のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:125,404,482人
913,913,938頁
昨日:827人
881頁
今日:265人
280頁
最近の注目
人気の最安値情報
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ御坂 「私って結構弱いんだよね……」

    SS覧 / PC版 /
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - 黒子 + - えむえむ + - カス条 + - ネギま + - バカとテストと召喚獣 + - バカテス + - 一方通行 + - 上条 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter

    1 :

    上条 「いや強いだろ」

    御坂 「あんたの言ってたオカルト連中入れると、私ってだいぶ弱いんでしょ?」

    上条 「あいつらはだな……一方通行だって勝てるかどうか分からないやつらだし」

    御坂 「と・に・か・く! 私って弱いんでしょ!? 学園都市第三位打なんて呼ばれてるくせに……」

    上条 「そんなことないって」

    御坂 「そうだって!」

    上条 「そんなことないって」

    御坂 「そうなの!」

    上条 「分かったよ……そこまで言うなら戦ってみろ」

    御坂 「へ?」

    2 :

    美琴!

    3 = 1 :

    御坂 「誰と?」

    上条 「魔術連中含め全員と」

    御坂 「そんなことできるの?」

    上条 「科学と魔術両方にアテ有るし。まずは俺からな」

    御坂 「いきなり!?」

    上条 「そげぶ!!」

    御坂 「ぶへぇっ!!」バキィ!!

    上条 「はいお前の負け」

    御坂 「」

    上条 「御坂?」

    御坂 「」

    上条 (やっぱあんま強くないかもな……)

    5 = 1 :

    御坂 「……負けちゃった」

    上条 「不意打ちだし気にすんな。次はステイルのあんちくしょうだな」

    御坂 「すている?」

    上条 「イギリス清教の魔術師。使う魔術は炎……と、これ言っちゃうと駄目だな」

    御坂 「あんたっていろんな人とつながりがあるのね」

    上条 「まぁな。ちょい待て、電話で呼び出すから」





    ステイル 「やぁ」

    上条 「よぉ」

    御坂 「どうも」

    ステイル 「誰?」

    6 :

    一方さんでも散々だったのに

    7 :

    ステイルは勝った時点でステイルじゃ無くなる

    8 = 1 :

    上条 「さっき電話で言ったろ? 対戦相手」

    ステイル 「あぁ君がか。ずいぶん小さいな」

    御坂 (あんたがデカすぎるんでしょうが)

    上条 「じゃあ俺んちでバトルな」

    御坂 「何でよ?」

    上条 「こいつと戦ったときのが俺んちだったんだよ。だからお前もな」

    ステイル 「あの時の君にはしてやられたよ……」

    御坂 (この人あいつよりかは弱いのか……私でも何とかなるかな? 魔術ってのが良く分からないけど)

    9 = 1 :

    ステイル 「……さて、ルーンも貼り終えたことだし戦おうか?」

    御坂 「えっと……よろしくね」

    ステイル 「はいこちらこそ」

    御坂 「…………」

    ステイル 「…………」

    御坂 「…………」

    上条 「どうしたぁー? 早く戦えよ!」

    御坂 「いやなんか、特に敵意がない人と戦うのが……気が引けるというか」

    ステイル 「僕もだよ」

    上条 「お前から言い出したんだろうが! さっさとやれー」

    10 :

    てか1、2位が圧倒的すぎる

    11 = 1 :

    【BATTLE とある学生寮】

    ステイル 「灰は灰に! 塵は塵に! 吸血殺しの……」

    御坂 (呪文……?)

    ステイル 「……紅十字!!」

    御坂 (ッ!? 両の手から炎!? 避けなきゃ!!) シュッ!!

    ステイル 「へぇ、よく避けたね」

    御坂 「レベル4相当の炎ね、早さもなかなか。でも残念、私は能力である程度の攻撃は察知できるのよ」

    ステイル 「なるほど。僕の紅十字は如何せん連射が聞かない。君には軽々と避けられてしまうね」

    御坂 「打つ手なし? だったらこっちからいかせてもらうわよ!!」ビリィ!!

