のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,563,412人
911,673,072頁
昨日:4,685人
5,362頁
今日:2,868人
3,264頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ士郎「セイバー戦争……?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - fate + - セイバー + - セイバーかわいい + - 白セイバー + - 衛宮士郎 + - 赤セイバー + - 遠坂凛 + - 青セイバー + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 09:43:45.20 ID:dW4SnTRD0 (+125,+30,-44)
    衛宮邸

    士郎「……」

    セイバー「……」

    士郎「よっと」

    セイバー「おやすみなさい」

    士郎「ああ、おやすみ」

    セイバー「……」

    セイバー「うっ……!!」

    セイバー「……ふぅ」

    セイバー(最近、胸に痛みが……)

    セイバー(何でしょうか……?)
    2 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 09:45:43.83 ID:Br9h30tb0 (-21,-11,-1)
    期待
    3 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 09:46:11.60 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,-112)
    セイバー「……」

    セイバー「ぐっ……!!」

    セイバー「な……!?」

    セイバー「がっ……!!!ぎぃ……!!」

    セイバー「あがぁ……!!」

    セイバー(息が……!!)

    セイバー「ぁ……はぁ……!!」

    「士郎ー、いるー?」

    セイバー「あ……!?」

    「セイバー!?どうしたの!?」

    セイバー「リン……はな……れ……!!」

    「え?セイバー?ちょっと!!どうしたの!?」

    セイバー「うぁ!!!」

    「セイバーの体が光って―――」
    4 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 09:48:52.27 ID:dW4SnTRD0 (+93,+30,-110)
    「収まった……?」

    セイバー「はぁ……はぁ……」

    「セイバー?!」

    セイバー「はぁ……はぁ……リン……」

    「どうしたの?大丈夫?」

    セイバー「わかりません……最近、体の不調はあったのですが」

    「どうしてすぐに言わないの?」

    セイバー「無視できる程度でしたので」

    「馬鹿。とにかく部屋にきて。診察しましょう」

    セイバー「お手数をおかけします」

    「いいから」

    セイバー「……」

    セイバー(おかしい……)

    セイバー(私の中から何かが抜け出たような感覚だったが……)
    5 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 09:52:06.93 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,-150)
    凛の自室

    「……若干の魔力低下はみられるけど、他の異常はないわね」

    セイバー「そうですか」

    「なにか違和感は?」

    セイバー「いえ」

    「ならいいけど」

    セイバー「今日は休みます」

    「それがいいわ」

    セイバー「では」

    「お大事にね」

    セイバー「はい」

    (サーヴァントが呪詛の要因以外で不調を訴えることはほとんどないはず……)

    トントン

    「はぁーい?」

    セイバー「―――リン、シロウはどこだ?」
    6 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 09:54:12.37 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,-96)
    「へ?」

    セイバー「シロウはどこかと訊いた」

    「へ、部屋にいるんじゃない?」

    セイバー「そうか」

    「あの……」

    セイバー「案内しろ」

    「いや……知ってるでしょ?」

    セイバー「記憶が混乱している」

    「はぁ?」

    セイバー「案内しろ」

    「どうしたの?」

    セイバー「いいから」

    「わ、わかったわ……」

    セイバー「……」

    (なんか変ね……)
    7 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 09:56:37.71 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,-108)
    士郎の自室

    トントン

    士郎「はい?」

    セイバー「ここにいたか」

    士郎「セイバー?」

    「……」

    セイバー「腹が減った。何か作れ」

    士郎「え?もう夕飯は終わっただろ?」

    セイバー「何をいう。私が空腹を訴えているのに無碍にするか?」

    士郎「いや」

    セイバー「なんでもいい。早くしろ」

    士郎「え……と……?」

    「私を見ないでくれる?」

    セイバー「シロウ」

    士郎「だ、だめだ。明日まで我慢しろ」
    8 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 09:57:13.42 ID:Ck4q+B0H0 (-23,-11,-1)
    期待
    9 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 09:59:10.39 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,-112)
    セイバー「……リン」

    「は、はい?」

    セイバー「作れ」

    「いや……士郎が駄目っていってるし……」

    セイバー「ならば冷蔵庫を荒らす」

    士郎「セイバー!!」

    セイバー「……」ギロリ

    士郎「うっ……」

    「変よ、セイバー?」

    セイバー「どこがだ?」

    士郎「なんか……雰囲気が……」

    「全然違う……」

    セイバー「とりあえず食事を用意しろ。話はそれからだ」

    士郎「……」

    「……」
    10 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:01:29.95 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,-83)
    居間

