のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,567,006人
911,676,940頁
昨日:5,661人
6,276頁
今日:786人
855頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ妹「滅・私・奉・公!」兄「なんと」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - メイド + - + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:09:09.69 ID:6QJxbExtO (+135,+30,-70)
    「よろしくお願いします」

    「よろしくお願いいたします」

    執事「今日からしっかり働いてもらうぞ」

    「えー……」

    「兄さんっ」

    執事「親の借金がもとで売られるとは気の毒だが、頑張って奉公すれば帳消しになる」

    「人身売買じゃないのこれ」

    「しかたないです、頑張りましょう」

    執事「それでは奥様にお前たちを紹介しよう。ついてきなさい」
    2 : ア,ド,セ,ン, - 2012/01/11(水) 20:09:59.10 ID:BHa/vaRo0 (-23,-11,-1)
    期待
    3 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:12:32.75 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-70)
    執事「失礼します」

    奥様「あら……その子たちが?」

    執事「はい、例の」

    奥様「そう……まだ子供のようだけど」

    「一応まだ成人前です」

    奥様「若いから無理がきくわね、おっほっほ」

    「な、なんて嫌なババアだ」

    お嬢様「お母様、この人たちだれ?」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:15:49.59 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-90)
    奥様「今日からうちで働く使用人よ」

    お嬢様「ふぅーん……」

    「よろしくね」

    執事「こら貴様!言葉遣いに注意しろ!」

    「ひぃっ」

    「今のは兄さんが悪いです」

    お嬢様「……」

    「……今日からこちらでお世話になります、兄と妹です。どうかよろしくお願いいたします」ペコリ

    お嬢様「……うん。これ食べる?」

    「何やら高級そうなお菓子だな」
    5 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:19:27.01 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-80)
    奥様「これ、およしなさい。下男にそんなもの与えなくてよろしい」

    お嬢様「はーいお母様」

    奥様「この家にいる以上、身のほどはわきまえて行動するように。わかりましたか?」

    「かしこまりました」

    「はい、お母様」

    奥様「あなたにお母様と呼ばれる筋合いはありません」
    6 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:20:52.66 ID:5pqLHaMF0 (-21,-14,+0)
    これは新しい
    支援
    7 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:23:21.64 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-70)
    執事「……失礼いたしました」バタン

    「ずいぶんおっかない人ですね」

    執事「……お前は教育しがいがありそうだ」

    「ひぃ」

    「よ、よく言って聞かせますから……」

    執事「まぁいいだろう。先にお前たちの部屋を案内する」

    「金持ちの家だから、きっと俺たちの部屋も豪華なんだろうな」

    「兄さん、多分それはないです」
    8 : 忍法帖【Lv= - 2012/01/11(水) 20:25:04.31 ID:pOXE+IDZ0 (+5,+20,-1)
    おせーぞ
    9 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:25:17.44 ID:6x04KQTEO (+28,+29,+0)
    タイマン張らせてもらうぜ
    10 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:27:55.18 ID:A5sG3rpZi (+28,+29,-12)
    >>9
    なんで弦ちゃんがでてくんだよwww
    11 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:28:11.49 ID:6QJxbExtO (+93,+30,-107)
    執事「ここだ。お前たち二人はここで寝泊まりしてもらう」

    「えーと……階段があるけど」

    「部屋はないですね」

    執事「馬鹿者、よく見ろ」

    「GTOの鬼塚のパターン?」

    執事「階段の下、脇にドアがあるだろう」

    「それって物置なんじゃ……」

    執事「中は狭いが二人で寝るくらいはできる」

    「あ、相部屋ですか」

    「ほほぅ……わかりました」

    「なにいきなり納得してるんですかっ!」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:31:15.29 ID:In9gY2nN0 (+22,+29,+0)
    ハリー・ポッターかよ
    13 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:31:48.10 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-77)
    「仕方ないだろ、俺たちは売られた身なんだ」

