のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,558,878人
911,667,796頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:2,951人
3,351頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレほむら「お茶会をしましょう」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×5
    タグ : - QB + - まど神 + - 佐倉杏子 + - 巴マミ + - 暁美ほむら + - 美樹さやか + - 魔法少女まどか☆マギカ + - 鹿目まどか + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 12:32:19.25 ID:1/vSkhrn0 (+25,+30,-67)
    ほむら「まどか……」

    杏子「ん、誰だ? まどかって」

    さやか「転校生の知り合いの名前? どっかで聞いたような……」

    ほむら「……」

    マミ「暁美さん、よかったら聞かせてもらえないかしら?」

    ほむら「……聞いても、信じてもらえないわ」

    マミ「話してみないとわからないでしょ?」

    ほむら「……」
    2 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 12:33:15.75 ID:qErCP7TM0 (+24,+29,+0)
    ほむほむのタイツになりたい
    3 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 12:35:18.86 ID:1/vSkhrn0 (+99,+30,-67)
    マミ「……そう。そんな子がいたのね」

    さやか「あたしたちも会ったことがあるって言われてもなあ、知らないけど」

    杏子「会いに行ったりはできねーのかよ?」

    ほむら「無理よ……すごく、すごく遠いところにいるもの」

    杏子「あー……そっか」

    マミ「……」


    マミ「それじゃあ、お茶会に呼んでみましょうか」

    ほむら「え?」
    4 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 12:38:07.98 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-81)
    マミ「その鹿目さんっていう子は、いつも私たちを見守ってくれてるんでしょう?」

    マミ「だったらきっと、鹿目さんの席を用意すれば一緒に参加してくれると思うの」

    杏子「はあ……マミらしいけどな」

    さやか「いいんじゃない? 転校生も気分転換になるでしょ」

    ほむら「……」

    マミ「じゃあ今日は鹿目さんの好きなメニューを用意しましょう。教えてくれる?」

    ほむら「……ええ」
    5 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 12:41:11.96 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-69)
    ――マミホーム


    マミ「イチゴショートね?」

    ほむら「ええ、それが一番好きだったと思うわ」

    マミ「ちょうどイチゴは買ってあるし……さっそく準備しましょうか」

    杏子「なんであたしらまで作るんだ?」

    さやか「まあまあ、そう言わないの。どうせ暇でしょ?」

    杏子「……まあ、食えるんならいいけどさ」
    6 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 12:44:04.71 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-132)
    マミ「まず無塩バターを溶かしておくわ。レンジを使ってもいいけど、沸騰させたりしないように注意してね」

    杏子「へいへい、ちゃんと見てますよー」ブーン


    マミ「薄力粉はふるいにかける。この工程をちゃんとやらないとダマができたり、仕上がりがふんわりしなくなるわよ」

    さやか「責任重大ってことですね? そんな部分をさやかちゃんに任せるなんて……んー、マミさんわかってるなあ!」

    ほむら「言ってなさい」

    マミ「はいはい、暁美さんはこっちね」グイ
    8 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 12:47:08.74 ID:lhYFefCOO (+19,+29,+1)
    お料理話になってた
    9 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 12:47:22.09 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-209)
    マミ「ボウルで湯煎しながら卵を泡立てるわよ。混ぜ具合に応じてグラニュー糖を何回かに加えていくの」

    ほむら「……」カシャカシャカシャ

    マミ「はい、一回目」サラサラサラ

    ほむら「……」カシャカシャカシャカシャ

    マミ「はい、二回目」サラサラサラ

    ほむら「……」カシャカシャカシャカシャカシャ

    ほむら「……っ」カシャカシャカシャカシャカシャ…!