    セイバー「……」

    士郎「お茶漬けでいいか?」

    セイバー「うむ」

    士郎「じゃ、どう―――」

    セイバー「……」サラサラサラ

    士郎「……」

    セイバー「おかわりだ」

    士郎「あのさ……」

    セイバー「おかわりだ」

    士郎「どうぞ……」

    セイバー「うむ」

    「セイバー、ちょっと……」

    士郎「やっぱりなんか変だぞ?」

    セイバー「どこがだ。私はいつもの私だが」
    11 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:02:43.98 ID:JrI5n0za0 (-28,-16,-2)
    赤まだー?
    12 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:05:09.78 ID:dW4SnTRD0 (+93,+30,-157)
    「……?」

    セイバー「だが、違和感があるのも当然かもしれないな」

    士郎「え?」

    セイバー「現世には既にセイバーがいるのだろう?」

    士郎「え?あ、うん。目の前に……」

    セイバー「違う。この家にいるだろう。セイバーが」

    「だから目の前に……」

    セイバー「馬鹿か?」

    士郎「!?」

    セイバー「まあよい。そのうち分かる」

    「何がいいたいの?」

    セイバー「聖杯を中途半端に残したりするからこういうことになる」

    士郎「聖杯……?」

    セイバー「これは殺し合いの続きだ」

    「え……?」
    13 : 忍法帖【Lv= - 2011/12/26(月) 10:06:25.94 ID:QWkd8pRb0 (+0,+15,+0)
    きたい
    14 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:08:08.20 ID:1uBzCDkB0 (-8,-1,-2)
    ライオンはまだか?
    15 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:09:27.21 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,-160)
    士郎「お前……セイバーじゃないのか?」

    セイバー「セイバーだ。だが、恐らくシロウが知っているセイバーではない」

    「別のセイバー?」

    セイバー「そう。真名は変わらないが」

    士郎「どうして聖杯が……?」

    セイバー「最後の悪あがき……塵芥の願望がもう一度、戦いを呼び起こしただけの話」

    士郎「そんな……」

    セイバー「とはいえ、私は聖杯に興味などない」

    士郎「なに?」

    「じゃあ、どうして現れたわけ?」

    セイバー「聖杯なんていらないが、シロウは欲しいからな」

    「な!?」

    士郎「え……」

    セイバー「そのためには他のセイバーが邪魔だ」

    「他って……」
    16 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:10:04.69 ID:XoH5m7Mz0 (+24,+29,-1)
    プリズマイリヤ思い出した
    17 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:10:40.71 ID:WJqy3lZIO (+2,+14,-5)
    赤いの期待
    18 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:12:45.96 ID:M2qKdugV0 (+36,+29,-3)




    獅子

    あと何がいたっけ
    19 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:14:08.08 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,-235)
    セイバー「他のセイバーを排除すれば結果的にシロウが手に入る。ま、それだけだ。私が馳せ参じたのは」

    「ちょっと……わけがわからないけど……」

    セイバー「リンも意外に愚鈍だな」

    「なによ……状況の整理は必要でしょ?」

    士郎「じゃあ、今この家にはセイバーが二人いるのか?」

    「そういうことになるかも」

    セイバー「サーヴァントの気配は多数あるな」

    士郎「え?」

    「ライダーは桜の家だけど……」

    セイバー「ふん。姿も見せられないほど狭小なセイバーになど遅れはとらないが」

    士郎「……戦うのか?」

    セイバー「無論だ」

    士郎「そんな……セイバー同士が戦うなんて……」

    「そうよ!この街が吹き飛んじゃうじゃない!!」

    セイバー「私の知ったことではない。―――では、シロウ?この場で私のモノになれ。そうすれば片が付く」
    20 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:14:38.33 ID:W08d5mhk0 (+58,+8,+1)
    >>18
    こいつ
    21 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:14:43.83 ID:XoH5m7Mz0 (+24,+29,-3)
    白はリリィなのかガウェインなのか
    22 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:16:50.52 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,-162)
    士郎「な!?」

    「だめよ!!」

    セイバー「ふふ……」

    セイバー「―――まちなさい!!」

    士郎「!?」

    「え?」

    オルタ「……」

    リリィ「……」

    士郎「セイバー……か?」

    リリィ「はい、そうです」

    オルタ「何用だ?」

    リリィ「私のシロウから離れてください」

    士郎「……」

    「私の……?」

    リリィ「あ、いえ……訂正します。私のマスターから離れなさい」
    23 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:16:54.11 ID:Z2m5BK4s0 (+22,+29,-3)
    ガウェインは誰に従えばいいんだ
    24 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:19:31.43 ID:SQ1X45DCO (+19,+29,-2)
    令呪を持って命じる爆発しろ士郎
    25 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:19:51.69 ID:XoH5m7Mz0 (+17,+27,+0)
    なんでさ
    26 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:23:50.00 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,-278)
    オルタ「大きく出たな、セイバー?」

    リリィ「何を……」

    オルタ「我がマスターを鳶のように掠め取ろうとは、いい度胸だ、セイバー」

    リリィ「何をいいますか。劣情で剣を振るおうとする貴女よりもマシです」

    オルタ「ぬかせ」

    リリィ「聖杯もシロウも……渡しません」

    士郎「……遠坂?」

    「どうすんの?」

    士郎「俺に言われても……」

    ドタドタドタ……!!

