のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,564,823人
911,674,566頁
昨日:4,685人
5,362頁
今日:4,276人
4,758頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレキョン「なあ、ハルヒ。お前は誰かに恋愛感情を抱いたことあるのか」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - キョン + - ツンデレ + - ハルヒ + - ミルキィホームズ + - ラブプラス + - 古泉 + - 神スレ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 03:55:44.28 ID:GoxtFYqH0 (+123,+30,-171)
    ハルヒ「そりゃあるわよ」

    キョン「そうなのか」

    ハルヒ「過去のあたしはバカだったわ。まったく、我ながら呆れるわよ」ハァ

    キョン「なんでだよ」

    ハルヒ「そりゃあたしはあたしである以前に一人の女よ?誰かを好きになることくらいあるわ」

    ハルヒ「でもそれによって得られたものは何もない。皆つまんないやつばかり」

    ハルヒ「その人を知ってしまったら一気につまらなくなってしまう」

    ハルヒ「そしてあたしが別れを切り出したら泣いてすがりついてくるのよ?」

    ハルヒ「恋愛は精神病の一種なんてよく言ったものだわ」

    キョン「言ったのはお前だろうが」

    ハルヒ「ええ、そうよ。だからあたしはそれに気がついたあたしを褒めてるのよ」
    2 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 03:59:32.80 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-157)
    キョン「今はどうなんだ」

    ハルヒ「い、いないわよ」

    キョン「そうか」

    ハルヒ「おもしろそうなやつはいるけどね……」チラッ

    キョン「ん?なんだ?なんかついてるか?」

    ハルヒ「なんでもないわよ!」

    キョン「そうか。……なあ、ハルヒ」

    ハルヒ「何よ」

    キョン「その『おもしろそうなやつ』とはどういうやつだ?」

    ハルヒ「どういうやつって……言葉のまんまよ?」

    キョン「あー、いや。そうじゃなくてだな。一体お前はそいつのどこがおもしろいと感じたんだ?」

    ハルヒ「そうね……なんというか、不思議なのよ。なんでかはわからないけど」

    キョン「結局お前が追い求めているものは不思議なんだな」

    ハルヒ「そうよ」
    3 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:02:20.56 ID:GoxtFYqH0 (+93,+30,-121)
    キョン「じゃあ、その不思議の正体が分かったら、そいつへの興味はなくなっちまうのか?」

    ハルヒ「んー……どうかしらね」

    キョン「わからないのか?」

    ハルヒ「いえ、そいつに限っては違うと思うわ」

    キョン「違う?」

    ハルヒ「興味がなくならないってことよ……って何言わせんのよバカキョン」

    キョン「いいじゃねぇか。なんで興味がなくならないんだ?」

    ハルヒ「今までのやつとは違うからよ」

    キョン「どう違うんだ?」

    ハルヒ「あんたってそんなに質問が好きな奴だったっけ?」

    キョン「今日はそういうことにしておいてくれ」
    4 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:04:31.85 ID:hHnkII7d0 (+14,+29,-1)
    寝かせてくれよ
    5 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:05:19.92 ID:PPNoYlk3O (+10,+25,-1)
    6 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:05:20.85 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-138)
    ハルヒ「なんて言えばいいのかしらね」

    キョン「思うがままに言ってくれ」

    ハルヒ「んー、強いて言うのなら距離が違うわね」

    キョン「距離?」

    ハルヒ「これ以上は言えないわ」

    キョン「なんでだよ」

    ハルヒ「なんでもよ。で、あんたはどうなの?」

    キョン「お、俺か?」

    ハrヒ「ええそうよ。人をこれだけ質問攻めしておいて自分は何もなしなんてずるいわよ」

    キョン「ま、まあ確かにそうだが……」

    ハルヒ「どうなのよ」

    キョン「んー……初期症状ってとこだな」

    ハルヒ「はぁ?どういうこと?」
    7 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:06:49.32 ID:L04QaXgL0 (+11,+26,-1)
    続けたまえ
    8 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:11:15.10 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-215)
    キョン「そうだな。お前に合わせて言うと、精神病に罹りかけているってことだ」

