のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,561,633人
911,670,998頁
昨日:4,685人
5,362頁
今日:1,027人
1,190頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレストライクウィッチーズ「サイレンが……」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - SIREN + - とある科学の超電磁砲 + - インデックス + - エヴァンゲリオン + - サイレン + - ジョジョ + - ストライクウィッチーズ + - 百合 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 16:54:11.47 ID:nK13ZT1E0 (+145,+29,-7)
    アグネス「どうあがいてもパンツ」
    5 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 16:57:48.84 ID:HTSvhalGP (+24,+29,-4)
    処女じゃないから恥ずかしくないもん!
    7 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 17:01:41.71 ID:cMs6ewyA0 (+12,+27,+0)
    ズボンです
    8 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 17:08:56.75 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-70)
    08月06日/02時24分33秒 宮藤 芳佳

    宮藤「ん……んん……あれ? ここは……滑走路?」

    宮藤「わたし、どうして、こんなところで寝ちゃったんだろ?」

    宮藤「リーネちゃんと一緒に特訓してたのまでは憶えてるんだけど……」

    宮藤「外も暗いし、とにかく部屋に戻らないと……」

    その時、一台の軍用車のライトが光っているのに気付いた。

    宮藤「あれ? 誰か居るのかな?」

    土方「……」
    9 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 17:15:54.33 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-142)
    すると、車から見慣れた海軍軍服の男、土方が降りてきた。

    宮藤「あれ? 土方さん、どうしたんですか?」

    土方「……」

    宮藤「土方さん?」

    土方「……了解。射殺します」

    宮藤「えっ?」

    何の事かと思った瞬間に、一発の銃声が響く。

    弾は芳佳の側にあった夜間発進用ライトに着弾する

    宮藤「えっ、ひ、土方さん?」

    土方「ヒヒ……ヒヒヒヒヒ……」

    そう言って、もう一発。とっさにシールドを張ろうとするが……

    宮藤「きゃ! シールドが……張れない? な、何で……来ないで!」

    終了条件:土方からの逃亡
    11 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 17:25:31.95 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-145)
    宮藤「ど、どうして……どうして……」

    土方の変化、シールドの張れない理由。
    考えたい事はあるが、そんな余裕はなかった。

    宮藤「何とかしないと……」

    幸いにも、少し離れたところにある木箱の陰に隠れれば、銃弾は当たらなかった。
    土方の腕も、正気ではないのか命中率が良くない。

    宮藤「そうだ、助けを呼ばないと……」

    そこで目が付いたのが車だった。
    運転などしたことはないが、坂本さんがしているのを見たことがある。

    宮藤「とりあえず、弾が切れたときに飛び出して……」

    そして、土方の拳銃がかちりと言う音を立てる。
    弾切れの合図だ。
    12 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 17:32:15.67 ID:dr5dKJloO (-25,-13,-1)
    しえん
    13 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 17:35:56.33 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-211)
    宮藤「今だ!」

    そのまま、物陰から飛び出して車へと向かう。土方のリロードとどちらが早いか……
    結果は芳佳のほうが僅かに早かった。

    宮藤「ドアを閉めて……えっと……」

    運転のやり方を思い出す。坂本少佐はどうしていたか……

    宮藤「確か、ギアを入れて……アクセルを……」

    だが、その瞬間フロントガラスから大きな音がした。
    見れば、弾が命中したのか大きなひびが入っている。

    宮藤「は、早く……何で動かないの?」

    宮藤「そ、そうだ……脇にあるレバーを」

    芳佳はサイドブレーキを降ろした。
    目の前に土方が居るのも忘れ……

    宮藤「きゃあぁ!」

    車は急発進し……

    土方「ぐぁ!」

    土方を跳ね飛ばしながら、近くにあった送信塔のぶつかった。

    ―――終了条件達成
    14 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 17:36:57.38 ID:MjfsRPV+0 (+25,+30,-32)
    これじゃあ芳佳が助からない
    春海役誰よ
    15 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 17:37:14.66 ID:4DlLh/6oO (+17,+29,-10)
    あげあげ
    16 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 17:45:18.42 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-157)
    08月06日/02時28分49秒 宮藤 芳佳

    宮藤「あ、ああ……ひ、土方さん……」

    目の前には煙を上げている車と撥ねられた土方の姿。

    宮藤「と、とにかく……一旦基地に……」

    だが、遠くから絶望の宴の開幕音がなった。
    聞きなれているはずのサイレンような音が……

    宮藤「えっ?さ、サイレン? ど、どうして……」

    そして、サイレンの鳴っている森の方を見ると、そこには……

    宮藤「ひぃ!」

    先ほど死んだはずの土方が、目から赤い涙を流しながら立っていた。
    そして、拳銃を構えて……

    宮藤「いやぁぁぁぁぁ!」

    宮藤は叫びながら反対側に走っていく。

    宮藤「えっ? きゃぁぁぁぁ!」

    その先に崖があるのも忘れて。
    17 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 17:53:59.31 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-248)
    08月06日/02時44分12秒 ゲルトルート=バルクホルン

