のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,549,825人
911,657,398頁
昨日:6,240人
7,002頁
今日:3,382人
3,699頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ佐天「学園都市に『鬼』が出るらしいよ!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - GTO + - とある科学の超電磁砲 + - とある魔術の禁書目録 + - クリスマス + - ステイル + - モヒカン + - 佐天 + - 学園都市 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:47:48.39 ID:LYgSm7X40 (+125,+30,-83)
    【9月6日月曜日】

    ――朝 柵川中学

    佐天「うーいーはーるっ!」バサッ

    初春「キャッ! って、佐天さん、いい加減にしてください!」

    佐天「今日は苺ちゃんかぁ。お主もなかなか良い趣味をしておるのぅ」

    初春「もう、佐天さんは……」

    佐天「ごめんごめん。ところでさ、もう聞いてるー?」

    初春「え?何をですか?」

    佐天「『鬼』のことだよ!知ってる? 最近学園都市に『鬼』が出るらしいよ!」
    2 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:48:29.68 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-182)
    初春「もちろん知ってますよ。ジャッジメントでも問題になってますし」

    佐天「やっぱり! ねえねえ! ほんとにいるのかな?」

    初春「うーん、どうなんでしょう? でも、スキルアウトの人達の状態を見ると……」

    佐天「五十人以上のメンバーが集まってるチームが一日にして壊滅したんだよね」

    初春「はい。しかも、誰に聞いても、『鬼が出た』としか言わないらしいんですよ」

    佐天「『鬼』か……なんか怖いけど、ちょっと気になるなぁ」

    キーンコーンカーンコーン

    初春「あ! 授業始まりますよ! 急ぎましょう!」

    佐天「って、ちょっと、初春! 置いてかないでよー!」
    3 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:49:02.69 ID:Uq3Zv3CC0 (+22,+29,-5)
    九鬼先生を期待してみる
    4 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:49:10.43 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-123)

    ――常盤台女子寮

    黒子「お・ね・え・さ・まぁーん!」ガシッ

    御坂「ちょっと! 朝っぱらから抱きつくな!」

    黒子「いいじゃありませんの。スキンシップはコミュニケーションの一つですわよ」

    御坂「アンタの場合、それが過剰すぎるのよ!」

    黒子「!!!!! ああんっ! おねえさまの愛は痺れますのっ」

    御坂「はぁ。ほんと、付き合ってられないわ」

    黒子「ところでお姉さま。『鬼』の話ですが……」
    5 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:49:53.08 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-171)
    御坂「『鬼』?ああ、昨日の黒子が言ってた事件ね。
       五十人以上のスキルアウトを一日で壊滅させるなんて、その『鬼』って何者かしら」

    黒子「残念ながら、ジャッジメントでも、詳細はまだ掴んでおりませんの。
       ただ、五十人の屈強な男達に、あそこまでの恐怖を植え付けたのは事実ですわ」

    御坂「ふーん。そんなに凄い能力者なのかな? 気になるわね」

    黒子「お姉さま。いいですの?これはジャッジメントの仕事ですの。民間人のおねえさ――」

    御坂「あー、はいはい。わかってるってば。ほら、早く行くわよ」

    黒子「んもうっ! お姉さまったら……」




    ――学園都市 某研究施設
    ??「『鬼』……か。面白い。邪魔をするなら……」
    6 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:50:35.86 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-72)
    ――放課後 柵川中学

    佐天「ねえねえ、初春! 今からセブンスミストに行かない? 新作入荷したらしいんだ」

    初春「すみません。今日はジャッジメントの合同会議が入ってて……」

    佐天「そっかぁ。それじゃ仕方ないね。あたし一人で新作を楽しんで来るかな」

    初春「また週末にでも、御坂さんたちを誘って行きましょう」

    佐天「うん、それじゃ、また明日!」
    7 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:51:17.48 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-120)
    ――セブンスミストへの道

