のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,552,985人
911,660,985頁
昨日:4,968人
5,508頁
今日:1,580人
1,777頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ唯「ういー、おかわりー」セイバー「私にもお願いします」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - fate + - けいおん! + - ギャグ + - クロスオーバー + - シリアス + - レズ + - 感動 + - 相良宗介 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:10:49.50 ID:LpOc2f0K0 (+125,+30,-96)
    ――平沢宅――

    「……」

    「おーいしーい」パクパク

    セイバー「ユイ、ご飯粒がついていますよ」モキュモキュ

    「?」

    セイバー「どうしました? ウイ」

    「え? あ、はい」

    「変な憂-」

    「変なのはこの状況でしょ……」

    セイバー「このハンバーグは、非常に美味だ。素晴らしいです」

    「この金髪の人、誰?」
    2 : おチンチン微ロー - 2010/06/19(土) 18:14:20.89 ID:/JgbdvaK0 (+16,+28,-1)
    少し気になる
    3 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:14:33.58 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-127)
    セイバー「え?」

    「ん?」

    「いやだから、この背筋ピンって張ってる女の人は誰なのって聞いてるの」

    「いやだなー憂ったら。……あれ?」

    「だれ!?」

    セイバー「……あ」

    セイバー「失礼しました。自己紹介がまだでしたね。私の名前はセイバー。
    契約に基づいて参上いたしました」

    「意味がわからないです」

    セイバー「おや、聖杯戦争のために召喚されたのではないのですか?」

    「せーはい?」

    セイバー「この世全ての願望を叶えると言われている、聖なる杯のことです。
    もしかして、知らないのですか?」

    「おとぎ話ですよね。それって」

    セイバー「困ったな……」

    (うわぁ。変な人だったぁ)
    4 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:17:20.60 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-122)
    セイバー「まず整理しましょう」

    「はい」

    セイバー「ユイ、ウイ。それで、あなたたちの名前はあってますね?」

    「うん」

    セイバー「それで、私を呼びだしたのは誰ですか?」

    「私じゃないよー」

    「召喚とか、そういうのは信じてないんで」

    セイバー「あれ?」

    セイバー「聖杯戦争を知らない。私を召喚した覚えもない。それじゃあ――」

    「ねえ、憂」ひそひそ

    「ん?」

    「変な人だよ。この人」ひそひそ

    「お姉ちゃんが気付くってことは相当だよね。警察呼ぼうか」
    5 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:20:36.97 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-104)
    セイバー「ちょっと待ってください」

    「なんですか? もう110押しちゃったんですけど」

    セイバー「危ないですよ」

    「あなたがね」

    セイバー「いえ、警官だとか私の障害になる人間がです」

    「?」

    「あ、警察ですか? はい、私の家に変な――」ビュオン!

    電話「こっぱーん!」

    「!?」

    セイバー「風王鉄槌(ストライク・エア)」

    「あわわわわわ」

    セイバー「……ものすごい魔力の消費を感じた」

    「えー……」
    6 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:24:23.16 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-157)
    ――そうして――

    セイバー「それでは話しあいましょう」

    「不本意この上ないんですけどね」

    セイバー「今のこの事態に納得なんてものは不純物です」

    「正座、つらい」

    セイバー「それではまず、私がどうしてここにいて、むしゃむしゃと食事を
    していたかについて話し合いたいと思います」

    「お姉ちゃん、知ってる?」

    「うーん。なんか、お昼寝してて起きたら、もういたんだよ。えーっと」

    セイバー「セイバーとお呼びください」

    「セイバーちゃんが隣で寝てて、一緒にご飯食べようって」

    「一つ解消されたね。とりあえず、お姉ちゃんの隣で寝てたセイバーさん
    は悪ってことまでわかったよ」

    セイバー「それはないです。私だって、いきなりユイの顔がすぐ側にあったの
    には驚いたんですから」
    7 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:28:04.05 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-172)
    「そういえば、なんで私の名前知ってるの?」

    セイバー「わかりません。ただ、頭の中に浮かんだんです」

    (不審者? まさか、レズストーカー? 女のくせに女の子が好きとか、キ
    モっ)

    「へえー」モゾモゾ

    (お姉ちゃん、正座辛いのかな。かーわいいー!)

