のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:123,528,261人
911,633,210頁
昨日:2,628人
3,167頁
今日:1,453人
1,666頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレ佐天「第四波動!」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - カオスヘッド + - デレデレールガン + - ヤンデレールガン + - ロギア + - 一方通行 + - 佐天 + - 佐天「第四......波動... + - 初春 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:08:14.64 ID:7hUfuESH0 (+120,+29,-11)
    お、落ちてなんか無いですよ!
    雑談で1000まで行ったから建ててるんですよ!
    2 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:09:05.21 ID:ShMM0cZFO (+24,+29,-2)
    ラジアータストーリーズは神ゲーだよな!!!
    4 : 波だ出そうな間男 - 2009/11/27(金) 21:11:05.73 ID:xkskKpgqO (+27,+29,-19)
    需要があるなら零時頃続きから少し投下します
    5 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:11:35.91 ID:FvNXvRPLO (-14,-5,-1)
    >>4
    頼む!
    6 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:12:20.26 ID:SggFExJpO (+17,+20,-10)
    >>4
    ドドンマイ

    期待してる
    7 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:13:10.32 ID:7hUfuESH0 (+81,+26,-4)
    初めから貼っておこうか?
    9 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:14:58.17 ID:7hUfuESH0 (+84,+29,-2)
    まいいや、勝手に貼っていくか
    10 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:15:27.78 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-60)
    私って能力無くって。

    もーこの街に何しにきたんだろうなって感じで。

    あ……すみません、無能力者なんでしたっけ……悪気があったわけじゃ……。

    ……え。

    あっいや、すみません。そんな風に考える人初めてで…。

    ……すごいなぁ、この人は。

    あっ初春ーっ、こっちこっちーっ!

    じぁあ私はこれでっ!

    ……また、お話しましょうね!上条さんっ!
    11 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:15:35.84 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-83)
    チュンチュン

    佐天「ん……んぅー……って今何時っ!」がばっ

    佐天「ふぅー、まだこんな時間か。んー、もうちょっと寝てられるけど……たまには早起き
    しよっかなー」グッ

    佐天「んん……っ!はぁ。……それにしてもあの夢……なんで?」

    佐天「いっか。ごはんごはんっと」
    12 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:15:44.54 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-103)
    佐天「おっはよーうーいっはるーっ!今日のパンツは……おぉ、かわいらしい熊さんだね。
    おはよっ」バッ

    初春「っ!?な……なな何をするんですか!!スカートをめくらないで下さい!あとパン
    ツに挨拶しないで下さい!!何度いったら」

    佐天「はいはい、朝から元気でよろしい!張り切っていこー!」スタスタ

    初春「……?何だか今日は一段と元気な……何かあったんでしょうか?」

    佐天「ういはるーっ!置いてくよぉ!」

    初春「あっ!まってくださーい!」
    13 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:15:50.73 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-142)
    ―昼休み―

    佐天「んふふー、今日も牛乳が美味しいなぁ!」

    初春「なんだか朝から上機嫌ですねぇ。何かいい事でもあったんですか?」

    佐天「んー?とくに無かったよ?……そんなに機嫌良さそう?」

    初春「ええ、それはもう。何も無かったっていう事は無意識のうちに機嫌が良くなってるんですよね。無意識……いい夢でも見たとか?」

    佐天「夢?」

    またお話しましょうねっ!上条さんっ!

    佐天「ブッ!」ブシャッ

    初春「うわっ!大丈夫ですか佐天さん。美味しいはずの牛乳が屋上の染みになっていってま
    すよ?」

    佐天「ゲホッゲホッ……だ……大丈夫大丈夫!あはっあはははっ」

    佐天(まさか……ね)
    14 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:16:00.61 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-131)
    初春「もー、服にまでかかって、これじゃ危ない雑誌に載ってる写しヒャッ!」バッ

    佐天「えっちょっなに?!虫でもいるの?!」

    初春「いえ、そうじゃなく……零れた牛乳が異常に冷たくて……」

    佐天「はっ?うわホントだ!なにこれ……って凍り始めた?!」

    初春「恐らく零度以下だったんでしょう……だから佐天さんの触れた衝撃で凍っていったんです」

    佐天「え、でもこれって初春の能力じゃないよね……?もしかして……」

    初春「はい。十中八区……」

    佐天「……私の……能力?」
    初春「佐天さんの能力です」
    15 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:16:07.80 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-157)
    ―職員室―

