のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:125,345,144人
913,852,614頁
昨日:660人
796頁
今日:589人
633頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレほむら「配給制の未来。完全管理社会。そしてまどかとの冒険」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×7
    タグ : - SF + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    101 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:14:21.68 ID:HQ1O304o0 (+31,+29,-3)
    >>99
    異変に気づいたのは2行目だった
    102 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:18:29.09 ID:s13spxli0 (+19,+29,-4)
    この描写は素晴らしい
    103 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:19:11.26 ID:y8tzDrj00 (+95,+30,-99)
    ほむら「どっ、どうしましょう……?」

    まどか「わたし達も……、試してみる? 歩きまわってお腹も空いたし」

    ほむら「そうね。えーっと、私の番号は……」

    少し悩み、自分のいた部屋の番号がそれではないかと思い当たる
    ものは試しだ、とりあえずチャレンジしてみよう

    ほむら「07214545、暁美ほむら、カロリーメイトほむほむ味」

    まどか「……部屋番号で良かったみたいだね!」

    私の足元には、いつの間にかカロリーメイトの箱が転がっていた
    104 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:21:41.62 ID:NDPGEgrU0 (+24,+29,-3)
    これってまどかキャラである必要あんのか
    105 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:21:43.79 ID:sRG4Kjaz0 (+24,+29,-4)
    こんな世界なら、ノンカロリーケーキがあっても何の不思議もない。
    106 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:22:51.95 ID:Z2BFDLzn0 (+13,+23,+0)
    ほむほむ
    107 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:23:35.34 ID:FVKgWa2w0 (+27,+29,-16)
    なんか何がどうなるのかわからなさすぎて怖い
    108 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:27:02.98 ID:973vZJ/Q0 (+17,+29,-1)
    ほむほむ味…
    109 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:28:12.89 ID:NjzNQO/x0 (+21,+29,-21)
    こういう映画あったよな
    自分達はクローン人間だったみたいな。そんなイメージほむほむ
    110 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:29:39.35 ID:y8tzDrj00 (+95,+30,-218)
    カロリーメイトをほむほむと齧りながら、40階の大部屋を歩いて回る

    ほむら「屋上に通じる場所は無いものかしらね?」

    まどか「うーん。探すのは骨そうだね」

    この部屋にいる人間は、皆、好き勝手なことをしていた
    巴マミのように食べ物を食べているものもいれば、
    読書をしている者も、音楽を聞いている者もいる

    まどか「なんか……、皆、つまらなさそう」

    ほむら「そうね……」

    何不自由ない暮らしをしている筈の彼らは、しかし、皆死んだような目をしていた
    その時ふと、まどかの足が止まる

    まどか「何、あれ……?」

    まどかの指差す先には、赤黒い大きな染みができていた
    離れた位置からでも妙な鉄臭さが鼻につく
    映像でしか見たことは無いが、あれは恐らく―――

    ほむら「血だまり、かしら」
    112 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:33:18.14 ID:fLe4RsrB0 (+3,+13,-1)
    血~だまりです~
    113 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:34:09.23 ID:Z2BFDLzn0 (+13,+23,+0)
    ほむほむ
    114 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:37:00.71 ID:973vZJ/Q0 (+26,+29,-5)
    >>111
    見たわ
    クローン元の人間が殺されるところでなんとも言えない気分になった
    115 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:37:47.78 ID:y8tzDrj00 (+95,+30,-103)
    私達の目の前で、血だまりはみるみる間に小さくなっていく
    食べ物等を発生させる時と逆の要領で、床が、血を掃除しているのだろう
    すぐに血だまりは消滅した
    そこにそのようなものがあったという形跡は、もはやない

    まどか「もしかして……」

    まどかの言わんとすることは分かる
    ひょっとすると、今まで自分が歩いてきた場所でも、
    これと同じような現象が起こっていたのではあるまいか

    ほむら「……ううん。もしかしたら、今私達が立っている、この場所でも」

    嫌な汗が背中をじとりと濡らす
    116 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:38:58.60 ID:/GexCagm0 (+27,+29,-5)
    過去に戻ってエネルギー問題解決した何かを潰すんだろ
    117 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:39:03.51 ID:4tSy5Sev0 (+36,+29,-29)
    >>114
    …まだ見てねえよ!

