のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,530,676人
911,635,882頁
昨日:2,628人
3,167頁
今日:3,896人
4,338頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ棚町「ふ~ん、純一でもあたしのこと意識したりするんだ?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アマガミ + - 神スレ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:25:23.13 ID:RzSsNbPk0 (+125,+30,-282)
    ~数日前 お昼休み 3年A組にて~

    田中「ねぇ、薫。22時ちょうどに、中央階段にある鏡に運命の人が映るんだって」

    棚町「ホントにぃ? ちょっと胡散臭くない?」

    梅原「その噂話を知ってるなんて……田中さんもなかなか通だね~」

    田中「あっ!? 梅原君と橘君」

    「やぁ、二人とも」

    棚町「やっほー」

    梅原「悪いね、いきなり話に割り込んじまって」

    田中「ううん、気にしないでいいよ。梅原君はこの話詳しいの?」

    梅原「ちょっと今、調べてる話でさ。実はうちの学校の『七不思議』の一つらしい!」

    田中「『七不思議』だったの、この話?」

    梅原「なんだ? 田中さん、知らなかったのか?」

    田中「う、うん」
    2 : 観察者 ◆KAN - 2011/09/11(日) 00:25:40.01 ID:+4/XpBv50 BE:769140443-2BP(4600) (+14,+29,-13)

    上崎さんだね
    3 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:26:21.61 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-250)
    棚町「それで? どういう話なの?」

    梅原「うーん、確か夜の22時ちょうどに中央階段にある姿見を覗き込むと……」

    「うんうん」

    梅原「その人の運命の異性の姿が映るって話だな」

    棚町「へぇ~ なんだかロマンチックな話ね」

    田中「でしょ~?」

    梅原「ただ……ここからが七不思議と言われる由縁でさ……」

    「う、うん……」

    梅原「その鏡に運命の異性の姿が映らなかった人は……」

    田中「ご、ごくり……」

    梅原「……一生を一人身で過ごすことになるとかならないとか?」

    田中「えぇ~! そうなんだぁ。それは知らなかったなぁ……」
    4 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:27:21.67 ID:fq8tJTx/0 (+19,+29,-16)
    つまり七咲だな
    5 : 忍法帖【Lv= - 2011/09/11(日) 00:27:36.87 ID:JyF15ITl0 (-29,-14,+0)
    続けろください
    6 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:27:39.55 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-246)
    棚町「それで、他にはどんな話があるの?」

    梅原「よっくぞ、聞いてくれました!……聞きたいか?」ニヤリ

    「もったいぶるなよ、梅原」

    梅原「おう! まずは定番の『生物室の動く人体模型』だな」

    棚町「うん、普通ね」

    田中「そうね」

    梅原「次に『開かずの倉庫』……」

    「へぇ、何だいそれ?」

    梅原「あぁ……生徒会が管理している倉庫があるだろ?」

    田中「ん~と、創設祭とかの用具がしまってある倉庫のこと?」

    梅原「そう、その倉庫!」

    棚町「その倉庫がどうかしたの?」
    7 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:27:44.45 ID:TcixEw4M0 (-23,-11,-2)
    期待
    8 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:29:07.31 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-279)
    梅原「なんでも、ある年の創説祭の準備期間中に起きた話らしいんだけど……」

    「うんうん」

    梅原「夜遅くまで準備をしていた男子生徒が、倉庫にある荷物を出そうとしていた時に……」

    田中「うん……」

    梅原「見回りの先生が、その生徒が倉庫の中にいるのを気づかずに、倉庫の鍵を閉めちまったらしい」

    棚町「へぇ~それで?」

    梅原「その年の冬っていうのが……大雪が降るような厳しい寒さだったらしくてさ……」ブルブル

    田中「……ちょ、ちょっと…雰囲気出しすぎじゃない?」

    梅原「翌朝、その生徒は倉庫で冷たくなった姿で発見されたんだけど……」

    「ご、ごくり……」

    梅原「倉庫のドアには、必死になって外に出ようとした男子生徒がつけたと思われる……」

    梅原「……無数の引っかき傷が残されていたそうだぜ?」

    田中「や、やだ……」
    9 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:30:26.35 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,+0)
    梅原「もちろん、そのドアは交換されたんだけど……」

