のくす牧場
コンテンツ
牧場内検索
カウンタ
総計:119,782,697人
899,936,975頁
昨日:5,838人
32,747頁
今日:3,737人
17,985頁
最近の注目
人気の最安値情報

    私的良スレ書庫

    不明な単語は2ch用語を / 要望・削除依頼は掲示板へ。不適切な画像報告もこちらへどうぞ。 / 管理情報はtwitter
    ログインするとレス評価できます。 登録ユーザには一部の画像が表示されますので、問題のある画像や記述を含むレスに「禁」ボタンを押してください。
    VIP以外のSS書庫はSS+をご利用ください。

    元スレアカギ「ま…ゲットだな…このポケモンは…」

    SS スレッド一覧へ / SS とは? / 携帯版 / dat(gz)で取得 / トップメニュー
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - アカギ ×2+ - 零崎人織 + - カイジ + - ガンダム + - ゲンドウ + - サトシ + - ディケイド + - ビッチ + 追加: タグについて ※前スレ・次スレは、スレ番号だけ登録。駄スレにはタグつけず、スレ評価を。荒らしタグにはタグで対抗せず、タグ減点を。
    レスフィルター : (試験中)
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitter
    1 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:32:24.36 ID:dlZEz5IY0 (+125,+30,-127)
    ここは、不思議な生き物、ポケットモンスター(ポケモン)と

    人間が互いに助け合って生きている世界。

    この世界ではポケモン同士を戦わせる「ポケモンバトル」が

    盛んに行われており、多くの少年少女たちが最強のトレーナーを目指して

    自慢のポケモンと共に旅をしていた。

    そしてこれは、150種のポケモンを捕まえて

    ポケモン図鑑を完成させることを目指して旅に出た、

    ポケモントレーナー達の物語である。
    2 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:33:05.66 ID:dlZEz5IY0 (+95,+30,-209)
    オーキド博士が望んだもの…。

    それは変化だった。

    それもただの変化ではない…

    生まれ変わるほどのッ…!




    この時、オーキド博士は煮詰まっていた。

    生涯をかけていたポケモンの研究は、他に出し抜かれるどころか

    気がつくと、もはや誰にも相手にされなくなっおり、

    あげくの果てには、結果を出せない研究所として

    国からの研究援助金も雀の涙ほどしか支払われなくなった。

    そして、長年の研究所の運営費、また株式の負債などが、

    もう積もり積もって莫大な額になってしまっていた。

    オーキド「どうして…いったいどこで間違えたというのだ……」
    3 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:33:28.42 ID:v3FRpz59O (+19,+29,-4)
    が、ダメ。捕まえられない…っ
    4 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:33:59.65 ID:OyAx2Ocd0 (-28,+26,+0)
    ポケモンだろうが・・・・・!
    5 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:34:00.17 ID:dlZEz5IY0 (+95,+30,-72)
    ある日、オーキドはそんな日常から少しでも離れようと、

    外に出ることにした。

    草むらには野生のポケモンが出現する。

    オーキドは元気なポケモンの姿をみて、気分転換しようとあたりを見回した。

    すると、1人の少年がポケモンも持たずに、草むらに入っていくのが見えた。

    オーキド「待て!!待つんじゃあ!!」
    6 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:34:36.46 ID:xxPjL94M0 (+34,+30,-80)
    今月のアカギ咲のパクリだろ
    全然手が完成してなさそうだったからリーチかけたらポンポンしまくっていきなりハネマンテンパイとか完全に咲ぱくってるじゃん
    7 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:34:47.42 ID:l1obC6vnO (+19,+29,-12)
    ピカチュウに電流走る
    8 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:35:22.31 ID:dlZEz5IY0 (+95,+30,-122)
    オーキド「草むらでは、野生のポケモンが出現する。

         ポケモンを持っていないと危険じゃよ」

    少年「…草むらはそんなに危ないんですか?」

    オーキド「そうじゃ。もしもポケモンを連れずにに入れば
         野生のモンスターに襲われてしまうかもしれん」

    少年「へえ…。まあ、でも関係ないな…。そんなことは」

    そう答えると少年は、オーキドの注意に耳を貸さず

    平然と草むらを進んでいく。

    少年「ね? 出ないんですよ…。この草むらは」
    9 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:35:50.04 ID:Kwj+P+grP (+27,+29,-38)
    やっとのことでモンスターボールに捕獲・・・!





