のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:124,668,831人
913,105,521頁
昨日:2,876人
3,154頁
今日:2,570人
2,712頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレダル「オカリンがいない時のラボが殺伐としすぎてるお」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×11
    タグ : - 神スレ + - ゆとり + - エルフ + - ダルビッシュ + - ハーレム + - ハーレムエンド + - ビッチ + - 仮面ライダー + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    まゆり「ねえねえオカリン」ズイッ

    岡部「うん?なんだ?っというか少し近いぞ、まゆり」

    紅莉栖「………」ジー

    まゆり「えへへ、オカリン、今度の日曜日空いてる?」

    岡部「日曜日?まあ空いてるが……」

    まゆり「良かった~実はねコスの材料の買い出しを手伝ってほしいのです」

    岡部「なっ!まゆり貴様、人質の分際で俺を荷物持ちに使うなど」

    まゆり「ダメかな」ショボーン

    岡部「そ、そんな顔をするな!い、いいだろう、それくらいこの狂気のマッドサイエンティスト、鳳凰院凶真にとっては朝飯前だ!フゥーハハハ」

    まゆり「えへへ♪ありがとう、オカリン」ギュ

    岡部「なっ、だ、抱きつくでない!」

    まゆり「え~でも昔はよくこうしてたよ~」

    岡部「あれはガキ頃だからであって」

    紅莉栖「………」ギリッ

    ダル(牧瀬氏の表情が怖いお……)

    2 :

    つづけたまえ

    3 :

    おっぱい当ててんのよ状態か…

    4 :

    かまわん

    6 :

    なにやら胸が騒ぐ
    支援

    7 = 1 :

    岡部「くっ、ドクペが切れた!ちょっと買い出しに行ってくる!」ダッ

    まゆり「あ、オカリン……」

    バタン!

    ダル(うわ、また逃げた。オカリンのヘタレ度はマジ異常)

    まゆり「………えへへ」

    紅莉栖「…………」ギリッ

    まゆり「……ねえ、紅莉栖ちゃん」

    紅莉栖「…………なに?」

    まゆり「羨ましい?」

    紅莉栖「……は?」

    ダル(うわっ、また始まったお……)

    8 :

    黒しぃか

    9 :

    助手早く死ねばいいのに

    10 :

    続けたまえ

    11 = 1 :

    紅莉栖「羨ましい?なんのことかしら」

    まゆり「えっへへ、分からないの~?紅莉栖ちゃんは天才さんなんだよね?分からないっておかしいね、えへへ」

    ダル(まゆ氏、オカリンが居る時と違って顔が笑ってないお)

    紅莉栖「………何がいいたいの?」ギロッ

    まゆり「だ~か~ら~」

    まゆり「オカリンとのデート、羨ましいのって聞いているのです」

    ダル(うわっ、どや顔……)

    紅莉栖「はあ?デート?ただの買い出しでしょ?」

    まゆり「え~?世間一般ではそれってデートじゃないのかな~?」

    紅莉栖「あら、驚いた。あなたに世間一般の常識なんてあったの?」

    まゆり「………」ギロッ

    12 = 6 :

    けいおんのssに似たものを感じる

    いいぞもっとやれ

    13 = 9 :

    まゆりが哀れですね
    どうせ助手とくっつくんですよ

    14 :

    ダルが痩せちまうな

    15 :

    鈴羽にも期待

    16 :

    ダルが薄くなるな…

    17 = 1 :

    紅莉栖「それに、買い出しがデートだって言うなら私は岡部と何度もデートをしたことになる」

    まゆり「えへへ、紅莉栖ちゃんは今度のデートが買い出しだけで終わるって思ってるの?おかしいね」

    ダル(……相変わらず牧瀬氏はラボメンの女子相手には怖いお)

    紅莉栖「ふふ、何年も一緒に居て未だに進展のない人質()さんが何を言うと思えば」

    まゆり「………」ギロッ

    紅莉栖「なに?事実でしょ?あなたと岡部が未だに幼馴染みという関係で収まっているのが何よりの証拠よ」

    まゆり「……オカリンはね~ああ見えて押しに弱いんだよ?」

    紅莉栖「ふん……何を当たり前の事を」

    まゆり「それにね、責任感も強いんだ」

    紅莉栖「……?」

    まゆり「そこで問題です。そんなオカリンと既成事実を作っちゃったらどうなるでしょ~?」

    紅莉栖「…っ!まゆりあんた!」

    まゆり「えへへ、紅莉栖ちゃんには無理でもまゆしぃには出来るんだよ?」ジー

    ダル(まゆ氏が牧瀬氏の胸を見つめてる……)

    18 :

    続けたまえ

    20 :

    ダル「ちっ…これだから女は…」

    21 :

    全裸で待機

    22 :

    ダル「せっかく二次元に逃れたのに…」

    23 :

    まゆしぃより萌郁のがおっぱいおっきいんだっけ

    24 = 1 :

    紅莉栖「ふん、無理ね!今更岡部がまゆりの体なんかに惑わされるとは思えない」

    まゆり「紅莉栖ちゃん、負け惜しみは醜いよ。まゆしぃはがっかりなのです」

    紅莉栖「……あ?」ギロッ

    まゆり「えへへ…」ギロッ

    ダル(今日はもう、帰ろうかな……)

    ガチャ

    岡部「フゥーハハハ!ただいま帰還した!って……何故まゆりと助手が見つめ合っているのだ?」

    まゆり「あ、オカリンおかえりん♪えへへ、あのね~いま紅莉栖ちゃんとにらめっこしてたんだ~」

    紅莉栖「まゆりが急にしたいって言い出したのよ。ねぇ、橋田?」

    25 = 1 :

    ダル(ちょ、なんで僕に振るん!?)

