のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,559,994人
911,669,071頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:4,083人
4,626頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ一夏「あれ、人が誰もいない・・・・・?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - インフィニット・ストラトス + - サバイハワル + - シリアス + - ソックス + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:04:30.55 ID:U/HMcQQo0 (+123,+29,-5)
    とりあえず注意

    エロ・グロ・人道上問題のある行動や描写あり



    15禁程度
    2 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:05:00.81 ID:qY3AWzNh0 (-21,-11,-1)
    期待
    3 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:05:10.38 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-163)
    はじまりはじまり~

    1日目

    今日もいつも通りの時間に起床

    あれ、電気が付かない?

    この前蛍光灯を換えたばかりなのに・・・やっぱり安物はダメだな。

    トイレの電気も付かない・・・・停電かな?

    尿意が・・・・仕方無い、無灯火でするか。あれ、水が流れるけど補充されない。
    停電の影響でポンプまで止まってるのか?

    とりあえず制服に着替えて教室へ行こう。停電のお知らせや連絡があるはずだ。
    無くても授業はあるだろう。

    あれ・・・・何かおかしい、誰ともすれ違わない・・・・。人の気配や物音さえない。
    4 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:06:25.94 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-205)
    教室へ向かうが、誰も居ない。職員室へ行くが教師もいない。
    別に急いで逃げ出したような後も無い。

    他も当たって見るが、学園内には特におかしなところは無かった。

    なぜ誰もいない?外にいるのか?

    俺は外に出て叫んでみる。
    「誰かいるかー!」

    ・・・・返事は無い。

    どっきりか?カメラを探す。小さな木々の中などが怪しい・・・・。
    番組タイトルは『IS学園唯一の男子 織斑一夏どっきり大作戦』だ。

    しかしそんな期待は裏切られた。本当に何も無い。

    俺は屋上から周りを見渡す。火災や津波の類は無いようだ。普通だ。おかしなところは見当たらない。

    なんだココは。携帯をみてみる。圏外だ。電波時計が0で点滅して受信していない。
    時計も電波時計だ。使い物にならない・・・・電力が止まっているからだろうか?
    5 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:07:20.98 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-227)
    混乱する前に、状況の整理をする。
    ・人がいない
    ・そのため電気、水道、ガスのライフラインは全て停止している
    ・食料の確保も問題だ
    ・そして、この状況を作り出した原因はなんだ?

    俺は記憶を辿る、昨日、ISの演習を行って、部屋に戻りお茶を飲んで寝た。
    そして起きたらこの状況・・・・。

    俺は防衛本能から来る衝動に突き動かされ、何か武器を探す。

    昨日の演習後にエネルギー充填を怠ったせいで、白式は使えない。
    もちろんライフラインが死んでいる以上、白式へのエネルギー供給が行えない。

    武器を探さなければ・・・・・職員室にあてがある。

    ・・・・武器はすぐに見つかった。職員室の金庫をバーベルでこじ開ける。
    ハンドガン2丁とカートリッジ4本。ショットガン1丁と弾30発。コンバットナイフ2本見つけた。

    もし何者かが襲ってきてもこれで対処できるだろう。できなければ・・・・出たとこ勝負だ。
    6 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:08:03.36 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-210)
    食堂へ向かうと、パンがいくつも置いてあった。菓子パンや焼きそばパン。
    日持ちはしないが、当面の食料問題は解決できた。

    俺は寮に立て篭もることにした。椅子や机を使い、玄関口、非常階段の入り口、階段・・・・全てを封鎖。

    もちろん自分の部屋にも椅子や机で厳重に戸締りをする。同じ階の部屋には全て罠を仕掛ける。
    どの扉を開けても小さい木の棒が多数こすれあって音で教えてくれる。

    気がつけば夜。今が何時なのか分からないが、疲れ果ててしまった。

    腹が減っていたがそのまま寝てしまう。

    ハンドガンを握りしめて・・・・。
    7 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:08:36.40 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-134)
    2日目

    俺は熟睡しきっていた。気がつけば太陽は真上。正午だ。
    周囲に特に異変が無いか確認する・・・・特に何事もなかったようだ。

    頭がおかしくなる前に、日付をつけることにした。

    壁に正の文字を付け、日付を刻んでいく・・・・。

    何個書くことになるのだろうかと、T字を書いた時にふと思った・・・・。

    何かに狙われている雰囲気も無い。あるのは無音。前と変わらない建物だけ・・・・。
    食料は大事だ。水は、食堂にはあまり残っておらず、湖のものを濾紙で濾して飲むことにする。

