のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,554,305人
911,662,568頁
昨日:4,968人
5,508頁
今日:2,870人
3,360頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ女「浜面仕上を預かった」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイテム + - フレンダ + - 安価 + - 浜面 + - 滝壺 + - 絹旗 + - 麦野 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 00:25:26.84 ID:yf79xNRX0 (+110,+30,+0)
       
    2 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 00:26:04.65 ID:4VAQG3JZ0 (+15,+30,+0)

    3 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 00:27:50.76 ID:J/QdERkC0 (+15,+30,+0)
    4 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 00:29:02.59 ID:vm7269WN0 (+15,+30,+0)
     
    5 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 00:33:59.73 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-106)
    麦野「で、なに?何が言いたいわけ?」

    「……」

    麦野「まさか、そいつをネタに私たちを脅そうわけって?」

    「……」

    麦野「そしたら無理よ。だって、そいつ、使い捨てだもん」

    「…噂どおりの女だな」

    麦野「そう?じゃ、そろそろ切るね、電話」

    麦野「そうそう、その役立たず、適当にそっちで処分しておいて。あと、連絡いらないわよ。面倒だから。それじゃ」

    麦野「あ、あと、生ごみの日は明日だから。よりしくー」プツ
    6 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 00:40:34.10 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-63)
    麦野「フレンダ、上のほうに電話しといて、一本補充お願いって」

    フレンダ「わ、分かった、麦野」

    絹旗「ちょっ、ちょっと、超待ってくださいよ!!」

    麦野「何、絹旗?」

    絹旗「何、じゃありませんよ!浜面、超捕まったんですよ!!」

    麦野「だから、何?」
    7 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 00:45:41.97 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-81)
    絹旗「だから、何、じゃ超無くて!!」

    麦野「…言っとくけどさ、あんた、何か勘違いしてない?」

    麦野「あいつは、あくまでレベル0の連絡員。補充なんて幾らでも利くのよ?」

    絹旗「けっ、けど!」

    麦野「だからね、絹旗。アンタ、勘違いしてないって聞いてるでしょ?」
    8 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 00:46:04.54 ID:QIsEankb0 (-23,-11,-1)
    期待
    9 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 00:56:56.30 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-127)
    麦野「私たちはね、お仲間が捕まったからって、わざわざ危険を冒して助けに行くような仲良しクラブじゃないのよ」

    麦野「それに、ここにいるみんなもそう。私たちは、そういう腐った友情?みたいなもので繋がっているわけじゃない。単純に、能力だけで組織に所属して、行動しているだけの存在だってことを忘れないでね?」

    滝壺「じゃあ、はまづらは、見捨てるの?」

    麦野「見捨てるも何も、元から使い捨ての紙コップに何の愛着を持てって言うの?」

    フレンダ「所詮、捕まる無能をうらめって言う訳よ」

    麦野「分かった、絹旗、滝壺?」

    滝壺「……」

    絹旗「…超分かりました」ギリッ
    10 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 01:03:45.91 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-65)
    絹旗「…これからは、超そういうつもりでお付き合い超させてもらいます」

    麦野「そーそー、その方がいいよー。だって、私も助けに行くのとか、手間だもん」

    絹旗「……」ギリッ

    滝壺「…ところで、フレンダ。今日のほかの予定は?」

    フレンダ「んー、他は無いけど」

    絹旗「だったら、超お暇させてもらうです!こんな不快な連中とは超一緒に超いたくありません!!」バンッ!

    11 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 01:09:36.53 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-82)
    麦野「んー、気をつけてねー」

    絹旗「…失礼しますっ!!」ガタンッ!!

