のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,543,647人
911,650,335頁
昨日:4,224人
4,633頁
今日:3,216人
3,639頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ姫「こんにちはー!」魔王「……は?」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - これはゾンビですか + - スケットダンス + - 両津 + - 勇者 + - + - 戦士 + - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 01:26:00.50 ID:gnLBlFkHO (+135,+30,-57)
    「こんにちは魔王様、私、或国の姫です!」

    魔王「……」

    「あれっ聞こえなかったかな!?もしもし!?」

    魔王「聞こえている……」

    「やだ聞こえてないふりしてたのー? もーお茶目さんっ」キャッキャッ

    魔王「ムカつくからやめろ」

    「……」
    2 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 01:27:38.25 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-172)
    魔王「……一国の姫が、闇の底に沈む我が城に、一人で、しかもそのような軽装で飛び込んでくるとはいい度胸だな? 最後に言い残す事はないか?聞いてやるぞ」カチャ

    「や、や、やめてよ!その装飾品をごてごてに付けた剣しまってよ! 今日は魔王様にお話があって来たんだから!」

    魔王「ほう。姫様はまともな教育も受けていないと見受けられる。それともアポ無しの面会がそちらの国でのマナーなのかな」

    「それは……ごめんなさい」

    魔王「大体よくお前の父、或国の王がこちらに向かうことを許してくれたな」

    「許してもらってないよ?」

    魔王「は?」

    「え?」
    3 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 01:29:02.83 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-197)
    魔王「いや、お前が首を傾げるのはおかしいだろ。じゃあお前本当に一人で来たのか?」

    「うん」

    魔王「ここに来るまで魔物がたくさんいただろ」

    「私魔法学校首席だし。多少の魔物は私の魔法で眠ってくれたよ」

    魔王「こんな小娘一人に我が子供達は何をやっているんだ……」

    「え!?あれ全部魔王様の子供なの!?元気だね!」

    魔王「そんなわけあるか」

    「え!?違うの!?」

    魔王「我が子同然のように民を愛す。これが王のあるべき姿だ」

    「それはスンバラシイ!素敵だね!」

    魔王「……ああ面倒くさい雌餓鬼だ。それで話は何なんだ。手短にしろよ。俺は疲れているんだ」

    「あ、そうそう!えーっとね……」

    魔王「……」
    4 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 01:30:25.13 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-185)
    「私達の人間の国と和解してほしいの」

    魔王「断る」

    「……」

    魔王「……」

    「一応聞くけど、どうして?」

    魔王「どうしてもこうしても、我々魔界と人間界は敵対するものだと最初から決まっているからだ」

    「どうして?和解しようと思えば……」

    魔王「力を持つ者は力を持たない者を支配する。これはお前らの国にもあることだろう」

    「……奴隷制度のこと? そんなものとっくになくなったよ!」

    魔王「別に奴隷制度の事を言った訳ではないが……まぁいい。それを例にしよう。奴隷制度そのものはなくなったかもしれないな。だがな、それでも弱い者を虐める強い者が消えたとは言えないだろう?」

    「か……かもね」
    5 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 01:31:51.46 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-130)
    魔王「そして、何より、我が国もお前の国も、当然のように支配者はいるわけだ」

    「支配という言葉は気にくわないけど、王様……私の父ね。そしてあなた」

    魔王「力を持つ者は同等に力を持つ者を許せない。最上に君臨していた自分なのに、そんな奴がもう一人いるなんて許せない。よくある感情だろう?醜い嫉妬、劣等感。なぁ?」

    「……私の父はそんな人じゃないよ!優しくて、みんなの意見も取り入れて……支配なんて……!」

    魔王「それならもっと質が悪い」

    「……?」
    6 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 01:33:01.30 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-301)
    魔王「優しい生き物は弱い。特に他人の言うことを聞いて、それに多少の自分の意見も混ぜるような奴はな。自分に自信があり他人に優しくするようなら、それは強い生き物だが」

    「どう違うの……?」

    魔王「本当の強さを持つ者は自分の意見を信じ、反映させる。ああ、だからといって自分の好き勝手で決めるということではないぞ?よく民を見、民を信じ、己を信じるのだ。だから毎日俺は民と話す。そして自分で考え、自分で意見をくだすのだ。お前の親父殿は、民と話すか?」