    ステイル 「掌から電撃!?」

    12 = 1 :

    御坂 「さぁどうする!?」

    ステイル 「ぶぎゃぁ!!」 バタン

    御坂 「…………」

    ステイル 「」

    御坂 「……終わり?」

    上条 (あいつイノケンティウス使う間もなく負けやがった)

    御坂 「ねぇ!」

    上条 「ああ。お前の勝ちだ」

    御坂 「あんがい楽勝ね」

    上条 「そいつドラクエでいうスライム級の弱さだからな。上はとんでもなく強いぞ」

    御坂 「先が思いやられるわね……」

    13 :

    まぁ真面目にやっても放電して紙焼ききれば勝ちだけどな

    14 :

    スライムwwwwwwwwwwwwww

    15 :

    まぁ一応ねーちんとはいい勝負だし…

    16 = 1 :

    御坂 「次は誰かしら?」

    上条 「じゃあ……土御門」

    御坂 「土御門って舞花のお兄さん?」

    上条 「そう。あいつも実は魔術師だから。俺を負かしたこともあるんだぜ?」

    御坂 「あんたを負かす……!」 (相当の強さね……!!)






    土御門 「」

    御坂 「あんた本当にこの人に負けたの?」

    上条 「いやまぁ」

    18 = 1 :

    上条 「疲れてないか?」

    御坂 「全然」

    上条 「そうか。じゃあ次な」





    海原 「どうも……これはこれは御坂さん!」

    御坂 「げぇっー! 海原光貴!」

    上条 「実はコイツ魔術師なんだ。アステカのほうの」

    御坂 (あぁ、だからあの時この二人戦ってたのか……)

    海原 「御坂さんと戦うのは心苦しいですが……御坂さんのことを思えばこそ戦いますよ」

    御坂 「思われたくないんだけど」

    海原 「えっ?」

    御坂 (やば、声に出た)

    19 :

    ―SSスレにありがちなこと―
    ・書き手の体調が悪くなる
    ・馴れ合い厨が沸く
    ・SS終了してもいつまでもクソみたいな馴れ合い
    ・なぜかかなり腰低めの書き手だが他のスレじゃキチガイ
    ・エロを入れたがる奴がいる
    ・聞いてもないのに「◯◯で再生された」「○○ちゃんでイメージ」とかいうレス
    「嫌なら見るな」とかいう感情論丸出しのレス
    「SS書くの初めてorまだ◯回目だから~」などと言って進行が遅い事の言い訳をする
    「これは稀に見る良SS」
    「あとは任せた」「こんな感じのを誰か頼む」 と他人任せ立て逃げ
    ・途中まで面白かったのに安価なんか始めて激しく萎える
    ・一方的に妨害活動は成功したと宣言する
    ・書き手が失踪して保守レスを最後にスレが落ちる、もしくは他の奴が代わりに書き始める

    20 = 1 :

    【BATTLE とある路地裏】

    海原 「では、いきますね」 ジャキ

    御坂 「石のナイフ? あいにく馬鹿みたいに近づいたりはしないわよ」

    海原 「石ではなく黒曜石です」

    御坂 「どっちでも同じじゃない」

    海原 「コレじゃないと駄目なんですよ……あと、近づいていただかなくても結構です」

    御坂 「えっ?」

    黒曜石のナイフが金星の光を反射し、距離をとっている御坂のもとへ殺人光線を放つ

    海原 「距離は関係ないですから」

    御坂 (光で攻撃!? 私のレーダにすら感知できないほどの速度……危険だわ!!)

    21 = 1 :

    御坂 「とにかく狙いを絞らせちゃいけない! 私がやられる!!」シュュ

    海原 「器用に逃げますね、さすがは超能力者。能力の応用力も他とは比べ物にならない」

    御坂 (切っ先を向けられたら終わり……気を抜いちゃいられない、とにかくあんだけ速度のある攻撃を出されたら反撃も出来ない)

    海原 「ふ~む……時間がたてばたつほど僕が不利になるので速めに倒したいのですが」

    御坂 「どういうことよ?」

    海原 「僕の能力一定化の環境じゃないと使えないんですよ、あんがい不便なんです」

    22 :

    ステイルェ…

    23 = 1 :

    御坂 (……一定の環境でしか使えない。黒曜石のナイフ、光の攻撃)

    海原 「どうかしました?」

    御坂 「あなたのパワーソースが何か分かったわ。これでどう!?」

    頭上に巨大な雷雲を作り出す

    海原 「あぁ~……これじゃ金星の光を反射できませんね。打つ手無しです」

    御坂 「降参?」

    海原 「それはもう」

    御坂 「よっしゃ!」

    24 :

    戦闘中に自分の能力の説明とか
    まさに禁書

    25 :

    この能力って朝と夕方しか使えないとか?

