のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,547,515人
911,654,848頁
昨日:6,240人
7,002頁
今日:1,086人
1,149頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレのび太「出来杉なんていなくなればいい…」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ドラえもん + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:09:50.60 ID:KH7NbmRB0 (+118,+30,-59)
    のび太「遅れてごめんよ」

    野比のび太、11歳――。

    今日も例によって待ち合わせには遅れて来る。
    何をやらせてもダメダメな小学生だ。


    「お、おう…」
    スネ夫「遅刻なんて…のび太のくせに生意気だぞ…」


    しかしのび太を迎えるいじめっ子2人組に、いつもの元気はない。
    2 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:10:48.75 ID:9cv2n5m20 (+0,+15,-1)
    何これ期待
    3 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:10:51.48 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-166)
    のび太「ご、ごめん…ドラえもんが寝るのを待ってから出てきたから…」

    のび太の言うドラえもんとは21世紀から来た猫型ロボットで、彼は現在理由あってそのロボットと同居しているのだ。


    「ドラえもんだと?奴にはこのことバレてないだろうな?」
    剛が焦りを含んだ声でのび太を問い質す。

    「もしこのことがバレたら俺ら3人…一貫の終わりだぞ?」

    のび太「だ、大丈夫だよ!ドラえもんあれで結構にぶいとこあるから。それになんだかんだ言ったって所詮はロボットだし…」

    のび太は反射的に両手で頭を庇いながらそう説明した。
    日頃から剛に殴られているが故の行動である。
    4 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:11:12.47 ID:Kw34dNfy0 (-24,-29,-5)
                    /L_
                    |//
             ____/ ̄
           /      \
         ノ彡ノ ∴∵∴( ;:;:;)ミミ、
        川||;;::        ;;::川||
        川|||;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|川||
        川|||;;::        ::;;|川||
        川|||;;::   c{ っ  ::;;|川||
        川|| |;;::  __  ::;;;|川||
        川||ヽ;;::  ー  ::;;/川||
        川||川\;;::  ::;;/川||川
              |;;::  ::;;|
              |;;::  ::;;|
       / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
       |;;::              ::;;|
       |;;::              ::;;|
    5 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:11:35.61 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-112)
    スネ夫「そんなことより早くしないと…。こんなとこ誰かに見られでもしたら…」

    スネ夫が辺りの様子を窺いながら2人の話を遮った。
    剛の腰巾着という評価をされている彼だが、我が身にふりかかる危機には人一倍敏感なのだ。
    普段は虚勢を張ってそのことを必死に隠している。
    しかしのび太は薄々スネ夫の正体に気づいてはいた。

    スネ夫は僕と同じで弱い人間なんだ――。


    6 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:11:50.61 ID:JMdzt/m70 (+15,+25,+0)
    殺すのか
    7 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:12:02.33 ID:WTBp49L90 (+14,+26,+0)
    楽しみ
    8 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:12:16.37 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-132)
    「おう!そうだな!2人とも例の物は持ってきたな?」

    スネ夫の言葉に、剛は本来の目的を思い出したようだ。

    のび太「うん。物置からパパのをこっそり持ち出して来たよ」

    スネ夫「僕もさ。僕んちのはドイツ製で切れ味抜群なんだぜ…」

    2人の手にはきらりと光る物が握られている。

    「俺のは錆びてるけど、まだまだ使えるぜ」

    剛もまた、小学生には不似合いの工具を取り出した。

    「さあ…始めようか…」
    9 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:12:32.94 ID:g7dSsAloO (+11,+26,-1)
    続けたまえ
    10 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:12:52.46 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-131)
    丑三つ時の裏山――。
    彼らの足元には小さな死体が転がっている。
    冷たくなった体。
    かつては彼らのクラスで秀才と持て囃され、女子からも人気だった彼――出来杉秀作の死体だ。

    のび太「ぼ、僕やっぱりこんなことできないよ…」

    のび太の足は震えている。

    のび太「やっぱりドラえもんに相談してなんとか…」

    「何言ってんだ今さら」

    のび太「で、でも…冷静に考えたらこんなこと…」
    11 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:13:35.34 ID:dJ0U6MRO0 (+14,+29,+0)
    いいねいいね
    13 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:13:40.43 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-125)
    「だったら何か?ドラえもんに頼んでタイムふろしきでも出してもらうか?」

