のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,539,540人
911,645,904頁
昨日:4,713人
5,410頁
今日:3,499人
3,842頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレキョン「さて、ゴミを捨てにいくか」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×5
    タグ : - キョン + - ハルヒ + - ホラー + - 不気味 + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 19:45:04.13 ID:wJx4T0Ct0 (+123,+30,-185)
    ~放課後 部室~


    ハルヒ「キョン、ちょっとゴミ捨ててきて」

    キョン「はぁ? ゴミ?」

    ハルヒ「うん。ドアの外の所に置いてあるから」

    キョン「何で俺が」

    ハルヒ「ざ・つ・よ・う・が・か・り」

    キョン「はぁ、分かったよ」ガチャ


    キョン「えーと、この半透明の袋のだな。うわ、いろいろゴミが詰まってるな」

    キョン「何でお菓子の箱や袋がこんなに大量にあるんだよ。勝手に飲み食いでもしてるのかアイツ」


    ボトッ・・・


    キョン「……ん? もう1つあるな。黒いゴミ袋? こっちは中身が見えないな」

    キョン「何か得体の知れないものでも入ってるんじゃないだろうな? ま、どうでもいい」

    キョン「さて、ゴミを捨てにいくか」
    3 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 19:48:03.55 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-99)
    ~焼却炉前~


    キョン「せーの、よっと」ポイッ


    ゴオオオオオオオオオ・・・


    キョン「おお、燃えてる燃えてる。もう1つの黒いゴミ袋も……」


    ドクン


    キョン「ん? 何だ……? 今、変な感じが……」

    キョン「……こいつか? この黒いゴミ袋を捨てようとしたら、何か嫌な予感が……」

    キョン「本当に何なんだこれ……? まさか中に本当に変なものが……」

    キョン「…………って、考えすぎか。とりゃ、投入!」ポイッ


    キョン「これでよし。部室に戻るか」
    4 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 19:49:14.23 ID:Nlj9gf+10 (+27,+29,-44)
    いやぁ久々の名作SSで楽しかったよ。これは微笑以来の名作だなw
    トピ主はラノベ作家と予想^^
    俺も書き手だけど参考になったよ。
    5 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 19:51:03.46 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-109)
    ~部室~


    キョン「ただいまー」ガチャ

    ハルヒ「お帰りー」

    長門「……」

    古泉「やあ、どうも」

    キョン「おう。2人とも来てたのか。あれ?」

    古泉「どうかしましたか?」

    キョン「朝比奈さんはまだ来てないのか。今日はずいぶんと遅いな」

    古泉「朝比奈さん、ですか?」

    ハルヒ「何言ってるのよキョン」





    ハルヒ「みくるちゃんならたった今、あんたが捨ててきたじゃない」
    6 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 19:51:45.31 ID:yPc1xHQD0 (+9,+24,+0)
    おわり
    7 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 19:52:45.65 ID:/Qjzussp0 (+19,+29,-16)
    右京「はいぃ?」
    8 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 19:54:03.60 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-114)
    キョン「はぁ? 何言ってるんだ」

    ハルヒ「……」

    キョン「冗談も大概にしろ、まったく」

    古泉「……」

    キョン「何黙ってるんだよ。ドッキリならもうちょっとうまく仕掛けろよな」

    長門「……」

    キョン「おい、もういいって。朝比奈さんはどこだ?」

    ハルヒ「……」

    キョン「お、おい……」


    キョン(な、何だよこの空気……まさか……いや、ないだろいくら何でも)

    キョン(しかし……相手は何でもありのハルヒだ……まさか……まさか本当に……)


    ハルヒ「……ひひひ」

    キョン「ひっ!」
    9 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 19:54:25.83 ID:EM+Vs6+F0 (+19,+29,-1)
    長門かと思ったゴミだし
    10 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 19:57:03.87 ID:wJx4T0Ct0 (+93,+30,-156)
    みくる「こんにちは~。遅れちゃってごめんなさい」ガチャ


