のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,540,836人
911,647,410頁
昨日:4,224人
4,633頁
今日:613人
714頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ魔王「勇者を育成・・・・・・」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 09:57:12.82 ID:/J1EgiUq0 (+125,+30,-275)
    魔王「うむ、そうだ。 別世界の魔王にも同じ余興をさせている」

    魔王「・・・な、何故でしょうか」

    魔王「・・・余は、余に歯向かう事の出来る勇者が欲しい。攫った人間を肉達磨にするのも、もう厭きた。余は退屈なのだ」

    魔王「し、しかし貴方様に仇なす敵を作るなど・・・・・・」

    魔王「・・・・・・確か、貴様の部下にケルベロスがいたな。・・・貴様よりも余程、言う事を聞くかもしれぬ」

    魔王「・・・・・・承知、致しました。しかし、人間などの貧弱な種族が貴方様の前に立つ事は・・・・・・」

    魔王「だから、貴様を呼んだ。並み居る魔王の中で剣を得意とする魔王よ。 勇者を余の敵に相応しい実力まで育て上げろ」

    魔王「・・・・・・は」
    2 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 09:58:29.65 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-126)
    魔王「ん、期待している。・・・・・・と、忘れていた。近くに寄れ魔王」

    魔王「は」

    魔王「・・・・・・。 うむ、これで貴様は余の人形だ」

    魔王「? 人形とは・・・・・・ガ、ァッッ!!!」ギチギチ

    魔王「くく、痛いか? それは貴様の脳を破壊する音だ。精々余の気に入る人間を連れて来い」

    魔王「・・・・・・でなければ、貴様の自己回復力と同等に脳を破壊し続けてくれる」

    魔王「く、ぐ、ぁ・・・・・・っ。ッは、ぁ・・・・・・。承知・・・・・・致しました」

    魔王「ふん・・・・・・。期限は一年。それまで暇潰しに他世界で遊んでおく。ではな」

    魔王「・・・・・・」
    3 : 忍法帖【Lv= - 2011/11/18(金) 09:58:32.92 ID:dG3tb8Ya0 (+21,+28,-3)
    すいとんされたwww続けたまえ
    4 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 09:59:07.74 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-268)
    側近「魔王殿、本気ですか。勇者を育てるなど・・・・・・私は聞いたことがありませぬ!」

    魔王「従う。思惑がどうであれ大魔王に私が従わねばこの世界ごと滅される。それとも私の首が挿げ変わるだけか・・・・・・」

    側近「・・・・・・しかし魔王殿お一人で・・・・・・?」

    魔王「ああ。鎧のお蔭で人と姿は大して変わらぬ」

    魔王「しかし勇者を育てるには魔物と戦わねばならない。その時は、魔物たちの命を貰うかもしれんな」

    側近「魔王殿の為ならば、魔物共全て命を捧げる覚悟でありまする」

    魔王「・・・・・・良い部下だな、お前は。お前の命は奪わせぬ様にする。不味いと思えば逃げて構わん」

    側近「ふふふ、魔王殿に拾われたこの命。魔王殿の為ならば如何程も惜しくありません」

    魔王「・・・・・・私の為ならば、私の為に、生きるのだ。お前は惜しい」

    側近「・・・・・・そ、それが魔王殿の願いならば・・・・・・」
    5 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:00:10.68 ID:/J1EgiUq0 (+93,+30,-217)
    魔王「うむ。しかし、一年とは短い。唯でさえ貧弱な人間。一から育て上げて間に合わすなど不可能に近い」

    側近「そうですね。 とにかく腕っ節の利く人間を探してみては?」

    魔王「・・・・・・ふむ。当てはあるか」

    側近「・・・・・・三人程ならば知っています」

    側近「一人は巨人と渾名される勇者。一人は剣神隼と恐れられる勇者。最後に天女と騒がれる駆け出し勇者」

    魔王「ん? 最後、駆け出しなのに強いのか」

    側近「何でも最初の依頼がキラータイガーの集団討伐だったらしく」

    魔王「馬鹿な。駆け出しで敵う相手では無いぞ。 ・・・・・・だが倒したのか」

    側近「はい、それで名声を。生き残ったキラータイガーに聞きますと攻撃が当たらなかったらしいのです」

    魔王「女はそれ程の速さだったと?」

    側近「いえ。攻撃が当たらなかったのです」
    6 : 忍法帖【Lv= - 2011/11/18(金) 10:00:35.89 ID:dG3tb8Ya0 (+17,+29,-1)
    私怨
    7 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:00:52.78 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-118)
    魔王「・・・・・・まさか」

