のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,530,822人
昨日:no data人
今日:
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレまどか「ほむらちゃんが一人でたき火してる……?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×5
    タグ : - ほのぼの + - サバイバル + - ダークソウル + - 佐倉杏子 + - 巴マミ + - 改変後の世界 + - 暁美ほむら + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:01:16.54 ID:d8bpQO9l0 (+110,+28,-1)
    最近寒すぎ
    2 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:02:09.05 ID:d8bpQO9l0 (+100,+30,-188)
    ピュゥ…

    ほむら「ささ………さぶっ!」ブルッ

    冷たく曇った空の下、ほむらが一人震えていた。

    ほむら「………ふぁ……あ………っくしゅ!」ズズッ

    ほむら「うう……。は、はやく暖まりたいわね……」ブルブル

    辺りは紅葉の盛りも過ぎた木に囲まれ、冷たい風が吹いている。
    コートの中にしみこんでくる寒さに、このまま棒立ちで耐えているのは難しそうだ。

    ほむら (……うん。はじめちゃいましょう)

    土と石がむき出しの地面にしゃがみ込む。

    ほむら「えっと……。最初は、細い枝で火を付けるのよね……」

    隣に山と積まれた、先ほど自分で拾ってきた枯れ枝を品定めする。

    ほむら (……この枝は良さそうね) ポキッ

    大振りな枝も、手で折っては細く分かれた小枝だけを集めていく。

    ほむら (あ、まず着火用の種を用意しないといけないのよね……)
    3 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:02:19.48 ID:YxAQyvu1O (+4,+19,+0)
    ほむたき火
    4 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:03:32.21 ID:oWzaSMWz0 (+12,+22,+0)
    ほむほむ
    5 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:04:17.39 ID:9w43hu2E0 (+5,+20,+0)
    かわいい
    6 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:06:20.83 ID:ee0BWIV9O (+12,+22,+0)
    ほむほむ
    7 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:08:46.03 ID:d8bpQO9l0 (+95,+30,-195)
    ほむら「えっと……。枯れ葉を真ん中に置いて……」

    タイヤ跡のような特徴的な形をした、スギの枯れ葉を重ねて置く。

    ほむら (こういうのが燃やしやすいって聞いて拾ったけれど……。本当かしら?)

    ほむら「あとは木を上にのせて……」イソイソ

    枯れ葉の上に、それを支えのようにして細枝を立てかける。

    ほむら (空気が入りやすいように、あんまりみっちり詰めない方がいいんだったわよね……?)

    ほむら (………)

    ほむら「……これでいいのかしら?」

    そうして、静かに焚き火の開始準備が完了する。
    小さく可愛らしい円錐は、適当に組んだ割にはなかなか様になっている。

    ほむら「そうだ、チャッカマン出さないと……」ザッ ザッ…

    立ち上がり、荷物に駆け寄って自分の鞄を漁る。
    時間がないわけでもないのに、寒さになぜか急かされているように感じる。

    ほむら「あれ?」

    ゴソゴソ…

    ほむら「あ、あったわ。忘れたかと思った……」
    8 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:09:21.40 ID:oWzaSMWz0 (+12,+22,+0)
    ほむほむ
    9 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:10:41.97 ID:6xNXPn+s0 (+24,+29,-8)
    焚き火なんかしなくても、俺が暖めてあげるよ^^
    10 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:14:40.13 ID:liNtmjI40 (+19,+29,-26)
    まどかにあれ言わせたいだけだろw
    11 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:14:58.08 ID:d8bpQO9l0 (+95,+30,-144)
    カチッ ボボッ…

    ほむら (どうかしら……)

    組んだ細枝の間から、ライターの先端を差し込んで枯れ葉に火をともす。

    ボワッ パチチッ…

    ほむら「あっ、ついた」

    炙られてすぐに燃え始める。

    ほむら (本当に燃えやすいのね……。先人の知恵って偉大)

    ほむら (待ってたら燃えてくれる……?)

