のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,556,544人
911,665,209頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:680人
764頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ紅莉栖「メールで告白しちゃう男の人って…」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - steins;gate + - 鈴羽 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:37:19.85 ID:EhRHxj58O (+125,+30,-133)
    電話レンジ(仮)の爆発事件から1週間。

    Dメールを研究していた頃の熱気は過ぎ去り、俺たちはただ
    ダラダラと夏休みを過ごしていた。

    ガランとしたラボ内。

    今日は、まゆりが補習授業、紅莉栖は講習会、ダルはメイクイーンで行われているイベントに行ってしまい
    ラボの中には俺だけが残されていた。

    となれば、一人残された俺がやる事といえば一つしかあるまい。

    談話室に置かれたティッシュ箱から、ティッシュを3枚ほど抜き取る。

    岡部「…うむ、準備は万端だ…」
    2 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:39:31.76 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-103)
    俺はX68000の前に座り、ネットの海から、女の子達のあられもないあんな画像やこんな画像を探した。

    ほどなくして、我が頼れる息子が反応する画像が見つかり
    俺はズボンからなにを取り出し、画面を見ながら手で刺激し始める。

    岡部「うっ……くうっ……」

    刺激を始めて数分、俺は今にも達してしまいそうだった。

    この画像…けしからんな……。

    実にけしからん…。

    あ、もうダメだこれ……。
    3 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:40:42.23 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-150)
    岡部「うっ……ううっ…」

    そんな時、背後でラボのドアが引き開けられ―――。

    鈴羽「うーっす。 岡部倫太郎、いるー?」

    突然鈴羽が入ってきた。

    岡部「え……?」

    しまった…! カギを掛け忘れていたなんて…!

    岡部「ちょおっ!!おおおおおまおまおま…!」

    なんたる失態…。 己の不用心さに呆れて物も言えない。

    岡部「待てえええっ! 待ってくれ…っ!」

    慌てて我が頼れる息子をズボンに仕舞おうとするが、大きくなっているためなかなか収まらない。

    鈴羽は、顔に?マークを浮かべて歩み寄ってくる。
    4 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:41:21.26 ID:Q+ZI6x7x0 (+24,+29,+0)
    世界一かわいいよおおおおおおおおおおおおおおお
    5 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:42:13.10 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-113)
    やめろ……くるな……っ!

    鈴羽「なになにー? 何してんの~?……あ」

    どうやら鈴羽は、俺の様子を見て察してしまったらしい。

    終わった。 俺、エル・プサイ・コングルゥ…。

    鈴羽「…岡部倫太郎さ~。 そーゆー事するときは、ちゃんとカギ閉めた方がいいよ?」

    岡部「…え?」

    ……しかし、鈴羽の反応は意外なものだった。

    鈴羽「まぁ、急に開けたあたしも悪いんだけどねー」

    岡部「あ、いや…」
    6 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:42:53.13 ID:W+2Yfe3a0 (+6,+11,-4)
    3枚って少なくね?
    7 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:43:47.23 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-153)
    鈴羽「ん? ああ、そうそう。 店長が、預かってたブラウン管が直ったから取りに来いってさ」

    岡部「あ、そうですか……じゃなくてだ」

    鈴羽「え?」

    岡部「女の子ならば、普通こういう時“いやーん!HENTAI!”とか“きゃー!近寄らないで!”とか言うもんじゃないのか…?」

    鈴羽「あー…。 いいんじゃない?べつに。 男の子だもんね」

    なん…だと…?

    岡部「そ、そうですか。 すみませんでした」

    鈴羽「じゃー、下で待ってるからさ、終わったら取りに来てよね。 あと、ほどほどにしとけよ~。あっはは」

    鈴羽はそう言ってはにかむと、再びラボのドアを開けて行ってしまった。
    8 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:43:48.85 ID:g7Imbeb00 (+14,+29,-12)
    家でやれよ
    9 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:44:51.39 ID:UeajrvaA0 (+28,+29,-3)
    >>6
    貴様には想像力というものはないのか
    10 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:46:01.31 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-106)
    岡部「あの……女」

    理解のある幼なじみキャラ……だと?

    漫画やネット上だけの存在だと思っていた。

    聖女か?

