のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,558,103人
911,666,967頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:2,200人
2,522頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ勇者「いや、お前がいけよ」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - シリアス + - ハーレム + - パンツ + - 勇者 + - 王様 + - 秘書 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 代行 - 2011/07/24(日) 22:20:33.34 ID:1fuXi+nc0 (+120,+30,-48)
    王様「勇者よ! 魔王を倒してまいるのだ!」

    勇者「だから、お前がいけよ」

    王様「えっ」

    勇者「お前がいけよ」

    王様「はい」


    ID:CdrTTiFU0
    2 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:21:36.92 ID:wi56K/TC0 (+17,+29,+0)
    誰に需要あるの
    3 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:21:52.51 ID:s6RUq6Rn0 (+14,+29,+0)
    俺にあるよ
    4 : 0 - 2011/07/24(日) 22:24:27.07 ID:CdrTTiFU0 (+39,+29,+0)
    >>1
    代行ありがとうございました

    じゃあ、だらだらと行きます
    5 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:26:40.19 ID:CdrTTiFU0 (+40,+30,-65)
    大臣「で、なんで俺が旅に出なきゃいかんのだろうか」

    秘書「大臣が王様の土下座に屈したからです。ちなみに私は大臣の土下座に屈しました」

    大臣「なるほど」
    6 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:27:54.92 ID:FySHGSGy0 (+19,+29,-1)
    3時間後見に来るわ
    7 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:28:39.06 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-88)
    大臣「さて、とにかく装備を整えないとな。まずは武器屋に行くか」

    秘書「そうですね」

    ―――武器屋―――

    秘書「ひのきのぼうを2つくださ……」

    大臣「待て待て、幸いにも結構な額の金は持ってるんだ。わざわざ一番安いのを買わなくてもいいんじゃないか?」

    秘書「では、この店で一番高い……銅の剣にしますか?」

    大臣「そうしよう」
    8 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:30:41.35 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-53)
    秘書「すいません、銅の剣を2つください」

    店主「銅の剣2つですね。すぐに使いますか? それともお持ち帰りですか?」

    秘書「……お持ち帰りで」

    店主「期間限定の“剣が持ち運びやすいバッグ”をお付けしますね! ありがとうございましたー!」

    大臣(すぐに使うって言ったらどうなってたんだろう)
    10 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:32:46.45 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-77)
    大臣「次は防具屋だな」

    秘書「大臣、大臣」

    大臣「どうした?」

    秘書「どうして私が銅の剣を両方とも持ってなければならないんです」

    大臣「がんばれ、男の子だろう。年寄りを労れ」

    秘書「私は女です。貴方はまだ28歳です」

    大臣「27だ」

    秘書「今更ながら、よくそんな歳で大臣になれましたね」
    11 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:34:46.30 ID:CdrTTiFU0 (+40,+30,-45)
    ―――防具屋―――

    大臣「ここで一番高いのは革の鎧か……」

    秘書「正直言って、見た目悪いですね」

    大臣「……そうだな」

    秘書「旅人の服にしましょう」
    12 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:34:57.92 ID:H1zRl/zt0 (-23,-11,-1)
    期待
    13 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:36:40.51 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-70)
    ―――宿屋―――

    大臣「結局、武器屋行って防具屋行って……」

    秘書「最後に道具屋行って、一日が終わりましたね」

    大臣「お前が道具屋でごねるからだ」

    秘書「薬草99個買おうなんて言う方が悪いんです。結局買った荷物は私が全部持たされてるじゃないですか」

    大臣「備えあれば憂いなし、だ。最終的には妥協してやっただろ」

    秘書「99個が80個になっただけじゃないですか」
    14 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:39:52.81 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-75)
    大臣「さて、そろそろ寝るか」

    秘書「どうしてわざわざこちら側のベッドに入り込んでるんですか」

    大臣「お前が人肌恋しいかと思って俺が……わかった。俺が悪かったからその銅の剣をしまえ」

    秘書「ところで、まだ城下町から一歩も出ていないのにどうして宿屋に泊る必要があるんでしょう」

    大臣「そりゃ当然お前と一緒に寝る口実に決ま……だから銅の剣はダメだって!」
    15 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:42:09.00 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-62)
    ……朝。