    風呂も無いため、暑い昼の間に湖で簡単に済ませる。

    今日も何も無く一日が終わった。
    8 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:09:36.49 ID:ycgI1YVmO (-24,-29,+0)
    Black Laboを思い出した
    9 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:09:43.86 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-229)
    3日目
    食料問題以外は当面の問題はクリアできた。りんごの木でも植えるか?
    収穫までに餓死してしまう。育て方も分からない。

    自分の判断力の低下を感じ始める。人と接していないと判断力を失う。

    俺はイメージトレーニングで、頭の中の箒やセシリアと話をしてみる・・・・。

    顔が詳細に思い出せない。精神的に相当疲れているのだろうか。
    俺は太陽が沈み少ししてから眠ることにした。

    今日も何も無く一日が終わった。


    7日目
    ついに食料問題が露呈してきた。可能な限り地下の冷えたところに保存しておいたパンが腐り始めている。腐った

    部分を捨てて、残りを全て食べきる。腐る前にカロリーにする必要があった。
    腹がパンパンになって苦しかったが、仕方無い。
    外敵の存在に疑問を感じ始める。

    そして、今日も何事も無く一日が終わった。
    10 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:10:17.59 ID:v2jFhrIi0 (-2,+12,+0)
    ほう
    11 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:11:01.39 ID:pvpeNJvai (+9,+24,+0)
    いいね
    12 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:11:10.26 ID:ylWTiXFX0 (-8,+6,-2)
    かゆ・・・
    13 : >> - 2012/01/03(火) 20:11:21.47 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-162)
    15日目
    完全に食料が尽きる。保存食として残してあった米がなくなった。

    レジャー用の炊飯器を使い、自分で火をおこして白米と少量の塩、漬物で乗り切ってきたが
    全て尽きてしまった。そもそも元からあまり無かった。

    仕入れの時間は知らないが、仕入れる前にこんな状況になったのだろう。
    俺はIS学園を出ることを決意する。

    銃とナイフ、非常用のハンマーとバーベル、20mほどの縄を持ち出発する。

    とりあえずこの人工島から出なければ。アドレナリンが分泌され、
    俺は自分でもよく分からない興奮を覚えていた。

    新しい刺激に餓えていたように・・・。
    14 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:11:56.48 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-142)
    しかし、外に出れば外敵がいるかもしれない。

    常に周りへの警戒を怠らず、少しずつモノレールの駅へ向かう。

    モノレールの発着場所に着く。一応ハンドガンを構えてはいたが、取り越し苦労だった。

    本当に何も無い。この島には住居が無い為、食い物も少ない。

    やはりモノレール以外に脱出方法は無いが・・・。
    当たり前だがモノレールは止まっている。

    今日はこの駅にある救護室で寝ることにする。

    ドアを厳重に戸締りして・・・・。
    15 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:12:32.54 ID:LGknnFUd0 (+12,+17,+0)
    注意とかすると気持ち悪い
    16 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:12:40.92 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-175)
    16日目

    空腹で目を覚ます。駅の売店を見つける。

    昨日は暗くて見つけられなかったのだろうか。食い物をあさる。

    カロリーメイトがダンボールに半分程と少量の菓子類。飲み物もかなりの数がまだ残っている。
    これで一週間は過ごせそうだ、俺はとても喜んだ!


    そしてすぐ泣きたくなるような衝動に駆られる。俺は何の為に生きているんだ?
    食い物を見つけて大喜びして・・・・。

    哲学者にでもなるつもりは早々無いが、そんなことが頭をよぎる。

    考えちゃだめだ。今はまだ目的が果たせていないじゃないか。
    判断力を取り戻せ。この状態を作り出した原因を探すんだ。
    17 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:14:33.73 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-144)
    18日目