    「……」

    魔王「高く厚いお城に守られて、ただ側近やお偉方の言うことを反映させているんじゃないか? 言うことを聞けば、とりあえず避難されることはないだろうと」

    「っ……」

    魔王「自分を守りたい者は総じて弱虫だ。そんな奴が、自分と同じ位の者と和解したがるかな?」

    「父は……そうね、父は和解を反対したわ……」

    魔王「だろうな。いつかは俺に支配されて地位を奪われてしまうのではないかと考えるんだろうな」

    「……」

    魔王(震えている……泣いているのか。強く言い過ぎたか? いや、このぐらいがいいんだ)

    「……すっ……」
    魔王「?……す?」
    7 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 01:34:47.97 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-112)
    「すっっごいねえええっ魔王ァアア!!」

    魔王「……」キーン

    「もう私!本当に魔王様と和解したくなったよぉ!」ギュッ

    魔王「人の話を聞け。それから抱きつくな」ぐいっ

    「ああん! もう恥ずかしがりやさんなんだから~」

    魔王「おいこいつどうにかしろよ」

    「私、魔王様に惚れちゃった……!」

    魔王「ああ……っはぁ!?」

    「やだ、驚いた顔もス・テ・キ」

    魔王「頭大丈夫か?医者を呼ぶか?本当に心配になってきたんだが」
    8 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 01:36:42.93 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-76)
    「とりあえず」キリッ

    魔王「いきなりマジになるな。驚く」

    「今の時点で和解は無理ってことは分かったわ」

    魔王「そうか。分かってくれたか、じゃあそろそろお引き取り願……おい、何だその荷物は」

    「今日から私はあなたと一緒に暮らします!ふふふ、よろしくね」

    魔王「殺していいかな、いいよな」
    9 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 01:36:46.20 ID:D3U4CBv3O (+28,+28,-1)
    読んでるよ
    頑張って
    10 : >> - 2010/10/11(月) 01:45:08.18 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-140)
    ―――…


    (っ……ひっく……お兄さま、お兄さま、お父さまが……)

    (泣くな弟よ、私も戦いに参る。もし私が死んだときは、そなたが王だ。一国を護るのだぞ。お前もお父様のような素晴らしい王となるのだ)

    (お兄さま、行かないで! 僕はお父さまにはなれないよ!お兄さまぁああ)



    ―――……


    側近「魔王様、魔王様」

    魔王「……む、う?」

    側近「酷い汗ですよ。それにうなされていました。大丈夫ですか?」
    11 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 01:45:58.81 ID:bapLnRfPO (+2,+14,-12)
    シエスタ
    13 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 01:49:56.22 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-185)
    魔王「ああ、くそ……昔の夢を見ていただけだ……。しばらく、見ていなかったのだがな……」

    側近「……先代魔王様と、お兄様の夢ですね」

    魔王「ああ。こんな夢、本当に何十年ぶりだろうな……それもこれも――…」

    「おはよう!魔王様ぁ!」バターン!!

    魔王「あの女のせいだということは間違いないな」

    側近「おやおや」クスクス

    魔王「何がおかしい」

    側近「あ、いえ」

    「魔王様、ご機嫌麗しゅう」すりすり

    魔王「ああ、相変わらずお前の頭は空っぽそうだな」

    「……あら、私頭は悪くないですよ。魔法学校では」

    魔王「首席か?そんなもん、戦う時以外役にたたん。そういう頭の良さと、俺の言う頭の良さは違う」
    14 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 01:52:49.99 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-142)
    「……そうですね。確かに、私は頭が悪いかもしれない」

    魔王「?素直だな」

    「殿方は素直な女の子がお好きでしょ?」

    魔王「美人ならな」

    「もう……それより、魔王様」

    魔王「あん?」

    「今日こそ我が国との和解、考えてくれる?」

    魔王「だから断る。そもそも、お前のとこの王も反対なのだろうが」

    「……お父様は、姫に甘いから。姫がお願いしたらきっと……」

    魔王「……?どうした?」

    「ううん!何でもない! 魔王様、今から何するの?」
    15 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 01:54:13.00 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-146)
    魔王「……とりあえず着替えるから」