    梅原「それ以来……倉庫に入る時には、決してドアを閉めないよう、厳重に注意してるらしい……」

    棚町「どうして閉めちゃいけない訳?」

    梅原「ドアを閉めちまうと、鍵を掛けてないのにドアが開かなくなっちまって……」

    「うっ……」

    梅原「一人で……寂しく亡くなっちまった男子生徒の幽霊に……一緒にあの世に連れてかれちまうんだと」

    田中「こ、怖いよぉ……」ブルブル

    棚町「その話はちょっとクルわね……」

    梅原「……だろ?」ニカッ

    「これで三つか……」

    梅原「あとは『夜のプールに蠢く影』『校内を彷徨う少女』……」

    田中「う、うん」

    梅原「それに『教員トイレから聞こえる女性のすすり泣き』っていうのがあるらしいんだが……」

    梅原「……残念ながら、詳しい内容は現在調査中だ!」

    棚町「なによ、それ!」
    10 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:31:31.63 ID:fq8tJTx/0 (+24,+29,-13)
    七咲の出番になったら起こして
    11 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:31:37.62 ID:uZGHJrck0 (+24,+29,-28)
    風呂場でチソチソ洗う時に何故だか意識しちゃうよね
    12 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:32:02.35 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,+0)
    「ひーふーみー…………あれ? 六つしかないじゃないか?」

    田中「うん、言われてみれば……」

    棚町「最後の一つは何なの?」

    梅原「う~ん、それがな……最後の一つもあるらしいんだが、どうもはっきりしなくてな」

    「最初から『六不思議』しかなかったとか?」

    梅原「いや、先輩達が代々受け継いで聞いてるのは、間違いなく『七不思議』らしい」

    田中「ふ~ん」

    梅原「間違いなく『七不思議』なんだけど、七つ目の話を誰も聞いたことがない……ってな」

    棚町「『七つ目の話がわからない』っていうのが、最後の不思議とか?」

    梅原「なるほど……そういう線もありだな」

    「薫、相変わらず冴えてるな」

    棚町「えへへっ、まーね♪」

    梅原「そんで、田中さんは鏡に映る運命の人を確認したいのかい?」

    田中「うん、だから、薫についてきてもらおうと思ってたんだけど……」

    「……けど?」
    13 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:33:08.96 ID:y/2x+AAE0 (+24,+29,-4)
    君には期待しとるよ
    14 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:33:42.17 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,+0)
    田中「梅原君の話を聞いて、ちょっと怖くなってきちゃった……」

    棚町「何言ってんの、恵子が『私の運命の王子様を見に行きたい』って言い出したんでしょ?」

    田中「そ、それはそうなんだけど……」

    梅原「よしっ! そこで一つ提案があるんだが?」

    「提案?」

    梅原「おう。田中さんは『運命の王子様』を確認したい」

    田中「う、うん」

    梅原「棚町は田中さんが心配だから、当然つき添うんだろ」

    棚町「そうね」

    梅原「俺は『七不思議』の情報を集めたい……そこでだ!」

    棚町&田中「うん」

    梅原「皆で夜の学校に潜入するってのはどうだ? 男手があった方が田中さんも安心だろ?」

    田中「うん、それは……そうかな」

    棚町「ん、確かに、あんたらでもいないよりはいいか」

    「ちょ、ちょっと待ってくれ!」
    15 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:35:24.34 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-266)
    梅原「どうした、大将?」