    ハルヒ「は、はぁ!?本気!?」

    キョン「なんだよ。俺は健全な男子高校生だ。誰かを好きになることくらいあるに決まってるだろうが」

    ハルヒ「ま、まあそうね……」

    キョン「まあ、精神病ではなくて風邪で例えるとしたら、少し喉が痛いって感じだな」

    ハルヒ「何よそれ」

    キョン「『これって風邪なのか?』って感じだ」

    ハルヒ「ということはまだ気が付いていないのかしら?」

    キョン「俺はそうだと思っている。が、まあその先にあるのは風邪なんだろうなあってことくらいは分かる」

    キョン「分かりやすく言うと、まだ好きとまではいっていないということだな」

    ハルヒ「へえ……で、相手は誰かしら?みくるちゃん?それとも有希?」

    キョン「お前は遠慮ってものを知らないのか」

    ハルヒ「だって気になるんだもの」
    9 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:12:47.08 ID:4wuwfle+0 (+24,+29,-31)
    ハルヒがゆりっぺで再生される
    なぜだ
    10 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:18:22.44 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-241)
    キョン「大体何故その候補の中にお前がいないんだ?」

    ハルヒ「普通相手の好きな人を聞くときに自分の名前入れると思う?
        あたしは自分の顔はまあ平均と比べていい方だとは思っているけどそこまでナルシストじゃないわ!」

    キョン「十分だと思うがな……」

    ハルヒ「何よ。自分に自信があるのがそんなに悪いことかしら?
        あたしはあたし以外の人間にあたしよりおもしろいやつはいないと思ってるわ」

    キョン「さいですか」

    ハルヒ「もし仮に!仮によ!?あたしより面白いやつがいたとしても
        平平凡凡を追い求めているあんたよりはおもしろい人間であるという自信があるわ!」

    キョン「へいへい」

    ハルヒ「でもあたしが追い求めているのはおもしろいやつというより、不思議なやつなのよね」

    キョン「紙一重じゃないか?」

    ハルヒ「まあそうなんだけど……なんか違うのよ」

    キョン「お前が探し求めている人物は超能力者に未来人に宇宙人、はたまた異世界人だろう?」

    ハルヒ「ええ、そうよ」

    キョン「そいつらは十分おもしろいやつだと思うがな」
    11 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:20:30.32 ID:2nl+XHH+0 (+13,+28,+0)
    続きが気になる
    12 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:22:30.33 ID:T2Ke8yFj0 (+13,+25,-12)
    ほうほう
    13 : すまんなんか矛盾 - 2010/06/29(火) 04:26:56.65 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-233)
    ハルヒ「何故そう言い切れるの?」

    キョン「さあな、なんとなくそんな気がするだけだ」

    ハルヒ「仮に超能力者がいたとしても、その力を全く活用しないような人間は、つまらないやつよ」

    キョン「まあ、そうだな」

    ハルヒ「そうよ。それじゃあただの人間と何も変わらないもの。物は使わないと意味がないのよ」

    ハルヒ「あ、一ついいかしら」

    キョン「なんだ」

    ハルヒ「あんたって、もしかしたらあたしが追い求めている不思議な人間なんじゃないか、って思うのよ」

    キョン「な、何を言い出すんだ?」

    ハルヒ「だってそうじゃない。普通の人間が平平凡凡を求めると思う?
        そういう人間は求めるも何も、すでに手に入れているはずじゃないの」

    キョン「俺は「日々何も起こりませんように」と願っているだけだ!」

    ハルヒ「ってことは日々何かが起こっているってことじゃないのよ」

    キョン「なぜそうなる」

    ハルヒ「やっぱり怪しいわね……」

    キョン「お、おいおい……」
    14 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:31:27.48 ID:dqllu3m+0 (+19,+29,-1)
    早く投下しんしゃい
    15 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:33:25.34 ID:FCGEzTuL0 (+24,+29,-20)
    おい寝かせてくれよ
    明日会議なのに途中で寝てしまったらどうするんだ
    16 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:33:49.56 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-242)
    ハルヒ「いいわ。ここまで聞いたんだもの。正直に言う」

