のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,918,350人
912,199,148頁
昨日:22,640人
23,144頁
今日:1,485人
1,637頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレマミ「イケメン!イケメン!」さやか「ハンサム!ハンサム!」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 魔法少女まどか☆マギカ ×2+ - カオス + - ビッチ + - 百合 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    さやか「男は結局顔だよね」

    マミ「顔は必須条件よ美樹さん、条件として説明するの自体無駄よ」

    さやか「へへっすいません♪」

    まどか「何のお話してるの?」

    マミ「…鹿目さんと語る事はないのだけど」

    さやか「まどか…正直キモイから話し掛けないでくんない?」

    まどか「……」ウルッ

    さやか「泣き落としとかやめて、ほむらの所に帰れレズ女!」

    マミ「ここはあなたが居ていい場所じゃないの、レズの所に帰りなさい」

    まどか「うえーん」タタタタッ

    2 :

    なんだこれ

    3 :

    なんだこれ

    4 :

    なにこれウルウル

    5 = 1 :

    さやか「やれやれっすね」

    マミ「人の趣向をどうこう言うのは悪いとはわかってるけど…」

    さやか「…こうでも言わないと引っ付いてくるんだからしょうがないよ」

    6 :

    マミさんぶっちゃけどっちもいけますよね

    7 :

    なんだこれ

    8 = 1 :

    さやか「さてさて、そろそろ準備しようマミさん」

    マミ「そうね」



    マミ「ダメダメ、もっと薄い口紅にしなきゃ」

    さやか「こっちのほうが食いつくと思うよ~」

    マミ「私達は若いんだからケバくしちゃダメ、薄化粧で十分よ」

    マミ「スカートも長すぎじゃない?」

    さやか「パンモロはあざとくないかな?」

    マミ「そ、そう?…う~ん」

    9 :

    実際中学生は露骨に顔重視
    こっちを指さして生ゴミを見る目で罵倒の連続

    jkともなると、哀れみの心が出来上がってる人も居るから
    そういう人の場合、電車で隣の席に座っても避けたりはしない


    一方男は耐性をつけること無く一生傷を負い続ける

    10 = 1 :

    マミ「そうね、美樹さんの言う通りかもしれないわね…」

    マミ「これで釣れたのはチャラ男とかフツメンばっかだったわね」

    さやか「そうですよ、今は清潔な感じがモテるらしいっすよ」

    マミ「オッケー!今日は露出は抑え目にいきましょう」

    さやか「あ、でもマミさん、胸は強調しなきゃダメだからね」

    さやか「そこを強調するからこその、清潔なのに欲情ってギャップがいいんだよ」

    マミ「なるほどね、美樹さんがいると助かるわ」ニコリ

    12 :

    なんで美樹さんは胸ないくせに詳しいんですか

    13 = 6 :

    ほぅ・・・ よく分かってるな

    14 :

    なんか昭和の会話だな

    15 = 1 :

    駅前

    ガヤガヤザワザワ

    さやか「……ピンとこないね」キョロキョロ

    マミ「そうね……」キョロキョロ

    フツメンA「ねぇねぇ~?そこの可愛いお二人さん」

    マミ「……」チラッ

    フツメンB「待ち合わせとか~?」

    マミ「どう?」ボソッ

    さやか「ナシで」ボソッ

    16 :

    「趣向」は嗜好、趣味という意味の言葉ではない

    17 = 6 :

    こまけえこたぁ

    18 = 1 :

    フツメンA「暇してんなら俺達とどう?」

    フツメンB「二人ともレベル高いね♪奢っちゃうよ~」

    マミ「すいません、彼氏いるんです…」

    さやか「今待ってるんでナンパとかやめてくれます?」

    フツメンA「なんだよ彼氏持ちか」

    フツメンB「けっ!行こうぜ」

    スタスタ

    さやか「ね?」

    マミ「あんまりミニの時と変わらない気もするけど…」

    さやか「むむ」

    19 :

    なんか呼ばれた気がした

    20 = 16 :

    このSS気持ち悪すぎだろ
    もうやめろ

    21 = 6 :

    いやなら見るなよ

    22 :

    何を書きたいのかわからん

    23 :

    ビビビビッチ

    24 = 1 :

    マミ「あ! 見てみて美樹さん!」

    さやか「どうしたんですか?」

    マミ「あの長身の人すごくカッコいいと思わない!?」

    さやか「おお!確かにハイレベルっすね!」

    マミ「あら……でも一人みたい……」

    さやか「マミさん優先でいいですよ、好みなんでしょ?」ニコリ

    マミ「すっごく///」

    さやか「ほらマミさん」

    マミ「ありがとう美樹さん」タタタッ

    25 :

    スレタイ逆だろ

    26 = 1 :

    トボトボ

    マミ「彼女いるんだって……」

    さやか「……良くある事だよマミさん」

    マミ「そうね……」

    さやか「いつもこれだ、さてさて」

    さやか「恭介似の人とか居ないかな~」キョロキョロ

    27 = 1 :

    杏子「おい」

    マミ「佐倉さん…」

    さやか「なんか用…?」

    杏子「また、こんなくだらない事してんのかよ」

    杏子「いい加減やめたらどうだ」

    マミ「…イヤよ」

    さやか「当然イヤだね」

    28 = 6 :