    そのまま燃え広がる炎を、期待を込めて見つめてみたが…

    パチ… チチッ… シュン……

    ほむら「あ、あれっ? 消えちゃった……」

    枝に火をつけることなく、スギの葉は黒い燃えがらを残して沈黙した。

    ほむら (風があるからかしら……。風上に座り直して……) ノソノソ

    カチッ ボボッ…

    ほむら (今度こそ……!)
    12 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:15:54.41 ID:oWzaSMWz0 (+0,+10,+0)
    ほむっ
    13 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:17:18.40 ID:rOn260+U0 (+19,+29,-18)
    焚き火とな……ちょいと気になるスレ

    支援
    14 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:21:16.14 ID:TpoPDrJ30 (+22,+29,-4)
    俺の杏子ちゃんは出るの?
    15 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:21:35.08 ID:d8bpQO9l0 (+100,+30,-161)
    それから3度4度と繰り返し…

    ほむら「くっ……!」

    相変わらずうまく火を付けることが出来ない。

    大きさが悪いのかと、もうちょっと小枝を大きめに組んでみたり、
    火種が少ないのかと枯れ葉を増やしてみるものの、なぜだかすぐに消えてしまう。

    ほむら (繰り返す。私は何度でも繰り返す……。火が付くまで、決して諦めない) カチッ

    実際の心はそろそろ諦め気味になりつつも、もういちど直した組み木の中にライターを差し込むと…

    パチッ… ボワワワッ!

    ほむら「きゃあっ!?」ドテッ

    急に大きな炎があがり、驚いて尻餅をつく。

    ほむら「び、びっくりしたわ……」ドキドキ

    ほむら (拾ってきた枯れ葉に、何かヘンな物が混じってたのかしら……?)

    パチチッ パチッ…

    しかし怪我の功名と言うべきか、その大きな炎のおかげで火が安定してきたようだ。

    ほむら「これは……枝の方も燃え始めてる……? やったっ!」

    片手が、つい小さなガッツポーズをしてしまう。
    16 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:22:07.33 ID:ee0BWIV9O (+31,+29,-7)
    人間性を捧げれば焚き火なんて直ぐだよ
    17 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:22:13.49 ID:oWzaSMWz0 (-6,+3,-2)
    やったー!
    18 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:24:37.46 ID:4Y4859dW0 (+19,+29,-1)
    ほむ尻餅
    19 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:27:48.10 ID:d8bpQO9l0 (+95,+30,-188)
    ほむら「はぁ……。あったかい………」

    まだ小さくもゆらゆらと揺れる炎が、露出した顔や手を暖める。
    それが血流に乗って身体を巡り、じわじわと内側も暖めてくれる。

    ほむら「っと、あまりぼんやりしてたらまた消えちゃうわね……」

    火は最初のスタートを切ったばかりだ。
    放って置いたらすぐ消えてしまう。

    ほむら (まだ小さめの枝じゃないとダメよね……) ガサッ

    小振りな枝の残りを、 火の上にのせていく。と、

    ほむら「あつっ!」

    思った以上の熱さに手が引ける。

    ほむら「そろそろ軍手もはめないと駄目かしら……」ゴソゴソ

    上着のポケットから取り出して、少し乾燥しているが綺麗な白い指先を通す。
    化繊よりは、ちょっとだけ値の張る綿軍手。

    ほむら「これでよし。もうちょっと木を増やして……」ガササッ

    パチチッ… チッ…
    20 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:29:46.36 ID:oWzaSMWz0 (+12,+22,+0)
    ほむほむ
    22 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:32:30.82 ID:JZyt4OsS0 (+24,+29,-8)
    何処に向かってるのかわからないけど、何故か目が離せない不思議
    23 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:33:20.32 ID:5YlpsUBB0 (+29,+29,-9)
    まどか「燃えあがれー」を文字通りに受け取ったのか
    24 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:33:31.52 ID:JicbClGX0 (+12,+27,-1)
    屁が出ますか
    25 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:34:20.29 ID:d8bpQO9l0 (+95,+30,-197)
    しばらく火の相手を楽しんでいると、

