のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,556,667人
911,665,300頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:767人
855頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ唯「変な線と点が見える」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:37:01.08 ID:zjuvhrKj0 (+115,+28,-1)
    というのはどうだろう
    2 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:37:52.99 ID:EGs52lo80 (+14,+29,+0)
    平行線公理
    3 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:40:26.09 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-77)
    「うーいー…」

    「どうしたの?お姉ちゃん」

    「頭痛が痛いよ……」

    「大丈夫?!お姉ちゃん!頭(の調子)がおかしいの!?」

    「憂…姉妹だからってそれはないよ」

    「色々略しちゃってごめんねお姉ちゃん、大丈夫なの?」

    「ちょっと大丈夫じゃないと思う。目もおかしいし今日は休むよ」
    4 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:42:37.07 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-84)
    (今朝起きた時からずっと変な線と点が見える)

    (その「線」と「点」が何なのかはよく分からないけど)

    (なんだか触るのは怖い)

    「おっとと……っ、手すりの「点」に手が…」

    スッ
      バラバラバラバラッ

    「――――――!?」
    5 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:44:26.02 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-56)
    「て、手すりが……?」

    何故だかは良く分からない。
    ただ、触れただけでモノをバラバラにしてしまいそうな点が怖い

    「――っ、う、憂!」

    「どうしたのお姉ちゃ……!?手すりがバラバラ!何があったの!?」

    「そ、それが…」
    6 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:46:34.99 ID:F7922nsH0 (+19,+29,-16)
    まさかと思ったら案の定の直死
    7 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:47:32.87 ID:4jLpqF0Z0 (+24,+29,-2)
    あーそれ俺も持ってるわー。持ってるわー
    8 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:48:44.62 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-182)
    「………それで、その「点」に触れたらその周辺の手すりが壊れたの?」

    「そ、そうなんだよ憂。他にも「線」がモノに張り巡らされてて」

    「お姉ちゃん…本当の話なの?」

    「本当だよっ…それなら、なにか刃物と壊れても良さそうなものを持ってきて」

    適当な大きさの石、それからカッターナイフを憂に持ってきてもらう。
    まずは「線」から。
    石に張り巡らされた線を、切断する。
    石を、17個に分断する。
    その間、少し頭が痛んだ。

    「お、お姉ちゃん、これ……」

    「…この通りなんだよ、憂。少し調子も悪いし、また何か壊しちゃいそうだから寝るね」

    「う、うん…お大事にね、お姉ちゃん」
    9 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:52:29.57 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-140)
    ベッドに潜り、眠気と戦いながら思案する。
    ただ、この「線」と「点」を見ていると、ひどく気分が悪くなる。
    枕元には昨日水を飲んでそのままにしてるプラスチックのコップ。
    その「点」を刺す。
    (やっぱり指が沈む。力なんて要らないのかな)

    コップはあっけなく砕け散る。

    (これはきっと継ぎはぎなんだ。手術をして縫った後の所みたいに、
    脆くなっている所なのかもしれない)

    知らなかった。

    世界はこんなにもツギハギだらけで、
    とても壊れやすいところだったんて。
    10 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:53:36.47 ID:e/uk8JzD0 (-2,+12,+0)
    ほう
    11 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:53:54.62 ID:If1s2T+Y0 (+28,+28,+0)
    けいおんである意味
    12 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:55:14.51 ID:SHWGNRqJ0 (+28,+29,+0)
    飛蚊症かと思いました
    13 : だったんて。(キ - 2011/11/26(土) 17:55:39.64 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-115)
    「お姉ちゃん、大丈夫?」

    「…っ」

    憂を、直視できない。
    憂まであっけなく、簡単に壊れてしまいそうで。
    きっとあの「線」は人もたやすく壊してしまうんだろう。

    「うん、大丈夫だよ……。眼はきっとすぐ治るよ。動くぶんには
    大丈夫そうだから眼科に行ってみる……痛っ」

    「やっぱり無理しちゃ駄目だよ。私が帰ってきたら一緒に行こう?」

    「…うん。」

    憂が行った後も、脆い継ぎはぎだらけの部屋の中で考える。
    これからこの「眼」が治らなかったらどうしようか。
    「線」を見ていると頭が痛む。
    14 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:57:52.69 ID:kCq7B9yOi (+21,+29,-1)
    オナニーした回数見えるようにしてくれ
    それかバストサイズ
    15 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:58:04.08 ID:rxpWNmCnO (+19,+29,-18)
    ごきにゃんはいつバラバラになるの?
    16 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:58:38.87 ID:rJGol6Mp0 (+32,+29,+0)
    >>14
    そんな薄い本があったな
    17 : >> - 2011/11/26(土) 17:58:57.58 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-104)
    (だめだ)

