のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,563,134人
911,672,720頁
昨日:4,685人
5,362頁
今日:2,534人
2,912頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレハルヒ「キョンく~ん♪」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - 鶴屋さん + - なか + - へんか + - ガンダム + - キョン + - ギニュー + - ゼロの使い魔 + - ハーレム + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2010/02/15(月) 23:13:08.77 ID:iXOp04msO (+125,+30,-81)
    キョン「えっ」

    ハルヒ「会いたかったんですよぉ…」

    ハルヒ「すっごく寂しかったです。」

    キョン「お…おい…ハルヒ?」

    ハルヒ「キョンくん…あたしのこと、今名前で呼んでくれました?」

    キョン「い…いや、いつもそう呼んでるし…」

    ハルヒ「何か…うれしい…です」

    キョン「???」
    2 : 以下、名無しにか - 2010/02/15(月) 23:15:24.42 ID:W+P+LMfu0 (+6,+21,+1)
    構わん続けろ
    3 : 以下、名無しにか - 2010/02/15(月) 23:16:19.01 ID:iXOp04msO (+95,+30,-87)
    キョン「ハルヒ、お前一体どうしちゃったんだよ?」

    キョン「なんか変だぞ。」

    ハルヒ「変っていつも通りですけど…」

    キョン「もしかして…俺をからかってるのか?」

    キョン「その手には乗らんぞ」

    ハルヒ「そんな………」

    キョン「大体そんなブリッ子しても気持ち悪いだけだ。朝比奈さんならともかく…」

    ハルヒ「………」

    ハルヒ「……ごめんなさい」ダッ


    キョン「えっ……ハルヒ?」
    4 : 以下、名無しにか - 2010/02/15(月) 23:17:27.76 ID:Uh5j6oAz0 (+19,+29,-3)
    みくるか
    かまわん続けてくれ
    5 : 以下、名無しにか - 2010/02/15(月) 23:22:39.23 ID:iXOp04msO (+95,+30,-192)
    キョン(あのハルヒが…泣きながら走り去っていっただと?)
    キョン(一体全体…なんなんだよこりゃ)


    谷口「おいキョン」

    キョン「なんだよ谷口。お前妙に不機嫌そうだが」

    谷口「当たり前だろ?何でお前、涼宮さんにあんな酷い口聞いたんだよ」

    キョン(………涼宮『さん』?)

    キョン「そんなこと言ったらお前だってハルヒのことボロクソに言ってたじゃねえか」

    谷口「人聞きの悪いこと言うなよ!俺が…」

    谷口(小声で)「俺が…憧れの涼宮さんのこと…ボロクソに言うわけないだろ」

    キョン「谷口、お前いきなりどうしたんだよ…変だぞ?ハルヒ共々頭でも打ったか?」

    谷口「それはお前の方だ。周りの視線が何よりの証拠だぞ」


    「………」ジーッ


    キョン「……………」
    6 : 以下、名無しにか - 2010/02/15(月) 23:23:41.19 ID:mMXW7Und0 (+19,+29,-4)
    このハルヒなら愛せる
    7 : 以下、名無しにか - 2010/02/15(月) 23:25:38.00 ID:W9gBTDyT0 (+24,+29,-28)
    古泉「涼宮さんは朝比奈さんに対するあなたの態度にあこがれていたのですよ」キリッ
    8 : 以下、名無しにか - 2010/02/15(月) 23:31:44.49 ID:iXOp04msO (+95,+30,-163)
    キョン(ハルヒと言い谷口と言い…)
    キョン(一体何だってんだ)

    みくる「あっ、キョン君?」

    キョン「ああ、朝比奈さん。1年の教室に来るなんて…珍しいですね」

    みくる「ちょっと、いいですか?」

    キョン(あれ?怒ってる?)


