のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,567,403人
911,677,341頁
昨日:5,661人
6,276頁
今日:1,163人
1,256頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ女「うぇっ……吐きそう……」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - + - アナル + - ゲロ + - フェラ + - メイド + - 俺いも + - + - 安価 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 21:59:48.81 ID:tnhwaBzA0 (+1050,+30,-45)
    「…………」

    初冬を感じさせるような、肌寒いある日の夜刻。
    見知らぬ小娘が俺の家の前で──

    「グェェェーーーーッ!」

    ゲロっていた……。

    「あー、すっきりしたぁ……」

    「う、嘘だろ……」

    「……ん?」

    「あっ、センセーじゃ~ん」
    2 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:01:19.16 ID:tnhwaBzA0 (+90,+30,-87)

    この酔っぱらいめ。
    親御さんが泣いてるぞ、って……

    「……せ、せんせい?」

    「うへへ、こんばぁんわぁ~」

    「…………」

    あれ? なんか見覚えが。

    「……ま、まさか」

    「うははは~」

    「……女?」

    ……………。
    ……………。
    3 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:02:23.98 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-94)
    時は経過して……。

    おんぼろアパート一室のソファーの上で、
    酒臭い一人の小娘が寝転んでいた。

    俺はコップを片手に彼女の元へ。

    「ほれ」

    「……え?」

    「水だ。少しは楽になるぞ」

    「どうも……」

    今だ目をとろ~んさせ、顔を仄かに赤く染めていた。
    明るい所で見ればよく分かる。
    間違えるはずもない。この娘は俺の教え子だった。

    「……聞きたいことは山ほどある」

    「…………」
    4 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:03:32.69 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-148)
    「頭は少しは冴えてきたか?」

    「……まぁ、多少は」

    コップに口を付けながら、彼女は上目遣いで俺を見る。
    まだ酔いはかなりありそうだ。
    喋りながら少しずつ改善してくれればいいが……。

    「まず初めに」

    「……はい」

    「どうやって、俺の家の住所を知った?」

    「……ええと」

    「このご時世だ。住所の名簿は渡されていないはずだが」

    「……見たんです」

    「ん?」
    5 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:04:18.70 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-81)
    「この通りを歩いていた時に偶然……」

    「俺がここに入るのを?」

    「……はい。……あ~……頭いたっ……」

    「……そうか」

    「すみません。もう一杯水貰えます?」

    「おう……」

    流し台にいき、水道水をコップに注ぐ。
    すると、ソファーの方から声が聞こえた。

    「……えっ。水道水なんすか?」

    「ちょっとそれ嫌なんですけど……」

    意外とずうずうしかった。
    6 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:04:59.70 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-110)
    「水道水なめんなよ。殺菌されてるから心配ない」

    「いや、逆にそれが不安というか……」

    「わがまま言うな。俺の家には、水に金を払う余裕などない」

    「そんな自慢げに言われても……」

    「ほれ」

    「……ありがとです」

    文句を言いながらも水を飲み始める少女。
    相当、自分の酔いを自覚しているようだ。

    「続けて良いか?」

    「あ、はい」

    「俺の家を知っていた理由は分かった」

    「じゃあ次。どうして、そんな状態なんだ?」

    「…………」
    7 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:06:00.50 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-150)
    「未成年の飲酒は法律で禁止されてる」

    「う……」

    「今すぐ、ご両親に連絡してもいいが……」

    「教え子を易々売るのも気分がいいもんじゃない」

    「……すみません」

    「いやいや、まだそう決まったわけじゃないぞ」

    「きちんと俺に説明してくれてからな?」

    「…………」

    俯いて黙りこくる少女。
    少し厳しめにいこうか……。

    「黙ってちゃ分からん」

    「これだと連絡せざるを得ないぞ」

    「尋常じゃない飲酒量だ。問題ないというほうがおかしい」

    「…………」
    8 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:06:54.19 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-175)
    「ご両親もかなり心配しているはずだぞ」

    「……ッ」

    少し反応があった。

    「…………」

    目の前にいる少女は確か二年B組。
    ちなみに俺は、彼女の担任ではない。
    数学の科目を担当しているだけで、週に三回ほど会うだけだ。

    そんな彼女のことを鮮明に記憶している理由は単純で、
    それはつまり、彼女の容姿が一際目立つからに他ならない。

    教師の間でも然ることながら、生徒の間だと最早芸能人扱いだ。
    聞いた話ではそれもあながち間違いではなく、
    時にはモデルとして、ファッション雑誌に載っているらしい。