    ダル「いや~見つめ合う二人の女の子、百合展開キタコレ!」

    岡部「全くダル、自重しろ。ただでさえ暑いというのに」ドクペヲアケル

    ダル(な、なんとか凌げたお……)

    紅莉栖「そ、そう言えば私も喉が乾いたな。ねえ、岡部。私にもドクペ頂戴」

    岡部「ああ、ほら投げるぞ」

    紅莉栖「馬鹿!炭酸飲料を投げて渡そうとするな!べ、別に新しいの開けなくてもいいわよ」

    岡部「ん?なら、俺のを飲むか?安心しろ、まだ口は付けていない」

    紅莉栖「いいわよ、先に岡部が飲んで。外、暑かったんでしょ?私はあんたが飲んだ後を貰う」

    岡部「ああ、まあ……お前がそう言うならいいが」ゴクゴク

    紅莉栖「………ふふ」ニヤリ

    まゆり「………」ギロッ

    27 :

    萌郁「岡部君に犯された……」

    30 = 1 :

    岡部「ふぅ……やはり夏はドクペだな。ほら助手よ、ありがたく飲むがいい!」

    紅莉栖「ありがとう、岡部」

    岡部「へっ、はぁ…?」

    紅莉栖「な、何よお礼を言っただけよ」

    岡部「いや、お前がそう素直だと調子が狂うのだが……」

    紅莉栖「な、なによそれ!もうっ」ゴクゴク

    まゆり「………」ギリッギリッ

    ダル(ちょっ、なんでオカリン、まゆ氏の表情に気付かんの!?)

    紅莉栖「ふぅ……おいしかった、はいこれ」

    岡部「なんだ、まだ残ってるではないか」

    紅莉栖「残りはあんたが飲んで」

    岡部「いや、しかし……」

    紅莉栖「いいから」

    岡部「あ、ああ。わかった」ゴクゴク

    32 :

    ダルが心労で死んじゃう

    33 = 1 :

    紅莉栖「………」チラッ

    ダル「」ビクッ

    ダル(牧瀬氏が睨み付けてきた……フォローしろってことですね、分かりません)

    ダル「うわっ、間接キス入りましたー!リア充マジ爆発しろ!」

    岡部「なっ、なにを!?」

    紅莉栖「か、間接ってそんな……橋田のHENTAI!」

    ダル(自演乙)

    まゆり「………」ギリッギリッギリッギリッ

    岡部「くっ、これも機関からの攻撃か!ここは一時撤退して体制を立て直す!」ダッ

    バタン

    ダル(オカリンまじヘタレ)

    34 :

    ダルも大変だな…

    35 :

    いいよいいよー

    36 :

    ダルがんばれ

    37 :

    バレル・タイターが痩せていたわけだ

    38 :

    運動もせずその場にいるだけで心身ともに痩せられる
    その名も修羅場ダイエット

    40 :

    薄いダルが出るな…

    41 :

    メイクイーンでも熾烈なNo1争いやら起こってたりしてるんだろうな・・・

    42 :

    クリスもまゆしぃも黒すぎだろ

    43 = 15 :

    面白いが故に遅さが気になる

    44 :

    なるほど、娘が痩せてたのはダルが薄くなった後に出来た子供だったからか

    45 :

    漁夫の利を期待

    46 = 1 :

    紅莉栖「ふふ……岡部ぇ」

    まゆり「………」ギロッ

    紅莉栖「なに?羨ましいの?(笑)」ニヤニヤ

    まゆり「間接キスでニヤニヤしてるなんて、紅莉栖ちゃんは子どもだね~」

    紅莉栖「そう?向こうも照れていたみたいだけど?やっぱり岡部も私に気があるのかな、ふふ」

    まゆり「………」ギロッ

    紅莉栖「もう、そんなに目で睨まないでよ。あなたは人質()なんだからそんな怖い目をしちゃダメよ?」

    まゆり「………」ギリッギリッギリッギリッギリッ

    ダル(牧瀬氏、ちょっと煽りすぎだろ……まゆ氏の歯軋りがどんどん大きくなってるお)

    49 :

    ダルのネタが全部気遣いだったって考えるとこえーわw

    50 = 37 :

    まっちょしぃになる日も近いな


    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×11
    タグ : - 神スレ + - ゆとり + - エルフ + - ダルビッシュ + - ハーレム + - ハーレムエンド + - ビッチ + - 仮面ライダー + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について