    ある程度、売店の食べ物を食べて持ち歩ける程度の量まで減らした。

    ここからが問題だ。

    モノレールのレールの上を歩かなければならない。

    時刻は明朝。空が若干青みがかってきた頃に出発する。
    暗くなってしまっては、足元が見えず落ちる危険性があるからだ。

    強い風が吹く。バーベルとハンマーで少しずつ這って進む。
    風が止めば少し腰を浮かせて慎重に走る・・・・・。

    夕方頃にはなんとか陸地に着いた。見慣れた風景。

    ショッピングに来るたびに通った道、橋、公園・・・・誰も居ない。
    18 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:16:01.29 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-242)
    俺は思い切り叫ぶ。そうしないと気が狂う。
    夕日に照らされながら、ストレスを全て涙と嗚咽に変えて俺は叫び続けた。

    気がつくと夜になっていた。
    月明かりが優しく照らしてくれていたため、それを頼りに寝床を探す。

    民家のドア。施錠されている。バーベルでドアノブを叩き壊し、中に入る。
    他人の家のなんとも言えない匂いが立ち込める。友人の家に入った瞬間の感覚だ。
    正直不快だが、数分もすればすぐに慣れる。

    現状の確認をする。建物は洋室タイプ。ベッドが3つあった、3人家族。
    恐らく若い夫婦と小さな女の子の家だったらしき『モノ』有効に活用させてもらう。

    もう、俺の中には罪悪感というものはなくなっていた。
    この状態の俺に倫理を説く人間がいるなら同じ目に遭わせてやりたい。
    とりあえず父親の部屋らしきところで就寝した。相変わらず厳重にドアの戸締りをする。もう習慣だ。
    19 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:16:31.40 ID:qY3AWzNh0 (+16,+26,+0)
    なんかシリアス
    20 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:17:42.37 ID:ycgI1YVmO (+19,+29,-11)
    サバイバルか
    21 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:18:04.64 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-301)
    20日目

    昨日から探していたものがようやく見つかる。ショッピングモールの食料保存庫に大量の食料。
    生ものはほとんど腐っているが、缶詰や乾パン、またしてもカロリーメイト、菓子類が残っていた。

    食糧問題は一気に解決した。
    俺は食料をカートに乗せ、モール中央に集め始める。数ヶ月は暮らせるだろう。
    賞味期限の順番に食べ物・飲み物を並べていく。

    安堵感からか、買い物気分でウィンドウショッピングをしてみる・・・・。
    こんなことになる前に入った店を見ては昔のことに思いを馳せる・・・。


    まだ1ヶ月も経っていないというのに・・・・・。時計を見てみる。

    なんだまだあったのかこの時計。箒が俺にプレゼントしてもらった時計だ。
    限定版で側面にシリアル番号が入っている。

    手に取り、何のけなしに見てみる・・・・・・俺はあることに気付き、自分の時計と比べる。
    俺はすぐにこの時計の在庫を確認しに店舗の倉庫やカウンター下の中を探す。

    この世界の矛盾点を1つ見つける。
    23 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:19:27.85 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-201)
    俺が持っているこの時計とまったく同じシリアル番号の時計がここにはあった。

    在庫分もすべて見たが、番号は全て違った。
    同じ番号の時計が存在するはずが無い。なのにココにはそれが存在する。なぜだ?


    正常な判断ができないのは重々承知の上だが、思考をめぐらせることを止められない。

    この世界はなんだ?時空でも歪んでいるのか、そのせいで人がいない?
    それとも人為的に作られたものなのか?いや、そもそも時間が違う?
    俺の持っているものがここにはあった。時間にズレが生じているのか?

    そこで思考はとまる。俺は非現実なことばかり考えていることに気付いた。

    理性的になって自分の精神状態をを見つめなおすと、ありえないことばかり考えていた。
    もう手を付けられないレベルだ。さっさと寝よう。

    家具屋に行ってキングサイズのベッドを探し、100%羽毛布団で寝てやった。
    今日も何も無く一日が終わった・・・・。
    24 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:20:57.65 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-187)
    28日目

    ショッピングモールの周辺を全て当たり、食料と手がかりを探す。
    オフィスビルや民家、コンビニエンスストア、居酒屋・・・。

    コンビニで食料の補充を行う。飲み物類はほとんどOKだ、それもかなりの量。

    また、乾燥麺の類も結構あり、お湯さえ沸かせれば結構な食料にはなってくれる。


    なんとなく髭剃りも取っておいた。

    公園の湖で体を洗うときに、かなり伸びてきたひげもそっておきたかった。

    自分の顎を擦りながら、あれからどれだけ日時が経ったのかと考えながら・・・・。
    25 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:21:30.98 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-98)

