のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,564,036人
911,673,629頁
昨日:4,685人
5,362頁
今日:3,387人
3,821頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレさやか「さわった瞬間に相手がイク魔法!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 美樹さやか + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 18:57:29.97 ID:+uPZemxMP (+125,+30,-196)

     ――見滝原中学への通学路―― 

    さやか「ふあぁ……、ねむい……」

    まどか「さやかちゃんおはよー」

    さやか「おう、おっはよう!」

    まどか「さやかちゃんは相変わらずだね」

    マミ「元気そうでなによりだわ」

    マミ「昨日は初めての魔女と戦いだったし、ショック受けていたりしないか心配してたけど、
       でも、美樹さんはそういうキャラじゃなかったわよねぇ。ふふふ」

    まどか「そうそう。いつも元気はつらつーって感じだし!」

    さやか「私だって年頃の女の子なんだから、傷つくときもあるって」

    マミ「女の子、ねぇ」

    まどか「なんか想像つかないなー」

    さやか「……二人とも、なにかすごく失礼なこと考えてない?」

    マミ「あのねそれは気のせいだと思うの」

     実際、昨日の魔女との戦いで少なからずショックは受けていた。
     上手く戦えなかった自分に対してだ。
    2 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:00:44.23 ID:rmBZHZSO0 (+29,+29,-16)
    期待してるぜ!特に済ました顔のほむほむとマミさん
    ついでにあんこちゃん!
    3 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:02:48.18 ID:/GA8sDK90 (-19,-9,-1)
    これは期待
    4 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:04:00.79 ID:+uPZemxMP (+95,+30,-125)

    さやか「だから、昨日はあれから徹夜で特訓したんだ!
         マミさんに頼ってばかりではいけないし……。
         私、魔法使えるようになったんですよ!」

    まどか「本当!? さやかちゃんすごい!」

    さやか「だろだろー? もっとほめてくれ」

    マミ「――ねぇ、美樹さん。ソウルジェムを見せてくれない?」

    さやか「え? あ、はい」

     さやかからソウルジェムを受け取ると、マミは自分の目の高さまで持ち上げてそれを覗き込む。


    マミ「少し、穢れているわね」

     眉間に皺が寄っている。 


    さやか「それって……やばいの?」

    マミ「いえ、これくらいならまだ大丈夫よ」
    5 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:11:15.35 ID:+uPZemxMP (+95,+30,-208)

     マミはふっと表情を和らげると、ソウルジェムをさやかに返す。
     受け取ったソウルジェムをもじもじといじるさやかに、マミは言う。


    マミ「でも、毎日毎日特訓していたらとてもじゃないけど保たないわ。
       グリーフシードは無限に手に入るわけではないんだから。
       美樹さん。気持ちはわかるけど、あまり根詰めすぎては駄目よ。
       日常的に魔力を使っていたりしたら、肝心の魔女との戦いのとき
       思うように魔法を使えなくなってしまうわ」

    さやか「はぁ、」

    マミ「実はね、]


     さやかの肩に手を載せて、

    マミ「私も魔法少女になったばかりの頃、よくそんなことしていたの。
       まだ魔女と一度も戦う前から、家で変身した姿を鏡で見てみたり、ポーズを取ってみたり。
       いろんな技を考えたわ。必殺技だって。魔女を倒すんだって、一生懸命だったの。
       だから、最初の魔女との戦いのときは胸が高鳴ったわ。いままでの特訓の成果を試すんだって。
       でも、あの時は苦労したわ。既にソウルジェムが濁っててね、魔法がうまく使えなくて、」


     マミはいい人だけど、話が少々長いのが難点だ。
     特に自分の話になると、すごく長い。

     というか、そろそろ学校行かなきゃ遅刻しちゃいそうなんだけど……。
    6 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:12:23.90 ID:rmBZHZSO0 (+22,+29,-12)
    丁寧な描写これは内面含めて濃厚エロス期待できる…
    しえん
    7 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:15:36.88 ID:VIUtMLpdO (+29,+29,-44)
    支援せざるを得ないがこれから仕事だ
    朝6時まで残しといてくれ
    8 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:19:17.64 ID:+uPZemxMP (+95,+30,-113)

    さやか「あの、」

    まどか「それで! どうやって魔女を倒したんですか!?」

    マミ「あの時は機転を利かせてね、近くの製鉄所まで魔女をおびき出して、」

    さやか「あのー……」


     マミは自身の武勇伝を身振り手振りを交えて語っている。
     彼女の、さやかの肩をつかむ手にも力が入る。

     ……そうだ。

     さやかは肩に置かれたマミの手の上に自分の手を重ねた。
     彼女の手を握り込むと体の内から魔力を呼び出す。
    9 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:20:02.43 ID:VIUtMLpdO (+18,+28,+0)
    さやさや
    10 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:22:16.44 ID:iTijOhw40 (+18,+28,+0)
    さやさや
    11 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:25:25.36 ID:lvSmH0rH0 (+28,+28,+0)
    さやさや
    12 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:25:26.12 ID:+uPZemxMP (+95,+30,-128)