    「まぁ、じゃあ姫が脱がせてさしあげますね!」

    魔王「出てけと言うつもりだったんだが、面倒くさいから魔法で追い出す」ヒュイッ

    バタンッ

    「あん、もう鬼畜ぅ……」
    「……」
    「ヤバイな、本気で好きになってきてるかもしれない」

    側近「姫を追い出さないのですか?本当に邪魔なら転移魔法で或国に飛ばせるでしょうに」

    魔王「ああ?……フン。あいつをここに置いておくのはただの気まぐれだ。飽きたら飛ばすさ」

    側近「そうですか」

    魔王「調べたいこともあるしな……」ボソッ
    16 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 01:56:02.41 ID:gnLBlFkHO (+89,+29,-41)
    ストック切れたので書きためしてきます
    保守は危ういと思ったら自分でします
    でも寝落ちしたらすみません
    全部書きためてから投下するべきでしたよね
    落ちたら全部書きあげてから新しいスレ立てます
    17 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 02:00:02.12 ID:y3XcRNbI0 (-5,+9,+0)
    問題ない
    18 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 02:02:35.61 ID:1HeVwUbJ0 (-25,+29,-1)
    ならば俺が全力で保守しよう
    20 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 02:21:36.84 ID:L+3Q9KjC0 (-6,+8,+0)
    >>1おつ
    21 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 03:04:55.77 ID:gnLBlFkHO (+57,+7,+0)
    24 : 書きためたとこま - 2010/10/11(月) 03:42:47.92 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-148)
    「側近さん」

    側近「はい?」

    「魔王様は?」

    側近「貴女に教える必要はないと魔王様は仰られました」

    「そっか……そうですよね。仕方ない…自分で探します」
    側近「……」
    側近「……この時間帯は大抵低級の魔物のふりして民と話をしていますね」

    「っ! 側近さん…良い人!!」

    側近「ふふ、魔王様には内緒ですよ?」

    「うん!うん!」

    側近「あと魔物に殺されてミンチにされて喰われても責任はとりませんよ」

    「は、はぁ~い」
    (ちょっと怖いなぁ……この人)

    25 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 03:43:39.31 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-140)

    ――…

    魔王(ふむ、先日より治安がよくなったように感じるな。やはり誰からか意見を聞くより、自分で見て回るのが一番だ)

    魔王(……父もそんな人だった、な)

    魔王(くそ、夢を……しかもあんな古い夢を引きずるなんて……らしくない)


    『魔王様』

    魔王(あいつ……人間と住むのが良くないのか。ならば人間を全て滅ぼすべきか)

    魔王(いいや、無駄な殺生はしたくない。だが和解もしたくない。いつ何時魔物に襲われるか、国を滅ぼされるか、精々怖がるがいい。これが俺のできる、復讐だ)

    魔物(フン……情けないな)
    26 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 03:45:15.35 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-75)
    「まっおー様ぁ!こんなところで会うなんて運命ね!」

    魔王「……何故いる」

    「だ・か・ら運命☆」

    魔王「すごく殺したくなってきた。無駄な殺生は嫌なはずだったんだがな」

    「やだもう過激……っ痛い痛い!」

    魔王「それ以上くだらないこと言ったら殺す」

    「ひゃい……」
    27 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 03:47:40.55 ID:gnLBlFkHO (+93,+30,-122)
    「しかし魔王様、本当に民の話を聞いてるんですね!」

    魔王「ああ。見回ることで現状も把握できるからな」

    「魔王様……嬉しそう」

    魔王「……そう見えるか?」

    「民の笑顔を見て優しそうな顔してるもの」

    魔王「うかつ……」

    「えー! 可愛いよー!」

    魔王「うるさい、馬鹿」

    「あ、デレた?」

    魔王「デ……?」


    「あーもう!魔王様素敵!惚れた!」

    魔王「お前はそればっかだな」くすくす

    (笑った……!)
    28 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 03:49:43.38 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-99)

    ――…

    魔王(結局今日は何も調べられなかったな。一日中あの女がべったりだ)

    魔王(そしてついペースに乗せられてしまってるし……いかんな)