    杏子「バター用意できたぞ……って、あれ? マミ、あれ使わねーの? ギュイーンてやつ」

    ほむら「ぎゅいーんって、何……?」ゼイゼイ

    マミ「これのことかしら?」カチッ ギュイーン

    ほむら「自動泡立て器があるなら最初から出しなさい……!」プルプル

    マミ「ハンドミキサーっていうのよ?」

    ほむら「どっちでもいいわ……!」
    10 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 12:51:15.84 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-99)
    ほむら「……」ギュイーン

    マミ「機嫌直してちょうだい、暁美さーん」

    ほむら「……」プイ

    杏子「はは、ほむらも案外ガキっぽいな」

    ほむら「誰が……!」ブブブブブ

    マミ「はいはい、ハンドミキサー使ってる時はよそ見しない! あんまり浅い所で回してると飛び散るわよ!」ギュ

    ほむら「あ……」

    ほむら(いつぶりかしら……こんなふうに、巴さんに教わるのって)


    さやか「粉ふるい終わったよー……って、何この雰囲気」
    11 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 12:54:31.92 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-90)
    マミ「そろそろいいかしら」

    さやか「わー……卵と砂糖だけでもこんなに膨らむんですね」

    マミ「ええ、このふわふわがスポンジケーキを膨らませるのよ」

    マミ「こんなふうに爪楊枝を刺しても倒れないくらいの泡立ちなら合格ね」プス

    さやか「おおー」

    マミ「さ、ここからはコツがいるわよ」
    12 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 12:57:58.74 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-101)
    マミ「薄力粉を少しずつ加えながら、ヘラで生地を底から持ち上げて被せるように混ぜるわ」

    さやか「ほい」サラサラ

    杏子「よしきた」グリン

    マミ「ボウルは回しながら、満遍なくね。偏りがあると粉っぽいうえに上手く膨らまないわよ?」

    杏子「わかってるって。ほむら、ちゃんと回せよ」

    ほむら「これ、三人がかりでやるものなのかしら……」クルクル
    13 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 12:58:10.75 ID:RU4rGj6mO (+12,+17,+0)
    マミサンケーキタベタイ支援
    14 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:00:14.75 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-105)
    マミ「それじゃあ仕上げは私ね」

    マミ「粉が全部混ざったら泡を潰さないようにゆっくりと混ぜる」スッ スッ

    マミ「それから溶かしバターを加えて、切るようにサックリと!」サッ サッ

    マミ「これで生地の完成よ!」


    杏子「それでバターを塗った型に入れて焼く、と」

    さやか「さっきから思ってたけど、なんか杏子詳しいよね」

    杏子「まあその……昔ちょっとな」
    15 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:03:55.45 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-126)
    QB「やあマミ、いい匂いがするね」ヒョコッ

    ほむら「出たわね害獣」ゲシッ

    QB「きゅっぷい!?」ムギュ

    マミ「暁美さん!? キュゥべえ、大丈夫!?」

    さやか「ちょっとちょっと、いきなり踏んづけることないんじゃない?」

    杏子「まあ、ほむらのキュゥべえ嫌いは今に始まったことじゃないけどな」

    ほむら「こいつのせいで、こいつのせいでまどかは」ブツブツ グリグリ

    QB「痛い痛い! まどかって誰だい!? 身に覚えがない、わけがわからないよ!」ジタバタ
    16 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:04:39.85 ID:Hb0OUyIR0 (+24,+29,-11)
    家庭的なあんこちゃんあんあん!
    17 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:06:07.23 ID:k014ZpYi0 (+34,+29,+1)
    キュゥべえになりたい
    18 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:07:16.44 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-181)
    マミ「気を取り直して……今のうちにラム酒のシロップを作るわよ」

    マミ「水、グラニュー糖、レモン汁少々をひと煮立ち」クツクツ

    マミ「一度火を止めてラム酒を適量、もう一度煮立たせてアルコールを飛ばす」サッ クツクツ


    QB「マミー、ブラシを貸してくれないか! 僕の尻尾に足跡がくっきり……」

    杏子「こら、毛が入るからお前は大人しくしてろ!」

    ほむら「そうよ。ブラッシングなら責任を持ってやってあげるわ」ユラリ

    QB「ま……マミ! 助けてくれマミー!!」
    19 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:09:36.77 ID:k014ZpYi0 (+34,+29,-21)
    きゅっぷいきゅっぷい
    20 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:10:52.38 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-134)
    マミ「そろそろ焼き上がったかしら。取り出して、と」