    ネロ「―――ここにおったか、奏者よ」

    士郎「うわぁ!!」

    「だれ?!」

    ネロ「誰だと?―――いいだろう。教えてやろう。余は鮮麗たる美の顕現にして、オリンピアを彩った至高の者だ」

    「だ、だれ……?」
    27 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:24:16.50 ID:QBehJYfP0 (+3,+15,+0)
    赤ktkr
    28 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:24:41.78 ID:W08d5mhk0 (+24,+24,-2)
    赤セイバーちゃんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
    29 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:27:32.38 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,-260)
    リリィ「離れよ」

    ネロ「む……誰だ?」

    リリィ「こちらの台詞だ」

    ネロ「ふむ……どうでもよい」

    リリィ「な!?」

    ネロ「さ、奏者。褥でゆっくりと今後の人生という名の華やかな演劇に励もうではないか」

    士郎「え?え?」

    「待ちなさい」

    ネロ「なんだ、そやつは?」

    士郎「えっと……」

    「一先ず座りましょう」

    ネロ「どうする?」

    士郎「それがいい」

    ネロ「うむ」

    オルタ「マスターから離れろ、下郎め」
    30 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:28:36.70 ID:XoH5m7Mz0 (+24,+29,-2)
    となるとガウェインはホモか
    31 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:28:46.20 ID:WJqy3lZIO (+22,+29,-2)
    地味セイバーは?
    32 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:29:30.58 ID:W08d5mhk0 (+29,+29,-3)
    つかライダー現界してるってことはHFの後?
    33 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:30:12.97 ID:8OmGo5o90 (+22,+29,+0)
    ガウェインこそ至高
    34 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:30:56.21 ID:gIysGYF60 (+24,+29,-16)
    リリィってなんか見た目以外に設定違ったりするのか?
    35 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:32:21.22 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,+0)
    ネロ「はっ!下民は親指を舐っていればよかろう?」

    オルタ「貴様……!!」

    「ストップ!!いい加減にして!!家を全壊にする気?!」

    リリィ「シロウ、座布団の用意をしました」

    士郎「ありがとう」

    ネロ「貴様!!抜け駆けか!!」

    オルタ「表に出ろ」

    リリィ「貴女方には淑女としての慎みがありません」

    ネロ「あはは。淑女とな?皇帝にそのような要素など邪魔なだけであろう」

    オルタ「私は王。施しを受けこそしても、気安く与えることなどしない」

    リリィ「そういう考え方は現代では通用しません」

    ネロ「ほぅ?」

    オルタ「では、騎士らしく剣で語ろうか?」

    リリィ「む……」

    士郎「やめてくれ!!!話が進まない!!」
    36 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:34:30.72 ID:W08d5mhk0 (+24,+29,-2)
    さっきからオリジナルが息してない
    37 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:35:19.28 ID:HDA18HRs0 (+24,+29,-3)
    *オリジナルはお茶漬けを奪ってかっ喰らってます
    38 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:36:06.09 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,-229)
    ネロ「な、怒ったか?」

    オルタ「……」

    リリィ「すいません……」

    士郎「全く……」

    「さて……もう一人のセイバーを呼んできますか」

    士郎「悪いな」

    「ううん」

    (セイバーの体調不良はこれが原因だったわけね……)

    士郎「……」

    ネロ「奏者よ、気を悪くさせたのなら謝ろう。さ、願い事をいえ。私の美貌で叶うことならばなんでもいいぞ。むしろ、それがいい」

    リリィ「破廉恥です」

    オルタ「シロウ、飯だ。飯を作れ」

    士郎「……なんだこれ」

    「―――つれてきたわよ」

    セイバー「シロウ、一体なんのさわ―――!?」
    39 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:38:53.43 ID:+BX9XnZn0 (-27,-15,+0)
    40 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:39:51.17 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,-216)
    リリィ「貴女は……!?」