    セイバー「それはそうと私は悪ではありません。むしろ正義です」

    「正義って、人の家の電話吹き飛ばしておいて……」

    「すごい手品だよね」

    セイバー「ああ、あれは私の能力というか、武器というか、そういうものです」

    「武器?」

    セイバー「はい。……しかし、今の話の中で宝具の話は不要でしょう」

    「宝具?」

    セイバー「必要がないので、宝具の説明はしません。とにかく、今は私が
    ここにいる理由と原因を突き止めなければなりません」
    8 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:34:04.10 ID:2NKpUB2m0 (+21,+28,-12)
    スレタイで吹いた
    9 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:34:06.13 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-177)
    「うーん……。お姉ちゃん、覚えないよね」

    「ないよー」

    セイバー「ふう……。それじゃあ仕方ないですね。食事の続きといきましょう」

    「ちょ! ちょっと待ってください!」

    セイバー「なんですか? せっかくの食事が冷めてしまうじゃありませんか」

    「なに普通にご飯食べようとしてるんですか!?」

    セイバー「そこに料理があるからです」

    「……」

    セイバー「私が前回現世に来た時は、食事をする必要がなかったのです
    が、今は魔力が死活問題なのです。故に、食事をとっておく必要があり――」

    「魔力ってなんですか!」

    セイバー「私の命です。それでは、再びいただきます」

    「……」

    セイバー「ユイも食事を再開するべきです。明日も学校なのでしょう?」モキュモキュ
    10 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:37:55.77 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-134)
    ――食事終わって――

    セイバー「……」

    テレビ「ちゃうねん。これはな、もっと深いもんやねん。わかるか? 上地」

    テレビ「はい。僕も松坂の球を受けてた時、そう思ってました」

    流し「ざー」

    「……」かちゃかちゃ

    テレビ「ホントに、素敵やん?」

    「ごろごろー」

    セイバー「ユイの髪は、綺麗ですね」

    「ありがとー。でも、セイバーちゃんの髪のほうが綺麗だよー」

    セイバー「私には、髪を気遣う時間なんてありませんでした」

    「それでその髪って、反則だよー」

    (お姉ちゃん、セイバーさんになじんでる……?)
    11 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:40:15.74 ID:4T6SLeJsO (+6,+21,+0)
    応援してるぞ
    12 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:41:35.06 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-129)
    セイバー「ウイ、お茶をいただきたいのですが」トコトコ

    「ちょっと待っててください。もう少しで洗い物終わりますから」

    セイバー「わかりました」

    「……」

    セイバー「ユイ、ここにアイスクリームが!」

    「アイス! あーいーすー!!」

    「しまった!」

    セイバー「ちょうど二人分あります。分けて食べましょう。そういうことです
    ので、お茶はいりません」

    「わーい」

    (あれは……お姉ちゃんと食べる筈だった数量限定アイス! 徹夜で
    並んで買ったのに……!)ギリッ

    セイバー「美味しいですね」

    「ねー」
    13 : おチンチン微ロー - 2010/06/19(土) 18:42:56.63 ID:/JgbdvaK0 (+15,+27,-1)
    紫煙
    14 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:44:56.08 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-132)
    「セイバーちゃんって、変わった名前だよね」

    セイバー「これは、クラスですから」

    「?」

    セイバー「……あだ名みたいなものですよ」

    「へえー。ホントの名前はなんていうの?」

    セイバー「答えられないのです」

    「ふぇ?」

    セイバー「私がここにいるということは、この街で聖杯戦争が行われる
    ということに相違ない。そうすると、あなたたち二人のいずれかが私の
    マスターだ。……だからこそ、教えられないのです」