    さやか「おおっ! 焼きたてもいいもんですね……いい香り!」

    マミ「このまま荒熱を取って、冷ましたらスライスして断面にシロップを塗るのよ」

    さやか「……」ジュルリ


    QB「痛い痛い! 地肌に当たってるよ! もっと優しく!」

    ほむら「うるさいわね……こう? こうがいいの?」ガシガシ

    QB「ひいいっ! 削れる! 削れちゃうよ!」

    杏子「お前らって案外仲いいよなー」

    QB「杏子、見てないでほむらを止め……ちょ、痛いってば! 毛が絡まってるのに力任せにとかないで!」バタバタ
    21 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:12:12.72 ID:qErCP7TM0 (+17,+27,-3)
    QBが羨ましい
    22 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:14:22.99 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,+0)
    マミ「さあ、いよいよデコレーションね。生クリームを泡立てるわよ」

    さやか「待ってました!」

    マミ「生クリームは湯煎の逆……ボウルを冷やしながら泡立てていくわ」

    マミ「角が立つ……泡だて器で立たせた部分が戻らなくなる一歩手前くらいの固さで止める」

    マミ「ハンドミキサーを使うなら固くなりすぎに注意よ。こまめに状態を見ながらにすること!」

    ほむら「意外と気を使うのね……」

    マミ「そういうものよ。イチゴのスライスとクリームを挟んで、その上からクリームでコーディング。あとは好みの飾りつけね」

    さやか「ふふーん、さやかちゃんのセンスの見せ所だね!」

    ほむら「引っ込んでなさい、美樹さやか。これは私がまどかに贈るケーキなのよ……」

    さやか「転校生こそ不器用そうだし、失敗するよりあたしに任せた方がいいんじゃないのー?」

    ほむら「……」イラッ


    マミ「二人とも、 仲 良 く ね ?」ジャコッ

    さやほむ「「はいっ!」」ビシッ

    マミ「よろしい……あら? そういえば佐倉さんとキュゥべえは……?」
    23 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:16:51.06 ID:kEseNdQQ0 (+38,+29,+0)
    >>3
    マミさんいい人だ
    24 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:18:04.35 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-202)
    杏子「へへ……これこれ。スポンジケーキのこんがり焼けたとこの切り落とし!」

    杏子「マミの奴、クリーム塗る前にこの辺りは切り取っちまうからな……相変わらずだぜ」

    杏子「言うなればカステラの黒いとこ! これがまた美味いんだよなあ……」

    杏子「……!? 誰だ!?」

    QB「杏子……それは僕のものさ、誰にも渡せない」

    杏子「ほお、あたしに食い意地で張り合おうってか? 面白い」

    QB「僕が何年マミのお菓子作りに付き合ってきたと思ってるんだい? ほんの短い間の居候でしかなかった君に負けるわけにはいかないね」

    杏子「おーし、いい度胸じゃねーか……どっちが食うにふさわしいか思い知らせて」


    マミ「……」ジャコッ

    杏子「よしキュゥべえ! 今日の所は休戦ってことで、半分こしようじゃねーか!」

    QB「奇遇だね杏子、僕もそう思っていたところさ!」

    マミ「まったく……最初からそうすればいいのよ」
    25 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:19:30.01 ID:6xdtNTSFO (+24,+29,-5)
    マミさんのこの無言の威圧…
    26 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:20:04.05 ID:k014ZpYi0 (-25,-25,+0)
    あんあん!
    27 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:22:32.62 ID:/0MUonkTO (+23,+28,-1)
    なんというプレッシャーだ
    28 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:22:43.18 ID:BlexLeP/0 (+24,+29,-18)
    デブさんのケーキは通常の倍くらいカロリー高そう
    29 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:22:51.84 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-172)
    マミ「さ、お茶が入ったわ。ケーキも切り分けたわよ」