    キョン「なんだ?」

    ハルヒ「さっきあたしが言った『おもしろそうなやつ』ってのはキョン、あんたのことよ」

    キョン「なんだって?」

    ハルヒ「どうもあんたは何かを隠している気がするのよね……」

    キョン「待て待て。俺は本当に何もない。ただの人間だ」

    ハルヒ「そうやって全否定するところがまた怪しいのよね……あんた司令官とかいる?」

    キョン「いる訳ないだろうが」

    ハルヒ「そうなの?あんたみたいな立場の人間はその司令官から『我々のことは絶対に口にするではないぞ』とか言われているものだと思ってるんだけど
        そのせいで全否定するしかない、みたいなね」

    キョン「おいおい、お前の中では完全に俺はその不思議なやつってのになっちまってるのかよ」

    ハルヒ「いいのよ?正直に言っても。司令官にはあたしが上手く言っておくから」

    キョン「根拠もなくものを言うんじゃない。じゃなくてだな!
        俺は本当にただの人間なんだ」

    ハルヒ「嘘よ。怪しすぎるもの」

    キョン「やれやれ……」
    17 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:41:01.62 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-200)
    キョン「あー、ハルヒ。一ついいか?」

    ハルヒ「何?とうとう言う気になったの?」

    キョン「断じて違う!仮に……仮定の話だが、もし俺が本当にお前に何か隠していて
        それを誰かに口止めされているとしたら、お前はそれをどうやって暴くつもりなんだ?」

    ハルヒ「そうね、司令官を見つけて聞き出すか、あんたを監視するかのどちらかになるわね」

    キョン「おいおい……」

    ハルヒ「何よその反応。まるで『そんなことされたらバレちまうだろ』って感じだったけど」

    キョン「ただそれだけのために本当に監視までしてしまうやつがいるのかと思ってな」

    ハルヒ「ええ、ここいいるわ!」

    キョン「何やらものすごく嫌な予感がするな」

    ハルヒ「どんな?」

    キョン「そうだな。あえて言うのなら今ここでお前が『あんたを一日監視することに決めたわ!』なんて言いそうな気g」

    ハルヒ「あら、珍しく勘がいいじゃない。ついに本性をあらわしたわね」

    キョン「冗談はやめてくれ」
    19 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:48:06.17 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-178)
    キョン「なんてことが今朝あってだな」

    古泉「それは大変なことになりましたね」

    キョン「そうなんだよ。困っちまった。まさかハルヒのやつ本当に俺を監視したりなんてことh」

    古泉「それ以上に困った問題があります」

    キョン「……なんだ?」

    古泉「このSOS団が毎週催している活動が何かわかりますか?」

    キョン「不思議探索のことか?まわりくどい言い方はいいからスッパリ言ってくれ」

    古泉「そうですね。これは我々……いえ、長門さんや朝比奈さん達の勢力にとっても、最大のピンチとなるでしょう」

    キョン「なんでだよ。今まで何度も不思議探索をしてきたが一向に不思議を見つけられないハルヒにお前たちの正体がバレるとは到底思えないがな」

    古泉「その通りですね」

    キョン「……何が言いたいんだ?」
    20 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:56:48.17 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-270)
    古泉「以前、涼宮さんは通常の人間とはかけ離れた思考回路を持つ一方で
       しっかりと極めて常識的な考えも持ち合わせている、というお話はしましたよね?」

    キョン「ああ、なんだかそんなことも言っていたな」

    古泉「おや、珍しいですね」

    キョン「何がだ」

    古泉「僕の中のあなたは、このタイミングで「あいつの常識的な行動なんて見たことないんだがな」なんて言うはずだったのですが」

    キョン「実際何度かハルヒのそんな態度を見ちまったからな
        いつぞやの孤島に行った時多丸さんへの初見の挨拶や、長門のマンションの管理人に朝倉のことを聞き出した時
        それらは悔しいが奇怪な行動とはかけ離れたものだった」