    マミ「――で、魔女を溶鉱炉にぶち込んでやったんだけど、なんと、溶鉱炉の中は空っぽだったの。
       運悪くちょうど点検中でッ――ふあ!?」

    まどか「ど、どうしたんですか!? いきなり変な声出して……」

    マミ「??? なんか一瞬、変な感じが……」

    さやか「それは大変だ、 はやく保健室に行かなければ! さぁ、学」

    マミ「いえ大丈夫、もう治まったみたい。多分しゃっくりが出たのね」

    まどか「なんだーしゃっくりですかー、よかったー。それで、そのあとどうなったんですか!?」

    マミ「そうそう。そこからが大変だったのよ。
       溶鉱炉の中で高笑いする魔女を見てもう駄目かと思ったんだけど、」


     また語り出すマミ。


    さやか(ふぁああああああああっっく!!!)
    13 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:28:09.04 ID:rmBZHZSO0 (+29,+29,-6)
    その魔法の手でさやかがさや腹触ったらどうなるのっと…
    14 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:33:12.43 ID:lvSmH0rH0 (+28,+28,+0)
    さやさや
    15 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:33:24.74 ID:+uPZemxMP (+95,+30,-171)

     握ったままのマミの手に、さっきより強い魔力を、今度は一瞬ではなく持続的に送り続ける。


    マミ「必死に戦ったけど、魔力も尽――ひぁあんっ!!」

     マミはビクンと痙攣して、体を大きくのけ反らせた。


    まどか「だ、大丈夫ですか!? ずいぶんと激しいしゃっくりでしたけど……」

    マミ「ええ……だいじょうぶよ……ふふ、ちょっと朝ご飯、食べ過ぎちゃったかしら……」


     マミは微笑を浮かべてそう言い、凛と姿勢を正すが、まどかには大丈夫そうには見えない。

     のぼせたように頬をほてらせているし、目も心なしか潤んでいる。


    まどか(マミさん、熱でもあるのかな……?)

     見ると、さやかも心配そうにマミの右手を両手で包み込んでいる。
    16 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:36:37.22 ID:lvSmH0rH0 (+34,+29,+0)
    なでなでされたい
    17 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:39:29.11 ID:iTijOhw40 (+24,+29,+0)
    よしよしされたい
    18 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:41:20.62 ID:+uPZemxMP (+95,+30,-84)

    まどか「具合、悪いんですか?」

    マミ「いえ…はぁ、ぅん……私は平気だから、はぁ、心配しないで……」

    まどか「全然平気に見えないですよ! さやかちゃん、マミさんを保健室に連れて行こうよ!」

     ここからなら学校が一番近い。


    マミ「そんな……おおげさよ」

     マミは体に言いしれぬ違和感を感じていた。
     妙に体が熱い。どうしたんだろう。

     でも後輩たちの前で格好悪い姿は見せられない。
     あくまで平然とふるまうことにする。
    19 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:44:10.38 ID:/K0W0Q7E0 (+24,+29,-2)
    このさやかちゃんに手コキされたい
    20 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:44:39.09 ID:rmBZHZSO0 (+29,+29,-13)
    さやかならお姫さまだっこして
    逃げれなくして例え涙目でもイカし続ける鬼畜プレイも易々やってくれるよね
    21 : 忍法帖【Lv= - 2011/11/23(水) 19:47:19.04 ID:isLKsFyi0 (+12,+27,+0)
    構わんつづけろ
    22 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:49:23.09 ID:+uPZemxMP (+88,+30,-117)

    マミ「気にしないで……私は元気だから……」
     
    まどか「マミさんったら! もう、さやかちゃんもマミさんに言ってあげてよ!」

    さやか「まぁまぁ、落ち着けって。本人が大丈夫って言うなら大丈夫なんだろ。
         自分の体は自分が一番よくわかるってもんだよ。

         それよりマミさん、さっきの話の続き聞かせてよ!
         どうやってそのピンチを切り抜けたか、是非教えてください!」


    マミ「ふふ、まったく、しょうがないわねー。えーっと、どこまで話したっけ……?」

     マミは続きを話し出す。が、さやかはろくに話を聞いていなかった。

    さやか(マミさんがやばい! すげーエロい!)

     もはや当初の目的も忘れていた。
    23 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:53:45.85 ID:iTijOhw40 (+18,+28,+0)
    さやさや
    24 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:54:42.83 ID:7G2Fnsac0 (-1,+13,+0)
    もっとやれ
    25 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 19:58:25.82 ID:+uPZemxMP (+95,+30,-120)