     佐天は久し振りに聴く音楽に耳を傾けながら、セブンスミストへの道を歩いていた。

     シャカシャカシャカ♪

    佐天「(一一一の新曲いいなー! って言っても、一ヶ月前の曲なのかぁ。
        この前の事件からあんまり音楽聴かなかったからなぁ)」

     しかし、楽しそうに音楽を聴きながら道を行く佐天のすぐ後ろに、三つの影があった。

    A「――おい、あの黒髪どうだ?」

    B「なかなか良いじゃねーか。中坊みてーだが、ガキが好きってのもいるしな」

    C「ああ。あれなら、結構良い値が付くかもしんねーなぁ」

    ABC「んじゃ、やるか」
    8 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:52:00.37 ID:Uq3Zv3CC0 (+18,+30,+0)
     
    9 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:52:01.75 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-166)
    ダダダダダッダダ!

    ガシッ!


    佐天「(えっ!? 何? 誰!?)」

    佐天「いやあああああ! んーんーんー!(痴漢!? え、なにこれ!?)」

    B「ねーちゃん、静かにしろや。騒ぐと痛い目見るぜ」キラッ

    佐天「んー!(な、ナイフ! え、なんで私が!? なんで!?)

    C「静かにしてれば、痛いことしねーからよー。おい、さっさと車のとこにいくぞ」

    B「おう。ほら、ねーちゃん、歩きな」

    佐天「(あたし、どうなるの? ねえ、誰か助けてよ。初春、御坂さん、白井さん……)」
    10 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:52:43.37 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-87)
    A「おい! 早く中に入れろ!」

    B「わかってるっての! お前こそ車くらいこっちに回しておけよ!」バタンッ

    A「誰にも見られてねえよな?」

    C「ああ、問題ねえ」

    A「よし、出すぞ」

    キュルルルル ドンッ! ブオンブオン ブォーン
    11 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:53:37.81 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-85)

    ――

     屈強な三人の男に連れ去られる佐天。誰もその姿を見ていないかと思われた。しかし……


      !?


    ホジホジ フーッ

    ??「おいおい、マジかよ。ったく、この忙しいのによ……」

    ??「こんなの見ちまったら……」

    ??「見過ごせねーよなー……『漢』として……」

    ??「――いや、『……』としてなぁ!?」
    12 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:54:02.89 ID:Uq3Zv3CC0 (+18,+30,+0)
     
    13 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:54:21.53 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-187)
    ――車中

    C「今日も楽勝だったな」

    B「ぼろい商売だぜ。適当に女攫ってけば金がもらえるんだからよ」

    佐天「(どうしよう。私、このまま売られちゃうのかな)」

    A「おい、無駄口ばっかり叩いてないで、しっかり見張っとけよ」

    B「うるせえよ! このガキ、無能力者っぽいから大丈夫だって」

    C「ほとんど抵抗してこなかったしな。真面目な無能力者は楽で助かるぜ。ハハッ」

    佐天「(無能力者……あたしに力があれば……こんな奴ら……
        って、そんな事考えても仕方ないよね。本当になんでこんなことに……)」

    B「なあなあ、そう言えばよ、山崎んとこのチームが潰されたってマジか?」

    C「昨日のあれか。なんでも『鬼』にやられたらしいぜ。笑っちまうよな」
    14 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:55:03.93 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-170)
    B「どうせクスリでもやってテンパってたんだろ? あいつらジャンキーばっかりだからよ」

    C「だろーな。ヘッ、何が『鬼』だ。笑っちまうぜ」

    佐天「(鬼……もう幽霊でも鬼でも、何でも良いから……助けてっ!!!)」


     救いを求める佐天。しかし、その心の声を聞く人間は誰もいなかった。だが……


    キキーッ! ドーンッ! ガシャン!

    ABC「うおおおお!」

    佐天「んーんー!(ちょっと、何これ!何があったの!?)」

    B「おい、A! どうしたんだ!」

    A「原付が急ブレーキかけやがって、こっちにぶつかりやがった!」
    15 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:55:49.24 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-95)
    B「ああ!? なんだそれ……って、おい!」

    A「どうし――」


    ガシャン! ベキベキベキッ!