    オルタ「来たか……」

    ネロ「誰だ?」

    セイバー「同じ顔……!?」

    士郎「セイバー、あのさ」

    リリィ「はい」
    オルタ「なんだ?」
    ネロ「どうした?」
    セイバー「シロウ、これは一体!?」

    士郎「……」

    「なんか面白いわね」

    士郎「面白がるなよ」

    「とりあえず管理者としては捨て置けない状況だし、教会のほうにも報告しておくわ」

    士郎「あ、ああ」

    「さて……あとは士郎に任せますか」

    士郎「なんでさ!?」

    「仕方ないでしょ!!こっちだって混乱してるんだから!!」
    41 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:40:33.46 ID:U/qoMJ1R0 (+0,+0,+0)
                      ______  }\
                         ..‐ミメ、 :.:.:.:∨ .:. \ ,/
                  _彡':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨{_
                  _ア.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,
                 `7 :.:.:.:.:.:i{ | :. | :. ト、:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                      厶イ:ハ:.:.八{\{\{__\八:.:}:.:.:.:.:.:.ヽ
                     }八{-V‐    ´     V :.:.:.:.: ト、}
                    \{ ____      x===ミ }/.:.:.:.:.;  もう、いいかげんにシロウ
                        /}" ̄`}          }/⌒V
                    ヽ.   ′        ノ 丿
                        、  ー─一    __/
                       \          /Ⅳ
                       \    .    |
                        |`¨¨´      |
                        |     /     、__
                      _ . -‐ ' }  /       /ニニ==ー
                     -=ニ/               /ニニニニニニニニニニニ`ヽ
            /ニニニニニニニヽ        -=ニニニニニニニニニニニニニニニニi
              /ニニニニニニ/\ \   <ニ>'゙⌒\=ニニニニニニニニニニニニ|
    .         /ニニニニニ/   .\ `´ニ> ´       \ニニニニニニニニ二二|
            /=ニニ二/        `ー             \ニニニニニニニニ二|
    .       {ニ二二/                       ∨=ニニニニニニニ|
    42 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:42:59.40 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,-184)
    士郎「遠坂……」

    「ちょっと冷静になる時間が必要なの」

    士郎「それは……わからなくもない」

    「とりあえず自室に篭るから。なにかあったら言ってね」

    士郎「わかった」

    セイバー「で、貴女たちは?」

    リリィ「セイバーです」

    オルタ「右に同じく」

    ネロ「余は少し違うが、まあセイバーであることに間違いはない」

    セイバー「……」

    士郎「セ……って、セイバーって呼ぶとみんなが振り向くんだよな」

    セイバー「シロウ……なんですか、これは?」

    士郎「それが……」

    オルタ「薄々気がついているはずだ、騎士王」

    セイバー「……」
    43 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:44:07.87 ID:/usismrK0 (+45,+28,-4)
    とりあえず全員の参考画像がほしい
    44 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:45:35.69 ID:Z2m5BK4s0 (+27,+29,-5)
    士郎がセイヴァーになればいいんじゃないかな
    45 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:46:30.56 ID:L7Jgj/bI0 (+60,+22,+0)
    白はこれ
    46 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:46:52.47 ID:AYvfzD1l0 (+68,+30,+0)
    47 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:47:58.58 ID:dW4SnTRD0 (+95,+30,-299)
    士郎「そうなのか?」

    セイバー「聖杯戦争ですね……」

    リリィ「はい」

    ネロ「ふむ。だが、奇怪だな。こうして同じ顔が揃うとは」

    オルタ「これはセイバーの座をかけた戦争でもある」

    セイバー「なんですって?」

    オルタ「サーヴァントとしての『セイバー』、そしてシロウの傍に存在としての『セイバー』。聖杯なんて二の次だ」

    リリィ「そもそも聖杯は既に半壊。我々がこうして顕現していられるのも時間の問題でしょう」

    ネロ「なるほど。では、早速セイバーの座をかけた戦争の幕をあげるとしよう」

    セイバー「くっ……!!」

    オルタ「シロウは……渡さない」

    リリィ「させません」

    ネロ「奏者は余のモノだ」

    セイバー「やるしか……ないのですか……?!」

    士郎「―――やめてくれ!!!」
    48 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:50:39.48 ID:L7Jgj/bI0 (+27,+29,-3)
    セイバーって何ですってなんか言ったっけ
    49 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:50:44.29 ID:1uBzCDkB0 (+27,+29,-4)
    ジル「おお、聖処女がこんなにたくさん!!」
    50 : 以下、名無しにか - 2011/12/26(月) 10:50:54.56 ID:XoH5m7Mz0 (+24,+29,-16)
    ネロに勝ち目あるん?
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - fate + - セイバー + - セイバーかわいい + - 白セイバー + - 衛宮士郎 + - 赤セイバー + - 遠坂凛 + - 青セイバー + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について