のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,555,873人
911,664,445頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:0人
0頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ佐天「対象に気づかれずにふとももの内側に触る能力、かぁ…」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 百合えろ + - とある科学の超電磁砲 + - とある魔術の禁書目録 + - 一応完結 + - 佐天 + - 佐天×ミサカ + - 女装アニメ + - 幼馴染 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2010/02/26(金) 23:37:21.49 ID:wDw9ylav0 (+125,+30,-170)
    佐天「こんなの、何に使えばいいんだろう…」

    初春「あ、佐天さん!聞きましたよ!ついに能力者になれたって!」

    佐天「あー、初春…まぁ、ね…」

    初春「…?どうしたんですか?今まで能力者になりたいってあんなに言ってたじゃないですか?」

    佐天「そりゃあそうだけど…まぁいいか、要は使いようだよね」

    初春「ところで、どんな能力なんですか?」

    佐天「うーん、あんまり口にしたくないんだけど…あ、ちょっと待って、初春で試させてよ」

    初春「ええっ!?あ、危なくないですよねっ?」

    佐天「大丈夫だよ、多分…じゃあいくよ」   …スッ

    初春「…?…あ、あれ?佐天さん?…どこに行っひゃあうっ!?」ビクンッ
    2 : 以下、名無しにか - 2010/02/26(金) 23:38:07.15 ID:Crji5fr30 (+22,+29,-5)
    あの電車のエロ漫画が貼られる予感
    3 : 以下、名無しにか - 2010/02/26(金) 23:38:32.47 ID:oflMpPti0 (+0,+14,+0)
    ひとりがwwww
    4 : 以下、名無しにか - 2010/02/26(金) 23:42:13.28 ID:wclk06Xg0 (+71,+30,+0)
    >>2
    5 : 以下、名無しにか - 2010/02/26(金) 23:50:45.03 ID:wDw9ylav0 (+95,+30,-192)
    佐天「とまぁ、これが私の能力なんだけど…」

    初春「な、ななな、なんですかっ!?今のは!?突然、何かにふとももの内側を触られたような…」

    佐天「対象に気づかれずにふとももの内側に触れる能力、みたい」

    初春「なんでそんな限定的な能力なんですか!しかも、ふとももの内側に触れるとか…佐天さん卑猥ですっ!」

    佐天「そう言われてもなぁ…私だってなんでこんな能力なんだか…そりゃあ、いつも初春のふとももの内側、触ってみたいなぁとは思ってたけど」

    初春「こ、こんな能力、多用しないでくださいよっ!?」

    佐天「えー、いいじゃん別に。ふともも触られるくらい」

    初春「よ、よくありませんよっ!そもそも、何で姿まで消えるんですかっ!」

    佐天「…え?」
    6 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 00:01:21.79 ID:kFnkTN1J0 (+39,+29,-1)
    重福ちゃんの中の人誕生日おめでとー
    7 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 00:22:05.13 ID:P4075cQJ0 (-27,-15,+0)
    8 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 00:33:41.29 ID:zWh9b1bK0 (+35,+30,-305)
    初春「どうしたんですか?」

    佐天「…いや、姿まで消えるって…私、消えてた?」

    初春「消えてましたよ?能力を使うって言った瞬間に、目の前から居なくなって…触られた瞬間にまた出てきましたよ?」

    佐天「…ふーん…もしかして、気配を完全に消せるのかな?…ねぇ、もう一回試させてよ」

    初春「だめですよっ!もうそんな卑猥な能力は使わないでくださいよっ!」

    佐天「いいじゃんー、ケチー!…と言いつつ…」   …スッ

    初春「っ!?さ、佐天さん!?ま、また消えちゃった…」

    佐天「…(さーて、スカートに潜って…初春のふともも、ふとももっと…あれ?待てよ…この状態でぱんつも覗けるんじゃあ…)」

    初春「きゃあっ!?さ、佐天さんっ!?スカートの中に頭突っ込まないでくださいよっ!!」

    佐天「…え?あ、あれ?…おっかしいなぁ…まだ初春のぱんつ見てないのになぁ…なんで気づかれちゃったんだろう…?」

    初春「人のぱんつを覗かないでくださいっ!」

    佐天「ぱんつはスカートを捲って見ろとの神のお告げかな?これは…そぉれっ!」バサァッ

    初春「きゃああああああっ!?」

    佐天「…お、今日はレース付きじゃん」
    9 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 00:54:18.55 ID:zWh9b1bK0 (+35,+30,-261)
    初春「さ、佐天さんっ!」

