のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,555,069人
911,663,438頁
昨日:4,968人
5,508頁
今日:3,607人
4,230頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ妹「兄さんのアナルを開発したい」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - anaru + - らんま + - アナル + - ハルヒ + - + - 寝取られ + - 幼馴染み + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2010/09/27(月) 23:22:56.36 ID:n0QSNxkIO (+125,+30,-61)
    いつものように自分を慰めていたら、兄さんのアナルが開発したくなった。

    兄さんはどんな声で喘ぐのだろうか。

    そもそもお尻で感じるのだろうか。

    いや、感じさせてみせる。

    しかし、わたしには経験も道具も足りない。

    万が一にも失敗は許されない。

    入念な準備が必要だ。

    かくして「兄さんアナル開発計画」ははじまったのであった。
    2 : 以下、名無しにか - 2010/09/27(月) 23:24:36.81 ID:tCPsv+im0 (+19,+29,-1)
    途中で投げるなよ
    3 : 以下、名無しにか - 2010/09/27(月) 23:26:15.01 ID:Xy8QtFfWO (-24,-12,-2)
    期待
    4 : 以下、名無しにか - 2010/09/27(月) 23:26:28.60 ID:NxrqRGd/0 (+13,+23,-4)
    次回に期待だな
    5 : 以下、名無しにか - 2010/09/27(月) 23:35:12.60 ID:n0QSNxkIO (+95,+30,-112)
    まずは道具だ。

    お金もないので友人を頼ることにする。

    普段からバイブを突っ込んで登校しているような痴女だ。

    昼飯をおごりつつ事情を話してみた。

    案の定、アナル開発用のもの持っているという。

    貸してくれるかわりに、一緒に調教させろといってきたが、断った。

    兄さんの悶える姿は一人占めしたい。

    かわりに、私を好きにしていいということで手を打った。

    友人は大層興奮していたが、どうせ道具のつかいかたを教えてもらう必要があった。

    ちょうどいい。

    さっそく放課後、という話になった。
    6 : 以下、名無しにか - 2010/09/27(月) 23:40:16.12 ID:A5MbJTbm0 (-24,-12,-2)
    期待
    7 : 以下、名無しにか - 2010/09/27(月) 23:51:52.85 ID:n0QSNxkIO (+99,+30,-82)
    友人の家には何度かきているが、地下室があるのはしらなかった。

    やはり、そういうことに使うのだろう。

    あやしげな器具がたくさんおいてある。

    なんでも両親の趣味らしい。

    まさに子が子なら、というやつである。

    ついて早々、服を脱ぐようにと言われた。

    アナルだけならば脱ぐこともあるまい、と言ったが、友人曰く気分の問題らしい。

    汗をかいていたので、ついでにシャワーを借りた。

    服を着ないで他人の家をあるくのは奇妙な感じだ。

    部屋にもどると友人はボンテージに身をつつんでいた。

    気分の問題らしい。
    8 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 00:03:54.38 ID:EwlBTDE5O (+33,+30,-100)
    言われるがままに四つん這いになった。

    後ろから凝視されると流石にはずかしい。

    早く済ますように頼んだら、せっかち扱いされた。

    馬鹿をいう。私は我慢強いのだ。

    尻たぶを割り開かれる。

    はずかしい。

    鼻息がかかったと思ったら、いきなり舐められた。

    驚いて声をあげてしまった。

    せっかちなのはどっちだ。

    きれいみたいね、と言われたが当然だ。

    風呂場で洗ってきたのだから。

    そのまましばらく舐められた。

    むずむずするが、どうということはない。

    友人が舐め飽きたところで、浣腸をすることになった。
    9 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 00:05:27.13 ID:V97j3Va/O (+1,+13,+0)
    早く
    11 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 00:16:30.50 ID:EwlBTDE5O (+30,+30,-96)
    浣腸といえばイチジク浣腸かと思っていたが、浣腸器というものもあるという。

    注射器の親玉みたいなのと、点滴みたいなの、二つ見せられたが、最初はイチジクにしてもらった。

    兄さんには最初から注射器でやってみようと思う。

    三つもいれられた。

    薬液がはいってくるかんじにぞわっとする。

    お返しに友人にも入れてやった。

    文句をいっていたが所詮痴女だ、あっさり折れた。

    横になって、薬が効くのをまつ。

    その間、友人とお腹具合を実況する。

    花の女子高生にはふさわしくない状況だ。

    妙にゆっくり時間が流れたのち、薬が効いてきた。
    12 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 00:26:12.39 ID:EwlBTDE5O (+35,+30,-111)
    腹が痛い。

