のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,528,569人
911,633,578頁
昨日:2,628人
3,167頁
今日:1,796人
2,034頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ花村「なぁ…里中」里中「…あによ?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ペルソナ4 + - リトルバスターズ + - 上条 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:33:32.24 ID:EKwdZUZjO (+110,+22,+0)
    落ちたね
    2 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:34:40.13 ID:cXOIHsjVP (+25,+30,-35)
    いわき「なぁ…里中」里中「…あによ?」
    3 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:35:45.56 ID:Jlz8nIfH0 (+22,+29,+0)
    この時間舐めてたわ
    4 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:35:53.63 ID:drudOZD90 (+12,+27,-1)
    落ちたんか…
    5 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:36:24.22 ID:EKwdZUZjO (+95,+30,-135)
    一応最初から貼っていくは

    ―ジュネス八十稲羽店―
    フードコート。

    難航した連続殺人事件も、勇気ある少年達の活躍により、ついにその幕を閉じた、12月某日。

    小さな町に、祝福の雪が降り積もる中、彼らはいつもの“特別捜査本部”に集合していた。

    ――――――


    花村「…しっかしさ。事件が終わって、まだこんなトコに集まってくるのも、なんか、不思議な感じっつーか」

    天城「そうだね。でも、やっぱり変に落ち着くよね、此処」
    6 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:37:14.60 ID:EKwdZUZjO (+95,+30,-102)
    直斗「推理を重ね合わせた場所……周りの方にはどうか解りませんが、僕らには間違いなく…」

    完二「…ああ、“特別な場所”だぜ」


    言葉少なに、椅子にもたれたままで、少年達は空を仰いだ。

    事件解決の安心感と、使命を果たした達成感が齎した平和に包まれていても、何か、ポッカリと開いた心の隙間。

    何処かに何かを置き忘れた様な、そんな、感覚。
    7 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:37:38.62 ID:+spwHOTs0 (+19,+29,-1)
    いわき「やぁーまだ!」
    8 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:37:40.30 ID:EKwdZUZjO (+95,+30,-120)
    久慈川「…すごい不謹慎だけど、さ。…あの事件があって、みんなに出会えた。それはやっぱ、嬉しいなって思うの」

    鳴上「……」

    花村「まぁな。数奇な…っつーか、奇妙な巡り合わせだよな」

    里中「よく考えたら、あたしら学年もクラスもバラバラだから、あの事件が無かったら知り合いにもならなかったかも!」

    直斗「僕が警察から派遣されてくる事も、無かったでしょうね」
    9 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:38:33.78 ID:MMOxaQaf0 (+19,+29,+0)
    落ちたものは諦めろよ
    10 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:38:55.94 ID:Jlz8nIfH0 (+20,+27,-3)
    そんなに速くて大丈夫か?(猿が)
    11 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:39:19.99 ID:EKwdZUZjO (+95,+30,-119)
    クマ「カンジの“アブない男色説”も無かったクマ~」

    完二「!?おまっ!ちげぇっつってんだろボケ!!このクマ公が!」

    クマ「クマッ!?カンジの顔が赤いクマ!?」

    完二「てててててテメー!!へっ、変な事言い出すんじゃねぇー!!!」


    何処かしんみりとした空気を、クマの一言があっさり破壊すると、続いて始まった完二とクマのやりとりが、仲間達に笑いを生んだ。

    12 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:39:43.65 ID:EKwdZUZjO (+95,+30,-94)
    鳴上「(…皆が素顔で、笑顔で、)」


    天城「…いいね、楽しいね、鳴上君」
    ニコッ

    鳴上「ああ…そうだな」
    ニッコリ



    花村「(…………)」


    花村「…よっしゃぁ!」
    ガタッ

    里中「わっ…!ちょっと花村!急に何よ!?」
    13 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:40:32.48 ID:EKwdZUZjO (+95,+30,-162)
    花村「なぁ、クリスマスイブって皆何してんだ?どっか行っとかね?思い出作ろうぜ!ね、ね?」


    こんな素晴らしい仲間達と、冬を過ごせたらどんだけ楽しーんだろう。

    単純に、花村陽介はそんな思いから一同に提案した。
    その裏に暗いムードを完全に断ち切ろうとする意図を含ませて。

    もちろん皆も、花村の意図する辺りは理解していたのだが…
    14 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:41:29.50 ID:EKwdZUZjO (+90,+30,-102)
    鳴上「……」