    佐天「んー…けど何でふともも触る前に気づかれちゃったんだろう…」

    黒子「あら、佐天さんに初春ではありませんか、どうしたんですの?こんなところで?」

    初春「あ、白井さん!佐天さんったら酷いんですよっ!」

    黒子「どうしたんですの?」

    佐天「あー、実は私もやっと能力者になれたんですけど…」

    黒子「そうなんですの?で、一体どんな能力なんですの?」

    佐天「それは…先に白井さんに試してもいいですか?」

    初春「さ、佐天さんっ!何言ってるんですか!?」

    黒子「…まぁ私は別に構いませんが…?危険な能力ではないんですのね?」

    佐天「全然危険なものじゃないですよ…じゃあ行きますよ…?」   …スッ

    黒子「…っ!?…こ、これは…佐天さんの姿が消えた…!?」

    初春「…え?何言ってるんですか?佐天さんなら今白井さんの足元に屈んで…」

    黒子「?何を言ってるんですの?初春…んひゃあっ!!?」ビクンッ
    10 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 00:55:52.80 ID:mH2edtT40 (+24,+29,-9)
    対象以外には普通に見えるというのか、確かに使い所が限られる能力だな
    11 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 00:56:15.36 ID:AHeF0tS40 (+19,+29,-15)
    対象以外には見えるのか・・・


    使えねぇ
    12 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 00:56:48.14 ID:kFnkTN1J0 (+44,+29,-8)
    重福「佐天さん・・・わたしと・・・いっしょ・・・!!」
    13 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 00:58:39.23 ID:qeEqjmJ70 (+24,+29,-23)
    姿を消す能力ではなく対象の認識を変える能力
    LVあがれば消えるより強いかも
    14 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 01:05:03.38 ID:zWh9b1bK0 (+35,+30,-174)
    黒子「い、今のはなんなんですのっ!?」

    佐天「…とまぁ、これが私の能力なんです」

    黒子「…と、言われましても…ふとももを触られたような感じがしただけですの」

    佐天「…対象に気づかれずにふとももの内側に触れる能力…それが私の能力なんです」

    黒子「…な、ななな…」

    初春「卑猥ですよっ!ねぇ、白井さんもそう思いますよねっ?」

    黒子「なぁんて素晴らしい能力なんですのっ!!!欲しい!欲しいですの!!」

    初春「…白井さん…?」

    佐天「えー、でもこんな能力、使い道が無いですよ?」

    黒子「…お姉さまの…お姉さまのふとももの内側が触りたい放題…極上の能力ですのっ!!!!」
    16 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 01:10:09.78 ID:sA9WwxHc0 (-5,-4,+1)
    >>4
    きめぇ
    17 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 01:10:43.76 ID:z1naG12i0 (+40,+29,+0)
    >>4
    多分それじゃない
    18 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 01:18:56.36 ID:zWh9b1bK0 (+35,+30,-288)
    黒子「しかも、対象に気づかれずに…というのがまたいいんですのっ!佐天さん!あなた天才ですのっ!」

    佐天「いやーそれほどでも」

    初春「喜んでいいところじゃないですよっ!もう…」

    佐天「でも、気づかれずにってのは、なんだかはっきりしないんですよねー」

    黒子「…?どういうことですの?」

    佐天「初春に能力を使った時、2度目は途中でバレちゃったんです」

    黒子「…同じ人間には一度しか効かないってことですの?」

    佐天「うーん、わからないんですけど…あ、じゃあもう一回白井さんに試させてもらっていいですか?」

    黒子「いいですの!でも今度は私も能力を使って回避してみますのっ!」

    初春「瞬間移動で避けられちゃったら当たらないじゃないですか」

    佐天「…まぁやってみますよ…じゃあちょっと離れた物陰から…」タタタッ

    佐天「この辺でいいか…」   …スッ

    黒子「いくらなんでも、あんな離れたところから来るのでしたら気づきますのっ!初春、あなたは黙っているんですのっ!」

    初春「はいはい…(…あっ…来た…ていうか、この時点で白井さんには見えてないんだ…)」
    19 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 01:26:05.37 ID:08j+pR/t0 (-9,+5,-1)
    はやく続き
    20 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 01:29:12.75 ID:kFnkTN1J0 (+81,+15,+1)
    >>17
    これか
    21 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 01:52:35.63 ID:wjl8o3xM0 (+61,+22,+0)
    これかと
    22 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 02:11:01.24 ID:+dhJySIA0 (-20,-20,-9)
    >>21
    ふぅ…