    側近「えぇ、加護を受けているのかも知れませぬ。それで付いた渾名が天女。消息を掴めておりませぬが」

    魔王「ふむ。ならば捜索を頼む。 私は他二人に会って来よう」

    側近「は。 生き残ったキラータイガーから容姿について聞いておきまする」

    魔王「あぁ。 それでは行ってくる」

    側近「巨人は氷山アーク、剣神はテパ街です。 ご無事を、お祈りしております」

    魔王「うむ」
    8 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:01:21.16 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-153)
    魔王「お前が巨人と恐れられる人間か」

    巨人「グガォォォォォォォッ!!!!!」

    魔王「ふむ、雪崩でも起きそうな騒音だ」

    巨人「ギヤアァァォォォオオオオオッ!!!」ドゴオォォッ

    魔王「甘い甘い。片手で受け止められるぞ。 全く、力任せで私を退けられるものか。」

    巨人「ダァオォォォォォ!!!」ドシャァッ

    魔王「押し潰そうとした所で私には届かぬ。・・・コミュニケーションも取れぬのによく勇者が務まったものだ」ドシュ

    巨人「グボァッ!!!!」ドシャッ

    魔王「・・・・・・死ぬか。この程度で」
    9 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:02:02.37 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-142)
    魔王「貴殿が剣神か?」

    剣神「そうだが、角付きの魔族が何用か」

    魔王「ふ、気付くか・・・・・・御手合わせ願いたい」

    剣神「私の渾名を知っていながら剣で挑むか。良かろう。後悔したまえ!!」


    剣神「・・・・・・何故だッ! 何故、届かぬッ!!」ドサッ

    魔王「・・・・・・貴様の敗因は、慢心だな」

    剣神「ま、慢心だとっ・・・・・・!?」

    魔王「慢心こそ無ければ、私以上の存在になれたかもしれんのに・・・・・・残念だ」ザシュッ
    10 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:02:25.79 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-172)
    魔王「さて側近とは距離が遠いが、意思は届くだろうか・・・・・・お」ピピッ

    側近「はい、どうかしましたか魔王殿」

    魔王「側近よ、どちらも駄目だった」

    側近「そうですか・・・・・・。ああ女勇者の消息が分かりました」

    魔王「そうか。 ならば、私が会いに行く。 場所と容姿を聞こう」

    側近「場所はベラヌール村、容姿は髪は赤毛三つ編み、そして赤目です」

    魔王「ふむ。 赤か・・・・・・。血の色みたく濃いか?」

    側近「いえ、赤毛といっても赤茶色です。 血の色みたく濃くはありませぬ」
    11 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:03:00.76 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-167)

    魔王「ここがベラヌールか・・・・・・」

    村人「おおこれはまた重そうな鎧だなぁ、国の騎士殿か? ここはベラヌール」

    魔王「知っている。 宿を紹介してくれないか?」

    村人「あ、あぁ、それなら奥に見える酒場の隣だ」

    魔王「感謝する。 ・・・・・・あぁ、この村に天女と渾名される娘はいるか?」

    村人「ん、それは知らんな。 アンタの前に、娘っ子が来たが。それかい?」

    魔王「赤毛に赤目だ」

    村人「それなら、その子だと思うよ。 今は宿に居るんでないかな」

    魔王「・・・・・・そうか」
    12 : 忍法帖【Lv= - 2011/11/18(金) 10:03:14.88 ID:BIzqmFII0 (+19,+29,-1)
    私怨
    13 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:03:37.43 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-107)

    宿主人「いらっしゃい、最近は旅の方がよく来るねー」

    魔王「そうか。 人探しなんだが赤毛赤目の勇者は泊まっているか?」

    宿主人「んー、いるけど。 厄介事なら勘弁してくれよ」

    魔王「少し会いたいだけだ。 部屋を教えてくれ」

    宿主人「・・・・・・隣の酒場で待ってなよ。 僕が呼んでおくからさ」

    魔王「・・・・・・分かった。 ならば、待っていよう」

    魔王(一人旅・・・・・・の様だな、好都合だ)
    14 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:04:40.84 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-141)