    26 :

    なんかキャラが違うと言うかときとーなのは俺でも分かる

    27 :

    海原原典使えよ

    28 = 1 :

    上条 「次いくか」

    御坂 「えぇ」

    上条 「誰にしよう……あいつでいっか」






    白井 「まぁお姉さま! まぁまぁお姉さまぁ~!!」

    御坂 「……なんで黒子?」

    上条 「いや何となく」

    黒子 「お姉さまと戦うだなんて……いえしかしながらお姉さまのためを思えばこそ……」

    御坂 (海原光貴と同じ子といってるわね……)

    御坂 「そういえばなんでアンタ黒子の電話番号知ってるの?」

    上条 「何でもいいじゃねぇか」

    御坂 「気になるなー」

    29 = 2 :

    海原が御坂を攻撃できるはずがねぇ

    30 = 1 :

    黒子 「では始めますの」

    御坂 「ちょっと待って、心の準備」

    黒子 「そうですか。では私は悩めるお姉さまの姿を目に焼き付けていますの」

    御坂 (空間移動……格闘戦に持ち込むためには使ってこないでしょうね)

    御坂 (体術では私の完敗だけど、一撃でしとめ損ねたら私の電撃をゼロ距離で喰らうハメになるんだから)

    御坂 (さすがにリスクが大きすぎるだろうし……)

    御坂 (いくらテレポートが時速288km/hの速さだとしても、私のレーダーの網にかかる)

    御坂 (だとするとやっぱり狙ってくるのは直接私の体内に鉄器を送りつけてくること)

    御坂 (これだと、私の周りに張り巡らせてるレーダーをすり抜けられる。私の体内はレーダーの索的範囲じゃないから)

    御坂 (なら私がとるべき行動は……)

    黒子 「…………」 ハァ ハァ 

    御坂 「何私の姿見て興奮してるんだあんたはぁー!!」

    黒子 「悩めるお姉さまは素敵ですの……」 ハァ ハァ

    31 = 1 :

    【BATTLE とある公園】

    黒子 「では手加減無しですの!!」

    御坂 「させない!」

    巨大な磁場を発生させ、黒子が手にかけようとした鉄器の全てを奪い取る

    黒子 「あぁ!? 私の武器が!!」

    御坂 「いっちょステゴロといく?」

    黒子 「もはや勝ち目無しですの……」

    御坂 「後輩に負けるわけにはいかないのよ。面子的にね」

    32 = 22 :

    黒子が不意打ちしたら大抵の相手殺せるんじゃね?
    もしかして黒子超強くね?

    33 = 1 :

    上条 「じゃ、次」

    御坂 「次はどんな人?」

    上条 「超強い。お前でも気を抜くと一瞬でやられるぞ」

    御坂 「そんなこと言ってさっきのグラサンくらいの弱さじゃないでしょうね?」

    上条 「今度は半端じゃない。マジで」








    神裂 「呼びましたか、上条当麻」

    上条 「おぅ」

    御坂 (すごい綺麗な人……)

    34 = 7 :

    七天七刀無しで互角だっけ

    35 = 1 :

    神裂 「話は聞いてます。超電磁砲ですね? よろしくお願いします」

    御坂 「こ、こちらこそ」

    神裂 「では戦闘を行います」






    【BATTLE とある交差点】

    御坂 「人が一人もいない……」

    神裂 「人払いのルーンです。それはともかく始めましょう」

    御坂 (獲物は長剣……うぅん、油断しない。海原光貴のときと同じで得体の知れない攻撃かもしれないから)

    神裂 「……いきますよ」

    37 :

    これは勝てない

    38 = 1 :

    神裂 「……ハァっ!」 シュッ

    御坂 「は、速い!!」 シュッ

    神裂 「…………」

    御坂 「……びっくりした」

    神裂 「あなたもなかなかに速いですよ。スピードが……というよりも反応速度がという意味ですけどね。まるで未来予知でもされたようでした」

    御坂 「ちょっとばかし小細工してるだけよ……あなたのは何? 肉体強化の魔術?」

    神裂 「素ですよ」

    御坂 「す、素!?」

    神裂 「世の中色んな人間がいるんです。ちょっとくらい強い人間がいたっていいじゃありませんか」

    御坂 「ちょっとってレベルじゃないわよ……!」

    39 = 1 :

    御坂 (速さが段違いだ! 受身だと絶対にやられる! 攻撃、こっちから仕掛けないと!!) ビリィビリィ!!

    電撃の槍を神裂に向けて放つ
    脅威に気づくと、神裂はとっさに身を翻し、襲い掛かる電撃の槍を寸でのところで避ける

    御坂 「避けられた!? いくら相手が速くてもこっちは光速なのよ!?」

    神裂 「光速でしたか……ただの雷ではないと思っていましたが。さすがは超電磁砲の異名を持つだけのことは有りますね」

    御坂 「ど、どうやって避けたのよ!?」

    神裂 「ノーモーションで放てるのはさすがです。避けるのも難しい。ただわずかにあなたの筋肉が振動したので、コレは何か来ると……」

    御坂 「そんなことで……」

    神裂 「人より目が良いだけですよ。さて、初撃を外しては対策も講じられる」

    御坂 (強い……)

    40 = 1 :

    神裂 「ではいきます」

    御坂 (また近づいてくる!)