    オフィスビル内のPCはもちろん全てアウトだ。
    電力がカットされているのだから、分かりきってはいたが・・・。

    書類の関係の日付は、こんな状態になる前の前日。

    さすがに日付が変わるまで仕事はしていないのだろう。

    おかしなところは無い。

    オフィスという環境に慣れていないせいか、他に比べ更に無機質な雰囲気が漂うように感じた。

    俺はモールへ戻り、ベッドで眠った。

    今日も何事もなく、一日が過ぎていった・・・・。
    26 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:21:44.56 ID:2xx+mgDt0 (+18,+28,-2)
    先がよめん
    wktk
    27 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:22:11.67 ID:2RhrVOmG0 (-2,+12,+0)
    ほう
    28 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:22:32.33 ID:U/HMcQQo0 (+93,+30,-187)
    30日目

    いつものように目を覚まし、ベッドから立ち上がる。今日もいい天気だ。
    学校が始まる前に一夏と朝稽古をしなければならない・・・・・。

    なんだこの木の棒は、何かのおまじないか?放り投げて床に捨てる。
    同室の者がつけたのだろうか。先に起きてどこかへ行ってしまったみたいだ。薄気味悪いことをする。


    朝早いこともあってか静かな寮内。一夏の部屋の前で異常に気付く・・・・・匂いだ。

    部屋に入ると、昨日とは一転し、部屋の様相は様変わりしていた。

    ビニール袋や腐ったパン、トイレには流されていない糞尿。
    嗚咽を抑えつつ、しかめた顔で中に入ると、壁に正の文字がいくつか並んでいる・・・・・・・。

    何の数だ?なぜこんな生活を強いられていた?そもそも一夏がここにいたのかさえ疑わしい・・・・。
    とりあえず一夏を探してみよう・・・・。
    29 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:23:27.96 ID:ItM6SoLV0 (+19,+29,+0)
    これは展開が気になるな
    30 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:24:02.88 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-188)
    36日目

    このショッピングモールでの生活もかなり慣れてきた。

    だが、食料がいつまでも保つわけが無い。

    俺はコンビニで拾った詳細地図と大きい地図を床に広げ、
    まるで冒険にでかける主人公になった気分で少し興奮気味に目を見開いて自分の現在地を確認する。

    まず、大きな地図で確認し、詳細な地図を広げ周りの細かな状況を把握する。
    既に食料を調達し終えたコンビニや建物には×印を付けていく。

    そして次の目的地、ここから北北東に60km程の地点にここと同規模のショッピングモールがある。

    途中にコンビニが多いルートを優先した結果、直線距離に比べ倍ほどの距離になってしまったが、
    時間はたっぷりある。
    31 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:24:45.08 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-111)
    それにこのショッピングモールからは他のデパートなどへも近い。

    自転車屋から拝借した最上級のマウンテンバイクに荷物を載せれば楽につけるはずだ。

    やることも無いので、今日は本屋でなんのけなしに手に取った小説を読む。

    恋愛小説だった。

    あまり好きではないが、読まなければいけない。


    自分の統率力がなくなって暴走してしまう。

    理性の育成も大事だからだ。
    32 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:25:38.68 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-167)
    37日目

    ここには人がいない。この学園にいた『奴』を除いて・・・。

    『奴』は既に学園外へ出て行ったようだ。

    それもかなり周到に準備をして・・・・。食料はほとんどなくなっていた。

    池の畔には炊事セット、火をおこした形跡もある。サバイバルな生活を行っていたようだ。

    とりあえず追いかけてみよう。食料は、食堂のものは全て食べつくされていた。『奴』の仕業だ。

    仕方なく、寮の中に女子が何か隠していそうな場所をくまなく探す。

    ほとんどが菓子の類だが、保存期間と栄養摂取には問題ないと判断し、食していた。
    33 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:25:56.55 ID:ycgI1YVmO (+32,+27,-2)
    書き溜めしてる?
    34 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:26:32.80 ID:qY3AWzNh0 (+24,+29,-4)
    このはやさならしてるだろ
    35 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:26:47.58 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-72)
    早速脱出準備に入る。職員室に武器庫があるらしいが施錠は外され、中は空になっていた。