    店主「騎士さん、なんか飲むかい?」

    魔王「いらん」

    店主「ふむ。 最近の旅人さんは飲まないのが主流なのかい? 勇者の子もお酒全然飲んでくれないし」

    魔王「・・・・・・酒は飲めない。 金は置いてやるから黙っていろ」

    店主「あんた見るからに黒くて厳ついのにねぇ。 酒飲めないのか」

    魔王「・・・・・・」

    店主「飲まないんだったら、お金も要らないよ。 なんか頼んでおくれ」

    魔王「・・・・・・・・・・・・バナナジュース」
    15 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:05:07.00 ID:/J1EgiUq0 (+93,+30,-142)

    魔王(要らぬ恥をかいた気がする・・・・・・)

    勇者「あ、あの、貴方、ですか? 私に会いたいと言った人は」

    魔王「!? あ、ああ。そうだ(馬鹿な、何時の間に私の背後に・・・・・・)」

    勇者「あ、そうですか。 私、女勇者です。初めまして」

    魔王「あぁ、宜しく。私は・・・・・・騎士とでも呼んでくれれば」

    魔王「貴女の噂はかねがね。 ・・・・・・何でも、天女と呼ばれているそうな」

    勇者「あ・・・・・・。はい、余り、嬉しくは・・・・・・無いん、ですけどね」

    魔王「? 何故」

    勇者「・・・・・・まぁ、色々と」
    16 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:06:02.99 ID:lPpd8whx0 (+17,+29,+0)
    魔王かわいい
    17 : 忍法帖【Lv= - 2011/11/18(金) 10:06:07.56 ID:BIzqmFII0 (+19,+29,-1)
    私怨
    18 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:06:22.99 ID:thVloe0H0 (+18,+25,+0)
    バナナジュースww
    19 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:06:27.06 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-113)

    勇者「それで黒い騎士さんは、私には何用で・・・・・・?」

    魔王「ああ、実は女勇者殿の力量を知りたくてな。キラータイガーに大立ち回りしたそうで。是非御手合わせ願いたい」

    勇者「そ、そんな。私なんて・・・・・・」

    魔王「・・・・・・」

    勇者「・・・・・・分かり、ました。 広場でやりましょうか」

    魔王「ルールはそちらが決めて貰っても」

    勇者「あ・・・・・・なら、最初の一撃だけという事で・・・・・・」

    魔王「構わない」

    21 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:07:11.12 ID:C6UZbDGK0 (+20,+30,+0)
    22 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:07:12.85 ID:/J1EgiUq0 (+93,+30,-166)

    魔王「準備は宜しいか」

    勇者「は、はい。 何時でもどうぞ」

    魔王(正直、覇気も脅威も感じられぬ。 それに私への悪意、敵意すらも・・・・・・)

    魔王(まぁ、考えてても仕方が無い。死なない程度に試し斬りを・・・・・・)

    魔王「では、此方から・・・・・・!」ヒュォッ ガン!

    勇者「あわ、わっ! み、みえない・・・・・・」

    魔王「・・・・・・馬鹿な(女勇者の剣を叩き落す剣筋が不自然に反れた・・・・・・)」

    勇者「そっ、それではっ、次は。 私が行きますッ!」ぶぉん

    魔王「ぬっ・・・・・・!?(女勇者の剣を、薙ぐ剣筋ですらも反れるか・・・・・・ッ!!)」

    23 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:07:47.97 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-192)

    魔王(何とも・・・・・・これ程強力な加護は見たことが無い。 私の剣が悉く通用せぬ)

    勇者「はっ、はぁっ、はっ、あ、あたら、ない・・・・・・」

    魔王(女勇者の剣筋は鈍く避けやすいが、受けることが出来ぬとは・・・これは大魔王に唯一対抗できる人間かもしれぬ)