    さやか「待ってました! んー、さすがマミさんの紅茶……いつ来てもいい香りですなー」

    QB「黄色いスポンジに白のクリーム、赤いイチゴ……まったく君たち人間の食文化というものは素晴らしいね。わけがわかるよ」ジュルリ

    ほむら「……どうしてこいつの席まで用意されてるのかしら」

    マミ「キュゥべえとはいつも一緒にお茶してるもの。仲間外れにはできないわ」

    QB「というわけさ、ほむら」

    ほむら「ぐぬぬ」

    杏子「いいからさ、早く食おーぜ? もう我慢できねーよ」

    マミ「はいはい……ここが鹿目さんの席ね」コトッ

    マミ「それじゃ、みんな席について」


    「「「「「いただきまーす!」」」」」
    30 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:23:54.57 ID:k014ZpYi0 (-25,-25,+0)
    あんあん!
    31 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:25:29.43 ID:RGYYFvXa0 (+24,+29,-4)
    「いただきまーす」
    32 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:26:56.96 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-222)
    さやか「お……おおお! 何これ、スポンジの弾力がすごい……!」

    ほむら「クリームの甘さは控えめなのね……生地に染み込ませたシロップの甘みがあるから丁度いいわ」

    マミ「ふふ、お気に召したかしら?」

    ほむら「……ええ。まどかもきっと絶賛したと思うわ」

    マミ「そう、よかった……作り方は覚えた?」

    ほむら「……え?」

    マミ「鹿目さんが一番好きだったケーキなんでしょう? コツを押さえれば簡単だから、暁美さんもすぐに作れるようになるわ」

    ほむら「……」

    マミ「よかったら、これからもお茶会しましょう? レシピを伝授してあげるわ」

    ほむら「……ええ、お願いするわ」

    さやか「マミさん! あたしもあたしも!」

    マミ「ふふっ……ええ、みんな一緒にね」


    杏子「へへっ、もーらい」ヒョイ パク

    QB「ああっ、僕の楽しみにしてたイチゴを! 君たち人間はこんなふうに無意味に意地悪をする……わけがわからないよ!」
    33 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:30:14.00 ID:XGG777tk0 (+8,+23,+0)
    和む
    34 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:30:33.03 ID:kEseNdQQ0 (+29,+29,-8)
    ケーキの説明聞いてるだけで唾が出てくるな…
    35 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:31:31.26 ID:1/vSkhrn0 (+93,+30,-75)
    ――数週間後


    杏子「ふう……強敵だったな。さやかのあれがなかったら危なかったぜ」

    ほむら「……」

    杏子「ん……さやかは? オイ、さやかはどうした?」

    ほむら「……」

    マミ「行ってしまったわ……円環の理に導かれて」

    杏子「……」

    杏子「あの馬鹿野郎……やっと友達になれたのに」
    36 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:32:01.06 ID:Hb0OUyIR0 (+23,+28,-11)
    すばらしい投下ペース
    37 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:34:16.28 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-87)
    ほむら「……?」


    ――絶対、無意味じゃなかったと思うの。 だから……


    ほむら「……まどか?」


    杏子「何だよオイ……こんな時に、また『まどか』かよ」

    マミ「佐倉さん」

    杏子「ほむら……あんたは一緒に戦ってきたさやかよりも、そのまどかってのの方が大事なのかよ!」

    杏子「行っちまったばっかだってのに、こんな時まで……!」

    マミ「佐倉さん……!」

    杏子「……っ」

    杏子「……悪い、取り乱しちまった」
    38 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:35:13.47 ID:k014ZpYi0 (+1,+1,+0)
    あんあん……
    39 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:37:09.90 ID:Hb0OUyIR0 (+29,+29,-3)
    このあんこはさやかとあんあんしたんだろうか
    40 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:37:27.07 ID:1/vSkhrn0 (+90,+30,-64)
    ほむら「……さやかは」

    ほむら「さやかは、一緒に行ったんだわ」

    ほむら「まどかが迎えに来て、連れて行ったのよ」

    杏子「……はあ?」

    マミ「……そう」

    マミ「じゃあ、またお茶会にお招きしましょうか」
    41 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:40:47.19 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-54)
    ――マミホーム