    「もしかして、僕も一緒に行くのか?」

    棚町「当たり前でしょ」

    田中「……」コクコク

    梅原「大将~つれないこと言うなよ? 俺たちの仲だろ」

    「で、でも……」

    棚町「純一……あんた、あたしと恵子のこと、見捨てる気なの?」

    田中「……」コクコク

    梅原「見捨てる気なの?」クネクネ

    「み、見捨てるとかじゃなくてだな」

    棚町「あたしと恵子が梅原に襲われたらどうするのよ?」

    田中「……」コクコク

    梅原「そうそう、俺に襲われたら……って、ヒドイだろ、二人とも!」

    棚町&田中「あははっ」
    16 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:37:05.64 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-231)
    「はぁ……わかったよ、行くよ」

    棚町「あはっ、そうこなくっちゃ♪」

    梅原「さっすが大将、話がわかるぜ」

    田中「橘君、ありがと」

    「それで、いつにするんだ?」

    棚町「そうねぇ~ 今日はちょっと都合が悪いから……明日とかは? ちょうど土曜日だし」

    梅原「明日か? 俺は構わないぜ?」

    「田中さんはどう?」

    田中「うん、土曜なら、薫の家に泊まることにすれば、夜に家を出ても怒られないと思う」

    「よし、それじゃ明日で決まりだな。時間は夕方……18時頃集合でどう?」

    梅原「ちょっと早すぎやしないか?」

    「あんまり遅い時間に集まると、田中さんも家を出にくくなるんじゃないかな?」

    田中「うん、そうだね。それくらいなら大丈夫だと思う」
    17 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:37:32.09 ID:ApSbIuHE0 (+19,+29,-2)
    田中さんはかわいいなあ!
    18 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:37:59.78 ID:y/2x+AAE0 (+24,+29,+0)
    >田中「……」コクコク

    かわいい
    19 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:39:03.78 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-274)
    棚町「ひゅーひゅー やっさしぃ~」

    「茶化すなよ。薫もそれでいいだろ?」

    棚町「ん、私は夕方以降なら何時でも大丈夫よ」

    梅原「そんで、集合場所はどうする? 学校か?」

    「いや……集合場所なんだけど、薫のバイト先のファミレスでいいよな?」

    棚町「私の? 私は別に構わないけど……」

    「薫、お前夕方までバイトだろ?」

    棚町「え? うん……そうだけど」

    梅原「なんだ。棚町はバイトだったのか?」

    「うん、ファミレスで集合なら薫も時間を気にしなくて済むし……」

    田中「そうだね」

    「暗くなるまで、ファミレスで時間を潰せばいいだろ」

    梅原「だな、行く前に簡単な打ち合わせも出来るし、さっすが大将」
    20 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:39:45.30 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-102)
    「うん、それじゃ明日の18時頃に薫のバイト先のファミレスに集合ってことで」

    棚町「おっけー」

    田中「うん、わかった」

    梅原「よっしゃ。んじゃ、俺はもう少し情報を集めとくわ」

    「頼むぞ、梅原」





    絢辻「…………はぁ」
    21 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:39:45.86 ID:fOHKbfUa0 (+24,+29,-2)
    薫とはお眼が高い
    22 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:40:09.58 ID:kyxyUMEu0 (-12,+2,-1)
    支援いたす
    23 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:41:35.24 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-227)
    ~放課後 通学路にて~

    田中「ねぇ、薫」

    棚町「ん~ どうしたの恵子?」

    田中「橘君って結構すごかったんだね」

    棚町「スゴイって、何が?」

    田中「うん、今日のお昼の時に話してた、夜の学校に行くこと」

    棚町「それがどうかしたの?」

    田中「橘君、最初は私たちと一緒に来る気なかったでしょ?」

    棚町「そうね~ちょっとノリ悪い感じだったもんね」

    田中「でも、一緒に来るって決めてから、パッと仕切っちゃって……」

    棚町「梅原のヤツも呆気にとられてたね」クスッ

    田中「そうそう」クスクス

    棚町「…………」
    24 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:42:11.96 ID:eIsAN6mR0 (+2,+12,+0)
    ほう
    25 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:42:49.86 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-187)
    田中「しかも、薫や私が困らないように色々考えてくれて……あんな人が彼だったら素敵かも」

