のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,558,156人
911,666,967頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:2,200人
2,522頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ男「しまったああああゾンビに噛まれてもうたあああ」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - >>1は神 + - wktk + - カオス + - ゾンビ + - 先輩 + - 幼なじみ + - + - 神スレ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 21:27:29.38 ID:YUauSchD0 (+125,+30,-73)
    「くっそおおおおおお!!!ゾンビに噛まれた!!」

    ゾンビ「あああwwwwあーーーーあーーww」

    ドンドンドンと用具倉庫のドアをノックするゾンビ

    「くそう・・・何か、止血するものはないか!?」

    幸い用具倉庫には 水と布切くらいはあった
    男はなんとか止血し傷口を水で洗いながした
    2 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 21:28:09.86 ID:1i1L/pWaP (-11,+3,+0)
    RECみろ
    4 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 21:31:29.95 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-129)
    ゾンビに噛まれてから 1時間後

    「あれから一時間か・・・ドアの外は・・・静かだな」

    男がドアに耳を当てて外の様子を聞こうとする
    しかし、用具倉庫のドアは厚く外がどうなっているかはよく分からなかった
    男の耳に 耳の中のゴワンゴワンとした音だけが聞こえる

    「少しドアを開けて外をみるか・・・」

    用具倉庫のドアを少し開けると
    ドアの外にはゾンビが3人立っていた

    (くっ!まだいたか!!)

    幸いゾンビは男がドアを開けて外の様子を覗いてるのには気づいていなかった
    5 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 21:34:52.78 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-84)
    ドアを閉め。ゾンビが去ってくれることをただ祈るばかりであった。

    どのくらいの時間が立っただろうか
    男の頭は少し熱を帯びたように熱くなっていた
    しかし、体はとても冷たかった

    頭がボーっとする
    今が何月だったかが思い出せない
    しかし、体は寒い。ブルブルと震えが来る

    意識が朦朧とする中 男は自分がゾンビに噛まれていたことを思い出した

    「ううっ・・・そういえば、ああ・・・あー・・・・俺は・・・このまま」
    6 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 21:35:31.12 ID:Gl8lS3ln0 (+0,+15,-1)
    かゆうま
    7 : 忍法帖【Lv= - 2011/09/04(日) 21:38:07.15 ID:3X16PMO10 (+19,+29,-3)
    あれお話終わっちまうぞ
    8 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 21:38:32.11 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-102)
    誰かの話し声が聞こえた。
    気がつくと男は眠っていたようだった。

    男はうるさいなぁと目をこすりながら起き上がると
    声のする方に向かった

    用具倉庫のドアに手をかけた時、男は外にゾンビがいるのを思い出した。
    あやうく勢いに任せてドアを開けるところだった。

    男は恐る恐るドアをゆっくり開けた
    ドアの向こうには三人のゾンビが 寝転びながら頬杖をついていた

    (なっ、なんだこいつらは?)
    9 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 21:44:07.76 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-186)
    ゾンビA「と、言うわけよwwww」
    ゾンビB「くだらねえええええええwwwwwwww」
    ゾンビC「オレだってそんなアホなことはしないぜwwww」

    男はびっくりした
    あろうことかゾンビが寝転びながら雑談をしているのだ


    世界にゾンビが発生してから1週間
    突然発生したゾンビに世界中は大パニックになった
    ゾンビ達は生きた人間を襲い、どんなに傷を負っても頭さえ無事なら死ぬことはなかった。
    人々はゾンビに恐怖した  

    彼等はもう人間じゃない、先ほどまで普通に生活をしていた友人は
    今は自分たちを襲うモンスターになっている!! 彼等に対話はできない というのが
    ここ一週間での 人間 の見解だったのだが

    男は目の前で人語を話、世間話をしているだらしないゾンビに唖然とした
    10 : VIPNOTE - 2011/09/04(日) 21:45:20.05 ID:dOzrS3XE0 (+16,+26,-15)
    こんなスレ前にも見たが
    11 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 21:47:04.20 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-118)
    ゾンビA「そういうわけだからよwww」
    ゾンビB「wwww・・・あれ? おっ、おい!!」
    ゾンビC「どうした?」