    A「があああああっ! なんだ、なんだこれ!」

    ??「てめーら……中坊連れ込んで何してんだぁ!? こらぁ?」

    BC「なんだこいつ! Aを離しやがれ!」

    ??「離せだぁ? 良いぜ。離してやるよ」

    ミシミシッ ガシャガシャガシャッ!

    A「あ、あ、あ、がああああああ!」

    ――ドーン!
    16 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:56:05.59 ID:Uq3Zv3CC0 (+18,+30,+0)
     
    17 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:56:32.76 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-152)

    B「なっ……フロントガラスから、無理やり引っ張って……」

    C「外に……投げとばした!?」

    ??「お望み通り、離してやったぜ。んで、てめーらはどうして欲しいんだ?」

    B「な、なんだこいつは……能力者か!?」

    C「そんなことより、こいつやばいぞ! さっさと始末しねーと!」

    バタンッ ダダッ

    ??「おー。わざわざ車から降りてくるたぁ、気合入ってんじゃねーか。でもよ……」

    B「うるせえ!死にやがれ!」

    シュッ! シュッ!

    ??「たかだか光モン一つで俺に勝てるわけがねーんだよ!?」

    バキッ! ゴスッ! ミシミシミシ バキッ!
    18 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:57:14.01 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-63)
    C「おい、B! ――お、お前、能力者か!?」

    ??「能力者だぁ? そんなの知ったこっちゃねーんだよ」

    ??「俺はなぁ、てめーらみてーに、女を拉致るようなクソヤロー共が気にいらねーんだよっ!」

    ガシッ

    C「ひっ! ひぃっ!」


    ??「だからよぉ、『漢』として……『一教師』として……
       おめーらに『教育的指導』ってのをしてやるぜ!?」





    鬼塚「――この、鬼塚英吉様がよぉ!?」




    http://www.youtube.com/watch?v=iCZ2DR80Xb0&feature=related



    ―――GTO GAKUENTOSHI 7 DAYS WAR―――
    19 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:57:26.34 ID:rcbgSR3RP (+0,+12,-1)
    ほう
    20 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:58:14.26 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-178)
    【8月27日金曜日】
    ――吉祥学園屋上入り口

    鬼塚「あーあー、夏休みももう終わりかぁ。
       入院したり湘南行ったりで結局何もできなかったぜ」

    ピコピコ ザシュッ ザシュッ

    鬼塚「九月になったら、まーたあのハゲ教頭の顔見なきゃなんねーんだよな」

    ピコピコ ドンッ ドンッ ダダダダダダッ

    鬼塚「DMC4も飽きたな……また吉川んとこから何かパクってくるか」ゴロン

    キンッ シュボッ パチン

    鬼塚「ふーっ。あー、煙草もあと二本しかねーしよー。金もねーし。
       また冬月ちゃんに借りるとすっか……って、貸してくれるよな?」

    鬼塚「ふわぁーあぁっと。眠ぃな。することもねーしなぁ。寝るか」

    ぐがー がー すぴー がー


     不貞寝する鬼塚。だが、人気のない学校に響く音が……

    ――カツーン カツーン カツーン


         !?
    21 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:58:55.37 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-110)

    ……か先生

    ??「鬼塚先生」

    鬼塚「ぁん?」

    理事長「おはようございます。鬼塚先生」

    鬼塚「ああ、理事長。おはようございます。よっと」

    シュタッ

    理事長「そのヘッドスプリング……相変わらず元気そうね」

    鬼塚「そりゃ、この鬼塚英吉22歳独身は吉祥学園のヒーローですから!」

    理事長「あらまあ。ふふっ」

    鬼塚「そんなことより、どうしたんですか? 今日は職員会議とかないっすよね?」

    理事長「ええ。今日は鬼塚先生に折り入って頼みがあって」

    鬼塚「ちょっと、理事長! それは無理です!」

    理事長「あら、なんでかしら?」
    22 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 20:59:41.71 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-198)
    鬼塚「だって、理事長の頼みって、いつも面倒な事ばっかりじゃないっすか。
       終わってみたら、いつも怪我してるし、あのハゲに説教されるし、金はないし、
       夏だってのに、パツキンのチャンネーと出会いはないし、童貞捨てらんねーし……」