    汗がどっとでてきたような気がする。

    見れば友人も苦しそうだ。

    流石に六つは多かったか。

    キリキリいたむ。

    そろそろ出したい旨をつたえると、慌てたような顔でおまるがない、という。

    先に準備しておけ、雌犬。

    私は崩壊寸前なので、友人にとりにいかせる。

    早くしろ。

    友人は漏らさないように、とアナルプラグなるものを装着していった。

    隙間から、僅かにもれた液がリノリウムにたれる。

    よくもまあ、あんな太いものが……限界がちかい、もれる。

    出したい。
    13 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 00:30:24.30 ID:tsk07s1E0 (-10,+4,-1)
    良いぞ続けろ
    14 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 00:37:32.18 ID:V97j3Va/O (+14,+26,+0)
    早くするんだ
    15 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 00:38:20.74 ID:EwlBTDE5O (+35,+30,-88)
    ようやく、おまるが届いた。

    おまるというより、タライか。

    この際なんでもいい。またがる。

    あちらを向いていろ、といったがいうことを聞かない。

    流石にはずかしいので、再三怒鳴ったが、見せろ、と言う。

    普段ならひっぱたくが、うごいたらでてしまいそう……あっ。

    でてしまった。

    止められない。

    たまっていたのだろうか、勢いよくでる。

    思わず声がでてしまった。

    すさまじい開放感だ。

    一瞬おくれて臭気がただよう。

    臭い。

    ああ、でてる。
    16 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 00:48:45.26 ID:EwlBTDE5O (+23,+30,-79)
    糞と一緒にちからも抜けてしまったようだ。

    汚れた尻のまま、うつぶせに倒れこむ。

    呼吸が荒い。

    友人がタライを引きずる音。

    すこしして激しい水音と嬌声が響く。

    排泄と同時にイッたらしい。

    人の我慢している様をみて、股間をいじるような奴だ。さもあらん。

    隣に友人が倒れこんできた。

    息を荒げ、顔を上気させている。

    「イッちゃった……」

    本当に絶頂していたようだ。

    兄さんもこうなるのだろうか。
    17 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 01:07:38.20 ID:EwlBTDE5O (+35,+30,-140)
    呼吸がととのったところで、タライの中身を処理する。

    どこに捨てるのかと思えば、部屋の端にユニットバスがあった。

    あるのならば先に言え、と叱ったら、「気持ちよかったでしょ?」という。

    羞恥プレイをさせられていたようだ。

    いったん身体を流して、いよいよ道具を使うかと思えば、また浣腸をするという。

    必要か、と問うたら、自分のアナルに指を突っ込んで私につき付けやがった。

    なるほど、少しよごれている。

    そして臭い、はやくどけろ。

    少し拗ねた顔をして手を洗いに行く友人。

    さて、用意してあったぬるま湯を、今度はあの注射器の親玉、シリンジに吸い上げる。

    また、四つん這いになれと言われたので、手をつく。

    犬みたいだ。

    イチジクより深くはいってきた。
    18 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 01:19:41.73 ID:EwlBTDE5O (+35,+30,-79)
    お湯がたらたらと入ってくる感じがする。

    あったかい。

    びゅっと急に勢いよくなる。

    遊んでやがる。

    肩越しに振り向いてにらむが、ニヤニヤとしたまま、「どう?」とか聞いてくる。

    どうもこうもないよ。

    まだ入ってくる。

    ちょっと多くないだろうか。

    あ、とまった。

    ちょっと苦しい。

    先が抜かれる。

    ちゅぷっと音がした。

    いやらしい音だ。

    今度は我慢しないでだしていいらしい。

    また勢いよくでた。ほとんどお湯だ。
    19 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 01:22:43.49 ID:6ONfvqOcO (+15,+27,+0)
    わふわふ
    20 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 01:31:07.15 ID:EwlBTDE5O (+35,+30,-82)
    今度は友人の番だ。

    シリンジにぬるま湯を吸い上げる。

    四つん這いになった友人が腰をくねらせている。

    「早くぅ」

    限界まで吸い上げる。

    尻穴にあてがい、挿入。

    一気に押し込む。

    背中がぐっと反った。

    なまめかしい。

    もう半分吸い上げる。

    入れる。

    押し込む。

    ちょっと腹が膨らんでみえる。

    尻を叩いて、もういいよ、と合図した。

    便座まで四つん這いで這っていく友人。責められるほうが好きなんじゃないんだろうか。
    21 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 01:51:14.66 ID:EwlBTDE5O (+30,+30,-118)
    便座から戻ってきた友人に叱られた。