    ゾンビB「おい!ドア開いてるぞ!」
    ゾンビA「あっ!本当だ!!あんにゃろおおおおおお!!」

    ドアを開けて様子を伺っていた男に気づいたゾンビ達は一斉に立ち上がり
    男めがけて走りだした

    「しまった!!」

    急いでドアを閉めようとした  が
    間に合わなかった。ゾンビたちはドアを力で押しのけて 用具倉庫に入ってきたのだ
    12 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 21:49:24.78 ID:XSEc9txX0 (+22,+29,+0)
    ちょっちょおもしろい
    13 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 21:50:10.91 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-69)
    ゾンビA「へっへっへっ、なん時間も待たせやがってよwww」
    ゾンビB「観念しなwwwへへへww」

    「くっ、ここまでか・・・」

    男が死を覚悟した時、もう一人のゾンビが何かに気づいたようだ

    ゾンビC「チッ、おい」

    ゾンビA「へっへっへっ・・・なんだよ?」

    ゾンビC「こいつ、もう俺たちと同じになってるじゃないかよ」

    ゾンビA「はあああああああ!?」

    ゾンビB「おいおいおいおい散々待たしてそりゃねーーぜ」
    14 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 21:50:37.84 ID:t1ReOjHw0 (+11,+26,+0)
    ふむ
    15 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 21:52:41.71 ID:X/xxaCbi0 (+13,+28,-1)
    走るタイプか
    16 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 21:52:42.39 ID:/kueOVDX0 (+30,+30,-258)
    ルール1、有酸素運動                     ルール16、人の集まる場所は避けろ  ルール31、後部座席を確認しろ
    ルール2、二度撃ちして止めを刺せ             ルール17、英雄になるな          ルール32、小さいことを楽しめ
    ルール3、トイレに用心                     ルール18、準備体操を怠るな
    ルール4、シートベルトをしろ                 ルール19、葬儀・埋葬の必要はない
    ルール5、ゾンビを発見したらまず逃げろ          ルール 20、人を見たらゾンビと思え
    ルール6、フライパンでぶっ叩け               ルール21、ストリップクラブは避けろ
    ルール7、旅行は身軽であれ                 ルール22、逃げ道を確保しろ
    ルール8、クソったれな相棒を見つけろ           ルール23、金品よりも食料確保
    ルール9、家族・友人でも容赦しない             ルール24、生き残るためには犯罪も
    ルール10、素早く振り向け                   ルール25、火の用心
    ルール11、静かに行動すべし                 ルール26、肌の露出は最小限に
    ルール12、バウンティ・ペーパータオルは必需品     ルール27、就寝前には安全確認
    ルール 13、異性の誘惑には注意              ルール28、食事と風呂は短時間で
    ルール14、ショッピングモールは補給基地         ルール29、二人組で行動しろ
    ルール15、ボウリングの球をぶん投げろ          ルール30、予備の武器を持て
    17 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 21:54:16.80 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-84)
    ゾンビC「はい解散解散」

    ゾンビA「ん、だよ・・・もーーーう」


    ゾンビたちは折角御馳走にありつけると思ったのに、御馳走が残飯に変わってしまい
    落胆しながら用具倉庫を出ていった。

    「助かったのか?」

    男は安堵の溜息で胸をなでおろしたが
    ゾンビの「俺達と同じ」という言葉を思い出し、妙な胸騒ぎを感じた

    「とりあえず、ここを出よう・・・」

    男は用具倉庫出て、トイレに向かうことにした
    18 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:00:09.83 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-170)
    トイレに向かう最中に 男は体に対する違和感を感じた
    いや、正確に言うと違和感を感じないという事に 違和感を感じた

    結構な間、用具倉庫に閉じこもっており
    その間全然トイレに行っていない。にもかかわらず便意が無いのだ
    用具倉庫に逃げ込んだ時は少なからず便意があったような気がしたのだが

    トイレにつくと 水道が目に入った
    「そういえば、全然水を飲んでなかったな」

    用具倉庫の水は自分の傷の手当に使ってしまいほとんど飲まないでいた
    本当なら喉が乾いてるはずなのだが、どうも喉が乾いていない

    洗面台に近づき蛇口をひねろうとした時、男は鏡に写った自分を見て 手を口の前に当て驚いた

    「うわ!・・・私の年収低すぎ・・・じゃなくて、顔色悪すぎ!!」
    19 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:01:27.49 ID:ntorcUu50 (+2,+14,+0)
    おもしろい
    20 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:02:43.75 ID:w7FF2yQ+0 (+13,+28,+0)
    おもろい
    21 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:04:28.39 ID:XSEc9txX0 (+14,+26,+0)
    ゾンビ怖い
    22 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:06:08.57 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-174)
    鏡に写った男の顔は まるで死人のような、病人にしてはご臨終してるんじゃないか?
    というくらい顔色が悪かった

