のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,531,215人
昨日:no data人
今日:
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ勇者「ごめんみんな。死んでくれ。」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - チラ裏 + - ハーレム + - 冗長 + - 勇者 + - 神スレ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:23:09.36 ID:vWim8amc0 (+120,+29,-27)
    勇者SSです。
    スレ立ったらPCから書きます。
    2 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:23:56.55 ID:1cynOq4ki (+0,+12,+0)
    しんどく
    3 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:25:03.29 ID:9hIgZXYd0 (+30,+30,-138)
    「久方ぶりだな、勇者よ。そなたの妹が亡くなってから、旅に出たと聞いていたが・・・」
    勇者「魔王が現れたと聞き、世界の危機を感じ舞い戻った次第です。」
    「よくぞ言ってくれた勇者よ。そなたこそ真の勇者だ。」
    勇者「・・・いえ。」
    「伝説にはこうある。」

    ー魔王現れしとき、また勇者も産まれ出でん。
    深い闇と目映い光。
    彼の者其を倒すとき、世界は一つとなり永劫の平穏が約束されん。
    4 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:25:22.00 ID:9KT3Hycg0 (-23,-29,+0)
    とりあえず"」"の前に"。"はいらん
    5 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:26:07.64 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-164)
    勇者「僕も、よく知っています。」
    「そうであったな。歳をとると話が長くなっていかん。
    まずは酒場に行き、仲間を雇うがよい。契約にかかる費用は全て国が持つゆえ、腕利きの傭兵を連れていくとよかろう。
    生憎、城の兵士なぞより余程実践経験が豊かだろうからの。」
    勇者「お力添え、ありがとうございます。では、行って参ります。」
    王様「まあ待て、折角の門出だというのにそんなに急ぐものではない。
    ・・・大臣、あれを。」
    6 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:27:48.27 ID:9hIgZXYd0 (+90,+30,-112)
    大臣「は。」
    勇者「この宝剣は?」
    王様「兵団長・・・亡くなったそなたの父上より、そなたがいつか旅に出るとき、渡すように頼まれていたのだ。」
    勇者「父が・・・」
    勇者は宝剣を鞘から抜こうとした!
    7 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:29:45.65 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-115)
    勇者「・・・抜けない?」
    王様「城の者が何人束になろうと抜けなかった剣だ。
    しかし国の英雄とまで呼ばれたそなたの父の言葉だ。
    何か訳があるのだろう。持っていきなさい。」
    勇者「わかりました。確かに。」
    王様「うむ。そなたの旅に必要な道具や貨幣も、全て酒場の女将に預けてある。
    心して行けよ。道中、そなたに神の加護があらんことを。」
    勇者「・・・ありがとうございます。王様。」
    8 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:31:46.81 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-112)
    城下町、酒場
    「いらっしゃい。あなたが勇者ね。初めまして。私がここを仕切る女将よ。」
    勇者「はじめまして。」
    「早速だけど、いま酒場に登録している腕利きの傭兵のリストを作っておいたわ。
    目を通して、気に入ったら連れておゆき。」
    勇者「申し訳ありませんが、僕は自分の目で確かめたいのです。自分の背中を預ける仲間ですから。」
    「わかったわ。じゃあ、あなたのお眼鏡にかなう子はいるかしら?」
    9 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:33:46.81 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-178)
    勇者「・・・(強い意思を秘めた瞳、傷の少ない盾。まだ実践経験は少なそうだけど、彼なら、きっと。)
    ・・・あそこに座っている若い戦士を。」
    「え、いや確かにいい子だけど、彼より強い戦士は他にいるわよ?」
    勇者「いいんです。それと・・・
    (気丈に見えるけど、襟の大きいローブで表情を抑えている。
    手にはめたグローブは所々焦げていて、炎系を得意としている、か)
    ・・・そこの魔法使いさん。」
    「え、ええ・・・」
    勇者「あとは・・・
    (慈愛に満ちた目、そしてあの法衣は、水の加護が強く宿っている。もしかしたら・・・)
    ・・・あの女性を。」
    10 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:34:13.60 ID:ZTWnxc9F0 (+16,+26,-1)
    あまりおもしろない
    11 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:35:24.79 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-166)
    「悪いけど勇者くん。あなたが選んだ子達は実践経験も豊かじゃなく、戦いを生き延びるしたたかさも持ち合わせてないわ。
    いくらあなたが勇者でも、このパーティじゃ」
    勇者「女将さん。」
    「ひ、はいっ!」
    勇者「僕は共に戦う仲間を選んでるんです。
    それは強さよりも、確かな思いの方が重要なこともあります。僕は、彼らと旅をしたい。」
    「わ、わかったわ。それじゃあ、戦士くん!魔法使いちゃん!僧侶ちゃん!勇者様からご指名よ!」