    あまり多量にいれては危険らしい。

    一本半ならまだまだ平気だが、入れるまえに確認しろと言われた。

    勢いよくいれるのも危ないという。

    確かに調子に乗りすぎた。

    だから殊勝げにうなだれて、先程より友人の股間が濡れているのは指摘しないことにした。

    再度、私の番。

    一本半いれられた。

    さっきより少し苦しい。

    お返しに二本入れた。

    二本入れられた。

    友人が三本分をだしたところでお開きとなった。

    だしたものも透明になった。

    聞けば友人は七本までやったらしい。七本というと1.4Lだ。

    やってみていいか、と聞いたら、今は私の開発してるんだ、と叱られた。しっかり感じてる癖に。
    23 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 02:15:43.33 ID:EwlBTDE5O (+35,+30,-89)
    アナルが熱い。

    浣腸を繰り返したせいで、敏感になっているようだ。

    ベッドにうつぶせにされ、腹に枕を挟まれる。

    ひんやりとしたシーツが火照った顔に心地好い。

    開いた足の間に友人が陣取る。

    いじられ放題の姿勢だな。

    兄さんにはオナホも付けてやろう。

    「手、後ろに回して」

    はいはい。

    カシャリ カシャリ

    嵌められた。

    「やられてばっかりじゃあ、ねぇ……覚悟してねー」

    抗議する間もなく足も固定された。

    ひどい奴だ。
    24 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 02:19:17.13 ID:LjTWiRy0P (+27,+29,-5)
    このまま完全に調教されて友人の犬になーれ☆
    25 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 02:33:23.84 ID:EwlBTDE5O (+30,+30,-84)
    「うーん、すっごく濡れてるよぉ? どうしたの?」

    余計なお世話だ。

    「期待してるんでしょ」

    アナルに息を吹きかけてきた。

    蜜が溢れるのがわかる。

    「わっ、垂れてきた」

    実況しないで欲しい。

    「やーだよ」

    あとで覚えてろよ。

    友人は答えずに菊門に舌をつける。

    ぞくりっ、と明らかな快感。

    ひどく甘い声を上げてしまった。

    そのまま一周。

    ぞくっぞくっぞくっ。

    喘いでしまう。
    26 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 02:36:30.43 ID:9esg3icTO (+24,+29,-4)
    アナルか……
    へへっ///昔を思い出すぜっ
    27 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 02:45:10.15 ID:EwlBTDE5O (+30,+30,-101)
    ちゅっ、とアナルに口付けられる。

    「あ、なんかとってもいい反応。自分で弄ってた?」

    そんなわけあるか、ぼけ。

    また、無視された。

    周りから菊花にぐるぐると舐められる。

    生温い蛞蝓みたいだ。

    尖らせた舌先が浅く入ってくる。

    身体が跳ねて、鎖が鳴る。

    深く入ってきた。

    肛門が押し広げられる。

    気持ち悪い。

    快感がすこしだけ遠ざかる。

    「ちょっ……と……やめ……」

    舌が引き抜かれた。
    28 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 02:49:20.31 ID:6+hrnmL9O (+22,+29,-13)
    昨日の歌を思い出した
    アナルーーーー
    29 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 02:56:55.00 ID:EwlBTDE5O (+35,+30,-61)
    「どしたの?」

    中に入れられるとなんか気持ち悪い。

    喘ぎながら報告。

    「どんなふうに?」

    吐き気みたいなの。

    「浣腸は平気だった?」

    うん。

    「ふうん」

    なにやら道具をとりに行ったらしい。

    戻ってきた。

    指でくにゅくにゅされて、挿入。

    浣腸?

    「ちょっと違う~」

    とろっとしたのが入ってきた。
    30 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 03:06:08.31 ID:EwlBTDE5O (+35,+30,-103)
    「正解はローション~」

    長めのノズルが奥のほうまで掻き回す。

    「細いのは平気?」

    大丈夫、だと思う。

    ローションか、これは。

    浣腸液より重い感じ。

    引き抜かれる。

    入り口にもサービス。

    指でぬりひろげる。

    ぬるぬるしてさっきとは違った快感。

    鈍いけれども奥までくる感じ。

    指が入った。

    気持ち悪さが広がる。

    「どう?」

    無理。
    31 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 03:16:05.44 ID:EwlBTDE5O (+35,+30,-112)
    「じゃあ、こうしよう」

    指がでていく。

    代わりに硬質なものがあてがわれて、ゆっくり入ってくる。

    だから、無理だって。

    「で、こっちを……」

    身体が跳ねる。

    クリトリスを弄ってきやがった。

    同時に花弁をなでらせる。

    高ぶってた快感が、急激に押し上げられる。

    いつもより早い。

    頭が白くなる。

    呆気なく絶頂。

    お構いなく弄り続ける。

    「ちょっ……今っ……イッたっ…からっ…ぁ…」

    聞けよ。
    32 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 03:26:27.80 ID:EwlBTDE5O (+35,+30,-73)
    アナルに入っていたモノが動き出した。

