のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:125,484,167人
913,998,495頁
昨日:566人
567頁
今日:398人
405頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ京介「桐乃…お前は昔は素直でいい子だったのよな…」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - 黄川 + - 京介「おう、桐乃なにやってんだ」 + - 京子 + - 俺の妹がこんなに可愛いわけがない + - 俺妹 + - + - 桐乃 + - 親衛隊 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    桐乃「はぁ?」

    京介「昔は…そう…いっつもお兄ちゃんお兄ちゃんってくっついてきて…可愛げのある奴だったのに…」ホロリ

    桐乃「は、はぁっ!?何意味分かんないこと言ってんの!?ちょーキモいんですけどっ!」

    京介「桐乃ぉ…どうしてこうなっちまったんだ…」

    桐乃「ば、ばっかじゃないの!?」

    桐乃「っていうか、今のあたしが可愛くないみたいな言い方すんなっ!」

    京介「…」ピラッ

    桐乃「…なによ…その紙切れ…」

    京介「これはな…昔…俺の誕生日にお前が俺にくれた手紙だよ…覚えてないのか…?俺、悲しいぞ…」

    桐乃「…全く記憶に無いんですけどー」ジトーッ

    京介「…読んじゃうわ…『だいすきなおにいちゃんへ』…くぅっ!可愛いなぁ…昔のお前…」

    桐乃「!?ちょっ…か、返せっ…」

    京介「『おとなになったらわたしはおにいちゃんのおよめさんになるね。やさしくてかっこいいおにいちゃんがだいすきだよ。きりの。』…へへっ…やべぇ超可愛いわぁ…」ホッコリ

    桐乃「わーっ!わーっ!!」カアァッ

    2 :

    ふむ

    3 :

    つづけたまえ

    4 :

    竹達ボイスの脳内再生のしやすさは異常

    5 :

    おとんならわかる
    兄貴だとキモい

    6 :

    構わない、続けたまえ

    7 :

    スレタイのせいで鳥海ボイスで再生された

    8 = 1 :

    桐乃「か、返せっ!返せっ!!」アセッ

    京介「ぜってー渡さねえっ!」

    桐乃「うっさい!返せったら返せぇっ!」

    京介「うるせぇ!もう一回音読すっぞ、コラ!『だいすきなおにいちゃ…』」

    桐乃「~~~っ!わかった!わかったからやめてよっ…ばかぁっ…!」カアァッ

    京介「ん、分かればいいんだ分かれば」

    桐乃「うぅ…くそぅ…」

    京介「…ほら、これ見てみろ」

    桐乃「なによぅ…」

    京介「アルバム」

    桐乃「!?」

    9 = 1 :

    京介「いいか…?これとかさ…お前俺に抱き付いてんじゃん」

    桐乃「あ…ぁ…」カァッ

    京介「うはっ…これとかもうヤバい…俺のほっぺにキスしてんぞ」

    桐乃「~~~っ!!」カアァッ

    桐乃「ふ、ふざけんなっ!そっ、それも捨てろぉっ!」ジタバタ

    京介「やだねっ!最近寝る前にこれ見て癒されてんだよ!馬鹿野郎っ!」

    桐乃「は、はぁっ!?キモっ!変態っ!ってか馬鹿はあんたでしょ!?」

    京介「うるせぇっ!写メ撮って黒猫に送んぞ!?」

    桐乃「っ!?だ、だめっ…!…や、やめてよっ…うぅっ…」カアァッ

    10 :

    京介は巻をおうごとに狂ってきている気がする

    11 :

    朝を起きるとベットに妹が寝てました、どうする?
    → 蹴り飛ばす
    って選択しちゃう京介のが好きだな

    12 :

    続けたまえよ

    13 :

    つづけろください

    14 :

    続きはまだなのかっ

    15 :

    これ読みてニヤニヤしながら寝るから、早く続きくれ

    16 :