    棚町「あ、ごめ~ん、あたしバイトだからここでね」

    田中「そっかぁ……バイト頑張ってね、薫」

    棚町「てーんきゅ。また明日ね♪」

    田中「うん、また明日♪」

    棚町(……あたしは……知ってたよ)

    棚町(あいつが優しくて、気配りも出来て、スゴイやつだって……あたしは前から知ってるの)

    棚町(……でも)

    棚町「……はぁ」

    棚町「しゃっきりしろ……あたし!」
    26 : 忍法帖【Lv= - 2011/09/11(日) 00:43:15.54 ID:JyF15ITl0 (+24,+29,-7)
    じと目の綾辻さんに冷たい目で見られたい
    27 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:43:30.35 ID:y/2x+AAE0 (+19,+29,-2)
    さすがだ薫
    28 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:44:27.43 ID:1WNO5qEJ0 (+19,+29,-14)
    薫ペロペロペロリンチョ
    29 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:45:05.76 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,+0)
    ~土曜日 2年A組にて~

    梅原「じゃ、俺は幾つか準備があるから先に帰るぜ?」

    田中「うん、またあとでね」

    「梅原、遅れるなよ?」

    梅原「わぁってるって。大将こそ遅れたりするなよ? 棚町もあとでな」

    棚町「おっけー ファミレスのウェイトレス姿で待っててあげるわよ♪」

    梅原「うっひょ~ こりゃぁ意地でも遅刻出来なくなっちまったな、大将!」

    「い、いや、僕は何度か見てるから」

    田中「薫、そうなの?」

    棚町「え? あ、純一は何度か、バイト先に遊びに来てくれたことあるから」

    梅原「大将~ そりゃぁちょっと冷たいんじゃないか?」

    「な、なんでだよ?」

    梅原「あのなぁ、棚町はうちのクラスどころか、学年でも絢辻さんと二分するぐらい人気があるんだぞ?」

    「そうなのか?」

    梅原「その棚町のウェイトレス姿を独り占めなんて…ファンに後から刺されるぞ?」
    30 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:47:23.57 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-189)
    田中「確かに薫は人気あるよね……何度か告白されてるし」

    棚町「け、恵子!?」

    「へ、へえ、すごいんだな、薫」

    田中「でも、薫は告白されて、とりあえずつき合ってみるけど、すぐ別れちゃうのよねぇ」

    棚町「け、恵子! 余計なこと言わないの」

    田中「へへへ~、ごめんね」

    「……なぁ、薫は何ですぐに別れるんだ?」

    棚町「う~ん」

    梅原「そうそう、とりあえずとはいえ『つき合う』って事は、好きな人がいるって訳じゃないんだろ?」

    棚町「……なんていうかさ」

    田中「うんうん」
    31 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:49:19.70 ID:RzSsNbPk0 (+93,+30,-220)
    棚町「つき合ってみないと、その人がどんな人か?ってわかんない訳じゃない?」

    「まぁ、確かにそれは言えるな」

    棚町「で、つきあってみるんだけど……なんかしっくりこないっていうか」

    田中「それで、すぐに別れちゃうんだよね」

    棚町「えへへっ♪」

    梅原「なるほどなぁ……って大将、ちょっと顔色が悪くないか?」

    田中「うん、なんだか少し元気ないね~」

    「……最近、寝つきが悪くてさ。ちょっと寝不足気味なんだ」

    棚町「なぁんだ、あたしが人気者って知って、ショックを受けたのかと思ったのに」

    「ば、バカ。薫が人気があるのは知ってるよ、昔っからのことじゃないか」

    棚町「好きでもない人とつき合って、あんたの気をひこうとしてるのに……」

    「なっ?!」
    32 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:50:09.98 ID:fq8tJTx/0 (+24,+29,-3)
    薫ってビッチなのか
    33 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:50:15.68 ID:mawfJ3D90 (+19,+29,-3)
    ちょっとその設定はいらなかったです
    34 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:51:36.87 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-223)
    梅原「健気だねぇ~棚町は」ニヤニヤ