    ゲルト「どういうことだ。これは……」

    エーリカ「ねぇ~、トゥルーデ。皆はどこに行ったのさ?」

    ゲルト「わたしは分からん」

    エーリカ「とりあえず、部屋に戻ろうよ。雨も降ってるし」

    ゲルト「こんな状況で部屋にのんびりできるか!」

    エーリカ「でも……いっ!」

    そういった瞬間に、彼女たちの頭の中に映像が流れ込んでくる。

    ゲルト「くぅ……何だ?」

    エーリカ「分かんないよ。とりあえず、様子がおかしいからさ、ミーナが来るまで部屋に……」
    18 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 17:59:38.52 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-282)
    ゲルト「シールドも使えないし……仕方がないか」

    そうすると、トゥルーデは腰から拳銃を取り出す。

    エーリカ「トゥルーデ?」

    ゲルト「ハルトマン。私は宮藤達を探しに行く。やはり様子がおかしい」

    エーリカ「でも……」

    ゲルト「カールスラント軍人としての義務だ。ハルトマン、拳銃は持ってるか?」

    エーリカ「どっかにいっちゃった」

    ゲルト「はぁ……とりあえず、私について来い。離れるなよ」

    エーリカ「おっけー」


      終了条件:エーリカと滑走路に到達
    19 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 18:07:35.59 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-285)
    ゲルト「よし、こっちだ」

    拳銃を構えながら、慎重に廊下を進む。

    エーリカ「むぅ……ねぇ、誰か居た?」

    ゲルト「いや……食堂には誰も居ないが……」

    エーリカ「じゃあ、滑走路か格納庫じゃないかな?」

    ゲルト「今日の格納庫はミーナが鍵を閉めているはずだ。となると、滑走路か……」

    エーリカ「え~、滑走路遠いじゃん」

    ゲルト「文句を言うな」

    その瞬間、外に通じるドアの前に人影を感じた。

    エーリカ「誰?」

    ゲルト「静かに!」
    20 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 18:12:26.14 ID:ph4z8Ejy0 (+28,+30,-57)
    バルクホルン「ハ~ル~トマ~ン、あ~そび~ましょ~」

    ハルトマン「くそがぁぁぁぁぁ!」

    ババババババ!

    バルクホルン「やるじゃない☆」
    21 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 18:21:09.14 ID:+bXCeJUx0 (+22,+29,-27)
    もし春海がルッキニだとしたら先生は…
    22 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 18:21:24.08 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-228)
    よく見ると、整備兵の一人のようだ。
    もっとも、顔からは赤い涙を流し、手にはスパナを持っている。

    ゲルト「ちっ、変なのが居るな。弾をあまり消費したくないが……」

    エーリカ「どうすんの?」

    ゲルト「ハルトマン、お前はここで待て」

    エーリカ「何でさ……」

    ゲルト「私があいつを何とかする」

    エーリカ「早く戻ってきてよね」

    そう良いながら、ゲルトは視界の外から整備兵の横の廊下へと行こうとする。

    ゲルト「しかし、発見されると厄介だな」
    23 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 18:23:03.29 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-242)
    ゲルト「そうだ、さっきの……」

    そう言うと、ゲルトは目をつぶる。
    すると、その整備兵の視界らしきものが頭に入ってくる。

    ゲルト「やはり、これは他人の視界か……ならタイミングを計って」

    そして、視界が反対側を向いた瞬間に……

    ゲルト「今だ!」

    引き金を引いた。そのまま、鉛玉は整備兵の頭を貫く。そして、そのまま倒れていった。

    ゲルト「これでいい」

    そのまま、エーリカの元へと行く。

    エーリカ「どこ行ってたのさ」

    ゲルト「外へのルートを確保した。滑走路に急ぐぞ。付いて来い!」


    ―――終了条件達成
    24 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 18:28:30.45 ID:MdZUhWcZO (+19,+29,-4)
    いきなり殺すとかなくね?
    26 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 18:41:16.63 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-155)
    08月06日/03時01分30秒 坂本 美緒

    坂本「ん……くぅ……な、何だ。雨?」

    彼女が目を覚ましたのは、フロントガラスの割れたトラックの中だった

    坂本「私は、いったいどうして……くぅ!」

    その瞬間に、彼女の元に視界が流れ込んでくる。

    坂本「一体何が……そうだ。ミーナと一緒に別棟から滑走路に向かう途中で……」

    坂本「……ミーナはどこだ? ミーナ! ミーナ!」

    坂本「そんな……どこへ?」

      終了条件:森からの脱出
    27 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 18:52:42.22 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-160)
    坂本「……しかし、一度基地に戻るしかないか」