    あれが聖女…。

    岡部「あの………女ああああぁぁぁぁぁ!!」

    正直、どストライクすぎるだろう。

    こうして、女に免疫のない、DTの俺は何とも妙ちくりんな理由で恋に落ちてしまったのだった。
    11 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:47:48.08 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-152)
    どうにか落ち着いた俺は、一階に降りてブラウン管を受け取ると、足早に店を出た。

    もちろん店内には鈴羽もいて、はたきで埃を掃除していたが、さっきの事もあり目を合わす事が出来なかったのだが…。

    それにしても見たか、おい。 はたき掃除の時は三角巾にエプロン姿だったぞ…。

    けしからんな…。 ため息が漏れる。

    岡部「はぁ……まさかこの俺が、あのバイト戦士の事を気にする事になるとはな…」

    阿万音…鈴羽か…。

    そして、ラボへと続く階段を見上げて、俺は再びため息をついた。
    12 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:48:52.75 ID:Q+ZI6x7x0 (+24,+29,-2)
    よし全裸になったぞ
    13 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:49:26.57 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-153)
    そんな時、不意に――――。

    鈴羽「手伝おっか?」

    岡部「うおおわっ! ってうおおっ!」

    急に鈴羽がヒョイと視界に入って目をあわせてくる。

    俺は思わず、持っていたブラウン管を落としそうになるが、鈴羽がそれを支えた。

    鈴羽「うわー…危ないなぁ。 ねー、そんなに驚く事ないじゃ~ん。ちょっと傷付くよ?」

    岡部「す…すす……すまん」

    鈴羽「…ありゃ、どしたの? いつもの威勢はどこ行ったのさ」

    岡部「いや、た…たたす…たすかった…うん」

    鈴羽「なに~? あっはは。岡部倫太郎、動揺しすぎ。 今の君、ちょっと可愛いよ?」

    岡部「あ………ええ?」
    14 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:50:29.75 ID:EhRHxj58O (+90,+30,-50)
    鈴羽「……ああもう、調子狂うなー。 もういいや、さっさと運んじゃおーよ」

    岡部「あ、あり……」

    鈴羽「ん?」

    岡部「……がとぅ…」

    鈴羽「お、おーう…」
    15 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:51:56.62 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-100)
    何とか二人してブラウン管テレビをラボに運び込む。

    岡部「ぜぇ……ぜぇ……」

    鈴羽「なんだー岡部倫太郎。 はぁ、だらしないぞー。はぁ…はぁ」

    見ると、鈴羽が額の汗を拭っている。

    ぐう…っ!!

    岡部「な、なぁ、バイト戦士よ…」

    鈴羽「ん? なに~?」

    岡部「…運んでくれた礼だ。 ちゃ…茶でも飲んでいかないか…?」

    ああ、俺は何を言ってるんだ…。
    16 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:52:45.15 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-133)
    鈴羽「…あ、もしかしてさっきの事で気ぃつかってんの? 大丈夫。誰にも言わないって~」

    岡部「あ、いや、そういうわけじゃないんだが…」

    さっきの事を思い出して、思わず赤面してしまう。

    鈴羽「うーん、でもあんまり遅くなると店長が怒るからなぁ…」

    岡部「じゃ、じゃあ…この後飯でも食いにいくとか…。せめて何かご馳走したいというかだな…」

    いや、本当はちょっと話がしてみたいだけなんだが…。

    鈴羽「えっ? 岡部倫太郎、奢ってくれんの?」

    岡部「も…もも…もちろんだす!」

    噛んだ。 しかし、これは好感触…いけるか?
    17 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:53:01.52 ID:Q+ZI6x7x0 (-24,-14,-1)
    しえん
    19 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:53:51.85 ID:v44F/Kro0 (+19,+26,-3)
    スレタイは関係あるのか?
    20 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:54:08.82 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-93)
    鈴羽は、腕を組んで考えている。

    なんだ…? これはどういう事だ…?

    鈴羽「うーん……。 今日はやっぱやめとく」

    なに? 今なんて言った?

    冷静に思い返してみる。 やっぱやめとく?

    止めておく?