    勇者「えいやぁっ!!」ズサッ

    魔王「ぬ・・・・・・ぐぅ・・・・・・(剣で斬られることは出来るか・・・・・・ならここで剣を振れば)」

    勇者「え、何で避けずに・・・・・・」ヒュ

    魔王「・・・・・・降参だ。 噂に違わぬ勇者だった・・・・・・」

    勇者「ぅあ、騎士さん大変です! 血がいっぱい!」

    魔王「この程度何とも無い・・・・・・。 それよりも女勇者殿の首筋が少し切れている、すまない」

    勇者「わ、ほ、ほんとだ・・・・・・」

    魔王(加護は自ら触れたときのみ、相手にも触れられるか・・・・・・。危険だな)
    24 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:08:15.73 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-140)

    勇者「え、私を鍛えたい・・・・・・ですか?」

    魔王「あぁ、貴女は才能の塊だ。 今のままでは実に惜しい」

    勇者「そ、そんな。 私なんて・・・・・・」

    魔王「貴女の加護は異常だ。 先程の決闘で私の剣が悉く弾かれた。 才能どころの話ではない」

    勇者「・・・・・・」

    魔王「その加護をうまく利用できれば、貴女への脅威は全て無くなるだろう。 その加護は貴重だ」

    勇者「・・・・・・あなたも、私は加護のお蔭で生きていると言うんですね」

    魔王「は?」

    勇者「わ、私は、こんな力・・・・・・・要らなかった!!」ダッ

    魔王「な、待て! ・・・・・・なんだ、どういう事だ。 ・・・・・・とにかく追わねば」

    25 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:08:52.67 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-218)

    勇者「・・・・・・」

    魔王「・・・・・・すまなかった。 確かに貴女の価値は加護だと言い過ぎた。 ・・・・・・しかし」

    勇者「いいんです、分かってますから・・・・・・」

    勇者「私が何故天女だと呼ばれるのか、今まで剣もろくに振れないのに何故生きてこれたのか」

    勇者「仲の良い男の子がいたんです・・・・・・私に攻撃したはずの獣は反れてその子を・・・・・・」

    勇者「私が・・・・・・怖くて身を抱えていると周りの人がどんどん、死ぬんです」

    勇者「だから、戦いたかった。 自分の体だけ抱きしめずに、剣を抱きしめて、私が次は、守り、たかった・・・・・・」

    勇者「でも、仲間も私の命の代わりに・・・私、一人、ずっと・・・・・・」

    勇者「・・・・・・私の近くにいたら騎士さんも死んじゃいます。だから・・・・・・」

    魔王「・・・・・・誓ったのではないのか? 勇者となり、魔王を倒し、皆を護ると」

    勇者「・・・・・・え」

    魔王「何とも辛い話だ。同情する。 だがお前は戦うために剣をとったのだろう」
    27 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:09:28.84 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-201)

    魔王「護ることは殺すことよりも遥かに難しい。 今のお前一人で出来るのか」

    勇者「・・・・・・でも私はもう怖いんです。 私の傍で死ぬ人を見るのが・・・・・・」

    魔王「私がお前を鍛えれば、それを見ずに済むかもしれぬぞ」

    勇者「え・・・・・・?」

    魔王「私がはったりと疑うならば、その剣、私に突き刺してみろ」

    勇者「な、なにを・・・・・・」

    魔王「自分の不平ばかり嘆いても前には進めぬ。力が足りぬなら、努力で、心で、戦ってきた者を私は知っている」

    魔王「力を持っているお前は、その者達には護れぬものを護る事が出来ると知らねば・・・・・・」ガチッ

    勇者「や、け、剣を持たないで・・・・・・そんな事したら、あ、血が・・・・・・!」ブチ

    魔王「ぬ・・・・・・・・・・・・」スブズブ ブシャッ

    勇者「ぁ・・・・・・あ、ああ・・・・・・・」ボタボタ
    28 : 忍法帖【Lv= - 2011/11/18(金) 10:09:38.70 ID:BIzqmFII0 (+24,+29,-1)
    バナナジュースワロタ私怨
    29 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:09:53.30 ID:C6UZbDGK0 (+20,+30,+0)
    30 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:09:56.28 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-181)