    天城「う…」

    完二「あー…」

    久慈川「うーん…」

    直斗「……」

    直斗「……」

    里中「…」

    クマ「クマー…」


    花村「…あ…アレ?」


    その提案に賛同の声は上がらなかった。
    15 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:42:23.87 ID:EKwdZUZjO (+95,+30,-157)
    花村「…もしかしてお前ら、予定あんの…?」


    何かを考え込む様に、皆は視線を下に向け始めた。


    花村「な、鳴上は!?」

    鳴上「実は、長瀬と一条に呼ばれて」


    花村「そっ…そっか。なら仕方ねぇな…ははっ。か、完二は!?」

    完二「すんません。俺ぁ先に尚紀に先約があっちまって」
    16 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:43:18.14 ID:EKwdZUZjO (+95,+30,-169)
    花村「天城は!?」


    天城「あー…行きたいのは山々なんだけど…クリスマスに旅館に来る家族連れのお客さんって結構多くて…」

    花村「ああ…り、りせは?」


    久慈川「あたしとクマは、直斗くんの実家に行くの」

    直斗「すいません、花村先輩。毎年クリスマスはおじいちゃんと過ごす事になっていて、それをお二人に話したら…どうしてもと煩いので…」

    クマ「楽しみクマー」


    花村「そ…そっかー…」」
    17 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:44:37.45 ID:EKwdZUZjO (+95,+30,-129)
    直斗「……あ、良かったら先輩も」

    花村「あー…いや、俺も遊ぶとしても、直斗の実家って超遠いらしいじゃん?バイトもあるし、俺もそこまで遠くへは行けねぇんだよな…ワリぃ」

    直斗「そうですか、残念ですね…」


    花村にとって、それはまさかの展開だった。

    何だかんだで、集まる時はパッと集まっていた面子に、まさかこんな事態が起こるとは…
    19 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:48:33.60 ID:hNWGAjil0 (-15,-3,+0)
    しえ
    20 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:48:34.62 ID:EKwdZUZjO (+95,+30,-88)
    だがしかし、例の、忌ま忌ましい事件は、もう終わったのだ。

    今までに比べ、個々のプライベートも、多少は集まりに影響してくる事を、そろそろ理解しなくてはならない。

    少し寂しい気がすんなぁ。

    たった一日一緒に過ごせなくなる事で、そんな風に考えてしまう程、花村にとって、いや、ここで俯く全員にとって、目の前の仲間達は大切で…大事な存在であった。
    21 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:49:02.77 ID:EKwdZUZjO (+95,+30,-118)
    花村「ハァ…まさかの全員予定アリかよ…ま、いっか。んじゃ遊べる時は遊ぶぞ。絶対だかんな」

    鳴上「ああ、もちろんだ」


    皆が一様に頷いた、その時だった。

    ♪~♪~


    天城「あ…ごめん、メール」


    天城雪子の携帯に一通のメールが届いた。

    旅館の従業員からの様だ。


    天城「ごめん…旅館、大変みたいで…私、帰らないと…」
    22 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:49:45.87 ID:EKwdZUZjO (+95,+30,-125)
    花村「相変わらず、大変だなぁ天城…気ぃつけてな」

    完二「あー…俺もそろそろ帰らねぇとお袋が煩いんで…」

    鳴上「俺もそろそろ家庭教師の時間だな…」

    クマ「クマ眠い…」

    久慈川「あっ!私もおばあちゃんに頼まれてたものあったんだ!」

    直斗「僕もそろそろ…」

    23 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:50:17.95 ID:EKwdZUZjO (+95,+30,-146)
    花村「なんだなんだ、みんな帰宅かよ…気ぃつけて帰ろよー」


    鳴上「ああ、花村、また明日な」
    天城「それじゃあ、ね」

    久慈川「バイバイ先輩!またあそぼっ」

    完二「ウィース」

    クマ「ヨースケ!先にひとっ風呂浴びて待ってるクマー!」

    花村「おう。じゃあなお前ら!にしても…ったくあのクマ遠慮がねぇな…マジで」
    25 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:51:24.11 ID:EKwdZUZjO (+95,+30,-141)
    少し名残惜しげな顔で、陽介は帰宅する面々に別れを告げた。