    滝壺「きぬはた、帰っちゃたね」

    フレンダ「私たちも解散するわけ?」

    麦野「そうねー。そうしよっか」

    麦野「フレンダ、連絡は?」

    フレンダ「特に、急ぐ用事でもないから、明日しておくわけよ」

    麦野「んー。よろしく。それじゃ、かいさーん」
    12 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 01:16:19.41 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-47)
    ―――――

    滝壺「…あんなふうに言ってたけど、本当かな」テクテク

    滝壺「…私たち能力者は仕方ないけど、はまづらは違う」

    滝壺「はまづらは、無能力者だから、能力者の私が助けてあげないと」

    滝壺「…待っててね、はまづら。今から、助けに行くよ」
    13 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 01:19:18.46 ID:WOh6ThDTO (+29,+29,-17)
    力場記憶してるから追えんのか流石は本妻
    14 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 01:23:06.73 ID:yf79xNRX0 (+93,+30,-88)
    ―――――――

    「…で、結局、一人で乗り込んで来たわけか」

    「…全く、麗しい友情、いや、この場合は愛情と言ったほうがいいのかな?」

    「……うるさい」

    「しかし、余計な見栄を張ったせいで、一人で助けに来るとは、馬鹿げているな」

    「それとも、一人で助けに来ることで、こいつの関心を引きたかったのか?」

    「なあ―――――――」



    「麦野沈利」
    15 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 01:26:29.00 ID:WOh6ThDTO (+29,+29,-4)
    はや、滝壺噛ませにしてかれやんのとばかり
    16 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 01:26:41.09 ID:OFusYGpg0 (-23,-11,-1)
    期待
    17 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 01:29:25.66 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-78)
    麦野「うっさいわねー。ほら返せ、そこのゴミクズ。今なら、無料で引き取ってやるわよー」

    「確かに、素晴らしい戦闘力だな。二十人からをあっと言う間に倒してのけるのだから」

    麦野「そうでしょ、すごいでしょー。だったら、とっと返したほうがアンタの身のためよん」

    「確かに、私ではかないっこないな」クスッ
    18 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 01:35:33.91 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-66)
    「ほら、いとしの彼とご対面だ」パチンッ

    浜面「……」

    麦野「はまっ……。ダメじゃないかにゃーん、浜面。こーんな、私の手をかからせたりしちゃ」

    「確かに、そうだな」クスクス

    「貴様程度のレベル0がレベル5の手をかからせてわな」

    19 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 01:36:15.99 ID:+utSZm210 (-2,+12,+0)
    ほう
    20 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 01:43:34.63 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-87)
    麦野「確かにそうねー。じゃあ、とっと返してもらえるかなー。私そんなに気が長くないの」

    「まあ、落ち着け。せっかくの機会だ。もう少し、楽しんでもらいたいな」

    麦野「だからさ、私、今そー言う気分じゃないんだってば」

    「まあ、そう言うな。もう少し、楽しんで行って貰うよ」スッ

    麦野「?あんた、手に何持って、なに振りかざして―――」

    グサッ!!
    21 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 01:48:34.28 ID:yf79xNRX0 (+90,+30,-54)
    浜面「ーーー!!」

    麦野「!…テメェ、一体、何してくれてやがんだ!?」

    「ふふっ、そう気色ばるな、そら、返すぞ」ドンッ

    麦野「浜面!!」ガシッ!

    「ふふっ、可愛らしいな」
    22 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 01:50:30.68 ID:yf79xNRX0 (+90,+30,-23)
    麦野「テメェ、死ぬ覚悟はできてんだろーな!?」

    「おー、こわ」

    麦野「テメェ…」

    「ふふっ」
    23 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 01:57:54.86 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-95)
    「遅ればせながら、私の能力を説明させてもらうとだ、私の能力は、人の体の一部を一寸した爆弾に変えられると言うことだ」

    「しかし、使い勝手が悪くてね」フゥ

    「それだけでは、現在、君には傷を与えられそうにはないよ」

    麦野「そうかい、なら、黙って死んどけ!」キュイィィ・・・

    「おっと、でもね、浜面君。彼にならダメージを与えられえるんだよ」

    ボギッ!
    25 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 02:01:57.74 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-48)
    麦野「浜面!?」

    「彼は、私の能力の影響下にある。簡単な話、彼の命は私が握っている、と言うことだ」

    麦野「テメェ!?」

    「ふふっ、私を殺してもいいのかな?」

    麦野「何!?」

    「私を殺せば、彼の心臓も破裂することになる」
    26 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 02:05:53.85 ID:yf79xNRX0 (+90,+30,-31)
    「もし、疑うのなら私を打って見るといい。簡単だろ?」