    キョン「わあああ! お化けー!? って、あ、あれ?」

    みくる「どうかしたんですかキョンくん?」

    キョン「あ、朝比奈さん……?」

    ハルヒ「ぷっ、くくくく……あーっはっはっは! 引っかかった引っかかった!」

    キョン「ぐ……やっぱりドッキリだったか、ちくしょう。深読みしすぎた……」

    ハルヒ「『ひっ!』だって!? 情けない悲鳴上げちゃって! うっひゃっひゃ!」

    キョン「うるせえ! 笑いすぎだ!」

    ハルヒ「あんな単純なドッキリに引っかかるなんて、あんたも馬鹿ねぇ。あー面白かった」

    古泉「すみません。涼宮さんに言われて断れなかったのですよ」

    長門「……」

    キョン「お前らもグルだったのか。まったく……」

    みくる「えっと、何があったんでしょうか……?」
    11 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 19:58:49.39 ID:SZ8twShG0 (-23,-11,-2)
    期待
    12 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 19:59:09.20 ID:YRZn6IVJ0 (+19,+29,-10)
    みくるデュクシwwwwwww
    13 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:00:05.52 ID:wJx4T0Ct0 (+93,+30,-201)
    キョン「はぁ、もういい。怒るのも馬鹿らしくなってきた……あれ?」ゴソゴソ

    ハルヒ「どうしたのよ?」

    キョン「カバンに入れといたCDがない。おかしいな。確かに入れといたはずなんだが」

    ハルヒ「間違って捨てたんじゃないの?」

    キョン「んなわけあるか。くそ、買ったばかりだってのに……」

    みくる「キョンくん、お茶です」

    キョン「あ、どうも。ありがとうございます」

    みくる「あ!!」ガッ


    バシャア!


    キョン「ぎゃあああ! 腕に!? あちゃちゃちゃちゃ!?」

    みくる「きゃあああ! ごご、ごめんなさいキョンくん!?」

    ハルヒ「いいわねみくるちゃん! うっかりコケてお茶をぶっかけるなんて、さすがドジっ娘メイド!」

    キョン「アホか!?」

    古泉「これはこれは。すぐに手当てをしましょう」
    14 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:01:04.94 ID:gUI4bmYq0 (-13,+1,-3)
    おわ?
    15 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:03:03.14 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-189)
    みくる「本当にごめんなさい! あたしったら何てことを!」

    キョン「あ、ああ、いいですよ。わざとやったわけじゃないですし」

    みくる「はぁ、あたしって何でこんなにドジなんだろう……キョンくんを傷つけて……」

    キョン「そんなに自分を責めないでください。俺ならこれくらい全然平気ですから」


    キョン(それにしても、朝比奈さんのドジっ娘ぶりも筋金入りだな。まさかここまでとは)

    キョン(いつか命に関わるほどのドジをやらかしたりは……それはさすがに嫌だな)


      『そんな危なっかしい朝比奈さんはいらないな…………捨ててしまうか』


    キョン「な!!」ガタッ

    古泉「どうしたのですか? 急に立ち上がったりして」

    キョン「あ……いや、何でもない」

    ハルヒ「そろそろ下校時刻ね。みんな帰りましょう。最後の人は戸締りよろしく」

    キョン「あ、ああ、分かった」
    16 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:06:04.39 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-137)
    ~夜 キョン家~


    キョン「ふう、だいぶ痛みも治まってきたな。よかったよかった」

    キョン「…………それにしても、何だったんだあの声は」


      『そんな危なっかしい朝比奈さんはいらないな…………捨ててしまうか』


    キョン「いきなり頭の中に響いてきたが、あの声は……」

    キョン「まさか、また何かよくないことが起きる前触れなのか……?」

    キョン「……」

    キョン「はぁ、考えすぎか。今日はドッキリやら火傷やらいろいろあったからな」

    キョン「それで若干まいってるんだろう。こういう時はさっさと寝るに限る」

    キョン「よし、おやすみ」ボフッ

    キョン「……」

    キョン「そういや、結局CD見つからなかったな。まだ封も開けてなかったのに。ちくしょう」
    17 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:06:48.01 ID:TovMIQAR0 (+24,+29,-16)
    うーん…
    物書きとして感激したんだけど
    何この表現豊かな文章
    18 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:09:03.85 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-143)
    ~翌日 放課後 部室~


