のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,547,245人
911,654,482頁
昨日:6,240人
7,002頁
今日:751人
783頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ王「我が息子の結婚相手は勇者にしようそうしよう」勇者「え?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 勇者 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 08:51:37.80 ID:yrDUVi6O0 (+125,+30,-177)
    謁見の間

    「よく来たな、異国の勇者よ」

    勇者「どうも。はじめまして」

    「魔王を倒してすぐに呼び出すのもどうかと思ったのだが、すぐにでも話しておきたくてな」

    勇者「なんでしょう?」

    「我が息子、つまり王子と婚姻の儀を交わして欲しいのだ」

    勇者「え?」

    「お前ほどの美貌、資質。どれをとっても未来の妃に相応しいと思う」

    勇者「あの……僕、男なんですけど」

    「え?」

    勇者「え?」
    2 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 08:53:51.71 ID:kTQ/+MXy0 (-12,+2,-2)
    え?
    3 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 08:55:34.74 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-146)
    「そんなに結婚したくないのか?悪い話ではないのだが」

    勇者「いえ、本当に男です」

    「またまた、そんな美しい男がいるものか。わっはっはっは」

    勇者「……そこの兵士さん」

    兵士「はっ」

    勇者「こっちにきてください」

    兵士「なんでしょうか?」

    勇者「……みてください」バッ

    兵士「うわぁぁぁ!!!そんな勇者殿!!いきなり―――」

    勇者「よくみてください」

    兵士「おぉ……」

    「ど、どうした?」

    兵士「王、勇者殿は男です。立派な」

    「なんだと……!!」

    勇者「もう……」
    4 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 08:59:05.21 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-177)
    勇者「それではこれで」

    「ま、まて!!」

    勇者「なんですか?」

    「その……王子に会っていってはもらえんか?」

    勇者「しかし、結婚はできません」

    「いや……その……王子はお前の写真をみてひとめぼれしてしまってな」

    勇者「……」

    「それでその……結婚する気まんまんなのだ」

    勇者「男であるということを説明してください」

    「だが……」

    王子「―――父上!!勇者様はこられましたか!!」

    「あ、ああ。いるぞ」

    勇者「……」

    王子「うつくしい……結婚しましょう!!」

    勇者「え……」
    5 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:02:58.77 ID:bthPZGKq0 (-7,+2,-2)

    え?
    6 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:03:59.94 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-202)
    王子「貴女の写真をみたときから慕情が私の胸に芽生えました」

    勇者「はい……」

    王子「毎日、貴女の顔が浮かんでは締め付けられるような息苦しさを覚え、夜空に向かって嘆息を吐いていました」

    勇者「それは……どうも……」

    王子「貴女を想うだけで幸福と不幸が同時に来るようで……私はもう……どうにかなってしまいそうです」

    勇者「……」

    王子「勇者様……」

    勇者「あの……」

    王子「私と……結婚をしてもらえませんか?」

    勇者「ごめんなさい」

    王子「……」

    勇者「結婚はできません」

    王子「何故ですか?」

    勇者「それは……僕が男だからです」

    王子「お、とこ……?」
    7 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:08:29.63 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-230)
    勇者「はい。そこまで愛していただいて大変嬉しく思いますが、お断りさせていただきます」

    王子「なるほど……勇者様」

    勇者「はい?」

    王子「私は性別など気にしない」

    勇者「は?」

    「お、おい!!」

    王子「私は貴女が好きなのです。女だから、男だからなんて瑣末ごとにすぎない」

    勇者「大事だと思うのですけど……」

    王子「勇者様……さぁ、結婚しましょう」

    勇者「だからぁ」

    王子「わかりました……では、一週間だけ私と生活してみませんか?」

    勇者「あのですね……」

    王子「それで私のことを受け入れられないというなら、潔く諦めましょう」

    勇者「……」

    王子「一週間、一週間だけ……どうかこの哀れな道化に慈悲を」
    8 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:10:41.30 ID:JS0AKyxW0 (+17,+27,-13)
    哀れってレベルじゃねーぞ
    9 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:12:08.16 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-139)
    勇者「お断りします」