    「なんだか難しいけど、セイバーちゃんにも事情ってもんがあるんだね!」

    セイバー「はい。申し訳ありません」

    「いいよいいよ。セイバーっていうあだ名も可愛いもん!」

    (やっぱり、お姉ちゃんの感性ってたまにわからないよ)
    16 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:49:06.33 ID:Nqy+uDlH0 (+24,+29,-4)
    続けて!!
    でも憂さんが英霊な気がしてきた。
    17 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:49:26.14 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-138)
    お風呂「ピピピピ! お風呂が、わきました!」

    セイバー「!?」

    「お風呂沸いたみたいだから、お姉ちゃん、入ってきて」

    「はーい。セイバーちゃんも一緒に入ろう!」

    セイバー「……その必要がどこに」

    「セイバーちゃん歓迎ってことで!」

    「え!?」

    セイバー「しかしユイ――」

    「うちのお風呂はおっきいんだから! いこいこー!」

    「おねえちゃーん!」

    セイバー「なんて強引な……。でも、女性のマスターは初めてですからね。
    こういうのも、悪くない」

    「決まりー!」

    セイバー(アイリスフィールとは、一緒に入浴なんてしなかったから)
    19 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:52:05.79 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-105)
    ――お風呂――

    「セイバーちゃん! 肌きれー!」

    セイバー「唯の身体も、少女のもので美しい」

    「セイバーちゃんが言うと、それが厭味に聞こえるよー」

    セイバー「そうでしょうか。私の体は、少女のものでは……」

    「えい!」ざばっ!

    セイバー「うわ!」

    「私が頭洗ったげるね!」

    セイバー「……お願いします」

    「お願いされます!」ゴシゴシ

    セイバー(気持ちいい。こんなに気が休まる日を体験したのは、いつ振り
    だろうか)

    「おかゆいところありませんかー」

    セイバー「いいえ。ユイは、すごく上手です」
    20 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:55:48.45 ID:LIywWmdr0 (+21,+28,-3)
    これは期待せざるおえない
    21 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:56:25.15 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-190)
    「ホントに、綺麗な金髪だよね。ムギちゃんみたい」

    セイバー「ムギ? それは敵ですか?」

    「いやいや私、学校の軽音部に入ってて、そのお友達」

    セイバー「軽音部、というとユイは楽器を弾くのですか?」

    「そうだよー。ギターボーカルやってるんだよ。結構上手なんだから!」

    セイバー「フフ。そうですか」

    「信じてない?」

    セイバー「信じてますよ。この手は、ギターの練習を頑張ってる手だ。毎日
    鍛錬しているのですね」

    「な、なんだか恥ずかしいなぁ」

    セイバー「恥じることはありません。胸を張って、誇りに思うべきです」

    「えへへー。ありがとね」

    「おっけ。……それじゃあ、湯船浸かろうか」

    セイバー「はい」
    22 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 18:58:39.91 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-117)
    「あったかー」

    セイバー「そうですね」

    「……ていっ」ほよっ

    セイバー「な、なにをするのです! 無礼者!」

    「あべし!」

    ドア「ニコ」

    「お姉ちゃん!」

    「大丈夫だよー」

    「そう? よかったー」

    ドア「ニコ」

    セイバー「……ウイが待機してるのですか」

    「なんでだろうね」

    セイバー「それはそうと、なぜいきなり胸を触るのですか!」

    「柔らかそうだったから」

    セイバー「……貴女は、柔らかいものだったらなんでも触るのですか?」
    23 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:01:28.66 ID:2NKpUB2m0 (+15,+22,+0)
    特定した瞬間ry
    24 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:01:49.85 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-172)
    「そこまでじゃないよー」