    剛が猫型ロボットの持つ不思議な道具の名を口にする。

    のび太「そ、そんな…タイムふろしきは死んだ人を生き返らせることはできないんだ…」

    「そうだったよな?昼間お前が言ったことだもんな!」

    スネ夫「あ、じゃあタイムマシンで過去に戻って、あんなことが起こらないようにすれば…」

    のび太「無理だよ。人の生き死にに関することは変えられないんだ…」

    「だろ?だったらもう…やるしかないんだよ」
    14 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:13:50.35 ID:WTBp49L90 (+22,+29,-17)
    ん…もしかしてすでに出木杉は…?
    15 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:14:27.38 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-118)
    剛の言葉に、のび太は渋々頷いた。
    続いてスネ夫も決意したように強く顎を引く。

    「じゃあ…始めるぞ…」

    剛の右手が動いた。
    迷いなく出来杉の腕を切り落とす。
    のび太は震える手で、持ってきたノコギリを握り直した。
    いつもは饒舌なスネ夫も、この時ばかりは黙りこみ、無心でノコギリを引いている。
    こうして3人は出来杉の死体を解体し始めた。
    すべては自分達の犯した罪を隠蔽するために…。
    16 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:15:08.63 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-99)
    しばらくすると、のび太の耳にすすり泣きが届くようになった。
    始めはスネ夫が泣いているのかと思った。
    しかし違う。この耳障りなしゃがれ声は――、剛だ。剛が泣いているのだ。

    ――あのジャイアンが泣くなんて…。

    のび太は驚異を感じるとともに戦慄した。
    自分の置かれた状況を改めて理解した。


    ――昼間、僕達は出来杉を殺害した。
    17 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:15:27.10 ID:JMdzt/m70 (+13,+23,+0)
    あちゃー
    18 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:15:31.24 ID:za+gi9gM0 (+21,+28,+0)
    お、、、面白いではないか
    19 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:15:50.16 ID:75z7ttqz0 (+3,+15,+0)
    すげえ
    20 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:16:04.32 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-240)
    きっかけはただの嫉妬からだった。
    学校で彼ら3人が教師から注意を受けているところを、出来杉が庇ったのだ。
    これはいつものことだったが、その日はたまたま現場を女子の一群が目撃していた。

    「出来杉さんて優しいのね、あんなクズみたいな人達の味方してあげるなんて」

    誰かの声がそう言ったのを、3人は確かに耳にした。
    悔しさと羞恥心が同時に襲ってきた。
    教師から注意を受けたのは自分達の非が原因で、出来杉が庇ってくれたのは純粋な親切心からだ。
    出来杉を恨むのは間違っている。
    頭でそう理解しようとしても、気持ちは治まらなかった。

    女子の一群の中にはのび太の片想いの相手、クラスのマドンナ的存在の源しずかがいたから尚更だった。
    21 : 忍法帖【Lv= - 2011/11/29(火) 12:16:26.72 ID:za+gi9gM0 (+0,+12,-13)
    出木杉ざっけw
    22 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:17:11.29 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-191)
    放課後、のび太はその時のことをスネ夫に愚痴った。
    案の定スネ夫ものび太と同じ考えで、出来杉のことを良く思っていないようだった。

    のび太「しずかちゃんはあんながり勉のどこがいいんだ!」

    スネ夫と話していると、自然と口汚くなった。

    「だったらちょっと出来杉をからかってやろうぜ」

    2人の会話を盗み聞きしていた剛が、話に割って入った。

    のび太「からかうって?」

    スネ夫「どうするのさ、ジャイアン」

    スネ夫がいじわるく目を細め、唇を尖らせた。
    悪巧みをする時の癖だ。

    「出来杉を裏山に正体してやるんだよ…」
    23 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:17:11.67 ID:4wNR0LuFO (+32,+29,-6)
    丁度俺の近くでバラバラ殺人あったからびびった
    24 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:17:50.84 ID:KH7NbmRB0 (+93,+30,-189)
    剛が怪しい笑みを浮かべる。
    スネ夫はその一言ですべてを理解したらしく、周囲から狐と揶揄される例の顔で、気味の悪い笑い声を洩らした。

    のび太「え?裏山に?」

    1人だけ理解できなかったのび太が、不思議そうに首を傾げる。

    スネ夫「馬鹿だなのび太。あの秘密基地に出来杉を閉じ込めてやるんだよ!ね?ジャイアン?」

    「あぁ…いつもは冷静な出来杉もさすがにびびるだろ。開けてくれー出してくれーって俺らに泣いて懇願するかもな」
    25 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:18:35.20 ID:75z7ttqz0 (+16,+13,+1)
    >>23
    kwsk
    26 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:18:39.43 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-137)
    秘密基地――。
    それは彼らが裏山に作った遊び場のことだ。