    マミ「魔力が尽き、て、初めて、気づいたのよ……魔法に頼っていては、駄目だって……ぅんんっ」

    さやか「うんうん、それでそれで!?」

     相づちを打ち、マミの手をぎゅっと握る。


    マミ「ひあああんっ!!」

    まどか「マミさん!?」

    マミ「だいじょうぶ……ふぅ、だいじょぶよ……」


     絶対に大丈夫じゃない、とまどかは思う。
     マミは何かに耐えるように体を細かく震わせている。


    マミ「ごめんなさい、ちょっとお手洗いに――」

     マミは歩きかけて、さやかに手を握られている事に気づいた。


    マミ「あの……手、放してもらえる?」

    さやか「まだ話の途中じゃないですか! せっかくいいところだったのに!」
    27 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:03:26.42 ID:5KRLlCQn0 (+16,+26,+0)
    ふむ、非常に興味深い
    28 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:06:33.81 ID:rmBZHZSO0 (+29,+29,-31)
    先輩顔したマミさんがさやかすやまどかの前で哀れにもアヘ顔ダブルピースを…
    ふぅ…いいぞもっとやって
    29 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:09:16.40 ID:+uPZemxMP (+95,+30,-97)

    マミ「あとでちゃんと話すから! トイレに行かせて!」


     マミは悲鳴に近い声を出すとさやかを振り払おうと走り出す。
     さやかは負けじと手に力を込め、全力でマミを引き留めようとする。

     さやかの腕とマミの腕がそれぞれ逆方向に引っ張られ、ピンと伸びきったとき、


    マミ「ひあああああああああああっ!!」

     マミが絶叫した。


    まどか「マミさぁん!」
    30 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:10:05.91 ID:lvSmH0rH0 (+28,+28,+0)
    さやさや
    31 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:14:29.06 ID:rmBZHZSO0 (+19,+29,+0)
    マミまみ
    32 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:19:30.16 ID:lvSmH0rH0 (+28,+28,+0)
    さやさや
    33 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:23:39.39 ID:lvSmH0rH0 (+28,+28,+0)
    さやさや
    34 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:24:05.51 ID:0AUUaryU0 (+18,+28,+0)
    さやさや
    35 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:25:20.62 ID:+uPZemxMP (+95,+30,-76)

    マミ「あっ……ああっ……」

    まどか「どうしたんですかぁ!?」


     まどかは慌てて駆け寄って、地面にへたり込んでいるマミの両肩をつかむ。
     呼びかけても反応がないし、目の焦点も合っておらず、これはひょっとして


     じゅわわわわ。


    まどか「…?」

    まどか「ひゃあっ!?」


     アンモニア臭のする液体が、
     マミの下に、まどかの足下に広がり、アスファルトにシミを作っていく――――
    36 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:25:36.74 ID:lvSmH0rH0 (+29,+29,+0)
    まみまみ
    37 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:26:15.88 ID:rmBZHZSO0 (+22,+27,+1)
    アヘマミぺろぺろ^^
    38 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:26:35.92 ID:b+T/0E+2P (+18,+28,+0)
    さやまみ
    40 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:31:16.02 ID:0AUUaryU0 (+13,+23,-2)
    ぺろぺろしてぇ……
    41 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:31:33.27 ID:Af7p5bxCO (+19,+29,-2)
    さやマミとは分かってらっしゃる
    44 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:37:38.84 ID:b+T/0E+2P (+24,+29,+0)
    さやさやマミマミ
    46 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:40:02.37 ID:+uPZemxMP (+95,+30,-80)

    まどか「いったい……マミさん、しっかりしてください!」


     まどかはマミの肩を揺すぶるが、マミは答えない。
     表情は虚ろで口角からはよだれが垂れている。


    まどか「わわわ……どうしよう、どうしよう」

    さやか「まどか、どいて。ここは私に任せて」

    まどか「さやかちゃん……」


     ただうろたえる事しかできないまどかには、
     この状況でも平常心を保っているさやかがこの上なく頼もしく感じた。
    47 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:48:17.86 ID:7MwmdC9H0 (-7,+7,+0)
    48 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:51:44.53 ID:+uPZemxMP (+109,+30,-166)

     さやかがマミを抱きかかえるように肩に手を回す。と、

     さやかがマミの背中に手を置くと
     マミの体が電気ショックを受けたかのようにビクンと跳ねた。

    マミ「うひゃあっ」

     マミが、息を吹き返した。

    まどか「さやかちゃんすごい! さすが!」


     さやかはそのままマミを、肩に手を回し、お姫様だっこの要領で抱き上げようとする。

    まどか「ええっと……」

     まどかは言いにくそうに、

    まどか「さやかちゃん……重たくない? わたしも手伝うよ」

    さやか「大丈夫大丈夫、これでも魔法少女なんだから、これくらいどうってことないよ」


     抱きかかえられたマミは、さやかの胸の中で
     激しく泣きじゃくり、だだをこねる赤子のように暴れている。

    マミ「いやぁあああああ、はなして、やだ、やだあああああああああ」
    49 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:56:30.44 ID:w/zLj62T0 (+24,+29,-19)
    この間も魔力流してると考えると巨塔がそそり立つな
    50 : 以下、名無しにか - 2011/11/23(水) 20:58:09.11 ID:/GA8sDK90 (+29,+29,-4)
    この調子でちゃんと全員分やるんだよな?
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 美樹さやか + - 魔法少女まどか☆マギカ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について