    ―廊下―

    みくる「キョン君、どうして涼宮さんにあんな酷いことを言ったんですか?」

    キョン「えっ」

    みくる「涼宮さんが気が弱くて言い返せないからって酷いです。」

    キョン「い…いや、ハルヒはいつもと何だかおかしいですし…」

    みくる「涼宮さんはいつもと同じです。おかしいのはキョン君の方です。」

    みくる「ちゃんと放課後、謝って下さいね。」

    キョン「………」

    キョン(朝比奈さんまで……)
    9 : 以下、名無しにか - 2010/02/15(月) 23:39:38.17 ID:mpbSDEW50 (-27,-15,+0)
    10 : 以下、名無しにか - 2010/02/15(月) 23:39:52.95 ID:iXOp04msO (+95,+30,-166)
    放課後

    キョン(一体全体どうなってるってんだ…)

    キョン「よお、古泉」

    古泉「やあ。今日は大変でしたね」

    キョン「全くだよ…ハルヒはおかしいわ、クラスの奴らの視線が痛いわ、朝比奈さんには叱られるわ」

    キョン「一体どうなってるってんだか」

    古泉「おや、僕は嫌味のつもりだったんですがね。」

    キョン「………」

    古泉「いくらなんでもあんまりだと思いますよ。」

    古泉「しかしあなたは…自分が発言した事自体にはあまり気にも止めていない様ですので」

    キョン「あからさまな嫌味とはお前にしちゃ珍しいな」

    古泉「ははっ……」

    キョン「…………」
    11 : 以下、名無しにか - 2010/02/15(月) 23:46:57.80 ID:iXOp04msO (+95,+30,-126)
    キョン「…………」
    古泉「…………」
    長門「…………」

    …やっぱり変だ。何かが変だ。

    ガチャッ

    みくる「こんにちはぁ~」
    みくる「あれ?涼宮さんは?」

    キョン「まだみたいです。今日は日直でしたし」

    みくる「そうなんですか…」
    みくる「…キョン君。」

    キョン「はい?」

    みくる「涼宮さんが来たらちゃんと謝って下さいね。」
    キョン「いや、でも………」
    みくる「ね」

    朝比奈さんの目が妙に真剣だった。

    キョン「…………」
    キョン「はい」

    みくる「じゃ、私着替えてお茶、入れますね。」

    そう言って朝比奈さんはメイド服に着替え出した。
    13 : 以下、名無しにか - 2010/02/15(月) 23:49:04.39 ID:TX3GpzrO0 (+19,+29,-1)
    朝比奈さぁんぺろぺろ
    14 : 以下、名無しにか - 2010/02/15(月) 23:51:53.28 ID:v4YkKeL+P (+19,+29,-2)
    みくるとキャラ被りw
    15 : 以下、名無しにか - 2010/02/15(月) 23:54:19.00 ID:cGBJbom40 (+24,+29,-8)
    ハルヒが自己言及始めたら世界はどうなるんだ?
    16 : 以下、名無しにか - 2010/02/15(月) 23:54:21.48 ID:iXOp04msO (+95,+30,-237)
    バタン

    ハルヒ「…………」

    みくる「あれ?涼宮さん、来てたんですか?」

    ハルヒ「………はい。」

    みくる「今、お茶入れますからね。待っててください」

    ハルヒ「すいません。今日は私だったのに…」

    みくる「気にしないで。さあ、座って?」

    そう言って朝比奈さんは、俺の隣の椅子を引いた。
    ハルヒは黙りこくったままそこへ座る。

    ハルヒ「…………」

    キョン「…………」

    ハルヒの顔は暗い。葬式の真っ最中か、いやそんなもんじゃない。
    今日にも世界が終わるかのような面をしていた。
    さっきから古泉と朝比奈さんの視線が突き刺さる。
    早くあやまれと言うこと何だろうが、どうも納得がいかん。
    今までのハルヒは…俺にだって朝比奈さんにだって、長門や…とりあえず古泉にも
    散々俺の発言以上に酷いことをしてきた訳だ。
    ハルヒは一度だってきちんと謝ったこともないのに
    なぜこの程度で俺が謝らなければならないんだ。
    17 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 00:00:58.04 ID:EnjFCO1FO (+55,+30,-198)
    ハルヒ「あの………」

    キョン「………どうした」

    ハルヒ「さっきは……ごめんなさい」

    ハルヒ?なぜお前が謝る?