    セイバー「まったく……」

    「でも、セイバーちゃんの胸、ちっさいねー」

    セイバー「小さくて結構、私は武人です。無駄に大きな胸など不要です」

    「あずにゃんほどじゃないけど、りっちゃんくらいかな?」

    セイバー「その人たちも、軽音部の部員なのですか?」

    「うん! みんな可愛いんだから!」

    セイバー「そうですか。一度会ってみたいものです」

    「澪ちゃんを見ても、やきもちやかないでねー」

    セイバー「なるほど。そのミオという子は、敵なのですね?」

    「なんで!? 澪ちゃんはスタイルがすごくいいから、セイバーちゃん
    が――」

    セイバー「……」

    「な、なんかごめんなさい」

    セイバー「はい。わかればいいのです」
    25 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:05:14.23 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-112)
    セイバー「……」

    「?」

    セイバー「そろそろあがりましょう。ウイも入りたいでしょうし」

    「うん。わかった」ざばぁ

    セイバー「……」

    「ふう、良いお湯だったー」

    セイバー「やはり……」

    「え?」

    セイバー「すいませんがユイ。どうやら、私はもう一度お湯に浸からなければ
    ならないようです」

    「……」

    セイバー「姿を現しなさい。英霊が出刃亀とは情けない」

    ランサー「バレちまったか。気配遮断は不得手だな」

    セイバー「……やりますか?」

    ランサー「無論だ」
    26 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:08:36.32 ID:LpOc2f0K0 (+93,+30,-147)
    「?」

    セイバー「ここでは被害が出る。場所を変えましょう」

    ランサー「そのお嬢ちゃんが、おまえのマスターじゃないのかい? 『セイ
    バー』よ」

    セイバー「なぜ、私のクラスを知っている?」

    ランサー「!」

    ランサー「ほう」

    ランサー「それはどうでもいい。兎角、俺たちの間に言葉は無用だ」

    セイバー「私の提案は?」

    ランサー「飲んだ。しばし待ってやるから、服を着替えて死に場所を選べ」

    セイバー「感謝しますが、待つ必要はない――!」

    ランサー「そういえばそうだったな。場所は?」

    セイバー「付いてきなさい!」

    ランサー「おうよ!」

    「……あれ?」
    27 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:11:48.78 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-96)
    ――公園――

    ランサー「これはまた、半端な場所を選んだもんだ」

    セイバー「青い甲冑に赤い槍。聞くまでもなく、ランサーのクラスか」

    ランサー「ご明察の通りだ。セイバーよ」

    セイバー「やはり、聖杯戦争か」

    ランサー「腑抜け。俺たちがここにいるということは、そうに決まってるだろう」

    セイバー「……その通りだ。いくぞ!」

    ランサー「きやがれ!」

    「……」
    28 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:14:36.39 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-104)
    ――平沢宅――

    「……あれ、なんだったんだろ?」

    「セイバーさんは?」

    「どっか飛んで行っちゃった。青い服着た男の人と」

    「?」

    「私にもよくわからないの。でも、なんだか不安なんだ」

    「お姉ちゃん?」

    「セイバーちゃん、私と話すときは違う。すごく、怖かったの」

    「……大丈夫だよ。状況はわからないけど、きっとセイバーさんは帰って
    くるよ」

    「……うん」

    「もう寝ちゃお。朝起きたら、セイバーさん帰ってきてるからね」

    「そうする。おやすみ、憂」

    「うん。おやすみなさい」
    29 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:18:59.39 ID:pQ5WVS0EO (+7,+19,-1)
    死怨
    30 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:19:00.27 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-152)
    ――公園――

    セイバー「やはり槍のサーヴァント。間合いを取りにくい」

    ランサー「あいも変わらず武器を隠しやがって――。戦いにくいったらねえ」

    セイバー「!?」

    ランサー「気付いたか? 当然だ。お前はセイバーなんだからな」

    セイバー「この局面で宝具!?」

    ランサー「生憎、このままだとやられちまうんでね。さっさと使わせてもらう」

    セイバー「……ならば」

    セイバー(駄目だ。今、私の宝具は使えない――)