    王子「おねがいします。絶対に苦痛を与えたりはしません」

    勇者「既に苦痛なんですけど」

    王子「この通りです!!」

    勇者「……」

    「どうやら諦める気はないようだ。勇者よ、一週間だけでもお願いできんか?」

    勇者「でも……」

    王子「……」

    勇者「……一週間で諦めてくれますね?」

    王子「は、はい!!」

    勇者「なら、構いません」

    王子「勇者様……!!」

    勇者「は、はい……」

    王子「幸せにしてみせます」

    勇者「あの……一週間だけですよね?」
    10 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:15:53.37 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-169)
    妃の部屋

    王子「どうぞ」

    勇者「うわぁ……ここが部屋ですか?なんというか一般家庭の家ぐらいありますね」

    王子「私の妃になったものは、この豪奢な部屋を使ってもいいのです」

    勇者「そうですか」

    王子「貴女はここで一週間、過ごしてください」

    勇者「いえ。こんあ立派な部屋はいりません」

    王子「しかし……」

    勇者「私は兵士さんの宿舎でも……」

    王子「いけません。兵士といえど男。変な気を起こす輩もいるやもしれない」

    勇者「王子が言うんですか?」

    王子「わかりました……。では私の部屋で―――」

    勇者「ここでいいです」
    11 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:19:42.07 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-155)
    勇者「ふう……」

    勇者「僕の容姿は……本当に女の子みたいだから、よく同姓にも告白されたけど……」

    勇者「まさか結婚なんて……」

    勇者「……」

    勇者「そういえば……」


    僧侶『勇者様、将来の伴侶はいるのですか?』

    勇者『特にいないかなぁ』

    僧侶『では、自分と……』

    勇者『いや、僕は男です。貴方も男です』

    僧侶『魔法で女になります』

    勇者『やめてください』


    勇者「旅をしているときも色々あったからなぁ」

    メイド「失礼します」

    勇者「はい?」
    12 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:22:58.25 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-110)
    メイド「どうも一週間、身の回りのお世話をさせていただきます」

    勇者「そうなんですか」

    メイド「よろしくお願いします」

    勇者「あの、そんなことしなくても……」

    メイド「仕事ですので」

    勇者「そうですか?」

    メイド「……」

    勇者「じゃあ、お願いします」

    メイド「はい」

    勇者「それにしても立派な部屋ですよね」

    メイド「そうですね」

    勇者「……」

    メイド「……」

    勇者「あの……なんでそこで立っているんですか?」

    メイド「基本的にこの場所に私はいます。何かありましたらお声をかけてください」
    13 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:23:54.75 ID:TmlQmAho0 (-27,-15,+0)
    14 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:25:56.70 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-139)
    勇者「そうですか……」

    メイド「……」

    勇者「……」

    勇者「す、することがないですね。お話でもしませんか?」

    メイド「いえ。侍女と王室の方が私語を交わすのは厳禁です」

    勇者「僕は王室じゃないです。お客さんですから」

    メイド「……しかし、王子の妃となるのでは?」

    勇者「なりません。僕は男ですから」

    メイド「……」

    勇者「なにか?」

    メイド「おとこ……?」

    勇者「ええ」

    メイド「またまた」

    勇者「いやいや」
    15 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:28:08.20 ID:6rSmWRxVO (+14,+29,+0)
    朝なんひら
    16 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:29:05.91 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-117)
    メイド「どうみても女性……」

    勇者「でも、男なんです。身も心も」

    メイド「……」

    勇者「だから、僕は……」

    メイド「そうなのですか」

    勇者「え?」

    コンコン

    メイド「……どうぞ」

    王子「勇者様!!」

    勇者「どうも」

    王子「城内を案内しましょう」

    勇者「え……」

    王子「さぁさぁ!」

    勇者「あの……ちょっと」

    メイド「いってらっしゃいませ」
    17 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:30:35.09 ID:xaGx7/kai (+19,+29,+0)
    メイドとセクロス展開wktk
    19 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:34:20.42 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-244)
    王子「どうですか、この城は。景色もいいし、清浄な空気に包まれている」

