のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,558,068人
911,666,967頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:2,200人
2,522頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ美也「にぃにー! あっさだよー!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - アマガミ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 18:21:22.05 ID:AxqRlCfN0 (+125,+30,-225)
    「う~ん、美也……ごめん。もう少し寝させてくれ…」

    美也「もう、にぃに~! 今日はちゃんと起きなきゃダメだよ~!」

    「え~……そこまで急がなくてもいいだろ……ふわぁ~…」

    美也「なーにいってんの! 今日は終業式でしょ~。ほらほら、早く起きないとダメダメ」がばっ

    「え、なに終業──うわぁっ!?」どさり

    美也「にしししっ。みゃーもう朝ご飯食べちゃったから、にぃにも早く食べて支度してよねー」すたすた

    「…………」ぼりぼり…

    「……美也の奴、なんか変にご機嫌だなぁ……ふわぁ~…」

    「……仕方ない、着替えるか」

    「………………」

    「え? 終業式?」
    2 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 18:21:47.92 ID:UDKKSCgg0 (-3,+11,+0)
    終了
    3 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 18:22:15.99 ID:A5DhVHVh0 (+6,+18,-3)
    えっ?
    4 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 18:25:07.98 ID:1Z8oIHBq0 (+22,+29,+0)
    みゃーかわぺろり
    5 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 18:28:47.82 ID:AxqRlCfN0 (+95,+30,+0)
    ばたばた…!

    「み、美也!? ちょっと待て!!」

    美也「ん~? みは、はみはひひゅう~」しゃかしゃか

    「見ればわかるよ! だ、だけどその前に美也……さっきなんて言ったんだ!?」

    美也「がらがら……ぺ。もう、なににぃに……乙女が歯磨き中に話しかけるなんてマナーがなってないよっ」

    「それは謝るから! それよりも美也、今日が何だって!?」

    美也「へ? だから今日は終業式だよって」

    「しゅ、終業式……? あ、あはは……美也からかうんじゃないよ」

    美也「……なにいってんのにぃに? どっかで頭打ったの?」

    「だ、だって……今日は十二月の中旬のはずじゃ……」

    美也「もう、にぃに朝からからかうのやめてよ! みゃーだって忙しいんだからね!」すたすた…

    「え、み、美也……!!」

    「…………」

    「こ、これはどういうことなんだ……!?」
    6 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 18:36:39.82 ID:AxqRlCfN0 (+106,+30,-232)
    居間

    純一 もしゃもしゃ…

    「お。今日の運勢はなかなかだな……って違う!新聞で確認するのはここじゃないよ!!」

    「今日の日付日付……あった!」

    「…………………………」じぃー

    「──とっくに新年度が始まってる……?」

    「ま、まさか……これも美也が手の込んだ悪戯で…でも、昔の新聞ってわけでもなさそうだし…」

    「っ………と、とりあえず登校してみよう。それで全てが分かるはずだ……っ」もしゃもしゃ

    純一 ごくん

    「よし、行くぞ!」

    登校路

    がやがや…

    「──別に変わった所はないな……何時も通りの登校風景だ。
       みんな普通だし、普段通りに通ってる……」

    「……。でも、美也が言ったことが気になるな……特に不自然な所は無かったし、
       だけど、なんだろう……」
    7 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 18:43:16.86 ID:YMt8FfDv0 (+7,+22,-1)
    みゃあああああああ
    8 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 18:43:51.02 ID:AxqRlCfN0 (+93,+30,-289)
    「なんだか、僕だけ違う所にいる感覚がする……なんだろうコレ」

    「まるで、僕だけ外れているような───」

    「よぉー!大将ぅ!」

    「あ、梅原……」

    梅原「ようっ。今日も朝から寒いね~……こうも寒いとブリが甘みが乗って美味しい季節だぜ……って」

    梅原「──大将? なんだよ、今日は朝からやけに湿気た顔してんなぁ」

    「ま、まぁね……ちょっと色々あってさ」

    梅原「ふーん、そうか。色々か」

    「……なぁ梅原。一つ聞いても良いか?」

    梅原「んだよー。俺とたいしょーの仲で、そんな気遣いいらねぇっての」

    「……本当にか? 馬鹿にしないか?」

    梅原「しねぇーよ、どんと来い!」

    「……。今日ってなんの日だか僕に教えてくれないか」

    梅原「…………」

    「…………」
    9 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 18:49:57.43 ID:s1faRqPq0 (-23,-13,-1)
    しえん
    10 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 18:50:35.76 ID:AxqRlCfN0 (+93,+30,-303)