    教師「ふむ、分かった。放課後またここに来なさい。特別に測定してあげるわ」

    佐天「はいっ!お願いします!失礼しました!」ガラッ

    初春「あっ、どうでした?」

    佐天「んふふ!放課後特別テストだってさ!」

    初春「やったじゃないですか佐天さん!不純物を含む液体の凝固化なんてレベル2……も
    しかしたらレベル3にも届くかもしれませんよ!!」

    佐天「そんな大袈裟な、第一まだちゃんとコツ掴めてないし本番で出来るか分かんないし……」

    初春「なにいってるんですか!なら練習あるのみです!幸い私達の学年は午後の授業は自
    習になりますし、練習しましょう!」
    佐天「えっ、普通に授業入ってなか……ちょっ初春?!えーっ?」
    16 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:16:16.01 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-169)
    佐天「ホントに自習になった……ていうか救急車とアンチスキル来てるけど何かあったの
    かな?」

    初春「何かが爆発したんじゃないですか?さっき少し揺れてましたし。それより」

    佐天「うん……んぅっくっ……ヌヌヌっ……パアッ!」グググッ

    初春「うーん、ダメですねー。冷たくすらなってません。逆に若干ぬるくなった気さえしま
    す」

    佐天「えー。でも能力の入れかたなんてわかんないって」

    初春「そうですねぇ……あっ!じゃあさっき牛乳を凍らせた時に考えてた事を思い出して
    見たらどうですか!」
    17 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:16:25.60 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-96)
    佐天「さっきと同じ……こと……」

    ……あっ、すみません。そんな風に考える人初めてで。

    佐天「ッ!」カァッ

    ピシピシピキッ

    初春「おぉ!顔は何だか暖かそうですがコップの水は凍りましたよ!!というかこの凝固
    速度ならレベル3は確実……どうしたんですか?」

    佐天(ヤバイ……え、なんで一回話しただけなのになんで?……どうしよう……私……)

    初春「佐天さん?」

    佐天(私……あの人が……)

    スキ ?
    18 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:16:31.47 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-149)
    パァンッ パァンッ

    一同「「佐天さん、能力開発成功おめでとー!」」

    佐天「いやぁ、すみませんねなんか。あははっ」

    ビリビリ「いいっていいって。こういう事は盛大に祝うもんよ」

    黒子「お姉様のおっしゃるとおりですわ。それにしてもいきなりレベル3だというのは……
    流石の私も驚きを隠せませんわ」

    初春「そうなんですよ。私も午後を切り上げさせ……自習時間の時に手伝ったんですが、イ
    メージだけですぐ習得して」

    ビリビリ「水質操作系ならイメージは大切みたいだしね。ねぇねぇ、なにイメージしたの?」

    佐天「えっ、いやっそのちょっと言葉にしにくいといいますか……あはは」

    佐天(言えない……というより本能的にこの人だけには言ってはいけない気がする)
    19 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:16:40.52 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-149)
    パァンッ パァンッ

    一同「「佐天さん、能力開発成功おめでとー!」」

    佐天「いやぁ、すみませんねなんか。あははっ」

    ビリビリ「いいっていいって。こういう事は盛大に祝うもんよ」

    黒子「お姉様のおっしゃるとおりですわ。それにしてもいきなりレベル3だというのは……
    流石の私も驚きを隠せませんわ」

    初春「そうなんですよ。私も午後を切り上げさせ……自習時間の時に手伝ったんですが、イ
    メージだけですぐ習得して」

    ビリビリ「水質操作系ならイメージは大切みたいだしね。ねぇねぇ、なにイメージしたの?」

    佐天「えっ、いやっそのちょっと言葉にしにくいといいますか……あはは」

    佐天(言えない……というより本能的にこの人だけには言ってはいけない気がする)
    20 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:16:47.85 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-108)
    上条「げっ」

    ビリビリ「……なによその反応は」

    黒子「ちっ……また余計な……」

    佐天「上条……さん」

    土御門「んー、この感じ……誰かのお祝いかにゃー?」

    初春「はい。実はなんと、この佐天涙子さんが無能力者からいきなりレベル3になったんで
    す!」

    佐天「えわっちょっ初春!?」

    すみません、無能力者なんでしたっけ……」

    佐天(うわっ……私すごい嫌味な人みたい……)