    古泉「そうですか」

    キョン「そんなことはいいからさっさと話を続けてくれ」

    古泉「おや、これは失敬。少しそれてしまいましたね」

    キョン「ああ。で、そのハルヒにも常識的な一面があるという話だったが……今回の件と一体どんな関係があるんだ?」
    22 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 04:58:34.47 ID:ZPTeSn/o0 (-22,-10,-2)
    これは期待
    23 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 05:03:42.52 ID:mLA6GfYfO (+18,+28,-1)
    はよ書きんしゃい
    24 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 05:03:46.04 ID:GGI+KZBg0 (+2,+12,-2)
    普通におもしろいな
    25 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 05:05:25.00 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-202)
    古泉「それはですね、涼宮さんは普段の不思議探索の時どちらかというと常識的な思考を優先して動いているということです」

    キョン「……?」

    古泉「『さっぱりだ』という顔をしていますね。
       いいですか?涼宮さんの思考を簡単にあらわすとこうです
       『不思議を探しに来たが、不思議なんてこんなただの街中にある訳ないわよね……』」

    キョン「……ってことはなんだ。あいつはあの行動に意味が全くないということに気が付いているのか?」

    古泉「おやおや、『意味が全くない』とは悲しいですね」

    古泉「仲のいいもの同士、5人で休日を過ごすこと自体に意味があると思うのですが」

    キョン「ま、まあそうだが……」

    古泉「あなたも口では気だるそうに言いながらも内心楽しんでいるのでしょう?」

    キョン「お前はやはり超能力者なんだな」

    古泉「おや、ここは閉鎖空間内ではないですが」
    26 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 05:12:44.91 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-273)
    古泉「話はここからです。今回のケースはその不思議探索の時とは違うのです」

    キョン「どう違うんだ」

    古泉「違うというより全くの逆ですね。涼宮さんは常人とはかけ離れた思考回路の方を優先してあなたを監視するはずです」

    古泉「『あなたには絶対に何か不思議がある』……とね」

    古泉「ここで一番やっかいなのが涼宮さんの願望実現能力の存在です」

    キョン「まさか……」

    古泉「ようやく分かりましたか。そのまさかです。
       しかも、残念なことに実際あなたの周りには涼宮さんがすがりつくほどの不思議で満ち溢れています」

    古泉「さて、どうなるのでしょうね」

    キョン「お前や長門、朝比奈さんの正体がバレちまうってことか?」

    古泉「ご名答。しかし80点ですかね」

    キョン「後の20点はなんなんだ」

    古泉「涼宮さんが自らの能力に気が付いてしまうという可能性も、十分に考えられます」

    古泉「それは機関にとって……いえ、世界にとって絶対に避けなければならない事態です」

    キョン「なんだかすごく大変なことになっちまっているな」

    古泉「大変どころではないですよ、全く」
    27 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 05:20:51.22 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-219)
    キョン「お、俺は一体どうすればいいんだ……?」

    古泉「涼宮さんに監視されている中で、涼宮さんに不思議なものを見せなければいいのですよ」

    キョン「随分簡単に言うが、そんなことができるのか?」

    古泉「おそらく無理でしょうね。涼宮さんの願望実現能力に勝るものは存在しませんから」

    古泉「仮にそんなものが存在しているのならば、僕や長門さん、それに朝比奈さんはこんなところにはいないでしょう」

    キョン「その力の持ち主の場所にいるってことか?」

    古泉「ええ、その通りです」

    キョン「な、長門に頼ることはできないのか?」

    古泉「それも無理でしょう。涼宮さんがあなたの周りで発生する不思議を願っている以上、下手に干渉はできないと思います
       それは、僕や朝比奈さんにも同じことが言えますけどね」

    キョン「な、なんてこった……ってことは俺は誰の手も借りず、すべて一人で行動しこの問題を解決しろっていうのか?」

    古泉「そういうことに」

    キョン「……」
    28 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 05:26:03.06 ID:T2Ke8yFj0 (+21,+28,-2)
    続きがきになる件
    29 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 05:28:20.59 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-259)
    古泉「しかし、ここで危惧しなければならない問題が一つあります」

