のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,558,940人
911,667,796頁
昨日:4,453人
5,236頁
今日:2,951人
3,351頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ美琴「なんで死んじゃったのよ・・・ バカ」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - とある魔術の禁書目録 + - アイテム + - 一方通行 + - 吹寄 + - 美琴 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 14:26:21.32 ID:459S+OlB0 (+125,+30,-107)
    美琴「……!!! ~~~ッ!!!!」

    上条「(何言ってんだ… よく聞き取れない…)」

    御坂「……」

    上条「(なんだよその沈痛な表情は… ま、いつもとかわんねぇけど)」


    上条「(あ~ 頭がぼーっとする   ん?)」

    上条「(なんだ…これ 胸に鉄骨?)」

    上条「(……あぁそうか そこで倒れてる白髪と相討ちになって)」

    上条「(はは、倒したんだな  そうか、良かっ…)」


    上条「ゲホッ!!ゲホッ!!!げほっ!!!」 パタタ

    美琴「嫌ぁ!! 死んじゃやだぁぁ!! うあぁあぁああああああ!!!」



    後は任せた
    2 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 14:28:04.92 ID:/K3NW1c0O (-14,-4,-2)
    速攻でブックマークした
    4 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 14:35:13.88 ID:Yx6UIN1CP (-24,-12,-1)
    期待
    6 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 14:37:27.87 ID:HurUS9qN0 (-20,+30,-40)
    キュピーン

    ムクッ

    上条「生き返りました」

    御坂「さすがイマジンブレイカー」

    美琴「私たちにできないことを平然とやってのける」

    一方通行「そこにしびれるあこがれるぅ!!」


    7 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 14:38:26.31 ID:LnhE0//R0 (+24,+29,-17)
    上条さんが死ぬとか何人の美少女を不幸にするんだ…



    とりあえず書け>>1
    離脱は許さん
    9 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 14:44:21.19 ID:IQOf24LR0 (-15,+30,-131)
    美琴「……!!! ~~~ッ!!!!」

    上条「(何言ってんだ… よく聞き取れない…)」

    御坂「……」

    上条「(なんだよその沈痛な表情は… ま、いつもとかわんねぇけど)」

    上条「(あ~ 頭がぼーっとする   ん?)」

    上条「(なんだ…これ 胸に鉄骨?)」

    上条「(……あぁそうか そこで倒れてる白髪と相討ちになって)」

    上条「(はは、倒したんだな  そうか、良かっ…)」

    上条「ゲホッ!!ゲホッ!!!げほっ!!!」 パタタ

    美琴「嫌ぁ!! 死んじゃやだぁぁ!! うあぁあぁああああああ!!!」

    ──────────────────────

    美琴「……!!! ~~~ッ!!!!」

    上条「(何言ってんだ… よく聞き取れない…)」

    御坂「……」

    御坂「終わりがないのが終わり。それがゴールド・E・レクイエム」
    10 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 14:50:22.28 ID:/K3NW1c0O (-9,+5,+0)
    11 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 15:07:39.63 ID:dSVkHo4MP (+11,+26,-2)
    続けなさい!
    13 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 15:50:25.20 ID:HLMO8E9MO (+24,+29,-2)
    こういうSSを待ってた
    誰か頼む マジで
    14 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 16:28:18.07 ID:uS5ttMxHO (+38,+30,-88)
    「お姉様~!!」

    あの悪夢のような夜から一週間程たったある日
    同じ寮の同じ部屋にすむ白井黒子が脳天気な声をかけてくる

    「…何よ」

    「いえ、最近のお姉様…何かお元気ないような気がしまして、黒子は心配なのですわ…」

    余計なお世話だ、と彼女は思った
    15 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 16:39:59.35 ID:/K3NW1c0O (-27,-12,-1)
    期待
    16 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 16:46:29.72 ID:uFXXkUgG0 (+13,+28,-2)
    それでそれで?
    17 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 16:47:06.97 ID:i711F5h30 (+19,+26,+0)
    頑張れ期待してる。
    18 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 16:47:38.37 ID:DDfdECQA0 (-12,+0,+0)
    wktk
    19 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 16:58:51.05 ID:459S+OlB0 (+93,+30,-177)
    上条「けほっ… ビ、ビリビリ 大丈夫…か?」

    美琴「ぐすっ うぇぇ… 大丈夫… 大丈夫だからぁ…」

    上条「は、はは、は… お前でも泣くんだ、な」

    美琴「うっさい… ばかぁ」

    上条「あいつは…?」

    美琴「そこでノビてる… だからお願い、もう喋らないで…」


    一方「くっ」

    美琴「!?」

    一方「糞ッ… どうなってンだ…」 ヨロヨロ

    上条「よう」

    一方「て、てめェ…!」

    上条「ど、どうだ? 自分の血の味は…?」

    一方「ふざけンな…ッ まだ終わっちゃいねェよ」


    美琴「…もうやめて」
    21 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 17:12:51.42 ID:459S+OlB0 (+99,+30,-139)
    一方「あァ?」