    キョン「うぃーす。って、あれ? 俺が1番乗りか」


    ボトッ・・・


    キョン「あれ? 今何か音が…………ん? これは……黒いゴミ袋?」

    キョン「ハルヒの奴、またゴミを出したのか。まったく」

    キョン「しょうがない。命令される前にさっさと捨てに行ってくるか。よいしょっと」グッ

    キョン「む、昨日のゴミ袋よりも重たいな。中に何が入ってるんだ?」

    キョン「ま、俺が気にすることでもないか。さっさと行ってくるとしよう」




    ~焼却炉前~


    キョン「そいやっと。おー、よく燃えるな」

    キョン「これでよし。またハルヒが悪巧みを考える前に、部室に戻るとするか」
    19 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:09:19.42 ID:/vQmkxiJ0 (+24,+29,-9)
    しかし人一人を軽々と捨てるとはキョンは怪力超人か
    20 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:12:04.09 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-106)
    ~部室~


    キョン「うぃーす。お、もうみんな来てたか」

    古泉「どうも」

    長門「……」

    ハルヒ「キョン、あんたどこ行ってたのよ?」

    キョン「どこって、ゴミ捨てだよ。またお前がゴミ袋を置いてただろう?」

    ハルヒ「ゴミ袋? あたしそんなの知らないわよ」

    キョン「はいはい。ドッキリはもういいって。あれ?」

    ハルヒ「今度は何よ?」

    キョン「朝比奈さんはまだ来てないのか。今日も遅れてるのか?」




    ハルヒ「はあ? 朝比奈さんって誰よ?」
    21 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:15:04.24 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-155)
    キョン「はぁ、またドッキリか。もういいっての」

    ハルヒ「だから何のことよ?」

    キョン「はいはい。どうせ昨日と同じで少し遅れてるだけなんだろ」

    ハルヒ「こら、話を聞きなさい!」

    キョン「よいしょっと。古泉、今日は将棋か? オセロか?」

    古泉「……」

    キョン「何だよ?」

    古泉「あの……僕も朝比奈さんという方には心当たりがないのですが」

    キョン「お前も律儀だな。そこまでハルヒの言うことに従わなくてもいいだろうに」

    古泉「いえ、僕は本当に……」

    ハルヒ「はぁ。まぁいいわ。キョンが変なことを言い出すなんて、今に始まったことじゃないしね」

    キョン「お前が言うな」

    長門「……」
    22 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:16:22.33 ID:D28Ji90/0 (+14,+26,-3)
    あらら…
    23 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:17:04.77 ID:TpoPDrJ30 (+14,+26,+0)
    ふむ
    24 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:18:04.42 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-213)
    ~夕方~


    ハルヒ「今日はここまで。みんな、じゃーね」

    キョン「……結局、朝比奈さん来なかったな。何かあったのか?」

    古泉「ですから……その朝比奈さんとは誰なのですか?」

    キョン「まだ言うか。ハルヒはもう帰ったんだから、もういいだろう」

    古泉「どうも話が噛みあいませんね」

    キョン「こっちのセリフだ。同じSOS団の仲間のことをそんなふうに言うんじゃねえよ」

    古泉「SOS団の仲間? はて」

    キョン「何だよ?」

    古泉「SOS団は涼宮さんとあなた、それに長門さんと僕の4人のはずですが?」

    キョン「…………もういい。気分悪い。帰る」スタスタ

    古泉「あ……」


    キョン(たく、いつまでドッキリを続ける気なんだか。しかし、何で朝比奈さんは来なかったんだ?)