    が・・・ダメッ・・・・・!
    10 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:35:58.00 ID:RrLRYBKu0 (+19,+29,-24)
    未来のギンガ団総帥と聞いて
    11 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:36:19.71 ID:dlZEz5IY0 (+95,+30,-168)
    オーキド「何を言うんじゃ。わかるわけないじゃろう、そんなこと…
         
         ポケモンの出現場所が透けてみえるとでも言うのか?」

    少年「さあね…。ただ、気配がなかった。
       
       あの草むらには、生物の存在がまるで感じられない」

    そういうと、少年はそこから立ち去ろうとする。

    少年「じゃあ…そういうことで…」

    オーキド「待て…頼む、待ってくれ!!」

    オーキドは必至の思いで少年を引きとめる。

    オーキド「すぐそこにわしの研究所があるんじゃ。

         ちょっとそこまで来てくれんか!??」
    12 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:37:07.97 ID:tjWFelAOO (+34,+29,-3)
    >>6 咲の麻雀部分にパクる価値なんてないだろ
    13 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:37:18.73 ID:u39yRdKrO (+19,+29,-16)
    ピカ…ピカ…ピッピカチュウ…
    14 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:37:28.29 ID:OyAx2Ocd0 (-20,+29,-8)
    マスターボールなら絶対にゲット・・・・・!


    が・・・ダメ・・・・!
    人のポケモンは捕まえられない・・・・!
    15 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:37:33.57 ID:dlZEz5IY0 (+95,+30,-139)
    オーキドは少年を研究所へ案内し、自分の置かれた状況を話した。

    オーキド「頼む、わしの代わりにポケモン図鑑を完成させてくれんか?

         そうすれば、この研究所もそれなりに認められるんじゃ。

         もちろん、それ相応の礼はする。

         このままでは、わしはもう……」

    少年は不動でオーキドを見つめた。

    オーキド「さあ……ここに、3匹のポケモンがいる。

         どれかひとつ選んでくれ………!!」
    16 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:37:40.49 ID:FB+KEn3Q0 (+26,+29,-12)
    >>6
    咲をパクってどうするの?
    17 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:38:13.10 ID:QXJJUAboO (+22,+29,-3)
    咲の存在価値って何?
    18 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:38:26.33 ID:n/eocBKd0 (+24,+29,-19)
    たしかあの草むらは下2マスだけ出現判定が無いんだっけか
    19 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:39:02.53 ID:dlZEz5IY0 (+95,+30,-218)
    オーキドの言葉を聞くと、少年は静かに一つのボールを手に取った。

    オーキド「ヒトカゲか…。そのポケモンは元気がいいぞ」

    少年「へえ…」

    オーキド「そして、これがポケモン図鑑。
         
         捕まえたポケモンが自動的に書き込まれていく
         
         大変ハイテクな図鑑なんじゃ」

    オーキドは、そういうと少年に図鑑を手渡した。

    オーキド「そういえば、まだ名前も聞いとらんかったな。
         
         名前をおしえてくれるか??」

    少年「赤木……赤木しげる…」

    オーキド「よし、頼んだぞアカギ!これはオーキド研究所の存亡に関わる
         大切な仕事なんじゃ」

    こうして、アカギはポケモントレーナーとしての第一歩を歩み出した。
    20 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:39:49.51 ID:sNMnae0M0 (-26,-14,-1)
    しえ
    21 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:40:09.44 ID:BzuyLXNYO (+16,+26,-5)
    セレクトボタンを七回プッシュだ…
    22 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:40:11.22 ID:dlZEz5IY0 (+95,+30,-162)
    アカギは草むらを抜け、トキワシティに到着した。