    杏子「……あたし、そんな気分じゃねーんだけど」

    マミ「そう言わずに。今日用意してたのは美樹さんのリクエストだったのよ」

    杏子「……」

    ほむら「用意はいいわ、進めていきましょう」

    マミ「ええ。佐倉さん、休んでても大丈夫よ?」

    杏子「……いいよ、あたしもやるよ」

    マミ「……よろしい」
    42 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:44:02.31 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-198)
    マミ「佐倉さんにはこっちでチョコレートを湯煎してもらうわ。よく溶かして混ざったら、今度は冷ましておくこと」

    杏子「チョコ使うのか? わ……溶かすとすげー匂いだなあ」

    マミ「カカオのいい匂いでしょう? 慣れないとむせるくらいかもしれないけど……頑張って」


    マミ「暁美さんには卵白を泡立ててメレンゲを作ってもらうわ」

    ほむら「ハンドミキサーの出番ね」ギュイーン

    マミ「ええ。グラニュー糖を少しずつ加えて、きめ細かいメレンゲにするわよ」

    マミ「卵黄もグラニュー糖を加えて白っぽくなるまで混ぜておくわ」カシャカシャカシャ
    43 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:47:04.95 ID:k014ZpYi0 (+22,+22,+1)
    ほむほむ
    44 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:47:45.68 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-81)
    杏子「マミー、このくらいでいいか?」

    マミ「どれどれ……よさそうね」ピト

    マミ「チョコレートが人肌くらいまで冷めたら、卵黄と合わせていくわ」

    マミ「円を描くようによく混ぜていく……お願いね」

    杏子「おう」カシャカシャ クルクル
    45 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:49:44.37 ID:qErCP7TM0 (+33,+30,-36)
    マミーって言うから一瞬母親のことかと思ったわ
    46 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:50:27.47 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-78)
    ほむら「ふう、メレンゲはこんなものかしら」

    マミ「そうね……じゃあこれを一すくいだけチョコと合わせて」ポチョン

    マミ「チョコレートはさらに薄力粉と合わせてよく混ぜていくわ」

    杏子「なんか忙しいケーキだな」

    マミ「その分手順も少なくてすむから、手軽なレシピだと思うわよ?」
    47 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:53:38.76 ID:1/vSkhrn0 (+95,+30,-120)
    マミ「さ、ここからはスピード勝負よ」

    マミ「泡立て直した残りのメレンゲをチョコレート生地に投入!」

    ほむら「はい」サッ サッ

    マミ「今度はゴムベラで、底からひっくり返すように手早く混ぜる! 混ぜすぎないこと!」

    杏子「よしきた」グルン

    マミ「生地が均一な茶色になったら型に流し込む! 表面を平らにしたらオーブンで焼いて出来上がりよ!」

    杏子「おお? もう終わっちまったのか?」

    マミ「ええ、簡単でしょう?」
    48 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:55:20.99 ID:k014ZpYi0 (+29,+29,+0)
    まみまみ
    49 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:56:57.11 ID:p00egWKr0 (+4,+19,+1)
    気持ち悪い
    50 : 以下、名無しにか - 2011/12/14(水) 13:57:05.48 ID:1/vSkhrn0 (+90,+30,-134)
    QB「香ばしくていい匂いがするね」フラフラ

    ほむら「出たわね淫獣」ゲシッ

    QB「きゅぷっ!? ほむら、意味もなく蹴るのはやめてくれって言ってるだろう!?」

    杏子「食い物の匂いで誘い出されやがって……本当に犬猫と変わんねーな、お前」

    QB「失礼な! 僕たちは君たち人間よりも遥かに高い次元にいるんだ、ただ君たちがそれを理解できるだけの文明を持ち合わせていないだけさ!」

    マミ「あら……じゃあ、私たちみたいな低次元の存在の食べ物はいらないかしら?」

    QB「犬でも猫でも好きな方にしてくれて構わないよ」キリッ

    杏子「おい」
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×5
    タグ : - QB + - まど神 + - 佐倉杏子 + - 巴マミ + - 暁美ほむら + - 美樹さやか + - 魔法少女まどか☆マギカ + - 鹿目まどか + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について