    キョン(ま、以前ハルヒにセクハラされた時も来なかった時があったしな。そんなこともあるだろう)
    25 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:21:04.11 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-227)
    ~翌日 朝 キョンの部屋~


    キョン「ムニャ……あー、もう朝か。起きないと……」

    キョン「キョンくーん、おっはよーう!」ボスッ!

    キョン「ごふっ!? お、お前、飛び乗ってくるんじゃ……ゲホッ! グホゴホッ!」

    キョン「きょ、キョンくん!? どうしたの!?」

    キョン「ガホッ! お、お前の膝がみぞおちに……ジャストミートして……グッホガハッ!」

    キョン「ご、ごめんね。痛かった?」

    キョン「はぁ、はぁ、まったく。起こしてくれるのはいいが、もう少し起こし方を考えてくれ」

    キョン「はい、ごめんなさい……」


    キョン(まったく。元気なのは結構だが、いい加減もう少しおしとやかになってほしいもんだな)

    キョン(いつまで経っても手間のかかる妹だ。ミヨキチみたいな妹だったらよかったんだが)


      『あんな騒がしいだけの妹はいらないな。捨ててしまうか』


    キョン「な! 今の声、また……」
    26 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:24:04.55 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-215)
    ~北高 放課後~


    キョン(今朝聞こえてきたあの『声』、何だったんだろうな?)

    キョン(いや、今朝だけじゃない。昨日も……ただの空耳か?)

    キョン(ま、いいか。ハルヒに立て続けに変な事されたから疑り深くなってるだけだろ)


    キョン「うぃーす。あれ? また俺が1番乗りか?」


    ボトッ・・・


    キョン「ん? って、また黒いゴミ袋……おいおい、いくらなんでもゴミ出しすぎだろ」

    キョン「まーた俺が捨てに行かないといかんのか? 面倒くさいな……」

    キョン「……はぁ、どうせ断っても無理矢理行かされるんだろうな。はいはい、捨ててきますよ」

    キョン「よっと。本当に何が入ってるんだこのゴミ袋? どうせろくなもんじゃないだろうが」

    キョン「ま、下手に詮索しない方がいいな。ちゃちゃっと行ってくるか」
    27 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:27:03.88 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-151)
    ~焼却炉前~


    キョン「到着っと。何で3日連続でこんなところに来ないといけないんだ」

    キョン「はぁ、愚痴ってもしょうがないか。せーの……」


     タスケテェ・・・・・・ダレカァ・・・・・・


    キョン「ん? 今何か声が聞こえたような。また例の空耳か?」


     クライヨォ・・・・・・ココカラダシテヨォ・・・・・・


    キョン「いや、あれとはまた違う感じだな。何て言ってるのかは聞きとれんが……」

    キョン「……あれ、聞こえなくなったな。やっぱり空耳か」

    キョン「どうも最近空耳が多いな。よいしょっと」ポイッ


    ゴオオオオオオオオ・・・


    キョン「相変わらずよく燃えるな。これでよしっと」
    28 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:28:30.14 ID:3iAN2tPN0 (+19,+29,-6)
    このキョン脳に障害でもあるんじゃね
    29 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:30:04.09 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-203)
    ~夕方 帰り道~


    キョン「結局今日はみんな用事があるとかで、俺とハルヒしか来なかったな」

    キョン「おかげでやることがありゃしない。俺は毎日何しに部室へ行ってたんだっけ?」


    ガッ!


    キョン「おわ! とっとっと!」ビターン

    キョン「いってぇ……何かが足に引っかかって……紐? 電柱と電柱の間に紐が……」

    谷口「わっはっは! 引っかかったなキョン!」

    キョン「谷口! これはお前の仕業か!」

    国木田「あーあ、見事に転んじゃったね、キョン」

    キョン「国木田まで……」

    谷口「くっくっく、あんな単純な仕掛けに引っかかるとはな。いやー、面白いもんが見れた」

    キョン「お前なぁ……くだらんイタズラしやがって……」
    30 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:33:04.07 ID:wJx4T0Ct0 (+91,+30,-186)
    国木田「大丈夫、キョン?」

    キョン「お前もこんな馬鹿のやることに付き合うなよ……」

    国木田「僕は止めたんだけど、谷口が無理矢理……」

    キョン「ったく、どいつもこいつも」

    谷口「そう怒るなよ。友達だろ? 今度何か奢るからさ」

    キョン「なーにが友達だ。いけしゃあしゃあと」


      『こんな馬鹿な友達はいらねえな。2人とも捨ててしまおう』


    キョン「な!!」

    キョン(聞こえた! 確かに聞こえた! 空耳なんかじゃない、ハッキリと聞こえた!)