    勇者「そうですね」

    王子「魔王がいなくなってから周辺の魔物も随分と大人しくなりましたし、これも勇者様のおかげでしょう」

    勇者「どうも」

    王子「だけどまだまだ、世界は、この国は混乱の中です。国の未来は私の双肩にかかっている」

    勇者「がんばってください」

    王子「私を支えてください……ずっと」

    勇者「だから」

    王子「そうだ。今宵の晩餐は勇者様のリクエストお応えしましょう。なんでもおっしゃってください」

    勇者「……」

    王子「肉ですか?魚ですか?」

    勇者「僕は男なんですよ?どうしてそこまで……」

    王子「性別など関係ないといったでしょう?」

    勇者「それでも一国の王子ですか?」

    王子「勇者様……?」
    20 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:38:56.34 ID:yrDUVi6O0 (+90,+30,-231)
    勇者「国の未来を考えるなら、きちんと女性を傍に据えるべきです」

    王子「……」

    勇者「子孫なくして繁栄はありえません」

    王子「それなら問題はありません」

    勇者「え?」

    王子「確かに王と妃の間に子を宿すのが理想ではありますが、それでも必ずしも妃が孕むということはありません」

    王子「体質、相性、持病……様々な要因で子が生まれないこともあります」

    勇者「それは……」

    王子「その場合……どうするか」

    勇者「どうするんですか……?」

    王子「側室です」

    勇者「な……」

    王子「だから、勇者様。私との子を宿せないのを気に病む必要など、どこにもありません」

    勇者「いや……あの……」

    王子「さぁ……国のために尽力を……!!」
    21 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:40:18.04 ID:Lc3ttW0kO (+14,+24,+0)
    いいね
    22 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:41:47.49 ID:NdLvcwkV0 (+29,+29,-11)
    男だからダメといってたけど王子に調教される展開はよ
    23 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:43:24.30 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-152)
    妃の部屋

    メイド「おかえりなさいませ」

    勇者「おぉ……」

    メイド「どうかされましたか?」

    勇者「王子の熱烈な愛の告白を受けていました……」

    メイド「……」

    勇者「はぁ……」

    メイド「お疲れのようですね。マッサージでもどうでしょうか?」

    勇者「いいですよ。大丈夫です」

    メイド「そうですか」

    勇者「すこし寝ますね」

    メイド「はい。では晩餐の準備が整いましたらお呼びいたします」

    勇者「はい……」

    勇者「……」

    勇者(一週間もいたら僕の貞操がどうにかなりそう……)
    24 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:46:29.56 ID:78l6BhVI0 (+19,+29,+0)
    俺がマッサージしたい
    25 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:48:32.75 ID:IYQDwVPS0 (-15,+29,+0)
    レイプきぼんぬ
    26 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:49:03.71 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-240)
    メイド「勇者様」

    勇者「ん……?」

    メイド「お目覚めになってください」

    勇者「あ、時間ですか……?」

    メイド「はい」

    勇者「それはどうも―――って、なんですか!?このドレス!!??」

    メイド「王子様がそれを着せろと」

    勇者「いや!!こんなのないですよ!!やめてください!!」

    メイド「申し訳ありません。これも侍女のつとめです」

    勇者「……誰が着替えさせたんですか?」

    メイド「侍女が5人がかりで」

    勇者「僕を起こさないように事を済ませるなんて……」

    メイド「侍女ですから」

    勇者「……ん?なんだか……違和感が……」

    メイド「下着も女性モノにしてあります。ガーターベルトもつけておきました。セクシーです」
    27 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:50:16.67 ID:zvXX88Zy0 (-14,+0,-1)
    ほほう
    28 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:54:37.08 ID:NJzHv5bU0 (+24,+29,-2)
    タキシードセイバーで創造してる
    29 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 09:55:06.74 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-191)
    晩餐会場

    王子「おぉぉぉ!!!勇者様!!お美しいですよ!!!」

    勇者「……それはどうも」

    兵士「すげー……おれ本当に男か?」

    兵士「かわいすぎるだろ……」

    兵士「だける……」

    勇者(男性の見る目がこわい……)

    「す、すばらしいな……勇者よ、そこに座るが良い」

    勇者「では失礼します……」

    王子「もう風格が出ていますね」

    勇者「……はずかしいんですけど……」

    王子「時期になれます」

    勇者「なれたくないです……」

    「さあ、勇者よ。宴をはじめよう」

    勇者「はぁ……」
    30 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:00:08.83 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-184)
    「―――なるほど。魔王とはそのように恐ろしい怪物だったのか」