    客達「おいおい・・・マジかよ・・・勇者様は死ににいくつもりか・・・世界の命運がかかっているというのに・・・」
    12 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:36:10.66 ID:iACd7w7w0 (+19,+29,-13)
    それボンボン投下しろ
    14 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:37:46.05 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-144)
    戦士「ありがとうございます。勇者殿。必ずや、あなたの剣となります。」
    魔法使い「よろしく。勇者さん。」
    僧侶「私なんかでよろしいのですか?」
    勇者「みんな、僕が選んだパーティだ。このパーティでダメだったら、それは僕がダメだったってことだ。
    これから、命をかけてもらうこともあると思う。だけど、みんな強い気持ちがあってここにいると思うんだ。」
    三人「・・・」
    勇者「僕は君達の剣であり、盾になる。足りないところは補ってほしい。これから、どうかよろしく!」
    三人「はいっ!」
    「確かに、こうしてみればいいパーティかもしれないわね。それじゃあ、これ。」

    パーティは城の標準兵装を装備した!
    10000G手に入れた!

    「それじゃあ、頑張ってね!」
    一同「はい!」
    15 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:38:25.75 ID:ncsoOzyU0 (+22,+29,+0)
    くせーからSS速報池
    16 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:39:00.73 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-134)
    パーティが去った後、酒場
    「・・・(あの時の勇者くんの眼光・・・あれが勇者の持つ強い心なのかしら。
    でも、それにしてはあまりに、冷たく・・・)
    まあ、思い過ごしね!
    みんな!今日はめでたい日だから、全部ツケでいいわよ!」
    客達「ツケかよ!!」
    「・・・(そうよね、きっと杞憂だわ。きっと・・・)」
    17 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:39:26.87 ID:8WnKuFoV0 (-16,-9,+1)
    50Gじゃないんだ
    18 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:40:27.69 ID:j9N6KhkaO (+24,+29,-7)
    まぁまぁ、そこそこやな

    スレレベル2
    支援がなければ完結せずに150で落ちる程度
    19 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:40:36.40 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-199)
    城下町、入り口
    戦士「では勇者殿、まずはどちらに?」
    勇者「魔王の居場所はわからないけど、魔物は東の大陸から侵攻してくると聞いてる。
    だから、まずは東の大陸で情報を集めるために、この大陸の東にある港に向かうつもりだよ。」
    僧侶「私で本当に大丈夫なのでしょうか・・・」
    魔法使い「あんたは昔から弱気ね。だからダメなのよ。」
    戦士「二人は知り合いなのですか?」
    僧侶「ええ、東の孤児」
    魔法使い「ただの知り合いよ。深い繋がりはないわ。」
    僧侶「魔法使いちゃん・・・」
    勇者「僕たちももっとお互いに信頼し合えるようにならないとね。
    それじゃあ旅立とう!」
    20 : 忍法帖【Lv= - 2011/11/27(日) 20:41:11.98 ID:GVdya0vK0 (-2,+12,-1)
    ほう
    21 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:42:06.85 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-206)
    城の東平原
    戦士「たあっ!!」
    戦士の攻撃!あばれうさぎに7のダメージ!
    魔法使い「火球魔法!」
    魔法使いは火の玉で攻撃!カラスこぞうに10のダメージ!
    あばれうさぎの攻撃!
    戦士「うわっ!」
    戦士に7のダメージ!
    僧侶「小回復陣・・・!」
    戦士は体力が15回復した!