    梅原「──大将、頭大丈夫か?」

    「…………」すたすた…

    梅原「ちょ、たいしょー! 歩くの早いって!」

    「…………」すた…

    梅原「はぁ…はぁ…いや、すまん。まさかお前からそんなことを聞かれるとは思ってなくてよ…」

    「だから先に言っただろ。馬鹿にしないで聞いてくれるかって」

    梅原「はぁ……まぁ、そうだが。俺はもっと別のことだと思ったからよ……」

    「別のこと?」

    梅原「……いや、お前さんがなんとも思っちゃーいないんだったら、それでいいんだ。
       俺がとやかく言う必要はねぇ……でもよ」

    梅原「急になんだってんだ。今日が何の日かだなんて聞いてくるって」

    「……まぁ、僕だって変な質問だって思ってるよ。
       でも、ちょっと朝から気になることがあるんだ」

    梅原「気になること? なんだよそれって──」

    「おはよう、梅原くん!」

    梅原&「へ?」
    12 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 18:58:01.32 ID:AxqRlCfN0 (+95,+30,+0)

    「今日も朝から寒いね~……──ってあ……」

    「も、森島先輩……っ!」

    森島「っ………」びくっ

    「……?あ、あの先輩……?」

    森島「……橘くん…居たんだ」

    「え、あ、はい……いましたけど……?」

    森島「う、うん……橘君もおはよう!」

    「おはようございます……」

    (な、なんだろう……この森島先輩の感じ。
       まるで僕と会ったらまずいみたいな……)

    梅原「──森島先輩、おはようっす。今日はおひとりで登校っすか?」

    森島「…………え?あ、そうなの。今日は響ちゃんが部活で早めに登校しててね…」

    梅原「そうなんっすか~……そしたら今日は途中で合流な感じっすか?」

    (合流…? 森島先輩って塚原先輩以外と登校してるのみたことあったっけ…)
    13 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 18:58:22.65 ID:VdJZg4/m0 (+24,+29,-17)
    そろそろアニメだしアマガミssふえてくるな
    よしよし
    14 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 18:58:43.25 ID:3ANttQtq0 (+16,+26,+0)
    なるほど
    16 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:08:20.30 ID:AxqRlCfN0 (+95,+30,-312)
    森島「──うん、そうなの。これから会うつもりなの」

    梅原「そうなんすかぁ~……かぁー! 良いっすねー!
       んじゃ! 俺らはお邪魔にならない様……この辺でおいとまさせていただきます!」

    梅原「行くぞ橘っ!」だっ

    「え、う、うん……あ、それでは先輩。また会えたら……っ!」

    森島「………うん、会えたら」

    たったったった……

    梅原「……」たったった

    「──お、おい梅原……!!脚早いって……!!」たったった

    梅原「──よし、この辺までくればもう、見えないだろ」

    「はぁっ…はぁっ……なんだよ、梅原……急に走り出して……!」

    梅原「……大将の為だろ。それに俺だって見たくなしな」

    「ぼ、僕の為……? なんだよ、森島先輩から離れることが僕の為っていうのかっ……?」

    梅原「何言ってんだよ、橘。それとももう、ふっきれたとでも言うのかよ。
       ……そしたら大将、俺はお前を心から称賛するけどな」

    「……?」
    17 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:08:57.79 ID:A5DhVHVh0 (+14,+26,+0)
    なるほど
    18 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:12:25.56 ID:1Z8oIHBq0 (+27,+29,-1)
    ニュータイプいもスレが落ちてしまっていたので
    19 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:15:35.75 ID:s1faRqPq0 (+24,+29,-3)
    まさか鬱ルート?
    20 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:16:27.61 ID:AxqRlCfN0 (+95,+30,-238)
    梅原「──でも、俺はお前がそういう奴じゃないって知ってるつもりだ。
       だから変に強がったりすんなよ、本当に」