    岡部「な、なぜだ…?」

    鈴羽「なぜって…何ででもぉ~。 だけど、うん。 また今度誘ってよ」

    岡部「お、おうふ」

    やった。 次のチャンスがあるという事でいいんだよな?これ。

    っていうか、恋だよなこれは。
    21 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:55:14.49 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-218)
    その後、一人になってひとしきりそわそわしている所でダルが帰ってきた。

    早速、さっきの事を話し、会話の内容も伝えて、どうだろうかと尋ねてみる。

    ダル「わかんね」

    岡部「え?」

    ダル「いや、だからわかんねって。 そもそも、何で僕に聞いちゃったん?」

    ああ、たしかに…。

    岡部「そうか…すまなかったな。 今の話…忘れ―――」

    ダル「られる訳ねーよ! ってか、オカリンがいきなりナニの話しだすから」

    ダル「いつ逃げようかとドキドキしちゃったじゃねーか。 謝罪と賠償を要求する!」

    岡部「ならば俺は遺憾の意を表明する! …というか、大事なところはそこじゃなくてだな…こ、ここ…」

    ダル「もうやめて! オカリンのライフポイントは0よ!」

    岡部「恋しちゃったって事なんだよおおおおおおぉぉぉぉぉ!」

    ダル「はい、言ったああぁぁ!」

    ダルと、その場でハイタッチを交わす。
    22 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:55:58.06 ID:JlYM7Anw0 (+19,+29,+0)
    ダル「」
    23 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:56:55.68 ID:Q+ZI6x7x0 (-25,-15,+0)
    24 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 22:57:48.06 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-208)
    紅莉栖「ほ、ほぉ~? お、岡部がこここ、恋…だと?」

    岡部「なん…」

    ダル「…だと?」

    談話室で座って話していた俺とダルの隣に、いつの間にか紅莉栖が佇んでいた。

    紅莉栖は、俺たちを氷のような表情で見下ろしてくる。

    紅莉栖「その話…詳しく聞かせてもらおうかしら」

    岡部「だ、だが断る」

    ダル「残念牧瀬氏、だが断られたわけだが」

    紅莉栖「ちょ、いいから話せっつってんのよ!殺すぞ」

    …ふざけるな! 紅莉栖なんぞに話してみろ…。

    こいつ、きっとふれ回る友達がいなくてもふれ回るに違いない。

    最悪の場合、@ちゃんねるにコテハン・鳳凰院凶真の誹謗文章スレが立つことだろう。

    それだけは避けねばならん。
    25 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:00:06.03 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-133)
    岡部「だ、ダルよ、助けて…」

    我が頼れる右腕、ダルに助けを求めて手を伸ばす。

    すると、急に伸ばした腕に鈍痛が走った。

    メキリ…と骨が軋む。

    カバに咬まれたら、きっとこんな感じなのだろう。

    岡部「うぐぅ!?」

    腕の方に目をやる。 まゆりだ。

    まゆり「トゥットゥルー♪ オカリンオカリン、まゆしぃもその話、聞きたいなぁー」

    まゆりが、俺の腕を掴んでいた。

    まゆり「いいよね?」

    岡部「わかった……全て…話そう……」
    26 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:01:42.97 ID:kPIiL+sj0 (+22,+29,+0)
    安定のまっちょしぃ
    27 : ジョン・タイター - 2011/11/10(木) 23:02:40.50 ID:sYtho/2L0 (+21,+28,+0)
    面白い、支援しよう
    28 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:03:01.21 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-197)
    岡部「…と、言うわけだ」

    俺は仕方なく事の顛末を説明した。

    紅莉栖「…それは間違いなく勘違いね。 恋じゃない。 断じて」

    まゆり「まゆしぃも、紅莉栖ちゃんに全面的に同意だよぉ」

    岡部「な、なんでだ!? っていうかまゆり、お前全面的とか言わないだろう! そして助手よ!どういう事か説明してもらおうか…ぜぇ…」

    一気に話して息が上がってしまった。

    紅莉栖「そ、それは…そう、吊り橋後悔よ」

    吊り橋…? ってあの吊り橋か?