    皆も同じ気持ちなのだろう。離れても、見える限りは度々振り向いて手を振ってくれる。

    その背を見送りながら、陽介が孤独感を感じだした頃。


    「ちょっと、花村」


    花村「うわ!里中!…お前まだ居たのかよ!?」

    背後から声が掛かる。
    里中だった。
    26 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:52:14.07 ID:EKwdZUZjO (+95,+30,-189)
    里中「アンタが途中からあたしをスルーし続けてたんだろーが!な ん で あたしにはクリスマスの予定聴かないのよ!」


    花村「あ、あっははは。忘れてた、スマンwwww…!?えぶふぅッ」

    里中の繰り出した急所蹴りは、見事にクリティカルをたたき出した。

    花村「さ…流石は足技オンリーでシャドウを撃退せしめるだけの…女じゃぁ…ぐふぅ…」
    27 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:53:02.38 ID:TqlDxSTh0 (+9,+24,-1)
    落ちちまったな
    28 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:53:18.12 ID:EKwdZUZjO (+93,+30,-214)
    里中「本当、花村はバカなんだから!」


    プンプンと頬を膨らませて怒る里中を前に、花村はダンゴ虫の様に丸まってうずくまった。

    花村がしばらく、そのまま苦悶に堪え続けていると、里中は吃り調子で口を開いた。

    里中「……わよ…」

    花村「…は?」

    里中「だから!私は……その」

    花村「その?」
    30 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:57:43.29 ID:Jlz8nIfH0 (-15,-3,+0)
    しえ
    31 : 以下、名無しにか - 2011/12/24(土) 23:59:34.13 ID:Y128lf0B0 (+18,+28,+0)
    今度は落とさないら
    32 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:01:55.35 ID:8wIX0iBUO (+55,+30,-100)
    里中「…//」

    花村「お前、顔赤いぞ…なんか、悪ィもん食ったか??」

    里中「」

    ズドンッ!

    花村「はおッ!?」


    再びその急所に鋭い蹴りが命中する。まさに1more…


    33 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:02:19.90 ID:8wIX0iBUO (+60,+30,-175)
    花村「お、おおお、おお、お…」

    里中「私…あ、空いてるからッ!」

    花村「へ」

    里中「く、クリスマス!!空いてるからね、私!暇なら…なんかおごってくれても…その…//」

    花村「え、里中…そそ、それって…デー」

    里中「!//」

    ドスンッ

    花村「嫌あああああッッ」
    34 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:04:01.82 ID:8wIX0iBUO (+60,+30,-128)
    三度、クリティカルが発生した。
    むろん、急所である。


    里中「いいい、良いから!暇なら、ちゃんと誘ってよね!ばいばい!!」

    ダッ…


    とうとう口から泡を吹き出した花村を置き去り、里中千枝はその場を走り去ってしまった。


    花村「ぐぐ……さ、さと…なか…サン…?」
    35 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:05:46.59 ID:8wIX0iBUO (+60,+30,-178)
    そして日は過ぎ…

    ークリスマスイブ 前日ー


    花村は自室で、携帯を握りしめたまま、部屋の中をぐるぐると周り続けていた。


    花村「やべぇよ……おいおい、マジやべぇよ…!」

    花村「まだ心臓バックバクだよ!なんだよ里中!なんなんだよ、里中サン!」


    花村は先日の里中の台詞を回想し続けては、高鳴る胸の鼓動を必死に抑えつけていた。
    36 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:06:23.80 ID:8wIX0iBUO (+60,+30,-86)
    花村「クリスマスイブよ!?しかもなんたってその……二人っきりってやつだし…!え!?なにそれ?」


    花村は思わず、駆け出したくなる様な衝動に駆られるも抑え、変わりに窓を開け放った。

    大きく息を吸い込むと、叫ぶ。



    「それってデートじゃないっすかあああああああああああああああああああああ」
    37 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:07:05.50 ID:8wIX0iBUO (+60,+30,-105)
    一方その頃…

    ー里中千枝の自室ー


    里中「うわ…うわ……うーわああああああああああああ」


    こちらも叫んでいた。


    里中「ぁあああ、あたし、なに誘ってんだろ!?いや、誘ってきたのはアイツ…アイツよね!?あたしじゃないよね!?」


    錯乱に似た現実逃避行の真っ最中であった。
    38 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:08:11.21 ID:8wIX0iBUO (+60,+30,-138)
    里中「お、落ち着かなきゃ、その…は、花村だし!いつも遊んでるし!たまに二人っきりで帰るし!」