    麦野「卑怯だぞ、テメェ…」

    「卑怯かい?」クスクス

    麦野「……」ギリッ

    「いい顔するね」クスクス
    27 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 02:13:54.33 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-99)
    「何をためらっているんだい?私が憎いんだろ、さっさと撃てばいい」

    「私を撃って彼が死んだところで、君に何の影響があるというんだい?」

    「浜面くんは、幾らでもスペアのきく消耗品に過ぎないのだろう?」クスクス

    麦野「…クソッ」

    「ふふっ、随分と女の顔いなってるよ」

    麦野「!?」カアッ

    「ふふっ」
    28 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 02:15:57.29 ID:BTZss1oTO (-23,-11,-1)
    期待
    29 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 02:19:45.97 ID:+dMosh6I0 (+23,+28,-11)
    これはいい麦のんスレ
    30 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 02:21:34.14 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-69)
    「さて、私と君との力関係を理解してもらえた所で、両腕をを後ろに回してもらえるかな」

    麦野「…フン」スッ

    「いい子だね…」カチャリ

    麦野「テメェ、まさかっ!?」

    「そう、手錠だよ」クスッ

    「もっとも、君が暴れても痛くないように、皮手錠にしてあるけど」

    31 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 02:27:28.53 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-64)
    麦野「なんて事しやがるっ、さっさとほどきやがれ!!」

    「…まだ、少し立場が理解できてないようだね」

    ボギン!

    浜面「----!!!」

    麦野「!?浜面っ」

    「おやおや、悪い子だ、大事な浜面くんに怪我をさせてしまって」クスクス

    麦野「クッ…」

    「クスクス」
    32 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 02:35:58.52 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-56)
    「さて、私との力関係が理解できたところで、これを舐めてもらえるかな?」スッ

    麦野「…テメェの靴の裏を舐めろっていうのか!?」ギリッ

    「おや、随分、残念な顔をするね」スッ

    麦野「!?分かった、舐めます!舐めさせていただきます!
    33 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 02:43:00.76 ID:+dMosh6I0 (+19,+29,+0)
    超見てますよ
    34 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 02:45:16.47 ID:5V0kx3K8O (+19,+29,-11)
    これはいい麦のん
    35 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 02:48:23.45 ID:yf79xNRX0 (+90,+30,-43)
    「ふふっ、随分と物分りが良くなってきたね」

    麦野「クッ…」ピチャピチャ

    「本当に、いい顔だ…」スッ

    麦野「やっ、顔をなでるなぁ…!」

    「ふふっ、可愛いよ、麦野…」
    36 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 02:51:45.26 ID:yf79xNRX0 (+90,+30,-29)
    「ほら、次は、これだ…」

    麦野「…テメェの指か」

    「丹念に舐めてくれよ…」

    麦野「フン…」ピチャ・・・

    「ふふっ…」
    37 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 02:55:50.27 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-77)
    「しかし、君はいい女だ」

    「だって、そうだろ?レベル0の彼のためにこんな屈辱にも耐えるのだから」

    「それとも、それだけ彼に対する愛情が深いのかな?」クスッ

    麦野「フン…」ピチャピチャ

    「ふふっ、妬けてしまうよ、彼に…」

    麦野「…言ってろ」ピチャピチャ
    38 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 03:01:28.72 ID:yf79xNRX0 (+95,+30,-99)
    「それに、浜面くんも大したものだ」

    「生爪をはぐのが手ぬるいような拷問で、君たちの事を一切口にしなかったのだから」

    「また、これも彼の愛がなせる業なのかな」クスッ

    麦野「フン…」

    「少しは、彼をほめてあげてくれよ、麦野…」サラッ

    麦野「…髪を撫でるな」フンッ



    39 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 03:04:02.78 ID:yf79xNRX0 (+82,+29,-12)
    寝ます。

    昼間は書き込みできないです・・・。

    誰か、麦野をいじめてくれませんか?