    『奴』が持っていってしまったのだろう。

    木刀一本か、今の私にはなんともか弱いものだ。

    もし『奴』が脱出するなら船かモノレールしかない。

    船着場は遠い、まずはモノレールの発着場から行こう。

    明日、ココを発つことにする。
    36 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:27:35.26 ID:9Vl5BG8H0 (+14,+29,+0)
    いいねいいね
    37 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:27:38.66 ID:LGknnFUd0 (+18,+28,-2)
    ほぉ…
    38 : >> - 2012/01/03(火) 20:27:59.91 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-140)
    38日目

    どうやら『奴』はこのモノレールを伝って本島へ渡ったようだ。
    無茶をする・・・・。

    売店があったが、どうせ既に荒されているのは明白。

    だが一応覗いてみる。

    案の定タバコと雑誌以外のものはほとんどなくなっていた。
    気休め程度にカロリーメイトが数本と水数本が手に入った。

    カロリーメイトを1本食べて救護室で寝ることにする・・・・。

    『奴』はここも使ったようだった。罠をはり、守りを固めてある。
    私はとりあえず寝ることにした。木刀を抱えながら・・・。
    39 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:29:22.54 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-175)
    40日目 朝
    モノレールを伝って本島へ向かう。風はあまり強くない。

    木刀を構造物の隙間に差し込みながら、突然の突風に身構えつつ進む。

    太陽が真上に来る。夜までに向こうへいけるか少し不安になる。

    太陽が夕日になり、完全に沈んでしまった。

    しかし、月の淡い光が私を救ってくれた。間接照明程度であるが、とてもありがたい。

    なんとかモノレールの駅へ着くことができた。

    私は残りのカロリーメイトを全て口に放り込み、水を飲み干した。

    かなり消耗したせいだろう。腹が減って仕方なかった。

    今日も、救護室を使うことにした。ここに『奴』の居た形跡はなかった。
    私は倒れるように眠りについた。
    40 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:30:04.48 ID:0v4Heqh50 (+11,+26,+0)
    素晴らしい
    41 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:30:05.63 ID:ycgI1YVmO (+18,+28,-1)
    ばいさる防止
    42 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:30:36.39 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-180)
    41日目
    私はモノレールの駅の売店を見てみる。まったく手付かずだった。
    『奴』はこちらの駅について、嬉しさのあまりどこかへ行ってしまったのだろう。
    救護室を使っていないところから見ても、駅での滞在時間は少ない。
    売店で食料と水の補給を済ませる。

    そして、いつもおなじみのショッピングモールに向かった。
    途中、コンビニが何件かあったが、中は全て荒らされていた。
    『奴』のせいだろう。

    ショッピングモールはいつもの風体を保っていたが、異物感を感じる。モール中央に綺麗に整頓された飲食物が広

    がっていたからだ。それを1つ手に取る。保管に向いた缶詰や乾パンだ、やはり『奴』が・・・・そう思った瞬間だっ

    た。
    44 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:31:35.29 ID:qY3AWzNh0 (-28,-18,-2)
    お!
    45 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:31:46.39 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-274)
    「動くな」非常に衰弱した声と野太い重厚な音・・・銃を突きつけられている。
    とりあえず確認したいことが山ほどある。こいつは恐らく私が追っている『奴』だ。

    私は思い切って「そっちを向いていいか?」と質問する。
    すると『奴』は、「手を頭の後ろで組み、ゆっくりこっらを向け。」と言った。とても堅実な性格だ。

    ゆっくりと後ろを向く。『奴』と目が合うと私は数秒固まってしまった。

    「・・・・・一夏、なのか?」私は自分の目を疑った、
    一夏がなぜここにいるのか、なぜ私に銃を向けているのか・・・・。

    そして一夏は私に答えるように言った「そうだ」と。

    そして間髪入れずに質問を投げかけてくる一夏。「お前は俺の知っている箒か?」。

    ・・・・何を言っている?当たり前だ。
    私は取り乱しそうになりながらも、「そうだ。いつも剣道場で朝練をして、昔からの幼馴染のその箒だっ!」
    そう答えると一夏は銃を下ろしてくれた。

    害は無いという判断だろう。

    しかし、一夏は突然、私の身辺チェックを申し出る。
    47 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:33:04.00 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-219)
    断る理由も無い。