    どうしても部屋の中にいると「線」と「点」が見えてしまう。
    どうせならこの「線」を確実に見えなくするような真っ暗闇か、
    いっそ「線」を消せるくらいの明るい所がいい。

    (眼を休めながら外に出てみよう)

    仮にも欠席している身。どこか見つからない場所がいい。

    (どうだ、外れに小さい林があったっけ)

    小さい頃よく憂と遊んだ場所。
    あそこなら光も届くし心が落ち着く。

    (そうと決まれば早く行こう)

    眼を休めつつ、速足で向かう。
    18 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:59:01.94 ID:Z6ELRC4iO (+22,+29,-1)
    唯が超能力に目覚めたってことか
    19 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 17:59:56.59 ID:IX0ZAS4kO (+34,+29,-4)
    二番煎じだな、前のより面白く出来る自信があるなら続けろ
    20 : >> - 2011/11/26(土) 18:01:21.79 ID:zjuvhrKj0 (+93,+30,-56)
    (やっぱりここは落ち着く)

    木のにおい。
    昔、ここで滅んだ一族がいるらしい。
    自分が産まれる前。
    ある一族とある一族が衝突して、片方はあっけなく滅ぼされたらしい。

    (昔の話なんてどうでもいいけれど)

    それは少し悲しい話な気がする。



    「君、そんな所に寝転がってると危ないわよ」

    「えっ?」
    21 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:06:13.54 ID:7HS951biO (+29,+29,-2)
    けいおんキャラ使えば人が集まる時代は終わった
    22 : >> - 2011/11/26(土) 18:06:18.82 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-62)
    「ど、どなたですか?」

    自分がその「どなた」かも伝えてないのに、無礼なもの言いだと思う。
    でも軽いパニックになっていたから、そのくらいしか言えることが無かった。

    「私?私はね」



    「晩御飯だよー」

    「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」
    23 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:07:17.52 ID:d0JHwpfW0 (-23,-11,+0)
    オワタ
    24 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:07:25.21 ID:xIY1mJApO (+14,+29,+0)
    飛蚊症かと
    25 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:14:17.58 ID:zjuvhrKj0 (+84,+29,-8)
    「ごごごごごはんおいしいよ憂ちゃん」
    26 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:19:16.60 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-124)
    「まあ、それは後々分かるとして」

    「はあ…」

    こちらが名乗っていないのだ。向こうが名乗らなくても納得するのが筋だろう。

    「ま、ここで会ったのも何かの縁だし、少し話し相手になってくれない?
    私は蒼崎青子っていうんだけど、君は?」

    まるでずっと知り合いだった友達のような気軽さで、女の人は手を差し伸べてきた。
    断る理由もないので、自分も名を名乗る。

    「唯、平沢唯です。」

    そうして、アオザキと名乗る女性の冷たいてのひらを握り返した。
    27 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:23:56.49 ID:LS3K5JJQO (+39,+29,-22)
    スレタイ違うけど似た内容の見た記憶が

    でもあれはバトル無かったし気にすることない


    支援する
    28 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:24:20.00 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-183)
    その女性と話す時間は、とても楽しいものだった。
    この人は歳の差など気にせずに、1人の友達として私の話を聞いてくれた。
    色々な事を話した。
    ここから少し離れたところに自分の家があること。
    行儀作法がほとんどフリーダムで、お父さんとお母さんが常にラブ旅行中だということ。
    憂という妹がいて、とてもおとなしくて、可愛くて、ナイスバディで、お利口で、可愛いくて、

    ―――熱にうかされたように、色々な事を話した。

    青子「ああ、もうこんな時間。悪いわね唯。私、ちょっと用事があるからお話
    はここまでにしましょう」
    女の人は立ち去って行く。

    さっきまで話していた人が居なくなるというのは、一人友達を失ったようで少し寂しかった。

    青子「じゃあまた明日、ここで待ってるからね。君もちゃんと家に戻って、
    妹さんと病院に行って、きちんと医者の言い付けを守るんだぞ」
    「あ―――」

    女の人は、それが当たり前だ、というように去って行った。
    29 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:24:36.78 ID:lE44zMYm0 (+23,+28,-3)
    続けるのか
    その意気やよし
    30 : >> - 2011/11/26(土) 18:34:51.04 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-112)
    「また……、明日」