    ……で、ZIPは?
    23 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 02:12:47.27 ID:kFnkTN1J0 (+44,+29,-5)
    >>1はさるったのか?
    俺も書き溜めとくか
    24 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 02:19:03.15 ID:4l1ig60V0 (+27,+29,-3)
    >>21
    ふぅ……一瞬ムギかと思った
    25 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 02:21:44.89 ID:NEDm5qGY0 (+10,+7,+1)
    >>21
    タイトルkwsk
    26 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 02:21:54.75 ID:NEDm5qGY0 (+24,+29,-15)
    ごめんどう見ても書いてあった
    27 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 02:23:45.19 ID:sA9WwxHc0 (+29,+29,-14)
    たかやきは相変わらず短編カラーが多いな
    28 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:10:29.25 ID:CrRtfgXL0 (+45,+30,-132)
    佐天(さてと、そーっと、そーっと……する必要もないか。よし、いっそ走っち

    ゃえ)ダッ

    初春(わわ、佐天さん、そんな大胆な……でも、白井さんは気付いてないみたい

    ですね)

    黒子「…………」

    佐天「おーい、白井さーん?」

    初春(目の前で手を振っていても気付かない。それに、声も聞こえていないみた

    いですね)

    佐天「ふむ、それじゃあ……」

    ・・・さわっ

    黒子「……ひっ!? ん、い、いつの、まに……ひゃうっ!?」ビクン

    黒子(触れられるまで、全く気が付かなかった。しゅ、瞬間移動で……)ヒュパッ

    佐天「あ、逃げた……。ふふん、なら、もう一回……」
    29 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:12:05.77 ID:CrRtfgXL0 (+45,+30,-155)
    黒子「……ハァ、ハァ」

    ・・・さわっ

    黒子「ひぅ!?……ちょ、ちょっと、待ち、ぁん、待ちな……」

    黒子(こ、こうなったら佐天さんを何処かに……)

    黒子「あ、あれ……、ど、どうしてですの? あん、の、能力が……」

    佐天(んー、ふとももを撫でるのは楽しいけど、それだけじゃなぁ……ん?)

    佐天(対象に気付かれずにふとももに触る能力だよね。じゃあ、こういう触り方

    は……?)

    ・・・ぴちゃ

    黒子「……ん、ふわっ!?」

    初春(ちょ、ちょっと佐天さん、何で白井さんのふとももを舐めてるんですか?



    佐天(へぇ、手じゃなくても『触って』れば良いんだ。あは、少し楽しめそうか

    も……)
    30 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:13:45.98 ID:CrRtfgXL0 (+45,+30,-94)
    黒子「さ、佐天さん、いい加減に!」ブン

    初春「……え?」

    佐天(いい加減にしないと何ですかーっと。ふふ、甘噛みしちゃえ)

    ・・・はむっ

    黒子「ん、んん……」

    初春「さ、佐天さん!中止、中止です」

    佐天「えー、せっかく温まってきたところなのに……」

    初春「膨れても駄目です。やりすぎです」

    黒子(ん、急に佐天さんが足元に……まさか、今までずっとここに?)
    31 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:14:57.23 ID:CrRtfgXL0 (+45,+30,-178)
    佐天「で、どうでした、白井さん?」

    黒子「一回目の瞬間移動は普段通りできましたけれど、二回目は全く発動の気配すらありませんでしたわ」ハァ、ハァ…

    佐天「二回目、ですか?」

    黒子「あなたを移動させようとしたんですのよ」

    初春「えーっと、そのことなんですけど……」

    佐天「ん? 何か気付いたの、初春?」

    初春「はい。その、途中で白井さんが佐天さんを振り払おうとしたじゃないですか?」

    黒子「……しましたわ、外れたようでしたけど」

    初春「いえ、外れてはいませんでした。その、すり抜けたんです、佐天さんの身体を、白井さんの手が……」
    32 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:16:18.35 ID:CrRtfgXL0 (+43,+30,-96)
    黒子「そ、そんな、馬鹿なことが……」