    「あれ? もう燃やし始めてんのか」ザッ ザッ…

    枯れ葉を踏みならしながら、もう一人の少女が顔を出した。
    すらりと細い足を露出し、見ているこちらが寒くなりそうな恰好だ。

    ほむら「あら、杏子。お疲れ様」

    杏子「……よいしょっと」ドサッ

    ほむらの積んだ枯れ枝の隣に、二回りばかり大きな枯れ枝の束を置く。

    ほむら「ずいぶん沢山拾ってきたわね……」

    杏子「まーな。結構、燃やしてると足りなくなるもんだよ?」

    ほむら「そうなの……? まあ、多くて困る物ではないと思うけれど」

    杏子「そうそう。おー、あったけぇ……!」

    ほむらの隣にかがんで、無防備な笑顔で手を火に向ける。

    ほむら「……この寒さなのに、よくそんな格好で歩き回れたわね」

    杏子「あん? もう慣れてっからな。寒いっちゃ寒いけど」

    ほむら「ふふ、小学校でクラスに一人はいる男子みたい」

    杏子「ほっとけ!」
    26 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:34:54.43 ID:mafwxObU0 (+26,+29,-13)
    >>23
    焼身自殺するのか
    27 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:36:55.06 ID:ee0BWIV9O (+24,+29,+0)
    雰囲気がなんか可愛い
    29 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:38:17.08 ID:TpoPDrJ30 (+22,+29,-12)
    杏子ちゃんマジ聖女
    30 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:41:04.31 ID:d8bpQO9l0 (+95,+30,-217)
    パチッ…

    杏子「しかし、よく点火できたなー。結構難しいモンだと思うが」

    ほむら「ええ、苦労したわ。5回目ぐらいでようやく……。なかなか枝に燃え移ってくれなくて」

    杏子「あー、それ枝が湿ってたんじゃねーか……? 昨日、天気悪かったって話じゃ?」

    ほむら「そういうことなの……? まぁ、ちゃんと燃え始めたからいいのよ」

    杏子「そーだな。 新聞紙なんかも持ってきてたけど、要らなかったみたいだな」

    ほむら「……準備が良いのね」

    杏子「え、そりゃあ。やったことないって言われたら、あたしが頑張るしかないじゃんか。いろいろ持ってきたぞ」

    ほむら「なんだか『嫌々だけどやってやるよ!』って感じだったじゃない」

    杏子「いやまー最初は不安だったからな……。でも思い直すと、
       普段偉そうなあんたらの鼻をあかす機会としちゃー悪くないと思ってな。へへ」

    ほむら「……ふうん。それで……思いの外はしゃいでいた、と?」

    杏子「う、うるせーよ……。ほら火を見てろ火を!」

    ほむら「ふふふ」
    31 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:42:38.72 ID:oWzaSMWz0 (-23,-18,+0)
    ほむほむあんあん!
    32 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:43:51.45 ID:6KB6Pi/O0 (-10,+0,+0)
    ほむ火
    33 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:45:34.71 ID:ee0BWIV9O (+3,+13,-1)
    ほむあん!
    34 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:46:37.33 ID:LryCCczu0 (+15,+27,+0)
    よい雰囲気
    35 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:47:27.21 ID:d8bpQO9l0 (+95,+30,-202)
    杏子「そうそう、こんな懐かしいモンも拾ってきたぞ」ガサゴソ…

    杏子「ほら」ヒョイ

    枯れ枝の山を漁り、これまた特徴的な、ヘアピンのような形をした枯れ葉を突き出す。

    ほむら「……? 何それ?」

    杏子「え? マツの枯れ葉。これもよく燃えるんだけど……あら? 見たこと無い?」

    ほむら「ええ、記憶にないわ……」

    杏子「あれ、そうか……。これをこうしてだな……」

    二つの葉を互いに噛み合うよう、折れ目で引っかける。

    杏子「んで両方を引っ張って、先に切れたほうが負けーって遊び。知らねーか?」

    ほむら「全く」

    杏子「うーむ……。日本人なら誰でもやってると思ってた……」

    ほむら「どちらが切れるかなんて運次第じゃない。面白いの?」

    杏子「ばっか、どの葉っぱが強そうかとか、どうやって引っ張ると強いかとか考えるのがいいんだろ」

    ほむら「そういうものかしら……」
    36 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:48:42.51 ID:ZfvMy10o0 (+25,+29,-6)
    病院暮らし長かったもんな…
    37 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:49:05.07 ID:oWzaSMWz0 (+20,+25,+1)
    あんあんほむほむ
    38 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:50:58.20 ID:ee0BWIV9O (+33,+29,-3)
    >>36
    その後はずっと魔法少女 として時間を放浪してたしな
    39 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:54:12.21 ID:d8bpQO9l0 (+95,+30,-227)
    杏子「さて、あたしも手伝わなくっちゃな」ザッ