    田中「薫、かわいそう……」

    「ちょ、ちょっと二人まで」アセアセ

    棚町「それなのに純一は……なんてかわいそうなあたし……恵子に慰めてもらおっと♪」

    田中「よーし、よし」ナデナデ

    「た、田中さん……」

    梅原「まぁ、具合が悪いなら、あんま無理すんなよ? なんだったら、二人のエスコートは俺に任せて……」

    田中「えぇ!? 橘君来ないの~?」

    梅原「た、田中さん……ワザトヤッテマセンカ?」

    「……ぷっ。大丈夫、集合時間まではまだあるし、少し休めば良くなると思うから」

    田中「そっかぁ……でも、無理しないでね?」

    「ありがとう、田中さん」
    35 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:53:36.36 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-141)
    棚町「あんた、あたしが仕事してるところに、寝ぼけた顔で来ないでよ?」

    「わかってるよ、薫」

    棚町「で、でも……ホントに辛かったら、ちゃんと言いなさいよ?」

    「うん、ありがとう」ニコッ

    梅原「……なんかさ、二人だけの世界作っちまって、なぁ?」ニヤニヤ

    田中「……うん、私たち邪魔者~って感じだよね?」

    棚町「ちょ、ちょっと!///」

    「お、おい!///」
    36 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:54:02.17 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-127)
    梅原「よしっ! 二人の邪魔にならないよう、帰ろうか!」キリッ

    田中「ふふっ、そうだね。私も帰ろ~」

    「う、梅原!///」

    棚町「け、恵子!///」

    梅原「んじゃ、またあとでな」

    田中「またね~」

      …………

    「ぼ、僕たちも行こうか」

    棚町「そ、そうね」
    38 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:57:41.75 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-240)
    ~夕方 ファミレスにて~

    棚町「いらっしゃいませ~……って純一じゃない。随分早かったのね」

    「うん、帰る時にみんなに心配掛けちゃったから、早めに来ておこうと思って」

    棚町「そっか……こちらにどうぞ」

    「やっぱり僕が一番最初?」ヒソヒソ

    棚町「うん、あんたが一番だね……顔色、良くなったじゃない?」ヒソヒソ

    「ただの寝不足だって言ったじゃないか。少し寝たら良くなったよ」ヒソヒソ

    棚町「そっか、良かった♪」

    棚町「ご注文がお決まりになりましたら、お呼びください」

    「あ、とりあえずコーヒーを」

    棚町「コーヒーだけなの?」

    「コーヒーだけだよ。そんなにお金がある訳じゃないし」

    棚町「しょうがないなぁ、薫さんがなんとかしてあげよう♪」

      …………
    39 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 00:59:23.86 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-305)
    棚町「お待たせしました。カップルに大人気♪ 『らぶらぶジャンボパフェ』とコーヒーです」

    客A「……おい、あいつ一人で『あれ』頼んでるぜ?」ヒソヒソ

    客B「甘い物が好きなんだろうけど……何も一人で頼まなくてもなぁ……」ヒソヒソ

    「ちょ、ちょっと薫!」グイッ

    棚町「なぁによぉ~ 急に引っ張らないでってば」

    「どうしてよりによって『これ』なんだよ?」ヒソヒソ

    棚町「『薫さんがなんとかする』って、さっき言ったでしょ?」ニッコリ

    「それにしても一人で食べる量じゃないだろ、これは」アセアセ

    棚町「じゃ、あたしが一緒に食べてあげよっか?」

    「か、薫は仕事中だろ」

    棚町「あと10分くらいであがりだし、さすがの純一でも10分で全部食べるのは難しいでしょ?」

    「そ、そりゃそうだけど……まさか薫が食べたいから、持ってきた訳じゃないよな?」

    棚町「う~ん、確かに私も食べたいかも?」

    「お、おい……」
    40 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 01:01:10.80 ID:RzSsNbPk0 (+93,+30,-312)
    棚町「それにさ……疲れてる時は甘い物がいいって言うし」

    「あ……」

    棚町「これ食べて、元気だしてよ」ニコッ

    「ありがとう……薫」

    棚町「えへへっ、どういたしまして♪」

      …………

    梅原「よぉ~、バカップッ……ぐぼぉぉぉっ!?」ドガスッ!!