    「……梅原、ごめん。僕はお前が言ってることが全然理解できてないよ」

    梅原「……それ、本気で言ってんのか?橘?」

    「うん、本気で言ってる」

    梅原「……。そうか、どんなつもりでそんなこと言ってるんだがわからねぇけどよ、
       少しここで待ってみろ。それなら否応にもわかるはずだ」

    「ここで? 校門の前じゃなくて?」

    梅原「ここでだ。俺も一緒にいてやるから」

    「……わかった。待ってみるよ」

    梅原「…………」

    数分後

    梅原「──ほら、来たぞ大将」

    「え、ああ、森島先輩のことか───……え?」
    21 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:17:05.36 ID:3ANttQtq0 (+10,+20,-1)
    ・・・ゴクリ
    22 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:22:45.65 ID:s1faRqPq0 (+16,+26,+0)
    こわいこわいこわい
    23 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:23:30.49 ID:AxqRlCfN0 (+95,+30,-263)
    「──あはは。森島先輩は───」すたすた

    「──ふふ、だって今日は──」すたすた

    「なっ……」

    「──今日は何処か一緒に──」すたすた

    「──ええ、そしたら牛丼──」すたすた

    「…んだアレ……まるであれじゃ……」

    「──いいですよ、そしたら放課後に……あ──」

    「──決まりねっ! じゃあ放課後に……っ──」

    「…………」

    「……おはようございます、橘先輩」

    「なん、で君が……」

    樹里「なんでもないでしょう。僕はこの人の隣にいる資格がある」

    森島「………」

    「森島先輩……?」
    24 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:24:27.53 ID:3ANttQtq0 (+7,+17,-12)
    ロミオェ・・・
    25 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:28:22.74 ID:mBSfbt3R0 (-25,+29,-1)
    もう既にキツくなってきた
    26 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:29:46.62 ID:i0yWjI+q0 (-1,+10,-2)
    これは…
    27 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:31:11.83 ID:AxqRlCfN0 (+95,+30,-303)
    森島「──ごめんね橘君、今日は急いでるから……」

    「えっ……先輩?」

    森島「っ……行きましょ、路美雄君!」

    樹里「ええ、行きましょう──では、これで」すたすた

    「ちょ、ちょっと待ってせんぱ──」がっ

    梅原「大将」

    「は、離せよ梅原ッ! 僕は先輩と──」

    梅原「大将っ! しっかりしてくれ!」

    「っ……僕はしっかりしてる!! でも、これは……!!」

    梅原「いいや、俺には大将がしっかりしているようには見えないぜ。
       だから、ここでお前さんの肩から手を離すことはしない」

    「梅原……っ!」

    梅原「行くな橘。言ってどうする、なにを言うつもりだ?なにを聞くつもりだ?」

    「それはっ……!」
    28 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:33:40.21 ID:s1faRqPq0 (+30,+30,-19)
    つれーわー マジつれーわー 森島先輩が他の男と付き合ってるんだもんなー


    orz
    29 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:36:54.24 ID:jYRpJwW70 (+24,+29,-9)
    つまり誰ともフラグ建てないままクリスマスが過ぎてたって事か
    30 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:37:09.87 ID:AxqRlCfN0 (+95,+30,-260)
    梅原「なりそめを聞くのか? どうやって付き合ったのか聞くのか?
       あの二人の前に言って、お前はなにをするつもりなんだよ」

    「……………」

    梅原「──もう諦めろよ、橘。もうお前さんが森島先輩の前に行くのは、見てるこっちも辛い。
       ダチとして、同じ男として──やめてくれ、そういうのは」

    「……梅原──」

    梅原「……なんだ、大将」

    「…………」

    梅原「…………」

    「──一回、僕を思いっきり殴ってくれないか……」

    梅原「…………」

    梅原「……はぁ、わかったよ。それで大将が気が済むなら……いくらでも殴ってやる」

    「一回でいいからな……でも、手加減なしだ」

    梅原「おう、気合入れろよ」
    31 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:46:23.20 ID:AxqRlCfN0 (+95,+30,-219)
    がつん!