    キョン(何なんだ! 何なんだよこれ!?)


    谷口「おーい、どうしたんだ? 急に黙り込んで」

    キョン「あ、いや、何でもない! じゃあ俺は帰るから!」ダダダッ

    谷口「あ、おい! 何だぁあいつ?」
    31 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:33:35.00 ID:s2fdV4epI (-2,+7,-9)
    タイトルは涼宮ハルヒの焼却でおk?
    32 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:36:04.21 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-183)
    ~キョン家 キョンの部屋~


    キョン(あの声は空耳なんかじゃなかった。しかも、どうやら俺にしか聞こえていないらしい)

    キョン(何と言うか、頭の中に直接響いてくるというか……それにもっと気になるのが……)

    キョン(響いてきた声が……どこかで聞いたことがある声なんだよな。うーん、誰だったか……)

    キョン(あの声は何と言ってた? 確か誰かを捨てるとか言ってたような……)

    「晩御飯できたわよー。下りてらっしゃい」

    キョン「ああ、今行くー」

    キョン(気になる。とりあえずメシ食ってじっくり考えてみるか)


    キョン「ああ腹減った。あれ?」

    「どうした?」

    キョン「何で食事が3人分? あいつのは?」

    「あいつって誰よ?」

    キョン「妹のだよ。今日はどっか泊まりにでも行ってるとか?」

    「何を寝ぼけたこと言ってるの。あんたに妹なんていないでしょ?」
    33 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:39:04.31 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-216)
    キョン「は? え……え?」

    「あんたは1人っ子でしょうが。何? あんた妹が欲しかったの?」

    キョン「いやいやいや。何言ってるんだよ。あんな騒がしい奴を忘れるなんてこと……」

    「お前……まさか妙な漫画だとかアニメを見て、妹がほしいとか言ってるんじゃないだろうな?」

    キョン「違う違う! そういうんじゃない!?」

    キョン(これは……どうなってる? 2人とも嘘を言ってるようには……)

    キョン(そうだ、確か朝比奈さんの時もそうだった。みんなが朝比奈さんの事を知らないと……)

    キョン(俺は勝手にドッキリだと決めつけてロクに話を聞かなかったが、まさか本当に……)

    「どうしたのよ。さっきから様子がおかしいわよ」

    キョン「ごめん! ごちそうさま!」ガチャ ダダッ

    「ちょっと! 一口も食べてないじゃないの!」


    キョン「嘘だろ……家中から妹の写真がなくなってる……」

    キョン「いや、写真だけじゃない。妹がいたという痕跡がまったくない」

    キョン「まるで……最初から妹なんていなかったかのように……」
      
    34 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:39:52.00 ID:3CbCxTGx0 (+13,+28,+0)
    はぁ
    35 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:42:03.96 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-261)
    ~キョンの部屋~