    魔王「ほらな? 大抵の事では死なんよ。 お前に心配されるほどでは無い」フラ・・・ トサッ

    魔王「っとと・・・・・・ふん、血の見すぎで気絶とはな・・・。これでよくキラータイガーを倒したものだ・・・」

    魔王「さて、なんとか説得して仲間に加えて貰わねばな。 側近に連絡しておこう」


    側近「はい、魔王殿。 見つかりましたか」

    魔王「うむ。弱さを知ってるこの娘は強き者が何をするべきか直ぐに気付けるだろう。この女勇者を私は育て上げるぞ」

    側近「は。 しかし間に合いますかな」

    魔王「間に合う。 間に合わせてみせるさ。 何しろ剣鬼と呼ばれた魔王が指導するのだ」

    側近「・・・・・・御武運を」
    31 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:10:27.81 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-197)

    勇者「・・・・・・はっ!」

    魔王「起きたか。 魘されておったぞ」

    勇者「ぁ、騎士さん、怪我は!?」

    魔王「心配するな、魔法で治した。 お前の方こそ顔色が悪い。もう少し休め」

    勇者「あ、は・・・・・・はい・・・・・・」

    魔王「・・・・・・」

    勇者「・・・・・・あの、すいません。 なんか、今日初めて会った人に色々変な事言っちゃって・・・・・・」

    魔王「構わぬ。 お前が私の指導を受けてくれるのならな」

    勇者「そ、それは・・・・・・」

    魔王「力とは、言うならば責任だ、力を持つ者はそれに見合う責任が圧し掛かる」

    魔王「・・・・・・お前は自分の大きな責任を支える事が出来ていないのだ」

    勇者「・・・・・・」

    魔王「勝負では負けたが、命の賭け事なら負けはせん。・・・・・・自分の責任を支える方法を知りたくないか」
    32 : 忍法帖【Lv= - 2011/11/18(金) 10:10:56.22 ID:h/6yVspJ0 (+32,+29,-8)
    おもしろいし文章もしっかりしてるんだけど
    しっかり書きすぎてテンポがいまいち
    33 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:10:58.28 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-204)


    勇者「騎士さんは、知っているんですか。 自分の力で人を護る方法を・・・・・・」

    魔王「さぁな。 力をどの様にして生かすかはお前次第。 唯、今のままでは誰も護れはせん」

    勇者「そう、ですか・・・・・・分かりました・・・・・・騎士さん、剣の使い方を、戦い方を、教えてくれますか?」

    魔王「無論。 私はお前に才能を見た。 一年たてば二度と悪夢は見ずに済むさ」

    勇者「・・・・・・なんで、私を気にかけてくれるんですか? 見ず知らずの私を」

    魔王「そ、れは・・・・・・、私の・・・そう私の剣を是非とも受け継いで貰いたい、と思って、な」

    勇者「そ、そうなんですか?」

    魔王「う、うむ」

    勇者「・・・・・・そう、ですか。 ・・・・・・よろしく、お願いしますね? 騎士さん」

    34 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:11:47.46 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-157)

    魔王「あ、ああ、勿論・・・・・・。あ、敬語を使い忘れていた、すまない・・・・・・許してくれ」

    勇者「え、今気付いたんですか?」

    魔王「すまない。 ずっと普通に話していた・・・・・・」

    勇者「ふ、ふふっ。 いいですよ。 騎士さんは私の師匠になるんですから。 年上ですし敬語なんていいです」

    魔王「そうか、ならそうしよう」

    勇者「なんだか、あっさりしすぎても・・・・・・」

    魔王「ん?」

    勇者「いえ! 何でもないです!」

    魔王「そうか。 それより、これから何処か行くあてなどあったのか?」

    勇者「いえ、数日過ごせば森を抜けようかなと思っていただけです」

    魔王「ふむ。 なら、森でお前の戦いを見せて貰おう。 森を抜ければ鍛練のメニューを決める」
    35 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:12:23.17 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-197)

    勇者「だぁっ、やあっ!」

    魔王「・・・・・・」

    勇者「いやぁーっ! てぇーぃ!」

    魔王(悉く空振り・・・・・・、成程。多数を相手にすれば反れた攻撃が他者に当たるから勝てたわけか・・・・・・)

    勇者「はぁ、はぁ、はぁ・・・・・・だぁっ!」

    魔王(一対一ではどちらも攻撃が当たらず、疲労した方から離脱、・・・・・と)

    おおなめくじ(ど、どうしたら・・・・・・?)