    キョン「まだ何かあるのかよ」

    古泉「あなた自身に何らかの能力が備わってしまう可能性です」

    キョン「なんだって?」

    古泉「あなたに聞いた話によると、今朝涼宮さんはあなたのバックに司令官のような人物がいるのではないか、と
       そう疑ったのですよね?」

    キョン「あ、ああ……」

    古泉「つまりあなたも何かしらの勢力に属し、誰かの指令の元生活をする可能性がでてきてしまうということです」

    キョン「おいおいまじかよ……」

    古泉「と言いますか、僕たちにとってはどちらかというとその方が助かりますけどね」

    キョン「どういうことだ?」

    古泉「涼宮さんがあなた自身に芽生えた能力を発見することだけで満足してしまう可能性があるからです」

    キョン「自分たちのことさえバレなければ俺の身に何が起ころうと関係ないってか?」

    古泉「これは緊急事態です。僕だけの意見ではどうにもならないことなのですよ」

    キョン「……」
    30 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 05:36:24.56 ID:T2Ke8yFj0 (-2,+9,-1)
    眠い
    31 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 05:40:28.07 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-233)
    古泉「それを踏まえたうえで、一つあなたに言っておかなければならないことがあります」

    キョン「なんだ……?」

    古泉「実は既に機関はこのことを知っています。そして、上にいる一部の人間の間では、あなたにとって恐ろしい意見が交わされています」

    キョン「恐ろしい意見?」

    古泉「はい。先程僕は、この問題を解決するには涼宮さんに不思議を見られなければいいと言いました」

    キョン「ああ」

    古泉「しかし、同時にそんなことをするのは無理だ、とも言いました……ですがそれは僕の個人的な感情を加えたうえでの意見です」

    キョン「どういうことだ?」

    古泉「あなたとの関係がない人間。つまり私情も無く、機関のことだけしか考えていない上の人間はあなたの身の安全を保証してくれないでしょう」

    キョン「何が言いたい」

    古泉「……場合によっては機関によるあなたの誘拐、監禁などの可能性もあるということです」

    キョン「なんだと……?」

    古泉「それほどまでに緊急事態ということです。
       安心してください。さすがに命の危険はありませんよ。おそらくですがね。
       一応機関もあなたの存在を涼宮さんにとっての鍵として特別視していますから」

    キョン「……」
    32 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 05:48:32.48 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-219)
    キョン「一ついいか?」

    古泉「はい」

    キョン「お前は俺にも何らかの能力が備わる可能性がある、と言っていたが……その可能性ってのはどのくらいなんだ?」

    古泉「さあ、どうでしょうね……僕はおよそ50%ほどだと考えていますが……
       こればっかりは涼宮さん次第ですのでなんとも言えませんね」

    古泉「もし、あなたになんらかの能力が備わった場合、それと同時にあなたへの機関からの干渉の可能性は極めて低くなります」

    キョン「ハルヒが俺への興味だけで満足するからか」

    古泉「そうです。機関の存在が涼宮さんに知られる危険性がなくなった以上、機関はそのような行動には及ばないでしょう」

    キョン「能力が備わったら俺はどこかの勢力のもとで生活し、備わなかったら監禁……」

    キョン「一体どうすればいいんだ、俺は」




    ごめん眠すぎるから寝る。限界
    34 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 06:36:20.94 ID:Plr/X8TzO (+19,+29,-2)
    なに寝てんだてめぇ
    35 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 08:01:53.60 ID:GVMFa5ZiO (-17,-5,-1)
    37 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 08:28:12.21 ID:Vgd5JnGb0 (+1,+16,-1)
    おきろぉぉぉぉ!!
    38 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 08:56:25.67 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-174)
    古泉「つまり、僕達には何もできないということですよ」

    古泉「涼宮さんに不思議を見せないためにはあなたの存在を消すか……またはあなたの周りの不思議を消すか……」

    キョン「俺の周りの不思議を消すって……」

    古泉「ええ、そうです。僕や長門さんや朝比奈さんが、自ら存在を消すことになりますが
       それはよっぽどのことがない限り恐らくありえないでしょう」

    キョン「今回のことはよっぽどのことじゃないのか?」

    古泉「もうそうしなければ世界が消えてしまう……と、言った様な状況に陥った時などですかね」

    古泉「しかし……困ったものですね。あなたの存在を消すと言っても、涼宮さんはそれ自体を『あなたに関する不思議』として捉えるでしょうから
       正直、本当に何も打つ手がないのですよ。ま、上の連中はそれでも機関の存在が公になるよりかは幾分マシと考えているようですが……」