    田中「薫、橘君、遅くなっちゃった」

    「やぁ、田中さん」

    棚町「恵子、あんたこのヘンタイに何かされなかった?」

    田中「大丈夫、入口で偶然会っただけだから」

    棚町「そう? ならいいけど」

    梅原「う、ぐっ……た、棚町……出会い頭に……みぞおちにパンチなんて入れるか?」

    「さっきのは梅原が悪いな」

    棚町「そうよ! あんたがいきなり変なこと言おうとするから」
    41 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 01:03:10.98 ID:RzSsNbPk0 (+93,+30,+0)
    梅原「だって、お前たちが食べてるのって……」

    梅原「直径10cm深さ5cmのピンクガラスの器にフレークを2cm敷き敷き詰めて……」

    梅原「バニラ、チョコ、ストロベリーの三種のアイスに12種類のフルーツに大量の生クリーム……」

    梅原「加えて、可愛らしいスプーンが2つセットでついてくる……」

    梅原「正式名称『らぶらぶジャンボパフェ♪』通称『バカップルパフェ♪』じゃないか!」

    棚町「説明ありがと」

    田中「すごいすごい」パチパチ

    「梅原、なんでそんなに詳しいんだ?」

    梅原「そりゃぁ、彼女が出来た暁には、是非一度頼んでみようと思ってたからな!」エッヘン

    棚町「それで、頼んだことは?」

    梅原「ないっ!」エッヘン

    「だろうな」

    田中「ふふふっ」クスクス
    42 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 01:04:19.92 ID:RzSsNbPk0 (+93,+30,-168)
    梅原「まぁ……それにだ……」チラッ

    「うん?」

    梅原「四人席だってのに、わざわざ隣りに座って、そんなもの食べてたら、誰がどう見ても『バカップル』だろ」

    棚町「だってぇ~ 純一が『一人じゃ寂しい……』って言うから~♪」ギュッ

    「こ、こら、薫!? くっつくな!」

    田中「わぁ~ 薫ったら積極的♪」

    梅原「大将は俺を置いて、大人の階段を登っちまったんだな……」

      …………
    43 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 01:06:34.88 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,+0)
    店員「棚町君、あんまり騒ぐと他のお客さんに迷惑だから、ほどほどで頼むよ」

    棚町「はい、ごめんなさい」ペロッ

    店員「ん……わ、わかってくれたらそれでいいから///」スタスタ

    梅原「なんだ、あれ? 棚町に気でもあるんじゃないのか?」

    田中「うん、顔が真っ赤になってたね」

    「薫はどこに行っても人気があるな」

    棚町「ただの同僚だってば、興味ないわよ」

    梅原「だって……ホレ、大将のこと睨んでるぜ?」

    田中「ほんとだ」

    棚町「も~うっさいなぁ」

    「そ、それで、梅原。あれから何かわかったのか?」

    梅原「おぉ? 『七不思議』の話か?」

    「そうそう」

    梅原「『生物室の動く人体模型』『開かずの倉庫』『中央階段の運命の姿見』は話したっけ?」

    田中「その三つは聞いたかな」
    44 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 01:08:07.14 ID:1epC7eRv0 (+19,+29,+0)
    ワカメが一番すき
    45 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 01:08:50.13 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,+0)
    梅原「あとは『夜のプールに蠢く影』『校内を彷徨う少女の霊』『教員トイレから聞こえる女性のすすり泣き』か」