    ダル「ああ、男女が一緒に吊り橋を渡ったドキドキを、恋だと勘違いしちゃうアレか」

    岡部「なっ!」
    29 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:03:58.88 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-170)
    ダル「※ただし(以下略)だけどな。 ほんまかいなTVでやってた」

    ああ、あの腐女子御用達の眉唾情報ご紹介番組か…。

    紅莉栖「そう。 あんたは短時間の内に…オ、あ、アレを起点として…っ! 何度もドキドキする場面があった」

    ダル「なんで言い直すん? もっかいちゃんと言ってよ。 そこ一番重要なとこだろ常考」

    紅莉栖「やかましいわ! つまり、岡部のそれは、吊り橋のドキドキを恋のドキドキだと勘違いしてるって事」

    まゆり「なぁーんだ~♪ えっへへー。 オカリン、よかったね」

    岡部「な…に?」

    まゆり「早めに勘違いだって気付けて」

    岡部「ふ、ふざけるなっ!」
    30 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:04:00.63 ID:UeajrvaA0 (+22,+29,-2)
    後悔しちゃったかぁ…
    31 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:04:57.32 ID:lbWnbr6z0 (+24,+29,-7)
    鈴羽可愛すぎる…
    鈴羽ぺろぺろ^^
    32 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:05:24.28 ID:RHlzNOit0 (+24,+29,-1)
    自重しろまゆクリ
    33 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:06:04.72 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-162)
    ダル「お、オカリン!?」

    岡部「これが例え吊り橋のドキドキであったとしても…俺にとっては恋のドキドキと何ら代わりはない!」

    むしろ、吊り橋から恋へクラスチェンジしたのだ。

    ネズミが白馬に。

    カボチャが馬車に、っていうアレだ。

    そうに違いない。

    紅莉栖「こいつ…早く何とかしないと…」

    やかましい!

    紅莉栖「でもさ…」

    紅莉栖が残念そうな顔になり、更に反論してくる。

    紅莉栖「それって、あんたが自分勝手にドキドキしてるだけで、阿万音さんはむしろ引いてるんじゃない?」

    なん…だと…?
    34 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:06:13.65 ID:v44F/Kro0 (+27,+29,-9)
    どう見ても鈴羽がかわいいから仕方ないな
    ほかと比べて性格もいいし
    35 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:06:57.06 ID:RHlzNOit0 (+19,+29,-2)
    女はこええなぁ
    36 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:06:59.68 ID:EhRHxj58O (+90,+30,-117)
    ダル「あー、あるある。ってか、もし僕が阿万音氏の父親だったら、そんな動機の奴が近寄ってきた時点で殺しちゃうかもしんね」

    岡部「だ、ダルまで…」

    紅莉栖「それは無いから安心して、橋田」

    ダル「即答かよ!ってかさすがに失礼だろ」

    まゆり「そうだねぇ。 まゆしぃもちょっと引いちゃうかもしれないのです…」

    くっ……こんな事、話さなけりゃ良かった。

    紅莉栖「これはもう…実況検分しか無いわね」

    岡部「はい?」
    37 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:08:00.06 ID:lbWnbr6z0 (+29,+29,-26)
    ジョッシュと特にまゆりが黒い…
    鈴羽Loveになってしまたのも分かるなw
    38 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:09:36.32 ID:EhRHxj58O (+88,+30,-128)
    まゆり「なるほどぉ、発生当時の状況を再現してみようってわけだねぇ♪ さっすが紅莉栖ちゃん」

    岡部「おいまゆり、今日はやけに物わかりがいいな」

    ダル「うは、これなんてエロゲ? 待ってて、今カメラ用意するから」

    ダル!悪のりするなよ!

    紅莉栖「さあ岡部、早くやりなさい。 ってか早くやれ早く」

    岡部「い、いやだ…!」

    まゆり「オカリン、時間がもったいないよぉー」

    ダル「よしよし…シーン1、テイクワン…アクション!」

    岡部「い、いやだ! お前らふざけるな!」

    俺は、靴も履かずにラボから逃げ出した。
    39 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:10:25.68 ID:RHlzNOit0 (+24,+29,-4)
    このオカリン総受け度たけぇ
    40 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:10:26.90 ID:kPIiL+sj0 (+18,+30,+0)
     
    41 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:11:26.21 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-93)
    急いで実家に帰り、昼間の事を思い出してみた。

    あれは…恋だ。 間違いない。

    俺は…阿万音鈴羽が好きになってしまったのだ。

    そこで、紅莉栖に言われた事を思い出す。

    俺は……俺はそうだとしても…鈴羽は?