    勇者「いいか、戦士くん。あばれうさぎはダメージを受けると攻撃力が上がる。
    小さなダメージを別けて与えるより、集中して・・・」
    勇者の攻撃!あばれうさぎに20のダメージ!あばれうさぎを倒した!
    戦士「すごい・・・」
    勇者「魔法使いさんの方は・・・どうやら大丈夫みたいだ。」
    魔法使いは閃熱魔法を放った!
    モンスターの群れを倒した!
    22 : 忍法帖【Lv= - 2011/11/27(日) 20:42:46.67 ID:y8wp7pZ/0 (-27,-15,-1)
    23 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:43:55.68 ID:9hIgZXYd0 (+93,+30,+0)
    戦士「勇者殿は、強いですね。」
    勇者「いや、それは違うよ。僕は弱い。」
    戦士「そんなこと!さっきだってあばれうさぎを一撃で!」
    勇者「僕はね、弱いから工夫するんだ。だからどうしたら強い敵に勝てるかを考えてる。」
    戦士「でも、自分にはない強さです。自分は馬鹿みたいに向かっていくことしか出来ませんから・・・」
    勇者「・・・戦士くんは、それでいいと思うよ。それはきっと、僕にはない「勇気」だから。」
    戦士「え・・・? でも、勇者殿は、「勇気ある者」なのでは?」
    勇者「それはお伽噺の中だけ。僕はとても怖がりなんだ。
    確かに、もっと強くなれば僕にしか使えない魔法や、僕にしか装備できない武器があるかもしれない。
    でも、それだけなんだ。力は戦士くんに敵わない。魔力は魔法使いさんや僧侶ちゃんに敵わない。それが勇者なんだよ。」
    戦士「・・・勇者殿がなんと言おうと、自分は勇者殿は勇気ある者だと思っています。」
    勇者「はは・・・ありがとう。」
    24 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:45:16.57 ID:SjRwqZes0 (-3,+11,+0)
    SS速報池
    26 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:45:44.97 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-110)
    僧侶「勇者様は、なぜ私たちを選んだのでしょうか。」
    魔法使い「さあ。わからないけど、でも勇者といれば魔王に近付ける。
    それは私にとって何より重要なこと。
    そのチャンスが巡ってきたんだから、私は何がなんでも魔王まで辿り着くわ。」
    僧侶「魔法使いちゃん・・・やっぱり、まだ」
    魔法使い「僧侶?」
    僧侶「あ・・・うん、ごめんなさい。」
    魔法使い「もう寝ましょう。明日中には、次の村へ着かないといけないんだから。」
    僧侶「そうですね。少しでも足を引っ張らないようにしないと!」
    27 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:46:24.82 ID:sgyaKnvw0 (+23,+28,-3)
    読んでてだれるな
    28 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:47:12.37 ID:I5pA2aSe0 (+24,+29,-1)
    チラ裏感がすごい
    29 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:47:17.70 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-117)
    西の大陸、東の村、村長宅

    村長「どうかお願いします!このままでは、村の食料が無くなってしまいます!」
    勇者「わかりました。僕達が洞窟へ行って、その魔物の群れを倒してきます。みんなも、いい?」
    戦士「もちろんです。」
    魔法使い「回り道だけど、仕方ないわね。」
    僧侶「困ってる人々を助けるのが、神の僕たる私の仕事です。」
    勇者「よし、ちょっと準備をしたら早速行こうか!」
    30 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:48:38.64 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-169)
    村の北、毒の沼地に覆われた洞窟
    勇者「みんな気を付けて。ブーツに村で買った油を塗るんだ。そうすればある程度毒をはね除けられる。」
    僧侶「本当に勇者様は物知りなのですね。」
    勇者「僕も、ただ聞きかじっただけなんだけどね。」
    戦士「おおっ!すごい!泥を弾いてる!」バシャバシャバシャ
    魔法使い「ちょっと!あんたは少し落ち着きなさい!」
    勇者「はは。あれが彼のいいところだと思うよ。」
    魔法使い「まったく・・・さ、油が切れないうちに先を急ぎましょうか。」
    31 : !siyoury - 2011/11/27(日) 20:48:49.46 ID:BSom2b1z0 (-1,+8,-1)
    あ!?
    32 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:49:26.45 ID:6JOxnCk2O (-27,-15,-1)
    33 : !shiyour - 2011/11/27(日) 20:49:54.19 ID:BSom2b1z0 (-29,-19,-4)
    か?
    34 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:50:31.89 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-230)
    洞窟、中腹