    里中「そうそう、二人っきり、で……」


    里中「………」


    里中「わああああああああん」

    里中「無理だよぉぉ!!雪子ヘーーールプ!!!!」
    39 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:11:21.75 ID:8wIX0iBUO (+60,+30,-134)
    里中「ど、どうしよう……花村、嫌がらないかな…」

    里中「で、電話してみよう!」

    千枝が携帯に手を伸ばしたその時、ふと考えが頭を過ぎる。

    里中「でもでも、このタイミングで電話って……確実に明日の話になるよね?あたし、ちゃんと話す自信とかないんですけど…」


    里中「はぁ…どうしよう」




    里中「何、着て行こう…」
    40 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:11:39.49 ID:Om1a4s8X0 (-23,-18,+2)
    カッ \マーラ!/
    41 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:12:20.60 ID:8wIX0iBUO (+60,+30,-155)
    ………………………
    …………………
    ……………

    ー再び、花村陽介の自室ー


    花村は一人座禅を組み、テーブルに置いた携帯電話を見つめていた。

    花村「……やっぱ、まだわかんねぇよな…だって、里中だもん」

    花村「アイツの事だから、忘れちゃったー、とか言いだし兼ねないし…」

    花村「………」
    42 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:12:57.22 ID:8wIX0iBUO (+55,+30,-91)
    花村「…おっし…電話しよう!まずは、確認しなきゃな」


    指先の震える手で、すっと手を伸ばして携帯電話を掴む。


    花村「……そういえば」


    アドレス帳を開いた時、ふと花村の脳内に、懐かしい記憶が蘇った。
    43 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:13:43.29 ID:8wIX0iBUO (+60,+30,-187)
    ……………………………
    ……………………
    ……………

    それは、鳴上が転校してくる、その半年前。
    一足先に、花村が都会から転校してきた、その日の事である。


    花村(なんもねー…町)

    華やかな大都会から引っ越してきた花村にとって、それは余りにも窮屈な、八十稲羽の町であった。

    引っ越してすぐの翌日には、すぐに八十神高校に入学。

    途端に忙しくなるというのに、花村のやる気や期待は、此処へ至るまでの道のりに置き忘れてきたらしい。
    44 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:14:25.14 ID:8wIX0iBUO (+60,+30,-109)
    とにかく、彼にとって退屈の絶望感の方が大きかったのだ。


    その日、担任教師の紹介の中で、教室に向けて語った花村の自己紹介は、その面を隠すような明るさを全面に押し出しての挨拶になった。


    「ってなワケで!青春しようぜ!みたいな!なんつって!」


    なんとか悪い印象を与える事だけは避けられたらしい。
    クラスの人間はみな笑顔で出迎えてくれた。

    なんだ。ちょろいな。
    45 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:15:12.59 ID:8wIX0iBUO (+60,+30,-96)
    作り笑顔で、与えられた席に腰かける。
    その後はボヤけた眼でダラダラと授業を受けて、あっという間に放課後を迎えた。


    花村「(…つまんねぇ)」


    校門を出るまで作り笑顔を保ち、トボトボと歩きだす。

    花村「(こんなのが、あと二年か…俺、生きていけんのか…)」
    47 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:15:27.28 ID:WFWN+VLm0 (+29,+29,-3)
    そういや小説あったよな小西先輩の話の
    48 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:16:09.39 ID:8wIX0iBUO (+60,+30,-69)
    ある意味期待通りの退屈さを全身に感じながら、帰路をただ歩き続けていると、不意に背後から肩を叩かれた。


    花村「!?」

    振り返ると、そこにはセーラー服の代わりに緑のジャージを着込んだ、単発の少女が立っていた。

    里中であった。
    49 : 以下、名無しにか - 2011/12/25(日) 00:18:10.38 ID:8wIX0iBUO (+60,+30,-111)
    花村「あー、えっと…里…中さんだっけ?」

    里中「おっ?すっげー。もう覚えてくれてたんだ?」

    花村「あぁ…だってホラ、目立つじゃん?そのジャージ」

    里中「かっこ良いだろう!!」

    花村「いや褒めてねー」
    1 2 3 4 5 6 7 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ペルソナ4 + - リトルバスターズ + - 上条 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について