    「魔王様ぁ、一緒にお風呂入りましょう!」


    魔王「お断りだ。マセ餓鬼が」

    「ちぇー」


    魔王「たくっ」

    側近「ふふふ」にやにや

    魔王「何だ」

    側近「いいえ?」
    29 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 03:50:18.51 ID:/P1fFvNf0 (+37,+29,-10)
    この魔王って人間と外見の差はどのぐらい?
    30 : >> - 2010/10/11(月) 03:51:47.67 ID:gnLBlFkHO (+95,+30,-115)

    ――…


    側近「おはようございます。魔王様」

    魔王「ああ、今日は……あいついないんだな」

    側近「気になります?」

    魔王「まさか」

    側近「……」

    魔王「……」

    側近「朝早くからお出掛けになりました」

    魔王「そうか」

    側近「はい」

    魔王「……」

    側近「……」

    魔王「あれでも一国の姫だ。魔物に殺されたら厄介だからな」スタッ

    側近「いってらっしゃいませ」にやにや
    32 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 03:53:19.23 ID:gnLBlFkHO (+103,+30,-52)

    ――…

    魔物(いないな……どこ行ったんだ? まさか本当に喰われちゃいないだろうな? ん?)

    ガヤガヤ

    魔物(? 騒がしいな?何かもめ事か?)

    魔物「行ってみるか」
    33 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 03:54:53.17 ID:gnLBlFkHO (+108,+30,-208)

    ――…

    魔王(あれは……)

    「……」

    魔物1「人間がァッ何しに来たァアアッ」

    魔物2「殺されたいのかァア?」

    「……そんなわけないでしょ?」

    魔物(……姫?いつもと様子が……)

    「私はここを通りたいだけなの。通してくれる?」

    魔物1「ばっかじゃねぇの!?お前は俺らにまわされて殺されて喰われるんだよぉ!」

    魔物2「その透き通るような白い肌の下はたいそう美味い内臓がつまってるんだろぉ!?」

    「ふーん。あくまでも通してくれないんだ。……そういう子にはお仕置きしないとね」カチャ

    魔物(刀? ……ッ!? あの装飾……し、しかし、あれを持つのは……)

    「はぁあああああ!」

    魔王(勇者、だけなはず――…)
    34 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 03:56:13.72 ID:gnLBlFkHO (+103,+29,-18)
    >>32
    すみません、カギカッコ前全部魔王で変換してください
    35 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 03:58:29.53 ID:gnLBlFkHO (+104,+30,-21)
    >>33
    これも魔物1、2以外の魔物は魔王です
    すみません

    そして書きためがまた底をつきました
    ちょくちょく書きためて今日の夕方にでも投下します
    スレ落ちたら立てなおします
    おやすみなさい
    36 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 03:59:17.11 ID:91jLqOqTO (-7,+7,+0)
    37 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 03:59:36.10 ID:/P1fFvNf0 (-3,+8,+0)
    おつ
    39 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 04:12:24.10 ID:LI5BhkXYO (+32,+29,-27)
    全く十分な書き貯めしてからスレ立てなさいよね

    魔王→ランス+エルフ耳
    姫→リングにかけろの菊姉
    で想像してる
    40 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 04:18:43.21 ID:NLXFvL8v0 (+24,+29,-6)
    そんな報告は要らない
    メモ帳にでも書いてろよ屑
    41 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 04:19:56.11 ID:nFc/zV1BO (+29,+29,-2)
    >>39
    姉スレでサザエさんとか言うのと同じだぞks
    42 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 04:48:54.10 ID:LI5BhkXYO (+27,+29,-18)
    あれ?そんなつもりじゃなかったんだけど…

    菊姉じゃなくて木村幸子の方だな
    これでしっくり来るわ
    43 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 05:06:05.93 ID:qpD1CJmL0 (+19,+29,-1)
    やめろ
    勝手に固定されて想像し辛い
    44 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 05:51:37.64 ID:1HeVwUbJ0 (-25,+29,+0)
    ならば保守しよう
    46 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 06:58:47.28 ID:Np9OH+ckO (-6,+5,+0)
    ほしゅ
    49 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 08:44:05.13 ID:IGl7LLPGO (+10,+22,+0)
    50 : 以下、名無しにか - 2010/10/11(月) 09:33:56.60 ID:CJc+qO6C0 (+4,+19,+0)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - これはゾンビですか + - スケットダンス + - 両津 + - 勇者 + - + - 戦士 + - 魔王 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について