    39 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 08:58:12.00 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-278)
    キョン「ど、どうしてもハルヒに俺に不思議なんてないと思い込ませることはできないのか?」

    古泉「……朝のあなたと涼宮さんの会話を聞く限り、涼宮さんはあなたの否定に聞く耳を持っていませんでしたから
       おそらく説得は無理でしょう。となると、やはりその目で不思議の有無を確認しなければ、涼宮さんは変わりませんね」

    古泉「そして涼宮さんはあなたに不思議があると思い込んでいる……いえ、あるに違いないとそう思っている
       つまりその願望が実現してしまい、あなたを監視しているうちになんらかの不思議を目にしてしまう」

    古泉「それがなんなのかはわかりませんが……恐らくあなたに近い存在である僕達に関すること
       またはあなた自身に備わった能力である可能性が高いでしょうね」

    キョン「ハルヒが古泉達のような存在や自分の能力を知ってしまったら……」

    古泉「それこそ世界は破滅の道へと向かうでしょうね」

    古泉「世界が一人の人間の思い通りに動く訳ですから、すべてがめちゃくちゃになってしまいます
       涼宮さんがこんな世界いらないと思ってしまえばもうそれでお終いですからね
       今までは『そんなこと思っても世界がなくなったりしない』という常識的な考えがあったのでまだ大丈夫でしたが……自覚してしまうと……
       考えるだけで恐ろしいですよ、本当に」
    40 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 09:01:59.76 ID:F+inuXbu0 (+15,+27,-2)
    紫煙
    41 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 09:09:05.75 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-236)
    キョン「しかし、ハルヒのやつは一体いつから俺を監視するつもりなんだろうな」

    キョン「あいつのことだ。きっと俺にはばれないような完璧な監視をやってのけるだろう」

    古泉「案外、もう始まっているかもしれませんね」

    キョン「お、おいおい」

    古泉「もしかすると、今の僕も涼宮さんの願望実現能力によって動かされているのかもしれません」

    キョン「なっ……そんなことを言われると何もできねぇじゃねぇか」

    古泉「ようやく実感しましたか。いかに僕達の行動が絞られるか、あなたが一人で解決しなければならない問題か、ということが」

    キョン「くそっ……長門や朝比奈さんは……」

    古泉「そうですね。彼女らがこの部室にやってこないということは、そういうことでしょう」

    キョン「も、もう始まってるのか」

    古泉「ええ。涼宮さんがいつ行動を起こすか分からない以上、慎重に動くのは当然のことです」

    古泉「僕もうかうかしていられませんね。そうですね、涼宮さんにはアルバイトで当分活動に参加できそうもない
       とでも言っておいてください」

    キョン「……」
    42 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 09:10:13.72 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-63)
    古泉「それではそろそろ僕は……あ、一つ言い忘れていたことがあります」

    キョン「……なんだ?」

    古泉「……この先、どんなことがあっても、あなたの親友であるという立場を……捨てるつもりはありません」

    キョン「こ、古泉……?」

    古泉「」ニコッ

    古泉「では……」

    ガチャ バタン
    43 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 09:13:57.06 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-165)

    キョン「……」

    キョン「……広いな、この部屋は。こんなにも広かったのか」

    キョン「これまで幾多もの危機を乗り越えてきたが、それは3人がいてくれたからだ」

    キョン「閉鎖空間にハルヒと二人で閉じ込められたときだってそうだ
        朝比奈さんと長門のヒントがなければ、俺は未だに灰色の世界で息をしていたことだろう」

    キョン「しかし今回は……」

    キョン「完全に俺一人の力で解決しろってのか……」

    キョン「くそっ……ここまで心細いのかよ、情けねぇ」

    44 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 09:15:09.74 ID:0Ojq8BfjO (-27,-15,-1)
    45 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 09:17:26.15 ID:kZbn4O/Q0 (-26,-14,+0)
    sie
    46 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 09:19:04.71 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-185)
    ハルヒ「おっはよーう!」バンッ