    ハルヒ「キョン君は多分…冗談か何か言ったつもりなんですよね。」

    ハルヒ「なのに私が…変な意味にとって事を大きくしちゃって…」

    どうした?一体どうしたんだハルヒ?
    今までだって、これからだってお前がこんなことを口にするなんて万にひとつもあるわけがない。
    …現に口にしてしまってる訳だが
    しかし俺は…俺は騙されないぞ
    何に?……もちろんハルヒに、だ。

    ハルヒ「今日一日…キョン君に肩身の狭い思いを…」

    終いにハルヒは泣き出した。
    人前で、特に俺の前で涙をながすことなど消してしないだろう女が。
    悪い夢なら覚めてくれと思いっきり自分の足を踏みつけたが
    どうにも事態は好転しなかった。
    19 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 00:05:24.04 ID:EnjFCO1FO (+56,+30,-173)
    キョン「……悪かった」

    ハルヒ「……へっ」

    キョン「俺が悪かった。すまない。」


    女の笑顔は卑怯だ。
    謝るしかないじゃないか。

    その後さらに卑怯なことに、ハルヒはいきなりパアッと明るくなった。
    しかし、ギラギラとやかましい明るさではない。
    ポカポカとか…そう言う類いの柔かな明るさだった。

    みくる「さあ、仲直り出来たところでお茶が入りましたよ。」

    古泉「許して貰えて良かったですね?」

    朝比奈さんと古泉の笑いが今の俺にはどうにもこうにも痛い。
    長門がいつにも変わらず無表情に本を読んでいてくれたことが救いか。
    20 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 00:07:18.98 ID:FqoAZ9Xf0 (+8,+29,+0)
    >>19
    ごめん
    春日しかでてこなかった
    21 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 00:13:43.22 ID:4j1A+mtH0 (+30,+30,-157)
    キョン「……悪かった」

    春日「……へっ」

    キョン「俺が悪かった。すまない。」


    女の笑顔は卑怯だ。
    謝るしかないじゃないか。

    その後さらに卑怯なことに、春日はいきなりパアッと明るくなった。
    しかし、ギラギラとやかましい明るさではない。
    ポカポカとか…そう言う類いの柔かな明るさだった。

    みくる「さあ、仲直り出来たところでお茶が入りましたよ。」

    古泉「許して貰えて良かったですね?」

    朝比奈さんと古泉の笑いが今の俺にはどうにもこうにも痛い。
    長門がいつにも変わらず無表情に本を読んでいてくれたことが救いか。
    22 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 00:13:59.26 ID:EnjFCO1FO (+55,+30,+0)
    朝比奈印の甘露を俺とハルヒはほぼ同時にすすった。
    ……やはり変だ。
    違和感は覚えていたがこれで揺るぎないものとなってしまった。
    ハルヒは俺をからかってはいない…と思う。
    きっと元々ハルヒは「ああ」なのだろう。
    谷口達と朝比奈さんと古泉…
    彼らの反応とさっきのハルヒが何よりの証拠である。
    一体どうしたもんかな…と溜め息を付きそうになると
    ふいにハルヒが俺に話しかけて来た。

    ハルヒ「あの…キョン君」

    キョン「なんだ」

    ハルヒ「その…今日、一緒に帰りませんか」

    キョン「え?」

    まずい。この後…皆が帰った後に長門に色々と話を聞くつもりが…

    しかし断るにも断れない。
    何故なら…朝比奈さんと古泉が無言の何かを俺に叩き付けているからである。

    ハルヒ「………だめ?」

    決定的瞬間だった。
    ハルヒよ。その顔と言い方は反則だろう。
    大変な事になってるかも知れないってのに
    俺はまるで反射のように即座にオーケーを出してしまった。
    23 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 00:14:45.42 ID:EnjFCO1FO (+1,-14,+0)
    >>20
    ワロタ
    24 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 00:21:29.80 ID:EnjFCO1FO (+55,+30,-167)
    みくる「じゃ、後片付けとか鍵締めとかは私達がやっておくんで」