    「えっ・・・うそー・・・寝不足ってレベルじゃないぞ・・・」

    男は蛇口をひねり、流れでた水で顔を洗いだした
    顔を洗った水が口に入った時、男は再び驚いた

    「なんの味もしない・・・」

    水なんだから当たり前だが、男はそういうことが言いたいわけじゃない
    水を口に含んだ時の、水の感触が無いのだ。それどころか口の奥に入っていこうとしない
    男は何返も水をすくい。口に運んだが、水は喉の奥に入ることはなかった
    飲み込もうとすると、筋肉がそれをさせないかのごとく、水が口から垂れでて来た

    男は上を向いて 強引に喉に落とした  水は喉を通り 胃の中に落ちていった
    しかし、なんの感触もなかった
    23 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:07:58.42 ID:MXsb+SzU0 (+14,+29,+0)
    違和感を感じた
    24 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:10:09.54 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-89)
    さすがの男もここまで来て自分の体の異変に気がついてきた
    男は恐る恐る自分の右腕を見た。 
    ゾンビに噛まれた右腕は、黒ずんでおり腐っていた
    男は傷口を指でつついた、最初は優しく、そして強く指を押した
    指は傷口にズブリと入っていった

    しかし、男は腕の痛みを感じることはなかった


    男はすべてを悟った。


    そして トイレの前で崩れ落ちた
    「うわあああああああ・・・」 男は深い悲しみに襲われた
    しかし、 涙は出なかった
    25 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:14:59.03 ID:CDoY0WSu0 (+14,+29,+0)
    なんと悲しい
    26 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:17:01.81 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-145)
    どのくらい落ち込んでいたのだろうか、トイレの窓が赤く染まっており
    窓の外はそろそろ夜になろうとしていた

    男はとりあえず立ち上がると
    トボトボとトイレを後にした。


    男が逃げ込んだ場所は学校だった。
    自分が高校の時に通っていた高校。
    ここで、毎日勉強してたっけかな、と感傷に浸りながら階段の手すりをつかみ
    一歩一歩階段を降りて行った

    割られた窓ガラス、壊されたドア、散乱した後が教室中に広がっていた。
    男は自分が逃げ込んだ場所から外に出ると。校庭で先ほどのゾンビ達がバスケットしているのが目に入った

    「結局アイツらなんだったんだ?」
    27 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:17:22.16 ID:F5c0OZ5T0 (+33,+29,-8)
    なんか前こんなSSあったな
    ゾンビ達が独自の文明を持ってどんどん発展していくってやつ
    28 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:20:32.45 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-110)
    男は校庭でバスケをしているゾンビ達を横目に、気づかれないように通りすぎようとした

    ゾンビA「おーい!お前もバスケしないか!4人いると2:2でバスケできるんだよ!」

    「えっ・・・ああ、いやーその・・・」

    男は突然の誘いに困惑した
    しかし、他のゾンビがゾンビAの持っていたボールを奪うと
    ゾンビAは男のことを放ってバスケに戻りだした


    「アイツらことは別にいいや・・・」

    男は学校を後にした
    29 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:20:49.50 ID:D6ZoFknjO (+23,+29,+0)
    >>27
    あれは良かった
    30 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:22:39.13 ID:ntorcUu50 (+26,+28,+0)
    >>27
    おもしろかったな
    31 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:27:14.40 ID:YUauSchD0 (+85,+30,-200)
    行く宛は無い

    街は酷い有様だった。
    車は燃え、建物のガラスは割れ、至る所に損壊が目立っていた
    わずか1週間、この街にゾンビが出てたった1週間で街はスラムになっていた

    人間は誰もいない。道路に飛び散っている黒ずんだ跡。血の跡がそれを物語っていた。

    人間は誰もいない。

    しかし、元人間たちは街に溢れかえっていた。


    ドラム缶の火を囲み ダンスを踊るゾンビ
    ゲロを吐きながら自分のゲロを見て笑うゾンビ そしてそのゾンビを笑うゾンビ
    街は狂っていた。狂人達に占領された街は ガソリンと腐臭が漂っている
    しかし、男はそんな臭いは感じない