    キョン「」ビクゥ

    ハルヒ「あれ?あんた一人だけ?みくるちゃん達は?」

    キョン「……さぁな。まだ来ていない……あ、古泉はアルバイトだ」

    ハルヒ「そう……じゃあちょうどいいわね。今日の団活は休みにするわ!」

    キョン「ちょうどいい?」

    ハルヒ「準備があるのよ!準備!」

    キョン「な、なんのだ?」

    ハルヒ「それを言ったら面白くないじゃないの!覚悟しておきなさいよ!
        絶対あんたの秘密を暴いてやるんだから!」

    キョン「!!」

    ハルヒ「ん?どうかした?……あ、まさか焦ったのかしら?」ニヤ

    キョン「あー、なんでもない。気にしないでくれるとありがたい」

    ハルヒ「そっ。じゃ、あたしは行くから!鍵頼んだわよ!」タッタッタッタ
    47 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 09:29:45.93 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-308)
    キョン「準備……何をされるのか、たまったもんじゃないな」

    キョン「しかしハルヒのやつ本当に監視なんて……いや、あいつの不思議への執着は相当なもんだ
        それに行動力だって桁違いにある。あいつならやりかねん」

    キョン「……ん?待てよ?今から監視の準備を始めるってことは、少なくとも夜くらいまでは大丈夫なn」

    ガチャ
    みくる「キョ、キョンく~ん」

    キョン「朝比奈さん!?」

    みくる「み、未来から指令がきて、今なら大丈夫だって……わたし、わたし、何が何だかわからなくて」

    キョン「落ち着いてください!朝比奈さん!」

    キョン「未来からの指令って……なんです?」

    みくる「こ、今回の件は、本当に緊急事態らしくって…禁則事項が禁則事項なんですよ
        と、とにかく、未来からこの時代への干渉まで検討されたみたいで……でも、できないんです!」

    キョン「で、できない?」

    みくる「う、上の人は、恐らく涼宮さんの力じゃないかって……一時的にこの時間平面への干渉をシャットアウトされてしまって……
        今回わたしに指令を送ることができたのも、やっとの思いだって、も、もうできないかもしれないって……
        と、とにかくわたし、禁則事項なんですぅ!」

    キョン「な、なんでそんなことに……」

    ガチャッ
    48 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 09:31:12.84 ID:DJnlr/YMO (+24,+29,-12)
    京極堂「この世にはね、不思議な事などありはしないのだよ。涼宮君」
    49 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 09:37:01.32 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-162)
    長門「涼宮ハルヒがあなたへの監視を誰にもバレたくないと考えたから」

    キョン「長門!!」

    長門「つまり涼宮ハルヒの行動を察知することは不可能」

    キョン「な、長門にも無理なのか?」

    長門「そう」

    キョン「ま、まだハルヒの監視は始まっていないと考えてもいいんだよな!?」

    長門「今は大丈夫。でも時間が限られている。
       わたしと朝比奈みくるがこうしてあなたと接点を持つことができるのも涼宮ハルヒが準備を開始するまでの間だけ」

    キョン「まじかよ……」

    長門「涼宮ハルヒはおそらく家へ到着と同時に準備を開始する。もうそんなに時間は残されていない
       だから伝えたいことだけを伝えておく」

    キョン「な、なんだ……?」

    長門「自分を、信じて」

    キョン「え……?」
    50 : 以下、名無しにか - 2010/06/29(火) 09:40:17.88 ID:GoxtFYqH0 (+95,+30,-30)
    頭が働かない
    これから用事だけど19時半過ぎにまた帰ってくると思うけど続き書きたいなら誰か書いてくれてもいいし落ちたら諦める
    一応ここまで書いているうちに話の筋が見えてきたけどどうなるかわからないから
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - キョン + - ツンデレ + - ハルヒ + - ミルキィホームズ + - ラブプラス + - 古泉 + - 神スレ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について