    魔王(いや、もう下がって良いぞ)

    おおなめくじ(へ、へへぇ)ズズズ

    勇者「ぜーぜー・・・あ、ど、どうですか騎士さん! おっ、追い払いましたよ!!」

    魔王「ん、・・・・・・うむ(しかし、ここまでとは・・・・・・)」

    36 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:12:29.66 ID:thVloe0H0 (+31,+29,-13)
    >>32
    テンポもすばらしいだろ
    37 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:12:53.08 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-264)

    魔王「とりあえず、剣筋が大振りすぎる。 小さい体に重い剣が振り回されて、無駄に体力を消耗しているのだ」

    勇者「は、はぁ・・・・・・」

    魔王「疲労が顔に出ている。 負ぶされ。 後は私が戦おう」

    勇者「え、え、い、いいです! そ、そんな、あ、歩けますよ!!」

    魔王「違う。 私の剣の振り方。 体捌き。 体で感じるのだ」

    勇者「え、えぇーっ・・・・・・。わ、わかり、ました・・・・・・恥ずかしい、ですけど」トサ ギュ

    魔王「ん、森を抜ければとりあえずお前にあった剣を選ぶぞ、っと・・・ん、マンドリルか。見ていろ、お前の戦い方の最終目標を」

    マンドリル「キキ、キキキキッ!」グワッ

    魔王(知能の低い魔物で助かった。 魔王と認識されれば殺り難くなる)ヒュオッ

    勇者「わ、わわっ!」グルン

    マンドリル「キキ!? ギッ」ドッ! ゾンッ

    魔王「感じたか? 今の踏み込み、構え、そして一刀両断。 一撃必殺の太刀筋だ」

    魔王「これだけだ。 これだけ習得すれば、魔王すら屠る事が出来る」

    勇者「一撃、必殺・・・・・・」

    38 : 忍法帖【Lv= - 2011/11/18(金) 10:13:18.62 ID:h/6yVspJ0 (+25,+28,-2)
    >>36
    俺が悪かった
    39 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:13:20.15 ID:wWw9mvgv0 (+27,+29,-4)
    良いテンポだけど、バーボンされんなおwww
    40 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:13:52.05 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-207)

    魔王「どうだ、出来そうか?」

    勇者「え、えーっ、む、無理ですよ。 あんな速い剣・・・・・・」

    魔王「ふ、丁寧に教えてやる。 しかし、まずは森を抜けねばな。 また魔物に出会えば次はもっとゆっくり振ってやる」

    勇者「・・・・・・思ったんですけど、何であの時態と負けたんですか?」

    魔王「? ああ、勝負の事か」

    勇者「騎士さん程強い人が何で、私の剣を?」

    魔王「一撃先に、という勝負だったろう。 私はお前の加護を突き破ることが出来なかった。 だから私の負け」

    魔王「しかし、思いついたのが、お前の剣を受けた後どうなるかと思ったのだ。案の定お前に簡単に触れることが出来た」

    勇者「あ、それで私の首から・・・・・・」

    魔王「そうだ。 だからこそ一撃なのだ。 一撃で相手を殺す。 触れられる前に。 一撃で命を持っていく」

    勇者「・・・・・・出来るでしょうか」

    魔王「ふ、この技術など修練を積めば何とでも。 問題は・・・・・・お前の心かもしれんな」
    41 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:14:54.05 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-146)

    勇者「心・・・・・・ですか」

    魔王「うむ。 優しい者はいつだってそうだ。 他人の命を自分の命と同じように意識してしまう」

    魔王「他人の痛みも、苦しみも、悲しみも、辛さも、自分が感じてしまう。 命を殺す事の責任で押し潰されていく」

    勇者「責任・・・・・・」

    魔王「優しさを捨てろとは言わんが、生物としての厳しさを忘れてはならん。その厳しさを忘れた時、お前は死ぬ」

    勇者「よく、わかりません・・・・・・」

    魔王「ふ、そうだろうな。分からないうちは迷うなよ。 迷いは剣を鈍らせ時間を奪う。時間は無いのだ、お前にも、私にも」

    勇者「は、はぁ」

    魔王「と、話しながら歩いているうちに森を抜けそうだな」

    勇者「はい・・・・・・やっとですね・・・・・・」
    42 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:15:32.21 ID:SUQOpOBN0 (+35,+29,-3)
    剣神をあっさり殺しちゃった意味が分からん
    43 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:15:54.09 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-224)