    キョン「くそ、もっと早く事態に気づくべきだった。なんてマヌケなんだ俺は!」

    キョン「頭の中に響く声。それにあの黒いゴミ袋も、今思えば怪しすぎる」

    キョン「いつからだ? いつから異変は始まってた?」

    キョン「確か……そうだ、朝比奈さんにお茶をかけられて……その直後に声が聞こえてきて……」

    キョン「それから次の日に部室に黒いゴミ袋が……それを捨てに行って、その日から朝比奈さんは来なくて……」

    キョン「それから妹に変な起こされ方された直後にも声が……その日も部室に黒いゴミ袋があって……」

    キョン「そうだよ。あの黒いゴミ袋を捨ててからだ。2人が忘れ去られたのは……」

    キョン「……待てよ、黒いゴミ袋を捨てて、姿が見えなくなって、みんなに忘れ去られて」

    キョン「まさか…………まさかあのゴミ袋の中身は…………」

    キョン「いやいやいや! 何怖いこと考えてるんだ俺は!」

    キョン「そういや、あの大きさのゴミ袋にしてはやけに重いなと……うぎゃああ! 考えるな俺!?」

    キョン「と、とにかく、また厄介なことになったな。どうする? これからどうする?」
    36 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:45:03.93 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-180)
    キョン「ん? 待てよ……そうだ! 谷口と国木田!」

    キョン「あいつらといる時にあの声が聞こえたということは……くそ! 電話!」ピッ

    キョン「頼む、出てくれ! 無事でいてくれよ……」

    谷口『おうキョン、どうしたんだ?』

    キョン「谷口! お前大丈夫なのか!」

    谷口『はぁ? 大丈夫って何がだよ?』

    国木田『何? キョンから電話?』

    キョン「この声は……国木田も一緒なのか?」

    谷口『おうよ、宿題を写させてもらうために、国木田の家に泊まりにきてるんだよ』

    キョン「そっか、よかった……」

    谷口『なぁ、何が「大丈夫か」なんだよ。気になるじゃないか』

    キョン「え? ああ、お前の頭が大丈夫なのか気になってな」

    谷口『何だとこの野郎!』

    キョン「やかましい! あんな変なイタズラ仕掛けやがったくせに偉そうに言うな!」
    37 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:46:19.35 ID:iJ3ypwmg0 (+24,+29,-6)
    おぉ…生きてたか…
    38 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:48:03.80 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-294)
    キョン「ふう、とりあえず2人は無事だったか。しかし朝比奈さんと妹は……」

    キョン「いや、まだ最悪の事態だと決まったわけじゃない。まだ2人を取り戻す方法はあるかもしれない」

    キョン「何たって何でもありの存在が身近に何人かいるからな。あまりそいつらに頼りすぎても駄目だが」

    キョン「何にせよ、まずは事態の把握からだ。まだ何が起こってるのかハッキリと分からないからな」

    キョン「情報は少ないが……まとめると……」

    キョン「謎の声が頭に響いて……黒いゴミ袋が出現……それを焼却炉に捨てると……存在の消滅……」

    キョン「もし俺の想像していることが正しいとしたら、やはり俺が焼却炉に捨てたゴミ袋には……」

    キョン「いや、考えるな! そこを深く考えたら進めなくなる! 今は事態の解決が先決だ!」

    キョン「やはり分からないことが多いな。俺の頭に響いてくる声は何なのか。何者かの仕業なのか」

    キョン「その何者かはいったい何が目的なのか。はぁ、本当に厄介だな」

    キョン「いや、弱音を吐いてる場合じゃない。何としても朝比奈さんと妹を取り戻さないと!」

    キョン「とりあえず、明日長門か古泉に相談だな。何とか協力してもらわないと……」
    39 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:48:32.38 ID:5jGAtPko0 (+28,+29,-8)
    こういうのの主人公って馬鹿だよな
    一回目で気づくだろ
    40 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:49:01.94 ID:LryCCczu0 (+12,+27,-1)
    ふうむ
    41 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:49:23.21 ID:+TQROBDn0 (+14,+29,-2)
    世にも奇妙やな...
    42 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:50:24.48 ID:TpoPDrJ30 (+22,+29,-1)
    涼宮ハルヒのちょっと恐い話
    43 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:51:04.00 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-161)
    ~翌日 朝 教室~


    キョン「いっけね。考え事してたらすっかり夜更かししちまった。遅刻ギリギリだ」

    ハルヒ「おはよキョン」

    キョン「おう、おはよう……あれ?」

    ハルヒ「どうしたの?」

    キョン「国木田……谷口もか。2人ともまだ来てないな」

    ハルヒ「そういえばそうね。遅刻かしら?」

    キョン(いや、谷口はともかく国木田が遅刻は考えにくい。まさか……)