    美琴「もう終わったのよ…」

    美琴「あんたは負けたの!! 無能力者にのされて負けたのよ!!!」

    一方「……」

    美琴「だから、これ以上… 当麻を傷つけないで……」

    御坂「これ以上戦闘を続けるのなら私がお相手します、とミサカは怒りを隠して宣言します」

    一方「……」

    美琴「うっ うぅ… ぐすっ…」

    一方「ハ…ハハハッ!!ヒャはハハはハハ!!!!」


    一方「……その死に損ないに免じて俺の負けってことにしてやるよ」

    上条「まて まだ… ぐっ!!」

    美琴「動かないで!! あんたは勝ったの… だからもういいの…」


    後は任せた
    22 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 17:15:49.11 ID:gRBNvMK+0 (+38,+29,-8)
    >>21おk

    そして十数年の月日が流れた

    後は任せた
    23 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 17:41:51.12 ID:rIddEI+p0 (+24,+28,+0)
    >>14
    おいまだかね
    24 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 17:42:10.63 ID:jQ0HKJWF0 (+4,+19,+0)
    てす
    26 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 18:22:55.90 ID:i711F5h30 (-4,+7,+0)
    ほ 
    27 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 18:25:01.88 ID:neCx6nXZ0 (+30,+30,-194)
    「・・・ちっ」

    一方通行は、思わず舌打ちをした。
    右の頬はズキズキと鋭い痛みを伝えているし、何より頭がくらくらしていて今にも倒れそうだ。
    しかし、一方通行はなおも立ち上がる。倒れてはならない理由があるからだ。

    「くそ、が・・・・・・!」

    呻きながら、無様にしつこく醜く立ち上がる。
    立ち上がらせているのは、もはや彼の意志だけだ。服は泥で汚れ、眼も虚ろである。
    口の中にあるどろりとした液体を吐き出す。そこには鉄の味がする、血液があった。
    ボロボロで、吐き出す息も弱々しい。足もがくがくと震えている。

    「・・・・・・そいつから離れろ、この三下がァ!」

    偶然にも、かつて一方通行が、レベル0の「最弱」から放たれた言葉と一緒だ。
    目の前には、涙を溜めてこちらを見つめる、打ち止めの姿があった。


    という、妄想
    28 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 19:15:24.90 ID:mWFXr3fo0 (+16,+28,-2)
    つづきまだー?
    30 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 20:16:39.86 ID:AutX/PmoP (+25,+30,-60)
    上条「死んだから天国行ったら天国破壊した」
    上条「罰として地獄行ったら地獄も破壊した」
    上条「かといって肉体は死んでるから生還もできず」
    上条「俺、幽霊になっちまったのか・・・」
    31 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 20:30:15.40 ID:6lWkS80+0 (+19,+29,-2)
    そして幽霊も破壊しちゃうんですね
    32 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 20:38:19.35 ID:2Y7rE6au0 (+20,+30,+0)
    33 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 21:25:38.29 ID:i711F5h30 (-4,+7,+0)
    34 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 21:26:43.08 ID:uS5ttMxHO (+35,+30,-141)
    「お姉様、またお出かけに…」

    「あんたには関係ないでしょうが!」

    「ひっ…(ビク)」

    仕方がない、かわいくて仕方がない筈の後輩にさえ優しくしてやれない
    本当の事を話せば
    彼女もまた、あの悪夢のような世界に引きずりこまれる事になってしまうのだから…

    彼女は誓っていた不幸な少年がこの世をさったあの夜から!
    ただ、たまたま、私と、妹達と出会い救おうとしたあいつを巻き込んだ
    あのレベル5に復讐を
    この学園都市に制裁を、と
    35 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 21:35:07.52 ID:uS5ttMxHO (+35,+30,-101)
    あの夜から一週間
    たった一週間で彼女の世界は変わった
    思い出すのも忌ま忌ましい

    あの血みどろの操車場
    少年の胸からとめどなく溢れていくもの
    何をしてもとまらなかった
    ただ手を握り泣くことしかできなかった
    何時間もそうしていた、もしかしたら30分もたっていなかったのかもしれないが

    気がつけば彼女達の周りに何人、いや、何機もの駆動鎧が
    彼女達を取り囲むように
    次々と現れた
    38 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 21:40:20.45 ID:uS5ttMxHO (+35,+30,-56)
    御坂美琴は闇にいた
    記憶は途切れ途切れになっている
    何か薬品のようなもので眠らされていたのだろうか
    体は縛られてるわけでもない
    ただ、この部屋から出られない
    どういうわけか能力も一切使えない

    唐突にどれだけ殴っても蹴ってもビクともしなかった扉が開かれた

    39 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 21:54:04.35 ID:uS5ttMxHO (+31,+30,-105)
    「おはようございます、御坂美琴さん」