    勇者「はい。辛い旅でした。ですが、僕は人間的にも成長できましたし、掛け替えのない友を得ることが出来ました」

    「そうかそうか」

    王子「ですが、これからはもう貴女が辛い目に遭うことはありません」

    勇者「え……?」

    王子「私が守ります」

    勇者「歯、眩しいほどに白いですね」

    「ふふ、この国も安泰ということか」

    勇者「だから!!何度も言ってますけど!!僕は男ですからね!!」

    「す、すまん。その格好だと……どうしてもな」

    勇者「……」

    王子「まだ性別の問題を口にしますか?」

    勇者「しますよ!!そこが一番の問題点ですよ!!」

    王子「気にすることはありません」

    勇者「気にしてくださいよぉ……」
    31 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:03:23.53 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-164)
    妃の部屋

    勇者「つかれたぁ……」

    メイド「勇者様、お風呂はどうされますか?」

    勇者「え……あぁ……入ります」

    メイド「ご案内いたします」

    勇者「大丈夫です。昼間に確認しましたから」

    メイド「そうですか」

    勇者「では」

    メイド「おやすみなさい」

    勇者「え?」

    メイド「いえ。夜は私もここを離れますので」

    勇者「ああ、そうですか。一日、お疲れ様でした」

    メイド「いえ。これが侍女のつとめです」

    勇者「は、はい……」
    32 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:04:20.20 ID:NJzHv5bU0 (+17,+27,+0)
    見てるからね
    33 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:07:19.21 ID:VMVsn6iw0 (+17,+29,+0)
    まだ長そうだな
    34 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:07:46.52 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-206)
    浴場

    勇者「広いお風呂だなぁ……」

    勇者「泳いでもいいかな……?」

    勇者「……」バシャバシャ

    王子「―――おや、勇者様」

    勇者「わぁ!!!」

    王子「何を驚かれますか?」

    勇者「僕が入浴してるんですけどぉ!!」

    王子「何を照れることがありますか。男同士なのに」

    勇者「卑怯な……!!こんなときだけ男扱い……!!」

    王子「背中を流しあいっこしませんか?」

    勇者「け、けっこうです!!」

    王子「ふふ。この程度で恥ずかしがっていては……夜は……」

    勇者「そ、それ以上言ったら……怒りますよ……?」

    王子「これは失礼しました。それにしても……その裸体もやはり洗練されている。理想的な肉体といえましょう」
    35 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:11:35.93 ID:RAZG6KFN0 (+19,+29,-14)
    勇者の身長低いといいなぁ
    36 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:12:07.96 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-149)
    勇者「も、もうでます!!」

    王子「そうですか?」

    勇者「……」タタタッ

    王子「あ―――」

    勇者「え―――」ツルッ

    王子「危ない!!」パシッ

    勇者「あ……どうも……」

    王子「ここではあまり走らないほうがいいですよ?清掃が行き届いているとはいえ、水場。滑りやすいですから」

    勇者「すいません……ありがとうございます……」

    王子「勇者さま……」

    勇者「王子……」

    勇者「―――ふん!!」ドゴォ

    王子「おふぅ!」

    勇者「顔が近い!いつまでも腕を掴まないでください!!」

    王子「こ、これは失礼しました……。その紅潮した顔も素晴らしいですよ?」
    37 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:15:48.33 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-106)
    妃の部屋

    勇者「もう寝よう……」

    勇者「寝間着まで女性モノなんて……」

    勇者「下着も全部……」

    勇者「もう……どうにかなりそう……」

    勇者「いつまでもここにいるわけには……」

    勇者「よし……」

    勇者「逃げよう……」

    勇者「着替えないと」

    勇者「……」ゴソゴソ

    勇者「うん」

    勇者「自分の貞操は自分で守る……!!」
    38 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:19:17.80 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-133)
    廊下

    勇者「……兵士さんに見つからないように」

    勇者「……」コソコソ

    勇者「ん?」

    メイド「……」スタスタ

    勇者(あれは……メイドさん……こんな夜中にまで仕事を……?)

    メイド「……」コンコン

    ガチャ

    王子「―――」

    メイド「―――」

    勇者(何か話している……なんだろう……?)