    意識がアナルにもどる。

    気持ち悪い。

    いや。

    気持ちいい。

    もどかしい快感。

    友人が覆いかぶさるように横になる。

    「お尻、気持ちいい?」

    耳元で囁かれた。

    脳に響く。

    むやみやたらに頷く。

    秘裂への責めがゆるんで、お尻のものがピストンし始めた。
    33 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 03:36:15.43 ID:EwlBTDE5O (+28,+30,-112)
    肛門がめくれ上がり、押し戻され。

    呼吸が小刻みに。

    十数回のピストンの後。

    イッた。

    いつもと違うところに入った感じでイッた。

    「イッたね? お尻で」

    答えられるとおもってんのか。

    「ん~、かわい~」

    あっ、キスしやがった。

    どうでもいい。

    思考が溶けてる。

    「今日は泊まってきなよ」

    大丈夫、家には連絡済み、ぬかりない。

    頭が……おもい。

    友人の声が……遠い……
    34 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 03:45:45.39 ID:EwlBTDE5O (+23,+28,-1)
    めでたしめでたし
    35 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 03:47:00.26 ID:fR0kbxQv0 (+21,+28,-6)
    兄さんのアナルは?
    36 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 03:50:07.34 ID:EwlBTDE5O (+29,+29,-9)
    いま賢者モードだから脳内補完でめでたしめでたしでめでたせよ
    37 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 04:35:05.69 ID:fR0kbxQv0 (+28,+30,+0)
    寝られないし兄がアナル開発される寸止め話を妄想したよ。

    「みんな、出かけたなあ・・・」
    そう兄は独り言をつぶやくと、ドキドキしながらワイシャツのボタンをすべてはずし、ズボンのベルトを緩め始めた。
    家族は留守にすることが多く、また友人の少ない兄には、だれにも言えない密やかな愉しみがあった。
    服を全て脱ぐと、廊下を隔てた妹の部屋に入り、鉄製のたんすを開けた。
    たんすの中にはスポーツブラやタンクトップ等の下着類のほかに、スクール水着が丸くくるまって入っていた。
    兄はそのなかからスクール水着をとりだし、ゆっくりと着用した。
    「あぁ、この体を締め付け感じが、すごくいい・・・」
    兄は熱病に冒されたように、鏡の方へと足をすすめた。
    鏡には、美少女がうつっていた。
    太腿はむっちりとしていて足首はほどよく締まっており、色白で体毛はほとんどない兄に、スクール水着は似合っていた。
    肩の鎖骨と紺色の紐のコントラストが、美しかった。
    胸に縫い付けてあるゼッケンが、今女の子の水着を着ていることをまざまざと認識させられた。
    「あぁ、かわいい・・・」
    兄がゆっくりと椅子に座り、鏡の位置を調整したあと、胸と股間を愛撫し始めた。
    38 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 04:40:56.67 ID:fR0kbxQv0 (+33,+30,-139)
    その日は、雨だった。
    ソフトボール部に所属している妹は、その日、部活はなかった。
    去年まではこういう日は友達と寄り道することが多いのだが、その日は友達はみんな予定をつくっていた。

    「なんかわたしだけハブられているみたいで、ムカツク。」
    妹は不満気に家に帰った。
    妹は無言で玄関の鍵を開け、そそくさと自室に入った。
    「ガチャッ」
    そこには、夢でもみているかのような不思議な光景があった。
    兄が、自分の部屋に入り、自分の水着を着た姿を、鏡にうつしていた。
    鏡越しに兄と目が合い、兄はハッとしたあと、両手で顔を隠した。
    「いやああああああ、見ないでぇ・・・」
    39 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 04:52:38.79 ID:fR0kbxQv0 (+28,+30,+0)
    このとき、妹に電流が走り、目の前の哀れな子羊を虐めてやりたいと思った。
    「ふうううん。兄にこんな趣味があったなんてねぇ・・・」
    妹は顔を隠し椅子に座ったままでいる兄を見下ろし、冷酷に言い放った。
    「男なのに女の子の水着を着て、ここを濡らしてるんだ。兄は変態だったんだね・・・」
    妹は兄を手をつかみ、顔から離させようとしたら、兄は涙を流しながら、いやいやした。
    (ここを踏んであげると、男って気持ちよくなるのだっけ?)
    妹は兄の股間を足で踏みつけた。
    男とはプレイしたことはなかったが、Sの本能で兄を責め続けた。
    「どう?女装姿で妹に虐められる感想は、悔しい?」
    兄は涙をぽろぽろ流しながら、それでも顔を紅潮させ、息を荒くさせ始めていた。
    「なぁに?嬉しいの?こんなことがお望みでして?いいわ、よくってよ。もっと好きなだけ虐めてあげてもよくってよ。」
    (あぁ、さすがにテンションあげすぎておかしくなってきた。ちょっと落ち着こう。)
    妹は兄から離れ、鍵つきの引き出しに隠しているピンクロータとローションを取り出した。