    理事長「あら残念。今度の出張は女子『校』にも行ってもらおうと思ったのに……」

    鬼塚「 『!?』 」

    理事長「今回は学園だけの問題じゃないから、ボーナスだって出るのに……
        ほんと残念ねぇ。仕方ないから、袋田先生にでも頼もうかしら」

    鬼塚「ちょっと待ってください理事長! 女子『高』ってマジっすか!?」

    理事長「ええ、女子『校』よ。まあ、共学の学校にも回ってもらうことになりますけどね」

    鬼塚「……ボーナスっていくらくらい出るんですか?」

    ピピッ

    鬼塚「指二本って……まさか二十万!?」

    理事長「いいえ。二百万よ」

    鬼塚「に、に、ににににににににひゃくまんだぁ!?」

    理事長「ええ。今回は文部科学省の方からの依頼でもあるから、額が大きいのよ」
    23 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:00:22.88 ID:LYgSm7X40 (+90,+30,-226)
    鬼塚「(二百万ありゃ、龍二と冬月ちゃんに借金返しても、まだ余るぞ……
        それに女子『高』?高校生ってこたぁ、ミニスカから出るあの太股……
        透けるブラジャーに、揺れるパイオツ……中坊とは違うあのカラダで……

        ??「あたし先生のことが……」パラッ
        鬼塚「お前、そんなに俺の事が……」ガッ
        ??「あんっ。先生、そんなとこ……あっ! だめっ!」

        ……なんてこともあるかもしんねーぞ!? ヒトナツの思い出作りってやつでよぉ。
        そしたら童貞も捨てて、女子高生の彼女とあんなことやこんなことを毎晩……)」

    理事長「それじゃ、鬼塚先生は無理ってことで。袋田先生探さなきゃいけないわね」

    鬼塚「――理事長、待ってください」

    理事長「ん? 何かしら、鬼塚先生」

    鬼塚「この不肖、鬼塚英吉。今まで理事長からのご依頼を断ったことがあったでしょうか?
       それに、文部科学省からの依頼ともなれば、吉祥学園のヒーローとして、
       いや、教育界のヒーロー鬼塚英吉として、是非その任務を遂行させて頂きますよ!」
    24 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:01:06.16 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-119)

    理事長「あら、さすが鬼塚先生! 頼もしいわ。それじゃ、これ」

    パサッ

    鬼塚「ん? 学園都市視察計画?」

    理事長「そうよ。詳しいことはそこに書いてあるから読んでおいてくださいね。それじゃ」

    カツーン カツーン カツーン

    鬼塚「って、ちょっと理事長!? まぁ、いいか。二百万に女子高生……
       夏休みの終わりにビッグチャンスの到来かぁ!? 俺もとうとう……」

       ??「鬼塚先生、あたしの初めて……もらって欲しいの」
       鬼塚「お前……大丈夫だ。優しくすっからよぉ……」
       ??「あんっ! 先生! 先生っ!」

    鬼塚「童貞卒業だああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」


    ――――
    26 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:03:26.46 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-133)

    【9月5日日曜日 一日目】

    ――学園都市

     借金のカタに愛車を龍二に奪われた鬼塚は、電車とバスを乗り継いで、学園都市にやってきた。
     
    鬼塚「ここが学園都市か……って!」

       !?

    キャッキャッ チョットサテンサン!