    棚町「それと、七つ目の不思議もね」

    梅原「そうだな……結論から言うと、七つ目の不思議はよくわからないままだな」

    「そっか……それで残りの三つは?」

    梅原「『校内を彷徨う少女』は、片思いの初恋が実らなかったことを苦にして、自殺した生徒の幽霊らしい」

    棚町「へぇ~そんな子がいたんだ?」

    梅原「あくまで噂話だからな。まぁ、その初恋の相手を探して、今も校舎内を彷徨ってるらしいぜ」

    田中「なんだかかわいそうなお話ね」

    梅原「あと『教員トレイのすすり泣き』だけど、何でも男性教員に騙された教育実習生の幽霊だとか」

    「そういや、毎年実習生は来てるもんな……そういう話があってもおかしくないか」

    梅原「騙されたことを恨みに思って、腹いせにトイレで命を絶ったとかで……」

    田中「う、うん」

    梅原「その男性教員どころか、世の中の男全員に対して、恨み言を繰り返すそうだ」

    棚町「ウジウジした幽霊ねぇ」

    「いや、幽霊ってそういうもんじゃないかな?」
    46 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 01:09:36.80 ID:9lK19DTK0 (+19,+29,-12)
    モジャルートとな
    47 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 01:10:57.09 ID:fq8tJTx/0 (+22,+27,-1)
    >>1は田中さん派
    48 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 01:11:23.97 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-253)
    梅原「で、最後に『夜のプールに蠢く影』だけど……」

    田中「うん」

    梅原「これは……デマみたいだな」

    「そうなのか?」

    梅原「あぁ。どうも、大会前に遅くまで練習していた水泳部員じゃないか?って話だ」

    棚町「なぁ~んだ、つまんないの」

    「それじゃあ、実質『五不思議』になるのか?」

    梅原「う~ん、そうなっちまうなぁ、これまでの調査結果だと」

    田中「ずいぶんと減っちゃったね」

    棚町「『幽霊の正体見たり枯れ尾ひれ』って言うじゃない」

    「それを言うなら『枯れ尾花』だろ」

    棚町「細かいわね~ 似たようなもんでしょ」

    梅原「まぁまぁお二人さん。……で、そろそろ行かないか?」
    49 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 01:13:05.25 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-247)
    「もうそんな時間か?」

    田中「少し早くないかな?」

    梅原「ちょっと早いかもしれないけど、何が起こるかわからないだろ?」

    田中「……な、何か起こるの?」

    棚町「ちょっと、あんまり恵子のこと、怖がらせないでよ」

    梅原「すまんすまん。まぁ……何もないと思うけど、一応念のために……な」

    「まぁ、ギリギリに行くよりはいいんじゃないかな?」

    棚町「それもそうね……それじゃ行きましょ。二人ともゴチソウサマ♪」

    梅原「お、俺たちが払うのか?」

    棚町「あったり前でしょ~♪ あ、パフェの分は大丈夫だから」

    「最初に言ったと思うけど、僕あまりお金持ってないぞ」

    田中「ねえねえ。薫、悪いよぉ~」

    棚町「大丈夫だって。これぐらいの甲斐性がないとモテないよ?」
    50 : 以下、名無しにか - 2011/09/11(日) 01:13:54.44 ID:RzSsNbPk0 (+95,+30,-193)
    梅原「かぁ~っ、そう来るか! ……しょうがない、ここは俺が大将の分も立て替えとくぜ」

    「す、すまん、梅原」

    棚町「てーんきゅ♪」

    田中「ほんとにいいの?」

    梅原「大将、その代わりに新作のお宝本……頼んだぜ?」

    「わ、わかった」

    棚町「あんたたち、それがなきゃモテるのに……」ボソッ

    梅原「……ん? 何か言ったか?」

    棚町「なんでもな~い」

    田中「ふふふっ」クスクス
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アマガミ + - 神スレ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について