    「っつ……!!」

    梅原「……いやなに、初めて人を殴ったけどよ。いてーのな、こっちも」

    「たぶん、殴られた方が一番痛いと思う……」

    梅原「ちげーねぇや。それで大将、気が済んだか?」

    「……ああ、これが夢じゃないって事がやっとわかった」

    梅原「そうか……気をしっかり持ってくれ大将。
       俺はもうあの時の大将は観たくないからな」

    「ああ、わかった梅原……」

    梅原「……本当に大丈夫か?顔色が悪いぞ、保健室行くか?」

    「いや、大丈夫だよ……はやく登校しよう」すたすた……

    梅原「大将……」
    32 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:51:04.93 ID:AxqRlCfN0 (+95,+30,-167)
    教室

    「…………」

    (先輩に──彼氏……)

    (あんなに楽しそうに笑って、僕とは違う人と会話して……)

    (僕だって──あんなに笑った先輩の顔、見たことなかったな……)

    「ずず……っ!?」

    (や、やばい……教室で泣きそうだ……!!
       クラスのみんながいるのに、泣いたら変に思われる……っ)がたっ

    (トイレに行くか……周りにばれないうちに、特に梅原とか──)

    (──薫とかに、見つかったら……!!)

    「……ってあれ…? 薫……?」

    「そういえば、まだ薫の姿を見てない──」

    がらり

    高橋「ほらー。朝のhrはじまるわよー」
    34 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 19:59:56.48 ID:AxqRlCfN0 (+95,+30,-233)

    「あ、もうそんな時間か……」

    高橋「こら、橘君。なにぼーっとつったってるの!
       もうチャイムが鳴ってますよ」

    「あ、はい……あの先生!かお……棚町さんがまだきてませんけど…!」

    高橋「……。そうね、それは後で私から説明するわ──今は、とにかく座りなさい」

    「は、はい……」がたん

    (説明……?いったいなんのだろう……?)

    高橋「それではhrを始めたいところですけど──今日は皆さんに報告があります」

    高橋「──本日をもって、棚町 薫さんは転校することになりました」

    「え……?」

    高橋「突然の話──ということでは、ないようだけど。皆さん知ってると思いますが、
       棚町さんは油絵の出品会で特賞を取ったことで、とある外国の学校に行くことが決まってました」

    高橋「まさか突然、今日転校となるとは私も予想だにしなかったから……このような急な報告となってしまったわ」
    35 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 20:02:22.71 ID:uEMfdBspO (+25,+29,-5)
    もしかして全員疎遠か?
    36 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 20:03:02.85 ID:s1faRqPq0 (+33,+29,-3)
    >>35
    おっとそこから先はまだ言わないでおけ
    37 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 20:03:24.24 ID:43TyYZnW0 (+19,+29,-14)
    大丈夫だまだ美也がいる
    38 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 20:03:52.26 ID:QUKa+fht0 (+16,+26,+0)
    全力ソエンルートワロタ
    39 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 20:05:26.09 ID:3ANttQtq0 (+24,+29,-15)
    田中さんだけは・・・タンポポだけは!
    40 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 20:06:04.62 ID:2oWwt+C+0 (+19,+29,-13)
    美也ルートwktk
    41 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 20:07:04.71 ID:2XO8defA0 (+19,+29,-5)
    みゃーの機嫌の良さ……つまり
    42 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 20:08:15.52 ID:AxqRlCfN0 (+95,+30,+0)
    「っ……!!!」がたん!

    高橋「きゃ……た、橘君っ? 急に立ち上がってどうしたの?」

    「た、高橋先生……っ!? そ、それは本当のことなんですか……っ!?」

    高橋「え、ええ……そうよ──でも、君は前もって棚町さんから言われてたはずじゃなかったの?」

    「え……」

    高橋「そもそも私も貴方から聞いて──橘くん? 顔色が悪いわよ──」

    (なん、だっていうんだこれは……薫が転校…? 外国へ行く…? 絵が受賞した…?)