    「うぅっ……兄さんと相部屋だなんて」

    執事「私もさすがにすまんとは思ったが、奥様の命令でな」

    「あのババア……」

    「な、中は意外に広いです」ガチャ

    「そりゃいい」

    「国境作りますからね。私の領域に許可なく入らないように」

    「はいはい……」
    14 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:35:26.65 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-95)
    執事「明日から仕事をしてもらう。今日はゆっくり体を休めるように」

    「こんな窓もない物置部屋でゆっくり休めるかよ」

    執事「……」ギロ

    「に、兄さんっ……わかりました。それでは」

    執事「……夕飯は7時。風呂は使用人が使えるのは夜10時以降だ」

    「わかりました」

    15 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:38:08.22 ID:9rGem6Zq0 (+24,+29,-2)
    書き溜めてないのか…
    16 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:39:33.48 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-97)
    「あー疲れた」ドス

    「私の方が倍疲れたますっ」

    「そんなにプリプリ怒るなよ」

    「私たちは使用人ですよ、兄さん。売られた身なんです」

    「魂まで売った覚えはないぜ」

    「カッコいいこと言ってもダメです。きちんと勤めあげないと」

    「わかってるよ……」

    「……お父さんとお母さん、大丈夫でしょうか」

    「今さらあんな奴らの心配なんかするなよ」

    「……」
    17 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:42:56.31 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-67)
    「……そうですね。しばらくお父さんたちのことは考えないようにします」

    「そのほうが精神衛生上いいと思うぞ」

    「しかし、埃っぽいですねこの部屋……」

    「せめて窓があればな」

    「後で時間のあるときに大掃除しましょう」

    「くぅ、ケータイの電波も入らない」
    18 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:45:11.34 ID:ZoTfde0M0 (+17,+27,-15)
    いもぺろ保守
    作者がんがれ!
    19 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:46:10.31 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-81)
    「晩飯までまだ時間があるな」

    「そうですね」

    「ちょっとひとっ風呂浴びさせて貰おうかな」

    「兄さん、話聞いてました?夜遅くじゃないと私たちは入れないですよ」

    「あ、そうだった……」

    「全くもう、しっかりしてください」

    「せめて顔くらい洗いたいな」

    「トイレとか洗面所でなら大丈夫じゃないですか?」

    「ちょっと行ってこようかな」
    20 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:48:20.43 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-74)
    お嬢様「あ……」

    「あ」

    お嬢様「……なにしてるの?」

    「ちょっとトイレを探して……るんです、はい」

    お嬢様「こっち」

    「ありがと……うございます」

    お嬢様「ふふ、変なしゃべり方」

    「慣れてないんだ……ですよ」

    お嬢様「ふぅん」
    21 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:50:39.09 ID:9rGem6Zq0 (+24,+29,-14)
    お嬢様は何歳くらいなんだ?
    22 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:51:52.96 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-78)
    お嬢様「ここがトイレ」

    「おぉ、洗面所もあるな」

    お嬢様「なんでタオル持ってるの?」

    「用を足すより、顔を洗ってすっきりしたかったんだ」ジャー

    お嬢様「……」

    「……」ゴシゴシ

    お嬢様「ねぇ」

    「ん?」

    お嬢様「あのこ、何歳?」

    「あのこって?」

    お嬢様「さっきの女の子」

    「あぁ、あいつは……」
    24 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:54:19.06 ID:Seh5e6EUO (+24,+29,-14)
    執事×兄からの兄×執事下剋上はまだですか?
    25 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:55:04.92 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-71)
    お嬢様「私と同い年だね」

    「あ、そうなんだ……ですか」

    お嬢様「兄妹なの?似てないけど」

    「ええまぁ」

    お嬢様「ふぅん……」

    「何か?」

    お嬢様「どうして兄妹でうちで働くの?」

    「はは、なんでだろうね」
    26 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:55:22.69 ID:9rGem6Zq0 (+19,+29,+0)
    早さが足りない
    27 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 20:59:06.46 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-100)
    お嬢様「まぁいいや」