    磁場をとっさに形成し、アスファルトがひび割れて搾り取るように砂鉄を取り出す
    そして御坂が立つ場を中心に、まるでミキサーのように砂鉄の剣を回転させた

    神裂 「……? コレでは近づけませんね。何がどうなってこうなるのか良く分からないのですが、あなたの能力はどうやら応用が利くみたいですね」

    御坂 「あなたの体術は封じたわ!」

    神裂 「……では、その黒い剣の切れ味を確かめさせてもらいましょう」

    御坂 (剣を構えた!?)

    42 :

    途中までしか見てなかったけど神裂こんなに強かったのか・・・

    43 = 1 :

    一瞬神裂の近くで無数の何かがきらめく
    次の瞬間、七つの斬撃が御坂を囲う砂鉄の剣を襲い、破った

    御坂 「そんな!?」

    神裂 (おやおや、鋼糸が4本も切り裂かれてしまいました……とんでもない切れ味ですね)

    御坂 「あ、あなた今何を!?」

    神裂 「剣を振るっただけですよ。見れば分かるでしょう?」

    御坂 (私のレーダーが七つもの斬撃を感知した……それほどの速さの攻撃。それにあの威力……)

    神裂 「手詰まりですか? では終わりにしましょう」

    御坂 「舐めるな!!」 ビリィビリィ!!

    神裂 「それは当たらないといったでしょう……いくらあなたの電撃が速くとも、それを行使するあなたの動きが見切られたらそれまでです」

    御坂 「くそっ!!」

    44 = 1 :


    御坂 「……ん?」

    上条 「やっと起きたか」

    御坂 「そっか……私負けちゃったんだ」

    上条 「あいつに当身を食らわされてな」

    御坂 「あの人は?」

    上条 「もう帰った。あいつも色々と忙しくてな」

    御坂 「…………」

    上条 「負けたのショックか?」

    御坂 「何言ってんのよ! 次は負けないわよ!!」

    上条 (元気だなぁ……)

    御坂 「次は誰? 今度こそ勝つ!!」

    上条 「次はだなぁ……えぇっと……」



    45 = 37 :

    ヴェントさん

    46 = 22 :

    上条さんにやったみたいに、落雷で広域をビリビリさせれば問答無用で行けるんじゃね?

    47 = 1 :

    一方通行 「どうもォ。俺といっちょやり合おうぜェ」

    御坂 「…………」

    上条 「……今度の対戦相手の一方通行さんだ」

    御坂 「分かるわよ! ってか何でコイツなのよ!?」

    一方通行 「いや俺に勝ち目無いって思ってンだろ? 大丈夫大丈夫、俺あの頃より弱くなってっから」

    御坂 「……そうなの?」

    一方通行 「この姿見りゃわかンだろ? 杖突いてンだぜ? しかも今は時間制限付だァ」

    御坂 「だったら私でも何とかなるかも……」

    一方通行 「さくっとやろうぜ。俺も俺で忙しいからなァ」

    上条 「不登校なのにか?」

    一方通行 「忙しい不登校なンだよ」 

    48 = 1 :

    【BATTLE とある駐車場】

    一方通行 「ほれ、カチっとな」

    御坂 「何そのチョーカー?」

    一方通行 「ン? これがないと俺ァ能力使えねぇンだよ」

    御坂 「何でよ?」

    一方通行 「妹達のネットワークがあるだろ。俺ァその助けを受けてるンだよ」

    御坂 「ふ~ん……じゃあジャミング」

    一方通行 「joi;ream] at0ia4]tka@ v」

    御坂 「オラァ!!」 

    一方通行 「a:oktnv maep:t vamm」 バキィ!!

    御坂 「オラァ!! オラァ!! ソラァ!!」

    一方通行 「:rpml k:tm blatk 」 バキィ!! 

    御坂 「ドラァ!! ドラァ!! ドラァ!! ドラァ!! ドラァ!!」

    一方通行 「j;oa mkp btgmk 」 バキィ!! バキィ!! バキィ!! バキィ!! バキィ!!

    上条 (ひでぇリンチ)

    49 :

    もうやめて!一方(ry


    1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - 黒子 + - えむえむ + - カス条 + - ネギま + - バカとテストと召喚獣 + - バカテス + - 一方通行 + - 上条 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について