    この幻想的なディストピアに男は普段の街からは感じられない 暖かさを感じていた もちろん、ズボンの裾が燃えていたわけだが
    32 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:28:28.39 ID:YzgZz+o80 (+19,+29,+0)
    節々にセンスを感じる
    33 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:31:20.75 ID:YUauSchD0 (+90,+30,-110)
    危うく火達磨になりそうだったが 間一髪、ゾンビのゲロに裾をこすりつけ火を消した
    最初はゾンビたちも笑っていたが、男が危うく燃えかけたのに気づくと男のことを心配した

    ゾンビ1「でえじょうぶか兄ちゃん?夜はアホ共が火をつけたがるからよ、気い付けないと死ぬぜ」

    ゾンビ2「もう死んでるっつーのwwwwwwww」

    ゾンビたちの間では鉄板ギャグなのだが、ゾンビになりたての男にはとりあえず愛想笑いでお茶をにごすのが
    精一杯だった。


    男はとりあえず、自分の住んでいたアパートに向かうことにした。
    35 : 【3.2m】 - 2011/09/04(日) 22:38:42.75 ID:vVukiqAx0 (-17,+29,-2)
    >>1もゾンビだから書くのが遅いのか
    36 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:38:50.57 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-189)
    「ああ、俺の部屋無事かな・・・」

    特に大切なモノがあるわけではないが、街がこの有様なので男は不安で仕方なかった
    もし、自分のアパートが燃えていたらどうしよう。
    それとも心無いゾンビに荒らされていたらどうしよう。色々と不安がよぎる中
    男は自分のアパートに着いた。

    「ああよかった無事だ・・・」

    男のアパートは少し大通りから外れたところにあり、あまり人の行き来は多くないところに立っていた
    お世辞にも綺麗とは言えないが、それでもあまり目立った損壊もなくアパートは残っていた
    男は自室に向かう階段を登る途中で 隣の部屋の婆さんにあった、正確には元隣の部屋のババアだ

    「あっ、どうも」
    男はいつもどおり挨拶をした、内心クソババアが腐れババアになってると思いながら会釈をした

    腐れババアは男を無視して 階段を降りていった

    「ゾンビになっても変わんねーなあのババア」
    37 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:44:50.70 ID:aMsj3J9L0 (-10,-7,-1)
    38 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:45:05.63 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-186)
    部屋のカギを開けると そこには手付かずのままの部屋が残っていた
    懐かしい我が家。汚い部屋ではあるが自分にとっては居城である。

    誰もいない部屋にただいまと呟きながら入る
    靴を脱ごうとした時、自分が裸足なことに気づく

    「あれ、いつから裸足だったんだろう・・・というか裸足だったことにも気づかなかったのか」

    男はふとんに寝転び天井を眺めた
    自分はゾンビになってしまった、しかし、あまり実感がわかない
    自分の目で見える景色は普段と変わらない。しかし、自分はもう以前の自分ではないのだ

    死人になった割には、あまり以前と変わらないような感じがしてどうも変な感じだ

    男は気分転換にテレビをつけた  テレビは連日連夜ニュース番組が流れていた。
    男はここしばらくの情勢が気になった
    39 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:52:06.83 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-132)
    ニュースはずっと燃え盛る街や、血だらけで群がるゾンビ達の特集と ポポポポーンとかいう幼稚なCMばっかだった
    気分転換につけたが、どうも自分の知りたいことは報道してなかった。

    なんで、こんなことになったのか
    一体人々は何処に逃げたのか、深夜アニメはどうなっているのか
    など色々思うことがあったが、なんだか流れていくニュース番組に退屈し
    テレビを消そうとリモコンを手にとった その時である


    キャスター「速報です、先ほど政府は米軍に要請を求め、K市に核攻撃をすることを決定しました」

    「なん・・・だと!?」

    男の住んでいる街はまさしくK市であった
    40 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:56:00.04 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-102)
    キャスター「核攻撃が開始されるのは本日の深夜0時」