    みくる「二人はもう帰って下さい。ね?」

    ね?の後に続く言葉は…何だったのだろうか。

    ハルヒ「じゃあ…お先に失礼します」

    ハルヒ「あの…キョンくん……」

    キョン「…ああ。行こうか。」

    まあ長門には夜にでも連絡すればいいか…とオレンジよりブルーの比率の方が高い空を見つめながら思った。

    外に出るとマフラー、コート、手袋、おまけにホカロンまでしょっていたがやはり寒かった。
    マフラーを忘れたハルヒにいたっては…身を縮ませ、プルプル子犬のようにふるえている。

    キョン「ほら、風邪引くぞ」


    と、お決まりのセリフを言いながら俺はハルヒに自分のマフラーを首に巻いてやった。
    25 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 00:25:19.56 ID:IJQ1O+mr0 (+9,+21,-1)
    ふぅ・・・
    26 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 00:26:40.75 ID:EnjFCO1FO (+55,+30,-141)
    ハルヒ「…………!」

    ハルヒ「あ……ありがとうございます」

    ニッコリと穏やかな笑顔だった。
    不覚にも可愛いと感じてしまった自分が憎い。

    ハルヒ「じゃあ、いきましょうか」

    自転車を引っ張る俺の後ろをちょこちょこハルヒは着いてきていた。
    いつもならズンズン前を歩く女が、だ。
    どうも気色悪いが、慣れてきてしまっている自分もいた。

    ハルヒ「あの…キョンくん?」

    キョン「どうした?」

    ハルヒ「……早いです」

    キョン「……ごめんな」

    ハルヒ「いえ…歩くの遅くてごめんなさい。」
    27 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 00:31:38.12 ID:WuQFdvuU0 (+21,+28,-1)
    かわまん、つづけろ
    28 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 00:36:12.68 ID:QD260gLd0 (-12,+2,+0)
    はよせえや
    29 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 00:36:42.00 ID:EnjFCO1FO (+55,+30,-171)
    何を話したら良いか分からない俺に対しハルヒは…ご丁寧にも
    俺とハルヒ(今の)に関して色々喋ってくれた。

    ハルヒ「私ね、初めて出来た友達がキョンくんだったんですよ?」

    初耳だ。……当たり前だが。

    ハルヒ「中学生の時ね、女の子から嫌われちゃってて…お友達、いなかったんです」

    今日に限った事ではないがハルヒの顔は絶妙なパーツとバランスで出来てるんだなぁ…などと
    妙なことを思ってしまったがまあいい。

    ハルヒ「でもね入学した日に話しかけてくれた人がいて…あたし嬉しかったなぁ」

    ハルヒ「変な自己紹介しちゃった後だったんで…余計に」

    そういってハルヒは少しうつ向いた。
    30 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 00:42:17.54 ID:EnjFCO1FO (+55,+30,-134)
    ハルヒ「宇宙人さん、未来人さん、超能力者さんがいたら
    お友達になりたいので私のところに来てください」

    ハルヒ「なんて…今考えたら恥ずかしくなっちゃいます」

    てへへと笑うハルヒ。
    …どうにもこうにも調子が狂う。
    ハルヒ「そのあとキョンくんが部活を作ってくれて…」

    ハルヒ「長門さんや朝比奈さん古泉くん…友達が一気に四人も増えちゃいました。」

    キョン「…よかったな」

    特に掛けてやれる言葉もなく、俺は笑いながらそう言ってやる事しか出来なかった。
    そういや、元のハルヒも孤独っちゃ孤独だったな。
    向こうは気にも止めて無かった様だが。