    ちょーキモいんですけどっ!
    はやく書けなさい

    17 :

    妹の水着写真待ちうけにするお兄様ならこれくらい余裕ですね

    19 :

    こういう関係なら許す

    21 :

    ブラコンシスコン

    22 :

    >>11
    はげど

    24 = 17 :

    今の京介が妹ゲーやったらすごい気持ち悪いことになりそうだな

    25 :

    おまえらのおススメの俺妹SS教えろ下さい
    偽8巻の人のは読んだ

    26 = 22 :

    28 :

    受験戦争から解放され、早めの春休みが幕を開けた二月の下旬。
    緩みきった気分を締め直そうと部屋の模様替えをしていた折に、それは見つかった。

    「うわっ、懐かしいなオイ」

    タンスの奥の方で眠っていたそれ――派手な柄の玩具箱――を引きずり出す。
    ガキの頃は、これに玩具やカードを詰め込んで持ち歩いたもんだ。
    とっくの昔に処分されたとばかり思っていたが、運良くこいつだけ、お袋の目から逃れたらしい。

    29 :

    まあとりあえず続けな

    30 :

    スレタイで建宮さん何してんすかと思った

    31 = 28 :

    さてと、作業は一時中断して、追憶に耽るとしますかね。
    ついつい脇道に逸れちまうのは、模様替えのお約束だよな……と箱の留め具に手をかけたそのとき、

    「朝からゴソゴソ何してんの?」

    桐乃がひょこっと顔を出した。
    起き抜けなのか、長い髪はくしゃくしゃで、眠そうに目を擦っている。

    「わり、起こしちまったか?」
    「ううん、ちょうど目が覚めたトコ……」

    桐乃は覚束ない足取りで部屋を横断し、ぽすっと俺のベッドに腰掛けた。
    そしてグルリと辺りを見渡し、

    「ふぅん……部屋の片付けなんかしてたんだ」

    微かに不機嫌オーラを漂わせて、そう言った。
    さっきの言葉は嘘で、本当は物音がうるさくて目を覚ましたのかもしれねえな。

    32 = 28 :

    それか、単純に寝起きで機嫌が悪いだけか。
    なぜか居座る様子の桐乃に、俺は発掘品を見せてやることにした。

    「そういや、タンスの中を整理してる最中に、珍しいモンが見つかったんだ」

    玩具箱を手渡す。
    が、色好い反応は梨の礫、桐乃は眉をひそめて、

    「何これ?」
    「俺がガキの頃に、いつも持ち歩いてた玩具箱だよ。見覚えねえか?」
    「忘れた」

    と桐乃はあっさり否定し、

    「てゆーか、あんたって、そういうのいつまでも捨てられない性格だったんだ?」

    見下すような半眼でこっちを見てくる。
    べ、別にいいじゃねーか!たまに童心に還れるアイテム残しといてもさぁ!
    もっとも、当時の俺が何を思って、この玩具箱を残しておいたのかは、俺自身、よく分かんねーんだけどな……。

    33 :

    全力支援

    34 = 28 :

    小馬鹿にして部屋を去って行くかと思いきや、桐乃は俺のベッドにうつぶせになり、

    「さっさと開ければ?」

    なんだかんだ言って興味はあるのな、お前。
    俺は溜息を一つ、改めて玩具箱の留め具に手をかけた。
    錆びた金属同士が擦れる音が響き、上蓋が持ち上がる。
    果たして箱の中に保存されていたのは、
    十年近く前に流行ったカードや玩具でもなく――色取り取りの紙束だった。

    「なんだこりゃ……」

    俺は何気なくそのうちの一片を取り上げ、

    「ダ、ダメッ!絶対読んじゃダメッ!」

    猫のような敏捷さで飛びかかってきた桐乃に、紙片を奪い取られてしまった。
    こいつのこの慌てようは何だ?尋常じゃねえぞ。

    35 = 28 :

