おかえりなさい!!」

    P「ただいま…何かさ…また…変わったね?」

    千早「はい!!ほんの少しだけリフォームしたんです」
    479 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 05:59:31.47 ID:OBiXbjoQ0 (+15,+27,-2)
    ほんの少しwww
    480 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 06:01:39.97 ID:vN5LDIg30 (+24,+29,-24)
    千早って最初ドアノブぶっ壊して不法侵入しなかったか?
    481 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 06:09:34.03 ID:RBpivjbS0 (+50,+30,+0)
    中に入ると全面的に防音工事が施されていた

    P「もうここで何でも出来るな…」

    千早「はい♡あとはボーカル録音のブースも設置してもらったんです」

    P「うわ…6畳かよ…高いんだよな」

    千早「業者さんがブースか防音工事かのどちらかを提案してくださっったんですけど、よく考えたら両方あっても困らない事に気付いたので両方ともお願いしたんです」

    千早はえっへんと胸を張った
    可愛いけど…どうすんだ…これ

    千早「あとはレコーディングのシステムとか言うものも導入しました」

    P「Pro Tools HDかよ…俺のLEがまるでおもちゃだな…」

    千早「これで私たちの子供と言える作品を心ゆくまで作れますね?あなた♡」

    P「ああ…何かもうどうでも良くなってきた…」

    千早「あなた♡はいた~っち!!」

    P「はいた~っち♡」

    放心状態で千早とのハイタッチを済ませた

    千早「これからは一生二人で手を取り合って音楽を作っていきましょうね♡」

    482 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 06:11:50.97 ID:sQUqSkyt0 (+5,+17,-2)
    胸を張った????
    483 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 06:12:06.97 ID:RBpivjbS0 (+44,+29,-21)
    と言う事で流石にちょっと寝るるん
    起きた時に残ってたら続きを
    落ちてたらまた週末に会いましょう\(^o^)/

    亜美真美可愛いから当分メインで書きたいとか?
    484 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 06:13:57.03 ID:m368/N9p0 (+22,+29,-3)
    双子好きなので是非
    485 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 06:14:35.65 ID:OBiXbjoQ0 (+27,+29,-7)
    お疲れ一流
    俺も寝るけどこのスレは他の一流によって支えられるはず・・・!
    486 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 06:16:51.49 ID:zf8RtfDt0 (+19,+29,-3)
    やっぱ双子はいいな
    487 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 06:16:55.17 ID:9zhleief0 (+24,+29,-27)
    アニメ好きなGのHさんのメインギターは1千万のゼマティスだからな。やっぱ音楽は金になるで。
    488 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 06:23:33.72 ID:t0Smbnf40 (+22,+29,-13)
    亜美は最近可哀想だしな
    489 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 06:25:10.41 ID:VMUnCDoe0 (+16,+23,-14)
    一流のために保守せざるを得ない
    490 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 06:33:45.59 ID:sQUqSkyt0 (+15,+27,+0)
    うむ
    491 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 06:39:02.33 ID:2nQMAoj3O (+22,+29,-4)
    シャブの切れ目か…
    492 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 06:51:41.98 ID:ZXzXci5E0 (-1,+10,-1)
    493 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 06:58:56.31 ID:nkD4uK8SO (+36,+29,-16)
    >>471
    一流を描く者もまた一流か
    494 : 忍法帖【Lv= - 2012/01/15(日) 07:16:13.40 ID:DXWZphV90 (+1,+16,+0)
    495 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 07:28:14.43 ID:sQUqSkyt0 (+13,+25,+0)
    496 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 07:46:13.93 ID:sQUqSkyt0 (+4,+16,+0)
    497 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 08:00:34.30 ID:yAfMqLn80 (+10,+25,+0)
    498 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 08:17:25.36 ID:RulqUOGK0 (+19,+29,+0)
    >>1流だぜ、お前
    499 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 08:19:52.74 ID:oBV+nBWt0 (+15,+30,+0)
    500 : 以下、名無しにか - 2012/01/15(日) 08:21:34.61 ID:2nQMAoj3O (+31,+29,-18)
    俺の金玉にでっかいイボができた時の話する
    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×5
    タグ : - 前スレ→1325858126 + - 次スレ→1327061656 + - アイドルマスター + - 一流P + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について