    また明日、今日みたいな話ができる。
    嬉しい。
    この「眼」がおかしくなって、初めて、心の底から笑顔になっていた。

    【自宅!】

    「うーいー、待ち遠しかったよう」

    「ごめんねお姉ちゃん、じゃ、眼科いこっか」

    【眼科!】

    医者「……親族の方、少し」

    「?……はい」

    看護婦「唯さん、こちらに」

    「はーい」

    「それで、私の姉の眼に何が?」

    医者「それが……大変申しあげにくいのですが、お姉さんの「脳」の方に異常が見られるかと」
    31 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:36:46.16 ID:okA3t3o30 (+2,+17,+0)
    つまらん
    32 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:37:30.80 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-108)
    「の、脳に…!?」

    医者「はい。稀にそういったケースもあります。幸い私の知り合いに優秀な医者がいます。
    連絡を入れておきましょう。」

    「お、お願いします…」



    「それで、どうだったのかな私の眼」

    「こ、ここだと少し難しいって。優秀なお医者さんを紹介してくれるそうだよ」

    「そうなんだ…………っ」

    瞬間、
    激しい頭痛。
    激しい眼の痛み。

    線が、
    点が、
    線が、
    線、
    黒い、黒い。
    33 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:38:11.44 ID:7JGANf8L0 (+31,+29,-2)
    >>12
    俺も白内障とかの初期症状かと思った
    35 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:41:31.05 ID:mi/FqJ0cO (+17,+29,-3)
    知的な唯ですね
    36 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:42:17.78 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-48)
    「お、お姉ちゃん!?」

    「…っ、」

    痛い、痛い、頭が痛い。
    この痛みはイヤだ。

    「お姉ちゃん、お姉ちゃん!」

    「…っ!」

    ようやく痛みが引いた。

    「ご、ごめん憂…ちょっと頭痛がぶり返しちゃって」

    「大丈夫?今夜は早く休もう」
    37 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:42:44.23 ID:k9ii8bTn0 (+34,+29,-2)
    青子ってことは、しきじゃなくてしきか
    38 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:45:52.98 ID:Z6ELRC4iO (+21,+28,-4)
    あれ?超能力じゃないの?
    39 : >> - 2011/11/26(土) 18:46:48.28 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-86)
    【自宅!】

    着替えて家のベッドに潜り込む。
    顔も眼も覆ってしまえば「線」は見えない。これで安心。

    「お姉ちゃん、大丈夫?」

    「うん、なんとか落ち着いたよ。ありがとう憂。」

    「うん、良かった。…それで、今日はマーボー豆腐が食べたいって言ってたけど
    今大丈夫?お姉ちゃん」

    「うん、大丈夫だよ。食欲あるし」

    「そう、じゃあ今持ってくるね」
    40 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:50:35.75 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-149)
    で、

    「かっ辛い!!辛いよ憂!」

    「あれ!?甘口を買ったつもりだけど…」

    「憂、言峰食品社の「甘口」は常人の「激辛」だよぉ…
    それにこの箱に「コレ外道マーボー今後トモヨロシク」って書いてるよ」

    「ご、ごめん…このダンディな社長が「食うか?」って言ってるイラストが気に入って」

    (その社長数年前になんかの戦争で亡くなってるけどね)

    とりあえず水を飲ませてもらって一段落。

    「じゃあお姉ちゃん、私寝るね」

    「うん、おやすみね、憂」

    「何かあったら言ってね、おやすみ」
    41 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 18:53:28.38 ID:lE44zMYm0 (+19,+29,-1)
    唯があたまいい
    42 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 19:01:20.12 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-69)
    夢を見る。
    誰かが歩いている。
    ここは私のいる街だ。

    誰かが歩いている。
    青い着物に赤いジャンパーなんて、風変わりなかっこうをしている。

    誰かが歩いている。
    その男の子みたいな女の子は、私の家の前で止まる。

    「―――同類」

    仲間を見つけたのに、うんざりするような表情を女の子がうかべる。

    闇に光る、あおいめ。

    直死の魔眼が、そこに在る。
    43 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 19:04:03.44 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-66)
    【翌日!】