    秘書「……ふ、あぁあ……。おはようございます大臣。昨夜はよくお休みになられましたか?」

    大臣「……手足を縛られると、何故か眠気がなくなってしまうな。多分10分くらいしか眠れてない」

    秘書「衣類としてよりも先に、拘束具として役立ちましたね。旅人の服」
    16 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:44:55.50 ID:svAnGLtH0 (-22,-10,+0)
    これは期待
    17 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:46:10.97 ID:CdrTTiFU0 (+40,+30,-64)
    大臣「よいしょ……っと。ん? お前は旅人の服、着ないのか」

    秘書「拘束具としてとはいえ、大臣が身に付けたものを着るなんてけがらわ……恐れ多いので」

    大臣「結構傷ついたぞ」

    秘書「それは良かった」
    18 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:46:48.47 ID:LrI9UoGO0 (-22,-10,+0)
    支援するぜ
    19 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:50:19.93 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-65)
    ―――フィールド―――

    大臣「よし、ともかくはレベル上げだな」

    秘書「おぉ、大臣。『さっそく魔王を倒しに行くぞ!』とか訳のわからないことを言うのかと思っていたのですが」

    大臣「俺とてそこまで考え無しではない。剣を渡せ」

    秘書「はい」

    大臣「お、重っ! 銅の剣重い! 無理! 無理!」
    20 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:55:50.80 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-91)
    大臣「さあ、敵を倒すぞ」

    秘書「結局ひのきのぼうを買うことになりましたね。しかも銅の剣を一本売っちゃいましたし」

    大臣「誰にでも過ちはある」

    秘書「あまりにも間抜けな過ちでしたけどね……あ、いましたよ。敵」

    大臣「よし、敵は誰だ! ゼリー状の奴か!? でっかいカラスか!?」

    秘書「ドラゴンです」
    21 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:56:46.27 ID:wi56K/TC0 (+22,+29,-2)
    秘書は銅の剣かよ
    22 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 22:59:39.61 ID:5GskUYQF0 (+5,+20,+0)
    支援いたそう
    23 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:00:22.83 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-86)
    ―――教会―――

    大臣「いやおかしいだろ!? 序盤の戦闘ってもっと弱い敵が出るべきだろ!?」

    秘書「まあ、確かに。明らかにラスボス手前で出てきそうな敵でしたね」

    大臣「くそっ! これじゃレベル上げも何も無いぞ……!」

    秘書「待ってください。もしかしたらさっきのはレアモンスターなのかもしれません」

    大臣「レアモンスター?」

    秘書「むしろ運が良かったのですよ。次はきっと弱い敵と戦えます」
    24 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:06:01.76 ID:CdrTTiFU0 (+39,+29,-28)
    ―――フィールド―――

    秘書「敵を発見しました」

    大臣「よし、誰だ! ゼリー野郎か!? チキン野郎か!?」
    25 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:08:52.58 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-102)
    ―――教会―――

    大臣「何がレアモンスターだよ、くそっ!」

    秘書「今回は5分も持ったじゃないですか。レベルアップしてますよ」

    大臣「ステータスの数値は上がってねえよ!」

    秘書「落ち着いてください」

    大臣「これが落ち着いていられるか!」

    秘書「ドラゴンのブレス……の余熱で火傷して、『ケアル! はやくケアルして!』と言っていたのを国民に言いふらしますよ」

    大臣「落ち着いた」

    秘書「ケアル(笑)」
    27 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:16:04.44 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-39)
    ―――フィールド―――

    秘書「良いですか大臣。きっと敵対心をむき出しにしているから襲われるんです」

    大臣「つまり武器を捨て、恐れずに接すれば……?」

    秘書「きっとドラゴンは私達の心強い味方となってくれるはずです」
    28 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:20:10.47 ID:CdrTTiFU0 (+39,+29,-12)
    ―――教会―――