    鬼塚「青い縞々パンツ……ガキかよ……
       でも、着いた早々にパンチラを拝む事になるなんてよぉ……」ジーン

    鬼塚「こりゃ、可愛い女子高生と、少し遅れた
       『ヒトナツのランデブー』って奴ができるかもしんねーなぁ?」

    鬼塚「とりあえず、荷物が邪魔だから、宿舎ってとこに行くとすっか」
    27 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:03:36.33 ID:qEd+eBn80 (+11,+26,-1)
    続けたまえ
    28 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:05:08.01 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-202)

    ――宿舎

    鬼塚「ここか……結構良いマンションじゃねーか」

    ガチャ

    鬼塚「お! ベッドもあるのかよ! ったく、理事長もこういう部屋用意してくんねーかな」

    ドサッ バサバサ ゴソゴソ

    鬼塚「荷物の整理も一応しとくか。適当に持ってきたけど、足りねーもんはねーよな……
       ん?おいおい。こんなもんまで持ってきちまったのかよ。
       って、こりゃ、綾波の限定フィギュアじゃねーか! なんでこんなとこに……
       適当に詰め込みすぎたな。まあ、困るこたぁねーか」

    ガラッ キンッ シュボ パチン

    鬼塚「ふぅー。部屋ん中は禁煙だってのが、めんどくせーな。
       まあ、ベランダで一服ってのも乙なもんか」

    鬼塚「よし。とりあえず、この街のチャンネーでも見に行くか!」
    29 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:05:50.18 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-169)

    ――街中

    鬼塚「しっかしよぉ、なんか小奇麗な街じゃねーか」

    ウィーンウィーンウィーン

    鬼塚「うおっ! なんだこれ? 掃除してんのか? おいおい……
       すげー街だな。こいつは、エヴァの世界にもねーんじゃ……」

    たゆんたゆん

    鬼塚「 『!?』 」

    たゆんたゆん たゆんたゆん

    鬼塚「(なんだあれは……あの揺れ方……トロ子と同じくらいあんじゃねーか!?)」

    ……コノリセンパイ  ……ジュンカイノコースハ ……マイゴノレンラクガ

    鬼塚「学園都市……こいつぁ、やばい匂いがするぜぇ!?」ジュルリ
    30 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:06:54.44 ID:rcbgSR3RP (+8,+20,-1)
    鬼塚か
    31 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:06:56.51 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-143)
    ――路地裏

    鬼塚「ほー。表通りに比べて、路地裏は結構暗いじゃねーか」

    キンッ シュボ パチン

    鬼塚「ふぅー。喫煙所がねーってなんだよ。灰皿くらい設置しといてくれよな。
       それにあの変な腕章つけた、チンチクリンのガキんちょ。
       偉そうな喋り方しやがって。何が『ここは禁煙区域ですの!』だ。
       ったく、煙草もおちおち吸えねーんじゃ、早速やる気がなくなってくるぜ」

    キャー! ヤメテ! マテッテ オラオラ

    鬼塚「ん? なんだ?」

    バタバタッ ガンッ ニゲンジャネーヨ
      
    「助けてください!」


       !?
    32 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:07:39.72 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-204)

    鬼塚「(こりゃ、結構上玉じゃねーか! さっきの子とは言わないが良い乳して……)
       って、んな事考えてんじゃねーよ! どうした!?」

    「あの人達が! 急に!」ハァハァ

    鬼塚「なんだぁ?」


    モヒカン「おいおい、逃げんなよ!って、なんだこいつ?」

    レッド「あん?どうした?」

    モヒカン「いやよぉ、追ってきたら、なんかこいつが居やがってよ」

    レッド「金髪にピアス?って、今時Vバングかよ!ハッ、だせえ」

    ――ピキッ

    モヒカン「YAZAWAってヤツを真似してんじゃねーの?いつの時代だよ」アハハハ


    ――ピキピキッ
    33 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:08:22.05 ID:LYgSm7X40 (+93,+30,-194)

    鬼塚「おいおい、てめーら。さっきから黙って聞いてりゃ人のことだせーだのくせーだの……
       あげくの果てには、永ちゃんをバカにしやがってよぉ?」

    モヒカン「あん? お前に用はねーんだよ。そっちのねーちゃん寄こせや」

    ドンッ

    鬼塚「おっ! てめー、俺押しのけようなんざ――」

    モヒカン「おい! 早くこっちこいや!」

    「いやぁぁぁあぁぁぁあぁ!!」


    ガシッ!