    魔王「さて、剣を買って宿を見つけた後、本格的な訓練を始めようか」

    勇者「わ、わかりました。私は何をすればいいですか」

    魔王「宿を見つけてきてくれ。 私はお前に合う剣を探しておこう。 集合は、夕刻。 この広場で」

    勇者「は、はいっ。 頑張ります!」ダッ

    魔王(・・・・・・さて、この街の剣では物足りんだろう。 側近に連絡して魔王城で良い剣を見つけようか)ピ

    側近「は! 大丈夫ですか魔王殿! ここ暫く連絡が来ず、私は、私は・・・・・・」

    魔王「ふむ、心配をかけたな。 だが案ずるな女勇者の一行に加えてもらった」

    側近「・・・・・・そういう事では、無いのですが」

    魔王「む? まぁいい、空間転移の出来るものをこちらに遣せ。 これから魔王城の剣を女勇者にくれてやるのだ」

    側近「それは・・・・・・はい、分かりました。 私自ら参りまする。 街をお教え下さい」

    魔王「レスカ・・・・・・だ。 待っているぞ」
    44 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:16:28.24 ID:C6UZbDGK0 (+20,+30,+0)
    45 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:17:27.34 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-200)

    側近「これは・・・どうでしょうか?」

    魔王「いや、駄目だ。 徹底した一撃必殺の剣でなければ」

    側近「むむ、私には思いつきませぬ・・・・・・」

    魔王「いや、無理を言っているのは私だ。 気に病むな」

    側近「は」

    魔王「ふむ。 やはり母上の剣を持ち出すしかないか・・・・・・」

    側近「! それは・・・・・・お言葉ながら、私にはその娘が扱えるとは思えませぬ」

    魔王「しかし、もし扱えれば大魔王様に勝てるやもしれぬしな。 大それた事だが・・・・・・」

    側近「もし、扱えるのならば、私は悔しいです。人間に、あの宝が扱われるなど・・・・・・それに」

    魔王「それに、なんだ」

    側近(父上殿の黒剣を魔王殿が持ち、母上殿の白剣をあの娘が持つなど・・・・・・)
    46 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:18:12.13 ID:/J1EgiUq0 (+95,+30,-205)


    魔王「・・・・・・何か問題があるか?」

    側近「・・・・・・いえ、やはり、なんでも、ありませぬ(出来ることなら、私が持ちたかった・・・・・・)」

    魔王「む? そうか。 遠慮なく次からも言え。まぁ、物は試しあの剣を持っていく」

    側近「はい、用意致します。 お待ちを」


    魔王「相変わらず白く輝いて素晴しい剣だな。しかし何故か、あの娘にくれてやるのは勿体無いとは感じぬ。不思議なものだ」

    側近「・・・・・・あの、他の剣はどうするので?」

    魔王「いらぬ。 人間であるあの娘なら扱える筈だ。 これ一本で構わぬ。 送ってくれ」

    側近「は」シュン


    魔王「ふむ、一瞬か。便利な魔法だ。 私も使いたいが難しいのでな」

    側近「いえ、魔王殿のお役に立てるが至上の喜び。 今のままで構いませぬ」

    魔王「ふはは、言ってくれる。 良かろう、これからもお前に頼るさ」

    側近「は、はい・・・・・・」
    47 : 忍法帖【Lv= - 2011/11/18(金) 10:19:11.27 ID:h/6yVspJ0 (+46,+29,-24)
    >>42
    意味的にはかませだけどたしかに伸びしろあるなら殺すことはないよな
    成長が限界に達してた(LV99であの強さ)から殺すとかのほうがわかりやすかった
    48 : 忍法帖【Lv= - 2011/11/18(金) 10:19:17.59 ID:BIzqmFII0 (+24,+29,-13)
    側近は女の子か胸熱
    49 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:20:02.42 ID:C6UZbDGK0 (+20,+30,+0)
    50 : 以下、名無しにか - 2011/11/18(金) 10:20:42.79 ID:thVloe0H0 (+27,+29,-6)
    慢心ってことは上限レベルだったんじゃね?
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について