    それに私よりも明らかに衰弱しきっている一夏には、正常な判断ができなくなっているのは明白、

    とても怯えきっている。あまり刺激するのはよくない。

    一夏の指示に従う。

    ある程度の身辺チェックを済ませて、満足した一夏は
    「疑ってすまなかったな、箒」と衰弱しきった顔で笑う。

    その表情はとても痛々しかった・・・・。

    とりあえずこれまでのいきさつを説明し合い、情報の共有化を図る。
    一夏は、私よりも1ヶ月も前にココに来ていたようだ。

    夜になり疲れてしまったのか、一夏が突然「今日はもう寝よう」と提案してきた。
    私も疲れていたので同意した。

    同じベッドで寝た。久しぶりに人と寝る。
    それに一夏と一緒というのが、さらに私の安心感を大きくしてくれた。
    48 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:34:37.18 ID:U/HMcQQo0 (+93,+30,-212)
    41日目
    今日は自転車屋でマウンテンバイクの消耗品の交換方法と修理方法。
    必要工具の扱い方を勉強していた。

    恋愛小説を読んでも今更活用できる知識は無い。
    今は生きる為の知識を得なければ成らない。
    なぜあんな馬鹿げたことをしていたのかと自分に問い詰めながら・・・・。

    そんなとき、小さな物音がモールの外から迫ってくる・・・・。
    俺がいる2階からは見晴らしが良いためすぐにわかった。


    箒だっ!

    本能が『早く行け!1ヵ月半ぶりの人間だぞ!それも知り合いだ!』と興奮気味に告げる。

    理性が『まて、罠の可能性がある。様子を見て情報を聞き出すんだ。』と冷静に告げる。

    俺は後者を選択した。

    ハンドガンを構え、安全装置を解除する・・・。
    49 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:35:52.03 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-210)
    気付かれないよう気配を消し、音を立てないように『箒』の後ろに歩み寄る・・・・。

    残り5m地点。

    銃を向け、「動くな」と命令口調で言う。しかし声が震えていた。

    『箒』は、俺の方を向いてもいいか、と問いかけてくる。

    「手を頭の後ろで組み、ゆっくりこっらを向け。」映画のセリフのようにスラスラと言ったつもりだが、若干震えている。

    そしてゆっくりと頭の後ろで手を組む『箒』。俺は銃を向け続ける。
    『箒』は指示されたようにゆっくりこちらを向いた。

    そして数秒の時間を置いて「・・・・・一夏、なのか?」と俺に確認するように質問を投げかけてくる。

    俺はその質問に銃を突きつけたまま「そうだ」と答えた。
    それ以上話かけるのは今はまだ良くない。

    俺が感傷的になる可能性がある。

    色々と聞きたいことがあったがまず正体を確かめたい。

    「お前は俺の知っている箒か?」俺がそう言うと、箒は俺に向かって少し取り乱しながら答える。
    50 : 以下、名無しにか - 2012/01/03(火) 20:36:29.05 ID:U/HMcQQo0 (+95,+30,-250)
    「そうだ。いつも剣道場で朝練をして、昔からの幼馴染のその箒だっ!」そう答えた。

    俺の期待した答えを返してくれた、それだけで満足してしまう。緊張感が途切れてしまう。

    もう信用してやろう・・・俺もこんな真似をするのは疲れた・・・・・・。俺は銃を下ろした。

    一応身辺チェックをする。武器を隠し持っている可能性もある・・・・・木刀と少しの食料以外は何ももっては居ないようだ。

    俺は安堵の顔を浮かべ、「疑ってすまなかった、箒」と笑顔で謝罪をした。

    まずは、これまでのいきさつを説明し合い、情報を共有する・・・何も得られるものが無い。

    俺より1ヶ月前にこの世界に来たという情報だけだ・・・・しかし、時間に対する疑念が浮かび始める。

    俺はこの一件でとても消耗していた。「今日はもう寝よう」特に脈拍も無く俺は箒に提案した。

    箒はすんなり受け入れてくれた。俺達は同じベッドで寝た。
    他人と寝るというのがこんなにも心休まることなのだと思い知った日だった。
    1 2 3 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - インフィニット・ストラトス + - サバイハワル + - シリアス + - ソックス + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について