    「あっ……田中さんっ!!」

    田中「へっ!? あ、なにっ? 橘くん……?」

    「田中さんは薫が転校するの知ってたの!?」

    田中「えっ……何を、言ってるの橘くん……?」

    田中「そもそも──薫が転校するって事は、橘君が言ってくれたことじゃない」

    「な、んで……そん、な……僕は……」

    田中「そ、それに……つい一昨日ぐらいに、梅原君とか伊藤さんとかで一緒に祝った……と思うんだけど」
    44 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 20:16:20.58 ID:AxqRlCfN0 (+95,+30,+0)
    「……………………」

    田中「え、私間違ってるかな……? あ、あと……橘君は薫から別れのプレゼントって絵をもらってるはずだし……」

    梅原「──ああ、あってるよ田中さん。俺もそこにいたしな」

    「う、梅原……」

    梅原「大将……いや、橘。今日はどうしたんだ、とりあえず落ち着けって」

    「で、でもこれって……っ!!僕は何も知らなくて……!!」

    梅原「……今朝からどうも様子がおかしいと思ってたんだが、ここまでとは……橘。
       とりあえず保健室に行くぞ。少しそこで寝て休め」がた…

    「う、梅原……!!僕はおかしくなってないっ!ちゃんと正気だよ!?」

    梅原「何処がだよ。俺にはお前がおかしくなったとしか見えないぞ、ほら行くぞ……」

    「や、やめろ……っ!!僕は……っ!!」

    梅原「な、抵抗するなって……!!なにやってんだよ本当に……!」

    「──今は、hr中よ。二人とも」

    絢辻「騒ぐのやめてちょうだい。梅原君も、橘君も」
    45 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 20:20:17.44 ID:3ANttQtq0 (+17,+27,-1)
    絢辻さん・・・
    46 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 20:23:38.58 ID:AxqRlCfN0 (+95,+30,-193)
    「っ……あ、絢辻さん…!」

    絢辻「先生、私が橘君を保健室に連れて行きます。後は引き続き、hrを続けてください」

    高橋「え? ええ、わかったわ……後はよろしくお願いします、絢辻さん。
       ……あと橘君も、ちょっと落ち着いてから終業式にでなさい」

    「…………はい…」

    絢辻「──ほら、行くわよ橘君。ちゃんと前を向きなさい」

    「………」すたすた…

    がらり ぴしゃ

    絢辻「…………」

    「…………」

    絢辻「なに、めそめそと泣いているの橘君」

    「え……?」

    絢辻「──良いわね、そんな風に感情を外に出せて。羨ましい限り」

    「あ、絢辻さん……?」
    47 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 20:30:04.32 ID:a6UbQLQA0 (-27,-15,-1)
    48 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 20:30:37.14 ID:AxqRlCfN0 (+95,+30,-217)
    絢辻「──私は、あの時は何も吐き出せれなかったのに……」

    「さっきから、なにをいって……」

    絢辻「─────。さて橘君、さっそく保健室に行きましょう。
       だめよー、ちゃんと寝なきゃ! そうしないと直ぐに気疲れしちゃうんだから!」

    「え、あ、うん……」

    絢辻「大丈夫、そこまでたいしたことじゃないわ。私だって、全然寝なくて変なテンションに
       なっちゃって……深夜の寒い中、野生の鹿と小一時間戯れたこともあるわ」

    「あ、あはは……それは流石に冗談だよね……?」

    絢辻「冗談よ。……んじゃ元気出たみたいだし、保健室行くわよ。それでとりあえず、
       後で高橋先生と、梅原君……それと田中さんに謝っときなさい」

    「……うん、わかった……ありがとう、絢辻さん」

    絢辻「ううん、別にいいのよ。これが私だもの」

    「え、うん……そうだね。それが絢辻さんだよ」

    絢辻「……。それじゃ行きましょう」
    50 : 以下、名無しにか - 2011/11/11(金) 20:38:39.27 ID:AxqRlCfN0 (+95,+30,-181)
    保健室前

    絢辻「それじゃあ、私は先に戻っておくわね。ちゃんと寝る様に!」

    「……うん、わかったよ」

    絢辻「一時間ぐらいしたら梅原君に、貴方を起こしに来るよう伝えておくわ」

    「うん、ありがとう……色々としてくれて」

    絢辻「いいのよ。だってクラスの委員長だもの」

    「あはは……それも最後だけどね」

    絢辻「そうね、それじゃ」すたすた…

    「また、後で」

    「………。なんだろう、絢辻さん……僕が思ってた印象と大分変わったような…」

    「昔はもっとこう、ちゃんと人を見てたような気がする……」

    「……」

    「……本当に、なんだっていうんだ……僕、本当にどうにかなってしまいそうだ…」
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - アマガミ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について