    扉の向こうから駆動鎧が入ってきた
    つっかえたのか入口横の壁がボロボロ崩れている
    声から察するに女だろう
    と、揺れる意識のなか彼女は考えた

    「気分は…すぐれないようですね」

    「あ、あいつは!…あの馬鹿はどうしたのッ!?」

    「馬鹿…ああ、上条当麻ですか?お会いになります?」

    女は言った

    「遺体でよければですが☆」
    40 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 21:54:50.50 ID:i711F5h30 (+11,+23,+0)
    あぁぁぁぁ・・・
    41 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 22:00:56.79 ID:uS5ttMxHO (+35,+30,-181)
    「なっ………」

    何も、何も考えられなかった
    吐き気さえした
    あの状態で生きているのが不思議なくらいだったが
    それでも聞きたくなかった


    「そんなことは置いといてですねー本題に…」

    美琴は駆動鎧を睨みつけた
    使えていたならこの瞬間には目の前の駆動鎧は10億Vの電圧と殺人的な電熱で中から蒸し上がっていただろう

    駆動鎧の女は特に気にすることもなく続けた

    「そんな反抗的な態度でこいつときたらー」

    「とにかくあなたは知ってはいけない、来てはならない領域にまできてしまったんですねー」

    「まったく、本来ならその場で抹殺☆だったんだけどあなたは7人しかいないサンプルだから」
    42 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 22:09:00.03 ID:uS5ttMxHO (+35,+30,-165)
    彼女にはそんな言葉は頭に入っていなかった

    (あいつが…死んだ?…ありえない…私の全力を受けたってケロッとしてたじゃない!)

    「というわけなのでって…聞いてますかー?」

    「…」

    「ガン無視ー!?こいつときたら!もう!この書類に目を通しておきなさいよ?でないと学習装置で無理矢理にでもぶち込んじゃうから☆」




    その日から御坂美琴は闇に堕ちた

    だが『アイテム』の構成員として、身体以外の自由を全て奪われてなお彼女は

    決して消えることのない感情のみを原動力に闇のさらに奥へ踏み出す事を決意した
    43 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 22:14:37.94 ID:NK7Qg0svP (+27,+29,-3)
    美琴がダークに堕ちるなんてはまづらに殺されるなんて
    45 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 22:19:33.49 ID:uS5ttMxHO (+35,+30,-179)
    その一週間後の夜、彼女は後輩でルームメイトの白井を振り切った後
    学生寮の外を電話を片手に歩いている

    本来なら昼だろうが夜だろうが寮の外へは基本出られない
    特別な理由の外出届を提出し、寮官からの了承がないとだが

    いつもは恐怖の対象とされる寮官だが
    寮の門からでていく御坂美琴を悲しげな哀れむような目で見送っていた


    『ちょっと!さっそく遅刻ってどういう了見だコルァア!』

    「うるさいわねー、トイレよトイレ」

    『こいつときたら!貴様には上司を敬う心を叩きこむ必要があるみた」


    欝陶しそうに通話の終了ボタンを押しながら
    脇にとめてあった黒塗りのキャンピングカーに乗り込んだ
    46 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 22:24:32.50 ID:uS5ttMxHO (+35,+30,-102)
    「新入りの分際で私を超待たせるとは、さすが常盤台の超お嬢様って訳ですか」

    「結局、ここまで堕ちた人間にまともなひとっている訳ないんだってば」

    「…こんばんは」

    キャンピングカーのテーブルに腰掛けているのはアイテムの正式メンバーである
    絹旗最愛、滝壺理后、フレンダの三人

    つまりは仕事仲間である
    47 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 22:29:50.39 ID:NK7Qg0svP (+22,+29,-4)
    むぎのん…
















    むぎのん…
    48 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 22:35:53.07 ID:uS5ttMxHO (+35,+30,-183)
    『てか、あんた達の中誰ひとり通達した待ち合わせの時間にこないってのはどういう事かしら?』

    突然にキャンピングの壁についてあるモニタから合成音声の筈なのにやけに透き通った声がきこえた
    先程の電話の相手でもある『アイテム』の上司とやらだ
    モニタにはSOUND ONLYと映っている

    『こいつらときたら!正座!もう!一人10分遅刻で40分の遅れが生じてるんだけどわかってんの?』

    モニタの声は内容とは裏腹にそんなに焦っているようにも聞こえない

    その言葉に反応したのは

    「でも結局、いつも時間余るくらいなんだから大丈夫だって」

    『私はこんな仕事さっさと終わらせたいのー!テレビが…コホン』

    「で?今回の超めんどい仕事内容は超なんですか?」


    前もって送った情報にいつも目を通せっつってんだろうがあああああ、という無駄にうるさい闇組織一行は

    夜の闇へとすいこまれていった
    49 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 22:39:43.71 ID:uS5ttMxHO (+29,+29,-18)
    むぎのんは続けば別のとこでだすつもりだったけど

    キリのいいとこで風呂いくから
    他の人あとは頼むでもいいかい?
    50 : 以下、名無しにか - 2010/01/04(月) 22:49:41.33 ID:3SLO3yhIP (+3,+18,+0)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - とある魔術の禁書目録 + - アイテム + - 一方通行 + - 吹寄 + - 美琴 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について