    大臣「……」

    秘書「^^」
    29 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:23:33.66 ID:ley1LdaYO (+26,+29,-3)
    え、もう完結はしてるの?
    30 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:24:56.79 ID:CdrTTiFU0 (+43,+29,-2)
    >>29
    ちょくちょく書き加えてますが、完結してます
    トロくてごめんなさい
    31 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:28:58.71 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-118)
    ―――フィールド―――

    大臣「ところで」

    秘書「なんです?」

    大臣「なんで俺は何度も死んでるのに、お前は一度も死んでないんだ?」

    秘書「私が死んだら、誰が大臣の棺桶を引っ張って行くんです?」

    大臣「それもそうだな……いや、理由になってないぞ」

    秘書「あ、敵ですよ」

    大臣「どうせまたドラゴンだろ?」

    秘書「いえ、スライムです」

    大臣「なんだと! 経験値よこせえええ!!」
    32 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:32:27.59 ID:2LvJNRqp0 (+19,+29,-16)
    大臣の抜け具合が好きだわ
    33 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:33:14.31 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-85)
    ―――教会―――

    大臣「うそつき」

    秘書「^^;」

    大臣「うそつき」

    秘書「優しい嘘というやつです。3秒くらいは希望が持てたでしょう?」

    大臣「……『こい! スライム!!』とか思いながら振り返った結果がドラゴンのブレスだったけどな」
    34 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:37:33.76 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-80)
    ―――フィールド―――

    大臣「秘書よ、お前は攻撃魔法とか使えないのか?」

    秘書「嗜み程度には呪文を使うことができますが」

    大臣「嗜み……か。まあ、駄目で元々だ。次にドラゴンとエンカウントしたら使ってみろ」

    秘書「わかりました。……ちょうど来ましたよ。ドラゴン」
    35 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:40:22.52 ID:s/GrFExB0 (-26,-14,+0)
    しえん
    36 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:44:04.34 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-71)
    ―――教会―――

    大臣「詠唱に時間かかるなら早く言えよ!」

    秘書「当たり前じゃないですか。ノータイムで使えるなら“唱える”とは言いませんよ」

    大臣「いやまあそうだけどな……結局俺が死んだ後、呪文は放てたのか?」

    秘書「まあ、一応」

    大臣「はあ……一応、ねえ」
    37 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:47:05.55 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-112)
    ―――フィールド―――

    大臣「さて、作戦会議……ん? なんだあれ」

    秘書「ドラゴン……の死体ですね」

    大臣「何!? ……全身が焼け焦げてるな。普通、ドラゴンって炎に強いもんだろ?」

    秘書「そうですね。ドラゴンの鱗は溶岩の熱も通さないと聞きます」

    大臣「なのにどうして……はっ、まさか秘書……お前の呪文!」

    秘書「はい、私の呪文がこのドラゴンを……」

    大臣「なんてな、そんなわけないか。……それにしても、誰がドラゴンをやったんだろう」

    秘書「……」
    38 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:51:09.95 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-71)
    大臣「ドラゴンもいなくなったことだし、心おきなくレベル上げができるな」

    秘書「そうですね」

    大臣「このやりとりも既に20回を超えたな。いつになったらエンカウントするんだ」

    秘書「もしかして、あのドラゴンがこのフィールドでの唯一のモンスターだったんじゃないですか?」

    大臣「そんなわけないだろ……と、信じたいが」
    39 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:55:36.91 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-68)
    大臣「ドラゴンもいなくなったことだし、心おきなくレベル上げができるな」

    秘書「そうですね」

    大臣「さて、このやりとりは丁度100回目に到達した。もうこのフィールドは諦めよう」

    秘書「じゃあ、どうするんです?」

    大臣「先へ進む。そのうちモンスターとも出会うだろ」
    40 : 以下、名無しにか - 2011/07/24(日) 23:59:05.37 ID:CdrTTiFU0 (+45,+30,-111)
    ―――洞窟―――