    上条「おお、凄いじゃねーか!おめでとう佐天さん!」
    21 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:16:55.98 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-92)
    佐天「え……」

    初春「あ、そうだ!皆さんも一緒にどうですか?お祝いですし、人数は多い方が楽しいです
    し!」

    ビリビリ「わ……私は構わないわよ?こういうのはぱーっといくものだし……」

    黒子「お姉様がそうおっしゃるのならば……後は佐天さん次第ですの」

    佐天「えっ?まあ私も人数多いほうが食事は美味しいかなーなんて!あはは、何言ってんで
    しょうね私!」

    初春「?まぁこちらは反対意見はありませんが、どうですか?」
    22 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:17:02.29 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-120)
    青髪ピアス「こんな可愛いらしい女の子達と一緒に食事とか、夢のようやん!……あれ?これ
    はユメ?」

    土御門「ちゃんと現実だから帰ってくるにゃー。じゃあお言葉に甘えさせて貰おうぜいカミヤン」

    上条「そうだな。よし!いっちょ佐天さんのために盛大にやるか!」

    佐天「私の……ため……」カァッ

    初春「さぁどうぞって佐天さん!なんでシャケ冷凍してるんですか!お持ち帰りするには
    まだ早いですよ!」

    佐天「え?わぁ!なんで?!」

    ビリビリ「へー、そんな事も出来るんだ。ぱっとみレベル4くらい有りそうね」

    土御門(……)
    23 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:17:13.14 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-179)
    土御門「っと、その前にちょっと電話してくるぜぃ。今日は帰りが遅くなりそうだからにゃ
    ー」

    青髪ピアス「はいな。じゃあお先に始めとかせてもらうで」

    土御門「おう」 ヒラヒラ
    ガランガラン アリガトーゴザイマシター

    上条「よし、じゃあ佐天さんのレベル3を祝して」

    一同「カンパーイ!!」



    土御門「あぁ。シャケの冷凍と、熱された鉄板の熱もだ。あれがレベル3というのは本当か?」

    土御門「水質操作系?テストの方法は?」

    土御門「なるほど。それじゃわかんねぇな。あれは熱量操作系だ」

    土御門「エネルギーがほかの何処にも移って無いのをみると恐らく」

    土御門「体に溜め込んでいる。もしかしたらあの娘……あの系列の能力者かもしれん」
    24 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:17:20.14 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-123)
    ―宴終わり―

    初春「楽しかったですね。私あんなに食べたの久しぶりですよ」

    佐天「……うん」ボー

    初春「シャケも冷凍してるんで持って帰れますし。結構家庭的な能力ですよね」

    佐天「……うん」ボー

    凄いじゃねーか!おめでとう佐天さん!

    佐天「……エヘヘ」ニヘラ

    初春「うわっ、どうしたんですか佐天さん。鏡が無いのを残念に思う顔になってますよ?」

    佐天「ん?フフーッ。いや、楽しかったなーって」

    初春「?」

    佐天「またやりたいなぁ、こういうの」

    初春「そうですねぇ。」
    25 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:17:26.01 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-128)
    ―学校―

    教師「佐天ー、佐天はいるかー?」

    佐天「はーい、いますいまーす。どうかしたんですか?」

    教師「いや、昨日の試験なんだが、簡単なものだったろ?せっかく開花したんだからちゃん
    と調べた方がいいって上がな」

    佐天「はぁ。……ってことは私レベル2かもしれないって事ですか?!うっわぁ恥ずかし
    い!昨日お祝いしてもらったのに!」

    教師「開花は事実なんだから祝いは受け取っても問題はないだろう。それと、どんなに簡単
    なテストでも機械がやってるんだ。下がる事はまぁ無いよ」

    佐天「よかったぁ……で、私はどうしたらいいんですか?」

    教師「ああ、まず……」
    26 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:17:33.28 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-89)
    佐天「……でっか……え、この施設で間違いないよね?なんだか御坂さんでも本気出せそう
    な大きさ何ですけど……」

