のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,551,723人
912,983,953頁
昨日:2,797人
2,839頁
今日:775人
776頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレほむら「絵を描いているのよ」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×9
    タグ : - 魔法少女まどか☆マギカ ×2+ - まど神 + - 佐倉杏子 + - 千歳ゆま + - 巴マミ + - 暁美ほむら + - 鹿目まどか + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    ほむら「ええ。私の大切な人の絵よ」

    3 :

    さやかちゃんか!

    4 :

    5 :

    まどっちに絵教えてもらって画風を受け継いでるほむら

    6 = 1 :

    ほむら「よし。この絵はこんなところね」

    ほむら「初めの内よりはだいぶマシになってきたかしら……」

    ほむら「次はどんな構図にしましょう」

    杏子「おっ、ほむらじゃん!」

    ほむら「あら杏子」

    杏子「何してんの?」

    ほむら「絵を描いているのよ。ほら」

    杏子「ふーん……。案外上手いじゃん」

    7 = 5 :

    ほむほむ

    8 = 1 :

    杏子「で、モデルは誰なのこれ?」

    ほむら「私の大切な人よ」

    杏子「へーっ。ほむらがそんな言い方する相手なんて、どんな奴なんだろうな」

    ほむら「貴女から見ればきっと普通の子よ」

    杏子「ふーん……。まあさ、また今度機会があったらあたしにも会わせてくれよ」

    ほむら「たぶん一度は会う機会があると思うわ」

    杏子「んじゃ、その時を楽しみにしておくよ」

    9 = 5 :

    ほむほむ

    10 :

    改変後の話か

    11 = 1 :

    マミ「また絵を描いているの?」

    ほむら「ええ」

    マミ「そんなに楽しいものなのかしら?」

    ほむら「そう楽しくもないわ。でも他にやりたいこともないから」

    マミ「そっか……」

    マミ「あっ、さっき買ったんだけど、よかったらこれあげるわね」

    ほむら「缶の紅茶?」

    マミ「外で絵なんて描いていたら冷えるでしょう?」

    ほむら「ありがとう……」

    12 = 5 :

    ほむほむ

    13 = 1 :

    マミ「いつも同じ女の子を描いているのね」

    ほむら「そうね」

    マミ「どう? たまには私も絵のモデルにしてみたり?」

    ほむら「遠慮しておくわ」

    マミ「つれないんだから……」

    ほむら「だって彼女を描かなければ意味が無いんだもの」

    マミ「そう頑なに拒否されると……、逆に意地でも自分を描いて欲しくなっちゃうな」

    ほむら「はいはい」

    マミ「本当に、つれないわねー」

    14 = 1 :

    杏子「よっこいしょ、と」

    ほむら「その画用紙と色鉛筆は……」

    杏子「アンタを見てたらあたしもやってみたくなってさ」

    杏子「隣、いいだろう?」

    ほむら「構わないわよ」

    15 = 1 :

    杏子「ああああっ! 上手くいかねえー!!」

    ほむら「確かにこれは酷いわね」

    杏子「うっせえ!」

    ほむら「さやかを、描いていたの?」

    杏子「なんで疑問形なんだよ!? どっからどう見てもさやか……、でもないか、この画力だと」

    ほむら「……心配ないわ」

    杏子「へっ?」

    ほむら「貴女がさやかのことを描きたいと思い続ける限り、きっとみるみる絵は上手くなる」

    杏子「どうして分かるんだ?」

    ほむら「強い気持ちは飲み込みの早さを変えるのよ」

    杏子「まるで体験してきたみたいなレベルの言いきり方だなー」

    16 = 1 :

    それ以来、佐倉杏子は、よく私の隣に座っては、さやかの絵を描くようになった

    17 :

    俺も上手くなりたいよ

    18 :

    マミさんは誰を書くのかな、うん?