    31 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 00:52:12.40 ID:EnjFCO1FO (+55,+30,-115)
    そんな俺達に、二人のヤンキーが絡んできた。

    ヤンキー1「よお、よお、そこのにーちゃん」

    ヤンキー2「ヒューヒューお熱いねー」

    ヤンキー1「可愛いカノジョ連れちゃって生意気だな~」

    どうにも…面倒なことになった。
    この手の人間は嫌いだが俺の力ではどうにもならない。
    いつものハルヒなら「うるさい」とか何とか言って返り討ちにするところ何だろうが…

    どうも俺の後ろでプルプル震えていた。
    32 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 00:57:13.86 ID:EnjFCO1FO (+55,+30,-147)
    ヤンキー1「よーよ、いい日にデートだなぁ」

    ヤンキー2「これから彼氏んちでペッティングかー?」

    ハルヒの顔がボンッ!と真っ赤になる。
    それにしてもペッティングなんて言葉、久々に聞いたな。

    ヤンキー1「ねーねーお姉ちゃん、兄ちゃんより俺達楽しませてあげるよ?」

    ヤンキー2「一緒に遊ぼ?ね?」

    そう言われたハルヒはフルフル頭を振った。
    そりゃそうだ。ここで頷く人間など居るわけがない。

    ヤンキー1「いいじゃん!」

    ヤンキー2「じゃないと彼氏、怪我しちゃうかもよ?」

    これは本格的にまずい方向になってきた。
    しかしハルヒが頼りにならない以上、俺がなんとかしなけりゃならない。

    ………やれやれ
    33 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:00:33.35 ID:8Cues0Pf0 (+25,+29,-16)
    このヤンキーはモヒカン
    34 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:03:30.32 ID:fIvnGO9Z0 (+0,+0,+0)
              _ , ,- -v- - 、 _
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          .(::(:::(::::/ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::):::)::)
          (::(:::(:::)/・\  /・\(:::):::)::)
          .(::(:::(:::)  ̄ ̄    ̄ ̄ (:::):::)::)
          (::(:::(:::)   (||||人||||)  .(:::):::)::)   これから彼氏んちでペッティングかー?
         .(::(:::(;;;)    \   |  .(;;;):::)::)
          (::(:::(::::\    \_| /::::):::)::)
          (::/ ̄| ̄|\ ||||||| /| ̄| ̄\::)
          |    .〉 |人\_/入| 〈   |
          |  | .|  |  ヽ_/.  |  | |  |
          |  | .|  |  .|__/.  |  | |  |
          |  | ヽ |  ./ ヽ  | / |  |
          |  |  ヽ|  .|  |  |/  |  |
          |  |.   |  |  |  |   |  |
          |_|___./  ヽ_./   ヽ__|_|
          .(/:::::::::\ ___|___ /:::::::::\)
          |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    35 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:03:51.72 ID:IJQ1O+mr0 (+31,+29,-2)
    >>33
    世紀末覇者が出てきそうだな
    36 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:04:08.17 ID:EnjFCO1FO (+55,+30,-99)
    バッ!とわざと大きく自転車の方向を切り替える。

    キョン「ハルヒ!乗れ!」

    ハルヒ「…………えっ」

    ハルヒはぼーっと突っ立っている。

    …ダメだ、こりゃ。

    と思ったものの何故かヤンキー達がフリーズしたように動かない。

    その間ハルヒは俺の後ろに乗り、…自転車を走らせた。

    (注:この世界では二人乗りは合法です)

    38 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:08:43.23 ID:WuQFdvuU0 (+11,+23,-2)
    おい…
    39 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:10:56.66 ID:EnjFCO1FO (+55,+30,-151)
    ハルヒは見た目とは裏腹に結構体重はあるんだなと、
    決して口には出さなかったが思った。