    セイバー(魔力が、あまりにも足りなさすぎる)

    ランサー「受けろ――!」

    ランサー「刺し穿つ死棘の槍(ゲイ・ボルグ)!!」

    セイバー「!?」

    ランサー「……とったな」にやり
    31 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:23:13.78 ID:LIywWmdr0 (+22,+29,-5)
    セイバー「槍がっ・・・太くなった!?」
    32 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:23:58.70 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-193)
    「いやいや」

    セイバー「ぐっ……」

    ランサー「避けた!? 否、掠めただけか!」

    セイバー「私には幸運が、味方してくれたようだ。因果律の逆転とは、さす
    がはアイルランドの光の皇子だ」

    ランサー「チィ!」

    セイバー「これで、お前の正体は分かったぞ。クーフーリン」

    「……」

    セイバー「しかし、私に返しの刃は――」

    ランサー「やめだ」

    セイバー「!?」

    ランサー「自慢の、っていうか切り札で止めさせなかったんだ。俺の負けと
    言ってもいい。だが、実際は俺のほうが優位にいる。セイバーよ。この勝負
    は預けたぜ」

    セイバー「な、情けをかけるというのか?」

    ランサー「そうは言ってない。見たところ、おまえは事情を知らないみたい
    だからな。今は倒さないというよりも、倒せない」ヒュン
    33 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:28:20.48 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-108)
    セイバー「……」

    セイバー「戻ろう。ユイとウイが心配している」

    セイバー「事情……」

    セイバー「私の知らないところで、聖杯戦争はどうなっている?」

    セイバー「……わからない」

    セイバー「とにかく、今は怪我の治療を……」

    セイバー「霊体にもなれない」

    セイバー「私は、出来そこないのサーヴァントだ」

    セイバー「ユイ、ウイ……」

    セイバー「大丈夫。帰るくらいはできる」

    セイバー「そうだ。大丈……夫」
    34 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:30:18.62 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-93)
    ――次の日――

    「ん……」

    「セイバーちゃん?」

    セイバー「は、はい?」

    「うわ!」

    セイバー「大声を、出さないでください」

    「顔色、悪いよ? どうしたの?」

    セイバー「問題ありません。少し、傷を負っただけですから」

    「……見せて」

    セイバー「?」

    「セイバーちゃんの怪我、見せて」

    セイバー「ですが――」

    「いいから」ガバッ

    セイバー「!?」
    35 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:30:46.30 ID:cNTiiFqH0 (+25,+29,-2)
    セイバーは知らないけど面白くなりそうかな
    36 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:33:31.93 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-129)
    「ひどい傷……。病院に――」

    セイバー「昨日も見たでしょう? 私は普通の人間じゃない。病院に連れて
    いったところで無駄です」

    「それじゃあ、どうすれば……」

    セイバー「眠って、魔力を全て回復に回します。そうすれば、ある程度は回復
    するでしょう」

    「……」

    「セイバーちゃん」

    セイバー「?」

    「なんで、我慢するの?」グスっ

    セイバー「ユイ?」

    「こんなに酷いのに、痛くないみたいな顔しないでよ。私、耐えられないよ」

    セイバー「……痛みなんて、とうに慣れました」

    「慣れたって痛いものは痛いよ! セイバーちゃん……」

    セイバー「……」
    37 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:34:30.19 ID:hiQ1dglv0 (-5,+3,-2)
    >>35
    え?
    38 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:34:33.17 ID:3fW7lnBFO (+1,+11,-5)
    この組み合わせは斬新
    39 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:35:33.56 ID:vDn4k8pWO (+24,+29,-12)
    英霊としてかつて一世を風靡したROCK STARを召喚してだな……
    40 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:36:13.57 ID:U2o88inq0 (+18,+25,-2)
    いままでなかったの?
    41 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:36:22.31 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-101)
    セイバー「痛いですよ」