    19 = 1 :

    マミ「今日はケーキを差し入れに持ってきたわよ!」

    ほむら「ケーキって野外で食べるものかしら……」

    マミ「いいのよそんなのは。美味しいものはどこで食べても美味しいの!」

    ほむら「もぐもぐ」

    マミ「って、私が喋ってる間にもう食べてるじゃない! あんなこと言ってた癖に!」

    ほむら「美味しいケーキね」

    マミ「そう……。ありがとう」

    ほむら「ねえ。マミはやりたいことってある?」

    マミ「やりたいこと?」

    20 = 1 :

    マミ「私は魔獣を退治することで、なるべく多くの人を助けたいな」

    ほむら「魔法少女としてやりたいことではなく、巴マミとしてやりたいことはないの?」

    マミ「へっ? ……そう言われてみると、うーん」

    ほむら「……」

    マミ「やりたいことは沢山ある気がするのだけれど、咄嗟には思いつかないわね」

    ほむら「そう」

    マミ「ああ、でも1つだけ、楽しみなことはあるわ」

    ほむら「どんなこと?」

    マミ「秘密よ」

    ほむら「なら、それが何かは分からないけれど――――」

    ほむら「やりたいことはやれる内にやっておいた方がいいわよ」

    ほむら「私は気付くのが遅すぎて、本当にやりたいことをできなくなってしまったから」

    マミ「……」

    ほむら「絵なんて、所詮は代替手段の出来損ないに過ぎないのよ……」

    21 = 1 :

    それ以来、巴マミは、よく自作のお菓子を持ってきては、私に味の感想を尋ねるようになった

    22 = 1 :

    杏子「どうだほむら!」

    ほむら「最初を思えば上達したわね」

    杏子「だろ!」

    ほむら「でも私と比べるとまだまだだわ」

    杏子「ぐっ……」

    ほむら「ねえ、杏子」

    杏子「ん?」

    ほむら「私達こんなことしてて、意味、あるのかな……」

    杏子「いきなり随分な質問だね、おい」

    23 :

    ほむ

    25 = 1 :

    ほむら「私達がこんなことをしても、描かれた少女は何も得ない」

    杏子「そりゃそうだ」

    ほむら「こんな自己満足を続ける意味あるのかなって、最近ちょっと考えることがあるんだ」

    杏子「……意味、あるじゃん」

    ほむら「えっ?」

    杏子「自己満足だって1つの立派な理由だよ」

    ほむら「……」

    杏子「あたし、さやかのこと忘れたくないんだ。忘れたくないから、絵を描いてる」

    杏子「こんなことして誰が喜ぶでもないし、描いても描かなくても世界はちっとも変わらないけどさ」

    杏子「忘れたくないって気持ちは少しだけ満たされる」

    杏子「それでいいじゃん」

    ほむら「……そうね。貴女の言う通りかもしれないわ」

    ほむら「それにしても、自己満足を正当化するだなんて、まったく貴女らしい論理展開ね」

    杏子「どういう意味だよ!」

    26 = 1 :

    それから3日後、杏子は、魔獣との戦いで命を落とした
    私の隣は永遠の空席になった

    27 = 24 :

    あんあん……

    28 = 1 :

    ほむら「絵を描いているのよ。ほら」

    ほむら「ええそう、モデルは私の大切な人よ」

    ほむら「……それから」

    ほむら「仕方が無いから、貴女と、貴女の大切な人ものことも描いてあげているわ」

    ほむら「忘れたくなかったんだよね、美樹さやかのこと」

    ほむら「私がちゃんと覚えていてあげるから……」

    ほむら「もちろん主役はまどかだけど、貴女とさやかも、絵のどこかに必ず入れてあげるから」

    ほむら「だからゆっくり休んでね、杏子」

    29 = 1 :

    マミ「最近、美樹さんや佐倉さんのことも描くようになったのね」

    ほむら「ええ。心境の変化があったのよ」

    マミ「そうなんだ……」

    マミ「あっ、今日の差し入れはチョコタルトよ!」

    ほむら「もういただいているわ。もぐもぐ」

    マミ「遠慮が無いわね……」

    ほむら「ほろ苦くて甘すぎない、思い切り私好みの味ね」

    マミ「本当!?」

    ほむら「ええ。とても美味しいわ」

    マミ「よかった!」

    ほむら「……ねえ、マミ」

    マミ「うん?」

    ほむら「次の絵のモデルになってみない?」

    30 = 24 :