    古い木材や泥を使って、子供ながらになかなか本格的な造りになっている。
    しかしさすがに電気を通すことは出来ないので、ランプがなければ秘密基地の中は昼間でも真っ暗なのだ。

    「おいのび太、出来杉の奴をうまく言って裏山に連れて来いよ」

    いつもは躊躇する剛の命令にも、この時ののび太は快く返事をした。

    のび太「うんわかったよ!絶対に出来杉に一泡食わせてやろうね」
    27 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:19:45.14 ID:KH7NbmRB0 (+90,+30,-235)
    こうしてのび太は出来杉を裏山へ、そして秘密基地の中へと誘導した。
    草むらに隠れていた剛とスネ夫が素早く秘密基地の入口を塞ぎ、中に出来杉1人だけを閉じ込めた。
    のび太は遠くからその様子を眺めているだけだった。ただ出来杉の情けない姿が見られればそれで満足だった。

    閉じ込められた出来杉は始め、何が起きたのかわかっていないようだった。しかしすぐに助けを求める声が聞こえてきた。

    出来杉「のび太くん?そこにいるんだろ?ここを開けてくれないかな…」

    こんな状況でものび太を信じて声をかけてくる出来杉になぜだかひどく苛立ちを覚えた。
    それに剛やスネ夫の手前、1人だけ正義感ぶって出来杉を助けるわけにはいかない。
    のび太はもう、後に引けなくなっていた。
    28 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:20:40.12 ID:BVjXpZpV0 (-27,-15,+0)
    30 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:21:04.60 ID:KH7NbmRB0 (+93,+30,-217)
    「ギャハハハ、馬鹿だなー出来杉の奴」

    スネ夫「そうだそうだ!ちょっと頭いいからって調子に乗ってるからこんな目に遭うんだぞ!」


    剛とスネ夫は慌てる出来杉の声を聞き、楽しそうだった。
    それを見ていたらのび太の罪悪感も和らいだ。

    ――出来杉なんか、もっとひどい目に遭えばいいんだ。

    しかしここで出来杉の声色が明らかに恐怖のそれへと変化した。

    出来杉「暗いよ怖いよ!出して!ここから出してぇぇ」

    取り乱す出来杉の声に、剛とスネ夫はますます盛り上がっていく。

    今思い返せばこの時に出来杉を救出していれば良かったのだ。
    31 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:21:59.72 ID:wjnxflmR0 (-13,+1,-1)
    32 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:22:11.10 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-154)
    出来杉「お願いだよ出してよぉぉ」

    秘密基地の壁が揺れた。
    中で出来杉が暴れ出したようだ。

    スネ夫「ねぇなんかまずくない?ジャイアン…」
    「おう、そうだな!そろそろ出してやるか」

    2人が秘密基地の扉を引こうとした時にはもう遅かった。
    所詮は子供が作ったもの。
    きちんと設計されていなかったので、暴れる出来杉に扉は歪み、引けなくなっていた。

    「おい、出来杉落ち着けよ…」

    スネ夫「そうだよそんなに暴れると扉が完全に引けなくなっちゃうよ…」
    33 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:22:59.23 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-182)
    焦る2人。暴れる出来杉。
    そしてのび太の目の前で、事故は起こった。
    一瞬の出来事だった。
    子供の手による脆い秘密基地は崩れ、瓦礫と化した。
    その下敷きになった出来杉を掘り起こした時には、既に息はなく、3人は愕然とした。

    これは事故だ。しかしそれを招いたのは自分達の嫉妬心と悪戯心――。

    3人は相談し、事故を隠蔽することに決めた。
    そのためには出来杉の死体を処分しなければならない。

    こうして3人は深夜、裏山に集まったのだった。
    34 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:23:56.60 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-173)
    「よし、解体したな。後は手分けしてこれを運ぼう」

    持ってきたビニール袋に出来杉の死体を入れ、空き地へ運ぶ。

    このまま裏山に埋めても良かったのだが、最近野良犬がよく出没していたのでその案は却下された。
    もし野良犬に出来杉の死体を掘り起こされでもしたらたまったもんじゃない。
    それに空き地なら常に監視できるので好都合なのだ。
    既に空き地はジャイアンのテリトリーとして認識されているので他の子供が近づくこともない。

    3人は重いビニール袋を抱えて裏山を走り下りた。
    空き地へ到着すると土管の近くに穴を掘り、死体を埋める。
    35 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:23:59.05 ID:s0QrZrtm0 (+2,+12,+0)
    ほう
    36 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:24:50.92 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-99)
    「いいか、この事は3人だけの秘密だぞ」