    名前は結構聞いたけど、評価はどうだったんだろ?まあスレチだからマジになってもしょうがないけど
    118 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:40:13.76 ID:NjzNQO/x0 (+15,+28,+1)
    >>111
    そうそう、それだ
    119 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:42:14.83 ID:9oTuJ+PBi (+0,+12,-11)
    しえん
    120 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:44:00.64 ID:y8tzDrj00 (+95,+30,-156)
    自分の足元が、かつて血だまりの広がっていた場所かもしれない
    そう考えると薄気味悪くてならない

    まどか「ほむらちゃん……、なんか、変だよここ……」

    まどかは泣きそうな声をあげる

    ほむら「もう……、帰りましょうか……」

    まどか「うん……」

    既に屋上を探そうという気力は、私達には残されていなかった
    お互いに手を繋ぎながら、顔を見合わせ、頷き合う

    ほむら「……あら?」

    まどか「どうしたの、ほむらちゃん?」

    ほむら「私達、どっちから来たっけ……」

    ここはだだっぴろい大部屋
    何の手がかりもない
    おおよその角度は分かるが、少しでも角度がずれれば、
    全く違う場所に行きあたってしまいそうな気がする
    121 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:48:46.78 ID:iiGNFX0c0 (+19,+29,+0)
    ディストピアはぁはぁ
    122 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:51:01.13 ID:y8tzDrj00 (+95,+30,-157)
    まどか「えっと……、あそこの人のすぐ傍を、確か通り過ぎたような?」

    なんとか寝転んでいる人を目印に、元来た角度を割り出そうと試みる
    しかし、全ての人間が死んだような顔をしているため、
    どれがどの人間だったか、だんだんと分からなくなってくる

    ほむら「とりあえず……、歩いてみましょうか」

    ほむら「多少方向が間違っても壁に突き当たりさえすれば」

    ほむら「後は壁沿いに移動するだけで良い筈だもの」

    まどかを、そして自分自身を勇気づけようと、努めて前向きに考える

    まどか「そう、だよね……」

    自分より小柄な少女の、不安を隠しきれない強がった笑顔が、痛かった
    123 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:55:21.24 ID:Z2BFDLzn0 (+17,+27,+0)
    まどまど
    124 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:56:55.88 ID:973vZJ/Q0 (+32,+29,-29)
    >>117
    ネタバレサーセンwwww
    正にハリウッド映画という感じだった
    125 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:58:17.44 ID:y8tzDrj00 (+95,+30,-95)
    歩く。歩く。絨毯の上を歩く

    「……」

    つまらなそうな顔をした少女を

    「……」

    床に身体を投げ出した老人を

    「……」

    もはや意思があるのかも分からない青年を横目に、歩く

    「12980……、○○○○……、死……」

    それは、小さな呟きだった
    しかし聞こえなかったことにするには、あまりに衝撃的な内容だった
    126 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:58:38.05 ID:Z2BFDLzn0 (+18,+28,-13)
    ほむぅ……
    127 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:59:08.02 ID:+vdNKis70 (+11,+23,+0)
    ほむっ
    128 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 21:59:34.47 ID:y8tzDrj00 (+90,+30,-26)
    ほむら「!?」

    声は、たった今目の前を通り過ぎた青年のもののようだった
    私とまどかは、慌ててそちらの方へと振り返る

    「……」

    青年の首が、爆ぜた
    129 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:00:29.66 ID:Z2BFDLzn0 (+18,+28,-13)
    ほむぅ……
    130 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:00:31.85 ID:FVKgWa2w0 (+22,+29,+0)
    お腹痛くなってきた
    131 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:00:47.35 ID:+vdNKis70 (+3,+15,-1)
    ほむっ!
    132 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:02:05.20 ID:4tSy5Sev0 (+22,+29,-1)
    なんかそれっぽくなってきた
    133 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:03:33.28 ID:y8tzDrj00 (+95,+30,-120)
    それから後しばらくのことは、はっきりとは覚えていない
    ただ、とにかく私達は走った

    ほむら「はあっ……、はあ……、はあ……」

    退屈が人を殺すこの空間から、一刻も早く立ち去りたかった
    部屋全体に満ちた緩慢な絶望が、気持ち悪い

    まどか「ぐすっ、うぅぅ……」

    必死にエレベーターへと続く小通路への扉を探し当てた私達は、すぐに大部屋を後にした
    最初にこの部屋で出会った人間である巴マミは、もう元いた場所にはいなかった
    134 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:10:06.41 ID:dLcOKxNJ0 (+27,+29,-12)
    魔法少女って設定はないんだな
    マミさんは廃人だし
    あんこだけ元気ならそれでいいけど
    135 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:10:30.97 ID:y8tzDrj00 (+93,+30,-160)
    まどか「ぐずっ、う、あぁぁああああん!!」