    初春「…………」

    黒子「嘘ではないようですわね」

    佐天「へぇ、そんなことがあったんだ」

    初春「気付いてなかったんですか?」

    佐天「あはは、ふとももに集中してたからさ」

    黒子「しかし、ということは、能力使用中の佐天さんは……」

    初春「対象からのあらゆる干渉を受けない?」

    黒子「それなら、私の能力が効かなかったことも説明できますの」
    33 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:16:38.20 ID:Hqbf3ulGP (+0,+4,+0)
    なにこれ面白い支援
    34 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:17:00.13 ID:CrRtfgXL0 (+45,+30,-218)
    初春「『気付かれずに』というのも、認識を一種の干渉と捉えているのかも知れませんね」

    佐天「えっと、難しい話は良いからさ。あたしとしては、なんで『ふとももの内側』に限定されてるかが一番知りたいんだけど」

    黒子「おそらく、今の佐天さんの集中力を最大に引き出す対象が『ふとももの内側』であるからではないかと……」

    初春「現状、佐天さんの集中力を最大に発揮してどうにか使える能力ということですか」

    佐天「ちょ、ちょっと待ってよ。あたし、そんなに『ふとももの内側』に夢中な女の子じゃないし」

    初春「何言ってるんですか。さっきだって『ふとももの内側』に夢中で白井さんの行動に気付いてなかったくせに」

    佐天「うっ、そ、そんなこと言っちゃう悪い初春は……こうだーっ!」

    ・・・さわっ

    初春「ちょ、さ、てんぅ!? ひゃ、ふぁ、や、だ、だめぇっ!!」ビクンビクン…

    佐天「悪・即・斬、……斬、じゃないか」
    35 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:17:56.13 ID:CrRtfgXL0 (+45,+30,-43)
    初春「……ハァ、ハァ」

    黒子「もう一つ、分かったことがありますわ」

    佐天「え、なんですか?」

    黒子「佐天さん、あなた……」

    佐天「…………」ゴクリ

    黒子「あなた、とんでもないテクニシャンですわよ」

    佐天「……へ?」
    36 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:18:06.14 ID:kFnkTN1J0 (+44,+29,-21)
    初春「その・・・悪即斬をいつまで・・つづけ・・・られる・・かな・・」ビクンビクン

    佐天「無論、イクまで」
    37 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:19:36.01 ID:CrRtfgXL0 (+52,+30,-159)
    黒子「先ほど私自身が施された愛撫!
       そして今目の当たりにした、初春をほんの数秒で、しかもふとももの内側だけで昇天させるテクニック!」

    佐天「い、いや、その、テクニックとか言われても、あたしは触りたいように触ってるだけで……」

    黒子「ぜひ、ぜひ、その技を黒子に伝授してくださいませ。あなたの指技を身に付ければお姉さまを堕とすことも夢では……」

    佐天「…………」 …スッ

    黒子「あ、あら、佐天さん? 佐天さん、何処ですの?」

    初春「ん、ハァ……、さ、佐天さんなら、ゆっくり後退っていきましたけど?」

    黒子「……く、能力を使いましたのね」

    初春「はは、意外と役立つ能力なのかも知れませんね」



    まで妄想した。責任を取って>>1は続きを書くべきなんだよ。
    38 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:21:27.02 ID:QjA7RPBF0 (+31,+29,-2)
    >>37
    この際、インデックスさんが最後まで書いてくだしあ
    39 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:21:32.98 ID:02UNF7OlO (-12,+2,-1)
    強ェェ…
    40 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:24:49.52 ID:Hqbf3ulGP (+29,+29,-16)
    書き手が変わってたことに気付かんかったわ
    続き頼んます
    41 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:27:41.01 ID:kFnkTN1J0 (+50,+30,-112)
    佐天「あら?手紙が着てる・・・ああ、またあの子かぁ・・・・」

    手紙「お久しぶりです。また手紙書いちゃいました。能力に目覚めたそうですね。おめでとうございます。」

    佐天「あはは・・・耳が早いなぁ」

    手紙「あの、私の能力と似た能力だと聞いて・・これってやっぱり運命ですよね!」

    手紙「やっぱり私達って縁があるんですね!うれしいなあ。佐天さんと一緒だなんて」

    手紙「また手紙書きますね。重福」

    佐天「ああー、そういえばあの子も私みたいな能力だったっけ。微妙に違うみたいだけど」

    佐天「返事・・・書こうかな」
    42 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:27:58.75 ID:VlF3j9b00 (+24,+29,+0)
    ここまできたんだから書いてください、お願いします
    43 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:50:12.62 ID:kFnkTN1J0 (+50,+30,-103)
    重福「佐天さんが・・・能力に目覚めたなんて・・・うれしいな・・・」