    「うん……」

    セイバー「今まで、そんなことを言ってきたマスターはいませんでした」

    セイバー「私を道具のように扱い、私自身もそれでよかった」

    セイバー「――ああ。でも」

    セイバー「こんなにも、温かいのですね。人間というものは」

    セイバー「貴女は、世界で一番優しい人だ。私のような存在に、気を使う」

    「そんなことないよ」

    セイバー「いいえ。だからこそ、私は話しておかなければなりません」

    セイバー「私という存在を」

    セイバー「聖杯戦争というものを」
    42 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:37:32.14 ID:LpOc2f0K0 (+79,+29,-1)
    少し席をはずす
    43 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:38:03.38 ID:hiQ1dglv0 (+27,+29,-15)
    そろそろ士郎が遊びにくるのか・・・。

    聖杯戦争に関わる→唯たち殺害される

    これをどう回避するか・・・
    44 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:45:46.41 ID:U2o88inq0 (+22,+29,-7)
    俺の凛をだせば神SS
    45 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 19:55:01.07 ID:jXFkEs5M0 (+24,+29,-17)
    ランサー「俺にはゲイ・ボルグには第三の能力があるんだよ!教えてやるぜ・・・」






    「13kmや」
    46 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 20:01:04.82 ID:EtdQeHWL0 (+24,+29,-24)
    アーチャーが英雄エミヤでなく英雄ヒラサワなのかどうかソレが問題だ
    47 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 20:11:00.12 ID:LpOc2f0K0 (+77,+27,+0)
    ただいま
    48 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 20:18:28.18 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-131)


    「……そう、なんだ」

    セイバー「これが、聖杯戦争です」

    「7人の魔術師とサーヴァントの殺し合い……」

    セイバー「その中の一人が私であり、昨日の男です」

    「私が、マスターなの?」

    セイバー「わかりません。少なくとも、ランサーにはマスターがいるのでしょ
    う」

    「どうして?」

    セイバー「必殺の一撃。宝具を用いてきました。あれを放つということは、
    魔力に余裕がある何よりの証拠」

    「セイバーちゃんは?」

    セイバー「魔力がありません。だから、宝具を使うこともできない」

    「それって……」

    セイバー「はい。私には切り札がありません。そのうえ、傷を負っても治り
    ません」
    49 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 20:22:52.51 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-120)
    「……」

    セイバー「聖杯戦争始まって以来でしょうね。マスター不在のセイバーのクラ
    スは」

    「……セイバーちゃん」

    セイバー「?」

    「契約って、今からでもできる?」

    セイバー「ユイ……?」

    「セイバーちゃんが、こんなにつらそうなんだもん。私が力になりたい」

    セイバー「そ、そんなつもりは――!」

    「無理しないで。セイバーちゃんにも、叶えたい願いがあるんでしょう?」

    セイバー「……はい。なんとしても、私は聖杯を手に入れなくてはならない」

    「だったら!」

    セイバー「それとこれとは話が違う! 私は、あなたたちに傷ついてほしく
    ない」

    「……だったら、なおさらだよ」
    50 : 以下、名無しにか - 2010/06/19(土) 20:27:50.40 ID:LpOc2f0K0 (+95,+30,-107)
    「セイバーちゃんが、私たちを守ってよ」

    セイバー「あなたたちを、私が?」

    「私を守るために、私はセイバーちゃんを守る!」

    セイバー「ユ、ユイ」

    「いいでしょ?」

    「いいって言うまで、ここを動かないから」

    セイバー「……困った人だ」

    「……」

    セイバー「痛みを、伴います」

    「分かってる」

    セイバー「命を、落すやもしれない」

    「知ってる」

    セイバー「それでも、なお?」

    「セイバーちゃんが苦しむよりはいい」

    セイバー「――承知しました。マスター」
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - fate + - けいおん! + - ギャグ + - クロスオーバー + - シリアス + - レズ + - 感動 + - 相良宗介 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について