    そして、数個のモンスターボールを購入すると

    1時間ほどで数匹のポケモンをゲットし、

    先に進むために、トキワの森に差し掛かっていた。

    アカギ「ククク…なんだこの森は…。
        
        どこもかしこも、陰気臭い雰囲気に満ちてやがんの…」

    アカギは、この後に初めて、トレーナー同士の意地をかけた、

    ポケモン勝負を体験することになる………。
    23 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:40:35.39 ID:FWAUCapJO (+17,+29,-11)
    シゲルだからな
    24 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:41:10.86 ID:jcyywatG0 (+21,+27,+0)
    >>12>>16
    おまえら優しいな
    25 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:41:53.75 ID:PpNydnxD0 (+25,+30,-18)
    カイジはサトシ
    アカギはシゲル

    しっくりくることもなくはないこともない
    26 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:41:53.99 ID:dlZEz5IY0 (+95,+30,-197)
    アカギはトキワの森に入り、新しいモンスターを探していた。

    むしとりしょうねん「【!】 あんたポケモントレーナーだろ?
              
               トレーナー同士が目が合えば、勝負だ!」

    アカギにひとりの少年が声をかける。

    アカギ「クククク…なるほど。要するにオレからむしろうってんだ…」

    虫取り少年は、アカギに勝負を仕掛けた。

    後にポケモン世界を震撼させるトレーナー、赤木しげる。

    これがそのはじまり…。初めてのポケモン勝負………。
    27 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:42:43.17 ID:OyAx2Ocd0 (-20,+29,-61)
    僥倖・・・・!圧倒的僥倖・・・・!!

    まさかのモンスターボール一つでのピカチュウ捕獲・・・・!

    ウルトラC・・・・!
    28 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:42:46.58 ID:0tyvyTgoO (+0,+12,-1)
    期待
    30 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:43:22.84 ID:b7R0GicdO (+2,+17,-2)
    ざわ…
    32 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:44:15.56 ID:dlZEz5IY0 (+95,+30,-203)
    この時、アカギはポケモン勝負の概要について、

    オーキドから簡単な説明を受けただけの

    ど素人以前の状態だったという。

    そして、少年が繰り出したのは、レベル3のビードル。

    アカギの手持ちポケモンはレベル7のヒトカゲ。

    レベル4のポッポ、レベル5のコラッタであった……。

    また、ポケモン勝負は短いと一戦するのに5分もかからない。

    だからこそ、負けるとなれば早い。

    調子乗って戦えば、弱いポケモンからばらばらと負けていく。

    そして、敗北が決定すると、所持金の半分を失い、

    ポケモンセンターへと強制連行されるのである。

    アカギ「行けっ…ポッポ…!!」
    33 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:45:52.96 ID:dlZEz5IY0 (+95,+30,-139)
    実戦の中で、アカギは少しづつポケモンバトルを理解していく。

    ポケモンバトルは、素人目から見れば運否天賦。

    生き残る可能性は5割に見える。

    だが、実際はそうではない。

    レベル、相性、その他さまざまな要因が勝負を分けるのだ。

    少年の手持ちポケモンは2体。

    結局、この勝負は危なげなくアカギの勝利となった。

    しかし、その内容はいたって平凡。

    この時には、のちに天才と言われる、その才気の片鱗はまだみえない……。
    34 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:45:54.34 ID:FWAUCapJO (+27,+29,-9)
    無邪気なむしとりしょうねんが対比でくっきり見えた
    35 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:46:47.63 ID:0tyvyTgoO (+17,+29,-1)
    猿くらうぞ
    36 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:47:14.82 ID:yfaABsjf0 (+27,+29,-34)
    大人アカギがむしとりしょうねんとマジでやってるのを想像して吹いたんだが
    37 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:47:35.50 ID:qyWNZZWR0 (+19,+29,-3)
    そんな簡単にゃーくらわねーよ
    38 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:49:16.67 ID:dlZEz5IY0 (+95,+30,-134)
    ポケモントレーナー…。

    そういえば聞こえは良いが、現実はそうでもない。

    その頃、カイジは最悪だった。

    そのトレーナーになると言ったきり、

    旅に出るどころか、一回もポケモンを捕まえていない。

    カイジ「ポケモンか…ポケモンだよなあ…」

    呟くと、カイジの目から涙があふれ出てきた。

    カイジ「くそ…泣いてどうすんだよっ…あほかッ…」
    39 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:49:34.88 ID:OzBd66e90 (-20,-8,-1)
    すぃえん
    40 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:50:02.82 ID:sNMnae0M0 (-15,-3,+0)
    カイジキター!
    41 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:50:14.13 ID:dlZEz5IY0 (+95,+30,-104)
    部屋にこもっていても、何も良いことはない。