    性格は良。成績も良。
    悪い噂はあまり聞かないし、教師受けも悪くない。

    そんな彼女が目の前で、泥酔していた。
    何かただならぬ訳があるのだろうと初めは考えていたが……。

    「違うな」
    9 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:07:42.98 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-134)
    「……え?」

    「こうやって酔うのは初めてじゃないだろう?」

    「……っ」

    「……常習犯か。どこで飲んでるのかしらんが、かなり問題だな」

    「……ぅ」

    「両親はこのことを知ってるのか?」

    知らないはずはない。だが、敢えて聞いた。
    それが恐らく彼女の弱みだと思うから。

    「…………」

    「悲しむと思うぞ。いいのか?」

    「くっ……」

    「こんなことばかりして、ご両親が可哀想だと……」

    「あん……に……な……わかる……」

    「そんな小さな声じゃ聞こえん」

    「くっ──」
    10 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:08:28.58 ID:d+va2xJPP (+33,+30,-57)
    近づくと女の様子がおかしい事に気が付いた。

    「どうしたんだ?」

    「・・・」

    「?」

    反応のない女を尻目に教室に入ろうとしたその時

    男の目に映ったのは、

    首のない彼女の両親だった

    男が慌てて振り返ろうとすると頭部に強い衝撃を受けた。

    薄れ行く意識の中で俺は全てを理解した。

    (ああ、あんただったのか)
    11 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:08:34.08 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-109)
    「あんたに何が分かるんだって言ったんだよ!!」

    「…………」

    唐突に彼女の感情が暴発した。

    「親、親、親って、私の親が心配してるわけねぇだろっ!」

    「…………」

    「ちょっと教師だからって良いヤツぶりやがって……」

    「分かってんだよ、お前らの視線が私の体に向かってることぐらいよ!」

    「…………」

    「ちっ……どいつもこいつも……」

    いつもの様子からは想像もつかなかった。
    言葉遣いは荒く、目つきは険しい。

    だが、俺は疑問だった。

    「なぁ……」
    12 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:08:40.51 ID:b8YaxklG0 (-26,-11,-1)
    期待
    13 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:09:18.10 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-101)
    「……なんだよっ! 何か文句でもあるのかっ!」

    「その不良ぶった言い方さ……」

    「正直、疲れるだろ?」

    「…………」

    「普通に喋れよ普通に」

    「お前慣れてないだろ? わざわざ悪ぶろうとするな」

    「……っ」

    先ほどの威勢はどこにいったことやら。
    悔しそうに唇を噛み締めている。

    少し沈黙の間が続いた。
    先に口を開いたのは少女の方。

    「ど、どうして……?」
    14 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:09:22.70 ID:xqY3m3du0 (-26,-14,-1)
    しえん
    15 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:09:56.07 ID:OKNPw/GEO (+17,+27,-13)
    ふひひ………………………………………………















    サーセンwwwwwwwwwwwwwwwwww
    16 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:10:56.40 ID:tnhwaBzA0 (+99,+30,-110)
    「ん? 何のことだ?」

    「……口調のこと……」

    「ああ、別に簡単だ。今時、あんな言い方するのはヤンキー崩れだけ」

    「レディースなんてのが存在してたときは、ああいう娘も少なからずいたけど」

    「今はそう見ないな」

    「…………」

    「分かった?」

    「……うん」

    「…………」

    あれ? これはこれで違う気が……。
    彼女の口調に違和感を覚える。正直、馴れ馴れしい……。

    「普通に喋れって言ったのはそっちでしょ?」

    「まあ、そうだが……」
    17 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:11:38.24 ID:GJxukXCq0 (-8,+6,+1)
    つまんね
    18 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:11:59.45 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-123)
    「私もこっちのほうが楽だから」

    「…………」

    「それで?」

    「は? それで、とは?」

    「これからどうすんの? 私の親に連絡するの?」

    「……それも一つの選択肢だ。お前はどっちがいい?」

    「私はどちらでもいいよ。今更あいつは何も言わないと思うし」

    「あいつ?」

    「母親のことだよ……。父親はいないから」

    「そうか……」

    母子家庭か……。少々複雑のようだった。
    19 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:12:28.93 ID:d+va2xJPP (+2,+14,+0)
    おもしろい
    20 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:12:41.72 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-96)
    「分かった……。連絡はやめよう」