    大臣「えらく暗いな……手、つなぐぞ」

    秘書「やめてください、けがらわしい」

    大臣「……悪いが、無理矢理にでもつないでもらう。せっかくの美人なんだから転んで怪我しちゃマズいだろ」

    秘書「え? あ、そんな、美人なんて……」

    大臣「美人だろ?」

    秘書「う、うう……外に出るまでですよ?」

    大臣(こんな暗いところ、手でも繋がないと怖くて歩けねえよ!)
    41 : 以下、名無しにか - 2011/07/25(月) 00:01:24.44 ID:hCQZ3hPt0 (+60,+30,-104)
    ―――砂漠―――

    大臣「しかし、暑いなここは……」

    秘書「余計に暑くなるので、それ以上言わないでください。これで238回目ですよ」

    大臣「……ところで、水のストックはどのくらいある?」

    秘書「水筒一本分だけです」

    大臣「秘書よ、提案がある」

    秘書「ジャンケンで勝った方が、その一本を丸々貰う……ですか?」

    大臣「読心術か!?」

    秘書「秘密です。……まあ、構いませんよ。大臣と回し飲みするくらいなら我慢したほうがマシですし」
    42 : 以下、名無しにか - 2011/07/25(月) 00:03:03.75 ID:zZs7shRw0 (+11,+26,+0)
    さるよけ支援
    43 : 以下、名無しにか - 2011/07/25(月) 00:03:19.00 ID:IPNTAl460 (+33,+29,-4)
    洞窟を抜けたら砂漠だったのでしょうか…
    44 : 0 - 2011/07/25(月) 00:04:42.61 ID:hCQZ3hPt0 (+59,+29,-11)
    ID変わった

    >>43
    都合上、色々と省いてお送りしております
    45 : 以下、名無しにか - 2011/07/25(月) 00:06:47.78 ID:hCQZ3hPt0 (+60,+30,-60)
    大臣「じゃ、いくぞ。恨みっこ無し、取り消し無しだからな」

    秘書「望むところです」

    大臣・秘書「ジャーンケン、」

    秘書「ポン!」

    大臣「ポン!」

    秘書「あ、後出し!? ずる……あれ、勝ってる?」

    大臣(間違えた……)
    46 : 以下、名無しにか - 2011/07/25(月) 00:08:50.98 ID:hCQZ3hPt0 (+60,+30,-65)
    ―――海―――

    秘書「風が気持ち良いですね」

    大臣「しかし……こんな立派な船、よく借りられたな」

    秘書「ええ。大臣の自宅を生涯貸すという約束で、一週間レンタルです」

    大臣「一週間かー」

    秘書(突っ込みがこない……)
    47 : 以下、名無しにか - 2011/07/25(月) 00:10:49.66 ID:hCQZ3hPt0 (+60,+30,-74)
    ―――魔王城・正門―――

    大臣「なんでだよ!!」

    秘書「落ち着いてください」

    大臣「落ち着いていられるか! 結局ダンジョンも砂漠も海も、エンカウントせずにここまで着いたぞ!」

    秘書「落ち着かないと、夜中に私のパンツの匂いを嗅いでいたことへの制裁を加えますよ」

    大臣「落ち着いた」
    48 : 以下、名無しにか - 2011/07/25(月) 00:12:22.35 ID:qwB20ffJ0 (+19,+29,-1)
    大臣なにしてんだよ
    49 : 以下、名無しにか - 2011/07/25(月) 00:13:15.09 ID:3/d+yixe0 (+22,+29,-1)
    こんなのが大臣とか・・・
    50 : 以下、名無しにか - 2011/07/25(月) 00:14:15.15 ID:hCQZ3hPt0 (+60,+30,-80)
    大臣「落ち着いたところで、どうしたらいいのかわからないぞ……」

    秘書「どうしてです。素直に魔王城へ突撃しましょうよ」

    大臣「レベルは最低だし、装備もひのきのぼうと旅人の服の俺に死ねと?」

    秘書「最悪、魔王城内にいる敵でレベル上げをすればいいじゃないですか」

    大臣「魔王城の中に敵がいればいいが……この流れだと多分……」
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - シリアス + - ハーレム + - パンツ + - 勇者 + - 王様 + - 秘書 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について