    「読んじゃダメってことは、その紙には、何か書いてあるのか?」
    「ど、どーでもいいじゃん!とにかく、この箱もあたしが預かるからっ……!」

    おっと、そうはいかねえ。
    玩具箱に伸びた手を払いのけ、がっちりと脇に抱え込む。

    「こいつは俺の物だ。お前にどうこうする権利はねえよ」

    その一枚はくれてやる。
    が、この箱の中には、少なく見積もっても数十枚の紙片が残されている。
    後で一枚一枚ゆっくりと検めてやるさ。

    「………じゃない」

    ん、今なんて言った?
    桐乃は右手の紙片を握りつぶし、肩を戦慄かせながら叫んだ。

    「その中に入ってるのは、兄貴の物じゃないっ!全部……全部あたしの物なのっ!」

    36 :

    わななかす、って初めて知った

    37 :

    続けなさい

    38 :

    >>35
    お前は出来る子

    40 = 28 :

    間髪入れず、桐乃の手が箱に伸び、もの凄い力で引っ張ってくる。
    おいおい、陸上部で鍛えてるのは脚力だけじゃなかったのかよ。
    それかアレか、火事場の馬鹿力的な何かが発動してるのか?
    が、年下の妹に綱引きで負けるほど、俺はひ弱な兄貴でもねえ。

    「ワケわかんねーこと言ってんじゃねえ!
     なんでお前のモンが、俺の玩具箱の中に入って、しかも俺のタンスの奥に仕舞われてんだよ!」
    「うるさいっ!離せ、このバカ兄貴っ!」

    突き出された右足を、同じく右足で辛くもガードする。
    躊躇なく股間を狙ってくるあたりに、桐乃の本気度がうかがえる。
    罵倒と足蹴りを浴びながらの引っ張り合いがしばらく続き、
    果たして先に折れたのは、俺でも、ましてや桐乃でもなく――箱の掛け金だった。
    バキン、と嫌な音が鳴り、上蓋がはじけ飛ぶ。

    「あっ」

    と俺と桐乃の声が重なり、次の瞬間には、箱の中に入っていた大量の紙片が、ひらひらと部屋中に舞っていた。

    42 :

    >が、年下の妹に綱引きで負けるほど、俺はひ弱な兄貴でもねえ。

    年下の妹
    年下の妹
    年下の妹

    43 :

    >>42
    年下「である」ってことだろ
    読解力つけような

    44 :

    >>42
    指摘するほどおかしいと思わないんだが

    45 :

    >>42
    年下の女である妹って意味だろばか

    46 :

    >>42

    47 :

    >>42
    ドヤ顔で書き込んだの?

    48 :

    >>42
    夏真っ盛りですね

    49 = 36 :

    >>42
    これはひどい

    50 = 28 :

    必死の形相で舞い散る紙を追う桐乃を余所に、
    俺は妙に醒めた頭を働かせ、箱の底に残っていた紙片を手に取った。
    どれどれ……。

    『だいすきなおにいちゃんへ』

    一瞬、脳裏を過ぎったのは『おにいちゃん』って誰のことだ、というなんとも間抜けた思考だった。
    理解が追いついて、目眩がしたね。
    お兄ちゃんって、俺のことじゃねーか!
    しかも俺のことを兄貴呼ばわりできるヤツは、世界中で一人だけ、
    今まさに目の前で、烈火のごとく怒り狂っている俺の妹、桐乃だけだ。

    「……見た?」
    「お、おう」
    「……………」
    「……なあ、これ全部……その……お前から俺に……」

    スン、と洟を啜る音が、俺の言葉を遮った。
    ちょ、なんでお前が泣きそうになってんの!?


    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - 黄川 + - 京介「おう、桐乃なにやってんだ」 + - 京子 + - 俺の妹がこんなに可愛いわけがない + - 俺妹 + - + - 桐乃 + - 親衛隊 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について