    「そう」

    「……嬉しそうでもないな」

    「別に……」

    「まあ、いい。それで、酔いは冷めたか?」

    「普通に歩けて、軽く冗談を言えるぐらいは」

    「ならオーケーだ。今度からは飲んだとしても軽めに抑えとけ」

    「冗談を聞いてくれる……てわけでもないのね」

    「当たり前だ。急いで家に戻れ。もうすぐ零時を回るぞ」

    「…………」
    21 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:13:42.01 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-73)
    しかし、女はその場から全く動こうとしなかった。
    俺は再度促す。

    「夜道が怖いなら送ってくぞ」

    「…………」

    「何も言わないんじゃ、こっちも分からん」

    「…………」

    「帰りたくない」

    帰りたくないって……。
    ここは俺の家だぞ……。

    「もう何日もあの家には戻ってないし」

    「……ちょっ、ちょっと待て」

    聞き捨てならなかった。
    22 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:14:49.93 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-126)
    「なら、今までどうしてたんだ? 野宿か?」

    「そんなわけないでしょ。昨日までは女友達の家に泊まってた」

    「……はぁ」

    色々大変だな……。

    「家庭の問題はひとそれぞれだから、あまり余計なことは言えんが」

    「その女友達の家に今日も泊めて貰えば……」

    「それは無理」

    彼女の綺麗な瞳は、確実に俺を捕らえていた。
    自然と目を逸らしてしまう。

    「ど、どうして……?」
    23 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:15:09.13 ID:ptQa3PaK0 (+14,+29,+0)
    ちょっ、まてよ
    24 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:16:12.61 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-87)
    「今日の朝に、喧嘩した」

    「それだけじゃ、分からん」

    「あんまり言いたくはないけど……聞きたい?」

    「ああ、簡潔に頼む……」

    「分かった。簡潔に説明すればいいのね」

    「……おう」

    「その娘には二年ほど付き合ってる彼氏がいたんだけど……」

    「私に惚れちゃった。おしまい」

    「…………」

    驚きのあまり声が出なかった。
    俺は急いで次の案を探る。
    25 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:17:02.74 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-155)
    「じゃ、じゃあ、他の女友達んとこに──」

    「他はほとんど上辺だけの友達だから無理」

    「…………」

    そんな寂しいことを平然とした顔で言うな……。
    そうやって諭したいところを、何とか抑える。

    「ふーむ……」

    足りない頭では妙案が思いつきそうもなかった。

    しばし黙って熟考していると、
    目の前の彼女は少し気分を害しているようだった。

    「ちょっといい?」

    「むー……ん? 何だ? 良い案でも見つかったか?」

    「良い案って……。聞くけど、そんなに私を泊めるの嫌なわけ?」
    26 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:17:25.73 ID:C+GK7Wwq0 (+19,+29,+0)
    私怨
    27 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:17:45.57 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-91)
    「好みの問題ではない。教師としての倫理がな」

    「じゃあ、それを抜きにして考えてよ」

    「抜きにしてって……」

    「私は泊めるに値する? しない?」

    「…………」

    正直、男としては確実に前者だった。
    それだけ彼女は女として魅力的だ。
    スタイルもいいし……って……。

    「で、どっちなの?」

    「…………」

    「……し、しない」

    「…………」

    周りの温度が二三度下がった気がする……。
    28 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:18:55.43 ID:hOUBWWnF0 (+11,+13,-6)
    さすが数学教師!そこにしびれるあk(ry
    29 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:19:00.50 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-173)
    「……そう、ならもういい」

    「お、おい……もしかして素直に家に帰るのか?」

    「はっ? 帰るわけないでしょ?」

    「野宿するつもりなら、それはダメだ」

    「はいはい違いますから。てかもう関係ないんだから干渉しないでよ」

    「そういうわけにはいかない」

    「お前の担任ではないが、教師としては最後まで見届ける必要がある」

    「ふん、大人ってホント綺麗事ばかり」

    「ああ、綺麗事で結構。で、どこに泊まるんだ?」

    「だから、きちんとした住まいだって。もう、おせっかいは十分です」

    「いいから言え。どこだ?」

    すると、彼女はここにはもう用が無いといわんばかりに立ち上がり、
    俺を見下ろしてこう言った。
    31 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:20:13.55 ID:tnhwaBzA0 (+88,+30,-153)
    「ほかの男んとこ」