    「えらいこっちゃ!?えらいこっちゃ!?」

    とりあえずどうしたらいいか分からず、部屋に置きっパにしてたケータイを手に取る
    電話帳の友人にとりあえず電話をかけてみるが、繋がらない。

    非常事態なので貧弱なソフトバンクでは当たり前のこと 男はすぐに納得したが
    落ち着くことは出来なかった。

    ケータイに表示された時間は20時
    核攻撃が始まるまでまだ猶予があった。

    「に、逃げるしかあるめぇ・・・」
    41 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 22:57:28.14 ID:cispYuSv0 (+19,+29,-1)
    核攻撃でバタリアン思い出した
    42 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 23:00:54.81 ID:YUauSchD0 (+93,+30,-182)
    男はアパートを飛び出した。階段を降りたところで隣の部屋のババアと会った

    「おいババア!核攻撃が始まるぞ!!逃げろ!逃げるんだよ!!」

    ババア「はぁ?何言ってるんだあんた?」

    「だからここから逃げるんだよ!!みんな核で死んじまうぞ!!」

    ババア「馬鹿な事言うでないよ、それにわたしら皆死んでるつーの」

    ババアの喉元は何者かに食いちぎられた跡があったが
    男が言いたいのはそういうことではなく、人間としての死ではなくゾンビとしての死
    あれ?なんだかよくわからなくなってきたぞ?

    「とにかく逃げないと!ヤバイんだよ!」
    ババア「何処に逃げるのさ?核なんて逃げれっこないよ!」

    ババアは男を無視し、自室に戻っていった、しかし、ババアの言うことにも一理ある
    一体、何処に逃げればいいというのだ?
    43 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 23:02:13.40 ID:MACnsIm4O (-15,+0,+0)
    wktk
    44 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 23:03:53.21 ID:Q2ywQJwJ0 (+32,+30,-44)
    迫りくる核ミサイルを見上げながら、全員で肩組んで「ぼーくらはみんなーいーきているー」って歌うゾンビ想像して泣いた
    46 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 23:05:22.67 ID:YUauSchD0 (+93,+30,-154)
    「と、とりあえず・・・街を出よう・・・」

    男は移動手段を探すべく街中を走った
    大通りには車が置いてあるが、どれも動きそうにない
    それどころか、車が衝突した事故現場がそのままになっておりとても車が移動できるような
    道ではなかった。

    大通りでは相変わらずゾンビ達が馬鹿騒ぎしていた

    ゾンビ「おい聞いたか!?核攻撃だってよアーーーッハハハハハwww」

    ゾンビはラジオを指さし笑っていた

    ゾンビ「近隣の皆さんは逃げてくださいだってよwwwヒャーーーハハハwww」

    「おまえら!何笑ってるんだ!!このままだと・・・」死ぬぞ!と言いかけたが、死んでるつーのと返されるのが目に見えてるので
    男はゾンビを無視して走っていった
    47 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 23:05:36.37 ID:H5COzyxg0 (+22,+28,+0)
    >>44死んでるけどな
    48 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 23:08:13.02 ID:QVRVdJq+0 (-6,+8,-1)
    濡れるッ!!
    49 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 23:08:56.27 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-117)
    男は必死で移動手段を探した。このさい自転車でもいいと思ったが
    道路はガラス片が散らばっており、自転車のような細いタイヤでは耐えられそうにはない
    せめてもう少し厚いタイヤさえあれば

    男が移動手段を探していると どこかの家のガレージが開いた
    男はその時、なんとも言えない感覚に襲われた

    それは最初、鼻を刺激した

    そして、耳を過敏にさせた


    「こっ、これは・・・まさか!?にん、人間・・・」

    男は刺激されるまま ガレージに向かった
    50 : 以下、名無しにか - 2011/09/04(日) 23:13:14.37 ID:YUauSchD0 (+95,+30,-169)
    男は電柱から隠れながらガレージの方を見ると
    どうやら中年の男性と、若い女性が逃げ出そうとしていた

    中年「まさか、核攻撃になるとはな」

    若い「パパ、一体どうなるの?ここに隠れて過ごすことはできないの?」

    二人の会話から、男は二人が親子であると推測する
    そして、会話の内容からして、核攻撃の知らせを聞いて、隠れていたが
    男と同じでここから逃げようとしているらしい。

    「渡りに船だ、一緒に逃げさせてもらえないか頼んでみよう」

    男が近づいた時

    「きゃああああああ!ゾンビよ!!」
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - >>1は神 + - wktk + - カオス + - ゾンビ + - 先輩 + - 幼なじみ + - + - 神スレ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について