    ??「おお、君が佐天さんか。よく来たね」

    佐天(優しそうなおじいさん……頭の染み大きい……)

    ??「ん?ああ、すまない。この施設の者だ。さぁこっちへ」

    佐天「あっはいっ!よろしくお願いします!」

    教授「元気があっていいね」
    27 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:17:48.28 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-150)
    佐天「あのー、これから何を……」

    教授「なに、そんなに肩を張らなくてもいい。簡単な事だよ。君の能力の限界を知りたくて
    ね。少し疲れると思うが……我慢してくれるね?」

    佐天「はぁ……」

    教授「じゃあ早速だが始めさせて貰うよ?このテーブルに手をついて。上に乗った鉄球を零
    度まで冷やして欲しいんだ。メモリはあれだよ。じゃあ、始めてくれ」

    佐天「はい……んっ」スゥ

    佐天(何となくコツは掴めてきてる……かな?)

    佐天「……あれ?冷やしてると思ったのに……あんまり下がってない?」

    教授「いや、焦らなくていい。じっくり下げていってくれ」

    教授(ほう……これは)
    28 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:17:53.83 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-151)
    佐天(なんだか……体が熱い……?)

    佐天「あのぉ、これいつまで……?」

    教授「すまないね。最初も言ったように君の限界が知りたいんだ」

    佐天「なんだかそろそろ体が熱くなって来てるかなぁなんて……」

    教授「これも君の能力を計るためなんだ」

    佐天「はぁ……うぐっ?!」ズンッ

    佐天「ハァッハァッ……!ヅァッぐっ……から……だ……なにこれ……」

    教授「ふむ、限界か。佐天さんといったかね?君の体の中には今膨大な量の熱エネルギーが
    入っている」

    佐天「はぇ……?……グゥッ!」

    教授「それが出ないといつまでもそのままだ。それから逃れる方法は一つ」

    教授「君が放出するんだ」
    29 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:18:00.66 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-99)
    佐天「放……出?」

    教授「さあ、全ての熱を右手に集める、そんなイメージを作るんだ」

    佐天「熱を……集め……る」ハァッハァッ

    教授「そのまま腕を前に伸ばし」

    佐天「ぐっ……うぅ」ズズッ

    教授「前へ」

    佐天「あぁ……」

    教授「出すんだ」

    佐天「アアア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ッ!!!」ザァ

    ドンッ
    30 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:18:06.66 ID:7hUfuESH0 (+90,+30,-40)
    警備員「教授!今の音は一体……なっ、壁が……」

    教授「くっ……くくくく……素晴らしい……これが……これこそが……」

    警備員「教授……?」

    教授「第四波動……ッ!!」
    31 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:18:15.86 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-134)
    佐天「だいよん……はどぉ?」

    教授「ああ。それが君の能力の名前だよ。周囲から熱エネルギーを吸収し、自分の扱える力
    に変換後放出する」

    佐天「はぁ……なんで4番何ですか?そんな力聞いた事ないですけど」

    教授「それは君の知るところではないし、数字は順番ではない。ただ、君にはこれだけ伝え
    ておこう」

    佐天「よくわかんない能力ですね……伝えること?」

    教授「ああ」

    教授「君は八番目になれるかもしれない」
    32 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:18:22.08 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-74)
    ―学校―

    初春「すごいじゃないですか佐天さん!聞きましたよ、レベル4だって!」

    佐天「なはは、ありがと。でもまだ実感ないなー」

    初春「そりゃあ今まで無能力者だったのにいきなり大能力者になったんですから。きっと
    すぐ慣れますよ。」

    佐天「だといいんだけどっと。……初春」

    初春「はい?」

    君は八番目になれるかもしれない

    佐天「……やっ、なんでもない」

    初春「?」
    33 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:18:28.55 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-68)
    教師「お、いたいた。佐天、まずはおめでとう」

    佐天「ありがとうございます」

    教師「そして呼び出しだ。ちょっと来てくれ」

    佐天「私ですか?わかりました。じゃあ初春―、先帰ってて……って今日そっちも呼び出
    されてるんだっけ」

    初春「はい。じゃあまた明日ですね。いってらっしゃーい」

    佐天「ん、いってきます。また明日―」
    34 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:18:36.18 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-123)
    佐天「これからどこへ?」