    モヒカン「なんだ!? お前、人の事掴んでんじゃねーよ! 殺すぞ!」

    レッド「あー! わかった! そいつ、正義の味方のつもりなんだよ」


    プッ ギャハハハハ
    34 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:09:03.48 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,+0)

    モヒカン「正義の味方だぁ? うぜーから、さっさとやっちま――」

    ヒュンッ! ガンッ! メリメリッ!

    レッド「なっ……モヒカンの顔が、コンクリの壁にめりこんで……」

    鬼塚「おい……ショッカーだか怪人二十面相だか知らねーけどよぉ……
       正義の味方の俺を差し置いて、そこの可愛いねーちゃんとイチャイチャ――
       
       じゃねぇ。
       
       無理矢理連れて行こうなんざ、百年はえーんだよ!」

    レッド「この野郎、能力者か!? ぶっ殺してやる!」シャキンッ

    鬼塚「警棒か……そんなおもちゃで、この鬼塚様のタマァ獲れると思ってんのかぁ?」

    ボコッ ゲシッ バキッ!

    レッド「うああああああああああ!! 骨が骨が骨があああああ!」

    鬼塚「ケッ。どの街にもこういうザコはいやがるな。
       おい、ねーちゃん、大丈夫か?」

    「は、はい! 助けてくれてありがとうございます。あっ!」


       !?
    35 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:09:40.54 ID:kj8CBIvn0 (+27,+29,-4)
    支援 書き溜めはテンポいいから大好き
    36 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:09:46.69 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-217)

    ガキンッ!


    鬼塚「がっ!」 バタン

    金髪パーマ「おいおい、なんだよこいつは……」

    ザコA「どうしたんですか?」

    ザコB「って、ドレッド君にモヒカン君がやられてるじゃないっすか!」

    金髪パーマ「このVバングがやったみたいだな。邪魔しやがって」ペッ

    ザコC「とりあえず、女連れてアジトに戻ります」

    金髪パーマ「ああ。ついでにドレとモヒも回収してやれ」

    ザコC「了解です!」

    金髪パーマ「俺はもう少しこいつと遊んでいくぜ……ケケッ」

    「いやぁ! やめて!」

    ザコC「うるせえんだよ!」

    ドカッ! バタン
    37 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:09:48.35 ID:+MpwgS+E0 (+15,+25,-3)
    これは上条さん要らないなw
    38 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:10:25.84 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-59)

    金髪パーマ「あんまり傷つけんじゃねーぞ。商品なんだからよ」

    ザコC「はい」

    鬼塚「(……金属バットかなんかか? 痛ぇじゃねぇか……)」モゾモゾ

    金髪パーマ「さぁて、久し振りに出張ったんだからな。サンドバッグになってもらうぜ!」


    ブンッ!


    ――
    39 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:11:22.76 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-308)

    ――廃ビル

    ザコA「リーダー! 女連れてきました!」

    リーダー「おう。『箱』ん中に入れとけ。手錠忘れんじゃねえぞ」

    ザコA「わかりました」

    リーダー「ん? おめぇら、金パとモヒとドレはどこいったんだ?」

    ザコB「それが、邪魔が入りまして……」

    ザコC「モヒカン君とドレッド君は怪我したもんですから、治療を」

    リーダー「邪魔されて怪我しただぁ? ザコが! 使えねぇ野郎だな。
         んで、金パはどうしてんだぁ? あいつもやられたのか?」
         
    ザコB「いえ、金髪パーマさんは、邪魔した野郎に『ノック』入れてます」

    リーダー「『千本ノック』か。あいつも飽きねぇなぁ。まあ、いい」

    ザコB「そろそろ戻って来ると思います。今日は『足』持ってますし」


    ――ドドドドドッドッドッドッドッドッド ドルンッ
    40 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:12:05.27 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-126)
    リーダー「戻ったようだな。俺んとこに来いって言ってこい」

    ザコC「わかりました」

    タッタッタッタ バキバキバキッ! メリメリッ!