    ほむほむ

    31 = 1 :

    ほむら「あまり動かないでね。かきかき……」

    マミ「絵を描いて欲しいとは確かに以前言ったけれど、どうしてまた突然?」

    ほむら「したいことはできる内にしておきたいのよ」

    マミ「……そうね。いつまでこうしていられるかは、分からないものね」

    ほむら「……」

    マミ「……」

    ほむら「マミ」

    マミ「ええ」

    ほむら「今度はショートケーキが食べたいわ」

    マミ「あら。リクエストだなんて珍しい」

    ほむら「その次はシュークリーム、そのまた次はモンブラン、更に次は―――」

    マミ「ちょっとちょっと! 本当にどうしたの!?」

    ほむら「……」

    マミ「暁美さん……?」

    ほむら「マミは、いなくならないで……」

    32 :

    ほむマミ・・・

    33 = 23 :

    ほむ

    34 = 1 :

    マミ「じゃあ、こうしましょう」

    ほむら「……?」

    マミ「スケジュール帳を買ってきて、1年先まで差し入れの予定を立てちゃうの」

    ほむら「1年分の予定……」

    マミ「5年先まででも、10年先まででもいい」

    マミ「こうやって予定を立てれば、お互い約束を破るわけにはいかないものね」

    マミ「これで意地でも死ねなくなるわ」

    ほむら「……そうね」

    マミ「さ、そうと決まればさっそくスケジュール帳を買いにいきましょう!」

    35 = 17 :

    なんて悲しい展開
    このままいくとほむほむが独りボッチになってしまう・・・
    救いはあるのですか

    36 = 24 :

    まみまみ

    37 = 1 :

    それから1週間後、マミは、魔獣との戦いで命を落とした
    以来、美味しい差し入れがもらえることは二度となかった

    38 :

    やだなにこの鬱SS

    39 = 17 :

    あああああああああ

    40 = 24 :

    まみぃ……

    41 = 23 :

    マミさん...

    42 = 1 :

    ほむら「今日はロールケーキの日よ、マミ」

    ほむら「コンビニで買ってきたわ」

    ほむら「もぐもぐもぐ」

    ほむら「マミのつくったものの方が何倍も美味しかったわね」

    ほむら「絵もにぎやかになってきたんだよ」

    ほむら「まどかがいて、さやかがいて、杏子がいて、マミがいる」

    ほむら「マミは独りぼっちなんかじゃないよ」

    ほむら「だから寂しくなんてない、孤独なんかでもない」

    ほむら「……貴女の楽しみにしていたことって、けっきょく何だったのかしら」

    44 = 38 :

    なんでSSで泣きそうになってんだ俺

    45 :

    くっ……

    46 = 1 :

    ほむら「かきかきかき」

    ほむら「かきかきかき」

    ゆま「何してるの?」

    ほむら「……」

    ゆま「なーにーしーてーるーのー?」

    ほむら「……絵を描いているのよ」

    ゆま「絵? ああっ、キョーコだ!」

    47 = 1 :

    ほむら(そういえば彼女は、キョーコの弟子のような存在だったわね)

    ほむら「その絵はあげるからどこかへ行ってちょうだい」

    ゆま「ねえ、キョーコのこと知ってるの!?」

    ほむら「お願い……、どこかへ行って……」

    ゆま「うー……、分かった」

    ゆま「絵、ありがとう。またくるね!」

    ほむら「……」

    48 = 24 :

    ゆまゆま

    49 :

    胸に来るものがあるな

    50 = 1 :

    それ以来、千歳ゆまは、よく私の後ろに座っては、私に話しかけてくるようになった


    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×9
    タグ : - 魔法少女まどか☆マギカ ×2+ - まど神 + - 佐倉杏子 + - 千歳ゆま + - 巴マミ + - 暁美ほむら + - 鹿目まどか + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について