    坂本「くそっ、エンジンがかからん。ガソリンは満タンのはずだが……」

    坂本「しょうがない。歩いていくか……」

    坂本「ん?」

    そう思うと、奥の道から人が歩いてくる。

    坂本「おい、誰だ?」

    だが、次の瞬間に彼女はとっさに構えた。
    目の前の人物が赤い涙を流しながら、扶桑刀を持っていたから。

    坂本「おい、何をして……」

    屍人「イヒ……イヒヒヒヒ……」

    屍人はぎこちない動作で刀を振ってくる。
    それを彼女は間一髪で避けると、トラックの落ちたと思われる荷物を見る
    そこにあったハンマーを手に取った。

    坂本「残念だが、話は聞いてもらえんか……」
    28 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 19:01:54.51 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-200)
    屍人「イヒヒヒヒ……」

    坂本「このっ!」

    そのまま、美緒はハンマーを振りかぶった。
    屍人の頭を捕らえる。

    坂本「もう一発だ!」

    再度、ハンマーを当てると、そのまま屍人は動かなくなる。

    坂本「しかし、何だ。こいつは……」

    そう思いながら、動かなくなった人の懐を調べる。

    坂本「鉛筆、タバコ、ライター、メモ帳、それに身分証か……役に立ちそうなものはないな……」

    そう思うと、ハンマーだけを持って森の出口に急ぐ。

    坂本「ミーナ、どこに居るんだ?」


    ―――終了条件達成
    29 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 19:07:36.59 ID:d8+ITIDu0 (-13,+1,+0)
    はやく
    30 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 19:14:55.51 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-206)
    08月06日/04時07分14秒 エイラ=イルマタル=ユーティライネン

    エイラ「どうなってんダ?」

    サーニャ「分からない。魔法も使えないし」

    エイラ「しかたネーナ。とりあえず、避難壕に行くしかないダロ」

    サーニャ「避難壕?」

    エイラ「ネウロイが攻めてき時に、けが人を避難させるちかしつが森の中にあったはずダ」

    エイラ「そこに避難すれば」

    サーニャ「芳佳ちゃん達もそこに行けば?」

    エイラ「坂本少佐やミーナ隊長も知ってるからナ」

    サーニャ「うん……でも、森はさっき変な大きい音がしたけど」

    エイラ「大丈夫ダ。私が付いてるからナ」


      終了条件:森への到達
    31 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 19:22:21.97 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-202)
    エイラ「サーニャ、足元気をつけろヨ」

    サーニャ「うん……」

    そして、少し小さな崖の前に立つ。

    エイラ「よし、わたしが……」

    赤い雨で滑っている崖をエイラが上り、サーニャに向かって手を伸ばした。

    エイラ「ほら、手を……」

    サーニャ「うん……」

    だが、手を伸ばして引き上げようとした瞬間に……それの音が響いた。
    銃声。おそらくライフルのものだろう。その銃弾が、握った手の近くに着弾する。

    サーニャ「きゃ!」

    エイラ「サーニャ!」

    思わず手を離し落下するサーニャ。
    32 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 19:26:41.93 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-217)
    エイラ「サーニャ! 大丈夫カ?」

    エイラも追いかけようとするが……

    エイラ「サーニャ! 今……うわっ!」

    再び、足の近くに着弾。

    エイラ「あの狙撃を何とかしないと……」

    そうすると、近くにあった根元の腐った木を見つけた。

    エイラ「これを使えば……」

    そのまま物陰に隠れて、視界をジャックする。

    エイラ「タイミングを図って……」

    そして、視界が外れた瞬間に物陰から飛び出し、根元の腐った木を蹴る。

    そのまま木が倒れて、崖を生い茂った緑で覆い隠した。

    エイラ「これで、安全にいけるゾ」
    33 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 19:28:24.89 ID:o3cfsZoy0 (+19,+29,-27)
    ミーナさんかわいいよミーナさん
    34 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 19:30:21.39 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-187)
    そのまま崖の下に下りると、サーニャの姿を探した。

    エイラ「サーニャ……サーニャ!」

    だが、姿はない。見つけたのは彼女の足跡とそれに続く屍人の足跡。

    エイラ「まさか、下であいつらに襲われて……」

    その足跡は、ちょうど回り道で避難壕の方へ向かっている。

    エイラ「とりあえず、サーニャを探さないト」

    そういうと、彼女は独りでサーニャを探しに森へと駆けていった。


    ―――終了条件達成
    35 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 19:32:39.59 ID:9Rrnt5o3O (-7,+2,-1)
    サイレンとか超支援
    37 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 19:49:25.23 ID:dr5dKJloO (+10,+22,+0)
    まだかな
    38 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 19:51:08.45 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-83)
    08月06日/03時07分59秒 シャーロット=E=イェーガー