    ――ドーン!


    リーダー「あぁ!? なんだ!?」




    鬼塚「よぉ。てめーら……ちょっくら家庭訪問させてもらうぜぇ!?」
    41 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:12:48.17 ID:LYgSm7X40 (+93,+30,-204)

    リーダー「家庭訪問だ? 何言ってやがる! ジャッジメントか!?」

    鬼塚「さっきから能力者だとか、ジャッジメントだとか、なんだよそれはよぉ?
       女ぁ拉致るわ、だせーだのくせーだの、頭が悪ぃだの好き放題……
       しかも俺様の頭を金属バットで殴りやがってよ。これ以上馬鹿になったらどうしてくれんだぁ!?
       てめーらやっぱりショッカーの怪人なんじゃねーのか?」
       
    リーダー「わけわかんねえ事言ってんじゃねえ! ぶっ殺すぞ!」

    鬼塚「あー、これだからザコはよぉ……みんな同じ台詞しか言わねーんだよな。
       中の人は楽かもしんねーけど、作者の手抜きがばれちまうぜ?」
       
    リーダー「うるせえ! お前らぁ! 集合しろ! おい、B!『箱』の周りの奴も呼べ!」

     ザザザッザ ダッダッダ ドタドタドタ

    リーダー「ヘッ! どうだ? 俺のチームは50人以上いるんだぜ?」

    ――ホジホジ フーッ
    42 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:13:29.64 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-168)
    鬼塚「あのなぁ、たかだか50人くらいで――」

     バキッ!

    リーダー「なっ!?」

    鬼塚「そんなに調子こいてっとよぉ――」

     ドカッ! メリッ! バキッ!

    ザコX「てめえ!!!」

     ブンッ ガシッ

    鬼塚「このスキンヘッドのデブみたいによぉ――」

     ミシミシッ!

    ザコX「がはっ」

    鬼塚「『地獄』見る羽目になるぜぇ!?」

     バキバキバキッ!!!!

    ウオオオオオ! カカレエエエエエ! コロスゾォ!?
    43 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:13:39.58 ID:USDZr1Qk0 (+24,+29,-8)
    能力無しで鬼塚vs土御門vs黒妻のバトルも見てみたいw
    44 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:14:12.86 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-173)
    ――ドーン!

    ――バキバキッ!

    ナンダコイツ バケモンカァ!? ゼンインデカカレ!

    ――ドコッボコッガキン! ミシミシミシ……バキッ!

    鬼塚「おいおい。自慢のチームってのはこんなもんかぁ?」

    リーダー「嘘だろ……? 50人以上いたのに……」

    鬼塚「ほらほら! 早く逃げねーと、食っちまうぜぇ!?」バキッ

    リーダー「はっ! まさか、『肉体強化』か!? おい、『あれ』を作動させろ!」

    ――ウウィーン キィーン キィィィィーーーーン

    リーダー「能力者ならこれで……って、な、なんでだ!」

    鬼塚「だからよぉ……能力者とかわかんねーんだけど、何なんだぁ?」

    リーダー「お前、一体……何者なんだああああ!!」ブンブン
    45 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:14:56.71 ID:/qbI7RQf0 (+24,+29,-3)
    誰だと思ったら鬼塚ということで最初から読むとする
    46 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:15:32.03 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-134)
    鬼塚「うおっ! いきなり光モン振り回すんじゃねーよ!」ガシッ

    リーダー「ぐわっ! お前……がっ! 腕が……腕があああ」ミシミシミシミシ


    ――ボキッ! カランカランカラン

    鬼塚「ったく。最近のガキはすぐに光モン出しやがる」カツーン

    リーダー「腕がああああああああ!」

    鬼塚「あー、クソ。頭痛ぇ……って、おい! 血ぃ出てるじゃねーか!」

    リーダー「はぁはぁ……お前……一体何者なんだ……」

    鬼塚「あぁ!? いいぜ……教えてやるよ」


    キンッ シュボ パチン



    鬼塚「湘南の鬼爆……その『鬼』の字だよ!?」ドカッ


    ――バタン
    47 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:16:36.50 ID:LYgSm7X40 (+93,+30,-189)