    「うーいー」

    「お姉ちゃん!よく眠れた?」

    「うん…でもまだ少し調子が悪いんだ…ごめんね、憂、今日も休むよ」

    「そう、分かった。お大事にねお姉ちゃん」


    憂が去って行く。
    約束の時間。

    あの小さな林まで歩いていく。

    あの女の人と会えるから。
    44 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 19:05:00.75 ID:LS3K5JJQO (+18,+23,+0)
    眼鏡唯ちゃんの画像はよ
    45 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 19:07:32.17 ID:zjuvhrKj0 (+93,+30,-143)
    その女の人は、青子って呼ぶと怒る。
    自分の名前が嫌いなんだそうだ。
    考えた挙句、偉い感じがするし呼びやすいから「先生」と呼ぶことにした。

    先生はなんでも真面目に聞いてくれて、私の悩みを一言で片づけてくれる。
    大した悩みなんてないけれど、それは本当に嬉しい事だ。

    ……この「眼」のせいで少し暗くなっていた私は、先生のおかげでもとの自分に
    戻っていけた。
    あんなに怖くて邪魔だった継ぎはぎのコトも、先生と話しているとあまり恐くは感じなくなっていた。
    だから、どこの誰だか知らないけど、もしかしたら先生は本当に学校の先生なのかもしれない。

    でも、そんなコトはどうでもいいことだと思う。
    先生と居ると楽しい。
    大事なのは、きっとそんな単純なことなんだ。
    46 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 19:12:00.60 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-121)
    そしてある日、私は意を決して先生にこの「眼」のことを話すことにした。

    「先生、私の眼がおかしいんです」

    青子「……眼が?」

    「はい。この眼のせいで、こんな事が出来ます」

    近くに落ちていた太めの樹の枝。
    少し重くて、カッターナイフで切ることは無理だとおもう。
    その枝にある「線」を見る。
    あたまが、すこし、いたむ。
    力なんて要らない。
    その線をなぞり、枝を数個に分断する―――
    47 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 19:16:24.63 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-102)
    青子「………」

    先生は黙っているけれど、とても悲しそうな顔をして、驚いた顔をしていた。

    しばらくの沈黙のあと。

    ふわりとした感触。
    先生は私を抱きしめていた。

    「先………生?」

    青子「何かある前に出会えて良かった。私と君が出会ったのは、本当に一つの縁だったみたい」

    先生はそうして、私の眼に見えている継ぎはぎについて聞いてきた。
    この眼に見えている黒い線について話すと、先生はいっそう強く、
    抱きしめる腕に力をこめた。
    48 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 19:19:35.30 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-113)
    青子「……唯、君が見ているのは本来視えてはいけないものよ。
    「モノ」にはね、壊れやすい個所というものがあるの。いつか壊れる私達は、
    壊れるが故に完全じゃない。
    君の眼は、そういった「モノ」の末路……言いかえれば、未来を見てしまって
    いるんでしょう」

    「……未来、ですか」

    青子「そうよ。死が視えてしまっている。
    ―――それ以上の事は知らなくていい。
    もし君がそういう流れに沿ってしまう時がくるなら、必然としてそれなりの
    理屈を知る事になるでしょうから」
    49 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 19:24:27.65 ID:zjuvhrKj0 (+95,+30,-136)
    「……先生、何の事だか、私にはよく分からないよ」

    青子「ええ、分かっちゃ駄目よ。
    ただ一つだけ知っておいてほしいのは、決してその線をいたずらに切ってはいけないということ。
    ―――君の眼は、「モノ」の命を軽くしすぎてしまうから」

    「―――うん、先生が言うならしない。それにこの「線」を切ると
    あたまが痛むの。…だから先生、私、もうあんなことしないよ。」

    青子「……良かった。唯、今の気持ちを絶対に忘れないで。そうすれば、
    君は必ず幸せになれるんだから」

    そうして、先生は私から離れた。
    50 : 以下、名無しにか - 2011/11/26(土) 19:26:02.23 ID:zjuvhrKj0 (+0,+29,-17)
    「憂ちゃん眼が疲れたよ憂ちゃん指がつかれたよ」

    「うるせえ働け」
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について