    お願いします…、
    40 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 03:05:34.91 ID:+dMosh6I0 (+18,+28,+0)
    そりゃねーよ
    41 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 03:24:41.62 ID:/fB+EPxg0 (+7,+19,+0)
    おい
    42 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 03:43:55.63 ID:/X7cwi9f0 (+24,+29,-15)
    ズボン脱いで元気になった責任とってよね
    43 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 03:48:24.32 ID:6oETbeF00 (+30,+30,-76)
    「そんなに好きならその男とズッコンバッコンしろよwwww」→麦野「く、くそが…」→「さっさとやれよwww」
    →挿入直前に他の男が麦野に後ろから突っ込んで女が「やっぱ気が変わったわ」とか言う→麦野泣き出す→構わず最後でする


    的なの希望
    44 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 03:51:10.38 ID:/fB+EPxg0 (+28,+30,-43)
    「浜面仕上を預かった」

    麦野「はぁ?いきなりなに?」

    「預かった」

    麦野「・・・・・・それで?」

    「知らせてあげたほうがいいかと思って」

    麦野「返す気はあるのかしら?」
    45 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 04:04:38.51 ID:hflpkWTv0 (+33,+30,-73)
    「そちらの態度によっては」

    麦野「はー、あんなのでも雑用係がいなくなると困るのよね。お願いだから返してもらえないかしら?」

    「頼み方が悪い。ホントに返してほしいの?」

    麦野「あァ?人がしたてに出てれば調子にのりやがって。テメエなんていつでもブチ殺せんだぞォ!」

    「彼が大事なら正直になることをおすすめする」







    46 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 04:07:49.83 ID:LqvfJsWi0 (+25,+30,-37)
    みんな自分だけ助けに行こうとするけど現場で鉢合わせしてやっぱこいつら最高の仲間だぜ的なありがちな展開だろ?
    めちゃくちゃ泣けるなそれ
    47 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 04:16:54.78 ID:hflpkWTv0 (+33,+30,-80)
    麦野「要求は?」

    「あなたの彼に対する気持ちを聞かせてほしい。そうしたら返すことを考えてもいい」

    麦野「さっき言ったでしょ。言い方が悪かったかしら、大事な雑用係よ」

    「そういう意味じゃない」

    麦野「?どういう意味よ」

    「彼のことを好きかどうか」

    麦野「なっ!?そんなこと聞いてどうするのよ!」

    「いいから。正直に答えることをおすすめする」

    48 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 04:27:15.84 ID:8i59yz4Y0 (+30,+30,-92)
    麦野「・・・・・・好きよ。これで満足かしら」

    「そう、やっぱり・・・・・・」

    麦野「満足したなら早く返してもらえるかしら。出来れば賞味期限がきれない内に戻ってきてほしいからね」

    「それはできない」

    麦野「はっ!やっぱり返す気はねェって訳か」

    「そうじゃない。彼が帰りたくないと言っている」

    麦野「・・・・・・そんな嘘が通用すると思ってるのかにゃーん?」

    「わたしが預かったのは彼のハート」

    麦野「」






    49 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 04:47:06.10 ID:wqrZf4qq0 (+28,+30,-105)
    「私は返してあげてもいいけど、彼が嫌がっているからどうしようもない」

    麦野「・・・・・・返してあげてもいいだと?『アイテム』をなめるなよ、クソガキ!うちにはヤンデレ、天然、バカ、ロリと女はよりどりみどりなんだよ!なのにテメエみたいなのになびくなんてありえないって訳よ」

    「超とか結局とかうるさいから嫌だって」

    麦野「わ、わたしは?」

    「ババアはおことわりです」

    麦野「」

    50 : 以下、名無しにか - 2010/12/02(木) 06:09:15.83 ID:eaAHe7FF0 (+30,+30,-28)
    麦野「し、信じないわよ!」

    「そう、でも最近様子がいつもと違ったはず」

    麦野「そんなことあるわけ・・・・・・(あれ?そういえば・・・)
    1 2 3 4 5 6 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - アイテム + - フレンダ + - 安価 + - 浜面 + - 滝壺 + - 絹旗 + - 麦野 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について