    基地の近くにある「別棟」で震えている少女たちが居る。

    シャーリー「ルッキーニ、大丈夫か?」

    フランカ「シャーリー。怖い……」

    シャーリー「大丈夫だ。わたしが守ってやるからな」

    フランカ「シャーリー……」

    シャーリー「ったく、とは言ってもあんな変なのがうろちょろしてたら……」

    シャーリー「まず、わたしが出口を探してくるからな」



      終了条件:別棟からの脱出
    39 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 19:56:15.53 ID:n4YrSIZn0 (+3,+18,+0)
    期待してる
    41 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 20:06:56.00 ID:nK13ZT1E0 (+93,+30,-174)
    シャーリー「まず、ルッキーニはこの中に隠れてろ」

    ルッキーニ「うん……」

    そのままルッキーニをクローゼットの中に隠す。

    シャーリー「あとは、確か出口が……」

    そういうと、彼女は出口を見に行くが……

    シャーリー「な、何だよ。これっ……」

    そこには板などで厳重に封鎖された出口があった。

    シャーリー「こんなの馬鹿力でもないと……そうだ。窓!」

    次に窓も見るが……

    シャーリー「駄目だ、格子が嵌っていて……でも、なんか道具があれば外れそうな機が」

    フランカ「シャーリー!」

    シャーリー「ルッキーニ! 隠れろって言ったろ!」
    42 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 20:12:28.51 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-168)
    フランカ「これっ!」

    そう言うと、鍵のようなものをシャーリーに渡す。

    シャーリー「これは、物置の鍵か……アソコなら何かありそうだな」

    シャーリー「よくやったぞ。ルッキーニ。でも今度は隠れてろよ」

    フランカ「うん」

    そのまま、再びルッキーニを隠して物置へと急いだ。

    シャーリー「この辺にいい道具は……」

    そこで目に付いたのはバールだった。

    シャーリー「これで格子を無理やり外せば……よしっ!」

    そうして、彼女は後ろを向く。だが、そこには……。

    マロニー「ウヒヒヒ……」

    赤い涙を流す空軍大将の姿があった。

    シャーリー「な、何であいつが……」
    43 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 20:16:51.69 ID:4DlLh/6oO (+28,+30,-32)
    ライターの汎用性は異常なんだからもっさん回収しとけよww
    44 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 20:17:33.65 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-233)
    しかも、その大将が見ているのは……

    マロニー「ウィッチの匂いがするぞぉ~、ヒヒヒヒヒ」

    ルッキーニの隠れているクローゼットだ。
    そのまま、クローゼットに手を伸ばし……

    シャーリー「やめろぉぉぉぉ!」

    後ろから、シャーリーがバールでマロニーを殴る。
    二回、三回と殴打する度に赤い液体が床に散らばる。
    そのまま、マロニーが動かなくなった事を確認すると、シャーリーはクローゼットを開ける。

    シャーリー「ルッキーニ」

    そこにいたのは、怯えきったルッキーニだ。

    フランカ「しゃ……シャーリー。怖かったよぉ」

    シャーリー「大丈夫だ。どんな事があっても、わたしが絶対に守ってやるからな」

    フランカ「シャーリー……」
    45 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 20:20:50.93 ID:nK13ZT1E0 (+105,+30,-38)
    シャーリー「よっし、脱出するぞ」

    そうすると、バールを使って格子をこじ開ける。

    シャーリー「よっし、このまま森を抜ければ……」

    そう言って、ルッキーニの手を握り基地へと急いだ。



      終了条件:別棟からの脱出
    47 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 20:23:11.63 ID:dr5dKJloO (-12,+0,-2)
    大和で支援
    49 : 正直、この辺にな - 2010/10/02(土) 20:28:55.15 ID:nK13ZT1E0 (+95,+30,-177)
    08月06日/05時44分21秒 サーニャ=V=リトヴャク

    サーニャ「もう、追ってこないのかな?」

    崖から落ちたときにすりむいた膝を引きずりながら言う。

    サーニャ「エイラとはぐれちゃった……芳佳ちゃんも居ない」

    サーニャ「避難壕に行けば会えるかな?」

    サーニャ「足も染みるし、早くしないと……」

    サーニャ「あれ? なんだろ?」

    そう言いながら、空を見上げる。

    サーニャ「綺麗……まるでオーロラみたい」

      終了条件:エイラのいる山小屋への到達
    50 : 以下、名無しにか - 2010/10/02(土) 20:29:50.48 ID:FQZ70PM20 (-5,+29,-14)
    サーニャ・・・アウト・・・
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - SIREN + - とある科学の超電磁砲 + - インデックス + - エヴァンゲリオン + - サイレン + - ジョジョ + - ストライクウィッチーズ + - 百合 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について