    教師「んー?校長室」

    佐天「えっ、私何もしてませんよ?」

    教師「何かしたみたいに聞こえるぞ?まぁ、いきなり大能力者になったんだ。この街の性
    質上、これから少し忙しくなるかもな」

    佐天「うえ。勘弁して欲しいでなぁ」にへ

    教師「まんざらでもない顔をするな。付いたぞ。じゃあ」

    佐天「……一人ではいるんですか?先生は……」

    教師「なぜか入るなと言われててな。まあ一応超能力関係の詳しい事は末端の私たちには
    知られたくないんだろうさ」スタスタ

    佐天「……本気で?」
    35 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:18:41.48 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-172)
    佐天「し……失礼しまーす……」ガチャ

    校長「ああ、来たか。まあ座りなさい。」

    佐天「い……いえ、お気遣い無く。……あの、用件は……?」

    校長「ふむ、では手短に話そう。実は君にはしばらく入院してもらいたい」

    佐天「……は?」

    校長「誤解しないでくれ、別に君のどこかが悪いわけではない。ただ、レベル0から突然
    レベル4になった、というのはやはり稀なケースの様でね。体にどんな影響が出る
    か分からないうえ、低レベルを経験していない分加減が出来ず暴走の危険もある」

    佐天「あー、そういうことですか。それならまぁ、仕方ないですね」

    校長「すまないな。じゃあ、このあとここへ向かってくれ。早いほうがいいしね」ピッ

    佐天「……?ここってもしかして……」
    36 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:18:49.68 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-123)
    初春「失礼します」ガラッ

    黒子「遅いですわよ初春。たくもう、もう少しジャッジメントである自覚を持って欲しい
    ものですわね」

    初春「すみません白井さん。……?あれ、お一人ですか?」

    黒子「ええ、他の方は今現場に駆り出されていますわ」

    初春「全員行っちゃうなんて……ところで召集は何の用事だったんですか?」

    黒子「まさに今話していた事についての対策……だったのですけれど、遅かったみたいで
    すわ」

    初春「?」

    黒子「実は最近この街で、複数の能力者集団が暴れていますの」
    37 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:19:00.76 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-149)
    佐天「やっぱりあそこだよなぁこれ。……あのおじいさん教授少し苦手なんだけど……」

    ドゥッ

    佐天「ぅあっ!!……びっくりしたぁ。なにが……!」

    ??「う……うぅ……」どさ

    佐天「えっ、ちょ!大丈夫ですか?!しっかりしてください!今救急車を……」

    佐天(あれ、この腕章……ジャッジメント……?)

    JM「く……逃げろ……あいつら……見境がない……」

    佐天「あいつら?っていうか怪我してる人をほっといて大丈夫なわけが……」

    ??1「あれ?一般人居んだけど。どうする?」

    ??2「ほんとだ。ジャッジメントじゃねぇ。あ、でもいい顔してる」

    ??3「……高く売れる」

    佐天「!?……スキルアウト……?」
    38 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:19:09.95 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-152)
    ??2「能力もねぇ屑と一緒にすんな」

    ??3「……俺たちはそんな奴らの粛清をしてるだけだ」

    佐天「……な……ということはあんたたち……能力者?」

    ??1「そ。んで今日も粛清してたら邪魔が入って今に至ると」

    佐天「邪魔って……もしかしてこの」

    ??1「マジウゼーよな。能力ないのにこの街いんだから俺らの楽しみにする事ぐらいい
    いだろーが」

    佐天「なにを……言って……?」

    ??3「……しゃべりすぎだ。もう引こう、増えると面倒だ」

    ??1「だな。じゃあ」

    ??1「口封じのお時間かな?」
    39 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:19:17.34 ID:7hUfuESH0 (+65,+30,-77)
    佐天「ひっ!」

    ??2「ほぅらよ!」ボッ ゴァッ

    佐天「わっわっ!」バッ

    佐天(火炎能力者!?)