    戦士「かえんぎりいっ!」
    どくどくフロッグに22のダメージ!
    どくどくフロッグを倒した!
    戦士「やっぱり剣を持ってれば魔法のイメージがしやすいな!」
    魔法使い「あんたは単細胞なだけ。ほら!倒し損ない!」
    戦士「おお!?」
    腐りスライムの攻撃!戦士に2のダメージ!
    魔法使い「言わんこっちゃない!火炎球魔法!」
    腐りスライムに42のダメージ!腐りスライムを倒した!
    僧侶「みなさんすごいですねえー。はい、小回復方陣。」
    パーティの体力が回復した!
    勇者「みんな、戦いに余裕が出てきたね。僕も頑張らないと。」
    戦士「何を言ってるんですか。一人で三体も倒しておいて!」
    魔法使い「本当に。息も切らさずに立て続けですものね。」
    勇者「いや、あの魔物は一端距離を取ったあとに三体で群れをなしてチームプレイで迫る習性があるんだ。
    それをやられる前に一匹目を倒せば、その瞬間にバランスが崩れるんだよ。」
    35 : !siyoury - 2011/11/27(日) 20:50:44.85 ID:BSom2b1z0 (-8,+1,+0)
    ??
    36 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:51:04.34 ID:P+Mr1/f40 (+24,+29,-10)
    読みにくいしめんどくさいから
    起承転結四行で頼む
    37 : !shiyour - 2011/11/27(日) 20:51:29.00 ID:BSom2b1z0 (+18,+28,+0)
    もー知らん
    38 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:52:12.63 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-178)
    戦士「はー・・・」
    僧侶「凄いです!なんで勇者様はそんなに色んなことにお詳しいのですか!?」
    魔法使い「確かに。ちょっと並の知識じゃないわね。」
    勇者「大したことないよ。お・・・本を読むのが好きでさ、色んな冒険譚とか、図鑑とかよく読んでたんだ。」
    僧侶「もし世が世なら、学者さんになれたかもしれないですね。」
    勇者「・・・そうかも、しれないね。」
    僧侶「あ・・・私失礼なことを・・・」
    勇者「いや、こんな世界だからこそ、僕たちは早く魔王を倒さなきゃいけないんだね。」
    魔法使い「・・・そうね。魔王を倒さなきゃ、何も、誰も救われない。」
    戦士「そうですね。俺も、その気持ちは同じです。」
    勇者「みんな。早く洞窟の主を倒して、おいしいものでも食べよう!」
    一同「はい!」
    39 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:53:43.73 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-225)
    洞窟最深部、魔物の群れの長の部屋
    魔物「グルルルルル・・・」
    勇者「みんな、静かに構えて。音に反応して飛びかかってくるよ。
    僕と戦士くんで前衛、僧侶ちゃんは中衛で回復方陣を張って。
    魔法使いさんは後衛から範囲魔法で弾幕を張って牽制。合図と同時に行くよ。
    ・・・3、2、1、いまっ!!」
    魔法使い「火球礫魔法!」
    しかし魔物は全弾をかわしていく!
    勇者「これで動線が限定された!戦士くんは左を!僕は右から叩く!」
    戦士「うおおおっ!しんくうぎりっ!!」
    勇者「しっぷうづき!!」
    二方向からの連携攻撃!
    しかし魔物は大きく跳躍し、天井を蹴って方向転換した!
    40 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:54:10.01 ID:VdZpwkGt0 (+24,+24,-4)
    読みにくいし。いらねえしただ単につまんね
    41 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:55:13.95 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-184)
    勇者「なっ!僧侶ちゃん危ない!」
    魔法使い「くっ!閃熱放射魔法!」
    熱の壁に体毛を焦がしながら魔物が突撃してくる!
    僧侶「きゃあああっ!」
    僧侶に56のダメージ!
    魔法使い「うっ!」
    魔法使いに32のダメージ!
    戦士「このやろうっ!」
    戦士の攻撃!魔物に30のダメージ!
    魔物は距離を取った!
    勇者「僧侶ちゃん!傷が深い・・・中回復陣!」
    僧侶と魔法使いの体力が少しずつ回復していく!
    勇者「戦士くん!一分だけ一人でなんとか持ちこたえてくれ!」
    戦士「わかりました!やってみせます!」
    魔物「くがあぁああっ!!」
    42 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:56:46.69 ID:rGUc1Qn/0 (+11,+26,+0)
    展開遅ぇ
    秋田
    43 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:57:02.03 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-192)
    洞窟最深部、パーティが戦闘を開始して一時間後
    勇者「く・・・は・・・つよ、いな・・・」
    戦士「これは・・・ちょっと、まずい、ですかね・・・」
    僧侶「魔力がもう・・・残り少ないです・・・」
    魔法使い「・・・」
    僧侶「魔法使いちゃん!しっかり!」
    魔法使い「・・・ぶつぶつ・・・聞こえてる、わよ・・・
    勇者、少しだけ、あと少しでいいから時間を稼いで。そうしたら必ず、私があいつを倒すから。」
    勇者「・・・それは、自己犠牲呪文じゃないよね?」
    魔法使い「魔王倒すまで死ねないの・・・これから出すのはとっておきよ。」
    勇者「わかった。僧侶ちゃん。」
    僧侶「これが、最後です・・・小回復方陣!」
    パーティの傷が少し回復した!
    戦士「よし、いきますか。」
    勇者「たのんだよ、魔法使いさん。いやああああっ!!」
    戦士「うおおおおっ!!」
    44 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:57:34.41 ID:bGI75Q2y0 (+14,+21,+0)
    打たれ負けるなよー
    45 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 20:57:57.58 ID:VdZpwkGt0 (+29,+29,-7)
    まず改行がおかしい