    立ち上がると、

    杏子「………このへんでいいか」ガサガサ…

    なにやら集めた枝を、火の周りを囲むように並べ始める。

    ほむら「……? 何をしているの?」

    杏子「干してんだよ。こうやって火の近くに置いとくと、湿った木も乾いて燃やしやすくなるからな」ガサガサ…

    ほむら「あ、ああ。なるほど……。散らかして遊んでいるのかと思ってビックリした」

    杏子「あたしに対するその酷い認識、なんとかなんねーのかな……」

    ほむら「今日の働き次第で変わるかも知れないわね」

    杏子「いい方向に変わることを祈っとくよ」

    ほむら「近くに並べればいいのよね? 私もやる」ザッ

    杏子「ああ、ほむらはじゃあ、一応買ってきた薪の束あるだろ。あれほどいて、細く割っといてくれよ」

    ほむら「え? 枝があるのに?」

    杏子「買ってきたのは濡れて無いだろ? 先に乾いてる方使うんだよ。
       そのほうが、煙が少なくていい火になるからさ」

    ほむら「へぇ、そうなの……。わかったわ」
    41 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:56:14.45 ID:ee0BWIV9O (+21,+26,-4)
    コーチ!杏子コーチ!
    42 : トリップ作成中 - 2011/12/03(土) 20:58:42.19 ID:1XTwSEsG0 (+17,+29,-2)
    学校を放火した馬鹿
    43 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 21:00:34.31 ID:o/yg0kaH0 (+19,+29,-13)
    着地点が分からないけど見てしまう
    44 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 21:01:06.23 ID:d8bpQO9l0 (+95,+30,-284)
    ほむら (よし……)

    束を留めるタガを外し、一本の太めの薪を地面に立てて対峙する。
    右手には、おろしたての丈夫なナタを強く握っている。

    『せっかくなら丈夫でデカいやつにしようぜ、魔獣狩りにも使えるぞ』

    『何そのスプラッタな魔法少女は……。遠慮しておくわ』

    『それを言うなら、剣だろうが矢だろうがスプラッタには違いないと思うけどなー』

    『世間的なイメージの問題よ……』

    そんな会話をしながら近所のホームセンターで仕入れた、なかなか上等な一品。
    それを両手で握り直し、大きく頭の上に振りかぶり、

    杏子「え?」

    ほむら (一気に殺る!)

    思いっきり振り下ろす。

    ほむら「てやっ!」ブンッ

    スカッ ドスッ!

    薪は微動だにすることなく、ナタは無残に地面へと突き刺さった。

    ほむら「………」
    45 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 21:02:39.57 ID:oWzaSMWz0 (+17,+27,-1)
    ほむぅ……
    46 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 21:05:22.85 ID:6KB6Pi/O0 (+23,+28,-1)
    マキ割りダイナミック
    47 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 21:05:53.71 ID:ld5HXCyt0 (+19,+29,-12)
    薪割りダイナマイトじゃなかったっけ
    48 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 21:06:25.29 ID:ee0BWIV9O (+15,+25,+0)
    可愛い
    49 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 21:07:07.41 ID:d8bpQO9l0 (+95,+30,-251)
    杏子「おい……。冗談だよな………?」

    ほむら「つ、次は外さないから……!」

    杏子「待て待て、そーじゃねーって、頼むから落ち着け!」ガシッ

    ほむらの両手を掴んで止める。

    ほむら「え?」

    杏子「それは斧じゃねーっての。見ちゃらんねー……。ほらちょっと貸してみな」

    ほむら「あ、うん……。はい」ヒョイ

    杏子「よし。まずはこーやって、刃を当てて……」トントン…

    片手で薪を持ち、端にナタの刃を当てて薪ごと持ち上げ、軽く叩く。
    すると、少しずつ刃が薪の中に食い込んでいった。

    杏子「こんなもんか。ここまでやったら、くっついた薪と一緒にナタを振り上げて……」ブンッ

    杏子「そらっ!」バキッ!

    強く振り下ろすと、ナタの重みで一気に薪は二つへと割れた。

    杏子「こうやるんだよ。分かったかい?」
    50 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 21:07:26.67 ID:6KB6Pi/O0 (+29,+29,-10)
    ダイナマイトは知らんな俺のはロマサガの話だよ
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×5
    タグ : - ほのぼの + - サバイバル + - ダークソウル + - 佐倉杏子 + - 巴マミ + - 改変後の世界 + - 暁美ほむら + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について