    下り坂は寒いが気持ちがいい。
    街も一望できて一石二鳥だな。

    しかしハルヒは…怖いのかギュッと俺に抱きついていた。
    役得と言えば役得か。

    ハルヒ「キョンくん…助けてくれてありがとう」

    俺が助けた…と言えるのか。あれは。
    確実に別の力が働いて居ただろうに…。

    ハルヒ「ねえ、キョンくん…」
    ハルヒ「私のこと、どう思う」

    ボソッと呟くように言った。
    が、俺は聞かない振りをしてしまった。
    40 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:11:17.17 ID:2k6gwFRf0 (+27,+29,-19)
    これすげぇ!脳内再生に平野声が一切出てこねぇ!
    41 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:11:52.01 ID:xC+l7ArH0 (+0,+29,-1)
    >>34
    国母さんなにやってはるんですか
    42 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:12:48.70 ID:rrpqB6X40 (+0,+6,+2)
    >>41
    チッ、うるせーな
    43 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:13:45.37 ID:EnjFCO1FO (+55,+30,-226)
    そうやっているうちに、例の踏み切りまで来てしまっていた。
    ハルヒはとんっと地面に降りた。

    キョン「じゃあな。気をつけて帰れよ。」

    手をふって別れようとするとハルヒは俺のコートの裾をちょこんと引っ張った。

    ハルヒ「あの…キョンくん。待ってください。」

    何やらハルヒはゴソゴソ鞄の中から何かを取り出そうとしていた。

    ハルヒ「…あれっ?ない?ない?」

    鞄を道路へ置き、ひっくり返し中身を調べていたようだがどうも見つからない様だ。

    ハルヒ「どうしよう……」

    今にも泣きそうな面構えだ。
    キョン「どうしたんだ?何が無いのか言ってみろ。」

    ハルヒ「それは……」

    ハルヒ「言えないです……」

    似合わずしょんぼりしている。
    どうにかしてやりたいとは思うが、
    無いものが分からないんじゃどうにも出来ない。
    44 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:14:38.73 ID:FqoAZ9Xf0 (-10,+29,-1)
    ぐっはぁ!
    45 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:14:42.94 ID:bmcOKqU60 (+24,+29,-4)
    なんなのよこのハルヒかわいいじゃない
    46 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:16:38.82 ID:Dy23ohBM0 (+19,+29,-2)
    ハルヒかわいいよハルヒ
    47 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:22:49.05 ID:V4BBnUJ+0 (-16,+23,+0)
    ドゥフフ
    48 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:24:01.42 ID:fIvnGO9Z0 (-25,+29,-1)
    明日消失見に行こう
    49 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:24:06.17 ID:EnjFCO1FO (+55,+30,-119)
    いや、薄々ではあるがハルヒが何を無くしたのか…薄々分かっていた。
    というかバレバレだった。
    何故なら今日は俺の…


    ハルヒ「あのう…キョンくん?」

    キョン「大丈夫か?」

    ハルヒ「あの……」

    ハルヒ「ごめんなさい…今のは忘れてくださいっ」ダッ

    キョン「あ…ああ…じゃあな。」

    非常にしょんぼりしながらもハルヒはもの凄いスピードで走っていった。
    50 : 以下、名無しにか - 2010/02/16(火) 01:29:12.06 ID:EnjFCO1FO (+55,+30,-135)
    その直後、携帯の着信音が鳴った。
    表示を見ると…長門だ。

    キョン「もしもし。長門か。丁度いい。話があったんだ。」

    長門「そう。」

    長門「確認するが、あなたはもう、気がついてる?」

    キョン「………ああ。」

    何が?とは敢えて聞き返さなかった。
    …とにもかくにも長門は頼りになりそうで良かった。

    長門「話がある。私の部屋へ来て。」

    キョン「分かった。今から行く。」

    ピッと電話を切ったところで、さっきのヤンキーのセリフが思い出される。

    俺は顔が熱くなるのを覚えたが構わず自転車を長門のマンションの方向へ回した。
    1 2 3 4 5 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - 鶴屋さん + - なか + - へんか + - ガンダム + - キョン + - ギニュー + - ゼロの使い魔 + - ハーレム + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について