    さやマミ

    29 :

    あんこちゃんはビッチじゃないみたいで安心した

    30 = 1 :

    杏子「はぁ……こんな事してなんになるんだか」

    さやか「うるさいな…あんたみたいに切り捨ててないだけだ」

    マミ「そうよ、私も美樹さんもイケメンの彼氏が欲しいの」

    さやか「杏子みたいに独身主義とは違う、あたし達は自分の幸せの為にやってんの!」

    マミ「そう!素敵な相手が欲しいの!」

    杏子「……結婚なんかに夢持ってバカな奴らだな」

    31 = 1 :

    さやか「シッ!シッ!向こうに行け!」

    杏子「ゾンビだからとか言ってたのはどこのどいつだか…」

    マミ「だから?ゾンビでもいいじゃない、魔法少女だからレズや独身だけなんて認めないわ…」

    さやか「マミさんの言う通り!レズ美と独子とは違うの!」

    32 :

    杏子「……一応まどかはノーマルだぞ」

    さやか「ぶぁか!籠絡されてんだから一緒だよ」

    マミ「ええ、もう何回も夜を共にしたと暁美さんから聞いたわ」

    マミ「鹿目さんは紛れもないレズビアンよ」

    さやか「畜生…お陰でまどかから性的な目で見られる様になった……」

    マミ「…鹿目さんは変わってしまったのよ、佐倉さん」

    杏子「わりぃ、そこまでは知らなかった……」

    34 = 32 :

    マミ「……場所変えましょう美樹さん」

    さやか「了解」

    タタタッ

    杏子「まったく…独身の気楽さに浸ってる分際でバカな事を」

    杏子「独り身の寂しさを悟ればいいものを」

    35 :

    何歳くらいの設定なんだ

    36 :

    これはもうショウさんの出番だな

    37 = 32 :

    ほむら「浮気する気?」

    まどか「……ほむらちゃんとは付き合ってないよ」

    ほむら「……」

    まどか「女の子同士の良さを教えてくれたの嬉しいけど、ほむらちゃんとは愛し合ってないもん」

    まどか「わたしはさやかちゃんが好きだから…」

    ほむら「美樹さやかはノーマル……いいえ、もっと悪いビッチよ」

    ほむら「機会なんてあると思うの?私以外の女がまどかに股を開くと思うの?」

    ほむら「独りよがりしてどうするのまどか……」

    38 :

    なんだろう休憩中のOLが集う給湯室みたいな空気
    俺みたいな童貞は逃げられん

    39 = 32 :

    まどか「きっとわかってくれるよ…さやかちゃんも女の子の良さが」

    ほむら「有り得ないと断言してあげる」

    まどか「…!?」

    ほむら「美樹さやかはドノーマル、これは変わる事のない真実」

    ほむら「いくらまどかが迫っても変わりはしない、上条恭介の件をみればわかるでしょ?」

    まどか「上条君は仁美ちゃんと……」

    ほむら「だからチャンスがあると?」

    まどか「そ、そうだよ……」

    ほむら「現状を見ても?」

    まどか「うぅ」

    40 = 32 :

    ほむら「私だけがまどかを受け入れられる、この現実から目をそらさないで」

    まどか「……そんなのヤダ、さやかちゃんと一緒になりたいの」ポロポロ

    ほむら「振られるってわかってるくせに…」

    ほむら「ほら、暁美ほむらだけを見なさいまどか」

    ほむら「私はまどかのものよ、好きにしていいのはまどかだけ」

    ほむら「こんなに思ってる女の子を見捨てるなんてできる?」

    まどか「…ほむらちゃん」

    41 :

    ちょっと待て
    このマミさんとさやかは結婚願望がどうこうじゃなく
    ただヤリたいだけだろ?

    最高だな

    42 = 32 :

    マミ「今日もダメだったわね」

    さやか「妥協しなきゃダメなんですかね…」

    マミ「ここまできて妥協なんて許さないわよ美樹さん」

    さやか「ですよね…来年でもうアラサーか……」

    さやか「魔法少女になんかなるんじゃなかったよ」

    マミ「今更そんな事言わないで、鹿目さんがせっかく戻してくれたんだから」

    さやか「戻してくれたの去年じゃんっ!」

    43 :

    引きずり込んどいてそれはゲスいだろほむらwwwwww

    44 = 33 :

    この年でレズはきつい

    45 :

    ちょっと見た目のイメージが湧かないから参考画像をだな…

    46 :

    まみっまみっ

    47 :

    きついどころか…
    うん、キツいな

    48 :

    なるほどいいじゃないか!

    49 :

    あんこちゃんアラサー

    50 = 32 :

    さやか「チクショウ、チクショウ…もっと若い時なら……」

    マミ「美樹さんそれは禁句よ!、私達は若い…若いの……お化粧も薄くてもイケるの……」

    マミ「声だって掛けられたじゃない……」

    さやか「ヒモなんて欲しくない!ハンサムな旦那に養われたいよ!」

    マミ「私だってそうよ!だから努力するんでしょう!」


    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 魔法少女まどか☆マギカ ×2+ - カオス + - ビッチ + - 百合 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について