    そうして、カイジは外に出ることにした。

    草むらには野生のポケモンが出現する。

    しかし、ポケモンを持っていないカイジは

    その草むらに入ることができずにいた。

    そんなカイジに何者かが声をかける。

    ???「君、トレーナーのカイジくんじゃな?」
    43 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:50:18.38 ID:gVdijgyGO (+19,+29,-2)
    カイジもいるのか
    44 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:50:56.76 ID:Kwj+P+grP (+27,+29,-19)
    カイジいくつだよwwwwwwwww
    あの世界のニートって相当なダメニンゲンだぞwwww
    45 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:51:27.77 ID:dlZEz5IY0 (+95,+30,-109)
    カイジ「はあ…そうですけど…」

    ???「ポケモン図鑑…知っておるな?」

    カイジ「え!? ポケモン図鑑ってあの…
        
        捕まえた時にデータが書き込まれるやつ?

        でもそれが何か…」

    ???「ちょっと来てくれるかのう?
        
        立って話すようなことじゃないんでな」

    男はオーキドと名乗り、カイジを街の研究室に案内した。

    オーキド「まあ…入ってくれ…散らかってるがね…」
    46 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:53:01.53 ID:dlZEz5IY0 (+95,+30,-284)
    カイジ「消えた~ッ!??」

    オーキドの話を聞いて、カイジは声を出して驚いた。

    カイジ「消えたって…図鑑のデータ消えちゃったんですか!?」

    オーキド「そう…あとに残されたのは、
         
         世間に見放された研究所と少ないポケモンだけ…」

    カイジ「えっ…でもそれが俺と何の関係が?」

    カイジの質問を受けると、オーキドは一枚の紙を取り出した。

    オーキド「これじゃよ…カイジくんのトレーナー契約書。

         実は、実績をあげられない研究所ってことでうちも厳しくてな…。

         カイジ君はうちの研究所に登録されてるトレーナーじゃろ…?

         金銭的な問題で、もしうちが潰れたりしたら、

         必然的にカイジ君を寒空に放り出すことになるんじゃよ…」
    47 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:54:03.02 ID:tjWFelAOO (+22,+29,-2)
    一スレで終わらない予感
    48 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:54:09.11 ID:koplR0Ar0 (+29,+29,-27)
    カイジと聞いてサントアンヌ号が楽しみすぎるwww
    49 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:55:03.80 ID:yfaABsjf0 (+26,+29,-10)
    >>48
    むしろタマムシシティ
    50 : 以下、名無しにか - 2009/09/03(木) 19:55:40.25 ID:dlZEz5IY0 (+95,+30,-217)
    カイジ「そんな…でも、いったい俺にどうしろと?」

    オーキド「だから、君には代わりに旅に出て、データを埋めてもらいたいんじゃ」

    カイジ「けど、埋めるったって…ポケモン図鑑を埋めるとなると…
        
    そもそも何種類集めれば」

    オーキド「150種類。この世界には、それだけのポケモンがいる…」

    カイジ「ひゃ…150種類!?」

    オーキド「いや…もっとかもしれん…。
         
         まあ…こればかりは、実際に旅に出てみないとわからんのう…」

    カイジ「いや…悪いんスけど…俺ほとんどポケモンを捕まえたこともないし…
        
    第一、旅をしようったって手持ちのポケモンもいないっていうか…」

    オーキド「ククク…カイジ君はポケモントレーナーじゃろ?
         
    通るわけないじゃろうが…それじゃあ」
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次へ→ / 要望・削除依頼は掲示板へ / 管理情報はtwitterで / SS スレッド一覧へ
    スレッド評価: スレッド評価について
    みんなの評価 : ★★★×4
    タグ : - アカギ ×2+ - 零崎人織 + - カイジ + - ガンダム + - ゲンドウ + - サトシ + - ディケイド + - ビッチ +

    類似してるかもしれないスレッド


    トップメニューへ / →のくす牧場書庫について