    すべての作業が終了した時、剛が言った。

    スネ夫が小刻みに首を縦に振る。
    のび太は疲労と睡魔にふらふらになりながら、それでも強く頷いた。

    早くこの現実から逃れたい。
    家に帰って温かい布団にくるまり、すべてを忘れて眠りたい。
    のび太の心の中はそれだけだった。
    出来杉への謝罪の気持ちは疲労感によって完全に消されていた。
    37 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:25:16.21 ID:4wNR0LuFO (+32,+29,-17)
    >>25
    俺の学校の女子が親に殺された。
    クラス一緒じゃないけど怖かった
    38 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:25:20.00 ID:kiX5BXxD0 (+22,+29,+0)
    きちんと書き溜めてるようだな
    39 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:25:34.20 ID:/HiEvYgI0 (+15,+25,-1)
    夜まで残ってますように
    40 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:25:48.06 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-85)
    いつもの声で目が覚める。

    のび太、いつまで寝てるの!早く支度なさい!

    ママの声だ。

    のび太はゆっくりと目を開けた。見慣れた天井。階段を下りていくママの足音。瞼が重い。

    ドラ「ほらほらのび太くん、学校に遅刻しちゃうよ」

    何も知らないドラえもんの声…。いつもと変わらぬ朝だ。
    42 : 忍法帖【Lv= - 2011/11/29(火) 12:26:16.70 ID:Qe5q2CYD0 (+19,+29,-14)
    出来杉英才じゃなかたっけ?
    43 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:26:32.35 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-94)
    のび太「おはようドラえもん」

    ドラ「おはようのび太くん。ほら着替えて朝ごはん食べよう」

    のび太「うん…」

    台所に行くため階段を降りようとすると、背中からドラえもんが声をかけてきた。

    ドラ「僕は今朝みぃちゃんと朝の散歩をしたんだ」

    のび太「へぇ…良かったじゃないか」

    ドラ「それでみぃちゃんが言ってたんだけど、昨日の夜、のび太くん家を抜け出してどこか行かなかった?」
    44 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:27:04.26 ID:s0QrZrtm0 (+15,+25,+0)
    おっと
    45 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:27:27.84 ID:ayItnLw/0 (+24,+29,+0)
    独裁スイッチかと
    46 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:27:29.49 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-97)
    ドラえもんの言葉にのび太の体が硬直する。
    まさか、近所の猫に見られていたなんて…。

    のび太「まさか。そんなことあるわけないだろ」

    平静を装い、そう答える。
    しかし怖くてドラえもんのほうを振り返ることができない。

    ドラ「そうだよね。のび太くん一度寝たら朝までぐっすりだもん。夜中出掛けるなんてできないよね」

    のび太の言葉をドラえもんはあっさりと信じた。
    のび太はそっと安堵の息を吐く。
    47 : 以下、名無しにか - 2011/11/29(火) 12:28:43.39 ID:s0QrZrtm0 (+17,+27,+0)
    おい怖い
    48 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:29:12.77 ID:KH7NbmRB0 (+90,+30,-175)
    のび太「それよりドラえもん、みぃちゃんとの付き合いちょっと考えたほうがいいんじゃない?夜中に出歩いてたわけだろ?ドラえもんもとんだ悪猫に捕まったもんだな」

    悟られないようにするためか、のび太は無意識のうちに普段より口数が多くなっている。
    気分を害したのかドラえもんはのび太を押し退けてさっさと1人、階下へと下りてしまった。


    食事中、ドラえもんはむっつりと黙りこみ、トーストを口に当たる部分に押し込んでいた。
    のび太にしてはこのほうが好都合だった。
    ドラえもんと話さなければボロを出すこともない。
    無言の2人を、パパとママはまたいつものケンカかと呆れ顔で見つめている。
    49 : ◆4zj.uH - 2011/11/29(火) 12:30:23.75 ID:KH7NbmRB0 (+95,+30,-126)
    のび太「ごちそうさまでした」

    椅子の背もたれに掛けていたランドセルを掴み、玄関へ向かおうとすると、ママが追いかけてきた。

    ママ「のびちゃん、先週受けたテスト今日返ってくるんでしょう?隠さずにちゃんと見せなさいね」

    のび太「わかったよ。うるさいな」

    反抗的なのび太の態度にママの眉がつり上がる。しかし途中で何かに気づいたらしく、ママの表情は複雑に歪んだ。

    ママ「どうしたののびちゃん、その靴…」

    のび太「え?」

    玄関に脱ぎ捨てられているのび太の靴。それは昨夜ついた泥で汚れていた。
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - ドラえもん + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について