    やつは、本当はどん引きしてしまっていたんじゃないのか…?

    そんな時、携帯がけたたましく着信音を鳴らした。

    紅莉栖かメール魔に違いない。 くそっ。こんな時に…。

    岡部「…ってうおっ!」
    42 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:12:04.60 ID:lbWnbr6z0 (+29,+29,-6)
    岡部っていうよりカオヘ主人公っぽいw
    鈴羽ぺろぺろ…!
    44 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:13:07.67 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-94)
    frm.バイト戦士
    sub.おなかすいたー
    『どっかに草とか虫が一杯採れる場所ないかなー? そうすれば、あたしのサバイバル技術が生かせるんだけど』

    草とか虫?

    おなかすいた?

    虫?

    岡部「鈴羽…。 お前、一体どんな生活をしているんだ…?」

    俺の…鈴羽に対する興味は、ますます深まっていくばかりだった。
    45 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:15:17.08 ID:2oJv8+Iw0 (+24,+29,-3)
    別に気にしないんだが、これはα世界線?
    46 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:15:59.85 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-216)
    翌朝ラボに来ると、ブラウン管工房の前では鈴羽が掃き掃除をしていた。

    ふ、フフフ……フゥーッハハハ! なんたる偶然! ここで巡り会ったのも奇跡に違いない!

    岡部「よ、よう。バイト戦士」

    鈴羽「あ、おっはー。 岡部倫太郎、今日早いじゃーん」

    岡部「う、うむ。 それよりバイト戦士よ、朝から掃除か?大変そうだな?」

    鈴羽「いや~、他にする事無くってさー。 このお店暇でしょ?あっはは」

    鈴羽がはにかむ。

    岡部「どれ……俺が、て、てて、手伝おうか?」

    ここは、鳳凰院凶真流のやさしさアピールと洒落込むか。

    鈴羽「え? いいっていいって。あたしの仕事だし、他にやる事なくなっちゃうよー」

    岡部「で、でも…」

    そう言うと、鈴羽は首を横に振って、ばつの悪そうな顔で頭を掻いた。

    しまった。 これは残念な選択肢を選んだようだぞ…。
    47 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:16:10.77 ID:RHlzNOit0 (+29,+29,-11)
    オカリンが特定人物にこんだけベタボレるSSって初めて見た気がする
    48 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:17:03.39 ID:0KV6y4iR0 (+18,+28,-3)
    わりと再現度高いからあり
    49 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:17:34.99 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-130)
    岡部「そ、そうか。 いらぬ気遣いをしてしまったようだな」

    鈴羽「ううん。 っていうか岡部倫太郎さ、昨日から様子が変だよ? 大丈夫~?」

    まずい…挙動不審に見られていたか。

    岡部「そうか? そんな事は無いと思うが…」

    鈴羽「ふーん。 じゃ、あたし…」

    あ、まずい。 鈴羽が掃除に戻ろうとしている。

    なにか話題を…。

    岡部「あっ。 …時にバイト戦士よ。 お前、昨日のメールだが…」

    鈴羽「えっ? あー、あれね。 どう? いい場所あるかな?」
    50 : 以下、名無しにか - 2011/11/10(木) 23:20:12.45 ID:EhRHxj58O (+95,+30,-227)
    鈴羽は、チラチラとこっちを見ながらと目を輝かせている。 メールの内容が内容だけに、複雑な気分だ。

    岡部「いや…そうじゃないんだが…。 お前、普段どんな物を食べているんだ?」

    鈴羽「え?」

    岡部「いや、草とか虫とかって書いてあったから…」

    鈴羽の表情が少し険しくなる。 これは…まずいか…?

    鈴羽「…うん。 あの…ね? あの…色々あんだって」

    小さくなってしまった。

    しかし、聞かずにはいられない。

    岡部「色々ってお前、どこに住んでるんだ? 両親は――――」

    そこまで言ったところで、鈴羽が急に目を見開いた。

    鈴羽「しっつこいなー!もう!  それは君には関係ないじゃん!」

    岡部「うぐっ…!」

    今まで、どこかとぼけていたような鈴羽が、急に感情を顕わにする。

    鈴羽「あ、ゴメン…」

    岡部「…いや、俺の方こそすまん…」
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - steins;gate + - 鈴羽 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について