    「いいのかよ」

    お嬢様「興味ないもん」

    「あ、そう……」

    お嬢様「妹ちゃんのほうはね」

    「へっ」

    お嬢様「えへへ……ねぇ、一緒に遊ぼう?」

    「いや、しかし」

    お嬢様「私の部屋でお話しようよ」

    「うぅーん……こういう状況じゃなかったら喜んで行きたいんだけど」

    お嬢様「だめ?」

    「えーと……」
    28 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:03:55.76 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-126)
    奥様「……なにをしてるんです?」

    お嬢様「あ、お母様……」

    「お母様、ご機嫌麗しゅうございます」

    奥様「あなたにお母様と言われる所以はありません。奥様と呼びなさい」

    「てへぺろ」

    奥様「はぁ……頭が痛くなってきたわ」

    お嬢様「お母様、この人と一緒に遊んでもいい?」

    奥様「いけません。使用人風情に構うんじゃありません」

    お嬢様「……つまんない」

    「お母様の言う通りですよ、お嬢様」

    奥様「だから私はあなたのお母様ではありませんっ」
    29 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:06:28.54 ID:uhD/1Nu9O (+23,+29,+0)
    >>9
    よかった俺だけじゃなかった
    30 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:07:21.60 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-80)
    奥様「……今回は特別に許しますが、ここは私たち家族だけしか使ってはいけないんです」

    「あ……そうなんですか」

    奥様「以後気をつけなさい。使用人のトイレの場所は後で執事に聞くように」

    「わかりました」

    奥様「……貴女も部屋に戻りなさい。じき夕飯ですよ」

    お嬢様「はーい」

    「ふぅ……」

    31 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:10:29.26 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-74)
    「食った食った」ポンポン

    「立派な夕食でしたね」

    「まぁ、余りの食材なんだろうけどな」

    「コックさんの腕がいいんでしょう」

    「え……あの奥様が作ってるんじゃないの?」

    「キッチンにいましたよ?シェフっぽい人が」

    「ほぇー……そりゃすごいな」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:11:29.28 ID:9rGem6Zq0 (+24,+29,+0)
    兄トイレで抜きやがったぞ
    33 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:13:25.28 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-97)
    「なんとか、ここでやっていけそうですか?」

    「まだ働いてないからなんともなぁ」

    「あ、そうですね」

    「まぁお前は何でもそつなくこなすから大丈夫だろ」

    「私が心配なのは兄さんですっ」

    「年下のくせに生意気な」

    「その年下に今までの人生で散々フォローしてもらってたのは誰ですか?」

    「ちっ」
    34 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:16:06.52 ID:ll7tDmN+O (+22,+29,-13)
    高貴な☆お仕事


    ですね
    35 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:16:29.41 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-71)
    「まぁ真面目に働かないと借金もなくならないし頑張る」

    「その意気です。兄さんはやれば出来る子ですから」

    「まかせろ」

    「使用人の仕事ならそんなに難しくないし、兄さんでも出来るでしょう」

    「兄ちゃんグレちゃうぞ」

    36 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:20:52.39 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-130)
    「しかし、なんていうか雰囲気悪いよなここ」

    「まぁ、窓もない物置部屋ですから」

    「部屋じゃなくてこの家だよ……天然かお前」

    「し、失礼なっ」

    「なんつうか、奥様とか執事とか」

    「奥様はともかく、執事さんはいい人に思えましたよ」

    「そうかなぁ。お嬢様は可愛いし、いい子だけど」

    「お菓子貰えそうになったくらいでそんなに持ち上げますか」

    「いや、さっき会ったんだけど」

    「え?」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:25:34.38 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-76)
    「で、洗面所連れてってくれて」

    「……ふむふむ」

    「そのあと一緒に遊ぼうって言われたんだけど」

    「ええぇえっ!」

    「な、なんだよ」

    「べ、別に……何でもないです」ギリィッ

    「部屋に呼ばれたけど、奥様が来て解散に」

    「ほっ……」

    「お、風呂はいれるんじゃないか?この時間」
    38 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:31:11.07 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-144)
    「さ、お風呂も入ったしもう寝ましょう」