    「な……」

    「先生と違って、他のみんなは喜んで泊めてくれると思うし」

    自信の顕われか、彼女の右の口元が上がっていた。
    しかし、どう考えたって……

    「ダメに決まってんだろっ!」

    自然と立ち上がり、俺は怒声を挙げた。
    胸の内では怒りがむらむらと沸き上がる。

    「相手がどういう意図で泊めるか分かって言ってるのか!」

    「わかってるわよ。私の好意目当てでしょ?」

    「それだけじゃない。運良ければ身体も、なんて考えてるんだぞ!」

    「べ、別にそんなの承知の上よっ!」

    「せ、SEXの一度や、二度くらい、減るもんじゃないわよっ」

    こ、こいつぅ……。
    32 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:20:20.18 ID:INOnxQvV0 (-18,-6,-1)
    超期待
    33 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:20:58.74 ID:j6HZfwg/0 (-11,+0,-1)
    ほほう
    34 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:21:10.33 ID:tnhwaBzA0 (+95,+30,-127)
    「てかそんなことでピリピリしちゃって、先生まさか童貞?」

    「なっ……」

    「はっ、もしかしてマジだったり? うわ、その歳で童貞とか……」

    「ち、違う、俺は童貞ではない」

    「いいえ、童貞ですから。態度でバレバレよ」

    「しかもそれなら今までの怖じ気づきぶりも理解できるし」

    「ご、誤解だっ!」

    「はん? チェリー君が何言っても無駄ですから」

    「くっ……」

    「ほんと大人のクセしてガキ臭い」

    何故かいつのまにか、俺が童貞か否かの問題に……。
    色んな意味でマズかった。
    37 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:22:19.40 ID:tnhwaBzA0 (+91,+30,-130)
    「てか、そんなことはどうでもいいっ!」

    「あ、ついに認めたんだ」

    「そのことじゃないっ!」

    「じゃあ、何?」

    「お前が男んとこに泊まるって言い出した話だ!」

    「いいじゃん、私の勝手でしょ?」

    「勝手じゃない。俺は許可しないからな」

    「何の権利をもってそんなこと言ってるわけ? ただのバカ?」

    「教師でも、プライベートまで干渉していいはずないんですけど」

    「くそ、あーいえば、こーいいやがって……」

    「しかも許可って……先生の許しなんて何の価値もないから」
    38 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:23:03.76 ID:tnhwaBzA0 (+92,+30,-108)
    確かに彼女の言い分は正しい。
    教師だからといって、そこまで口出す権利はない。
    一応、止めたのだから、後は本人の自己責任だ。

    ただ──

    「俺は認めんぞ」

    「……はぁ……まだそんなこと言って……」

    正直な話、ここが彼女にとっての分岐点のような気がするのだ。
    選択を間違えれば、全てが悪い方向へ言ってしまうような。
    そんな嫌な予感が付きまとって仕様がない。

    だから……

    1.男の恐ろしさを分からせる。
    2.家に泊まらせる。
    3.もう干渉しない。

    >>50
    39 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:23:55.77 ID:SbvYOEPJ0 (+19,+29,-1)
    なんだ、ただの神展開か
    40 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:24:06.23 ID:aojVvJkj0 (-29,-17,+0)
    2
    41 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:24:17.89 ID:C+GK7Wwq0 (+12,+29,+0)
    エロはいらん
    42 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:24:39.75 ID:hOUBWWnF0 (-27,-15,+0)
    44 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:25:00.46 ID:d+va2xJPP (-25,-13,+0)
    4しかない
    45 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:25:03.19 ID:bqUKChKX0 (-29,-17,+0)
    2
    46 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:25:04.27 ID:j6HZfwg/0 (+6,+18,-2)
    遠いな
    47 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:25:08.87 ID:C+GK7Wwq0 (-9,+0,+1)
    kskst
    48 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:25:44.25 ID:bqUKChKX0 (-29,-17,+0)
    2
    50 : 以下、名無しにか - 2010/03/28(日) 22:25:49.68 ID:j6HZfwg/0 (-15,-17,+0)
    2
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - + - アナル + - ゲロ + - フェラ + - メイド + - 俺いも + - + - 安価 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について