    ??1「それでよけたつもりかぁなっと!!」スッ ザッザッ

    佐天「トランプって……わぁ!!」シュッ

    ??3「……売るんじゃないのか、なら」ピチョンッ ババババッ

    佐天「水弾!……ぐっ!ああ……」どどっ

    ??3「……左上腕と左わき腹に当たった。左腕はうごかんだろう」
    40 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:19:25.05 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-136)
    佐天「づっあ……ハアッハアッ……くっ!」

    佐天(痛い……何か……何かない……か。というか訓練されたジャッジメントがやられるんだから、当然……かな)

    周囲の熱エネルギーを吸収し、自分の扱える力に変換後放出する

    佐天「!……そうだ……能力……使えるようになったんだ……」

    ??2「なんだ、お前も能力者かよ」

    ??1「言葉的にヒヨっ子な感じだけどな。なんにしてももう終わりだな」

    ??3「……油断はしない方がいい。能力によっては負傷しかねん」

    佐天「熱エネルギーを……吸収……」ぺた シュウウウウウッ

    ??2「な……!地面が!?」

    ??1「凍っていく……?」

    ??3「……レベル1ではない?」
    41 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:19:30.80 ID:7hUfuESH0 (+65,+30,-144)
    佐天「ぐっ!……こんなもん、かな?」スッ

    ??1「やめた……?なめてんのかてめぇはぁ!!」スッ シュババッ

    佐天「うわっまだちゃんと集中できてな……!」バヒュウッ

    ??1「?!」

    ??2「風だと!?こいつ氷結系じゃないのか!!くそっなら!」ボウッ ゴアッ

    佐天「ちょ……やめッ」シュウウウウゥゥゥゥゥ

    佐天「……あれ?すえるの?」

    ??2「は……えっ?!」

    佐天「でもこれなら……集中……」ぐぐッ

    ??3「……くっ!」ピチョン ババババッ

    佐天「あああああああああああッ!!!!」ヒイィィィィィィッ

    佐天(第四……ハドォ!!!)

    ズガァンッッ
    42 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:19:38.43 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-167)
    ??2「ガッ……ア……」ドシャ プスップスッ

    ??3「……」ズシャ パスッパスッ

    ??1「ひっ……ひぃ!!」

    佐天「はぁ……はぁ……くッ」

    佐天(まだ一人……残ってるけど……力が、もう)

    ??1「凍結に風力操作……吸収に火柱放射だと……ばっ化けモンじゃねえか!!」

    佐天(何言ってるんだろう……そうだ。早く……倒さないと……)よろっ

    ??1「ひっひぃぃ!!」ガタガタ

    佐天「う……」ばたっ

    ??1「……?は……ははは……そうだよな、こんだけ能力使ったんだ…くっくくく!」

    ??1「このヤロウよくもやってくれたな!!くっくっく、みてろ。今たっぷり可愛がって……」

    「誰が、なにをするんですの?」

    ??1「……は?」
    43 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:19:45.14 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-137)
    佐天「……んっ……高い天井……ここは……?なんか重い……」

    初春「スー」

    佐天「初……春?なんで……」

    「なんで、ではありませんわ」

    佐天「え……白井さん……?」

    黒子「まったく、どうして私の周りには一般人なのにこう揉め事に首を突っ込まれる方が
    多いんでしょう」

    佐天「揉め事……?」

    能力もねぇ屑と一緒にすんな

    佐天「そうだ!白井さん!爆発があってジャッジメントの人が倒れてて三人組が……えーとっ!とにかく大変な……」
    44 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:19:51.67 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-157)
    黒子「大変なのはあなたの言語中枢と混乱具合ですわ。爆発に巻き込まれたジャッジメン
    トはちゃんと搬送されましたし、あなたの言う三人組もしっかり確保しましたの」

    佐天「おぉ、さすが常盤台。やっぱりすごいなぁ。私なんて何も出来なくて……」

    黒子「?何をおっしゃって……まさか覚えてらっしゃらないんですの?」

    佐天「いや、水弾受けてから記憶があいまいで……」

    黒子「そうでしたの」

    黒子(……曰く、化け物……そうとは思えませんが、未知数である事は確かですわね)
    45 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:20:06.94 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-228)
    初春「んにゃ……あ、佐天さん……目が覚めたんですね。よかったぁ」むく