    ほむら「ひっく、ひっく……」

    私達は床にへたり込むと、身体を抱き合い、そのまま声を上げて涙を流した

    まどか「もうっ……、帰、ろう……。7階に、帰ろう……」

    ほむら「……ええ。帰りましょう……」

    窮屈だと思っていた生活が、今はただ恋しかった

    まどか「もう、ほむらちゃんがいればいいよ……」

    まどか「こんなのが自由だっていうのなら、わたしいらない……」

    自由。まどかは今の部屋で見てきた光景を、自由と言った
    確かに、あの部屋では色々なことが自由な様子だった
    しかし……

    ほむら「結果の自由はあっても……、手段の自由が、欠けている……」

    まどか「……えっ?」

    ほむら「いいえ。ごめんなさい、なんでもないわ」

    今更どうでもいいことだ
    私は無駄な考えを頭から振り払い、エレベーターの扉の前に立った
    136 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:11:26.85 ID:s13spxli0 (-20,-5,-1)
    興味深い
    137 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:12:13.66 ID:Z2BFDLzn0 (+19,+29,-1)
    ほむむむむ
    138 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:15:08.99 ID:y8tzDrj00 (+95,+30,-116)
    ――――

    「地球人を知的生命体として認めるか、それとも家畜とみなすか」

    「僕は長年悩み続けていた」

    「しかし今の彼女達の様子を見ていると、そんな迷い、どこかに吹き飛んでしまいそうだよ」

    どこかでえみりん声の地球外生命体が、
    そう独りごちたことを、まどかとほむらは知らない

    「まあ、もう少し様子を見てみるか」
    139 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:20:40.35 ID:Z2BFDLzn0 (+13,+23,+0)
    ほむほむ
    140 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:21:13.21 ID:NjzNQO/x0 (+10,+22,-2)
    ほもほも
    141 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:24:14.14 ID:FVKgWa2w0 (+17,+29,+0)
    きゅべきゅべ
    142 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:27:15.92 ID:Z2BFDLzn0 (+12,+22,+0)
    ほむ
    143 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:27:51.20 ID:y8tzDrj00 (+95,+30,-160)
    ――――


    まどかの震える手が、エレベーター横のボタンパネルに鍵を挿す
    点灯した下矢印型のスイッチを押すと、エレベータのドアはすぐに開いた

    まどか「7階、7階、7階……」

    ボタンの列の前で、目当ての数字を探すまどか

    ほむら「……あら?」

    ふと、違和感に気がつく
    先程7階でエレベーターに乗り込ん時
    エレベーター内部に7階いきのボタンが無いのは、
    ここが7階でそんなもの必要ないからだと思った

    まどか「無い! 無い!」

    しかし、冷静に考えてみると―――、

    ほむら「エレベーターは、全ての階で共通のものを使う……」

    まどか「あっ……」

    そう。私達はあの時気がつくべきだったのだ
    このエレベーターで7階から別の階へと移動したが最後、もう元の階へは戻れないことに
    144 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:28:49.42 ID:y8tzDrj00 (+89,+29,-13)
    先程7階でエレベーターに乗り込ん時→先程7階でエレベーターに乗り込んだ時
    145 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:29:04.25 ID:Z2BFDLzn0 (+19,+29,-2)
    ほ……む……?
    146 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:29:15.16 ID:dLcOKxNJ0 (+22,+29,-2)
    >>1はとりあえず落ち着いて書け
    147 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:30:02.09 ID:FVKgWa2w0 (+17,+29,-1)
    お乳突け
    148 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:34:12.10 ID:w20jnb3w0 (+8,+23,+0)
    ほむほむ
    149 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:38:07.08 ID:Z2BFDLzn0 (+12,+22,+0)
    ほむ
    150 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 22:39:06.90 ID:y8tzDrj00 (+95,+30,-178)
    まどか「どう、しよう……」

    ほむら「まどか……」

    まどか「どうしようほむらちゃぁん……!」

    ほむら「……虹の、根元」

    まどか「えっ……?」

    勢い口をついたのは、不思議な紙に書かれていたあの言葉

    ほむら「虹の根元には、自由がある」

    まどか「そんな言葉、もう今更……」

    ほむら「一緒に自由を見つけようよ!」

    まどか「……」

    ほむら「そして、2人で仲良く暮らしましょう。……ねっ?」

    まどか「……うん。そう……、だね」

    まどか「こんな偽物の自由じゃなくて、もっと素敵な自由を……、見つけなくちゃね」

    まだ完全に元気を取り戻したというわけではないようだったが、
    それでもまどかは、少しは落ち着きを取り戻してくれたようだった
    初めて会った時、優しく慰めてもらえた恩を、少しは返せていたらいいなと、心の片隅で思った
    ←前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×7
    タグ : - SF + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について