    「全然風呂に入った記憶がないんだが」

    「ちゃんと二人とも順番に入りましたよ?」

    「そ、そっか」

    「明日からは早起きしないといけないですからね」

    「分かってる」

    「ここに線をひきますから、こちら側に入ってこないでください」

    「おい、せめて部屋の真ん中で分けろ。お前が8、俺2みたいな割合だぞ」

    「さ、電気消します」パチ

    「おいこら」

    「寝顔見ないで下さいよ!」

    「見抜きしてやろうか」

    「見抜き?」

    「何でもない」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:32:08.17 ID:5HFNRfeB0 (+2,+12,+0)
    兄wwww
    40 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:34:52.17 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-84)
    「くーくー……」

    「寝るの早いな……」

    「すやすや……」

    「メンタル強いなぁこいつ。見習わないとな」

    「……お父さ……母さ……」

    「……ん?」

    「……ぐすっ……お父…さん……」

    「……」

    「……すーすー……ぐすん……」

    「……妹……」

    41 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:36:30.85 ID:5HFNRfeB0 (+15,+25,-1)
    ふぅ…
    42 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:39:04.93 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-96)
    チュンチュン

    「兄さん、朝です」

    「うそだ……真っ暗じゃないか……グゴゴゴ」

    「窓がないから仕方ないです……電気つけます」パチ

    「ギャース」

    「おはようございます、兄さん」

    「うぅ……今日からいよいよ使用人人生が始まるのか」

    「そうですよ、ほら起きてっ」

    「なぁ、お前……」

    「何ですか?」

    「いや、何でもない」
    43 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:40:50.15 ID:1Kk386n60 (-23,-11,-1)
    期待
    44 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:44:14.23 ID:ll7tDmN+O (+17,+29,-12)
    秘童貞の兄様
    45 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:44:14.72 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-114)
    「途中で止められると気になるから言ってください」

    「何でもないってば」

    「ダメです、はーやーくー!」

    「……お前、寝るときブラジャーしないんだな」

    「……っっ!」

    「悪いな、胸元開いてたから」

    「……先っちょまで見えました?」

    「うん」

    「両胸?」

    「うん」

    「コォオオオ……」

    「なぜ空手の呼吸法を」

    「……すぐに分かりますよっ!」
    46 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:48:33.91 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-70)
    「いででで……」

    「ふんっ」

    「殴るなんて良くないぞ」

    「私の胸をチラ見したのが悪いんですっ」

    「見えたもんはしかたないだろ……」

    「うぅ……だから相部屋嫌だったんです」

    執事「朝から騒々しいな」

    「あ、おはようございます」

    「おはようございます」
    47 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:50:08.70 ID:hGuCUZ4q0 (+9,+20,+0)
    見てるよ
    48 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:50:31.63 ID:5HFNRfeB0 (+20,+24,+0)
    >>47
    両胸?
    49 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:51:16.86 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-102)
    執事「顔が腫れてるがどうした?」

    「虫歯が痛むようです」

    「お前よくもいけしゃあしゃあと」

    執事「ふむ、虫歯は早めのケアが重要だぞ」

    「はぁ」

    「ところで、仕事は何をすればよろしいんでしょうか」

    執事「うむ、妹のほうはこれに着替えるように」

    「……メイド服?」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/01/11(水) 21:55:59.42 ID:6QJxbExtO (+95,+30,-91)
    執事「主に掃除などの雑用だが、そのうち来客にお茶を出してもらうこともある」

    「はい」

    執事「私より先輩のメイドに聞くのがはやかろう。雑務室で待ってるはずだ」

    「わかりました。それじゃ兄さん」

    「頑張ってこいよ」

    執事「さて、お前のほうは…」

    「執事かぁ、その服カッコいいと思ってたんですよ」
    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - メイド + - + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について