    佐天「おはよ初春。看ててくれたんだ、ありがと」

    初春「そんな、大したことじゃないですよ。お体のほう大丈夫ですか?」

    佐天「それが攻撃まともに食らっちゃって、今も左腕が……ってあれ?痛くない」

    黒子「この病院にいる壮年のお医者様が診てくれたそうですの」

    初春「なんだかすごいふたつ名があるとか。あ、御坂さんが写真を撮りたがっていました
    から有名な方なのかもしれませんね。聞いてみたらどうですか?」

    佐天「んー、お礼は言いたいけど、その人の情報が欲しいってまでじゃないかなぁ」

    黒子「さて、と。佐天さんも起きられましたし、そろそろ戻りますわよ初春」

    佐天「大変そうだもんね。ありがと。無茶しちゃダメだよー?」

    初春「気をつけます。じゃあ佐天さんもお大事に。」がらがら

    佐天「……いっちゃった。ていうかすごいなー。もう普通に動ける!」

    「それはよかった。じゃあ、早速だけど僕と来てもらおうかな」
    46 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:20:15.05 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-144)
    佐天「ッ!!誰っ!?」

    ??「うん?僕たち『魔術師』だけど?」

    佐天「魔術……師?」

    ステイル「紹介が遅れたね。僕はステイル=マグヌス。イギリス清教『必要悪の教会』所
    属の者だよ」

    佐天「ネサセ……なに?まさか昨日の奴らじゃ!私になんの用ですか!」

    ステイル「昨日?ああ、あの連中とは関係ないよ。あと僕達はただ君を連れてこいと言われてるだけさ」

    佐天「……知らない人には付いていくなと昔……」

    ステイル「ああ、そうなんだ。なら」

    ステイル「力づくかな」
    47 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:20:23.55 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-98)
    ―――MTWOTFFTOIIGOIIOF

    佐天「な……なに?」

    IIBOLAIIAOE
    IIMHAIIBOD
    IINFIIMS
    IGRMMBGP――――

    ゴアッ ボゥッ

    佐天「なに……これ……?」

    ステイル「『魔女狩りの王』……なに、人払いはしてある。君は存分に暴れてくれてかまわないよ」

    佐天(いや無理だってここ高い天井ってさっき自分で言ったじゃんそしてそれに届いてる
    しでかいって明らかに強そうだしそもそもあの人だけでも私勝てないっていうかすごい部
    屋の温度急上昇中って言うか超炎っていうか……ん?じゃあ吸える?)

    佐天「ってなんで吸えると思ったの私?」
    48 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:20:30.76 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-107)
    ステイル「そっちからこないのなら、さっさと終わらせてもらうよ。『魔女狩りの王』!」

    グァッ

    佐天「ちょっうあ!」ばっ シュウウウウウウウウウウウウウウウ

    佐天「あ……とめれて……る?」

    ステイル「……」

    AshToAsh―――
    ボッ
    ―――――DustToDust――――
    ボッ
    ―――――――――――――――Squeamish Bloody Rood!
    ブオンッ

    佐天「ひぃ!」バッ シュウウウウウウッ

    佐天「……もしかして……勝てる?」

    ステイル「……僕が何も知らずに君と戦ってると思ったのかい?」

    佐天「え?ぐぅっ!!?」がくっ
    49 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:20:50.26 ID:7hUfuESH0 (+95,+30,-140)
    ステイル「君が吸収できる熱エネルギーには限界がある。なら簡単な事だよ。それ以上を
    君に容れればいい。……頃合いかな」

    佐天「ぐっ……うぅっ!!」ハアッハアッ

    佐天(そうだ……イメージ……)グググッ

    佐天「あ……ああああああ!!」ヒイィィィィィィィィッ

    ステイル「……『魔女狩りの王』」

    ドゥンッ


    ステイル「君が出せるのは炎柱……『魔女狩りの王』には効かないよ」

    佐天「う……」ばたっ

    ステイル「さて、と」
    50 : 以下、名無しにか - 2009/11/27(金) 21:20:57.78 ID:7hUfuESH0 (+90,+30,-37)
    前略、お母様。

    お元気ですか?私は元気です。

    お母様から貰ったお守りを肌身離さずもち、今私は

    牛深「可愛い子が入ってきたな」

    建宮「ああ、いいことよな」

    なぜか武装集団の中にいます。
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★
    タグ : - カオスヘッド + - デレデレールガン + - ヤンデレールガン + - ロギア + - 一方通行 + - 佐天 + - 佐天「第四......波動... + - 初春 + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について