    ・・・寝る!
    42 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 07:46:31.31 ID:yP5UuRW70 (+19,+29,-6)
    アナルは形容詞
    これだからゆとりは
    43 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 08:23:58.71 ID:XRaUVA8AP (+17,+29,+0)
    おちんちんくるしいよぅ…
    44 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 08:27:21.86 ID:EwlBTDE5O (+35,+30,-159)
    目覚めたら、お尻に異物感があった。

    アナルプラグを挿入れられてたらしい。

    気絶している間に拡張するとは、色情狂め。

    その後、アナルパールに各種バイブ、ローター、産卵ごっこ、果ては双頭バイブでのレズプレイまで体験させられた。

    これは男性用だけど、と前置きして、エネマグラも挿入れられた。

    道具を受け取って帰りしなに、またしよう、と誘われた。

    気が向いたらね、と返事したが、また来るつもりだ。

    一方的によがらされるのは、私の趣味でない。

    なぜあんなことまで口走ったのか、思い出すだけで顔があつくなる

    覚束ない足取りで、家に帰ると、兄さんにお出迎えされた。

    疲れてないか?、などと私の心配している。無邪気な奴だ。

    次の日はまったく身体が動かず、結局、連休を丸々潰してしまった。

    ひどい友人だ。
    45 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 08:41:24.67 ID:EwlBTDE5O (+35,+30,-103)
    道具と知識はそろった。

    あとは兄さんを自由にできる状況が必要だ。

    力では到底敵わないし、弱みを握るのがよいだろうか。

    あの日以来、やたらとくっついて来る痴女とも相談した結果、私に欲情してもらうことにした。

    ベッドの下の趣味を見ても、私が対象から外れているということもないだろう。

    私を意識させることが肝要だ。

    兄さんの若い性欲はあっさり暴発してくれるだろうよ。
    46 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 08:53:47.93 ID:EwlBTDE5O (+35,+30,-131)
    手始めに露出を増やしてみた。

    Tシャツとショーツを部屋着にしてほっつき歩くと、はしたないと咎められた。

    が、兄さんの視線が首よりしたを向かないあたり、意外とあっさり進むかもしれない。

    兄さんに気づかないふりをして、存分に観賞してもらう。

    兄さんの趣味に合わせて髪も解いた。

    すこしうっとうしいが兄さんのアナルの為だ。

    我慢しよう。

    似合うね、とほめられた。

    少しにやついてしまったが問題ない。

    計画は順調だ。
    47 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 08:54:56.88 ID:F/QFKZAQO (+27,+29,-18)
    『にぃにぃ』や『おにぃ』、『お兄ちゃん』よりも『兄さん』の呼称が好きなので支援
    48 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 09:07:31.68 ID:EwlBTDE5O (+25,+30,-93)
    スキンシップを増やす。

    背中に胸を押し付けたり、股間ギリギリにすわったり。

    一度、勃起したところに足をおいてしまった。

    慌ててあしを退けたが、なんとなく気まずい空気になってしまった。

    飽くまで兄さんが私を襲わなければいけないのだ。

    私から誘ってるように見えてはいけない、無垢な妹を演じるのだ。

    あぶない、あぶない。

    それにしても意外な硬さだった。
    49 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 09:16:08.84 ID:9d+kk6k30 (+22,+29,-2)
    がちぼっきさるよけ
    50 : 以下、名無しにか - 2010/09/28(火) 09:18:15.52 ID:EwlBTDE5O (+30,+30,-94)
    最近、兄さんの部屋の独特の臭いが強くなってきた。

    性欲をかきたてることには成功しているらしい。

    しかし、なかなか兄さんが私物に手をださないので、少し過激にしてみることにした。

    別に近親相姦を望んでいるわけではないので加減は必要だが、兄さんのヘタレっぷりならばきっと大丈夫。

    自慰の音を聞かせてみることにした。
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - anaru + - らんま + - アナル + - ハルヒ + - + - 寝取られ + - 幼馴染み + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について