    岡部「みんな席に着けー。今日はHRの前に言っておかないといけないことがある」

    岡部「実は谷口と国木田なんだが、昨日の夜から行方が分からなくなっているらしい」

    キョン「な、何だと……?」

    岡部「谷口が泊まりに行って2人一緒に勉強してたらしいんだが、途中から消えるようにいなくなっていたらしい」

    キョン(まさか……嘘だろ……そんな……)
    44 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:51:41.85 ID:iJ3ypwmg0 (+31,+29,-10)
    >>39
    ドッキリあったんだから仕方ないだろ
    まぁどの道ゴミの確認しないキョンはバカだけど
    45 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:53:54.74 ID:EmwopdZRO (+32,+29,-6)
    心先輩の魔法でバラバラになってたら気失う
    46 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:54:04.05 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-186)
    キョン「くそ……くそ! どうなってるんだよ!」ダダッ

    岡部「あ、おい!」

    ハルヒ「ちょっとキョン! どこ行くのよ!?」



    ~部室前~


    キョン「谷口……国木田……昨日電話した時は元気だったじゃないかよ……」

    キョン「くそ、頼む。外れててくれ……」ガチャ


    ボトッ・・・ ボトッ・・・


    キョン「……」

    キョン「は……はは……黒いゴミ袋が2つ……か……」

    キョン「今までゴミ袋は必ず部室にあったからひょっとしてと思ったが……見事に大当たりかよ」

    キョン「本当に……本当に谷口と国木田なのか……? この黒いゴミ袋が……」
    48 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:57:03.62 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-208)
    キョン「……ん? ゴミ袋から何かはみ出てるな。何だこれ?」グイッ

    キョン「よっ、この、何かに引っかかって……よし、取れた!」

    キョン「これは……携帯? この携帯、確か……」

    キョン「そうだ。この携帯、谷口のだ…………つまり、このゴミ袋の中にはやっぱり……」

    キョン「う、うわ、うわああああああ!?」

    キョン「嘘だ! このゴミ袋、人が入るにはあまりにも小さいんだぞ! それなのに……!」

    キョン「くそ! 何でこんなことに! くそ! くそぉ! 今出してやるぞ2人とも!」グググ・・・

    キョン「……駄目だ、全然破れねぇ……何でできてるんだよ、このゴミ袋は!」

    キョン「は! いかん、取り乱すな。落ち着け、落ち着け……」

    キョン「とりあえず……この2つのゴミ袋はどうする? このままここに置いておくわけには……」


    ドクンッ


    キョン「あ……」

    キョン「そっか……そうだよな……ゴミは……ちゃんと捨てにいかないと……」ズリ・・・ ズリ・・・
    49 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 20:58:09.61 ID:6b2tb3ej0 (+13,+25,+0)
    怖いな
    50 : 以下、名無しにか - 2011/12/03(土) 21:00:05.08 ID:wJx4T0Ct0 (+95,+30,-166)
    ~教室 授業中~


    キョン「……」ボー・・・

    キョン(何だ……? 何か……何かを忘れてるような……?)

    ハルヒ「ちょっとキョン」ヒソヒソ

    キョン「え? あ、な、何だ?」

    ハルヒ「あんた今日はどうしたのよ? 血相変えて飛び出したかと思ったら、ボーっとした様子で戻ってきて」

    キョン「え? 俺そんなことしてたのか?」

    ハルヒ「してたのかって……あんた頭大丈夫?」

    キョン「頭? 頭大丈夫……何かを思い出せそうな……」


     (谷口『なぁ、何が「大丈夫か」なんだよ。気になるじゃないか』)

     (キョン「え? ああ、お前の頭が大丈夫なのか気になってな」)

     (谷口『何だとこの野郎!』)


    キョン「……そうだ! 谷口! 国木田!」ガタン
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×5
    タグ : - キョン + - ハルヒ + - ホラー + - 不気味 + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について