    兵士「勇者殿?なにをされているのですか?」

    勇者「きゃぁ!」

    兵士「部屋にお戻りください。平和になったとはいえ夜は危険ですよ?」

    勇者「は、はい……すいません」
    39 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:22:34.76 ID:0JvlfmgQO (-29,-14,-11)
    シエン
    40 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:22:46.68 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-120)
    翌朝

    勇者「ふわぁぁ」

    メイド「おはようございます」

    勇者「あ、おはよう……」

    メイド「顔を拭きます」

    勇者「ちょ……うぷ……!」

    メイド「……」ゴシゴシ

    勇者「うぷぷ……」

    メイド「はい、綺麗になりました。では、今日のお召し物をどうぞ」

    勇者「またドレス……」

    メイド「王子様のご希望ですので」

    勇者「そうですか……」

    勇者(昨日のはこれを伝えていたのか……)

    メイド「では、お手伝いいたします」

    勇者「ひ、ひとりでできますよ!!」
    41 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:27:15.57 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-222)
    王子の部屋

    王子「おはようございます、勇者様。今日も麗しいお姿ですね」

    勇者「どうも」

    王子「今日は城下を案内しますよ」

    勇者「え!?」

    王子「この国の民に姿を見せるのも次期王室の務め」

    勇者「だから!!一週間の約束ですよね!?」

    王子「さ、いきましょう!!」

    勇者「やだぁー!!」

    王子「わがままいわずに」

    勇者「こ、こんな醜態を衆目に晒したくないです!!」

    王子「醜態?どこがですか?まるで水面に浮かぶ可憐な月。その秀麗さは如何なる魔物の心もひきつけることやむなし」

    勇者「やめてぇ……」

    王子「勇者様が出る!!道をあけろぉ!!」

    兵士「ははぁー」
    42 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:28:04.57 ID:VMVsn6iw0 (+27,+29,-34)
    最後は勇者が落ちるか、我慢しきれなくなって王子を刺し殺してバッドエンドとか。
    43 : ('A`) ◆j - 2012/01/09(月) 10:28:58.76 ID:MHZLyD7X0 (+24,+29,-3)
    このSSを見てニヤニヤしちゃんだけど、俺っておかしいのかな
    44 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:28:59.59 ID:0PA3H6t4O (+19,+29,-3)
    この王子憎めないけど殴りてぇ
    45 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:29:29.90 ID:NJzHv5bU0 (-1,+3,+2)
    ワクワクo(^o^)o
    46 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:33:19.98 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-173)
    城下町

    「あれが噂の?」

    「可愛いな……」

    「この国もきっと今以上に大きくなるよ」

    王子「どうですか、勇者様。皆は好意的です」

    勇者「そうですね」

    王子「このままこの地に骨をうずめても……」

    勇者「お断りします!!」

    「なんだ、喧嘩か?」

    「王子との仲がよくないのかしら……?」

    王子「ほらほら。笑顔笑顔」

    勇者「あ、はは……」

    王子「そう。貴女にはその愛らしい笑窪を浮かべているのが似合っております」

    勇者「そ、そうですか……?」

    王子「ええ。民も貴女の美しさに酔っているようだ。このまま街を巡りましょう」
    47 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:33:24.34 ID:fcp4J4Fr0 (+19,+29,+0)
    良作の予感んん!!!!
    48 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:33:49.12 ID:nIY2l7nhO (+19,+29,+0)
    なるほど
    三角関係からの鬱ENDか
    49 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:35:49.68 ID:IYQDwVPS0 (+24,+29,-10)
    「ハァハァ…王子ぃ…ウッ…ふぅ」
    50 : 以下、名無しにか - 2012/01/09(月) 10:38:27.04 ID:yrDUVi6O0 (+95,+30,-287)
    兵士「―――以上です!!」

    兵士長「うむ」

    勇者「なにかあったんでしょうか?」

    王子「おい」

    兵士長「これは王子に勇者様!!」

    王子「何があった?」

    兵士長「この民家に盗賊が押し入ったとの情報がありまして」

    勇者「盗賊……?」

    兵士長「はい。最近、被害が相次いでおりまして、こちらとしても捜索に全力を出しているのですが」

    勇者「なにかお手伝いできることがあれば……」

    兵士長「いえ!勇者様のお手を煩わせることはありません!!」

    王子「その通りです。勇者様はもうこういう危険なことからは身を退くべきです」

    勇者「ですが……」

    王子「ありがとう。捜索のほう、引き続き頼むぞ」

    兵士長「はい!」
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 勇者 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について