    鬼塚「ふぅー。やっと片付いたか。ったくよぉ、初日からこれかよ。
       そういや、あの可愛いチャンネーはどこ行ったんだ?」
       
    キョロキョロ

     廃ビルを一通り見渡した鬼塚は、奥の扉から外に出た。そこに、カーゴスペースに
     巨大なスピーカーを積んだ、真っ赤なワンボックスカーを見つけた。

    鬼塚「だせぇ車だなぁ、おい。今時こんなの流行らねーぞ」

     車に近づく鬼塚。だが――

    ザコA「お、お、お、お、お、おまえええええええええええ!!!」

    鬼塚「うおっ! なんだこいつ! まだ残ってたのかって……お前、大丈夫か!?」

    ザコA「おまおおまああああえええええええええええええええええ!!!!」

    ダダダッ ガンッ!

    鬼塚「って……なんだこいつはぁ!?すげー馬鹿力……!?
       こりゃ、ヘナチョコ龍二並のパンチじゃねーかよっ!?」
    48 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:17:33.17 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-168)

    ザコA「ガガギグギギガッァグゲエッッッゲゲガアガガ!!!!」

    鬼塚「こりゃ、ちぃっとばかし……やべーかもしんねーなぁ?
       この様子……クスリでもキマってんじゃねぇのか!?」
       
    ――ミシッ ミシッ ミシミシミシッ!
       
    鬼塚「うらああああああああああああ!!!!!!」バキィッ!



    ――ドーンッ ドンッ ドンッ バタン


    鬼塚「はぁはぁ……んだってんだ……危なかったぜ……」

    ――キィィィィーーーーン

    鬼塚「あ? そういや耳障りな音もするしよぉ……このスピーカーか?
       って、うわっ! このワンボックス……今時ウィングつけてやがる」
       
    ドンッ! ドンッ! バキバキバキッ! ――プシュー

    鬼塚「静かになったぜ……で、女子高生、女子高生っと」
    49 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:18:44.67 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-186)

    ――ガシャン

     ワンボックスの横に回り、ドアを開けた鬼塚は、数人の女子高性を見つけた。

    鬼塚「あー、ここにいたのか。ってみんな寝てるじゃねーかよ。大丈夫なのかぁ?
       手錠までつけられちまってよぉ。――おっ! この子!
       ピンクのレースじゃねーか!! 最近の女子高性はこんなのを……って!」
       
    ??「――ッジメントですの! って……なんですのこれは!」

    鬼塚「やべっ! 誰か来やがった! 初日からこんな事やっちまって……
       理事長にチクられたら、ボーナス出なくなっちまうじゃねーか!
       さっさとフケねーとやべーな……」
       
    ダッダッダッダ バタバタバタ 


    鬼塚「(女子高性のパンチラ……もっと眺めてたかったのによぉ……
        しゃーねー。部屋に戻ったら、冴島からもらった女子高性モンでも見るか……)」

    ダッダッダッダ

    鬼塚「ああああ、クソ! こんなんなら、さっきの単車持ってくるんだったぜ!」
    50 : 以下、名無しにか - 2010/03/23(火) 21:19:31.88 ID:LYgSm7X40 (+95,+30,-55)

    ――

    ??「――わかった。所詮はスキルアウトだ。しかもあの程度のチームではな」

    ――デスノデ ――ヨテイヨリスコシダケ ――ヨロシクオネガイシマス

    ??「邪魔する奴は……」


       !?
       
       
    ??「始末しなければならないな」




    【9月5日日曜日 一日目終了】
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★
    タグ : - GTO + - とある科学の超電磁砲 + - とある魔術の禁書目録 + - クリスマス + - ステイル + - モヒカン + - 佐天 + - 学園都市 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について