    重福「しかも私と一緒・・私と・・・いっしょ・・ふふ」

    重福「嬉しいだろうなあ。私も、うれしい。自分のことのように。うれしい・・・」

    重福「私だけじゃないんだ。もう、私だけじゃ・・・ないんだ・・・ふふふ」

    重福「佐天さん・・・佐天さん佐天さん・・・さてんさんさてんさんさてんさん」

    重福「ふふ・・ふふふふふ・・・」
    44 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 03:58:33.33 ID:kFnkTN1J0 (+50,+30,-144)
    御坂「おーいみんなー」

    黒子「お姉さま!!聞いてくださいですの。佐天さんが能力に目覚めましたんですの」

    初春「そうです!すごいですよー!!」

    御坂「すごいじゃない!って肝心の佐天さんは?」

    御坂(1,2,3・・・佐天さん?の生体電流はちゃんと感じるわね・・・ここかっ)ビリビリッ

    佐天「ふふっ」さわさわ

    御坂「ひゃんっ!そんな!避わされた!?」

    佐天「ふっふっふー、超電磁砲といえども私のことを察知できても、干渉まではできないようですね。」
    45 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 04:01:13.39 ID:kFnkTN1J0 (+50,+29,-9)
    俺が書くと軒並みスレが止まるな。才能のカケラもねえや
    46 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 04:03:06.45 ID:ZbqmRQGs0 (+36,+29,-3)
    >>45
    見てるから早く続き書きやがれ
    47 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 04:10:45.56 ID:kFnkTN1J0 (+50,+30,-244)
    御坂「く・・不覚だわ・・・でもすごいじゃない。姿が消せるなんて、レベル4は堅いわね。」

    初春「それが・・・」

    佐天「あはは・・実は結構不便でして・・・多分精々レベル2かと・・・」

    御坂「随分便利な能力だと思うけれど?あそこでナイフでも刺されたら私もヤバ勝ったと思うわ」

    佐天「『ふとももの内側に触る』時に相手に気付かれない能力なんです。別に姿も消えてませんよ。」

    御坂「ず、ずいぶんとまた回りくどい能力ね・・・敵意があるとダメなのかしら」

    佐天「だと思います。といっても、私誰かと戦うなんてまっぴらですけどねーあはは」

    白井「お姉さまも佐天さんを見習って、事件に首を突っ込んで誰彼かまわず能力を使うのはやめてくださいまし。」

    御坂「あれはあんたたちがちゃっちゃとやらないからでしょうに」

    初春「そうだ!!佐天さん!風紀委員に入ったらいいですよ!!」

    佐天「固法先輩の太ももを触るぐらいしかできないけど?」

    4人「あははー」
    48 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 04:16:23.53 ID:tVJTqJEU0 (-16,-11,-2)
    49 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 04:22:06.01 ID:kFnkTN1J0 (+50,+30,-176)
    夕方

    佐天「あら?また手紙・・・」

    手紙「返事ありがとうございます!今度お会いできませんか?重福」

    佐天「せっかく似たような能力だし、会ってもいいかな。元々悪い子じゃないしね。」

    佐天「OKですよっと場所は・・・」サラサラ

    佐天「これでよし。と、さあて今日は寝ますかねー」

    重福「やった・・!!佐天さんと会える!また佐天さんとお話が出来る!!」

    約束の日。1話のクレープ屋のあたり

    佐天「久々のご挨拶にいっちょ能力披露しちゃいますかっ!この前のお返しもしてないしねっ」

    重福「えっと・・・この辺・・かな・・・?」キョロキョロ

    佐天「目標はっけーん・・・こそこそ」

    重福「?」

    佐天「さわさわ」

    重福「ひゃうあん///だ、誰ですか!?・・・佐天さん!!」

    佐天「あははー重福さん久しぶりー」
    50 : 以下、名無しにか - 2010/02/27(土) 04:24:42.43 ID:sA9WwxHc0 (+31,+29,-14)
    ペロッ・・・これは・・・・般若・・・・
    1 2 3 4 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 :
    タグ : - 百合えろ + - とある科学の超電磁砲 + - とある魔術の禁書目録 + - 一応完結 + - 佐天 + - 佐天×ミサカ + - 女装アニメ + - 幼馴染 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について