    セリフ毎に改行しろ

    VIpで地の文とか舐めてんの?
    46 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 20:59:00.26 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-194)
    勇者と戦士の攻撃!勇者の剣が魔物の足を捕らえる!
    魔物「ぎゃうっ!」
    戦士の剣が魔物の脳天を捕らえる!
    しかし魔物に寸前でかわされてしまった!
    勇者「まずい!」
    魔物の牙が魔法使いに向かう!
    戦士「間に合わない!」
    僧侶「水流射出魔法、極小!」
    僧侶から放たれた水が針のように魔物の足に刺さる!
    僧侶「魔力がほとんど無くても、水の出口さえ狭めれば貫通力は有ります!」
    魔法使い「よくやったわ僧侶!みんな地面に臥せて!火炎爆発魔法っ!!」
    爆風と炎が魔物を包む!
    魔物「ぎゃおあおおおおっ!!」

    魔物の長を倒した!
    47 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 21:00:47.53 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-244)
    勇者「・・・僧侶ちゃん、よく思い付いたね・・・」
    僧侶「勇者様が頭を使って戦うことを教えてくれたお陰です。」
    戦士「にしても最後の魔法、すごかったな・・・」
    魔法使い「お陰で、魔力は小火球魔法一回分しかないけどね・・・脱出魔法も唱えられないわ。」
    勇者「ん?あれは・・・」

    勇者は何かを見つけた!
    なんと部屋の小さな横穴から小さな魔物が沢山飛び出してきた!
    小さな魔物たちは魔物の長の亡骸に寄り添っている!

    僧侶「もしかして魔物は、子供たちの餌を取りに村を・・・?」
    勇者「この周りは毒の沼地だったから、恐らく食べるものが育たないんだろうね。」
    戦士「で、でもこいつを倒さなきゃ村の人達だって!」
    勇者「そうだね。仕方なかったんだと思うしかないよ。」

    魔法使い「どいて。そのくらいの魔物なら、私の残りの魔力でも一掃できるから。」
    48 : ◆qcSQN4 - 2011/11/27(日) 21:02:53.84 ID:9hIgZXYd0 (+95,+30,-239)
    僧侶「魔法使いちゃん・・・?」
    戦士「おい!流石にそこまでは!」
    魔法使い「この魔物も放っておけば成長して、また人間を襲うかもしれない。そうなる前に、やるのよ。」
    勇者「・・・」
    僧侶「魔法使いちゃん、あの時のことは・・・」
    魔法使い「あんたは黙ってて!!どきなさい!!」
    戦士「ちょっといい加減にし」
    魔法使い「あんたにはわからないでしょうね!
    自分の親を、村を、魔物に滅ぼされたこともないあんたに!」
    僧侶「魔法使いちゃん!」
    戦士「お前・・・」
    魔法使い「・・・もういいわ。少し休んで、魔力が戻ったらこんな洞窟すぐに出るから。
    ・・・ちょっと一人にして頂戴。」
    戦士「待てって」
    勇者「戦士くん。」
    戦士「勇者殿・・・」
    勇者「少し一人にしてあげよう。もう魔物の長は倒したし、洞窟の魔物もほとんど倒した。一人でも大丈夫だよ。」
    戦士「はい・・・」

    僧侶「勇者様。」
    勇者「なんだい?」
    僧侶「ちょっとお話よろしいですか?」
    49 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 21:05:52.16 ID:bB3sZmfwO (+24,+29,-4)
    スレタイに惹かれて開いたのに、何この読み難さ
    50 : 以下、名無しにか - 2011/11/27(日) 21:06:18.25 ID:ewxTS76e0 (+8,+23,+0)
    頑張って
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - チラ裏 + - ハーレム + - 冗長 + - 勇者 + - 神スレ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について